アセマネの内定を蹴って自分で運用するブログ

バーリュー投資で年10%目標! ツイッターはじめました☆ https://twitter.com/ToushikaY

ツイッターはじめました☆ https://twitter.com/ToushikaY

インデックス投資でこのブログに辿り着く人達が増えている件

ここ最近、ブログを更新していませんでしたが、久しぶりにどのようなワードでこのブログに辿り着くのか確認してみました。

あまり代わり映えしないワードが並ぶ中で、最近インデックス投資というワードが急浮上していましたので、インデックス投資に関する私なりの考え方や分類、そして注意すべきことを書きます。

私の投資スタンスとしては、とりわけインデックス積立投資をする際は100%リスク資産に振り分けるのではなくある程度の買い増し余力を持ってタイミングに応じてそれらキャッシュをリスク資産に振り分けるべきだとするスタンスです。(こちらで公開してるライブスター証券口座ではそのような投資手法ではありません)

ようはタイミング投資ですね。

逆にインデックス積立投資で月々の投資額や口数を機械的に行うならば、過去の日本株、外国株のボラティリティー、自分のリスク許容度、積立年数、積立完了までの資産の振れ幅とその確率を予め算出して、月々の積立額を決定する必要があります。

前者をタイミング投資、後者を自動インデックス投資と申しましょうか、インデックス投資をする際は、いずれであっても良いと思うのですが、後者に関しては最適解が一つであるのに対して、前者は最適解はなく、アルファを取りに行くことになるわけでそれ相応の勉強が必要になります。

もし、インデックス投資の目的が老後の資産形成や余った金の資産運用で投資に時間を一切費やしたくない場合は、初期の導入の時には時間がかかりますが、後者の完全自動の方がベターです。ただし、初期の導入が非常に重要なわけで、ここで失敗したり、肝心なところに抜けがあると全てがパーになります。

ここら辺のつめに関して自信がある方は、初期導入の際に全てを意思決定しておき完全自動にしておくというのはありですが、今回のように相場が大きく動く時には、初期に導入した考え方ややり方を変えずに貫かなければいけませんし、何より自分の人生の考え方や、金に対する価値観、その他外部的要因が向こう何十年と変わらない前提でやってしまうのは非常にリスクがあります。


完全自動のインデックス積立投資はグローバル金融のリスクは自動分散されマイルドになっていますが、その代わり自分自身や外部的要因の変化といったテールリスクを引き受ける事になります。ここら辺は実は見落としがちです。



イギリスEU離脱に伴いわいのロングを大暴落が直撃orzポジションサイズ大事

image

みなさんお疲れ様です。
相場で損しても自殺はダメですよ。資本は健康な身体です。お金じゃありません。

私はイギリスは離脱しないとふんでいて、朝方ドル円107円ぐらいでよっしゃも思っていたわけですが、ば中にあれよあれよというままに、99円代をつけてしまいましたね。

さらにイギリスが離脱という結果になってしまいました。実際に法的に抜けるのは、2年後になりますので、それまでに為替はまた同じようなボラティリティーを経験することでしょう。

イベント時には、レバレッジを落とすという事が非常に重要です。ライブスター証券口座では、先日「信用取引のレバレッジを落とすように」と重要なアナウンスがされていましたね。

2年後なので、まだまだ下に上に動くことでしょう。個別株のプレミアムが剥げてきてバリューになる銘柄がチラホラでてきます。今後は銘柄選定をして仕込むボーナスチャンスとも言えるかもしれません。


現在ポジションの状況は、ロング55%ぐらいかと思います。

98円まで引きつけて仕込む事は覚悟をしていたのですが、いざ食らうときっついですね。

来週中もまだ株価は重いでしょうが、ボラティリティーが拡大していてまだ続いていますので、引き続きポジションサイズには注意をしないといけません。




高配当ETF1577を買い増し。新規銘柄もぞくぞく購入6157日進工具・2461ファンコミュニケーションズ・3800ユニリタ・3712情報企画。やっと少しはバリュー投資らしくなってきた

PFは以下です。
コード銘柄名概算評価額概算評価損益▼
1577NF 野村高配当701,084,200 円-86,838 円
5015ビーピー・カストロール490,800 円21,000 円
1399上場高配当低ボラ478,400 円-70,000 円
2461ファンコミュニケーションズ439,800 円-34,500 円
6157日進工具363,400 円3,200 円
3030ハブ355,000 円-40,820 円
3800ユニリタ320,000 円-16,800 円
3712情報企画303,000 円-16,800 円

現在、ライブスター証券口座の1577野村高配当70のウェイトを少しずつ増やしています。
このETFは高配当ETFの中で一番信託報酬(コスト)が安いというものではありませんが、時価総額が400億円~500億円と圧倒的にでかい為銘柄としてはいいと思います。別の口座でも長期的に保有しています。

1399上場高配当低ボラは、1577と合わせて、<高配当銘柄>として、ボラティリティの低いものをアクセントとして付け加えているようなイメージですが、純資産総額が30億円程度ですので、これ以上増やすことはしません。こちらは長期口座にもたしかなかったと思います。

2461ファンコミュニケーションズは、今回新規に購入です。
営業CFが5年連続上昇しており、CFにおける現金及び現金同等物期末残高がアゲアゲであるため、今後も増配が続くことが予想されるので長期保有でOKです。事業内容としては、成功報酬型ネット広告です。A8.netのアフィサービス会社ですね。私はアフィは今のところしていませんが、アフィサイトサービスからのあがりをもらう方に投資しました。アフィしてる皆さん頑張って下さい!笑

6157日進工具は、精密金型や部品加工向け超硬小径エンドミルを製造しています。消耗品ですね。マニアックです。後藤一族率いる同族経営なので、株主フレンドリーな会社です。こういう一族経営会社好きです。配当利回りが3%を超えていること、無借金経営であること、長期チャート的に押し目に入ってタイミング的にいいこと。この3本です。
また、今後3Dプリンタ技術が台頭しても超微細加工はなくならないが、その市場の消耗品でニッチトップを狙っている点、低付加価値の商売には手を出さないという点、この2点が非常にバリュー投資家心をくすぐります。長期保有です。

http://www.ns-tool.com/ir/ir_41.html

3800ユニリタも新規です。ソフト会社です。パッケージソフトも販売しています。この会社は財務や数字のみで判断しました。直近BPSが、10%、7%、12%、10%と上昇している点、1年を通してとここ何年間で経常利益の振れ幅が非常に小さい点、それでいて配当性向が30%超え、配当利回りが現在2.8%です。この銘柄もおしたら買いで長期保有です。

3712情報企画も新規。社長が公認会計士です。金融機関向けのシステム会社です。CFもよく業績も右肩、顧客基盤も銀行を中心として安定しており、メンテ費用も堅いことからファインダメンタルは非常にいいです。しかし、最近の日足のチャートが微妙なので下落トレンド入りするかもしれません。注視しています。

ポジションの状況は以下です。
ポジション金額(万)比率ゼロポジ(万)
ロング(L)38354%200
ショート(S)00%50
現金32446%-
ネット(L-S)38354% 
グロス(L+S)38354% 

とりあえず、現金が46%程度ですが、1ドル98円をターゲットにして20%程度まで減らせたらと考えています。ドル円は1ドル98円ぐらいを底に110円ぐらいに戻る事を想定して利益を取りに行こうと思います。

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
様々な投資手法を勉強する為のアカウントです。相場に一喜一憂します。
ギャラリー
  • イギリスEU離脱に伴いわいのロングを大暴落が直撃orzポジションサイズ大事
  • 5月末の状況
  • 5月末の状況
  • 4月末の状況
  • 本日の状況。中国生み出し切っていない模様
  • 2月末の状況
  • 2月末の状況
  • 1月末の状況<来るか不動産バブル>
記事検索
  • ライブドアブログ