糖鎖ブログ:乳酸菌K15のヒト細胞におけるIgA産生増強メカニズムを解明
トップページ » 乳酸菌K15のヒト細胞におけるIgA産生増強メカニズムを解明

乳酸菌K15のヒト細胞におけるIgA産生増強メカニズムを解明

キッコーマン(株)は産業技術総合研究所、千葉大学、愛世会愛誠病院上野クリニックと共同で、乳酸菌K15のIgA産生誘導メカニズム、およびその臨床効果を確認しました(2018年3月15日リリース)。

近年、ウィルス感染症が流行する中で、学校等における集団感染が問題となっています。腸管、口腔、鼻腔等の粘膜面に分泌されるIgAと呼ばれる抗体は、病原菌やウィルスの侵入を防ぐために大きな役割を果たしており、今回、乳酸菌K15がヒト細胞からIgA産生を強く誘導することを見出しました。

さらに、IgA産生増強効果には樹状細胞から産生されるIL-6、IL-10(いずれも免疫反応における重要なサイトカイン)が関与していました。

また、乳酸菌K15を2週間摂取することで、ヒト唾液中の分泌型IgA濃度が有意に上昇することが示されました。

乳酸菌が関与するIgA産生誘導メカニズムについてはこれまでマウスでは報告されていましたが、ヒト細胞で今回初めて示されました。今後、感染症抵抗性の増強などへの乳酸菌K15の活用が期待されます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願い致します!
糖鎖ブログ応援お願いいたします!


糖鎖ブログまるふくは、糖鎖ショップ糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を販売中!
糖鎖とは何?と思った方は「糖鎖早わかり」をどうぞ。

詳しい糖鎖情報は糖鎖ラボをご参照下さい。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星