2017年04月16日

久々の投稿です!

書き込みをやらなければと思うが・・・!
私もとうとう古稀を迎えて気力も体力も衰えを感じます。
電気浮子作りも20年を越えました。
良く続いたなァ・・・!
近年、標準規格以外の製作依頼が多く戴きますが
今まで、やれそうでやら無かった浮子を始めて挑戦し納めました。

そんな浮子とは・・・。

カヤ素材で口径7mm以下で超感度の電気浮子を?
そうなんです。
いま、販売されている細身で羽根浮子の一本取り
口径6,6~6,7mmの差し込みタイプしか有りません。
ねじ込みタイプでオールカヤ素材の超感度での注文!
ハイ!
出来ましたよ。
口径6,5mm / トップ1,0mm / ボデー長10,5cm or 13cmです。

DSC01278

自分ながら、今にも釣れそうな綺麗な浮子だな・・・!

*皆さんのコメントを待ってます。











toushun2006 at 15:31コメント(0) 

2017年01月07日

 遅い新年の挨拶になってしまいました。
今年3月で古希を迎える歳になってしまいました。
電気浮子作りも20年を越え何時まで出来るやら!
まして皆様より必要とされているのかと思いますが?
未だに10数年前の修理依頼があるので、永らく愛用して
頂いている方々に感謝しこれからも頑張って行こうと
思いますので宜しくお願いします。

toushun2006 at 20:45コメント(0) 

2016年02月02日

肩痛でゴルフを止め、腰痛で釣りを止めたのに
更に眼で何も出来なくなるなんて・・・。
食い止めるのに先日、再手術!
何とか悪徳医者の後始末を無事に終わり改善に向かい一安心!
再開し頑張るぞ。
(作業を中断して納品が遅れてます事お詫び申しあげます。)


toushun2006 at 20:25コメント(0) 

2016年01月08日

あっという間の一年でした。
昨年は親族、友人や最愛のお犬も暮れに亡くなり
いつ私にも迎えが来てもおかしくない歳になってしまいました。
浮子作りも体の続く限りと思うけど、白内障手術が
へたな医者に係り失敗しおぼつかないけど
残された時間を大切にして楽しく行こうと・・・

暮れにホームページが都合で閉じてしまい
ご不便をかけ申し訳ご座いません。
通常通りに製作、販売をしていますので
このブログか下記連絡先にお問い合わせを
お願いいたします。

電話、FAX 042−697−8921
        042−686−2234
携帯     090−3512−5626

メール   toushun@sun.cims.jp







toushun2006 at 13:13コメント(0) 

2015年04月21日

前回の投稿でミニ浮子の仕様が何故か消えていました
書いたつもりで投稿して確認しない私がいけないのでした
このタイプのミニ電気浮子は既に数多く使用されています。
全長で18cm〜20cmで4灯〜5灯と
浮力も2,0g〜2.8g(浮き下)にとさまざま。
さて、使用感は皆◎の返答
竿は10尺〜16尺でしたがタチ(棚)が1本前後(50cm〜1m)の
浅場の釣りで操作性、感度など期待通りで良かったと好評でした。


toushun2006 at 17:00コメント(2) 

2015年02月12日

DSC00961

DSC00960

toushun2006 at 20:56コメント(0) 

2015年02月07日

久々の書き込みです。
最近は標準品と特注品の割合が半々ですが
今までに無い注文が有りましたので紹介します。
写真の様に電気浮子では見た事の無い形状ですが
色々と考えますと理にかなった浮子かと思いますが
さてさて実釣ではどうなのか?
早く結果を知りたいね

スペックは
☆材質・・・・
  ボデー「太さ7mm径 カヤ」 「太さ15mm径 バルサ」
  ソケット「太さ7mm径 カヤ」
  アシ「太さ2mm径 竹」
  トップ「太さ1,5mm径 ムク」
☆形状・・・・
  全長「45cm」 ボデー長さ「11cm」
  ソケット長さ「11cm 内アシの長さ5cm」
  トップ長さ「23cm 7灯」
☆その他・・・・
  自重「5,1g」  浮力「4,8g」 但しBR435を装着時
  
希望要項は
  1,底、宙に対応出来る事。
  2,19号以上の大針で大餌を付けて沈み込まない事。
  3,流れにある程度まで保ち応えられるよう。
  4,3m〜6m棚が狙えるようなど〜ETC。

以上の要望が全部を叶えるには・・・・!
  そして出来たのは棒状浮子とカンザシ浮子のいいとこ取りとなりました。
  この浮子の立案者(森田氏)が、どのように使いこなして
  くれるか楽しみにしてます。

DSC00958

DSC00952

写真が小さく出来ないよ


  



toushun2006 at 20:57コメント(0) 

2014年03月06日

 ホームページがいまだに変更が出来ず
古いままの連絡先、製品の紹介で皆様に
ご迷惑をかけて申し訳ございません。
まだ頑張ってますので宜しくお願いします。
連絡や質問がありましたならばブログか
携帯にご連絡をいただければ助かります。

〒192−0045
東京都八王子市大和田町3−11−28
アクアビィータ 214号

TEL/FAX・・・ 042−697−8921
携帯電話・・・・・ 090−3512−5626
Eメール・・・・・・ toushun@sun.cims.jp
携帯メール・・・ toushun-coubou@ezweb.ne.jp


toushun2006 at 20:45コメント(0) 

2014年02月15日

 まいったね
腰、腕が筋肉痛の雪掻きだ!
腰痛で竿を置いたのに
吹き溜まりで雪に埋もれた車をなんとか出したけど
案の定、腰にきたよ
過去に大雪の年に爆釣りした事があったけど
今年はどうかな?

toushun2006 at 21:10コメント(0) 

2014年01月21日

 例年の月と違い製作依頼が多いのは
景気の回復傾向だろうかな?
私も年金生活者の一人で少ない額から更に
介護だの、医療だのと減額されて、一行に
回復の実感がないが!
そう思うのは私だけかな?






toushun2006 at 18:58コメント(0) 

2014年01月02日

あけましておめでとうございます。

あっという間に一年が過ぎ又新年を迎える!
早いね!
年々早さが増してきた感じがします。
毎年いろいろと公私とも物事があり、落ち着かない日々
昨年も同様にあり、せわしない年でした。
ことしは落ち着いた年でありますよう願いたいのですが
どうもこのせわしさは私の性分なのかもしれない。
 
ともあれ前向きで前進あるのみです
今年も宜しくお願いします。


toushun2006 at 21:47コメント(0) 

2013年04月29日

昨年の釣果が前年と違い不調でしたと
確かに良い報告の数が少ない!
道具は釣れないと購買欲が下がってしまう
まあ、思うように行かないからいいのかもね
さてリチウム電池は公称電圧(無負荷)3Vで公称容量が50mAh(BR435)、25mAh(BR425)
で425の倍が435です。
この電池は低電流であれば30〜40時間(但し負荷0,5mA〜1mA)で終止となります。
但し常温20度での測定値であり釣場の温度は季節や昼夜で大きく変化し
使用時間は夏は長く、冬は短かくなります。
夏の暖かい時期では放電能力は最後まで使えますが冬期の場合は半分も持たない事があります。
また負荷を20mAで流した場合1時間と持ちませんので発光輝度と時間のバランスを見て決めます。
電池の能力を簡単に説明しましたが、電池を長時間に渡り使用せずに、2〜3時間で交換し
ポケットなどに入れ温め、乾燥させ復帰をさせると、通常の使用時間が大幅に増えますよ!
特に寒い日に試して下さい。


toushun2006 at 21:39コメント(0) 

2013年04月07日

桜も散り、いよいよ本格的なシーズンになり
釣り師達にも過酷な時期となりました。
こう思うのは私だけなのかな?
今日日、厳寒な時であろうと台風であろうと
釣れるとなれば秘境の地えと、体力の続く限り本能のごとく
釣行するのが野釣りヘラ師なのだ。
こんな前書きしてたら電池のことが書けなくなってしまう!
先日、電池の件で問い合わせが有り、ここで少しこの電池を
私の知る限りのことを書きましょう!
現在は国内ブランドで panasonic(パナソニック) fujtoki(富士灯器)
の2社で湯浅バッテリは撤退しました。
パナソニックでは BR-425とBR435 の2種類で富士灯器では FB-03 と発売しています。
ちなみにBR-03はBR-435と同等品で量販店では260〜300円で販売されています。
ここ数年で韓国、中国製品が多種の企業名で小売店や量販店で売られるようになり
価格も180円〜250円と格安です。
民生用BR系ピン形リチウム電池でリチウムイオン電池ではありません。

この続きはまた後で!
  

                                          

toushun2006 at 21:57コメント(0) 

2013年03月27日

従来のオーロラ、ホタルは点灯時から電池の消費に応じて明るさが大きく
変化してました。点灯時から30分位が、夕まずめの視認がしずらい時間には
最適でしたが、暗い中では明かる過ぎてと感じる方もいました。、
各々の状況、状態で一概には決められないのが本当で
そこで今回は新しく出来た昇圧プリントを利用して
4段階の輝度を決めて希望に応じた明るさでのオーダーが
出来るようにしました。価格は標準品価格と同じです。

H)超高輝度タイプ…1、650mcd(ST)〜1時間760mcd〜2時間580mcd〜6時間230mcd
   *視力が衰えて見づらい、長竿で浮子が遠い、朝夕まずめの見づらい時間帯に最適!

K)高輝度タイプ…790mcd(ST)〜1時間695mcd〜2時間620mcd〜6時間310mcd
   *視力が少し弱い方、最初から明るさが大きくかわらなく持続する!

T)中輝度タイプ…590mcd(ST)〜1時間590mcd〜3時間590mcd〜6時間380mcd
   *視力が普通の方、長時間一定の明るさが保持し電池が長持ちする。

S)低輝度タイプ…450mcd(ST)〜5時間450mcd〜6時間410mcd
   *浅場や透明度の良い水質、短竿の場合、明るさが一定で更に電池が長持ち。

*室内温度18°C ナショナルBR435使用でのデーター。
*オーダーメイドには、超高輝度の場合 H00年00月`オーロラH と記入されます。
*視力が良い方での視認輝度は180mcd(10m先)で見ることが出来ます。


さあーて貴方はどのタイプですか?


ご注文、お問い合わせは toushun@sun.cims.jp
                       または 042-697-8921  近藤まで


toushun2006 at 19:35コメント(0) 

2013年03月11日

DSC00105

























超ロングタイプ、セミかんざし、ホタル発光(ケミほたるタイプ)
全長/56cm ボデー/カヤ 径10mm 長さ6cm
足長/26cm トップ/無垢 径1.5mm 長さ24cm 2点発光
用途/発光高度を抑え、極端に透明度がいい場合に使用。
     ストロークの馴染みが何ともいえなく良く、浮力もあり
     感度、戻しなど申し分ない。

toushun2006 at 23:43コメント(0) 

2013年03月07日

DSC00166
























数多くの別作をご注文、製作しましたが
今回はロングタイプを紹介します!

◎かんざしタイプ 「オーロラ」
  *流れに対ししもりが少なく、沈み込みがゆっくりで
    戻しが早い等一度使用すると魅了されますよ。
  *全長 / 40cm  トップ / 1,5mm 6灯 長さ…20cm



toushun2006 at 20:36コメント(0) 

2013年02月27日

DSC00403

























いろいろな事案を検討し、やっと出来あがった
注文に間に合わせなくてはと、少し焦りました。
遅れを取り戻さなくては
やることが一杯で、H,Pの書き換えがまだで
住所、電話などの変更が出来ず、ご迷惑をかけてます。


toushun2006 at 00:02コメント(0) 

2013年02月08日

プリント基板の再製版、実装で今回は大変でした
前回はパーツの入手で苦労し、今回は実装で苦慮!
電気製品に限らず作ったものは、必ず経年変化があり
メンテが必要となるし耐用年数がある。
基板の保管の仕方で大きく変わるけど、プリント基板製造業業者は
1〜2年が保証期間だそうだ。
半田実装後の変化も同じで3年位が目安でパーツも保証出来ないようだ。
浮子の場合、内蔵だから電子部品の交換が出来ないから
寿命として考えなければならないのか?
電気浮子って大変だなー

toushun2006 at 23:55コメント(0) 

2013年02月05日

とうとう製作に支障が
発光の心臓部が底に突きそうだ?
辞めようか悩んでたらH氏に激励され新たに
改良した心臓部の見積を依頼!
やる以上は更に良い浮子にしないとね

toushun2006 at 23:35コメント(0) 

2012年02月29日

今日は朝から雪で動きが取れない・・・。
こんな日は朝から浮子作りに専念!
セールは好評で、多くのご注文を戴き
有り難う御座いました。
ヨシと、始めていると必要な塗料が底を突いて
先に進めず、では買いにと・・・、、雪で動けず
コマッタ・・・? 違う事をするか、そこで新製品
のデータ作り、そうブログも・・・・。
今年の相模湖は年明けから尺半上がナイターで
釣れ続いている様です
いきたいなー・・・・ 腰が!!!。


toushun2006 at 13:05コメント(0) 

2012年01月01日

明けましてお目でとう御座います。

  皆様の益々ご盛栄のこととお喜び申します。
 平素より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

工房の移転のお知らせ。
  この度、住居、工房を移転しました。
 1月4日より新住所にて開始致します
 これを機に、更に皆様のニーズに合う浮子作リに
 努めてまいります。
 今後とも、ご指導賜りますようお願い申し上げます。
 
 

新住所、連絡先

 〒 192−0045
 東京都八王子市大和田町3−11−28
   グランシティレィディアントアクアビィータ214
   (簡略 八王子市大和田町3−11−28−214)
 
TEL:  042−697−8921
 
FAX:  042−697−8921  042−686−2234

 携帯:  0903−512−5626

 携帯メール: toushun-coubou@ezweb.ne.jp
 
PCメール : toushun@sun.cims.jp
                    
以上ご報告致します
。 

toushun2006 at 00:30コメント(0) 

2010年04月04日

 浮子の視認向上のため思考錯誤して、今では長竿でも楽に見る事ができる用になった。電気浮子の性能は昔と比べ大幅に違い、更に高輝度をと研究、改良してきたが、未だにA型(旧タイプ)の希望が続いている事に不思議に思ったので聞いて見た、1)不景気なので価格が少しでも安いほうが! (3人)
2)今まで使い慣れているから! (4人) 3)オーロラ、ホタルと比べ明る過ぎて釣れない気がする! (5人) 4)目の病気などで色彩の見分けが難しい! (6人) 5)無回答 (2人) 20人の方からのアンケートで解った事、そう何でも明るくすれば良いのでなく人其々、考え方の違いや境遇の違いで選び望むもので有り押しつけるもので無い、少し反省しました。
そこで、考えを少し変えオーロラ、ホタルの輝度(明るさ)を高輝度、中輝度、低輝度と選ぶ事が出来る様にと改良、近日中にデーターを発表しますので宜しく・・・!

toushun2006 at 01:21コメント(0) 

2009年05月19日

 コメントを何時も有難う御座います。
昨夜、久々に弁天ワンド入口での釣行でハタキあれど子ベラの数釣りで又もや浮子の調子を見るに留まり、疲れました。
別作のホタルが望みに合い、更に追加を頂きました事有難うございます。
追加注文品は23日の時に納品を予定してます、又昼浮子に付いては表立って発表してませんが既に製作依頼で出しています、野釣り、ダム湖用で一往に喜ばれていますから,お会いした時にでも希望とする内容を教えて下さい。
寝不足ですのでこれでおやすみなさい.....!

toushun2006 at 23:57コメント(0) 

2009年05月15日

コメントを頂き有難う御座います。
 長竿で中底での羽根1本取りについての質問を頂きました。
では早速検討してみましょう、この一本取りに付いては前の投稿で何度か書き入れをしていますが実際の規格等が発表していないので迷われてしまった事と思います。
一例ですが、ボデー 6,5cm口径 長さ12cm / ソケット、差し込み型(ねじ込み型は口径7mm以下が出来ません)7,2cm / トップ、1mm径 17,8cm 6灯 / 全長 37cm の浮力は(BR435装着)約2,0g / 自重 約3,2gとなっています。
2枚合わせの同サイズでは浮力は約2,7g位になります、この差は円形と半円形との体積の違いで変わります。
この一本取りは電気浮子の中では一番細く、又今の技術ではこれ以上には出来ません。
ボデーが細い程水の抵抗が少なくなり感度が上がりますがこれには限度があります、電気浮子の場合、電池や電池ホルダー、ソケット、発光素子等が埋め込まれている為、自重が重くなり浮力がその分減衰するため操作性が悪くなり、よく言われている振り込みすると浮子が先に行ってしまうなどの原因は相対的バランスが悪いからで、この範囲を超えないようにしますがこの問題は電気浮子の内で一番の悩みです。ここで少し宣伝を…! 今まで数多くの釣り師から、今までの悪い概念が藤春の浮子で大きく変わったとのお言葉を頂いています、{ハイ 、バランスが改善されています}。
さて此のくらいにして先ず、浮子は良く見えなければなりません(視認性)、目の良い方ならいいのですが私など60を超えると老眼、乱視で更に近眼の3重苦、もう辛いですネ、長竿でタチが1本半だと更に先に行き見ずらくなり遠近法で各色が重なりますので節間を標準より広くします(最初の注文時での色,間隔、灯数、長さの変更は無料です)、トップについては前に紹介していますので参照して下さい。
ただ1,5mm径が一番明るいのですが1,0mm径の方が明りに切れがありハッキリして見やすいと言われてます。
夜での長竿となると廻し振りは危険が多いので出来れば送り込みが良いのですが浮子下が軽すぎると振り込みがしずらくグルテンを使用となれば更に難しくなります、但し竿の調子や其々の好みで一概に決め付けることは出来ませんが操作性については重要なポイントです。私の思考は暗い中で長い時間続けるにはトラブル無く楽にできる事が一番で有ることと思います。
ですので操作性を考慮すれば有る程度浮力があるサイズを選びます。例えば標準タイプでいえば7−3(no6)、8−3(no9)等で浮力が3,5g以上が使いやすいと思います。
ここで長々と書いても大変ですので一つの方向性を出しますので参考にして下さい。
1)感度を求め羽根の一本取りとする。
2)浮力を3,5g以上に操作性を向上させる。
3)トップは視認性、感度の向上を考え1mmとし7灯大の目盛。
4)光源は最高輝度のオーロラで。
以上の事柄が出来ますので検討してみてください。

toushun2006 at 19:25コメント(0) 

2009年05月13日

  釣りに限らず事を起こす時必ず迷い考える事と思います、道具、餌、釣り場、ポイント、日程、時間、気象条件、体調、家族の問題、等々色々な条件が相俟って楽しい釣が出来るもので、どれ一つ欠けても好いことでなくなります。
そう、浮子一つでも同じで自分の思い描いた性能、外見等が一致し、その浮子で好釣りが出来れば最高の一品で、不釣りであれば評価が一挙に下がり迷いが出る、そこで浮子の選択が間違いが無いのか、他の問題は如何なのかと考え悩むのだが…!
そう、その迷った時、想い巡らして入る時が楽しいのです…!
今の電気浮子は10年前より更に完成度の高い浮子で視認性は固より性能が一段と良くなっています。昼浮子に比べて遜色なく豊富な種類があり、各々の釣り方、釣技に対応でき、近年は釣り場に応じた別作オーダーが増えヘラ釣り本来の拘りが出来るようになり、少しずつヘラ浮子として認められるように成りました、だが未だに専門誌や月間誌での取り上げ方がすくないのが残念です。
さて、選択に迷う問い合わせが多々有りますのでここで参考になればと「藤春」の製作意思を少し書きます。
この電気浮子を作った理由は・・・?  
今日は遅いので次回にします!  おやすみなさい

toushun2006 at 00:29コメント(0) 

2009年05月09日

 各方面より吉報が寄せられる日が多くなり、私だけでなく皆、心時めいて居ることと思います。我がホームグランドの相模湖でも48.5cm頭に尺半上が多数釣れだし、大型連休から今日8日まで雨交じりでハタキ有りの良釣り、山中湖でも爆釣り入る等…! 処が私は皆が良いと缶詰め状態で、また連休は家族サービス、カラオケの発表会等が重なり竿を出す事ができず、ストレスが溜まるばかりで長生きは出来そうにないです。
タダ何とか我慢できるのは、吉報や注文を頂いた時に嬉しい言葉を頂いき藤春フアンの広がりが未だ有ることに心弾む思いで何とか前に進む事が出来、感謝してます。
例えば琵琶湖をホームにしている滋賀県の梅影様、奥様、等々からこの連休で53,7cmを頭に140枚以上の釣果ができたとの事、因みに別作品の羽根1本取りの超高感度(電気浮子の中で藤春だけが出来る最高傑作品)で昼夜使用して回りとの差が歴然となったと報告され嬉しいやら羨ましいやら複雑な気持ちでした。
本来私は釣師なのに!! 仲間はあんたは浮子を作っていればいいのと言われ、何だか辛くなるな〜
自分の釣果が書けなくて辛いよ〜。

toushun2006 at 01:15コメント(0) 

2009年02月28日

ソケット3参考写真                  クリヤー仕上げ/足長タイプからボディロング等


                                                                               
 
ネジ込みタイプは早くから別作、特注で既に製作されています。
少しでも短くしたり更に長くしたり又浮力を変えたりが出来ます。
太さは 口径7mmでボディの長さは 4.5cm/5.0cm/5.5cm(BR425用)、 6.0cm/7.0cm/8.0cm/9.0cm(BR435用)、足は「竹」の場合 口径2.0mm 長さ1.5cm、「ソリッド」の場合 口径1.2mm 長さ3.0cm〜9.0cm 迄選択が出来ます、ボディ素材は「カヤ」で出来ています。

従来の差し込みタイプでは、ボディ素材がプラスチックでしたが新たに「カヤ」が加わりワイドな使い方が出来るようなとり、ネジ込みと同様に選択が出来ます。

* 多種なソケットで多様な釣技、釣り場状況に対応が可能です…!

toushun2006 at 00:22コメント(0) 

2009年02月24日

ソケット2左写真図センター上(電池ホルダー)/左から口径7mm カバー長6cm  足1.2mm径 長さ4cm 全長10cm 次/足の長さ8cm 全長14cm 次/足の径2mm 長さ1.5cm 全長7.5cm  次/カバー長7cm, 8cm, 9cm 全長8.5cm, 9.5cm, 10.5cm

初めて紹介するソケットです

今までの欠点を少しでも解消するため素材をカヤにして、ボデーと一体感を出し更に美形となりました。
熱に強く曲りがなく内部のエアーを極力なくし結露を防ぎ又ホッピングが軽減しました。
いろいろなカバーの違いで浮力が変り、一本のボデーでソケットを変える事で多様な使い方が出来、昼浮子には無く電気浮子ならば〜です。

*電気浮子って凄いナ…! 一本の浮子で昼、夜、浮力や立ちが変えられたりで…!

toushun2006 at 23:32コメント(0) 

2009年02月20日

 電気浮子の心臓部を定期的に改良、改善、開発と実験をしている。
発光部のLEDがロッドでの違いを、ICチップの検査などをしている風景です。


実験






昼浮子と違い電気的要素が含まれて入るので何時も気を抜くことが出来ません...!
購入したLEDやパーツが不具合で無駄になる事は多々あり辛いとこです。

 いよいよ本番が迫って来ました、上野原、川筋にヘラ玉、もじりが多く見られ毎日水位が上昇し後1m位で満水とのこと、準備出来てるかな?

toushun2006 at 10:23コメント(0) 

2009年02月15日

 電気浮子の製作をするのにパーツの入手は大きな問題で安定供給が出来なければ意味がないのです。
初期はナショナル製、オリンピック釣具製の海用浮子を解体し電池ホルダー、ソケットを利用して組み立て直していました。
非常に手間が掛り効率が悪く仕上がりも今一で高価でした。電池ホルダーやヘラ浮子用に合うソケットが入手出来る迄、苦労しましたが幸いにも手に入れる事ができ、更に新たにネジ込タイプも加わり今では多種多様の浮子が出来る様になりました。長い間には色々なトラブルもあり、その問題を解決するために改良改善の繰り返しでした、問題の解決には設計、金型、冶具の作り直しが必要ですが其れには大金が掛かりとても採算が合いませんので今あるパーツでの製作方法で寄り良い形にするしかありません(ナイター人口が多ければ投資ができるけどな〜!)。
電池ホルダーが2種類で各々長所短所があります。
1)差し込みタイプは? a)電池の差し入れが容易 b)電池の不揃いに対応出来る
c)ボデー口径が一番細く出来る d)ソケットがプラスチック、セルロイド材の為、熱に弱く変形し易い e)防水が完璧とはいえない f)エアー部分が多く結露が有り浮力が変わる g)Oリングの摩耗が早い。
2)ねじ込みタイプは? a)防水性に優れている b)ソケットがカヤ、バルサ、羽根などと多くの材料が使える c)熱に強く変形しずらい d)ボデー口径が7.0mm以下が出来ない e)メス側のネジが軽素アルミのため腐食し易い f)製作に手間が掛かり直線を出すのが難しい g)電池の不揃いに対応出来ず装着に難がある。
どのタイプも一長一短で其々の性質を理解をしていただければ使用方法、手入れの方法で問題が解決しますが.....!。

   ア〜ア お金が有れば金型を作りモットなァ....! 
       次回もソケットについてで〜す 

toushun2006 at 23:57コメント(0) 

2009年02月11日

 へら鮒を初めて釣り上げたのは小学4年生の時、以来今日まで50年以上、相模湖のナイター釣りに魅了され30年を超え、一番長く続けている趣味だが、ふと気がつくと既に高齢組、後何年出来るのかと思う今日この頃....。 
年ごとに大事な釣友や仲間の不幸事が多くなり一人二人と離れ心寂しくなる。 
 歯、目と悪くなり肩こり頭痛とストレスが溜まるお決まりのコース,重たい道具を背負い嶮しい釣り場えの釣行も苦になり持久力が低下する有様、本当に情けい  更に不況の嵐で心身までズタズタ...! マテ マテ 残り少ない人生を無駄にするより、好きで始めた釣りを体力が続く迄 一釣入魂で頑張るぞ  明日から腹筋、腕立て、スクワット! 出来るかな...? 数年前までゴルフ、ゴルフでしたが今はカラオケばかり、歌はうまくなったが筋肉は落ちる一方だからネ。今回は何だか愚痴ぽいな....。 

toushun2006 at 12:30コメント(0) 

2009年02月09日

 トップの太さで浮子の特性が変わりますが、藤春では1,0/1,25/1.5mm径の3種類のムクファイバーとP C パイプトップ、1)1,5/2,0/2,2mm径のストレート、2)中太1.5−1,9/デブ太2,0−2,4mm径のテーパータイプが揃えていますので、多種に渡り対応が出来、昼浮子と何ら変わりません。

 太さ選択は...?
 多種多様な釣り方の違いで迷う事と思います。出来れば状況に合わせた浮子を揃える事が良いのですが、何故か昼浮子と違い数本で賄ってしまうことが多く残念に思います。トップは細く表面積が小さい程水圧の影響が少なくなり高感度になり冬場の釣り、食い渋り時等底釣りに適していますが限度があります。1,0mm以下では問題点があり、光の伝達、拡散が細い程体積、表面積が小さくなると暗くなります。逆に太ければ明るく成りますがこれも限度があります。ムクトップの場合浮力は負側で敏感に動きますが、少しの負荷(餌の重さ、水流の強弱、水底の状況など)で大きく変化します、流れの影響が少なく底の状況が良いポイントであれば細く、悪い場合は太くし対応すると良いでしょう。
「長所、短所の比較」
1.00mm/細いが柔軟で折れ憎い、軽量で高感度用に最適、曲りやすく保管に注意が必要、光の分散、配分が難しい、カッテングが大変。
1,25mm/見た目バランスが良い、底釣り用に適してる、入手が難しく高価、付属パーツ、道具が必要。
1,50mm/輝度、明るさを最大限に出せる、適度の長さ迄出来る、折れずらい、加工がしやすい、軽餌で宙釣りも出来る、少し重く感じる。

以上で今回の光ファイバーについては終わり次回は「ソケットについてを考える」です....!
少しは参考になっているのかなチョト不安 ....? 上手く書けないので申せ訳ないです。                             出来ればコメントでもして下さい。質問があれば出来るだけお答しますので....!


toushun2006 at 00:15コメント(0) 

2009年02月02日

 
 ネジ込み方式ソケットを発売開始から早くも3年目に入りました。
従来型と2通りの電池ホルダーとなり、選択の巾が広がり特別注文が前にも増し多くなりました。
両方式でも完璧とは言えず一長一短ですが、この方式については後ほど記します、先に手入れの仕方でいつも快適な状態で使用出来るようにお知らせします。
始めての購入の時に「使用にあたり」の注意書を入れていますが、ここで再度説明をします。
防水が向上し長く水中に入れても安心出来る様になりましたが、電池の抜き刺しや収納時に水分を拭き取りをしますが、ネジ山部分が完全にふき取りずらく少し残りそのまま収納するとメス側のネジが錆て周りずらくなり最後まで閉まらず防水が不完全のまま使用する事になりトラブルの原因となります。
まず 「シリコンオイル」 を用意して下さい(ホームセンターなどで250〜300円位で有ります)、オイルをオスネジ側に塗り付け其のままキャップを回し装着し、余分なオイルはふき取ってから収納すると何時までも錆びず安心です。
使用後は電池を必ず抜いてから収納して下さい。
この手入れは毎回ではなく3〜4回使用後か、また見てオイルの効果が薄れた時にすることで防水効果が更に向上しパッキンも傷みませんのでお試しください。

*竿だけで無く浮子も是非お手入れを.....!

      

toushun2006 at 12:05コメント(0) 

2009年02月01日

光ファイバー(トップ)その物についての説明は別にして、実際の問題や苦労話を添え記していますが、皆様に伝わるかな.....!

浮子に使えるのは?
  光ファイバーの種類はガラス製、セラミック製、アクリル製などがありますが、使えるのはアクリル製ですが太さ、重さ、硬さ,強度を勘案しなければなりません。

「太さの問題は....?」
  浮子に使える太さはと考えると迷うと思いますネ、細いほど感度が良く自重が軽くなり良質な浮子に成り望む処ですが、これには問題もあります、では太くして丈夫にし折れずらくする等と効果を考えますが、一長一短で使い方に合う太さで決める事となります。
実際に国内で入手が出来る太さは 0.75mm 1,0mm 1,5mm 2,0mm(浮子での使用範囲の太さ)ですが、この内1,0mmと1,5mmを使用しています。細ければ細いほど良いのですが、硬さが無くなる、視認度が下がり見ずらい(光る部分の体積に比例する)などあり1,0mmが限度と思います、では2,0mmは逆に体積が増すので見やすくなりますが、重く硬い為折れやすくなり何か商品として売れない....と、ただし浮子の性能は別とし弱視の方に取って必要かと!。一番多く使うのは1,5mmですが、これまでに1mmでは細いし1,5mmでわ太いので何とかナラナンカ.. の意見が多数寄せられ、八方に問い合わせしたが無理でした。   ですが藤春は諦めず国内外探し求めついに入手出来ました、1.25mm+−0,025の物です。但し非常に高額の為100本しか購入出来ませんでしたが..........。                        *記入欄が無くなり次回へ*

toushun2006 at 00:30コメント(0) 

2009年01月26日

投稿欄が小さいので一遍に書き込むことが出来ませんので何回かに分けて記します。
 
特徴、特性について(2
 
 「ファイバーが曲がってる?」
  この品を購入するに亘り、真っ直ぐな物を望みメーカー、小売り店にお願いしても残念ですが有りません、製造の方法が問題で出来上がる時に、大きなドラムに巻き付けるため、形状が円形となりその曲りを後で直す事が難しく、一般での購入の場合、三菱レイヨン社製「エスカ」名で切り売りした商品が有りますがやはり曲がっています。メーカーでの説明では、ドライヤーの熱、蒸気熱等でと言われますが曲げる事は出来ても真っ直ぐには出来ません。電気部品専門店ではメーター売りで巻かれています。
 「曲りを直せるのか?」
  通常では直せないです。是非試して見て下さい。特性は形状記憶樹脂で元の状態になります、製造工程で熱処理のとき内部元素の配列が決まり形状が決定します、直すには今一度、元素を分解出来る熱を均一に加え直線に固め直すのですが、試行錯誤の繰替えしで苦労の連続でした。10本の内1〜2本が何とか使える程度で時間と無駄な品ばかりで一時、未加工で妥協したことも有りました。
「藤春」の違いはここで食い下がらず何度も繰り返し冶具を作り上げました。
ただ問題は保管状態で横にしたままの場合い、地球の重力で支えの無い方から曲がりますので、注意が必要(どのトップ材も同じ)、曲りが強い場合は交換となりますので保管方法を検討して下さい。今の私の技術では30cmまで真っ直ぐな物が出来ます。
均一で真っ直ぐは藤春だけ!

    チョト自慢し過ぎかな、でも大変でした....。

toushun2006 at 00:30コメント(1) 

2009年01月19日

藤春の電気浮子[エレクトロヘラ浮子]が長年に渡りご愛用されているのは、トップの違いにあると言っても過言でも有りません。
そのトップの使用材は「プラスチック製光フャイバー」です。でわこの材料について今までの苦労話を交え記したいと想います。

第1章) 光ファイバーについて!
 
 1)光ファイバーってなに?
    今ではこの名詞はよく聞かれていることと思いますがデジタル時代の今、電気通信分野に広く使われ無くては成らない物です。
光源から目的場所に光の伝送が出来る変幻自在の棒状管で、TV,パソコン など家庭電化製品から産業製品に幅広く使われています。
 2)特徴、特性は?
    詳しい内容は「光ファイバーwikipedia」を検索すると全内容が解りますので見ていただき、ここでは使用した時の状態や特性などを記します。
長所は曲げに強く折れずらい、比重が軽いのですが浮子での材料としては短所が多く苦労します。
素材のままで鋭角に強く曲げても折れませんが、刃物で螺旋を入れたり、サンドペイパーなどで磨き傷を入れると簡単に折れます、この問題を解決したのは藤春ですョ、方法は螺旋の角度の違いで折れずらくなり又、トップからの発光輝度の調整が容易できる様になりました、光源に近い程、明かりが強く先端にいくと弱くなり、均等に見える様にする為の螺旋入れの失敗で材料の無駄が多く大変でしたが今では少なくなりました。*ポイント 螺旋の角度
 
次回は もとからファイバーが曲がっているが〜  で〜す!
   
    参考になるのかな・・・・・?    
    
    

toushun2006 at 00:40コメント(0) 

2007年03月11日

1590








藤春オーロラ関連の特注品のご紹介です。
ボディは羽根の一本取りを使用し
TOPには通常の製品より細い1MMファイバームクを装着!
ナイターウキにおける感度の限界に挑戦した特注品です。

藤春工房製品のオリジナルオーダーについてのお問い合わせは
直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)でお願いいたします。

toushun2006 at 21:21コメント(0)藤春 新製品情報 

2007年02月24日

1597









藤春工房のオーロラ及びオーロラ蛍全製品は
発光灯数指定及び配色の自由なオーダーが可能です。

写真はオーロラ蛍製品のカスタマイズ商品の一例です。


オーロラ製品の発光灯数指定及び
配色指定に付きましては
基本的に無料となっております。


藤春工房製品のオリジナルオーダーについてのお問い合わせは
直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)でお願いいたします。

お客様の用途を詳しくお聞きした上で
最善と思われるオーロラ製品の配色等を
作者自らアドバイス&提案させていただきます!
お気軽にご相談くださいませ!

(万が一お手元に届いたオーロラ製品の
発光及び配色等がお気に召さない場合は
実費負担のみにてトップの交換を行わせていただいております。)


1598

toushun2006 at 21:42コメント(0) 

2007年01月14日

藤春新製品オーロラ及びオーロラ蛍の
特注品をオーダーされるお客様へのご案内です。
従来のお電話にてのお申し込みも
承っておりますが、この度新しく
フォーマットをご用意させていただきました!

こちらの画面を印刷していただき
ご希望のサイズ等をご記入ください。

後は藤春工房(042-697-8921)までFAXをいただければ完了です。

全灯式オーロラ及びオーロラ蛍の
オリジナル藤春を一本作られてみてはいかがでしょか。

(後藤設計さま まことにありがとうございました!)

toushun2006 at 17:32コメント(0)藤春 新製品情報 

2007年01月09日

新製品オーロラ及びオーロラ蛍ほか
藤春工房製作のナイターウキすべては
光源が確保されている限り、
TOPの修理&交換が可能です。
(光源の確保とは電池を装着すると
TOPの根元が光る事とご理解ください)

修理費用は実費のみ(凡そ1000円前後+別途送料)
いただいております。

これから春ののっこみシーズンですが
思わぬ形でのTOP破損があったとしても
藤春工房の製品でしたら短期間で修理が可能です。

最近はTOP破損の修理及び交換が不可能
となっているナイターウキも一部にあるということですが、
一つのナイターウキを末永くご愛顧いただくには
使用上のトラブルに対しての万全のアフターケアが
ユーザーの方より求められるものと藤春工房では
考えております。

「あっ!壊れてしまったかな..」
と思われたら使用を諦められる前に、
藤春製品のご購入先もしくは
直接藤春工房まで故障の詳細をご連絡ください。
出来うる限りの対応&修理をさせていただきます。


藤春工房




toushun2006 at 00:57コメント(1) 

2006年12月24日

H--7
H--8
左が一灯点灯タイプ、右が6灯点灯特注タイプとなっております。


藤春新製品 オーロラ蛍・カヤボディ口径7MMタイプ3をご紹介いたします。
ソケットは藤春独自のねじ込み式となっております。

全長は約28.5センチ
ボディ長が約8センチ
トップ長が約12.4センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径がカヤ製で約7MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

このオーロラ蛍タイプの藤春は
灯数をお客さまに指示いただき製作しております。
ご注文の際に点灯数及び位置をご指定くださいませ。

また更にボディサイズを小さくしたオーロラ蛍も製作可能です。


灯数は1-5目盛となっております。

自重は約2.5グラム
浮力は約2.5グラム

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約8時間です。

価格は税込み11000円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラ蛍の3」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。
H--9
非点灯時画像

toushun2006 at 16:27コメント(0)藤春 オーロラ蛍 
H--4
H--5
左が一灯点灯タイプ、右が6灯点灯特注タイプとなっております。



藤春新製品 オーロラ蛍・カヤボディ口径8MMタイプ2をご紹介いたします。
ソケットは藤春独自のねじ込み式となっております。

全長は約27.5センチ
ボディ長が約7センチ
トップ長が約12.4センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径がカヤ製で約8MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

このオーロラ蛍タイプの藤春は
灯数をお客さまに指示いただき製作しております。
ご注文の際に点灯数及び位置をご指定くださいませ。

また更にボディサイズを小さくしたオーロラ蛍も製作可能です。


灯数は1-5目盛となっております。

自重は約2.6グラム
浮力は約2.8グラム

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約8時間です。

価格は税込み11500円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラ蛍の2」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。
H--6
非点灯時画像

toushun2006 at 16:18コメント(0) 
H--1
H--2
左が一灯点灯タイプ、右が6灯点灯特注タイプとなっております。




藤春新製品 オーロラ蛍・カヤボディ口径9MMタイプ1をご紹介いたします。
ソケットは藤春独自のねじ込み式となっております。

全長は約26センチ
ボディ長が約6センチ
トップ長が約12.4センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径がカヤ製で約9MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

このオーロラ蛍タイプの藤春は
灯数をお客さまに指示いただき製作しております。
ご注文の際に点灯数及び位置をご指定くださいませ。

また更にボディサイズを小さくしたオーロラ蛍も製作可能です。


灯数は1-5目盛となっております。

自重は約2.7グラム
浮力は約2.7グラム

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約8時間です。

価格は税込み11500円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラ蛍の1」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。

H--3
非点灯時画像

toushun2006 at 15:59コメント(0)藤春 オーロラ蛍 

2006年12月23日

C8-7


藤春新製品 オーロラ・カヤボディ口径8MMタイプ4をご紹介いたします。
ソケットは藤春独自のねじ込み式となっております。

全長は約40.8センチ
ボディ長が約13センチ
トップ長が約20.2センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径がカヤ製で約8MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

灯数は7目盛となっております。

自重は約3.3グラム
浮力は約5.4グラム
(かなりの浮力を有します。ご購入に際してはくれぐれもご注意くださいませ。)

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約7時間です。

価格は税込み13000円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラカヤタイプ8の4」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。

C8-8
非点灯時画像

toushun2006 at 02:17コメント(0)藤春 オーロラ 
C8-5


藤春新製品 オーロラ・カヤボディ口径8MMタイプ3をご紹介いたします。
ソケットは藤春独自のねじ込み式となっております。

全長は約36.0センチ
ボディ長が約11センチ
トップ長が約17.4センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径がカヤ製で約8MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

灯数は7目盛となっております。

自重は約3.1グラム
浮力は約4.6グラム

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約7時間です。

価格は税込み12500円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラカヤタイプ8の3」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。

C8-6
非点灯時画像

toushun2006 at 02:12コメント(0)藤春 オーロラ 
C8-3


藤春新製品 オーロラ・カヤボディ口径8MMタイプ2をご紹介いたします。
ソケットは藤春独自のねじ込み式となっております。

全長は約31.8センチ
ボディ長が約9センチ
トップ長が約15.2センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径がカヤ製で約8MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

灯数は6目盛となっております。

自重は約2.9グラム
浮力は約3.6グラム

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約7時間です。

価格は税込み12000円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラカヤタイプ8の2」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。


C8-4
非点灯時画像


toushun2006 at 02:08コメント(0)藤春 オーロラ 
C8-2


藤春新製品 オーロラ・カヤボディ口径8MMタイプ1をご紹介いたします。
ソケットは藤春独自のねじ込み式となっております。

全長は約27.3センチ
ボディ長が約7センチ
トップ長が約12.7センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径がカヤ製で約8MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

灯数は5目盛となっております。

自重は約2.6グラム
浮力は約2.8グラム

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約7時間です。

価格は税込み11500円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラカヤタイプ8の1」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。

C8-1
非点灯時画像


toushun2006 at 01:35コメント(0)藤春 オーロラ 
dc213756.JPG藤春新製品オーロラは新たに開発したねじ込み式ソケットを採用しております。このねじ込み式ソケットは従来のプラスチック製キャップ方式ソケットと比べまして、軽さ、強度、浮力、熱に対する耐性等が大幅に改良向上したものとなっております。またゴム製パッキンの劣化、または熱によるキャップの変形等によってソケット内部への水漏れが起こり得るという従来品に於ける懸案事項も、ねじ込み式ソケットの採用によってほぼ100%ブロックできたものと自負しております。ソケット写真のご提供元オガオガ巨べら50上さま

toushun2006 at 01:26コメント(0)藤春 新製品情報 
C-3


藤春新製品 オーロラ・カヤボディ口径7MMタイプ2をご紹介いたします。
ソケットは藤春独自のねじ込み式となっております。

全長は約35センチ
ボディ長が約10センチ
トップ長が約17.4センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径がカヤ製で約7MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

灯数は7目盛となっております。

自重は約2.8グラム
浮力は約3.0グラム

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約7時間です。

価格は税込み11500円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラカヤタイプ7の2」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。

C-4
非点灯時画像


toushun2006 at 01:24コメント(0)藤春 オーロラ 
H-5


藤春新製品オーロラの羽根2枚合わせタイプ3のご紹介です。

全長は約37.5センチ
ボディ長が約13センチ
トップ長が約17.2センチ
トップ口径は1.5MMムクトップ
ボディ口径が羽根2枚合わせで約7.6MM
ソケット(電池カバー)が7.2センチ

灯数は7目盛となっております。

自重は約2.7グラム
浮力は約3.0グラム

視認性確保時間(ストレスを感じることなく藤春を見つめていられる時間)は
連続約7時間です。

価格は税込み11500円となっております。

パイプトップ(口径2MMテーパー付)への
変更は追加料金800円にて承ります。

直接藤春工房へお電話(042-697-8921)
もしくはFAX(042-697-8921)で
ご注文いただける場合は「オーロラ羽根2枚合わせの3」
とお申し付けくださいませ。
またE-MAILでもご注文を承っております。


ただいまの納期はご注文をいただきましてから約3週間となっております。

H-6
非点灯時画像

toushun2006 at 00:42コメント(0)藤春 オーロラ 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ