糖鎖ブログ:「ハゲの人」は胃癌になりにくい!?
トップページ » 「ハゲの人」は胃癌になりにくい!?

「ハゲの人」は胃癌になりにくい!?

「ハゲに胃癌なし」と言われていますが、その主な理由として、ハゲている人は血液中に男性ホルモンが多く、一方、胃癌の人は血液中に女性ホルモンが多い事が指摘されています。

男性ホルモンのアンドロゲンの血中濃度が高い人は確かにハゲになりやすいですが、このホルモンは、女性ホルモンのエストロゲンの様な動脈硬化を予防する効果はありません。つまり、余り健康に対する寄与は無い様です。

男性ホルモンの多い人は一般に活発で食欲もあり元気ですので、結果的に食べ過ぎて栄養過剰になり、高血圧、脳卒中、糖尿病、心筋梗塞、欧米型の癌(ex.肺癌、大腸癌)になりやすい。

逆に、「髪の毛が多くて白髪」の人は一般に、冷え性で大人しく、低血圧、下痢、貧血、リウマチ、胃癌になりやすい。

従って、ハゲの人には胃癌は少ないが他方、脳卒中や心筋梗塞が多い傾向があります。

ハゲか白髪か、あなたはどのタイプ?
こんな、豆知識を頭の片隅に入れておくと、日頃の生活のお役に立てるかも…!?

関連記事:
 糖鎖とガン腫瘍マーカーの関係
 糖鎖とガンの性質
 癌と糖鎖(糖鎖ラボ)



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願い致します!
糖鎖ブログ応援お願いいたします!


糖鎖ブログまるふくは、糖鎖ショップ糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を販売中!
糖鎖とは何?と思った方は「糖鎖早わかり」をどうぞ。

詳しい糖鎖情報は糖鎖ラボをご参照下さい。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星