〜植物セラミドでヒト脳内アミロイドβ蓄積抑制を確認〜


我が国では認知症患者数は400万人を超え、そのうち60%以上を占めるアルツハイマー病の予防・治療法の開発は喫緊の課題となっています。

アルツハイマー病の発症原因の一つは、アミロイドβペプチド(Aβ)が脳内に過剰に蓄積する事とされており、その蓄積抑制は予防を目的とした先制治療や機能性食品素材の開発戦略の一つとなっています。

今度、北海道大学大学院先端生命科学研究院の五十嵐靖之客員教授、門出健次教授、湯山耕平特任准教授らの研究グループは、(株)ダイセル、北海道情報大学と共同でヒト介入試験を実施し、植物由来セラミドが脳内Aβ蓄積を軽減させる事を発見しました(2021年8月30日リリース)。

ヒトにおける植物セラミドの効果を検証するため高齢健常者を対象に介入試験を実施し、プラセボまたは植物グルコシルセラミドを摂取した両グループにおいて、脳内Aβ蓄積と相関する血中バイオマーカー値を測定したところ、グルコシルセラミド摂取群において摂取前との比較で摂取後に有意な低値を示しました。

さらに、層別解析を行ったところ、脳内Aβ蓄積が相対的に低めの集団において、グルコシルセラミド摂取群ではプラセボ群より有意に低値を示しました。

この研究成果から、植物セラミドはアルツハイマー病の予防・治療への活用が期待されます。