洞泉寺住職の日常

長野県伊那市美篶の曹洞宗 洞泉寺のブログです。

洞泉寺のホームページもご覧ください。
www.tosenji.jp

さる5月4日、5日にお隣の圓應院様で晋山結制が行われ。
天気も良く、とても素晴らしい雰囲気の中、無事終わった。

言わずもがな、 晋山結制というのは住職としての一大行事である。
私の法要における配役も少々荷が重いものだったので、やれやれである。

思えば洞泉寺で晋山結制が行われたのは平成27年のことである。
あれから7年という月日が経とうとしている。
当時の実行委員会の皆様はじめ檀家の皆様のご協力のもと、なんとか大行事を終えることができた。
今回の圓應院様の晋山結制を見ながら、あらためてその時の大変さと皆様への感謝の思いが蘇ってきた。

圓應院の方丈様は、私と同世代である。
そんなこともあり、親しくしさせていただいている。
ありがたいことである。

なんといってもお人柄が素晴らしい。
一見、穏やかで感情の起伏が少ないように見える。
だが、本当は熱い漢である、と私は思う。
謙虚さが、それを覆い隠しているのだ。

私の方が一つ年上だという甘えもあって、ついついイジってしまうことがある。
これは好きな子にちょっかいを出してしまう不器用な小学生男子のようなものである。
どうか、お許しいただきたい。

要するに、愛すべき人物なのだ。
圓應院様は住職だけではなく、駒澤大学仏教学部で教授を務めておられる。
そんなわけで、日々実に多忙である。
お寺を留守にすることもある。
色々な意見もあろうが、これは有能なるが故のことである。
檀家の皆様には、そのことを誇りに思い、寛大にお考えいただけたらありがたいと思う。

実は私は、これからの住職は二足の草鞋、いや三足四足の草鞋を履いていくことが良いのではないかと思っている。

住職にもう一つの世界があれば、それは、住職+?という足し算ではなく、住職✖️?という掛け算になると思う。
三足の草鞋ともなれば、住職✖️?✖️?となる。
世界はぐ〜んと広がり、そこから新しい寺院スタイルも生まれてくるのではないか。

この件はまた別の機会に書いてみたいと思う。

いずれにしても圓應院様の未来は明るいと思う。
これからも協力しながらやっていけたらありがたいと思っている。
ご迷惑でなければ、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
IMG_7346

前回のブログでお知らせいたしましたが、4月30日に「真縁成就祈祷法要(しんえんじょうじゅきとうほうよう)を行います。

当日は檀徒総代及び婦人会の役員の皆様に代表してご参列いただくわけですが、御祈祷したお札は檀徒総代様を通じて皆様にお配りいたします。

一昨年の「悪病退散祈祷」、昨年の「招豊与楽祈祷」、それぞれにオリジナルのお札を制作し皆様にお配りいたしましたが、今年も新しいお札を作りました。
しかも、今回はデザイン変更というレベルではなく、全くのオリジナルデザインのものになります。
こんな感じです↓
4A02282F-0CAB-42AA-8BBD-C02FA7D04E1F_1_105_c
 金銀の水引は「真縁」を表しています。
そして「紫・緑・黄・赤・白」の五色は「真実・解放・結縁・勝利・成就」を表します。

それから、今回はさらに、初めての試みですが「特製オリジナル腕輪念珠」を作りました。
この腕輪念珠は「真縁成就祈祷」のためにデザインしたものです。
天然水晶をベースに、五色の天然石を配置したデザインです。

この「特製オリジナル腕輪念珠」は趣旨にご賛同いただき、お気持ちをお納めいただいた方に差し上げます。
詳細は、すでにお配りしておりますチラシをご覧ください↓
スクリーンショット 2022-04-25 13.25.16
「特製オリジナル腕輪念珠」を作るにあたっては、何度かデザイン変更を繰り返しながら、ようやく完成に漕ぎ着けました。
ついついこだわり過ぎて予算オーバーになりましたが、なかなか良いものができたと思います。
こんな感じです↓
03C826FC-05F2-4A3B-B84D-D1681859A6D4_1_105_c
多くの方のご賛同ご協力を賜りつつ、大きな願いを発信していきたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


 

すでに檀家の皆様にはご案内の通り、4月30日に「大般若祈祷法要」が行われます。
これは毎年の恒例行事です。

しかし、新型コロナウイルスが蔓延し始めた一昨年は「悪病退散祈祷法要」という形で行いました。
そして、世の中の混迷が深まった昨年は「招豊与楽祈祷法要」というテーマを掲げて行いました。

そして今年の「大般若祈祷法要」は「真縁成就祈祷法要(しんえんじょうじゅきとうほうよう)というテーマで行うことに致しました。
スクリーンショット 2022-04-25 13.22.47
今回の趣旨は、以下の通りです。
スクリーンショット 2022-04-25 13.23.37
本来であれば、皆様に本堂へお集まりいただき、ともに法要を行いたいところです。
されど、社会情勢を鑑み、今年も檀徒総代及び婦人会役員の皆様に代表してご参列いただくことに致します。

どうぞよろしくお願い申し上げます。 

もうすでに、檀家の皆様のお手元には、このような ↓ 案内が届いていることと思う。

般若心経講座 チラシ2 2
新たな試みとして婦人会の例会にて『般若心経超入門講座』というものを始めることにしたのである。

その第1回目の講座が近づき、講義資料の作成に余念がない今日この頃である。
すべては順調に見えるが、実は全然そんなことはないのである。

なんとこのチラシにミスがあることが判明した、いや、配布直後には判明していた。
表面は大丈夫だが、裏面に大きな誤りが・・・

こともあろうに、開催時間の誤りである。
ご指摘いただいて、ガックリきた。

とはいえ、再び修正版を総代さんに配っていただくのも申し訳ない。
ということで、せめてこのブログに修正版を載せさせていただきたい。
2022-04-03 14.51のイメージ
誠に申し訳ない気持ちである。

すでにお届けした案内によると、第1回(4/11)は19:30からとなっている。
しかしこれは誤りで、19:00からなのだ。
ホントにごめんなさい。

当日は間違って、いやチラシを信じて19:30に来られる方もおられるかもしれない。
その辺は、臨機応変に対応させていただこうと思う。

講座の方は精一杯やらせていただきますので、どうかご勘弁ください。

なにを隠そう、4月8日はお釈迦様のお誕生日である。
しかし、ほとんど意識されることがないという、なんとも悲しい現状がある。

一方、キリストさんの方のクリスマスは、なんだかやたらと盛り上がっているのである。
ケーキやプレゼントで騒ぐのはもちろんのこと、クリスマスの時には戦争まで一時休戦になるくらいの剛腕ぶりである。

お釈迦様がキリストさんより地味なのだろうか。
まあ、なんとなくそんなイメージもあるのかもしれない。

しかし、お釈迦様の誕生エピソードは、けっこうインパクトが強いのである。

たとえば・・・

・お生まれになって、いきなり七歩歩く
・第一声が「オギャー」じゃなくて「天上天下唯我独尊」
・そもそも母親の脇の下から誕生

このようにエピソード満載のお釈迦様のお誕生日が地味なのはなぜか?

まずテーマソングが無い。
いや、あるにはあるがクリスマスのようなオシャレなやつが無い。

クリスマスソングといえば、古くは、松任谷由実、ワム!、マライヤキャリー、最近ではback numberと、いくらでもあるのだ。
これは大きなアドバンテージである。

それから季節的な問題もあるかもしれない。

12月は恋人たちも寄り添いたくなるムードがある。
プレゼントも贈りたくなろうってもんだ。
それに比べ、4月は浮かれた気分でロマンチックになりにくい。
桜の下での酒盛りじゃ、愛は語りにくい。

そしてケーキやチキン(七面鳥)なら商売になるが、甘茶では儲かりそうにない。
そんな資本主義の都合もあって、今ひとつ盛り上がらないのだ。

さらに言うならば、クリスマスって響きもなんとなくいい感じだ。
アルファベットで書くと、Christmasである。
なんだかオシャレに加工しやすい字面である。

それに比べ、お釈迦様の方はというと、実は色々な言い方がある。
たとえば・・・

 「降誕会」である。
読み方は「ごうたんえ」である。
響き的に堅い・・・

あるいは「灌仏会(かんぶつえ)」である。
これに至っては正確に書ける自信すらない。

そしてよく知られているのが「花まつり」である。
これでは、どこぞの花のイベントとの区別がつかない。

くどくど書いてみたが、とにかく、そんなわけなのだ。
なので、今年はせめて檀家さんにはお釈迦様のご誕生を意識していただきたいと思う。
そんなことで「花まつり」のお知らせチラシを作った。
さらには、甘茶のティーバッグもお配りすることにした。

どうかひとつ、よろしく。

花まつりご案内

このページのトップヘ