糖鎖ブログ:疾患の要因となる“糖鎖”を認識する抗体を作るための化合物を開発
トップページ » 疾患の要因となる“糖鎖”を認識する抗体を作るための化合物を開発

疾患の要因となる“糖鎖”を認識する抗体を作るための化合物を開発

糖鎖は疾患のマーカーとして有用であり、糖鎖を認識する抗体を自在に開発できれば、新しい診断マーカーやワクチンを開発できるようになります。

しかし、動物では糖鎖を認識する免疫システムがあまり発達していないことから、糖鎖では強い免疫応答を起こさせないため、タンパク質抗原に対する抗体の産生に最適化された従来技術では実用的な抗体の作製は困難でした。

今度、産業技術総合研究所バイオデザイン研究グループの奥田徹哉主任研究員は、生体分子の一つである糖鎖を認識する抗体の作製を容易にする化合物(人工糖脂質)を開発しました。

また、富士フィルム和光純薬(株)と共同で、今回開発した人工糖脂質によって肝細胞がんの診断に利用できる抗体を産生できることを示しました(2020年3月30日リリース)。

セラミドアナログと化学結合させた人工糖脂質を作り動物に投与すると、糖鎖を認識する抗体の産生を促進できることを発見しました。

この方法を応用することで、がんなどの診断薬や感染症に対するワクチンなどの開発への貢献が期待されます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願い致します!
糖鎖ブログ応援お願いいたします!


糖鎖ブログまるふくは、糖鎖ショップ糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を販売中!
糖鎖とは何?と思った方は「糖鎖早わかり」をどうぞ。

詳しい糖鎖情報は糖鎖ラボをご参照下さい。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星