多感なオヤジの日想回顧録

毒舌に満ちた目線でズガッ!と切り裁いて毎日を見ています。

挑戦!自動2輪免許 限定解除 4

忙しさにかこつけて、過去にここまで更新しなかったことってありましたっけ?

どうも オヤジです

嫁母の術後経過もすこぶるよろしくて、くも膜下出発症者の3%しかいないと言われている完全復活への道を今のところ歩んでいると信じています



ずいぶんと間が空いてしまいました、バイク一発免許ネタです

仕事押してるくせに2週連続で無理やり平日に休んで免許センターへ通っていましたが、3週目は仕事の都合で試験受けれず

その間、自動車学校通えばどれだけ楽に免許取れただろうとか、事務所の連中は次(3回目)がラストチャレンジ、それに落ちたら強制的に自動車学校にぶち込んでやる!とか、理解があるのか無いのかよくわからない職場でございますが、いつも以上にプレッシャーを感じての3回目試験でございます。

免許センター併設の自動車安全運転研修センターでの実バイクを使った練習も、折り合いがつかずに断念

まぁいい、これまで培った実技試験で得た教訓を忘れずにできればきっと合格するはずさ!

6月上旬に3回目の一発試験受けに行きました

実技コースは前週お休みしているので、1コース、2コースと続いてきていたので前週はきっと3コースだったはず

となると、今週は1コースに戻っての試験だろうと推測して、以前に走って不合格になった1コースを徹底的に頭に叩き込んで、右折時の寄せ、安全確認タイミングも完璧にシミュレートして免許センターに行きました

1130 本日のコース発表



3コース



・・・・


おぉ、神よ ここでも意地悪するのかい?

見たことも聞いたこともない、まさかの3コースかよ

くっそ 予想見事に外れてやがるぜ


愚痴こぼす時間ももったいないので昼休みにコース図片手に時間いっぱい検定コースを大汗かきながら走りまわる

同じ時間にコース下見に来てる人は私の他に一人

一回目受験時に一緒に受けて仲良く落ちた例の留学生?っぽい外人

相変わらずコミュニケーション取れないわw

image


さて、1400 実技試験開始

最初は留学生のジョン(勝手に命名)

ジョンの走りをずっと見てたけど、いつ検定中止になってもおかしくないミスを連発している

それでも検定種目最後の急制動まで走っているんだから、減点もギリギリなんかなー?

ジョン、途中でコース間違いとかしてたけど、試験官とのやり取りが言葉が通じないのかなかなかコース復帰できないのね

すまんがバイク運転技術云々よりも日本語勉強してくれや ジョン

はい、ジョン不合格 お疲れ様
image


そして大御所 私の出番です

試験前に、前回どうしても腑に落ちなかった課題走行中のウィンカーを出すタイミングについて質問する

ウィンカーを消してから、ワンテンポおいてから次のウィンカーを出すようにしてください。間が少ないと試験官からは消し忘れのように見えますので気を付けてくださいねとは試験官

ま、これだけアピールしておけばウィンカー消したか、つけっ放しだったかはしっかりと双眼鏡で見ていてくれることでしょう

image
※奥の青いバイクが400ccの検定車

検定開始!

変態的な検定コースをトコトコと走る

私の鬼門はとにかく安全確認のタイミングなんです

過去2回の受験で指摘はされていますが、毎回試験官の指摘がコロコロ変わるので混乱しがちですが、基本的な要領は共通しています

メリハリをつけた運転を心がけて、進路変更と車線変更の違いもしっかりとアピール

左折時のほんの15センチほどの路側への寄せも馬鹿らしいけど丁寧にやってのけたよ

途中の検定中止も無く最終課題の急制動へ。

50km以上を意識してブレーキポイントへと突っ込んでいく

そして8割ぐらいのブレーキングで車両停止

判定機のシグナルは緑色を示しているので速度は達していたみたい

そして検定終了


image


ヘイ!ジョン!今日の俺の走りはどうだったかい?



・・・・・


くっそ ジョンの野郎 私の魂の走りを最後まで見ずに帰りやがった

そんなだから落ちるんだよ



『お疲れさまでしたー。免許証持って2階へ来てくださいー』


ドキドキしながら2階へと上る

これで落ちてたら自動車学校入校決定かー、今までの時間と労力が無駄になっちゃうよなー


『右折時に中央に寄せきれなかったところがありましたねー。』

はい、左折してから右折交差点までの距離があまりにも短かったので、どうしても寄せきれませんでした

『そういう時は左折してすぐに右折なんだから、左折し終わった時点で中央寄りを走れば良いんじゃないかなー』

そうは言うけど、それも試験官によりけりでさー・・・


『はい、それでは本日の試験の結果です』





ごきゅり・・・









『合格です。免許証出してください』







祝!普通自動2輪


限定解除試験 合格!!




『喜んでないで、免許証出してくださいよ』


あ、免許証ですね。

言われてみれば、実技試験合格したら免許証を試験官に渡して、そのまま新免許への切り替え作業へと移行するんだった

試験終わった直後の『免許所持って2階まで来い』が、実は合格のサインだったんですね


1時間ほど待たされて免許所が出来上がりました

新しい免許証ではなくて、裏面に限定解除のスタンプが押されただけですが、これで晴れて400ccまでのバイクを一般公道で走ることが許されました

昨年に小型限定を3回で合格

そして今年限定解除を3回目で合格

都合6回の実技試験で普通自動2輪免許を取得できました

トータルでかかった費用は4万円ぐらいかな?

確かに安いけど、労力ははんぱなかった!

ほんと、最初から自動車学校に入っていれば6万円、2週間で取れたのにねー


けどまぁ、51歳で免許センター一発試験で合格したってのは、周囲を驚かすには十分なパワーを秘めておりますし、癖の悪い警察検定官も納得させる走りが出来るってのは自分への自信へと繋がります

結果論だけど、思い立ったが吉日です。最初は気が重いけど、真剣に取り組めば結果は後でついてきます

後日になりますが、私が実際に走ったコース図と安全確認ポイント等をここに記して、あとに続く世代の人たちへの参考になればなーと思っています


二十歳の時にバイクの免許取ろうと思ってから、30年も経ってしまいました

私のバイク人生はこれからも続きますよ



追伸

SUDIWOさんへ
氏とのツーリング、お稲荷ダイブ、BBQがいよいよ現実味を帯びてきました



ランキング参加中 クリックしてね





すごいこともあるもんだ!

みなさま ご無沙汰しております

なんだかんだと約ひと月ぶりの更新ですね


いったいなにやってるんですか?ちょいさんって感じですが、

いやー、内容の濃い一か月でしたわ


息子の二十歳の誕生日にとか、バイクの免許どうなったとか、セスナ機が墜落したりと、

どれひとつとってみても長編記事が書けそうなくらいネタに溢れているんですが、

忙しすぎるのと気分が乗らないってことで放置プレイでしたw


では、備忘録として少し書き残していくとしますか


義母(嫁母)が、くも膜下出血で倒れました

よりによってくも膜下出血かよ・・・

発症した70%の人が死ぬか障害残るかって病気

病院に駆け付けた私ら家族一同、医者の説明を受けて『こりゃ死ぬわ』と覚悟しましたもん

数時間以内に緊急手術をしないと確実に死にますとか医者が言いますのん

先生、今すぐやってくれ。いや準備があるので。いやいやすぐやれ。でも準備が・・・

とアホな押し問答がしばらく続いたのは言うまでもないわ


朝には元気にラジオ体操やってたんだよ

昼前には庭の草むしりするとか言ってたんだ

夏にはみんなでバーベキューしようねと楽しみにしていたんだよね



・・・・・・・・



かあちゃん



かむばーーーーっく!!






約4時間に渡る大手術でした

手術は無事終了

以降は本人の生命力にかけるしかありませんねとは医者の言葉

うーん、やっすいドラマのワンシーンだね こりゃ


ま、意味深に書き綴って不安を煽るようなことはやめるとしますか

翌日、麻酔が切れて目を覚ました母

しっかりと私ら家族のことを認識しています

弱弱しくも言葉をしゃべります

私にいつもありがとうねと手をさし伸ばしてきます

両手両足も動いています


おぉぉ、これは奇跡の生還ってやつじゃないか

くも膜下出血やらかしたら、上記のどれかがダメになってるとか、最悪全部ダメって人も

多々あるみたいですし、今のところ最高のパターンじゃないですか これって。


でもね、予断は許されないんです

いつまた再出血するかわからないし、脳梗塞を併発する可能性も非常に高いと医者も言います

しばらくは集中治療室に入ってバイタルチェックとかしっかり管理です


手術から約2週間がたった今現在

母、一般病棟個室へ移されてTVとか携帯電話ライフを満喫していますw

なんかね、ここまで回復するのって本当に稀なケースらしいです

大学病院に入院したので学生が実習で院内うろうろしているんですが、その学生を引き連れた教授先生が、『初期対応が良いと、このように最良の結果が得られる。学生諸君も初期での病状の見落とし、対応を誤らないように精進せよ』とか病室に見学にくるくらいです


そう、この初期対応ってのが大切なんです

母は当初、近所の人に連れられて近くの病院に運ばれて行ったんだけど、

そこの医者がナイスプレイだったんです


頭が痛い、吐き気がすると言う母を診察した先生

これがヤブ医者なら『風邪ですね、お薬出しときますねー』で終わっちゃうんです

今回そのヤブ医者だったら母は間違いなく死ぬか重度障害が残ったことでしょう


しかし、今日の先生は違った!

『こりゃわしの手に追えん。すぐに大学病院に転院処置!救急車も手配しろ!』


結果、この先生の『何もしないですぐに他所へ回した』ってのが最良の結果を出す原動力だったんです

大学病院の先生もこの初期対応をべた褒めしていたくらいですし


ま、ここまでは100点満点の出来ですが、今後どうなるかわかりませんからね

しばらくは合併症の危険もありますし、リハビリ始めてからわかる障害とかもあるかも知れないし。

無事退院してもその後の生活をどうするかとか、未知の問題は山積みなんだけど、

ま、なんとかするしかないし、そしてなんとかなっちゃうんだろうね

それが世の常ってやつさ


手術中の夢の中で、亡き嫁父と娘が三途の川を通せんぼしたとかしないとか。

これはちょっと盛りすぎか・・・


ランキング参加中

富士山の麓で

しばらく富士山の麓へ出張(演習)なんです

免許ネタ早く書き残さないと記憶が…


image

MBX再生計画 塗装やりなおし!


今日はバイク免許ネタは置いといてと。


この表題を使うのは何年振りでしょうか?

恐らく5年振り?

エンジンボアアップ計画でしばらくの間はエンジンに集中してましたが、エンジンはほぼ完成というところまで来ましたので、そろそろ車体本体も煮詰めていかないとね♪

6年前に全バラシ、全パーツ塗装したけど、塗装も経年劣化してたり、ビニールとかが溶着して塗装もズタボロになっていたりと、やっぱバイクってのは動かさなくても傷むものなんですね

image

フレームも丁寧に塗装していたけど錆がでてきたので部分塗装しなおしました。

トヨタシルバーメタリック、以前に使っていた缶スプレーが数本残っていたので、それで塗装。

更にクリアー塗装すれば光沢も出ていい感じになるんだけど、まぁ今回はこれでいいや



image 

タンク塗装も酷いことになってたので、800番のペーパーで水研ぎして一皮むきます

削りすぎて塗装境界ラインが変なことになっちゃいましたが、まぁいいや 妥協 妥協!

こいつは後日にクリアー塗装しなおすんだぜ


 
image


















フロントビキニカウルは思い切って塗装を全部剥がすところからやり直す

元の色は白、次に青、赤、そして白色とこのMBXは昔から忙しくその車体色を変えてきていましたが、塗装落とすときに地層のように出てくる過去の車体色がそれを意味します

それにしても汚いカウルですこと。

でもね、これが大変身するんだからバイク塗装は面白い!


image



















とりあえず、シンナーやらペーパーで可能な限り塗装を剥がしたよ

もっと細かいところも落としたかったけど、ここでも妥協!

塗装剥がしって、実に地味で実に疲れる作業なんです・・・

image


フロントフォークのオーバーホールし直し

昔購入してストックしておいたオイルシールとダストシールの出番がやっと来たぜ

さて、インナーチューブ分解するかと作業にかかるがここで重大トラブル発生

サスがボトムしません!と言うかインナーチューブが左右ともピクリともストロークしてくれません

これ、サスの中で完全に固着しています

アルミと鉄とステンレスの電位差か何かで錆びて固着してるんじゃねえかな?

押そうが叩こうがいっこうに動かない それってイコール分解できないってこと

ノーサスリジッドフロントサスペンションなんて聞いたことないぞ

こりゃ困った・・・ネットで中古品探すしかなさそうですね 点錆も酷いし・・・

image



















7年前に分解した時の画像印刷したものが奇跡的に残っていました。

こうやって元の状態を画像で残すのはとても大切なことです

組み付け方とかハーネス取り回しとか、忘れちゃうもので画像残しは必須ですね


image


















サイドカバー、ラジエーターカバー、ロアカウルも水研ぎして脱皮させます

艶がなくなってもいいんです、どうせ上からクリアー吹き付けますし。



っと、塗装しなおしの予定がフロントサス外したりと、ついついあれもこれも触り出すという、そして気が付いたら日が暮れるという、そんなMBXと一緒に過ごしたオヤジの休日でした


ランキング参加中

 

挑戦!自動2輪免許 限定解除 3


ちょっと間が空いちゃいましたね


昨夜の晩御飯何を食べたか思い出せないくらい、脳みそ退化している私です

ここに早々に書き残しておかないと、きれいさっぱり忘れてしまうんだぜ!


そういうわけで1回目となる前回の試験では試験途中中止という情けない結果

そして2回目受験はその翌週、またしても平日に休みを無理やり取って試験場へ行くのさ

黄色ナンバーのNS−1で県免許センターへ向かう


1115 免許センター着

1130 本日のコース発表

当然ちゃ当然だけど前回とは違うコースでした

image

PCモニターが天井からぶら下がり、時間になると画面上に本日のコースが出ます

これの良いところは各コースの軌跡を赤表示でなぞり走ってくれるところです

ただの動かないコース図と比べたら理解度が全然違いますよ

コース発表から昼休みの1200までの30分間の間に頭に叩き込みます

この30分が大切なんです

もうね 凄い集中力を発揮だよ うん


1200 試験場お昼休み

ここから1時間が勝負所

この時間を利用してコースを実際に歩いて安全確認タイミングや進路変更ポイントとかをシュミレーションしながら歩いたり、時には走ったりと俺には昼休みなんて関係ないんだぜ

当然、お昼御飯も抜きだよー 腹減った

image

それにしても広いコースですこと。

image

はい 今週もお世話になります

今回は他の受験者は一名 日本人の方です(前回は外人さんでした)

聞くと今回が初チャレンジとのこと お互い頑張りましょう!

image

プロテクター着けて準備よし

膝の他に肘、胸のプロテクターも貸し出し品を装着します

試験前の本当に簡単な説明を受けてから、今回も私から試験開始です

まずは慣らし走行からですが、一つ困ったことが・・・


DSC_3996
※画像はイメージです

CB400がセンタースタンドでお立ちになってるでござる


これ、普通はサイドスタンドにしておくよな 試験官さんよ

しゃーないんでセンタースタンド上げて乗車

乗車したいんだけどー

てへっ♪ 俺ってセンタースタンド掛けたことないんだった

恐るべき原付オヤジ

まぁセンタースタンドの取り扱いは今回の試験には関係ないからいいんだけど、ここでの動作もしっかりと先ほどの試験官タワーから見られていますからね

ここでバイク立ちごけとかしちゃったら、『試験受けるレベルじゃないから中止』って可能性もあるんです

あー、だからか 俺は試されていたわけなんだな 意地悪な試験官だなー

慣らし走行の約100mもあっという間に終了

この距離でバイクのクラッチミートの癖とかを掌握するのは無理って話だけど、何とかしないとね


では2回目の実技一般試験 開始っ!

前回の教訓事項 左折膨らみすぎ 安全確認タイミング遅い スラロームは2速で。

この三つを呪文のように呟きながらコースを消化していく


うんうん スラローム2速いいじゃん♪ 1速半クラ利用よりも全然スムーズだし走りやすいしタイムも早いし。

一本橋もなんとかクリアー

私のちっちゃな自慢いいですか?、

昨年の小型限定一発、免許取得時講習、そして今回の限定解除ですが一本橋は合計何十本とやっていますが全て脱輪することなく基準内で走っています

つまりは一本橋は得意ってことか

得意意識があるってことはそれだけリラックスして走れるってことですので、これは試験においてはとても有利に働きますね

左折時の膨らみも気を付けてインベタで走ります

うん、下手くそだけどちゃんとインベタになってると思う!

安全確認タイミングも早め早めを心掛ける

途中、右折発進時にエンストして右足を着くという失態を犯すが、そんなの気にしてたら試験どころじゃないんだぜ!と自分に言い聞かせながら再始動、発進。

そして、前回試験中止を告げられたタイミング、最終課題の急制動に入る前

おっと、今回は無慈悲な試験中止マイクが入らないんだぜ

CB400での初めての急制動課題

3速45km で進入 早めにエンブレを掛けながらブレーキング

規定ポイントの5m手前ぐらいで停止したw

いつもの癖でシフトダウンしながら停止したもんだから停止時は1速だったんだけど、これって途中でクラッチ切ってることになるからダメなんだろうなー

そして発着点に無事到着


祝!完走!!

でもね、一応完走したけどエンストするわ、急制動も緑色ランプじゃなくて黄色ランプ(緑=ok 黄=NG)だったりと不安要素満点ですわ


試験後、いつものように試験官タワー2階へと合否判定とワンポイントアドバイスを受けに行く


『ひとつ聞きますが進路変更と車線変更の区別はつけていますか?』

当然つけているつもりですが・・・


 『そうですか、それならば進路変更時の安全確認は?』

それも当然やっています


『私にはそう見えませんでしたねー。安全確認していたりしていなかったりと。』

そうなんですか、ちゃんとやってるつもりなんですがね


『クランク、S字、8の字とかでウィンカーの消し忘れも散見されました』

いえ、それはいったん消してから次の右左折の準備のために安全確認の後に新たに点灯させたウィンカー合図です

『課題走行中はそれに専念してください』

適当抜かしやがって こいつクズ試験官だ・・・(心の叫び)


『結果から言うとー、残念ながら不合格です』

ま、仕方ねぇか 色々とミスの自覚あるし。


つーか、冷静になればなるほど腹が立ってきた


冒頭の試験コース説明、これがまず無かった

これは試験開始時に必ず行わないといけない重要説明である

私は昨年から受験しているので要領を得ているが、もう一人の受験者は今回が初めて。

普通ならスタート地点からゴールまでの道のりをザクッとではあるが説明があるのに今回はそれが無し

事実、私もどこの直線で何キロ出せばいいのかわからずに走っていたし。


そして試験開始時のバイクの状態、センタースタンドで立ったままの試験車両

要は試験車両の準備もこの試験官(ちなみに2名)の仕事なんだが、それさえも満足にしていない


課題走行中のウィンカー消し忘れについては論外

いったん合図を消しているにも関わらず消し忘れと評価している

要はこの試験官二人して【見ていない】んです


こちらからコースについて質問すると『答えることはできない』と、のらりくらりとかわすし。

その返事、その対応で職務遂行しているつもりか?


5回目にしてナイス試験官にぶち当たりましたわw


免許センター職員は警察官

現場で使い物にならない人、病んだ人、やる気ない人、そんな人が集まる傾向にあるんじゃね?


そんなはずはないって?


私も似たような業種の人間です。

だからわかるんです


今回はやる気無し窓際試験官


と、泣き言、文句はここまで!

今回不合格は自分の力不足の何物でもないんですから。

もし合格していたら今回の試験官サイコー!とか喜んでいるんでしょうから・・・


失言等 失礼しました。


次回、絶対に合格しちゃる


ランキング参加中
 

挑戦!自動2輪免許 限定解除 2

あー、怒涛の9連休もとうとう終わりさ

仕事のこと、これっぽっちも思い出すことない素敵な休みでした

思い返せばこの9日間は毎日ホームセンターに通い、そしてMBXのレストアに精を出す毎日だった

ホムセンの店員に顔覚えられたな こりゃ

っというわけで、表題の免許一発チャレンジです

昨年同時期に免許センター一発試験で小型限定を3回目で合格したのが懐かしい

まずは125ccで練習して、それから400ccの大きいバイクに挑戦とか考えてたけど、実際はNS-1を原付2種登録しただけという、バイク自体は何も変わっていないこの一年間でした

ま、重い腰を起こさないと何も事態は変わらないので、とにかく免許センターへ行くんだぜ!

image

あぁ 一年前、試行錯誤の末に合格を勝ち取った免許センターという名の戦場にまた来てしまったぜ

1130(ひとひとさんまる 11時30分って意味よ 一応自衛隊用語)にコース発表があるので、ちょっと早めに免許センターに行き雰囲気を思い出す

そしてコース発表

image
※ これは去年の小型限定受験時のコースです

今年に入ってからコースが大きく変更になったみたいです

事前に入手していたコース図と全然違う!

しかもやたらと走行距離が長い、そして一本橋とかの課題走行がタイトに続くという難易度高めのコースに感じた

1200 免許センター昼休み時間はコースの立ち入りが自由になるので、コースを実際に歩いてみっちりと頭に叩き込みます

1300 受付開始

5000円ほど諸々支払って1330試験開始です

image

一階受験者控室です

天気よくて暑いくらいの日でしたがエアコンもなにもかけてくれないもんだから控室くっそ暑い

この日の受験者は私の他にもう一人、合計2名でした

受験前に情報交換しようとしたけど、 この人リアルに日本語がしゃべれない外国人留学生かな?

コミュニケーション取れないんで情報交換は断念

結局、一発試験ってのは孤独な闘いなんですよ

コースの説明受けてから試験開始です。まずは私から!

100mほどの慣らし運転ができるので、これを利用してホンダスーパー400 略してスーフォアの挙動とか加速を短い距離ではあるけれどできる限り掌握しないとね

あ、これが生まれて初めての400ccバイクの運転ですので。

image
※ これも昨年の他受験者の様子画像です

400ccのバイクって大きくて重いのね

それ以上に驚いたのがアクセルレスポンスが良すぎることです

とにかくパワーがあります

スラロームの練習を慣らし運転中にやったら『ちゃんとまっすぐ走るように!』と試験官からマイクで怒られました・・・

では、試験開始

コースは頭に叩き込んだのでそこは落ち着いて走れました。

400ccでの初めての課題走行、一本橋は無事にクリアー 半クラと後ろブレーキとニーグリップが肝ですね これお

そして生まれて初めてのスラローム走行

小型限定ではスラローム走行が無いんですよね

よってこのスラロームが本当に人生初の走り しかも人生初の400ccで。

我ながら凄いことやってるなーと試験中も考えるくらい余裕はあったかもです。

スラロームは1速で走ったらやたらとエンブレが効きすぎてギクシャクとした走りになった

これはドラ息子から後から聞いたことだが『スラロームは2速で走る』

そういうクソ大事なことは試験前に教えろよと軽く首絞めた

ま、そんな感じでなんとかコースを消化していく

そして最後の課題 『急制動』だけを残すところで無慈悲なマイク放送が流れる

『はい 戻ってきてー』

うーん、せめてコース完走したかったなー

発着点までバイクを戻し、先ほどの控室2階の試験官のところまで呼ばれる

ここでワンポイントアドバイスあるんです


『大きいバイクはどうでしたか?』

やっぱパワーがありますね


『今日走ってみてどう感じましたか?』

ギクシャク感が酷かったと思います


ここから悪かった点を教えてもらいました

一本橋は時間もクリアーしてるのでOK

スラロームは規定8秒のところを8,5秒で時間超過なので減点です

交差点等での左折では膨らんでいたのでこれも減点

安全確認のタイミングが遅いのがダメ


っとまぁ こんなところでした

時間的なものと左折膨らみは私も自覚していたので納得でしたが、安全確認タイミングが遅いってのが腑に落ちない

例えば交差点進入の前に安全確認した上で、なおかつダメ押しの安全確認をしていたんだけど、試験官はこのダメ押し安全確認の部分を見ていたようで、それで遅いとか判断しているようだ

双眼鏡で受験者の走り見ているんだから安全確認しているのわかると思うんだけどなー

ま、終わった後になにを言っても無駄なのでハイハイと素直に聞き入れました

もう一人の受験者も同じタイミングで試験中止でしたね

相変わらず言葉が通じないので情報交換はなし


やっぱ400ccのバイクって小型と違って全然パワーが違いますね

短い時間だったけど運転できたのが楽しくて楽しくて。

でもね、落ちたのが現実 これ本当に凹みますわ

次回は今回指摘されたところを完全に直して出直してくるぞー

ってなわけで、次週の一発試験の予約も済ませてから免許センターをあとにするのでした


ランキング参加中
 

オカメのハンコ

ダイソー行ったら、何やら創作意欲に駈られまして。

DSC_3857



自作消しゴムスタンプ作成キット

キットと言いますか、まぁ板状の消しゴムと彫刻刀買っただけですが

DSC_3856



こんなんなりました!


DSC_3859



なかなかかわいいものです

挑戦!自動二輪免許 限定解除 1


年度初めは忙しくてねぇ

週末は広報イベントやらで休みはないし、疲れますわ

先日のイベント会場にこんなのおいてありました

DSC_4005

警察の広報用の白バイモンキーです

残念ながらエンジンはかからないそうですが、県警に一台のスペシャル白バイですね

昔の白バイ隊員有志が作ったらしく、スピードメーターとかは本物の白バイから移植してあるそうです

なかなかかわいいもんです


DSC_3996

おぉぉ ホンダCBスーパー400 略してスーフォア

教習仕様です。

ま、イベント会場が自動車学校だったってのもあって、この展示も納得です

んで、このスーフォアに跨ってみましたよ

なぜに跨るのか?


ズバリ!

またしても一発免許で限定解除しに行くからですよー

乗ったことないバイクでスラロームやら一本橋、クランクですからね

昨年の小型限定チャレンジでもかなり難儀したのは記憶に新しいところ

では、試験をいつ受けに行くのか?



明日ですっ!

毎週火曜日午後が一発試験の日なんです

いっちゃなんだが何の練習、準備していねぇぞ

そりゃさすがに合格は無理でしょうってことで急きょ息子のジェベル125を借りて法規操縦の練習

安全確認とか昨年同時期に嫌って言うほど叩き込んだはずなのに、きれいさっぱり忘れてやがるぜ


ま、合格していようが不合格だろうがまたここで報告したいと思う!

ではでは


追伸

DSC_3976

今年も亡き嫁父が愛した桜が満開になりました

たいした手入れもしていないのに誇らしげに咲いている桜は綺麗です


ランキング参加中

 

ラクティス ブレーキパッド交換

4月です

新年度ですよー

ついでに言うと、今日は嫁の誕生日

前夜祭ということで昨夜は家族で街にくりだし、父ちゃん酔っぱらっちゃったー



平成17年式トヨタラクティス

あらら、もう12年落ちになるのね!

車買う時にお店に無理やりサービスさせた新品ブレーキパッド

こいつを思い出したように交換しよう そんな春うらら

車の総走行距離 67000km

この間、一回もパッド交換していないので、なんて減らないパッドなんでしょ

残量はもう10000kmは走れそうだけど、新品パッドあるんだから一気に交換です


DSC_3897

ブレーキフルードは汚れてはいないけど、結構な量が減ってます

この減った分だけパッドがすり減っているということですね


DSC_3900


右前から作業します

ジャッキアップしてハンドルを右一杯切った状態です

14mmのボルトを外すとキャリパーが上に上がります

薄くなったパッドとご対面!

DSC_3904

左が新品 右が外したパッドです

DSC_3905

上から見るとその差歴然です

これよりもうちょっとすり減るとパッドセンサーがディスクローターに接してキーキーと鳴き始めるんです

うん これが限界だね


DSC_3906

左前も交換

キャリパーピストンを押し戻さないとパッド組み付けできません

手で押しても言うこと聞かなかったので、私はプライヤーで押し広げる感じでピストン戻しました

今回はこのピストン戻しが一番頭使ったなー


DSC_3908

左右のパッド交換後のブレーキフルードの量です

MAX超えてやがります


ま、これでブレーキパッド交換は終了

本当はパッドグリスとか塗らないといけないんだろうけど、まぁブレーキ鳴きしても効きには問題ないので今回はグリス省略


数キロはパッドの慣らしが必要なのでやんわりとブレーキ踏むのを意識する。

問題のブレーキの効きはパッド厚みが増したことにより、ちょっとマイルドになった感じだね


さて、このラクティス あとどのくらい乗り続けようか?

古い車だけど、本当に燃費の良い静かな車です

とても気にいってるのよね


ランキング参加中

雪山ツーリング


花粉舞い散る春がキテマス

先日に風邪か花粉かよくわからない症状で医務室へ受診

その診察結果は・・・


感冒 そして花粉症

両方かいっ!

とりあえず風邪治してから、花粉症の薬へと移行していきましょうねとは先生のありがたいお言葉

先生ー、風邪の薬はいいから花粉症の薬をくださいな

今月初めにドラ息子と山へ走りに行った

どうやらドラ息子が先日走った道と景色が、あまりにも素晴らしいということで

私にも是非とも同じ感動を味わってほしいらしい

いくら陽気がいいと言っても半分冬みたいな季節

ま、しかたねぇか 付き合ってやる





s-DSC_3806


なんて積雪の中をバイクで走っているんでしょう

バカ親子です



s-DSC_3809


息子おすすめのダムが望めるポイントらしい

トイフィルムカメラで一心不乱にシャッター切ってるw


s-DSC_3816


道路上は実は積雪なんてなかったんです

そうじゃなけりゃバイク走れませんって


息子のバイク スズキのジェベル125

オヤジのバイク ホンダNS−1

2台の排気量合わせても175cc

小さなバイクだけど、親子で走って、いろんな景色見て、そしてバイクの話とかしているんだから

やっぱバイクって趣味は排気量云々じゃねえんだな


ランキング参加中


 
月間アーカイブ
ここに来たエライ人

少しでも面白いと思ったら
お願いクリック!

押す人神様!hspace=5

 


  • ライブドアブログ