糖鎖ブログ:新たな骨粗鬆症治療薬開発への期待
トップページ » 新たな骨粗鬆症治療薬開発への期待

新たな骨粗鬆症治療薬開発への期待

〜NIK阻害剤が骨粗鬆症モデルマウスの骨量減少を抑制〜


骨粗鬆症は、骨の強度が低下し、骨折リスクが高くなる疾患で、日本では男性300万人女性980万人と圧倒的に女性の割合が多く、50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症になると言われています。

現在、骨粗鬆症治療薬として、様々な薬が用いられていますが、投薬治療が継続できないことや、有害事象として顎の骨が腐る(顎骨壊死)ことが指摘されており、新たな骨粗鬆症治療薬の開発が望まれています。

今度、九州大学歯学研究院の自見英治郎教授らのグループは、九州歯科大学の北村知昭教授、東京医科歯科大学の青木和広教授、福岡歯科大学の平田雅人客員教授、オリエンタル酵母工業(株)長浜生物科学研究所の保田尚孝所長らと共同で、新たな骨粗鬆症治療の分子標的として、NIKと呼ばれる分子に着目しました(2020年3月30日リリース)。

Genentech社が開発したNIKを阻害する化合物を骨粗鬆症モデルマウスに投与したところ、骨を吸収する破骨細胞と呼ばれる細胞による過剰な骨吸収が抑制され、骨量の減少を防ぐことができました。

また、投与期間に胸腺や脾臓などの免疫系組織、肝臓や腎臓など主要臓器の障害も見られず、NIK阻害剤が骨粗鬆症だけでなく、同じく骨吸収が亢進する歯周病や関節リウマチの治療薬にもなる可能性が期待されます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加中。応援よろしくお願い致します!
糖鎖ブログ応援お願いいたします!


糖鎖ブログまるふくは、糖鎖ショップ糖鎖サプリメント「ダイナトーサ」を販売中!
糖鎖とは何?と思った方は「糖鎖早わかり」をどうぞ。

詳しい糖鎖情報は糖鎖ラボをご参照下さい。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星