〜非翻訳RNAが炎症関連遺伝子のスイッチをオンにする〜


正常な細胞はストレスによって細胞老化が誘導されます。加齢に伴い体内に蓄積した老化細胞は様々な炎症性タンパク質を分泌するSASP(細胞老化関連分泌現象)をおこす事で、周囲の組織に炎症や発がんを促す事が知られています。

そのため、超高齢化社会を迎えた我が国において、健康寿命延長のためにもSASP制御機構の解明は重要な課題とされています。

近年、老化細胞では染色体の構造が変化している事が観察されていましたが、その意義はわかっていませんでした。

今度、がん研究会がん研究所細胞老化プロジェクトの宮田憲一客員研究員、高橋暁子プロジェクトリーダーを中心とする研究グループは、以下の事実を発見しました(2021年8月24日リリース)。

(1)老化した細胞では、正常な細胞には見られない非翻訳RNA(サテライトRNA)が高発現し、炎症に関わる遺伝子のスイッチをオンにする。

(2)サテライトRNAは染色体の形を変える事で、がんなどの病気を引き起こす炎症性遺伝子を誘導する。

(3)大腸がん患者の組織では、がん細胞や周囲の細胞でサテライトRNAの発見が高い。

今後、サテライトRNAがエクソソームという小さな粒子によって周りの細胞に移動して、がんの悪性化に働く可能性がある事から、新しいがん治療の標的として期待されます。