糖鎖ブログ:妊婦への抗てんかん薬投与によって子どもはけいれんを起こりやすくなる!?
トップページ » 妊婦への抗てんかん薬投与によって子どもはけいれんを起こりやすくなる!?

妊婦への抗てんかん薬投与によって子どもはけいれんを起こりやすくなる!?

てんかんは脳の神経細胞(ニューロン)が過剰興奮することによって、けいれんなどの発作を繰り返す神経疾患です。その罹患率は全年齢層において約1%とされており、生殖年齢の女性もその例外ではありません。

てんかんを合併した妊婦においては、てんかん発作の予防を目的に抗てんかん薬を継続することが原則であり、抗てんかん薬の催奇形性に加えて、その妊娠中の投与が出生児の脳に与える長期的な影響(晩発性影響)に関する研究が盛んに行われています。

晩発性影響の例としては、抗てんかん薬の1つであるバルプロ酸ナトリウム(VPA)の胎生期曝露による影響が挙げられています。しかしながら、胎生期VPA曝露と出生後のけいれんの起こりやすさとの関連は明らかとなっていませんでした。

今度、九州大学大学院医学研究院の中島欽一教授、加藤聖子教授、松田泰斗特任助教と医学系学府博士課程4年の坂井淳彦らの研究グループは、脳の発生が盛んに進んでいる胎仔期に一時的な抗てんかん薬の1つであるVPAの曝露を受けた成体マウスは、脳領域のうち、記憶の形成や維持に関わる海馬における新生ニューロンの移動が障害され、けいれんが起こりやすくなること、そして、自発的運動によってそれらの障害が改善されることを世界に先駆けて発見しました(2018年4月3日リリース)。

本研究の成果は、妊婦への薬剤投与が出生児の脳機能に与える影響におけるメカニズムの解明と治療法開発の一助となることが期待されます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願い致します!
糖鎖ブログ応援お願いいたします!


糖鎖ブログまるふくは、糖鎖ショップ糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を販売中!
糖鎖とは何?と思った方は「糖鎖早わかり」をどうぞ。

詳しい糖鎖情報は糖鎖ラボをご参照下さい。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星