これまで一人で食事をするより誰かと食事をする方が、おいしく感じるという事が知られていましたが、人の音声がどれほど一人の食事のおいしさを高めるか不明でした。

今度、名古屋大学大学院情報学研究科の川合伸幸らのグループは、一人で食事をする時には、誰かが話しているのを聞きながらの方が、話し声が無い時よりもおいしく感じる事を明らかにしました(2021年8月30日リリース)。

本研究では、大学生を対象とした三つの実験を行いました。その結果、映像に人が映っているかどうかにかかわらず、音声が提示されている時によりおいしく感じ、摂取量も増える事が分かり、人間の「音声」が聞こえる事が、一人の食事をおいしくする事に重要である事が示されました。

現在日本では、多くの高齢者が一人で食事をしており、高齢者の高頻度の孤食は、うつとの関連が指摘されています。

この研究は、モニターに人間が映っているかにかかわらず、ラジオの様に人の話し声が聞こえると一人の食事がおいしくなる事も示しています。病院等で孤食をしている人の食事の質を高める可能性があります。