洞泉寺住職の日常

長野県伊那市美篶の曹洞宗 洞泉寺のブログです。

洞泉寺のホームページもご覧ください。
www.tosenji.jp

歯が痛い・・・

だが歯医者さんは嫌いである。
いや、歯医者さんが嫌いなのではなく、歯の治療が嫌いなのである。

ということで、誰もが先延ばしする歯の治療であるが、いつかは限界が来る。
どうやら私にも来たようである。

なにゆえ歯は、放っておいたら自然に良くなっていた、ということがないのだろう。
人間には自然治癒力というものがあるはずだ。
少々の病気ならいつの間にか治ってしまうではないか。

少々の病気だけではないぞ。
不治の病と言われていたものも、奇跡的に回復することだってあるじゃないの。
ところが、虫歯が勝手に治るという話は聞いたことがない。

骨折だって上手に保存しておけばキレイにくっつくぞ。
それどころか、怪我前よりかえって強くなるというではないか。
歯もそうなれば良いのに。 

サメはいいなぁ。
後から後から生えてくるらしい。

歯も爪みたいなシステムにならないかなぁ。
どんどん新陳代謝してイキのいい歯が生えてくるというのも悪くない。

そんなことをつらつら考えていても、歯はいっこうに良くならないのだ。
そんなわけで、歯医者さんに行ってきた。

名前を呼ばれて治療用の椅子に座った。
余談だが、あの治療用の椅子って「ユニット」というそうだ。
で、ユニット上でドキドキしていたら、隣のユニットに小さな女の子がやってきた。
保育園児くらいだろうか。

なんとなく女の子と衛生士さんとのやりとりを聞いていたら、どうやらグラグラになっている乳歯を抜いてもらいに来たようだ。
ああ、かわいそうに。
きっと怯えているに違いない。

そう思ったが、怯えているのはむしろ私の方である。
もう立派な大人だから泣けないが、心の中は涙目である。
人の心配している場合ではないのだ。

そうこうしているうちに、私の治療が始まった。
ビビるあまり、体に力が入る。
「大丈夫ですよ〜」と先生に優しく声をかけられ、己の小心を見透かされたようで恥ずかしいのだ。

すでに他人を気遣っている余裕などなかったのだが、隣のユニットの先生の「え〜?」という声で女の子の存在を思い出した。
「え、なんで?」と、先生が女の子に問いかけている。

どうやら、こういうことらしい。
これから抜歯するグラグラの歯の他に、もう一本揺れ始めた歯があるようなのだ。
だが、それはまだ抜歯する必要のない段階のようなのだ。
もし抜くなら麻酔をかけて抜くような状態らしい。

先生は「また抜けそうになったら抜こ〜ね〜」と言っているわけだ。
当然であろう。
自然に抜けやすくなっていくのだから、今無理に痛い思いをする必要など、どこにもないのだ。

ところが、その女の子はそれに異議を唱えているのだ。
今日それも「抜く」と言っているようなのだ。

先生も当然「え〜なんで?」となるわけだ。

とうとう待合室からお母さんが呼ばれた。
お母さんが説得し始めた。

「そっちも抜くと、チクンってするんだよ、痛いのよ!」

それでも女の子は怯まない。

「抜く!」

隣に座っているのは、歯医者さんに怯える少女ではない。
数多の修羅場をくぐり抜けてきた、アニキである。

「どうせいつか抜くんだろ、めんどくせぇーから一気にやっちまってくれぃ!」
アニキはそう仰ってるのである。

「ママだって忙しいじゃねぇか、今日やっちまおうぜぇ」
アニキは器の大きなお人である。

アニキの隣のユニットには、歯医者さんに行くのをしぶったあげく、この後に及んでも身を固くしている50代(男)がいる。
何とも情けないのである。

背中にたっぷり汗をかいて治療を終えた私は、待合室で会計を待っていた。
しばらくして、アニキが診察室から出てきた。

出てくるなり、止血のために咥えていた脱脂綿をつまみ出した。
そしてお母さんを見つけて笑った。

「大袈裟なんだよな、歯抜いたぐれぇ〜でよぉ」
アニキはそう言って笑った・・・ように見えた

早いもので、私の住職歴も10年を超えた。
良い住職かどうかは別として、なんとか続いている。

そんな私だが、僧侶になってからずっと「住職にはならない」と思っていた。
そして周囲にもそう話していた。
結婚前の家内にもそう言っていたし、結婚後もそうだった。

なぜ「住職にならない」と思っていたかというと「自分には無理だ」と考えていたからだ。
だから正確には「住職にならない」ではなく「住職になれない」である。

後継住職の打診がなかったわけではない。
だが、そんなわけで結果としてお断りするような感じだった。

「自分には無理」だとしていた理由の一つは師匠の姿を見ていたからであろう。
師匠のお寺は檀家数が莫大であった。
年間葬儀数が3桁に届くような環境で、そのトップとして生きていた師匠を見て「これは無理だ」と感じていた。

もっとも、世の中そんなお寺ばかりではない。
というか、師匠のお寺が異常なのであって、そこを基準にものを考えてはいけないのだ。
それは頭では理解していたが、なにぶんその中にいると、それ以外のお寺の現実に実感が湧かないのだ。

そんなことで「自分には無理」となったのだ。
とはいえ、周囲の住職さんたちは私を心配して住職になる道を勧めてくださった。
そして、普通のお寺の住職は師匠のような激務ではないことを縷々説明してくださった。

だが、私の決心は固かったし、そもそも住職なる職に魅力も感じていなかった。
そんな私であったが、その後、私の転機になる方との出会いが訪れた。

その方はSさんという、僧侶の先輩である。
Sさんは、以前住職をしていたお寺において、素晴らしい実績をあげていた。
Sさんが住職になってから、ボロボロだった伽藍も再興し、檀家数も激増した。
とにかく優れた住職であった。

しかし、詳しくは書かないが、諸々の事情でそこの住職を辞めることになった。
当時のSさんは今の私と同じくらいの年齢であった。
縁とは不思議なもので、そんなSさんが伊那へやってくることになった。
私は正直身構えたし、緊張した。

Sさんは噂に違わず、読経も法話も醸し出す雰囲気も素晴らしかった。
前のお寺でやってきたこともいろいろ話してくれた。
やはり凄い力がある人だと思った。

しかし、Sさんはある意味、私の想像を大きく裏切った。
それは、私はSさんといる時、ひとかけらも緊張しなかったことだ。
それどころか、私は平気でSさんをイジっていた。

Sさんは、自分の弱いところを隠さない人だった。
ダメなところをありのままに見せ、そして「しょーがないじゃん・・・」という顔をして笑った。

私は「住職というものは完成された人物でないといけない」と思っていた。
それを自分では意識できていなかったと思うが、多分そうだった。

だが私の目の前にいるSさんは、完ぺきとは程遠い人間だった。
しかし、住職として傑出していたことも確かだった。
Sさんの中には、その両面が同居していた。

そんなSさんと共に過ごすうちに、私の中にあった住職像がガタガタと崩れていった。
そして、もしかしたら自分でもできるのではないか、と考えるようになった。
住職になりたいとは思わなかったが、できないこともないかも、とは感じた。

その後、私の意識の変化に呼応するが如くに、洞泉寺との縁が結ばれていった。

実は、Sさんは火災で亡くなった。
出会ってから数ヶ月で、旅立ってしまった。

Sさんの最期は、普通に考えれば痛ましいものだ。
だが、私はこのことを笑顔で話せるのだ。

「ねぇ、凌雲さん、人が死んだ話を笑顔で話さいでよぉ〜」

きっと、Sさんはそう言う。
ちょっと不満そうではあるが、嬉しそうにそう言うと思う。

Sさんは私に沢山のことを教えてくれた。

人間の弱さを教えてくれた。
そして、それで良いことを教えてくれた。

Sさんは私にとって、かけがえのない大恩人である。
いやホント、感謝してるんですよ、Sさん。

「さすが凌雲さん、わかってるねぇ〜」

そう言って、いたずらっぽく笑っているに違いない。

さる5月4日、5日にお隣の圓應院様で晋山結制が行われ。
天気も良く、とても素晴らしい雰囲気の中、無事終わった。

言わずもがな、 晋山結制というのは住職としての一大行事である。
私の法要における配役も少々荷が重いものだったので、やれやれである。

思えば洞泉寺で晋山結制が行われたのは平成27年のことである。
あれから7年という月日が経とうとしている。
当時の実行委員会の皆様はじめ檀家の皆様のご協力のもと、なんとか大行事を終えることができた。
今回の圓應院様の晋山結制を見ながら、あらためてその時の大変さと皆様への感謝の思いが蘇ってきた。

圓應院の方丈様は、私と同世代である。
そんなこともあり、親しくしさせていただいている。
ありがたいことである。

なんといってもお人柄が素晴らしい。
一見、穏やかで感情の起伏が少ないように見える。
だが、本当は熱い漢である、と私は思う。
謙虚さが、それを覆い隠しているのだ。

私の方が一つ年上だという甘えもあって、ついついイジってしまうことがある。
これは好きな子にちょっかいを出してしまう不器用な小学生男子のようなものである。
どうか、お許しいただきたい。

要するに、愛すべき人物なのだ。
圓應院様は住職だけではなく、駒澤大学仏教学部で教授を務めておられる。
そんなわけで、日々実に多忙である。
お寺を留守にすることもある。
色々な意見もあろうが、これは有能なるが故のことである。
檀家の皆様には、そのことを誇りに思い、寛大にお考えいただけたらありがたいと思う。

実は私は、これからの住職は二足の草鞋、いや三足四足の草鞋を履いていくことが良いのではないかと思っている。

住職にもう一つの世界があれば、それは、住職+?という足し算ではなく、住職✖️?という掛け算になると思う。
三足の草鞋ともなれば、住職✖️?✖️?となる。
世界はぐ〜んと広がり、そこから新しい寺院スタイルも生まれてくるのではないか。

この件はまた別の機会に書いてみたいと思う。

いずれにしても圓應院様の未来は明るいと思う。
これからも協力しながらやっていけたらありがたいと思っている。
ご迷惑でなければ、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
IMG_7346

前回のブログでお知らせいたしましたが、4月30日に「真縁成就祈祷法要(しんえんじょうじゅきとうほうよう)を行います。

当日は檀徒総代及び婦人会の役員の皆様に代表してご参列いただくわけですが、御祈祷したお札は檀徒総代様を通じて皆様にお配りいたします。

一昨年の「悪病退散祈祷」、昨年の「招豊与楽祈祷」、それぞれにオリジナルのお札を制作し皆様にお配りいたしましたが、今年も新しいお札を作りました。
しかも、今回はデザイン変更というレベルではなく、全くのオリジナルデザインのものになります。
こんな感じです↓
4A02282F-0CAB-42AA-8BBD-C02FA7D04E1F_1_105_c
 金銀の水引は「真縁」を表しています。
そして「紫・緑・黄・赤・白」の五色は「真実・解放・結縁・勝利・成就」を表します。

それから、今回はさらに、初めての試みですが「特製オリジナル腕輪念珠」を作りました。
この腕輪念珠は「真縁成就祈祷」のためにデザインしたものです。
天然水晶をベースに、五色の天然石を配置したデザインです。

この「特製オリジナル腕輪念珠」は趣旨にご賛同いただき、お気持ちをお納めいただいた方に差し上げます。
詳細は、すでにお配りしておりますチラシをご覧ください↓
スクリーンショット 2022-04-25 13.25.16
「特製オリジナル腕輪念珠」を作るにあたっては、何度かデザイン変更を繰り返しながら、ようやく完成に漕ぎ着けました。
ついついこだわり過ぎて予算オーバーになりましたが、なかなか良いものができたと思います。
こんな感じです↓
03C826FC-05F2-4A3B-B84D-D1681859A6D4_1_105_c
多くの方のご賛同ご協力を賜りつつ、大きな願いを発信していきたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


 

すでに檀家の皆様にはご案内の通り、4月30日に「大般若祈祷法要」が行われます。
これは毎年の恒例行事です。

しかし、新型コロナウイルスが蔓延し始めた一昨年は「悪病退散祈祷法要」という形で行いました。
そして、世の中の混迷が深まった昨年は「招豊与楽祈祷法要」というテーマを掲げて行いました。

そして今年の「大般若祈祷法要」は「真縁成就祈祷法要(しんえんじょうじゅきとうほうよう)というテーマで行うことに致しました。
スクリーンショット 2022-04-25 13.22.47
今回の趣旨は、以下の通りです。
スクリーンショット 2022-04-25 13.23.37
本来であれば、皆様に本堂へお集まりいただき、ともに法要を行いたいところです。
されど、社会情勢を鑑み、今年も檀徒総代及び婦人会役員の皆様に代表してご参列いただくことに致します。

どうぞよろしくお願い申し上げます。 

このページのトップヘ