糖鎖ブログ:食物アレルギーの尿中バイオマーカーの発見
トップページ » 食物アレルギーの尿中バイオマーカーの発見

食物アレルギーの尿中バイオマーカーの発見

食物アレルギーは特に子供に多く発症し、その症状はかゆみやじんましん、嘔吐、下痢などの他、最悪の場合ショックを起こして死に至るケースもあります。国内で約120万人の患者さんがいるとされ、その数は上昇の一途をたどっています。

現在、食物アレルギーの確定診断には、医師が患者さんに抗原となる食べ物を実際に食べさせて症状が出るのを確認する「経口抗原負荷試験」を行うしか方法がありません。

しかし、この診断方法は施設の整った病院にて、知識・経験ともにある医師が注意深く行う必要があります。また、患者さんとその家族にかかる時間的・金銭的な負担も大きいため、より簡単かつ客観的な診断方法の開発が求められています。

今度、東京大学大学院農学生命研究科の村田幸久准教授と前田真吾助教らの研究グループは、食物アレルギーを発症させたマウスを用いて、以下の事実を発見しました。

(1)食物アレルギーを発症させたマウスの尿中に、この病気に特異的かつ症状の程度に比例して尿への排出量が増える脂肪分子(PGDM)を発見しました。また、食物アレルギー患者さんの尿中にもこの物質が高い濃度で排泄されることが分かりました。

(2)本研究で発見した分子は、アレルギー反応を引き起こす原因となるマスト細胞から産生される物質の代謝産物であることが分かりました。

本発見により、小さな子供さんにも負担なく簡単に食物アレルギーが診断できるようになることが期待されます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願い致します!
糖鎖ブログ応援お願いいたします!


糖鎖ブログまるふくは、糖鎖ショップ糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を販売中!
糖鎖とは何?と思った方は「糖鎖早わかり」をどうぞ。

詳しい糖鎖情報は糖鎖ラボをご参照下さい。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星