糖鎖ブログ:からだの死細胞を取り除く仕組みの解明
トップページ » からだの死細胞を取り除く仕組みの解明

からだの死細胞を取り除く仕組みの解明

生体内で不要になった細胞は、アポトーシスと呼ばれるプログラムされた細胞死(ヒトでは1日約3,000億個)を起こし、マクロファージなどの食細胞によって速やかに処理されます。

初期のアポトーシス細胞は「イートミー(私を食べて)」シグナルを細胞表面に提示し、これがマクロファージに認識されることによって除去されます。

このマクロファージによる死細胞の認識に異常があると自己免疫疾患に至ることが知られていますが、詳しい分子メカニズムはよく分かっていませんでした。

今度、筑波大学医学医療系の濱田理人助教、高橋智教授らの研究グループは、マクロファージが死細胞の除去機能を発揮し、難病に指定される全身性の自己免疫疾患を抑制するにあたっては、遺伝子発現を調整するタンパク質(転写因子)MafBが必須であることを明らかにしました(2017年11月22日リリース)。

同研究グループは、マクロファージ内でMafBが死細胞や死細胞成分に活性化されたタンパク質のシグナルを受け取り、補体C1q遺伝子の発現を抑制することで、マクロファージが死細胞を認識することを明らかにしました。

マウスの実験でMafBのはたらきを抑えると、マクロファージが死細胞を食べることができず、このマウスは自己免疫疾患になることを突き止めました。これらの結果は新しい自己免疫疾患治療法開発の基盤につながるものと期待されます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願い致します!
糖鎖ブログ応援お願いいたします!


糖鎖ブログまるふくは、糖鎖ショップ糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を販売中!
糖鎖とは何?と思った方は「糖鎖早わかり」をどうぞ。

詳しい糖鎖情報は糖鎖ラボをご参照下さい。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星