あらためて 基礎を学ぶことのバランスのとれた 爽やかな辛さ

2011年08月09日

日本語 助詞『に』と『で』の違い 

助詞 『に』 と 『で』の違い
(転載)
『ポイントは、後に来る動詞です。

格助詞「で」は、動作・行為性の動詞の場合に使われ、
格助詞「に」は、存在性の動詞の場合に使われます。

「~で…する」
「~に(…が)ある・いる」
というのが原則です。

ただ、以下のように「で」「に」の両方が使われる動詞もあります。
その場合も、「で」は動作(行為)を表し、「に」は存在(場所)を表すということができます。
もっと厳密に言えば、「に」は、動作の結果(動作・行為の結果)がそこにおいて実現してい
ることを表す、となると思います。
「生まれる」「育つ」「消える」などは、「で」「に」両方の格助詞に連なる
といえます。

このテレビは中国の工場【で】作られた。…テレビを「作る」という行為が行われたのが中国。
新しい施設が中国のテレビ工場【に】作られた。…施設が「作られ」てある場所が中国。

田舎【で】暮らす。…「暮らす」という行為が行われているのが田舎。
田舎【に】暮らす。…「暮ら」している場所が田舎。

森【で】家を建てた。…「建て」るという行為が行われたのが森。森に家があるとは限らない。
森【に】家を建てた。…「建て」られた家のある場所が森。

河原【で】石を投げる。…「投げる」という行為が行われたのが河原。石はどこにあるか決まらない。
河原【に】石を投げる。…「投げ」た目標(対象)としての場所が河原。石は河原にあるはず。

彼は都会で生まれた(育った)。
彼は都会に生まれた(育った)。

彼の姿は人混みで消えた。
彼の姿は人混みに消えた。』
   

touxia at 09:50│Comments(1)TrackBack(0) 翻訳・通訳 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 三村道夫   2011年09月10日 09:37
5 同じ質問をドイツ人から受けました。
このブログ内容を独訳しました。
Der Punkt ist welches Verb hinter dem „NI“ oder „DE“ kommt.

Prinzipiell kann man sagen;

„de ……… suru.“ zeigt eine Handlung, also „machen“ oder „tun“

„ni………… aru/iru“ zeigt eine Existenz, also „ existieren“ oder „sein“

「~で…する」「~に(…が)ある・いる」

Es gibt jedoch einige Verbe, die sowohl mit „de“ als auch mit „ni“ zusammen benutzt werden. In diesem Fall auch gilt das oben genannte Prinzip.

Beispiel 1. Inaka de kurasu. Auf dem Land zu wohnen. Man sagt damit, dass „wohnen“ eine Handlung ist.

Inaka ni kurasu. Hiermit sagt man, dass er als das Ergebnis einer Handlung immer noch oder dauernd oder laufend auf dem Land wohnt. Also die Folge einer Handlung existiert dort.

Beispiel 2. Kono kikai ha Tokyo de tsukurareta. Die Maschine wurde in Tokyo hergestellt. Herstellen ist eine Handlung.

Kono kojo wa tokyo ni tsukurareta. Das Werk wurde in Tokyo gebaut. Das Werk existiert in Tokyo als ein Ergebnis einer Handlung (= bauen).

Ich hoffe, dass die Erklaerung auf mein schlechtes Deutsch dir verstaendlich ist.

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
あらためて 基礎を学ぶことのバランスのとれた 爽やかな辛さ