洞泉寺住職の日常

長野県伊那市美篶の曹洞宗 洞泉寺のブログです。

洞泉寺のホームページもご覧ください。
www.tosenji.jp

4月30日に予定されている大般若会(だいはんにゃえ)ですが、昨年に引き続き、通常開催を断念することにいたしました。
理由は言わずもがなですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のためです。
よって、本年も一般参拝の自粛をお願いすることとし、総代様及び仏教婦人会の役員様に代表してご参列いただくことになりました。

しかし、黙って自粛することはしません。
むしろ、こんな時だからこそ、一歩前に踏み出す必要があるのです。

通常の大般若会(だいはんにゃえ)は、世界平和や五穀豊穣を祈るものです。
それはある種、すべてを網羅した御祈祷であるといえます。
ですが、それゆえに焦点がボケてしまうことも起こりえます。

昨年の新型コロナウイルス感染拡大という状況下で私は、果たしてそれで良いのだろうか? と悩みました。
そして新たな方向へと舵を切ることにしました。
それが、昨年の「悪病退散祈祷」です。
テーマを「悪病退散」という一点に絞って御祈祷することにしたのです。
それに伴い、御札も「悪病退散祈祷札」として、新しく作成いたしました。
そして、例年はご希望の方に限ってお分けしていた御祈祷札でしたが、御祈祷の趣旨を鑑み、すべての檀家様に総代様を通じてお配りすることにしました。

私の思いを総代様にご説明し、全面的にご協力をいただいた中で行ったはじめての試みでしたが、お陰様で、私の予想を超えたご賛同を得ることができた。
あらためて、御礼を申し上げます。
皆様のお気持ちに、心から感謝を申し上げます。

あれから1年経ちました。
亡くなられた方もいます。
入院中の方もいます。

そんな中で無責任なことは申し上げられませんが、今のところ最悪の事態は免れているようにも思います。
されども第2波、第3波、そして今度は第4波と、まだまだ先が見えない状況です。
この戦いは終わっていません。
 
それだけではありません。
私たちは、これから新たな問題と対峙しなくてはならないのです。
それは、「豊さの喪失」です。

コロナショックで、経済は疲弊してきています。
すでに、リストラや倒産を経験しておられる方もおられるかもしれません。
しかし、これからさらなる危機が予想されます。

人間関係も断たれつつあります。
つながりの豊さは奪われたのです。
自死が増えています。

「豊さの喪失」を感じたとき、多くの人は自己保身に走ります。
物の買い占め、略奪、その先に戦争があるのです。

私は、そんな未来は嫌です。
個人としての好き嫌いの話ではありません。
その方向に進むのなら、未来そのものが無いのです。
SDGs(持続可能な開発目標)どころの話ではなくなります。

人は、どうしたら豊かになれるのでしょうか?

騙して、あるいは暴力や権力によって、弱者から奪うことが、豊かになることの条件なのでしょうか。
悲しいことですが、そんな時代が長く続きました
そして今、臨界点に達しています。

食料は誰が作ったのでしょう。
野菜は農家が作るのでしょうか。
いいえ、人ができるのは管理であって、創造ではありません。

工業製品はどうでしょうか?
人ができるのは、加工であって、物質そのものの創造はしていないのです。

では、創造の源はどこになるのでしょう。
私たちの命の源泉は何でしょう。
「豊さ」はどこからやってくるのでしょう。

今ある物を、限られた物を奪い合っていては、未来はありません。
私たちが命の源泉とつながっているのならば、必要な「豊さ」はそこから生み出されるのです。

誰かのものを奪う必要はないのです。
新たに生み出せば良いのです。

豊さの源泉とつながり、そこから「豊さ」を招くのです。
真に豊なる者は、奪いません。
真に豊なる者は、与えることができます。
そして、豊さをともに楽しむことができます。

今年の大般若祈祷のテーマは「招豊与楽(しょうほうよらく)」とします。
この「招豊与楽(しょうほうよらく)」という言葉は、新しくつくった言葉です。
創造のスタートは「言葉」なのです。

今年も、新たにつくった御札、「招豊与楽御祈祷札」を4/30の御祈祷後、総代様を通じてすべての檀家の皆様にお配りいたします。
昨年に引き続き、今年も私の意志としての配布です。
お布施を強制するようなことはありません。

ご賛同いただける方のご協力で、この御祈祷は行われます。
真に持続可能な社会の創造を願う方のご協力をお待ちしております。
一人でも多くご賛同いただけたら有り難いと思います。
招豊来楽 開催案内2
招豊来楽 開催案3




 

3463D8F1-56FA-42AB-BAA7-8E200D8C89EB_1_105_c

桜を見に六道の堤まで行ってきた。
近所にもかかわらず、今まで訪れたことがなかった。

毎年この時期は、方々のお寺で大般若会(だいはんにゃえ)が行われている。
よって、毎日のようにあちらこちらのお寺に手伝いに参上することになる。
そんなこともあって、花見に行く気にもなれないのだ。

今年はコロナの影響で、ほとんどのお寺の大般若会は規模を縮小して行っている。
そのため、私も手伝いに行く回数がぐっと少なくなり、それじゃあ桜でも・・・という気になったというわけだ。

コロナは私たちの生活を変えたが、すべてが悪い方向に行ってしまったわけではない。
もちろん困ったことは多いのだが、変化の波に乗ってやろう、という気概は必要だ。
波に飲み込まれてはいけない。
ひとたび乗ってしまえば、それはもう敵ではない。

「人は病気で死ぬのではない、死ぬときに病気になるのだ」

これは、私がお世話になった東洋医学の師匠の言葉である。

「散ることを心配して咲いてる桜があったとしたら、そいつは美しくない」

これは、私のお花見の感想である。

  

子どもの頃の最大のご馳走といえば、握り寿司だった。
とはいえ、高いので滅多に食べられなかった。
何かしらの特別な日に出前の握り寿司をとってくれていた。

当時は回転寿司などない時代だから、本当に楽しみだった。
そういえば小◯寿司という、テイクアウトの店もあった。
しかし、あの頃のそういうやつは、本当に向こう側が透けて見えるような、うす〜い寿司ネタだった。
それを思うと、今の回転寿司はスゴイと思う。

子どもだった私は、母親の「今日はお寿司よ!」という言葉に狂喜乱舞したものだ。
ネタとしてはマグロが一番好きだった。
それからタマゴ。

「今日はお寿司よ!」という女神の声を聞いたある日のこと。

外で遊んで帰ってくると、母親が台所に立っている。
今日は出前なのにな・・・
そんなことを思いながらも、気にせずテレビを見ながら出前が来るのを待つ私。
台所からは、トントンという包丁の音が聞こえる。

テレビに夢中になる私。
上機嫌である。
なにせ、今日は寿司なのだから。

台所の母親も上機嫌である。

「もう少しでできるからね〜」

ん? できる? え?

振り向いた私が目にしたものは、丸い大きな桶であった。
明らかに出前の寿司桶ではない。

何が? どうして? え?

私の困惑にまったく気がつかない母親は、嬉々としてその桶の中をしゃもじで混ぜている。

「何それ〜! 今日寿司って言ったじゃん!!!」
絶叫する私・・・

「だから、お寿司よ、もう少し待っててね!」
なに言ってんのよ? という顔の母親。

「だから、寿司って言ったじゃん!!!」
事態が飲み込めない私。

「ほら、お寿司でしょ、ちらし寿司!」

・・・・

「え〜っ 寿司じゃないじゃん!!!」

「お寿司だって!」

「違うってぇ〜!!!」

これを詐欺と言わずして、なんと言おう。

念のために言っておくが、このちらし寿司というのは、海鮮に溢れた豪華なやつではない。
人参椎茸に錦糸卵が主役のやつである。
言うなれば酢飯の混ぜご飯である。

私の落胆をご理解いただけるだろうか。

お寿司って言うなよ・・・

母親が嬉々として混ぜていたのには理由がある。
自分はちらし寿司が大好きなのだ。
なんなら、握り寿司より好きなぐらいなのだ。

ちらし寿司に罪はない。
別にちらし寿司をディスっているわけでもない。

だが、ちらし寿司って寿司なのか?
寿司といえば、握り寿司だろう。
違うのか?

私はこの後も、こういった詐欺を幾度も経験した。 
学習能力がなかったのか、ちらし寿司詐欺にも何度か引っかかった。

もうひとつ書いておこう。

ケーキ詐欺である。

「今日はケーキがあるから!」

母親の言葉に満面の笑みの私。
今日はケーキが食べられる。

ケーキといえば、誕生日かクリスマスである。
それが、なんの変哲もない日に食べられるとは、なんと幸せなのだろうか。

私はモンブランが好きだった。
イチゴがのったショートケーキも好きだった。

どんなケーキなんだろう?

「今切ってあげるからね!」

え? まさかクリスマス的な、あれか?
なんのご褒美だよ〜!!!

「2センチくらいでいいわよね?」

 2センチ?
 いやいや、三角形のどこが2センチ?
弧の部分だったらあなた、ちょっと薄すぎませんか?
それじゃ、自立しないだろうよ。

当惑する私の前に出されたものは、高さ2センチの円柱・・・

これは一体、何ですの?

「さあ、食べましょうね!」

 「ケーキじゃなかったの?」

「ケーキよ!」

 ロールケーキかい・・・・・

ケーキなのかい。
ロールケーキは、やっぱりケーキなのかい。
まあ、確かにケーキかぁ・・・

ロールケーキに罪はない。
ロールケーキをディスっているわけでもない。
「パティスリーもへじ」さんのロールケーキは絶品である。
 
しかし、当時のロールケーキなんて、もへじさんのと比べたら月とスッポン、フカヒレとメザシの尻尾である。

それにしてもなぜだ。

なぜ、「ロール」を省略するのだ。
「ちらし」を端折るのは、どういう思想なのだ。

ところで、パンツって言い方も紛らわしいではないか。
下着なのかズボンなのかハッキリさせて欲しい。

「パ」にアクセントを置くと下着で、「ツ」に置くとズボンだとかいうらしい。
 
あ〜もぅっ!

もう4年前になるが、愛車の走行距離のことを書いた。
当時、ちょうど140,000kmになったのだった。

140,000

それがこのたび、めでたく170,000kmに到達した。
IMG_5636
4年で3万kmということは、単純計算であと4年乗れば20万kmということになる。
ここまでくると、なんだか達成したくなるから不思議である。

機械物には当たり外れがあるというが、どうやら当たりのようである。
古いものが特別好きなわけではないが、愛着はますます湧いてくる。

ところで、私は骨董品には興味がない。
しかし「なんでも鑑定団」を観ていると、世の中には骨董好きが少なくないようだ。
「骨董って、結局のところ中古だろう」、とすら思っている私は、おかげで余計な散財をすることもなければ、家内に内緒で壺を買って怒られることもない。

骨董好きの右往左往を高みの見物するくらいがちょうどいいのではないか、と思う。
これからも古美術店にあしげく通うこともないだろう。
それくらいなら、ボチボチ次の車を考えた方が良いに決まっている。

だが、そんな私も最近ちょっと見方が変わってきた。
それは、ある方の次のような文章を読んだからだ。

「骨董品とは、100年以上前にほんとのお金持ちが購入したお宝のことをいう」

なるほど、と思った。
骨董品は単なる中古品ではないらしい。
中途半端な高いものは100年後には何の価値も持たない、というのだ。

それでは果たして、今の私の周りに骨董品となりうるものがあるだろうか?
お寺にはある。
金額はともかくとして、100年後も残りそうなものはある。

では個人としては何かあるだろうか?
無い。
人間はすっかり中古品だが、骨董品というほどの風格も無い。
残念ではあるが、無いものは無い。

いや、そもそも今の時代に100年後も価値を持つようなものが作り出されているのだろうか?
実に心許ないのだ。

「花も実もある」という言葉がある。
これは、外見だけではなく中身も充実していることを意味する。
あるいは、花を情に、実を道理にたとえることもある。
道理にもかなって、人情もある、ということである。

これに、もうひとつ解釈を加えても良いのではなかろうか。

花は一瞬であり、今生きるものの喜びである。
実は種を宿し、後世に価値あるものを伝える喜びである。

花は美しい。
しかし、それに浮かれて道を誤ってはいけない。
その花が実を結ぶために、私たちは今なすべきことをしたいものだ。

かといって、花を楽しまない手はない。

ここは、「花も実もある」でいこうではないか。

ところで、「骨董」にはもうひとつ意味があるらしい。

それは・・・

「古いだけで実際の役には立たなくなったもの。骨董的存在。」

・・・・・

背中がゾクッとするから、そういうこと言うのやめてくれない・・・

誰もが知っている童謡に「むすんでひらいて」がある。

この曲の作曲はジャン=ジャック・ルソーだという。
ルソーといえば『社会契約論』『エミール』などを著した18世紀の思想家である。

社会科が不得意だった私でも、その名前くらいは知っている。

このルソー、若干おかしなところもあったらしく、街で下半身を露出して捕まったこともあるという。
その偉大であろう功績を知らない私に、こんな部分だけ覚えられているとは、何とも不憫なルソーである。

そんなルソーが作曲した「むすんでひらいて」だが、作詞者は不明だという。
ちょっとミステリアスでもある。

ちなみに歌詞はこうだ。

    むすんでひらいて 
 手をうって むすんで
 またひらいて 手をうって
 その手を上に

これを単なる手遊びの歌だと思ってはいけない。
いや、単なる手遊びの歌なのだろうが、これを題材に別の話へと繋ごうということである。

私たちは、基本的に「むすんで」で生きてしまう傾向がある。
しかし、この「むすんで」と「ひらいて」は一対のものである。

たとえば呼吸・・・

 吸う→むすんで
 吐く→ひらいて

である。
吸ってばかりだと死んでしまうし、吐いてばかりでもダメなのだ。

たとえばお金・・・

 収入→むすんで
 支出→ひらいて

である。
お金はいくら貯めても良いではないか、と考えるかもしれない。
しかし、その結果、世界の富の82%を上位1%の人が独占するような、いびつな世界ができあがった。

物を創ることは「むすんで」である。
材料を「むすんで」何かになる。
そもそも材料自体が、原子を「むすんで」できたものである。

世の中が「むすんで」ばかりしていたら、物にあふれてしまう。

頭の中も「むすんで」いてばかりではダメだ。

古い考えは、昔、「むすんで」できたものだ。
いつまでもそれにこだわっていたら、今を生きられない。
「恨み」ってやつもそうだ。

私たちに必要なのは「ひらいて」なのだ。

むすんだら、ひらこう。

手をうって、感謝して手放そう。
そうしたとき、はじめて新しい何かをむすぶことができる。

そして、それもまたひらいて手放そう。

手を上げて、もう何も握りしめていないことを確認しよう。
そうすれば、そのときに本当に必要なもの、それが何なのかがわかる。

そして、それは必ずむすべる。

グーは強そうでも、実は弱いのだ。
3617663_m-1





 

このページのトップヘ