糖鎖ブログ:口腔常在菌の中には異所性に腸管に定着すると免疫を活性化するものがいる
トップページ » 口腔常在菌の中には異所性に腸管に定着すると免疫を活性化するものがいる

口腔常在菌の中には異所性に腸管に定着すると免疫を活性化するものがいる

消化管や口腔などには多様な常在細菌が存在し、私たちの免疫系や生理機能に強い影響を与えることで、健康維持に大きな役割を果たしています。

そのため、腸内に存在する様々な細菌種の数や割合の変動が炎症性腸疾患をはじめとする様々な病気の発症に関与していることが強く示唆されています。

しかしながら、このような腸内細菌叢の乱れから疾患発症につながるまでのメカニズムについては、不明な点が多く残されています。

今度、慶應義塾大学医学部の本田賢也教授と早稲田大学理工学術院の服部正平教授らを中心とする共同研究グループは、通常時は腸内細菌がクレブシエラ菌の定着を阻止しているか、腸内細菌叢が乱れると、口腔に存在するクレブシエラ菌が腸管内に定着・増殖し、TH1細胞と呼ばれる免疫細胞の過剰な活性化を引き起こし、炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)などの発症に関与する可能性があることをマウスを用いて示しました(2017年10月20日リリース)。

今回の成果は、細菌を標的とした炎症性疾患の新たな予防法や治療薬、診断薬の開発につながることが期待されます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願い致します!
糖鎖ブログ応援お願いいたします!


糖鎖ブログまるふくは、糖鎖ショップ糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を販売中!
糖鎖とは何?と思った方は「糖鎖早わかり」をどうぞ。

詳しい糖鎖情報は糖鎖ラボをご参照下さい。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星