ジャコウアゲハ(2)

麝(she)凤蝶,在凤蝶里,属于非常漂亮的一类蝶。该蝶身躯呈红色,较大,空中飞舞时其尾部展开,飞行缓慢。雄蝶常围绕大树盘旋飞翔,雌蝶则多在花间飞行,抒展大方,有大家闺秀的灵动气息。
形态特征
雄蝶形态
雄蝶后翅,4-5室有白斑,2-4室外缘及尾突端,有红色斑纹。尾突呈弯匙状。
雌蝶形态
雌蝶斑纹和雄蝶相似,雌体形较大,前后翅较圆钝。幼虫以猪笼草属植物为食。
翅展110—130mm 

昆明、晋宁、玉溪、保山、腾冲、景洪(勐罕)、勐腊、大理、瑞丽;中国南部、中部、(秦岭);锡金、越南、缅甸、泰国、印度。在中国贵州崇山峻岭之中,最容易找得到的是长尾及短尾的麝凤蝶。

发育温度
卵、幼虫、蛹在16~31℃范围内均能正常生长发育,尤以25~28℃条件下最适宜于该蝶的生长发育,发育速率与温度呈直线关系。用直线回归法得到卵、幼虫、蛹的发育起点温度分别为9.3,7.1,6.8℃,有效积温分别为90.2,387.4,227.9日·度。

麝凤蝶Byasa alcinous 〈日本語〉ジャコウアゲハ
中华麝凤蝶Byasa confusa
长尾麝凤蝶Byasa impediens 〈日本語〉タイワンジャコウアゲハ
灰绒麝凤蝶Byasa mencius 〈日本語〉タイリクジャコウアゲハ;シナジャコウアゲハ
达摩麝凤蝶Byasa daemonius 〈日本語〉ダエモニウスジャコウアゲハ,
短尾麝凤蝶Byasa crassipes 〈日本語〉クラシップスジャコウアゲハ,
突缘麝凤蝶Byasa plutonius 〈日本語〉プルトニウスジャコウアゲハ
粗绒麝凤蝶Byasa nevilli  〈日本語〉ネビィリオオベニモンアゲハ
多姿麝凤蝶Byasa polyeuctes 〈日本語〉オオベニモンジャコウアゲハ
白斑麝凤蝶Byasa dasarada 〈日本語〉ミヤマシロオビヒカゲ 
云南麝凤蝶Byasa hedistus 〈日本語〉ヘディストゥスオオベニモンアゲハ
纨裤麝凤蝶Byasa latreillei 〈日本語〉ラトレイユミヤマベニモンアゲハ
彩裙麝凤蝶Byasa polla  〈日本語〉ラディヌスオオベニモンアゲハ

蜜源植物
合欢Albizzia julibrissin、粉叶羊蹄甲Bauhinia glauca、臭牡丹Clerodendrum bungei、接骨草Sambucus chinensis.
马兜铃属植物的生活环境分布在海拔范围为900~1680m,最适范围为1200~1500m.多分布于山坡丛林内郁闭度小于0.7且林下有灌木分布的林间小路、林窗边缘.郁闭度大于0.8则分布较少.幼虫分布的范围为800~1500m.所以马兜铃属植物的最佳生长环境也是麝凤蝶幼虫的最佳生长环境。
凤蝶科中的长尾麝凤蝶是一种取食有毒植物,体内含有毒素的蝴蝶。连鸟类等天敌也不敢碰它。它们飞行较缓慢,雄蝶常围绕大树盘旋而
雌蝶则多在花间萦绕。长尾麝凤蝶种主要分布在我省的中部至北部地区。一年可有3至4个世代,从每年的4至 10月均可见其成虫飞翔。
长尾麝凤蝶的幼虫长相十分恐怖,刚出生的一龄幼虫全身长有四列小疣,并在小疣上长有坚硬的毛刺。
待脱皮进入二龄后,毛刺便消失,而小疣则发展为较长的肉棘,全身散布有明显的红色及白色的警戒色斑纹。
它们以有毒的管花马兜铃(Aristolochiatubiflora)为寄主,体内含有毒素,令天敌望而却步。

6生活习性
雌雄成蝶外观差异不大,前翅黑褐色为底上有灰色斑块及白色斑点,后翅为红褐色,同样也有灰色斑块及少数白色斑点。其外观近似青斑蝶类,刚接触赏蝶的人,非常容易误判其身份,不过有经验的人却可以从翅上浅色斑纹来分辨,青斑蝶通常为澹青色且呈半透明状,而斑凤蝶为不透明的灰白色。 分布全岛的低海拔到中海拔山区,本种一年只有一世代,成虫发生期在三到五月,这段期间错过,想再看到翩翩蝴蝶,那只有再等一年了。斑凤蝶的寄主植物为多种樟科植物,如红楠、樟树和土肉桂等,成虫出现后不久,大概就可以开始在这些植物上,观察到它的幼虫。由于成虫出现的时间,刚好遇到春雨绵绵的三月,接着又遇到四、五的梅雨期,一般这种天气是很少有人从事户外观察活动,所以很多人虽然赏蝶数年,却没看过这种在发生时期不算稀少的蝴蝶。如果你是住在北部的话,试着找个好天气,到近郊植被不错的小山头,看到它的机会就很大。像阳明山国家公园的菜公坑山,是笔者每年五月必到的地点,坐在山头的反经石旁,就可以看到含斑凤蝶在内的,各种于春季刚羽化的蝴蝶,另外红楠在本区属优势植物,所以想看幼虫也不是什么难事。本种成虫访花吸蜜,雄蝶有吸水习性。 

ジャコウアゲハ

ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ(麝香鳳蝶、麝香揚羽、学名: Byasa alcinous または Atrophaneura alcinous〈中国語〉麝凤蝶)は、チョウ目アゲハチョウ科のチョウの一種。
和名は、雄成虫が腹端から麝香のような匂いをさせることに由来する(成分はフェニルアセトアルデヒドであることが判明している)。
形態
成虫は、前翅長 45mm - 65mm、翅を大きく開くと約 10cm ほど。他のアゲハチョウに比べると、後翅が斜め後方に細長く伸びる。成虫は雌雄の判別が容易で、雄の翅色はビロードのような光沢のある黒色だが、雌は明るい褐色である。
幼虫は、ナミアゲハなどとは違い、終令になっても黒いままで、形も全体に疣状の突起に被われ、ずいぶん異なった姿をしているが、つつくと臭角を出す点(他のアゲハ類と違い、臭角は少ししか出さない)は同じである。 

生態
成虫が発生するのは春から夏にかけてで、その間に3-4回発生する。成虫は日中の午前8時ごろから午後5時ごろまで活動するとみられる。
川原や荒地などの明るい場所や生息地の上を緩やかに飛ぶ。河川付近によく見られるのは、そこが食草の一つである草本のウマノスズクサの成育環境であるからで、畑の生垣付近などウマノスズクサの成育環境があれば見られる。また、木本のオオバウマノスズクサを食草とする地域では、オオバウマノスズクサの生育環境である山林の林縁部、渓谷などで本種が見られる。
幼虫はウマノスズクサ類を食草とする。食草を良く食べ、食草がなくなると共食いをすることもある。 冬は蛹で越冬し、この時期の蛹は数か月羽化せずに過ごす。暖かい時期の蛹は1-2週間ほどで羽化するが、ときに長期休眠する蛹もある。

ベーツ擬態
ジャコウアゲハ類が食べるウマノスズクサ類は、毒性のあるアリストロキア酸を含み、ジャコウアゲハは幼虫時代にその葉を食べることによって、体内に毒を蓄積する。この毒は一生を通して体内に残るため、ジャコウアゲハを食べた捕食者は中毒をおこし、遂には捕食したものを殆ど吐き出してしまう。一度ジャコウアゲハを捕食して中毒を経験した捕食者は、ジャコウアゲハを捕食しなくなる。
このため、ジャコウアゲハ類に擬態して身を守る昆虫もいくつか存在し、このような擬態をベーツ擬態と呼ぶ。日本で見られる例としては、
クロアゲハ Papilio protenor
オナガアゲハ Papilio macilentus
アゲハモドキ Epicopeia hainesii
がいずれもジャコウアゲハに擬態しているとされている。 

東アジア(日本、台湾、中国東部、朝鮮半島、ロシア沿海地方)に分布する。日本では、秋田県以南から八重山諸島まで分布し、南西諸島では多くの亜種に分けられる。
分布は局地的であるが、突然発生することもあるため、食草が無くなるとかなりの長距離を移動するものと考えられている。

人間とのかかわり
ジャコウアゲハの蛹は「お菊虫」と呼ばれるが、これは各地に残る怪談『皿屋敷』の「お菊」に由来する。
寛政7年(1795年)には、播磨国・姫路城下に後ろ手に縛られた女性のような姿をした虫の蛹が大発生し、城下の人々は「昔、姫路城で殺されたお菊の幽霊が、虫の姿を借りてこの世に帰ってきているのだ」と噂したという。このことに因み、兵庫県姫路市ではジャコウアゲハを市の蝶に指定している。戦前まではお菊虫を姫路城の天守やお菊神社でも売っていたといい、志賀直哉の長編小説『暗夜行路』では、主人公がお菊虫を買う描写がある。現在、姫路市内で観察されることは少ないが、春から夏に姫路科学館などで生きている成虫を観察することができる。姫路市自然観察の森ではネイチャーセンターや園内で飼育しており、一年中、成虫や幼虫、さなぎを観察することができる。
近縁種
ベニモンアゲハ Pachliopta aristolochiae (Fabricius, 1775)
東南アジア。日本では、南西諸島南西部に分布する。後翅の中央に白い斑点が1つ、さらにその外縁に和名通り鮮やかなピンクの斑点が並ぶ。体側も鮮やかな赤色をしている。後翅は表側よりも裏側の方が模様が鮮やかである。
アンダマンホソバジャコウ Pachliopta rhodifer Butler, 1876
インド。
アオジャコウアゲハ類 Battus
中央アメリカから南アメリカ。
アンテノールジャコウアゲハ(ホシボシジャコウアゲハ) Pharmacophagus antenor (Drury, 1773)
マダガスカル。
トンボジャコウアゲハ Parides hahneli (Staudinger, 1882)
南アメリカ。
トリバネアゲハ類 Ornithoptera
世界中の蝶コレクターを惹き付ける大型で美麗なトリバネアゲハ属及びキシタアゲハ属、アカエリトリバネアゲハ属の総称。トリバネアゲハ属はインドネシア、ニューギニア、オーストラリア北部。キシタアゲハ属は東南アジア。アカエリトリバネアゲハ属はマレー半島、インドネシアのボルネオ島、スマトラ島に分布。 

コウモリガ(6)オオコウモリガ

虫草蝙蝠蛾
昆虫名:为鳞翅目,蝙蝠蛾科。主要分布在四川、云南、青海、甘肃、西藏等省区3000米以上的高寒地带。是一种多食性昆虫,除了喜食珠芽蓼的根茎外,还很喜欢采食头花蓼,并特别喜欢采食另一种蓼科植物小大黄,此处豆科植物黄芪属植物的根、蔷薇科金腊梅的根以及其他植物的根都吃。
中文学名虫草蝙蝠蛾
拉丁学名Hepialus armoricanus
界动物界
门节肢动物门 Arthropoda
纲昆虫纲 Isecta
目鳞翅目
科蝙蝠蛾科
亚    科蝠蛾亚科
属蝙蝠蛾属
虫草蝙蝠蛾与桑蚕一样同属于鳞翅目昆虫,是高海拔生存的蛾类,其分布呈明显的地带性、地貌组合区域性及垂直分布等特征,在云南,主要分布于最高的滇西北第一阶梯层内,零星分布于第二阶梯层内。
2形态特征
从外形上看,冬虫夏草虫体呈金黄色、淡黄色或黄棕色,又因价格昂贵而有“黄金草”之称。因其药用价值高,功效好,在国内外被视为珍品,市场需求量大,但因其天然资源量稀少,故价格十分昂贵。
冬虫夏草从它的形成过程来看,就是蝙蝠科许多种别的蝙蝠蛾为繁衍后代,产卵于土壤中,卵之后转变为幼虫,在此前后,冬虫夏草菌侵入幼虫体内,吸收幼虫体内的物质作为生存的营养条件,并在幼虫体内不断繁殖,致使幼虫体内充满菌丝,在来年的5-7月天气转暖时,自幼虫头部长出黄或浅褐色的菌座,生长后冒出地面呈草梗状,就形成我们平时见到的冬虫夏草。因此,虽然兼有虫和草的外形,却非虫非草,属于菌藻类生物。冬虫夏草有滋肺阴、补肾阳的作用,所以可以作为滋肺补肾、止血化痰、保肺、化痢、止痨嗽等调补的食品。
而虫草花的外形与蛹虫草(北冬虫夏草)、冬虫夏草相似,但在临床运用上鲜见有疗效等同或优于蛹虫草、冬虫夏草的文献报道。尽管它们同属于一个科属,外形也比较相似,但品种不同,各种成分的含量差异很大。虫草花没有国家标准,而蛹虫草(北冬虫夏草)卫生部有明确的规定和批文。虫草花属于一种真菌类。与常见的香菇、平菇等食用菌很相似,只是菌种、生长环境和生长条件不同。在一般的农家大棚里即可种植。而蛹虫草(北冬虫夏草)为了防止虫草菌种变异,多采用无菌实验室进行培育,培育工序和对环境的要求要远远大于虫草花。
3生活习性
虫草蝙蝠蛾幼虫并非每天采食,而是数天采食一次,每采食一次饱餐一顿后体重会增加很多,而平时就算食物在身边也不积极进食。
4寿命
虫草蝙蝠蛾的一生需要经过虫卵期(约45—72天)、幼虫期(约680—940天)、蛹期(约42—58天)、蝙蝠蛾成虫期(约3—12天),也就是说虫草蝙蝠蛾的寿命通常为2至3年。
5形成
虫草蝙蝠蛾是名贵中药材冬虫夏草的本体虫,虫草蝙蝠蛾的幼虫在土壤中越冬时被虫草真菌侵入体内,真菌

在幼虫体内不断生长,幼虫体内组织被破坏,最终幼虫死亡残留外皮,菌丝充满整个虫体变为菌核。第二年春夏交替之季,天气变暖菌核开始萌发,从虫草蝙蝠蛾幼虫的口或头部长出一根有柄子座冒出地面,似直立的小草,因此没有虫草蝙蝠蛾,就不可能长出冬虫夏草。

コウモリガ(5)

: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目 Lepidoptera
上科 : コウモリガ上科 Hepialoidea
: コウモリガ科 Hepialidae
: Endoclita
: コウモリガ Endoclita excrescens
学名Endoclita excrescens(Butler, 1877)
和名
コウモリガ(蝙蝠蛾、学名:Endoclita excrescens)は、チョウ目・コウモリガ科に分類されるガの一種。別名「ナミコウモリ」。
分布
日本(北海道から九州、対馬、屋久島)、朝鮮半島、ロシア(アムール地方、沿海地方)、中国東北部に分布する。
特徴
開張は雄で45-91mm、雌で69-126mm[1]。蛹の体長は43-71mm[1]。終齢幼虫の体長は70-85mm[1]。
ヤナギ、アカメガシワ、クリ、スギなどの多くの植物を食草・食樹とする。成虫は8-10月に出現する。交尾は薄暮時に行われる[2]。卵は飛翔しながら空中で産卵するといわれるが[1]、地上でも産卵するとの報告もある[2]。総産卵数は3,000-10,000ほど。

冬虫夏草(2)

冬虫夏草 

(転載) 
冬虫夏草(Chinese Caterpillar Fungus)别名虫草,冬虫草,中华虫草, 是由肉座菌目蛇形虫草科蛇形虫草属的冬虫夏草菌寄生于高山草甸土中的蝠蛾幼虫,使幼虫身躯僵化。并在适宜条件下,夏季由僵虫头端抽生出长棒状的子座而形成,即冬虫夏草菌的子实体与僵虫菌核(幼虫尸体)构成的复合体。主要活性成分是虫草素,其有调节免疫系统功能、抗肿瘤、抗疲劳、补肺益肾,止血化痰,秘精益气等多种功效。食用方法有打粉、泡酒、泡水等。冬虫夏草主要产于中国大陆青海、西藏、四川、云南、甘肃和贵州等省及自治区的高寒地带和雪山草原。

1药材形态
冬虫夏草为虫体与菌座相连而成,全长9~12厘米。虫体如三眠老蚕,长约3~6厘米,粗约0.4~0.7厘米。外表呈深黄色,粗糙,背部有多数横皱纹,腹面有足8对,位于虫体中部的4对明显易见。断面内心充实,白色,略发黄,周边显深黄色。菌座自虫体头部生出,呈棒状,弯曲,上部略膨大。表面灰褐色或黑褐色,长可达4~8厘米,径约0.3厘米。折断时内心空虚,粉白色。臭微,味淡。以虫体色泽黄亮、丰满肥大、断面黄白色、菌座短小者为佳。

2生长环境
关于虫草的生长,人类对其感到神秘莫测,前人曾有诗云:“冬虫夏草名符实,变化生成一气通。一物竟能兼动植,世间物理信难穷。”其实,虫草是一种昆虫与真菌的结合体。虫是虫草蝙蝠蛾的幼虫,菌是虫草真菌,每当盛夏,海拔3800米以上的雪山草甸上,冰雪消融,体小身花的蝙蝠蛾便将千千万万个虫卵留在花叶上。继而蛾卵变成小虫,钻进潮湿疏松的土壤里,吸收植物根茎的营养,逐渐将身体养得洁白肥胖。这时,球形的子囊孢子遇到虫草蝙幅蛾幼虫,便钻进虫体内部,吸引其营养,萌发菌丝。当虫草蝙蝠蛾的幼虫食到有虫草真菌的叶子时也会成为虫草。
受真菌感染的幼虫,逐渐蠕动到距地表二至三厘米的地方,头上尾下而死。这就是“冬虫”。幼虫虽死,体内的真菌却日渐生长,直至充满整个虫体。来年春末夏初,虫子的头部长出一根紫红色的小草, 高约二至五厘米,顶端有菠萝状的囊壳, 这就是“夏草”。虫草这时发育得最饱满,体内有效成份最高,是采集的最好季节。青海,云南省迪庆、怒江州是中国虫草的主要产地之一。[1]

3分布情况
冬虫夏草主产于金沙江、澜沧江、怒江三江流域的上游。东至四川省的凉山,西至西藏的普兰县,北起甘肃省的岷山,南至喜马拉雅山和云南省的龙雪山。西藏虫草的产量大约占全国虫草产量的40%,青海省产量大约占全国虫草产量的35%,云南省和四川省虫草产量各占10%-15%上下。[1]

4品种分类
虫草是指包括冬虫夏草在内的广义的虫草属真菌的总称。虫草的种类基本上是以其有性世代的形态特征、寄主、地名、人名而取名的,所以虫草属的各个种名就是各单一虫草真菌的名称,已经发现的虫草有400多种,而“冬虫夏草”就是特指以青藏高原为主产地、中国特有的冬虫夏草Cordyceps sinensis(Berk.)Sacc。
虫草真菌属于生物界中真菌界、真菌门、子囊菌亚门、核菌纲、麦角菌目、麦角菌科、虫草属,寄生在昆虫、蛛类、大团囊菌以及麦角菌上并形成子实体,构成了种类繁多的一大类群,在世界范围内分布广泛。
虫草分很多种,分别有
冬虫夏草、〈学名〉Cordyceps sinensis〈日本名〉冬虫夏草
亚香棒虫草、〈学名〉Cordyceps hawkesii〈日本名〉亜香棒虫草
凉山虫草、〈学名〉Cordyceps liangshanensis
分枝虫草、〈学名〉Cordyceps ramosa
蛹虫草、〈学名〉Cordyceps militaris〈日本名〉サナギタケ
武夷山虫草、〈学名〉Cordyceps wuyishanensis
龙洞虫草、〈学名〉Cordyceps longisegmentis
张家界虫草、〈学名〉Cordyceps zhangjiajiensis
多壳虫草、〈学名〉Cordyceps polycarpica
柔柄虫草、〈学名〉Cordyceps delicatistipitata〈日本名〉 ヒメタンポタケ
下垂虫草、〈学名〉Cordyceps nutans〈日本名〉カメムシタケ
江西虫草、〈学名〉Cordyceps jiangxiensis
四川虫草、〈学名〉Cordyceps sichuanensis
尖头虫草、〈学名〉Cordyceps oxycephara〈日本名〉トガリスズメバチタケ
巴恩虫草、〈学名〉Cordyceps barnesii〈日本名〉香棒虫草
巴西虫草、〈学名〉Cordyceps brasiliensis
贵州虫草、〈学名〉Cordyceps guizhouensis
赤水虫草、〈学名〉Cordyceps chishuiensis
革翅虫草、〈学名〉Cordyceps dimeropoda
拟布班克虫草、〈学名〉Cordyceps brittlebankisoides
鼠尾虫草、〈学名〉Cordyceps musicaudata
绿核虫草、〈学名〉Cordyceps aerugineosclerotia
泽地虫草、〈学名〉Cordyceps paludosa
茂兰虫草、〈学名〉Cordyceps maolanensis
布氏虫草、〈学名〉Cordyceps brongniartii
高雄山虫草[淡黄蛹虫草]、〈学名〉Cordyceps takaomontana〈日本名〉 ウスキサナギタケ
金龟子虫草、〈学名〉Cordyceps scarabaeicola〈日本名〉 コガネムシタケ
螳螂虫草、〈学名〉Cordyceps mantidaecola〈日本名〉 コゴメカマキリムシタケ
沫蝉虫草、〈学名〉Cordyceps tricentri〈日本名〉 アワフキムシタケ
蝉虫草、〈学名〉Cordyceps cicadae〈日本名〉キアシオオゼミタケ
柄壳虫草、〈学名〉Cordyceps stipillata
拟茂兰虫草、〈学名〉Cordyceps maolanoides
细虫草[黑锤虫草]、〈学名〉Cordyceps gracilis
金针虫草、〈学名〉Cordyceps agriota〈日本名〉コメツキムシタケ
日本虫草、〈学名〉Cordyceps japonica〈日本名〉 タンポタケモドキ
喙壳虫草、〈学名〉Cordyceps rostrata
拟暗绿虫草、〈学名〉Cordyceps pseudoatrovirens〈日本名〉トワダミドリクチキムシタケ
暗绿虫草、〈学名〉Cordyceps atrovirens
峨眉山虫草、〈学名〉Cordyceps emeiensis
粉被虫草、〈学名〉Cordyceps pruinosa〈日本名〉 ヒメサナギタケ
大邑虫草、〈学名〉Cordyceps dayiensis
叉尾虫草、〈学名〉Cordyceps furcicaodata
桫椤虫草、〈学名〉Cordyceps suoluoënsis
蜻蜓虫草、〈学名〉Cordyceps odonatae〈日本名〉タンポヤンマタケ
蚁虫草、〈学名〉Cordyceps myrmecophila〈日本名〉 マルミアリタケ
罗伯茨虫草、〈学名〉Cordyceps robertsii〈日本名〉 オオトウチュウカソウ
九州虫草、〈学名〉Cordyceps kyushuensis〈日本名〉 イモムシタケ
戴氏虫草、〈学名〉Cordyceps taii
变形虫草、〈学名〉Cordyceps variegata
古尼虫草、〈学名〉Cordyceps gunnii
球头虫草、〈学名〉Cordyceps sphecocephala〈日本名〉 ハチタケ
双梭孢虫草、〈学名〉Cordyceps bifusispora
新疆虫草、
藿克虫草、
大塔顶虫草、
珊瑚虫草、
娄山虫草、
发丝虫草、
辛克莱虫草、
细柱虫草、
稻子山虫草、
等很多种,广泛意义上的虫草,已发现有报道的四百多种。其中完全野生的冬虫夏草又被专业人士分为青海草、藏草、川草、滇草、甘肃草、炉草、灌草等。

5药用成分
冬虫夏草中含水分10.84%,脂肪8.4%,粗蛋白25.32%,粗纤维18.53%,碳水化物28.90%,灰分4.10%。脂肪含饱和脂肪酸13.00%,不饱和脂肪酸82.2%。此外,还含虫草酸约7%,是奎宁酸的异构物。又含冬虫夏草素,是一种淡黄色结晶粉末,在试管内能抑制链球菌、鼻疽杆菌、炭疽杆菌、猪出血性败血症杆菌及葡萄状球菌的生长。另含维生素B120.29μg/100g。 

6药材来源
为麦角菌科植物冬虫夏草菌的子座及其寄主蝙蝠蛾科昆虫虫草蝙蝠蛾等的幼虫尸体的复合体。夏至前后,当积雪尚未溶化时入山采集,此时子座多露于雪面,过迟则积雪溶化,杂草生长,不易找寻,且土中的虫体枯萎,不合药用。挖起后,在虫体潮湿未干时,除去外层的泥土及膜皮,晒干。或再用黄酒喷之使软,整理平直,每7~8条用红线扎成小把;用微火烘干。[1] 

マメの遺伝ベース

マメの遺伝ベース

ハタササゲ

ハタササゲ [Vigna unguiculata (L.) Walpers cv-gr. Biflora E. Westphal]
(転載)
日本における状況と農業生物資源ジーンバンクからの情報



















 
ハタササゲは,地域によって「ヤッコササゲ」,「ササゲ」などとも呼ばれる。以前は広く日本各地で裁培されていたと思われるが,最近は在来種の栽培は少なくなった。我々は,南西諸島と鹿児島県の探索によって数系統のハタササゲを収集することができた(勝田・竹谷.1992,河瀬・友岡.1993,友岡ら.1994,友岡.1996)。
沖縄では赤いハタササゲは「ハーマミ」と呼ばれていた。また南西諸島から鹿児島では「アズキ」と呼ばれることも多かった。種子を煮て赤飯にしたり,ご飯に混ぜたりして食べられていた。
起源
ハタササゲ(Vigna unguiculata cultigroup Biflora)は,アフリカに起源し東南アジアに広がったササゲ (cultigroup Unguiculata)から,インドにおいて作り上げられた品種群であると考えられている (Ng and Marechal 1985)。
分類
ハタササゲはササゲ属(Vigna)ササゲ亜属(Vigna)に属する一年生のマメ科作物である。Verdcourt (1970) は,栽培種のササゲ類( V.unguiculata )を3つの亜種, subsp. unguiculata,,subsp. sesquipedalis , subsp. cylindlicaに分類した。その後,Marechal et al. (1978)は,Verdcourtが提案した3つの亜種は分類学上の単位として分けるほどの違いはなく,品種群として分類することを提案した。
彼らが提唱した栽培種ササゲ類の4つの品種群は,品種群 Unguiculata,品種群 Sesquipedalis,品種群 Bifloraおよび品種群 Textilis である。品種群 Unguiculataはアフリカで栽培化されたいわゆるササゲ,品種群 Sesquipedalisは東南アジアを中心に裁培され長い莢を野菜として利用するジュウロクササゲ,品種群 BifloraはVerdcourtの亜種cylindlicaにあたり小粒で莢の短いハタササゲ,品種群 Textilisは長い花梗から繊維をとるために北アフリカに裁培されていた品種群である。2n=22。
特徴
ハタササゲの葉はやや光沢があり,花は紫または白である。ハタササゲの花はササゲの花より小さい。
種子はササゲの種子より小さい。種子色は黒,褐,白赤など多様。莢長は7-13cmで他の品種群より短く上向きに着く。
染色体数 2n=22。
利用
インドではダールとして利用される。飼料作物として栽培されることもある。 

バターマメ 

バターマメ ビルマ豆



白い豆なんですね。 

ウズラマメ



白腰豆

白腰豆,(シロインゲンマメ)又名大白芸豆、京豆、白豆、大白豆,俗称“四季 白芸豆”等。煮熟后皮绽开花,似朵朵白云,故称“白云豆”。外形似“鸡腰子”,亦称“白腰豆”。
白腰豆,属于我国古老的一种名贵食用豆类,种植历史悠久。山阳白腰豆多为零星种植或间套种植,很少成片。 山阳白腰豆,颗粒肥大,内胚盈厚,洁白光亮,味美质优,营养丰富,为名贵豆种。颗粒比蚕豆还要大2倍,为豆类之冠。在国内外市场久负盛名,是我市重要出口豆类。
相传为古时天上玉帝不慎将玉佩与缨络失落于人间,落地变成各色或有条纹花斑的豆子,从此繁衍成著名特产的白芸豆、黄芸豆、花芸豆等。因此,又有“神仙豆”之美称。[1]

2营养价值
据测定,白腰豆含蛋白质19.94%,比小麦高5%~10%,比玉米高12%;含脂肪2.46%,比小麦高1%;含淀粉65.8%,比洋芋高26%。并含有对人体有益的多种氨基酸和钙、磷、铁等多种矿物质及可溶性糖、碳水化合物。维生素b1、b2的含量均高于大豆和小麦。可以用来制作罐头或八宝粥,味美可口、独具风味。也可做成多种食品,制作豆沙是豆包的上等馅料。用白芸豆粉做粉条,又白又细,有光泽,有韧劲。白腰豆是西餐中常用的名贵豆类。产地民间常用以炖肉、炖鸡、炖猪蹄等,能在锅内久,煮不裂,但一舀到碗里就会立即开裂,故当地山民叫“碗里开花”。因白腰豆具有粒大、色白、味美、汤鲜、营养丰富等优点,人们都把它当作节日佳肴和馈赠珍品。在隆重的宴会上,用山阳白腰豆配合其它食品,能做出具有各种精美图案的美味佳馔,既增添喜庆气氛,又使宾客在饱口福之前先饱眼福。
在民间,通常用白腰豆煮稀饭、米饭,作蔬菜,已成为人们喜食的佳品。白腰豆还有滋阴、补肾、健脾、温中、下气、利湿、止痢、消食、解毒、止呃逆等医疗作用,为理想的食疗佳品。白腰豆还有镇静作用,对治疗虚寒呃逆、胃寒呕吐、跌打损伤、喘息咳嗽、腰痛、神经痛、小儿百日咳等病症有一定疗效。白腰豆含矿物钠,十分适合心脏病、高血压和忌盐病患者食用。

3生长特性
白腰豆属一年生豆科(leguminosae)作物,喜温、短日照作物,生育期约75~90天,需1500℃左右的积温。对土壤要求不如其它作物严格,一般坡地和肥力较低的耕地上种植比其它作物长势要好。可单种,也可与其它作物间套,能弥补茬口,占地少,不和大宗作物争地、争时。复种指数高,在土地面积有限的情况下,可以利用间作套种的优势,充分扩大种植面积。白腰豆又叫“小日月庄稼”,常年春播以4月上旬至5月上旬为宜。夏播在麦收后立即抢种,越早越好。最晚不能迟于7月上旬。要做好整地施肥,播前适量施农家肥,如无农家肥,可结合播种少量施一些磷肥。合理密植,防病保苗,中耕除草,适时收获,防止生芽霉烂,提高产量和产品质量。
4价格概况
白腰豆,出口价格看涨。每吨售价400~600美元,深受外商欢迎。山阳利用间作套种的优势,加强农业技术指导,扩大白腰豆的种植,出口换汇,增加农民收入。 

マンゴー(25)品種

マンゴー品種











 
























 

永德芒果目前种植品种共43个,各个品种的基本特性如下:
1、三年芒:云南地方品种,实生三年芒,树体高4米以上。树冠呈扁圆形,分枝角度大,叶片椭圆披针形。花期12月下旬至2月下旬,两性花占12.5—16.7%。果实肾形,单果重120—170克,果皮金黄色,含可溶性固形物15—17%,果肉橙黄色,纤维较多,味香甜,可食部分占72—75%。果核长形,种子多胚。果实成熟期5月下旬至7月中旬。产量5000公斤/亩,种植面积5100亩。
2、大白玉:原产泰国,1984年引入永德县种植。树体高大,树冠呈椭圆形,叶片长椭圆披针形。花期元月中旬至3月上旬,两性花占25—30%。果实象牙形,果皮金黄色,果肉淡黄色,肉质细腻,纤维少,味甜。单果重300—400克,含可溶性固形物20%,可食部分占76%。果实成熟期6月上旬至7月中旬。产量4000公斤/亩,种植面积3000亩。
3、缅二芒:原产缅甸,1984年引入永德县种植。树形中等,树冠呈圆形,叶片细长披针形。花期元月中旬至3月上旬,两性花占8—12%。果实近球形,果皮绿黄色,果肉淡红黄色,单果重250—400克,含可溶性固形物18—20%,可食部分占75%,纤维少,味极甜,品质好。果核椭圆形,种子多胚。成熟期7月上旬至8月上旬。产量5000公斤/亩,种植面积4000亩。
4、缅三芒:原产缅甸, 1984年引入永德县种植。树形中等,树冠呈圆头形,叶片披针形。花期元月中旬至3月中旬,两性花占18—20%。果实椭圆形,果皮淡绿黄色,果肉淡黄白色,单果重400—600克,含可溶性固形物20%,可食部分占80%,纤维少,汁多,味甜。成熟期7月中旬至8月下旬。产量5000公斤/亩,种植面积8500亩。
5、永选一号:果形、果色近似三年芒,纤维比三年芒少,果实较大,单果重360—460克,含可溶性固形物15—18%,可食部分占82%,花期元月上旬至2月下旬,成熟期6月上旬至7月上旬。产量6000公斤/亩,种植面积3200亩。
6、留香芒:原产斯里兰卡,1984年引入永德县种植。树体较矮小,树技稀疏,树冠呈宽椭圆形,叶片宽椭圆披针形。花期元月上旬至3月上旬,两性花占19%。果实长椭圆形,单果重150—200克,果皮黄绿色,果肉橙黄色,纤维少,味极甜,含可溶性固形物15—17%,可食部分占72%,果核长椭圆形,种子多胚。果实成熟期6月中旬至7月中旬。产量4000公斤/亩,种植面积2000亩。
7、吕宋芒:原产菲律宾,1984年引入永德县种植。树形高大,树冠呈椭圆形,叶片椭圆披针形。花期元月中旬至3月上旬,两性花占25%。果实椭圆形,单果重140—250克,果皮金黄色,果肉橙黄色,肉质红腻,甜酸适中,品质佳,含可溶性固形物16—20%,可食部分占74%。果实成熟期7月上旬至8月上旬。产量4000公斤/亩,种植面积900亩。
8、马切苏:原产缅甸,1974年引入永德县种植。树形中等,树冠呈圆头形,叶片长椭圆披针形。花期元月中旬至3月中旬,两性花占18—22%/。果实长橙黄色,纤维少,味甜,含可溶性固形物14—16%,可食部分占74%,未成熟果有较浓的松香味,成熟后异味可消除。果实成熟期8月上旬至9月上旬。产量6000公斤/亩,种植面积12000亩。
9、象牙芒:原产泰国,1974年引入永德县种植。树形高大,树冠呈简状椭圆形,叶片椭圆披针形。花期元月上旬至3月上旬,两性花占5.63%。果实长象牙形,果皮淡黄色,单果重250—860克,果肉淡黄色,含可溶性固形物18—21%,可食部分占76%,肉质细,味甜。果核长形,种子多胚。产量5000公斤/亩,面积400亩。
10、秋芒:又名印度1号,原产印度,1984年引入永德县种植。树形矮小,树冠呈伞形,叶片小,呈长椭圆披针形。花期元月中旬至3月中旬,两性花占60—65%。果实似桃形,单果重100—200克,大者达400克。果皮黄色,果肉橙黄色,纤维少,味甜,含可溶性固形物14—23%,可食部分占60—68%。果核圆形,种子单胚。果实成熟期8月中旬至9月中旬。产量3000公斤/亩,种植面积500亩。
11、泰国青皮芒:原产泰国,1988年引入永德县种植。树体高大,树冠呈简状椭圆形。叶片椭圆披针形,花期元月上旬至2月下旬,两性花占9—12%。果实长椭圆形,单果重130—200克,果皮淡绿至浅黄色,少数果实向阳面呈淡红浅黄色,果肉黄白色,含可溶性固形物18—25%,可食部分占76%,味极甜,纤维少,品质好。果核长扁形,种子多胚。果实成熟期6月中旬至7月中旬,产量4500公斤/亩。
12、红象牙:1989年由缅甸引入永德县种植。树冠呈扁形,叶宽大披针形。花期元月中旬至3月上旬,两性花占16—18%。果实长象牙形,单果重400—750克,幼果至成熟前果皮呈紫红色,较美观,成熟时果皮淡红黄色,果肉淡黄色,纤维少,风味偏淡,含可溶性固形物13—16%,可食部分占78%,种核扁长形,种子多胚。果实成熟期7月中旬至8月中旬,产量6000公斤/亩。
13、白玉:生长海拨在700米——900米之间,盛产于永康镇永康坝、勐底坝、忙捞坝一带,果形呈椭圆形,颜色为玉白色,味质酸甜,果肉鲜嫩。属早熟品种,亩产可达1吨左右。
14、白象牙:生长海拨在700米——900米之间,盛产于永康镇永康坝、勐底坝、忙捞坝一带,果形呈扁圆形,颜色为白绿色,味质酸甜,果肉鲜嫩。属中熟品种,亩产可达1吨左右。
15、五彩芒:生长海拨在700米——900米之间,盛产于永康镇永康坝、勐底坝、忙捞坝一带,果形呈椭圆形,颜色为淡红色,味质酸甜,果肉鲜嫩,最佳优点是耐运,属中熟品种,亩产可达2.5吨左右。
16、泰国芒:生长海拨在700米——900米之间,盛产于永康镇永康坝、勐底坝、忙捞坝一带,果形呈椭圆形,颜色为金黄色,味质酸甜,果肉鲜嫩。属早熟品种,亩产可达1.5吨左右。
17、椰香:生长海拨在700米——900米之间,盛产于永康镇永康坝、勐底坝、忙捞坝一带,果形呈圆形,颜色为金黄色,味质香甜,果肉鲜嫩,是芒果中首选品种之一。属早熟品种,亩产可达1。5吨左右。
18、珊瑚:生长海拨在700米——900米之间,盛产于永康镇永康坝、勐底坝、忙捞坝一带,果形呈椭圆形,颜色为金黄色,味质酸甜,果肉鲜嫩。属中熟品种,亩产可达1吨左右。
19、大金煌:生长海拨在700米——900米之间,盛产于永康镇永康坝、勐底坝、忙捞坝一带,果形呈长扁形,颜色为金黄色,味质纯甜,果肉鲜嫩可口。属特晚熟品种,亩产可达2。2吨左右。该品种于2002年从海南引进,其最大的优点是果形大,果核较为薄小,特晚熟,市场销量好。现在永康镇勐底粮店种植示范园30亩,属云南科技扶贫开发研究所开发项目。
20、台农1号:果形呈椭圆形,颜色为红黄相间,味质纯甜,果肉鲜嫩可口。属特早熟品种,亩产可达2。2吨左右。该品种于2002年从海南引进。其最大的优点纤维较少,果皮厚,耐储运,色泽美观,成熟较早,市场销量好。现在永康镇勐底粮店种植示范园30亩,属云南科技扶贫开发研究所开发项目。
21、桂热82  原产广西,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,果实长椭形,单果重150—220克,果皮呈绿色,果肉黄红色,含可溶性固形物18—29%,可食部分占76%,味香甜,纤维少,品质好,产量4000公斤/亩。
 22、桂热23  原产广西,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形较小,树冠呈圆形,果实椭圆形,果皮呈淡黄色,单果重90—180克,果肉黄色,含可溶性固形物20—26%,可食部分占68%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量3800公斤/亩。
23、桂热10  原产广西,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠四面散开,果实长椭形,果皮呈淡黄色,单果重190—300克,果肉黄色,含可溶性固形物22—28%,可食部分占80%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量4500公斤/亩。
24、桂香芒 原产广西,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠呈圆头形,果实椭圆形,果皮呈淡黄色,单果重90—180克,果肉黄色,含可溶性固形物20—26%,可食部分占68%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量3800公斤/亩。
25、斯里兰卡  原产广西,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠圆头形,果实椭圆形,果皮呈淡黄色,单果重150—450克,果肉黄色,含可溶性固形物17—25%,可食部分占65%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量5000公斤/亩。
26、凯特 原产攀枝花,生产海拔在700—900m,勐底农场于2002年引进,树形中等,树冠呈圆头形,果实椭圆形,果皮呈黄红色,单果重200—450克,果肉黄色,含可溶性固形物24—29%,可食部分占79%,味酸甜,纤维少,品质好,外观美,产量4200公斤/亩。
27、密芒  生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形较大,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈黄色,单果重250—350克,果肉黄色,含可溶性固形物25—30%,可食部分占65%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量3500公斤/亩。
28、紫花芒 生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠呈圆头形,果实椭圆形,果皮呈淡黄色,单果重100—180克,果肉黄色,含可溶性固形物21—27%,可食部分占70%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量4200公斤/亩。
 29、黄象牙 生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠呈圆头形,果实长象牙形,果皮呈淡黄色,单果重280—450克,果肉黄色,含可溶性固形物24—27%,可食部分占60%,味香甜,纤维少,品质好,外观特美,产量4200公斤/亩。
30、红芒6号  原产美国,又名黑登,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠呈圆形,果实椭圆形,果皮呈紫红色,单果重250—450克,果肉黄色,含可溶性固形物19—25%,可食部分占68%,味香甜,纤维少,品质好,外观特美,产量4500公斤/亩。
31、红桃  因形状像桃而得名,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形较小,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈黄红色,单果重80—150克,果肉黄色,含可溶性固形物16—21%,可食部分占65%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量3000公斤/亩。
32、红圆 生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈黄色,单果重250—350克,果肉黄色,含可溶性固形物18—27%,可食部分占70%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量3800公斤/亩。
33、珍珠芒 原产勐底农场,树形中等,树冠呈圆头形,叶片长椭圆披针形。花期元月中旬至3月中旬,果皮呈粉黄色,单果重10—30克,纤维少,味甜,外观小巧玲珑,含可溶性固形物14—16%,可食部分占86%。产量2500公斤/亩。
34、大青密 生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠呈圆头形,果实椭圆形,果皮呈绿色,单果重450—750克,果肉黄红色,含可溶性固形物21—27%,可食部分占77%,味香甜,纤维少,品质好,产量5000公斤/亩。
    35、勐底1号 由勐底农场培育、推广而得名,生产海拔在700—900m,树形较大,树冠呈长圆形,果实长椭形,果皮呈黄色,单果重360—450克,果肉黄色,含可溶性固形物15—18%,可食部分占82%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量4500公斤/亩。
36、胜德龙 原产缅甸,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形中等,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈黄色,单果重250—450克,果肉黄色,含可溶性固形物18—26%,可食部分占65%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量4500公斤/亩。
37、滇香芒 原产勐底农场,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形较大,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈黄色,单果重250—450克,果肉黄色,含可溶性固形物18—26%,可食部分占80%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量4500公斤/亩。
 38、鹰嘴芒 生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树形较大,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈黄色,单果重450—650克,果肉黄色,含可溶性固形物15—23%,可食部分占75%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量4200公斤/亩。
39、小酸芒 原产勐底农场,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈绿色,单果重50—100克,果肉黄色,含可溶性固形物15—25%,可食部分占30%,味香甜,纤维少,品质好,产量3200公斤/亩。
40、生吃芒 原产勐底农场,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈绿色,单果重350—550克,果肉黄色,含可溶性固形物15—24%,可食部分占85%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,抗旱性强,产量3200公斤/亩。
41、光龙1号 原产勐底农场,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈绿色,单果重350—450克,果肉黄色,含可溶性固形物15—22%,可食部分占85%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,抗旱性强,晚熟,产量4200公斤/亩。
42、核桃芒 生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈绿色,单果重120—200克,果肉黄色,含可溶性固形物18—26%,可食部分占85%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,产量4000公斤/亩。
43、龙井芒 原产勐底农场,生产海拔在700—900m,盛产于勐底农场一带,树冠呈长圆形,果实椭圆形,果皮呈绿色,单果重1200—3000克,果肉黄色,含可溶性固形物18—23%,可食部分占90%,味香甜,纤维少,品质好,外观美,体形大,产量6000公斤/亩。 

ノニ〈中国語〉诺丽

ヤンゴンで見つけた ノニ



Noni,诺丽的英文名。是一种发源于南太平洋岛屿的热带常绿多年生阔叶灌木或小乔木,又名海巴戟,海巴戟天,诺尼。学名Morinda citrifolia Linn.为茜草科巴戟天属植物。国外主要分布在南太平洋诸岛,如印度尼西亚、菲律宾、澳大利亚、柬埔寨。国内则在海南岛、西沙群岛和台湾岛有分布。

1概述
Noni是一种植物的名称,生长于夏威夷、南太平洋及北太平洋岛屿。夏威夷土著早在数千年前已懂得利用Noni来治疗疾病。Noni用途甚广:叶可外敷消炎;根部可降血压;树皮有强烈收敛功效;种子有催泻作用;花朵可治眼疾;而果实的价值最高。
诺丽酵素是诺丽果经人工采摘的纯手工工艺发酵而成,诺丽酵素是为身体提供身体所需足够的营养成分的保证,维护身体细胞组织正常运作,阻止或减少病痛的发生。若有病痛发生,它则会迅速修补受伤的细胞,并将代谢残渣或毒素排出体外,使之恢复正常。
此外,诺丽酵素内还含有多种天然微量的矿物质、维生素等身体必需的营养成份,易于吸收,对维护健康有着非常重要的作用。

2分类与质量辨识
NONI产品的优劣除了产地的自然条件因素之外,还要看生产工艺,不同的生产方法,制造不出不同质量级别的产品,例如葡萄,以果蔬汁的制造工艺所生产出来的就是葡萄汁,但是以酿酒工艺所生产出来的就是葡萄酒;用不同环境、气候所生长的葡萄原料酿成的葡萄酒又有等级区分;酿造的时间长短、是否添加酒精、色素或香精者又是不同级别的产品!这就是为何同样是葡萄酒有几十元至几万元的价差原因!同样的技术使用不同原料,或在不同环境下所酿造的酒,质量相差甚远,比如茅台酒必须在那个特定的环境基础下才能酿造,如果把茅台酒的酿造基地从贵州转移到海南岛,那还能做出一样的茅台酒吗?
NONI的质量判断可从此得到论证,但是也有很多劣质的NONI以高价销售充当优质的NONI,後面将教您如何区分NONI产品的质量优劣。
※选择购买有进口相关文件,能证明产地来源的品牌产品,尽可能避免买到劣质品,但也有很多国内加工厂造假的进口及认证文件,其产品质量非常差,只有靠比较、分析产品才能分辨产品优劣,选择最好的产品!
分类
一、发酵型的诺丽酵素:
   发酵型的诺丽酵素以诺丽果为原料,以发酵方法酿造,在一定周期后直接分离所得的原液就是100%的纯诺丽酵素。100%纯诺丽酵素是活的酵素,其特性是在常温下长期存放,且越陈越醇。随着时间的转化,将生成不同口感及效果的产品。我曾做过一个实验,把刚分离出来含有其他菌落的诺丽存放一定时间后再做检测,存放时间越久,菌落总数就越少,16个月几乎检测不出任何有害细菌。把不同时期所生产的诺丽酵素分别存放,又可发现口感有明显差异,陈放时间越久,气味及口感越香醇。 以上实验方法并非对任何发酵型的诺丽都能得到相同的结论。如劣质的诺丽酵素就月放呈现相反气味的结果,存放时间越久气味及口感越差。
二、浸泡型的诺丽液
诺丽果的果籽占了约65%以上,一般果肉不会超过35%,而酿造後所产生的汁液都是来自果肉的含量,而采用没有果肉或果肉含量稀少的诺丽果为原料的情况下,根本无法产出汁液,只能利用浸泡法,只能使用一定含量的水泡剂浸泡一定时间后产生诺丽的气味。这种浸泡型的诺丽液一般颜色较淡,不含果肉纤维(青涩的诺丽果不会因发酵而溶解,长久浸泡还是坚硬如石),而且为了得到适当的酸度或浓度还需添加醋酸等调味的化学添加物,因此以鼻闻有醋酸呛味,口尝试则有呛鼻、苦涩口感。
三、果浆型的诺丽果汁
果浆型的诺丽果汁即是采用果蔬汁的工艺所制造生产出来的产品,就是以制造葡萄汁的方法制作的,是属於最简单、快速的生产法。为追求利润最大化、产量最高化的前提下,这就成为被欧美国家所采用的普遍方法,尤其是具有传销色彩的产品都是属於这一类产品,作法是将诺丽果打碎、过滤后,再添加调味原料,如葡萄汁、蓝莓汁、波罗酱、香料糖精及防腐剂等。
四、调味型的诺丽酵素
这一类产品是是为了在改善口感又不失其效果的情况下所采取的方法,作法是以纯诺丽酵素添加一定比例的葡萄汁或蓝莓果汁等所制成的产品。效果的好坏。完全取决於所采用的诺丽酵素的质量优劣及配比的比例而定。当然后道灌装的生产加工的控制也会影响效果。
五、稀释型的诺丽酵素
  这一类的产品有因为获得更高利润而在灌装时添加水稀释,以增加较多产量。又有的是在灌装过程中被生产厂家灌水偷原料者。说诺丽是神奇的产品,在此更加体现出其神奇的一面,纯诺丽酵素可以常温长久存放,但是,诺丽酵素一旦掺了水,即使经过高温灭菌的处理,也经不起时间的考验,这类产品一般在三个月左右就会产生味道变馊的情况。
六、含有其他添加物的诺丽产品
  这类产品是为了迎合市场,追求速效而胡乱添加西药成分的作法。采用低廉的劣质的诺丽液,以添加西药或马卡壮阳药物等这类手段,让使用者在短时间内感受到效果而增加销售量,是属旁门左道之举,实不可取。最好的诺丽产品就是最纯的诺丽,优质的诺丽贵在其本身已经含有近百种的有效成分,对於全面性的调整人体健康方面已经足够了,没必画蛇添足,以添加其他成分来增强效果。
诺丽果是先结果再开花,而且是边成长边开花,一果实多花、长年生长的神奇植物!诺丽对生长环境适应力很强,分布范围也很广,但是生长的环境却深深影响其本质,在南纬10度-20度,东经90度至西经135度范围内的诺丽果质量最佳,而在0度以北的北半球,越往北质量越差。诺丽果被称为“超级水果”,是和它富含227种营养成分密切相关。其中包括13种维生素(A、B、C、E等),16种矿物质(钾、钠、锌、钙、铁、镁、磷、铜、硒等),8种微量元素,还包括9种人体所必需氨基酸在内的20多种氨基酸(是植物中含氨基酸种类最多的超强组合),10多种具有抗氧化作用的物质,还含有东莨菪碱等多种生物碱、多醣体、多种酵素等极具医学价值的成分,是非常强效的天然综合维他命。 

タナカ


ミャンマーにくると、誰もが必ずといってよいほど、女性や子供が頬に黄色っぽいファンデーションのようなものを塗っている姿を見かける。これは、タナカと呼ばれる、昔からミャンマー人がよく塗っている、ミャンマーの伝統的なおしゃれの一つである。タナカとは、タナカの木をすりつぶして粉にしたものであり、肌色~黄色の粉は、日差しから肌を守り、肌を白く見せてくれる。木の質によって色も異なり、黄色のものがより良質といわれている。タナカの塗り方は、丸くて平たい面を少し粗い石でタナカをすりおろして、それを顔や首、腕に塗る。ある女性はほほに四角、丸い形に限らず、様々な形を作って化粧するのも見られる。

顔に塗ってしばらくするとパリパリに乾いてくる。しかし触るとさらさらとしていて、日本のベビーパウダーのような触り心地である。
タナカの効果としては、
①皮膚の病気を治してくれる
②香りがとてもいい
③体の熱をとってくれる
④毛穴を引き締めて吹き出物を防ぐ
⑤日焼け止め
⑥オイリー肌を防ぐ
タナカは健康にも美容にもとても役立ち健康にも良いと言われている。水を浴びた後、タナカはにきび、傷なども治し、味は少し渋くて、つけるとさわやかな気分になる。その為、大体女性はお風呂に入った後、体の一部分、または全体に塗っている。ミャンマーの女性や子供に多く見られるのは一般的だが、男性が塗っていることも時々見かける。

 

文化的にはタナカを功徳式など、伝統的な儀式にも使われる。タナカ薪をお釈迦様に備える習慣があり、この伝統的なタナカ祭りが例年、2月(タバウン月)に行われている。タナカで眉とほほに小さな丸い点を塗るのも功徳式などに見られる。例年、モン州とラカイン州にてタナカをすりおろす試合が行われる。

タナカ木はタナカとは、ミカン科ゲッキツ属の木の粉でミャimages (1)
ンマー熱帯地方に自然に生える植物だが、現在、商売用に植えることが広がった。一番人気がある物はシンマタウン地方からのタナカであり、シェボタナカと他の地方からのタナカも有名である。化粧品のように小分けされて売られていますが、原料の木のまま売られてもいるものもある。それを細かく削り粉状にし水を足しペースト状にして使用する。現在スーパーやショッピングセンターなどに簡単に使用できるペースト状タイプのタナカも数多く売られている。

タナカは全てのミャンマー人が好きなので、いつもよく売れるものであり、近代の化粧品がどんなに流行っても、全てのミャンマー人に愛用されており、いつもよく売れる定番商品である。また7月にオーガニック化粧品ブランド「タウン・ギ―マウク・マイ」を製造・販売するミャンマーのフィリップ・アンド・アームストロングは、タイ国境3カ所などでの販売が好調だったことを受け、タイなど東南アジア諸国への輸出を本格化すると明らかにしている。

タナカは7月、8月に稲作作業をしていたある女性の発案だった。耐えがたい熱い太陽光線から身体を保護するために、女性は腕と顔にタナカを塗った。タナカ木の植林地は非常に少なくやせ地では育たなく、ミャンマー北部乾燥地帯に多く植えられている。時々雨が降るぐらいの環境がタナカ木には適している。タナカ木は多年草で、品質のいいタナカを作るには35年以上かかる。ミャンマーにとってこれから先も受け継がれ、思い入れの強い物である。

タカナタマメ

Canavalia cathartica
科名・属名: マメ科 ナタマメ属

特徴:つる性の多年草。
 葉は3小葉からなり、小葉は卵形~卵円形で、長さ8~15cm。質は薄く、先は短鋭尖頭。
 花は花軸の先端に対生し、花冠は紅紫色で、長さ約4cm。
 豆果は少し膨れて長さ8~12cm、幅2.3~3cm。

分布・生育地
:与論島~沖縄  林縁

花期: 3~10月?

撮影月日・場所
:2005年6月12日 沖縄県西表島
    花・実 
花
撮影記
:八重山諸島には、ハマナタマメによく似ていて藤色の花を咲かせるこの花があると知り、出かける度に探していたが、何度目かの訪島時、やっとこの花に巡り会えた。
 樹冠から垂れ下がった蔓の先に、藤色というよりやや濃い紅紫色の花が風に揺れていた。偶然出会える花も嬉しいが、その花が目的で出会えた時は感動もひとしおだ。
 一度出会うとその後は色々な場所で出会える。ハマナタマメが海岸近くで地表を這うことが多いのに対し、この花はもう少し内陸部に見られ、樹などに這い上がっている場合が多い。
 色は濃淡があり、左の写真の上から3番目のものが一般的であるが、左の一番下の写真のような濃色の花もあって非常に美しい。

虎豆

虎豆
有蔓性或矮性,蔓茎细小,具缠绕性,株高约40~60公分,叶互生,3出复叶,小叶长卵形,花腋生,蝶形花冠,小花淡白色或淡黄色,荚果长刀形,种子圆肾形,白色,近胚芽处不规则褐红色斑块或斑点,状似老虎脸部斑纹,故又称「虎豆」。
中文学名虎豆
拉丁学名Phaseolus coccineus
别    称福豆、虎仔豆、虎斑豆、花圆豆
1原产分布
原产于中南美洲,大约130年前传入日本,日本人利用广泛,1983年由日本引进台湾栽培。
2植物毒性
虎豆有慢性毒如不剥开豆荚和浸水几天的话轻则:头晕,头痛。重则:死亡。毒性如同木薯一样。
3经济用途
为食用蔬果
4栽培繁殖
花期 : 12~4月盛产
管理 : 虎豆性喜高温,生育适温20~26度
施肥 : 栽培土质以砂质土壤为佳,排水、日照需良好
繁殖 : 繁殖可用播种法 

ヒヨコマメ

ヒヨコマメ(雛豆、学名:Cicer arietinum)は、マメ科ヒヨコマメ属の自殖作物である。
名称
ガルバンソ (スペイン語: Garbanzo) 、エジプト豆などの名でも知られる。
属名 Cicer は「ひよこ豆」を指すローマ時代からのラテン語。 種小名 arietinum は「雄羊のような」の意で、豆の形をヒツジの顔面に見立てたもの。
英名 Chickpea は「ひよこみたいな豆の形」による命名であると一般に認識されており、和名の由来ともなっているが、本来は古いフランス語から来た言葉であり、さらにさかのぼれば、この語の前半は属名と同じラテン語: cicer に由来している[1]。「ひよこ豆」の名は一種の民間語源の産物であると言えよう。
歴史
中東の「肥沃な三日月地帯」を中心に栽培された。歴史上、最古の記録としてヒヨコマメが登場するのは7500年前、トルコのハジュラルにおいてである。紀元前4000年には地中海一帯に、紀元前2000年にはインドにまで伝播した。特に古代エジプトで栽培が盛んであった。古代ローマにおいてもあらゆる階級に食されるポピュラーな食物であったが、貧困層や農民の食べ物とみなされることもあった。インドではチャナーと呼ばれ、インドの食文化において古今重要な食物となっている。
形態
トルコ南東部が起源とされる。中東、北アフリカ、インドが主な栽培地。39の近縁野生種があるが、本種と交雑可能なものはC. reticulatumのみである。種子は球状であるが、吸水線付近が盛り上がっている。春から初夏にかけて、白や董色の花を咲かせ、その後毛の生えた芙をつける。芙の大きさは35mmまで達し、中に球状の種子を含む。種子は白、黒、茶色などの色を帯び、丸くふちを巻いた形をしている。その為雄牛の頭蓋骨を意味する学名を命名された。染色体数は2n=16で、ゲノムサイズは7.5×108bpである。
栽培種としてのヒヨコマメ
主として半乾燥地域で栽培されている。中南米では、スペイン人の植民後に栽培が始まった。
品種
インドでは、種皮色の違いにより2つに大別される。デーシー(ヒンディー語:देशी「田舎」「地元」の意)またはカーラー(काला、「褐色」)種はベンガル豆とも呼ばれ、表面は褐色でざらっとしており、インド亜大陸周辺およびエチオピア、メキシコ、イランで主に栽培される。
カーブリー(ヒンディー語:काबुली)種は乳白色でデーシー種よりも大粒で表面がつるっとした品種で、南ヨーロッパおよび北アフリカの地中海沿岸諸国のほか、アフガニスタン、パキスタン、チリが生産地として知られる。インド亜大陸には18世紀ごろにアフガニスタンから持ち込まれたと考えられている。インドではまた、チャナー・ダール (英: Chana daal、ヒンディー語: चना दाल) という小豆粒大の品種も栽培されている(種皮は褐色、発芽前の子葉は黄色)。
原産地はトルコ南部とみられており、栽培種の中でもデーシーの方がより野生種に近いとされる。またデーシーはカーブリーに比べて食物繊維が多くグリセミック指数が低いため、血糖値が高い人も利用しやすい。
デーシー種の表皮を取り除いて子葉を二つに割ったものを「チャナー・ダール」と呼び、インド料理ではダールなどに用いる。
一般的なものではないが、デーシー種よりも粒が大きく表皮がより黒っぽい品種がイタリアで栽培されている。

ナタマメ

ナタマメ(鉈豆、Canavalia gladiata)はマメ科の一年草。刀豆(トウズ、タチマメ、ナタマメ)、帯刀(タテハキ)とも呼ばれる。以前から漢方薬として知られており、近年では健康食品、健康茶としても一般的に知られるようになった。
歴史
熱帯アジアか熱帯アフリカ原産とされ、アジア及びアフリカで食用や薬用のため栽培される。 日本には江戸時代初頭に清から伝わった。特に薩摩では江戸時代は栽培が盛んで、『篤姫 (NHK大河ドラマ)』のワンシーンでも長旅の無事を祈る餞別として送られていた。
生態
夏に白またはピンク色の花を咲かせる。実の鞘は非常に大きく、30cm~50cmほどになる。
産地
日本国内でも栽培されるが、ラテンアメリカ、中華人民共和国からの輸入が多い。
利用
福神漬け・健康茶・民間薬・メッセージ缶(種子にレーザーで文字を彫ったもの)等。 食用としては、若いさやを食べることが多い。薬効を目的にした場合は、豆を利用することが多い。 薬効としては、血行促進や免疫力の向上などの他さまざまな効果がある。 また、昔から膿を出す妙薬と言われており、腎臓に良く、蓄膿症・歯周病や歯槽膿漏の改善・痔ろうなどにも効果がある。 他の野菜の病害虫の防止用として周囲に植えられることもある。
毒性
豆類全般にいえることだが、ナタマメにも毒がある。 とくにタカナタマメ・タチナタマメには毒が多い。食用とするのはアカナタマメ・シロナタマメといわれる品種である。 粗悪な健康茶などには注意が必要。また、メッセージ缶に用いられるものは食用に適さない品種が使われており、食べることはできない。 サポニン・青酸配糖体・有毒性アミノ酸のコンカナバリンAやカナバリン;canavanineなどの毒素が含まれている。
ナタマメを用いた食品・料理
福神漬けに用いられるほか、ナタマメの若いさやは、漬物、炒め物などで食すると美味。ナタマメ茶としても利用される。
種類
タカナタマメ(Canavalia cathartica Thouars)〈中国語〉小果刀豆
南西諸島、台湾、中国南部、インド、東南アジアに分布。
蔓性の多年草で大型。海岸近くに生育する。
タチナタマメ/ジャック・ビーン(Canavalia ensiformis (L.) DC., Jack-bean)〈中国語〉关刀豆 
立性の多年草で大型。
アカナタマメ/ソード・ビーン(Canavalia gladiata, Sword Bean)
シロナタマメ/ソード・ビーン(Canavalia gladiata (Jacq.) DC. f. alba (Makino) Ohashi, Sword Bean)
ハマナタマメ(Canavalia lineata (Thunb.) DC.)〈中国語〉肥猪豆
本州(千葉県山形県以西)/四国/九州、南西諸島/小笠原諸島に分布。
蔓性の多年草で小型。熱帯/亜熱帯の海岸近くに生育する。
ナガミハマナタマメ/ベイ・ビーン(Canavalia rosea (Sw.) DC., Bay Bean)
九州以南、亜熱帯、熱帯に分布。
汎熱帯海流散布植物(熱帯域で海流により地球一周規模の分布)。

小刀豆(学名:Canavalia cathartica;ナタマメ)为豆科刀豆属下的一个种。二年生、粗壮、草质藤本。茎、枝被稀疏的短柔毛。羽状复叶具3小叶;托叶小,胼胝体状;小托叶微小,极早落。
1形态特征
小叶纸质,卵形,长6-10厘米,宽4-9厘米,先端急尖或圆,基部宽楔形、截平或圆,两面脉上被极疏的白色短柔毛;叶柄长3-8厘米;小叶柄长5-6毫米,被绒毛。花1-3朵生于花序轴的每一节上;花梗长1-2毫米;萼近钟状,长约12毫米,被短柔毛,上唇2裂齿阔而圆,远较萼管为短,下唇3裂齿较小;花冠粉红色或近紫色,长2-2.5厘米,旗瓣圆形,长约2厘米,宽约2.5厘米,顶端凹入,近基部有2枚痂状附属体,无耳,具瓣柄,翼瓣与龙骨瓣弯曲,长约2厘米;子房被绒毛,花柱无毛。荚果长圆形,长7-9厘米,宽3.5-4.5厘米,膨胀,顶端具喙尖;种子椭圆形,长约18毫米,宽约12毫米,种皮褐黑色,硬而光滑,种脐长13-14毫米。花、果期3-10月。
2产地分布
产我国广东、海南、台湾。生于海滨或河滨,攀援于石壁或灌木上。热带亚洲广布,大洋洲及非洲的局部地区亦有。

刀豆子为豆科植物刀豆Canavalia gladiata (Jacq.) DC.的成熟种子。主产于江苏、安徽、湖北、四川等地。秋季种子成熟时采收荚果,剥取种子,晒干。生用。
刀豆属豆科,因豆荚形似刀而得名“刀豆”。又因荚形似人挟剑横斜,故又名“挟剑豆”。主要品种有蔓性、矮性两种。蔓性刀豆[C.gladiata(Jarq.)DC.],亦称“大刀豆”、“中国刀豆”、“关刀豆”、“马刀豆”、“刀鞘豆”、“刀巴豆”。染色体数2n=2x=22,24。原产热带、亚洲和非洲。豆科(Leguminosae)刀豆属的栽培亚种,一年生缠绕性草本植物。属名CanavaliaAdans.,嫩夹炒食或腌渍,干豆粒可煮食或磨粉。干豆粒富含蛋白质,约25-27%。种子入药,有活血、补肾、散瘀的功效。矮生刀豆[C.ensiformis(L.)DC.]:别名洋刀豆。染色体数2n=2x=22。原产西印度、中美洲和加勒比海地区。1500年前中国已有栽培。现在说的刀豆的多为蔓生刀豆。 

2别名
挟剑豆、刀豆子、大戈豆、大刀豆、刀鞘豆、刀凤豆、刀板仁豆、刀巴豆、马刀豆、刀培豆、卡肖
3名称来源
刀豆 (《救荒本草》),挟剑豆(《酉阳杂俎》),刀豆子(《滇南本草》),大弋豆(《本草求原》),大刀豆(《分类草药性》),关刀豆(《广西中兽医药植》),刀鞘豆(《陆川本草》),刀巴豆(《四川中药志》),马刀豆(《闽东本草》),刀培豆(《江西草药》)。
4药物来源
药材基源:为豆科植物刀豆和洋刀豆的种子。
拉丁植物动物矿物名:Canavalia gladiata(Jacq.) DC.[Dolichos gladiatus Jacq.]
采收和储藏:在播种当年8-11月分批采摘成熟果荚,剥出种子,晒干或炕干。
5形态特征
原生形态:科属为豆科植物刀豆的种子。一年生缠绕状草质藤本。茎长可达数米,无毛或稍被毛。三出复叶,叶柄长7~15cm;顶生小叶通常宽卵形或卵状长椭圆形,长8~20cm,宽5~16cm,顶端渐尖,基部宽楔形或近圆形,全缘,两面无毛,,侧生小叶基部圆形、偏斜。总状花序腋生,花疏,有短梗,常2~3朵簇生于花序轴上,萼管状钟形,稍被毛,上唇大,具2裂齿,下唇有3裂齿,卵形;花冠蝶形,淡红色或淡紫色,长3~4cm,旗瓣宽椭圆形,顶端凹入,基部具不明显的耳及宽爪,翼瓣较短,约与龙骨瓣等长,和龙骨瓣均弯曲,具向下的耳;雄蕊10枚,合生,对旗瓣的1枚基部稍离生;子房线状,具短柄,有疏长硬毛,有胚珠多枚。
荚果线形,扁而略弯曲,长10~35cm,宽3~6cm,先端弯曲或钩状,边缘有隆脊,内含种子10~14粒,呈扁卵形或扁肾形,长2~3.5cm,宽1~2cm,厚0.5~1.2cm。表面淡红色至红紫色,微皱缩,略有光泽。边缘具眉状黑色种脐,长约2cm,上有白色细纹3条。质硬,难破碎。种皮革质,内表面棕绿色而光亮;子叶2,黄白色,油润。无臭,味淡,嚼之有豆腥味。
1.刀豆 一年生缠绕草质藤本,长达3m。茎无毛。三出复叶;叶柄长7-15cm;顶生小叶宽卵形,长8-20cm,宽5-16cm,先端渐尖或急尖,基部阔楔形,侧生小叶偏斜,基部圆形;具短柄;托叶细小。总状花序腋生,花疏,有短梗;苞片卵形,早落;花萼钟状,萼管长约1.5cm,二唇形,上萼2裂片大而长,下唇3裂片小而不明显;花冠蝶形,淡红色或淡紫色,长3-4cm,旗瓣圆形,翼瓣较短,约与龙骨瓣等长,龙骨瓣弯曲;雄蕊10,连合为单体,对着旗瓣的1枚基部稍离生,花药同型;子房具短柄,被毛。荚果大而扁,长10-30cm,直径3-5cm,被伏生短细毛,边缘有隆脊,先端弯曲成钩状;种子10-14 颗,长约3.5cm,宽约2cm,厚达1.5cm,种皮粉红色或红色,种脐约占种子全长的3/4,扁平而光滑,花期6-7月。果期8-10月。
2.2. 洋刀豆 直立或半直立草本或亚灌木,高60-100cm。植株初时被白毛、短伏毛,渐变无毛。三出复叶;小叶斜卵状长圆形或椭圆形,长8-19cm,宽 7-9cm,先端急尖或渐尖,并有细尖头。基部楔形或圆楔形,侧生小叶偏斜。总状花序长25-38cm,近基部开始有花;花序轴有密集、肉质、隆起的节;小苞片着生于萼基部,鳞片状;花冠紫色,蝶形,长25mm,子房近无柄,被白色短柔毛,花往无毛。荚果长20-35cm,宽2.5-4cm,果瓣厚革质;种子10-14颗,椭圆形,略扁,长达3cm,宽约2cm,种皮白色,种脐约为种子的1/2。花期6月,果期8月。
药用形态:干燥种子呈扁卵形或扁肾形,长约2~3.5厘米,宽约1~2厘米,厚约0.5~1.2厘米。表面淡红色或红紫色,少数类白色或乌黑色,略有光泽,微皱缩不平。边缘具灰黑色种脐,长约1.5~2.5厘米,其上有类白色膜片状的珠柄残余,靠近种脐的一端,有珠孔呈小凹点状,他端有一深色的合点,合点与种脐间有隆起的种脊。质坚硬,难破开。种皮革质,内表面棕绿色,光泽。 内有2片肥厚的子叶,黄白色,胚根细小,位于珠孔的一端,歪向一侧。 气无,味淡,嚼之具有豆类特有之气味。 以个大、饱满、色鲜艳、干燥者为佳。
花期6~9月,果期8~11月。栽培于气候温暖地带。刀豆的根(刀豆根)、果壳(刀豆壳)亦可供药用。
6生境分布
原产东半球热带地区。在我国分布于江苏、安徽、浙江、江西、台湾、湖北、湖南、广东、广西、陕西、四川等省区。我国长江以南各省间有栽培,以华中、华南为多。
主产于江苏南京、苏州、南通,湖北孝感、恩施、宜昌,安徽肥东、肥西、六安。浙江、四川、广西等亦产。
7栽培
生物学特性 喜温暖,不耐寒霜。对土壤要求不严,但以排水良好而疏松的砂壤土栽培为好。
栽培技术 用种子繁殖。于4月上旬清明前后播种,由于种皮坚硬,吸水慢,要先用水浸泡一昼夜后再播。南方用高垄,北方用平畦。行穴距0.8×0.5m,每穴播2-3粒,施猪粪水后,盖火灰及细土约厚4cm。不能使用人粪,因易烂种烂根。
田间管理 苗高5-6cm时匀苗,补苗,每窝留壮苗2株,并进行中耕除草,追肥一次。在5月下旬,设支柱引藤上架,再除草、追肥一次,肥料都以猪粪水为主。开花前不宜多浇水,中耕保墒以防落花落果;座荚后视土壤湿度情况浇水。
病虫害防治 虫害有斑螫,咬食花果,可在早晨露水未干不能飞动时,带手套捕捉,用开水烫死,晒干供药用。
盛夏开始采收,直至降霜。选基部结荚早并具品种性状的健康植株留种。成熟后摘荚干燥,剥取种子贮藏。

1.刀豆种子含蛋白质28.75%.淀粉37.2%,可溶性糖7.50%,类脂物1.36%,纤维6.10%及灰分1.90%。还含有刀豆氨酸(canavanine;カナバニン),刀豆四胺(canavalmine;カナバルミン),γ-胍氧基丙胺(γ-guanidinooxyproprlamine),氨丙基刀豆四胺(aminopropylcanavalmine)和氨丁基刀豆四胺 (aminobutylcanavalmine)。种子中还含刀豆球蛋白A(concanavaline A)和凝集素(agglutinin)。 叶中也有刀豆氨酸。种子含刀豆球朊约20%、刀豆胍氨酸及尿酶;未成熟种子含赤霉素A21即刀豆赤霉素和赤霉素 A22,即刀豆赤霉素Ⅰ和刀豆赤霉素Ⅱ。
2.洋刀豆种子含淀粉50%、蛋白质31.00%-31.54%,脂质3.48%-4.14%,纤维8.44%-9.24%,灰分2.85%-3.04%,总糖2.48%-2.75%及还原糖0.26%-0.40%。种子脱脂后经分析含油酸(oleic acid),亚油酸(linoleic acid),亚麻酸(linolenic acid)等脂肪酸,而不皂化部含羽扇豆醇(lupeol),豆甾醇(stigmasterol)和β-谷甾醇(β-sitosterol)。种子还含皂甙,即羽扇豆醇-3-O-β-D吡喃木精基(l→4)-O-β-D-吡喃葡萄糖甙[lupeol-3-O-β-D-xylopyranosyl(1→4)-O-β-D-glucopyranoside],刀豆球蛋白(concanavaline)B,L-刀豆氨酸及刀豆毒素 (canatoxin;カナトキシン)。叶中含会香甙(rutin)和槲皮甙(quercitrin)。 

紅大豆

Red Soybean
紅大豆
■ 

紅大豆について

紅大豆とは、赤茶色の種皮が特徴の大豆です。山形県は置賜地方の川西町で細々と作られていましたが、平成14年に山形県の豆料理コンテストに出品されたことで有志の目に止まり、在来種を絶やしてはいけないという思いで平成15年から本格的な作付が始まりました。山形県の県花である紅花(べにばな)を引っ掛けて「紅大豆」と名付けられ、川西町の登録商標となりました。 

レンズマメ

最近 豆類に興味を持っている。
イスラエルで食べたことがある レンズマメ
中国語でどういうのか 調べてみた。

レンズマメ
(引用)
『中文名:兵豆
Name:Lens culinaris Medic.
别名;:滨豆、洋扁豆、鸡眼豆
科:豆科
Family:Leguminosae
属:兵豆属
introduce:一年生或越年生草本。有明显主根,不同品种的根系深浅不等,变幅在15―35cm范围内,根瘤长柱形。茎直立,高30―75cm,有分枝,疏被短柔毛。羽状复叶,顶端小叶变为卷须或呈刚毛状,小叶4―7对,倒卵状披针形、倒卵形或倒卵状矩圆形,长6―20mm,宽2―5mm,先端圆形或微缺,基部宽楔形,两面均被白色长柔毛,总状花序,腋生,有花1―2朵,花梗细,长约3―4cm,花小,长4―9mm,蝶形花冠,白色、淡紫色或粉红 色。白花受粉,晴朗天气上午9―10时开花,每朵花持续开放2―3天。荚果矩圆形,长1―2cm,两侧扁,顶部尖,无毛,成熟时呈黄褐色,每荚含种子1―2粒。种子扁圆形,中部厚,色浅棕或黄绿,带紫和黑色斑纹或斑点(图68)。细胞染色体数:2n=14。
分布量 世界:6種;中国:1種』

レンズマメLens culinaris ウィキペディアによると
(引用)
『マメ科ヒラマメ属の一年草、およびその種子。和名は、ヒラマメ(扁豆)。
西アジア原産で、コムギやオオムギ、エンドウなどと同時に栽培化されたと考えられる。
種子は丸くて扁平な形で、直径 4-9 mm。光学製品のレンズの名は、初期の凸レンズの形がこの豆の形に似ていたことから付けられたものである。カレーやスープ、煮込み料理などインド料理やイタリア料理、フランス料理では定番食材のひとつ。
旧約聖書創世記にも登場し、エサウはレンズ豆の煮物を食べさせてもらう代わりに弟ヤコブにその長子権を譲ったとされる。
2006年3月27日、アメリカの健康専門月刊誌「ヘルス(World's Healthiest Foods: Lentils (India))」による世界の 5 大健康食品が発表され、スペインのオリーブ油をはじめ、日本の大豆、、ギリシャのヨーグルト、インドのレンズ豆、韓国のキムチの 5 品目が選出された。訳出:この「スーパー食品」はタンパク質とコレステロールを減らす溶性繊維を含み、その他のマメ類の約 2 倍の鉄分を含んでいる。そしてレンズ豆にはほとんどのビタミンB 群と葉酸が多く、とりわけ適産期を迎えた女性にとって大事なのは、葉酸が流産のリスクを減らすという理由である。また、米国農務省の研究によれば、ベルガ黒レンズ豆の中の色素には抗酸化作用があり、心臓病・ガン・一般的な老化現象への抵抗を手助けする。エンピツにくっついた消しゴムほどのサイズであるが、さほど見た目は悪くない。』

rensemame01


そういえば 市場で みかける 平たい豆のことだろうか?
レンズマメの料理・・・

rensemame02


中国でも食べたことがありそうな料理である。

『日本での生産は行われておらず、流通しているレンズまめは、米国等からの輸入品です。
世界の生産量は300万トン程度で、主な生産国は、インド、トルコ、カナダの順です。』

雁屋哲の レンズマメのサラダ

モヤシ

モヤシ(もやし、糵、萌やし)とは、主に穀類、豆類の種子を人為的に発芽させた新芽である。
豆類のモヤシを特に豆もやし(ビーンズスプラウト、ビーンスプラウト、Bean sprout)という。豆もやしは、豆自体または、発芽した芽と茎を食用とする。
呼称は「萌やす」(発芽させる意)の連用形であり、本来は穀類の新芽作物一般を指す語である。しかし、近世に緑豆モヤシが大いに普及したため、単にモヤシと言った場合、緑豆モヤシを指すことが多い。ワラビ、タケノコ、カイワレ大根、ブロッコリーなどの新芽作物もモヤシの一種ということになる。これらのいわゆる新芽作物(スプラウト、英: Sprout)一般についても本項目で解説する。
種類
豆もやし
ブラックマッペ(ケツルアズキ)は、戦後にタイ、ミャンマーからの輸入が始まり、中華料理の普及と共に1965年(昭和40年)頃から消費量が増加した。以後、1985年(昭和60年)頃になるとスーパーマーケットに定着し、ラーメンや鉄板焼き(ジンギスカン鍋)の需要から人気は急激に高まった。手軽に購入でき多様に調理が出来るブラックマッペもやしの普及にしたがい、生産コストの高い大豆もやしは衰退した。現在の「豆もやし」の代表「緑豆もやし」は食味と食感が好まれて、1990年以降、急激に普及した[1]。
関東では緑豆・大豆を使った、色が白く太めでシャキシャキ感のあるものが好まれる。関西ではブラックマッペを原料とし、どちらかといえば細くて長く、もやし特有の風味があるものが好まれるようである。 青森県には大鰐温泉もやしという長さ30cm程度の大豆もやしが存在する。
中華料理での炒め物に多用されるが、これらで使われるのは大豆による「大豆もやし」が一般的である。沖縄ではマーミナーと呼ばれ、チャンプルー(炒め物)によく使われる。また「浜松餃子」は、茹でたもやしが添えられているのが特徴である。
緑豆もやしは店頭に並べられてから傷みが早く、水分が出てくるので2〜3日以内に消費することが望ましい。手間と時間がかかるが、根と豆部分を取り除くと食感が良くなり、雑味がなくなるなど大きな差が出る。 そのほか、ムラサキウマゴヤシ(アルファルファ)のもやし(糸もやし)やソバのもやし(そばもやし)もあり、サラダなどに使われている。
中国ではエンドウをモヤシにした豆苗が栽培されており、欧米ではフェヌグリークやアルファルファなどの豆類ももやしとして栽培されている。
新芽野菜としてのもやし
豆苗、カイワレ大根、ブロッコリー、赤キャベツも発芽した状態と考えれば、もやしの一種である。このような新芽野菜はスプラウトとも呼ばれる。
豆もやしの栽培
原料の豆の種類はブラックマッペ、緑豆、大豆の三種がある。豆を流水で10分ほど洗い、豆の量の3倍の水に一晩漬けておき、湯に15分ほど浸漬し真菌などを殺菌し、通気性のよい薄暗い部屋(軟白栽培)で水を取り替えながら置くと7日~10日程度で発芽する。モヤシの根を太く育成するために、しばしば雰囲気中にエチレンを添加するための工夫がされている[2]。 成長が早いうえ、通年で栽培できるため安価な値段で取引される。
第二次大戦中、光のない環境で容易に栽培でき、ビタミンが豊富なことから潜水艦内でも栽培された。
安全性
豆もやしは日光による殺菌作用のない暗所で栽培されるという性質上、大腸菌をはじめとする細菌が増殖しやすい食品であり、消費者が購入する時点で平均して1gあたり100万~1000万の細菌があるといわれている。サルモネラ、カンピロバクターなどの食中毒菌についても栽培前に種子の殺菌が行われるのが常であるものの、何らかの理由でひとたび種子に食中毒菌が付着していた場合、増殖しやすい食品であるといえる。2010年にはイギリスで発生したサルモネラ食中毒事件を受けて、英国食品基準庁が豆もやしを完全に加熱して調理するよう勧告を出している[1]。 

ライ豆

ライマメ(英: Lima bean、学名:Phaseolus lunatus)は、マメ科インゲンマメ属の植物。アオイマメ、リママメ、リマビーンともいう。名称は本種がペルーのリマから海外に輸出されていたことにちなむ。
原産は熱帯アメリカだが、中央アメリカ(メキシコ、グアテマラ)で栽培され発達したシエヴァタイプ(Sieva)と呼ばれる小粒の品種群と、南アメリカ(ペルー)で栽培され発達したリマタイプ(Lima)と呼ばれる大粒の品種群とに分けられる。
種子は食用となるが、ファセオルナチン(リナマリン)という青酸配糖体を含むため、調理にあたってはよく茹でこぼす必要がある。若どりした柔らかな種子も食用とされる[1]。主にアメリカ合衆国南部、ラテンアメリカ、南ヨーロッパで食用とされる。
山形県には蔓性の品種が栽培されている[1]。

棉豆
豆科、菜豆属植物,原产热带美洲,现广植于热带及温带地区。中国云南、广东、海南、广西、湖南、福建、江西、山东、河北等有栽培。
棉豆,为豆科菜豆属下的一个种,别名黄帝豆、小莱豆、观音豆、白扁豆、雪豆、皇帝豆、大粒莱豆、大莱豆、白扁豆、雪豆、细绵豆、荷包豆、金甲豆、五色豆、棉豆、帛豆、香豆、莱豆。原产于中南美洲。
2形态特征
一年生或多年生缠绕草本。茎无毛或被微柔毛。羽状复叶具3小叶;托叶三角形,长2-3.5毫米,基着;小叶卵形,长5-12厘米,宽3-9厘米,先端渐尖或急尖,基部圆形或阔楔形,沿脉上被疏柔毛或无毛,侧生小叶常偏斜。总状花序腋生,长8-20厘米;花梗长5-8毫米;小苞片较花萼短,椭圆形,有3条粗脉,干时隆起;花萼钟状,长2-3毫米,外被短柔毛;花冠白色、淡黄或淡红色,旗瓣圆形或扁长圆形,长7-10毫米,宽5-8.5毫米,先端微缺,翼瓣倒卵形,龙骨瓣先端旋卷1-2圈;子房被短柔毛,柱头偏斜。荚果镰状长圆形,长5-10厘米,宽1.5-2.5厘米,扁平,顶端有喙,内有种子2-4颗;种子近菱形或肾形,长12-13毫米,宽8.5-9.5毫米,白色、紫色或其他颜色,种脐白色,凸起。花期春夏间。
3分布及生境
我国云南、广东、海南、广西、湖南、福建、江西、山东、河北等有栽培。原产热带美洲,现广植于热带及温带地区。
成熟的种子供蔬食;荚不堪食。有的品种的种子含氢氰酸,食前应先用水煮沸,然后换清水浸过。干豆含水分12.6%,蛋白质20.7%,脂肪1.3%,碳水化合物57.3%,纤维4.3%,灰分3.8%。 

棉豆(广州常见经济植物)金甲豆(中国主要植物图说·豆科),香豆(松村植物名录),大白芸豆(云南),雪豆 Phaseolus lunatus Linn. Sp. Pl. 724. 1753;中国主要植物图说·豆科714. 图693. 1955;海南植物志2: 323. 1965; Pruseglove, Trop. Crops 1: 296. f. 45. 1968; Verdc. in Gillett et al. Fl. Trop. E. Afr. Legum. Pap. (2):615. f. 95. 1971. 

ブラックアイビーンズ


ブラックアイビーンズ
〈中国語〉黑眼豆
ササゲの仲間 

1简介
名称 : 米豆
别称 : 黑眼豆、牛眼豆、梅豆、牛豆
学名 : Vigna umbellata
分布 : 原产地於中国、印度,以及东南亚各国
分类 : 蝶形花科植物豇豆的种子
品种 : 有大脐种、小脐种
型态 : 株高约40~90公分,3出复叶,小叶广卵形,偶有3裂,先端尖,花腋生,总状花序,小花黄色,果荚细长,镰刀形,种子肾形。
用途 : 为食用蔬菜
花期 : 1~4月
管理 : 性喜温暖,生育适温15~25度
施肥 : 栽培土质以富含有机质之土壤或砂质土壤最佳,排水、日照需良好。
繁殖 : 播种法繁殖
热量 :358卡/100克
性味 :味甘,性平
营养成分 :蛋白质、膳食纤维、维生素A、B1、B2、C、E、叶酸、钙、铁、镁、锰、磷、钾、硒等。
2功效
中医认为米豆可以补五脏、缓肠胃、调中、助十二经脉。医学研究指出,其所含的木质素,可抑制癌症肿瘤生长,尤其对乳癌及生殖系统等癌症有很大帮助。
米豆脂肪含量少,且其含的维生素A与钾,还可预防贫血、润肤、保护眼睛、巩固牙齿及骨骼,对于抗氧化、抗老化的效果很好;还能维持血压正常,增进神经传达功能。素食者可将其与谷类一起烹煮,经由"互补作用',可提升蛋白质的利用率。此外,其所含的叶酸更是正直生育年龄的妇女不可或缺的营养素之一。
3食谱举例
抗癌米豆粥
材料:山药1根,红豆、米豆、绿豆各50克,白芝麻少许。
做法:
1.红豆、米豆、绿豆泡水8小时,山药洗净去皮切块备用。
2.锅内加入适量的水,再放进红豆、米豆、绿豆煮1小时。
3.接着加入白芝麻煮半小时,最后放入山药,再煮半小时既可熄火。
PS:豆类食品可以减少胆固醇,降低癌症罹患率,但易胀气的人不宜常吃。
4剥皮技巧
1.先将米豆泡水一小时左右,让米豆发胀,使豆皮和豆仁产生空隙。
2.在这种道理不只可以应用在人生大道,也可以应用在生活小节上。豆子最脆弱的地方就是豆眼,所以我们先击破米豆最弱的地方。把泡过水的米豆用大拇指指甲戳一下豆眼并顺势扒开,豆眼破了,豆皮就无法发挥保护豆仁的效果。
3.把全部米豆按照步骤2处理过。
4.然后,把所有处理过的米豆放进锅子,用双手合掌的方式用力搓洗水中的米豆。
5.搓洗过的米豆,大部份已呈“皮仁分离”。
6.由于豆皮比豆仁轻,按照物理作用,把锅中的水倒出,豆皮也会跟着水流流出,反复几次注水和倒出,直至大部份豆皮都流出。
7.如果还有小部份弄不干净就作局部搓洗,注入清水边摇晃锅子边倒水(按照物理定律,在摇晃间,重的会往下,轻的会往上),豆皮就会跟着水跑出。
8.豆皮和豆仁一下子就完全分开,这应该是庄子所言的“謋然已解,如土委地”。
9.一大碗的清洁溜溜的米豆仁一下子就弄好了。
10.只花约二十分钟左右,一大碗的米豆仁,就打成两盒米豆泥冰角,顺顺有口福了。 

アズキ

アズキの種類
(転載)
1小豆にはどのよう な種類がありますか。

 流通している北海道産小豆は普通小豆、大納言、白小豆の3つの種類があります。
 北海道では、品種ごとにどの種類に属するのか決まっています。普通小豆と大納言はいずれも赤い小豆ですが、大納言に分類されているのは普通小豆に比べて大粒の品種です。白小豆は粒の色が黄白色のもので、流通量はきわめて限られています。
 この他に、普通小豆を篩って大粒のものだけを集め、“大粒小豆”という名称で販売されることがあります。
 本州には、丹波大納言、丹波白小豆、備中白小豆など、地域特産となっているものがあります。
 

2大納言小豆の規格とはどのようなものですか。

 まず、大納言小豆に属する品種が決まっています。それ以外の品種が、以下の基準を満たしたからといって、大納言小豆として流通することは原則としてありません。
 その上で、北海道の大納言小豆の流通規格は、原則として粒度5.5mm以上(1.8分篩上)です。
 さらに、ホクレン等の流通業者では、1.9分篩上が何%といった、より厳しい規格を設けているのが普通です。それ以下の粒度の子実については、大納言小豆とは別に(普通小豆よりも)廉価で流通されます。
 普通小豆に属する品種でも、年次・産地により大納言規格を満たす場合があります。しかし、最初に述べたように、この場合でも大納言小豆として出荷されることはありません。
(ただし一部は「大粒小豆」として出荷される場合があります)。
 

3小豆や菜豆の等級の基準や価格差、等級ごとの出荷量は。

 等級は、農産物検査法に基づく農産物検査規格のうち「規格その2」の分類です。主に整粒率による分類です。
 小豆・菜豆では、整粒率の最低限度は1等が90%、2等が85%、3等が65%、それ未満は規格外となります。但し、整粒率が基準を満たしていても、粒の色や張り等の“形質”といわれる見栄えが不十分だと等級が下がります。
 価格は、1等を基準(建値)として、豆の種類ごとに協定歩引きが決められており、等級が下がるごとに建値からその分差し引かれた値段となります。
 但し、小豆や菜豆では、法律上検査が義務づけられておらず、実際の流通上ではいずれの出荷元も自主検査で2等に調整して出荷しており、1等や3等はほとんど出回りません。等級とは別に、出荷業者独自にどこまで厳しく調製したかによって、販売銘柄を設定して価格を独自に設定し、出荷しているものもあります。
 

4

小豆や菜豆は品種ごとで市場に流通していますか。

 小袋売りの場合は、“小豆”、“大納言”、“金時(または大正金時)”、“うずら豆”、というような種類ごとで袋詰めされて売られており、 普通は品種名までは記載されていません。
 加工メーカーに出荷する場合は、北海道から出荷する時は、品種を混合して出荷することはほとんどありません。ただし仲買の段階で調整されたり、廉価な小豆原料の場合は複数品種を混合することもあり得ます。
 いずれにしろ、取引している流通業者に依頼すれば、単一品種の原料は比較的容易に入手できるはずです。
 

5小豆にはどのような品種がありますか。
表1 北海道の品種別栽培面積(H15)
種類品種名作付面積
(ha)
普通小豆エリモショウズ17,033ha
きたのおとめ6,865ha
しゅまり2,953ha
サホロショウズ830ha
その他695ha
大納言アカネダイナゴン1,184ha
ほくと大納言305ha
とよみ大納言677ha
その他44ha
白小豆ホッカイシロショウズ24ha
表2 府県の品種
府県名種類品種名
青森大納言大納言
岩手普通小豆紅南部
大納言ベニダイナゴン
岩手大納言
山形大納言ベニダイナゴン
福島普通小豆赤小豆
大納言大納言
長野普通小豆中納言
新潟普通小豆ときあかり
大納言ベニダイナゴン
京都大納言京都大納言

 北海道の小豆では、普通小豆、大納言小豆、白小豆の種類別に以下のような優良品種があります。
ここの品種の特性については、品種特性一覧をご覧ください。

普通小豆   エリモショウズ、きたのおとめ、
         しゅまり、サホロショウズ
大納言小豆 アカネダイナゴン、ほくと大納言、とよみ大納言
白小豆     ホッカイシロショウズ、きたほたる

 平成15年におけるこれら品種の作付面積は、表1のとおりです。
 



 本州以南では、在来種の栽培が主体となっている府県が大半ですが、いくつかの府県で独自の品種を 優良品種等に認定
しています。
 それらについては、 表2のとおりです。

 






 品種ではありませんが、小豆には様々な色の種類があります。小豆の色で通常思い浮かべるのは、赤・赤紫・赤茶といった色だと思いますが、上で紹介した黄白色の白小豆が流通しています。この他に単一色として、黒・緑・黄・灰・褐があります。また、複色のものとしては、赤・緑・灰の地色に黒の小さい斑紋が種子全体に入ったもの、黄白色の地色の一部に赤や黒の部分斑紋が入ったもの、さらにその赤の部分に黒の小さい斑紋が入ったものがあります。

 

6金時にはどのような品種がありますか。
 

表 北海道の品種別栽培面積(H15)

種類品種名作付面積
(ha)
赤系金時大正金時4,091ha
北海金時361ha
福勝3,269ha
福良金時50ha
白金時福白金時163ha

 

 

 


 

 現在北海道の優良品種として主に栽培されている金時は次の5品種です。品種の特性については、品種特性一覧をご覧ください。

赤系金時   大正金時、北海金時、福勝、福良金時
白金時    福白金時 


 平成15年におけるこれら品種の作付面積は、表のとおりです。
 

さまざまな種皮色・模様の菜豆類

 福良金時は新しい品種のため、まだ作付面積があまりありません。これら以外にも昭和金時、丹頂金時、十勝白金時など過去に育成された品種がありますが、現在はほとんど栽培されていません。

 いんげんまめには多くの種類があり、さまざまな色や形をした豆が世界各地で栽培されています。
 金時はその中の1種類で、主に煮豆や甘納豆として食べられています。

 


 

7手亡にはどのような品種がありますか。
 

表 北海道の品種別栽培面積(H15)


品種名作付面積
(ha)
手亡姫手亡705ha
雪手亡1,597ha
十育A56号-h  a

 

 

 

 
 

 現在北海道の優良品種として主に栽培されている手亡は、次の3品種です。品種の特性については、品種特性一覧をご覧ください。

   姫手亡、雪手亡、十育A56号 

 平成15年におけるこれら品種の作付面積は、表のとおりです。

 十育A56号は新しい品種(平成16年育成)のため、まだ品種名が決まっておらず、作付け面積もまだほとんどありません。
 これら以外にも大手亡、銀手亡など過去に育成された品種がありますが、現在の栽培面積は小さくなっています。

 手亡(てぼう)は、あまりなじみのない豆かもしれませんが、白あんの原料として使われています。
 

8"新豆"とはどのような豆に使われる言葉ですか。

 小豆、菜豆に対し”新豆”の呼称は用います。但し、定義については、農業試験場の守備範囲外ですので、いくつかの流通業者に問い合わせてみたところ、次のように使われているようです。
 定義は明確に定まっていません。流通業者や加工メーカーの間で、流通上の呼称として用いる場合は、秋に収穫された豆について、翌年の生産物が出回るまでの1年間、”古品”に対する呼び方として用いるということです。たとえば、平成13年産の豆は、平成13年に収穫されてから、平成14年産が収穫されるまでの1年間、”新豆”と呼ばれて取引されます。これに対し、平成12年産以前の豆は”古品”と呼ばれます。なお、”新豆”と”新物”は同じ意味で使われます。
 一方、菓子メーカーや菓子屋さんでは、一般的に秋に収穫して間もない豆、いわゆる”新米”のような意味合いで、”新豆使用の和菓子”といった使い方をしますが、この場合は、おおよそ年内いっぱいだろうということです。
 

9豆類にはどのようなものがありますか。

 豆類の種類としては、日本で主に食べられているものでは、小豆、菜豆(インゲンマメ)、大豆、エンドウ、ささげ、落花生、ソラマメ、リョクトウ、ケツルアズキがあります。
それぞれの用途は下記のようなものです。

小豆餡、和菓子、甘納豆、赤飯等に用います。北海道が主産地で全国の製餡業者やお菓子屋さんに出荷されます。
菜豆乾燥した豆を餡、和菓子、甘納豆などに用いる品種と、未熟の青さやを莢インゲンとして食べる品種があり、十勝で広く作られるのは前者で、金時や手亡、うずらなどの種類があります。小豆と同様、北海道が主産地で全国の 煮豆業者、製餡業者やお菓子屋さんに出荷されます。
花豆菜豆と似た大粒の豆で、独特の風味があります。白い豆の白花豆と、紫の地色に黒い斑紋の入った紫花豆があり、乾燥した豆を甘納豆、煮豆、餡などに用います。北海道が主産地で、全国の煮豆業者や 甘納豆業者等に出荷されます。
大豆豆腐、納豆、油揚げ、豆乳、味噌、醤油の原料となります。全国で栽培されており、出荷先や加工先も全国にあります。なお、食用油の原料としても用いられますが、食用油用には輸入されたものが使用されます。
エンドウ乾燥した豆をうぐいす餡や甘納豆、みつ豆等に用いる乾燥子実用品種と、未熟の豆をさやからむいて豆ご飯等に用いる未熟子実用品種、さやえんどう用の品種があります。乾燥豆は今ではほとんどが輸入されています。
ささげ関東や東北地方で赤飯用として赤色のササゲが栽培される他は、あまり栽培・使用されていません。
落花生ピーナッツです。千葉県等で栽培がありますが、今では輸入品が主です。
ソラマメ未熟豆を野菜用として栽培される以外は、ほとんどが輸入品です。
リョクトウもやしや春雨の原料として輸入され、国内での栽培はほとんどありません。
ケツルアズキもやしの原料として輸入され、国内での栽培はありません。
これらの他に、ライマメ、ヒヨコマメ、レンズマメ、キマメ等が食用として利用されています。
 
 

インゲンマメ

インゲンマメを kidney beans という。

形が似ていたからのようですね。英語には16世紀半ば以降
入ってきたとか。kidney自体、元々は、古英語で子宮卵の意
味だったらしいです。
キッドニービーンズ
File:Kidney beans.jpg 
グリーンビーン

Green common beans on the plant

Cooked, cut green beans

Green bean
From Wikipedia, the free encyclopedia (Redirected from Green beans)
"French bean" redirects here. For the Rowan Atkinson film, see Mr. Bean's Holiday.
For the green bean commonly used in east and southeast Asian cuisine, see mung bean.
Whole green beans in a carton
Green beans, also known as string bean, snap bean in the northeastern and western United States, or ejotes in Mexico, are the unripe fruit of various cultivars of the common bean (Phaseolus vulgaris).[1][2] Green bean cultivars have been selected especially for the fleshiness, flavor, or sweetness of their pods.

Haricots verts, French for "green beans", also known as French beans, French green beans, French filet beans, Fine beans (British English), is a variety of green bean that is longer, thinner, crisp, and tender.[citation needed] It is different from the haricot bean, which is a dry bean.
Green beans are of nearly universal distribution. They are marketed canned, frozen, and fresh. Green beans are often steamed, boiled, stir-fried, or baked in casseroles. A dish with green beans popular throughout the United States, particularly at Thanksgiving, is green bean casserole, which consists of green beans, cream of mushroom soup, and French fried onions.[3]
Some restaurants in the USA serve green beans that are battered and fried, and Japanese restaurants in the United States frequently serve green bean tempura. Green beans are also sold dried and fried with vegetables such as carrots, corn, and peas.
Beans contain high concentrations of lectins and may be harmful if consumed in excess in uncooked or improperly cooked form.
The flavonol miquelianin (Quercetin 3-O-glucuronide) can be found in green beans.
Cultivation
Green beans are found in two major groups, bush beans and pole beans.[5]
Bush beans are short plants, growing to approximately two feet in height, without requiring supports. They generally reach maturity and produce all of their fruit in a relatively short period of time, then cease to produce. Gardeners may grow more than one crop of bush beans in a season.
Pole beans have a climbing habit and produce a twisting vine. Runner beans have a similar habit but are a different species of bean.
Varieties
Over 130 varieties of green bean are known.[6] Varieties specialized for use as green beans, selected for the succulence and flavor of their pods, are the ones usually grown in the home vegetable garden, and many varieties exist. Pod color can be green, purple, red, or streaked. Shapes range from thin "fillet" types to wide "romano" types and more common types in between.
The first "stringless" bean was bred in 1894 by Calvin Keeney, called the "father of the stringless bean", while working in Le Roy, New York.
The following varieties are among the most common and widely grown in the USA. Closely related varieties are listed on the same line.
Bush types
Bountiful, 50 days (green, heirloom)
Burpee's Stringless Green Pod, 50 days (green, heirloom)[7]
Contender, 50 days (green)
Topcrop, 51 days (green), 1950 AAS winner
Red Swan, 55 days (red)
Blue Lake 274, 58 days (green)
Maxibel, 59 days (green fillet)
Roma II, 59 days (green romano)
Improved Commodore / Bush Kentucky Wonder, 60 days (green), 1945 AAS winner
Dragon's Tongue, 60 days (streaked)
Jade / Jade II, 65 days (green)
Pole types[edit]
Blue Lake, 60 days (green)
Fortex, 60 days (green fillet)
Kentucky Blue, 63 days (green), 1991 AAS winner
Old Homestead / Kentucky Wonder, 65 days (green, heirloom)
Rattlesnake, 72 days (streaked, heirloom)
Purple King, 75 days (purple) 

白凤豆

白凤豆产于缅甸,豆类的一种,被广泛用于食物加工行业。
白凤豆与癌症
许多民众因为媒体报导,而一窝蜂地抢购、服用,使得白凤豆的产地价格迅速飙涨,而许多相关产品也应运而生,如白凤豆月饼等。不过许多人还是好奇,白凤豆是不是真的有什么能够抗癌的特殊成分呢?以白凤豆抗癌,恐缘木求鱼其实白凤豆能抗癌的说法,主要是因为有研究者指出白凤豆含有一种称之为「亲醣蛋白质」的成分,这种成分可以增强免疫力,刺激自然杀手细胞增长2-3倍,达到抑制癌细胞的生长。不过,这种说法是否正确呢?事实上,「亲醣蛋白质」虽然确实有提高免疫力的效果,但是绝不等于可以消灭癌细胞、治疗癌症,因为就医学上而言,即使把自然杀手细胞大幅增量到10的10次方(即一百亿倍),也只能对肾细胞癌、黑色素瘤有2到3成的疗效。所以,希望藉由白凤豆来抗癌或治癌,实在是缘木求鱼。
所谓白凤豆有提高免疫力的效果,其实也并不稀奇,因为就豆类而言,就有实验显示黄豆或黄豆制品也具有提高免疫力的效果,除豆类之外,还有很多食物都有同样的效果,而且可能更好,例如米糠甚至可以提高自然杀手细胞至5倍。其实,揭去白凤豆「能抗癌」的神秘外衣,它只不过是豆类的一种。它所含的营养成分,一般豆类也都有。至于它的「亲醣蛋白质」成分,则是一种植物性大分子蛋白,原本就是植物种子的基本特性,并非白凤豆才独有。
不可讳言地,豆类家族是营养丰富的食品,所有的豆类几乎都含有丰富的植物性蛋白质,对于素食者来说,是非常好的蛋白质来源。许多医师与营养师也都会建议病人多吃豆类食物,不过,这是针对豆类营养丰富而所做的饮食建议,绝不是将它当作治疗疾病的药物,因为食品就是食品,绝不要把它当作具有疗效的神丹妙药。白凤豆能抗癌的说法,就目前来说其实并没有经过整体而大规模的实验,对于其使用剂量、毒性或效果,也都没有深入的评估。

バター豆は ビルマ豆とも言われる。

ビルマ豆について
ビルマ豆はインゲン豆の仲間で北海道の在来種の一つです。ビルマから伝わったことからこの名が付いたとも言われていますが定かではありません。模様がうずら豆に似ていて、うずら豆を小ぶりにした感じの豆です。
その昔、小豆が不作だった時に小豆の代用として餡の材料に使われていたそうです。白米と一緒に炊き上げる豆ごはんもあり、地元遠軽町の郷土料理となっています。種皮の色落ちが少ないので、いろいろな料理のアクセントにもお使いください。 (ビルマ豆は インゲンマメの仲間 という表現は紛らわしい。確かにインゲンマメ属であるが、ライ豆の仲間と言ったほうが正確である。)
 

マメの分類

ビルマ豆

ビルマ豆

週刊文春 9月12日号に「危ない中国産を見破る方法」という特集記事が掲載されていました。

この一連のシリーズで今回は和菓子や餡についても取り上げられていたので、興味を持って読んでみました。

しかしながら読んでみるとあんこ屋の常識からは考えられないような内容がありましたので、少し指摘してみます。

 中国では餡を作る際、小豆以外に東南アジアから『ビルマ豆』という小豆の代用品を使って製造しています。しかし、ビルマ豆には『シアン青酸配糖体』という物質が含まれており、摂取すると体内で青酸カリを生成するのです。ビルマ豆を国内で使用する場合は基準が設けられていますが、中国での検査実態は疑わしい。(食品評論家・小藪浩二郎氏)

以上が週刊文春に掲載されていた内容です。

あんこ屋の立場から言わせてもらいますと、『ビルマ豆』(私たちは「バター豆」と通常呼んでいますので以後は「バター豆」とします)を小豆の代用品に使うことはまずありません。

「バター豆」はインゲン豆属ライ豆種に分類され、白餡を造る原材料として、主にミャンマーから輸入されてきました。

したがって、赤餡を造る原材料である「小豆」の代用品として「バター豆」を使うことはまずありません。

ただし、価格的にみれば、日本で購入すれば「バター豆」は「中国産小豆」より安いことから考えて、この記事にあるように中国の生産者が増量してコストを下げるために何パーセントか混ぜて使用する可能性はあります。(ただし、中国国内での
「バター豆」と「中国産小豆」の価格について実体はわかりませんが)

仮にこの記事の内容が事実ならば、次の問題があります。

①食品表示

 中国製の加糖餡の赤こしあんや粒あんの原材料には「小豆」とともに「バター豆」も併記されなければなりません。もし表示されていないのであれば、偽装表示となります。

②シアン残留

 シアン化合物といっても土壌、水質汚染や農薬、化学肥料などの影響で発生するものでは、決してありません。



 豆科植物には、動物・昆虫による食害や微生物よる加害への対抗手段として、種子に種々の有害物質を含むものがあることが知られています。

例えば、大豆、いんげんまめ等には、種々のたんぱく質分解酵素阻害物質やレクチンと総称される赤血球凝集作用物質が含まれています。

また、東南アジアや中南米で生産されている「ライマメ」という種の豆には、シアン化合物(青酸配糖体のファゼオルナチン。リナマリンとも呼ばれる。)を含んでいるものがあります。

シアン化合物は、豆類以外にも梅、杏仁(アンズの種)、キャッサバ等にも含まれている成分で、含有量が多いと、植物内に含まれている分解酵素や腸内細菌により分解されて青酸(シアン化水素:HCN)を遊離し、食中毒の原因となる可能性があります。

しかし、豆類の場合、調理・加工時に繰り返し水にさらすことにより完全に除去することが可能です。

このため、日本では、豆類と生あんに関しては、食品衛生法に基づいて定められた「食品、添加物等の規格基準」(昭和34年厚生省告示第370号)の中で、流通、用途、製造方法等が規制されており、これにより食品としての安全性が確保されています。 

中国語のマメで混乱

マメは 呼び名が 沢山ある。
それだけ 生活の中に浸透しているからだと思う。

最初は アズキとツルアズキ で混乱した。

アズキは 中国語で 『赤豆』でも、ツルアズキも 赤豆という。 
〈植〉アズキ〈学名〉Vigna angularis 〈同〉红豆/小豆
〈植〉ツルアズキ〈学名〉Vigna umbellata (Thunb.) Ohwi & Ohashi 
つまり アズキ、ツルアズキをまとめて 〈中国語〉赤豆 といっている。

〈中国語〉紅豆は 〈植〉红豆树.海红豆.相思子などのマメの総称

日本語で アズキと つく名前の マメは多い。
●アズキ 〈中国語〉赤豆 紅豆〈学名〉Vigna angularis ササゲ属
●ツルアズキ 〈中国語〉赤豆 赤小豆 紅小豆 竹豆 〈学名〉Vigna umbellata ササゲ属
●ノアズキ〈中国語〉野扁豆〈学名〉Dunbaria villosa ノアズキ属
ケツルアズキ〈中国語〉黑吉豆 〈学名〉Vigna mungo ササゲ属
●オオヤブツルアズキ〈中国語〉卷毛豇豆〈学名〉Vigna reflexopilosa ササゲ属
ヤブツルアズキ〈学名〉Vigna angularis var. nipponensis ササゲ属
●シマアズキ〈中国語〉黑种豇豆〈学名〉Vigna stipulata ササゲ属
●ミツバアズキ〈中国語〉三裂叶豇豆〈学名〉Vigna trilobata
●リュウキュウアズキ〈中国語〉琉球豇豆〈学名〉Vigna riukiuensis
アズキササゲ〈学名〉Vigna sinensis;Vigna. unguiculata  ササゲ属 
●トウアズキ〈中国語〉相思子  相思豆〈学名〉Abrus precatorius⇒マメ科トウアズキ属
ナンバンアカアズキ 〈中国語〉海红豆、孔雀豆、〈学名〉Adenanthera pavonina  
⇒ジャケツイバラ科  Caesalpiniaceae 

リョクトウ〈中国語〉绿豆 〈学名〉Phaseolus aureus.Vigna radiata ササゲ属

●日本名みあたらず〈中国語〉猪腰豆 大红豆〈学名〉Whitfordiodendron filipes 
〈備考〉大きな赤い豆から茶色まで 

紅腰豆は アカインゲンマメ・金時豆 
紅腰豆を 猪腰豆と呼ぶことがあるが それは間違いである。

インゲンマメ属 

ヤブツルアズキ

ヤブツルアズキ(藪蔓小豆) マメ科ササゲ属
学名:Vigna angularis var. nipponensis

■特徴・分布・生育環境 
長さ3mほどにもなるツル性の1年草です。日当たりのよい草原や林縁の草地などに生育しています。 
葉は、三出複葉で、小葉は長さ8cmほどで卵型です。小葉の葉先は鋭三角形状です。葉の表裏に毛があります。 
花は初秋に咲き葉腋に数個つけ、径1.5cmほどで、花冠はほぼ円形で鮮やかな黄色です。 
マメ果は長さ8cm前後の細長い筒状で、晩秋に緑色がかった黒紫色に熟します。径3mmほどのほぼ球形のとても小さな種子が10個前後入っいます。 
栽培されるアズキ(小豆)の原種であるとされています。ただし、アズキはツル性ではなく、茎は直立します。    
本州以西から東アジアに分布します。 
多摩丘陵ではめったに見かけることはなく、地域絶滅が危惧されます。里山では草刈が頻繁に入るために、1年草では種子が稔る前に刈られてしまうことが多いからのようです。 

■名前の由来 
花がアズキの花に似ていて、アズキとは異なりツル性なので「ツルアズキ」で、畑地ではなく藪に生育するという命名です。 

■文化的背景・利用 
万葉集や多くの和歌集には詠われていません。文学的にも記載はないようです。多くの本草書にもヤブツルアズキとしては現れていません。 
ただし、万葉集に「マメ」が現れていますが、これはヤブマメであるとされています。 
ヤブツルアズキは、上述のように、栽培される「アズキ」の原種であるとされています。 
なお、「アズキ」は古い時代に渡来していたとされ、古事記や日本書紀にも現れていて、平安時代の「本草和名」や「倭名類聚鈔」の「小豆」に「和名 阿加安豆木(あかあずき)」などとして現れています。また、江戸時代の「本草綱目啓蒙」や貝原益軒による「大和本草」などにも現れています。 

■食・毒・薬 
アズキとは異なり、マメ果や種子は一般には食用にはしないようですが、小さな種子はアズキと同様に茹でて食用にはできるようです。薬用にはしないようです。 

■似たのものとの区別・見分け方 
多摩丘陵には、それぞれ別属ですがマメ科の蔓(ツル)性の草本で葉が三出複葉であるところがやや似ているノササゲ、ツルマメ、ヤブマメ、ヤブツルアズキやトキリマメの自生を確認していますが、イタチササゲ、ノアズキやタンキリマメは未確認です。 
他に、クズもツル性ですが、草姿も花もとても大型で円錐塔状の花序の様子もかなり異なります。 
○ノササゲ(Dumasia truncata;〈中国語〉山黑豆)では、マメ果が濃紫色に熟すのが特徴です。また、花は長さ2cmほどの細い筒状で、基部の筒状のガク(ガク筒)が花の半分ほどもあって淡緑色で、その先が淡黄色の花弁になっていて先が小さく開いているのが特徴です。 
○ツルマメでは、ダイズの原種とされ、花が径5mmほどととても小さく花冠はほぼ円形で淡紫色で、何よりもマメ果が茶褐色の毛に覆われていて枝豆にそっくりなことが特徴です。 
○ヤブマメ(〈学名〉Amphicarpaea bracteata〈中国語〉线苞两型豆)では、花は筒状で薄い紫色で、花冠は口紅をさしたように淡赤紫色から淡紫色になるのが特徴です。三出複葉の小葉は葉先が三角形状の卵型です。地下に閉鎖花をつけ、地中にも果実をつけるのも特徴です。ただし、抜かないといけないので確認は困難です。 
○このヤブツルアズキでは、アズキ(小豆)の原種とされ、花冠が黄色で径1.5cmほどあり、マメ果が細長い筒状なのが特徴です。花がよく似たノアズキでは、マメ果はサヤエンドウのように扁平です。花は、ヤブツルアズキでは中央の花弁(翼弁と竜骨弁)がほぼ円形になっていますが、ノアズキでは、片側に偏っています。ただ、慣れないと花の形態での区別は結構困難です。 
○トキリマメ(〈学名〉Rhynchosia acuminatifolia;〈中国語〉渐尖叶鹿藿;鹿藿属)では、花は黄色ですが長さ8mmほどととても小さく目立ちません。マメ果が晩秋に鮮やかな赤色になるのが特徴です。また、花もマメ果もタンキリマメ(〈学名〉Rhynchosia volubilis;〈中国語〉鹿藿)にそっくりですが、トキリマメでは葉の基部の方で幅が広くなっているのに対して、タンキリマメでは、葉先の方で幅が広くなっていることで区別します。    
○イタチササゲでは名前はノササゲに似ていますが、葉は羽状複葉で、花色は最初淡黄色で後に黄褐色になり、またマメ果はやや扁平で長さ10cmほどと長く、ノササゲとは大きく異なります。 
○ノアズキ(〈学名〉 Dunbaria villosa 〈中国語〉野扁豆)では、ヤブツルアズキと同様に花冠が黄色で径1.5cmほどありますが、マメ果がサヤエンドウのように扁平なのが特徴です。花がよく似たヤブツルアズキでは、マメ果がほそ長い筒状です。花は、ヤブツルアズキでは中央の花弁(翼弁と竜骨弁)がほぼ円形になっていますが、ノアズキでは片側に偏っています。ただ、慣れないと花の形態での区別は結構困難です。 
○タンキリマメは、花もマメ果もトキリマメにそっくりですが、トキリマメでは葉の基部の方で幅が広くなっているのに対して、タンキリマメでは、葉先の方で幅が広くなっていることで区別します。 

ケツルアズキ

ケツルアズキ 〈中国語〉黑吉豆〈学名〉Vigna mungo ササゲ属
ケツルアズキ(毛蔓小豆、英:black gram、vigna mungo、別名:黒緑豆、ブラックマッペ)はマメ科ササゲ属アズキ亜属に所属する、つる性草本。 日本では主に『もやし豆』として知られている。
耐乾性が強く、黒色~黄緑色の種子を付ける。インドからバングラデシュ、パキスタン、ミャンマーにかけて分布する、野生種(リョクトウ(緑豆)と共通祖先)から栽培化されたと考えられている[2]。
インドでは古来より保存食(乾燥豆)として一般的で、煮たり煎ったり、あるいは粉に挽いて用いられる。また、未熟な莢はサヤインゲンの様に野菜として利用される。
2R,5R-ビス(ジヒドロキシメチル)-3R,4R-ジヒドロキシピロリジンを含むマメ科植物には、血糖値を抑制する効果のあるα-グルコシダーゼ阻害作用を有するものがあり[3]、アズキ、インゲンマメ、ケツルアズキ(コクリョクトウ)、リョクトウ、黒ダイズの順でその活性が高かった。エンドウ及びダイズではほとんどその活性を示さなかった。

黑吉豆
一年生草本。有明显主根,根瘤圆形。第一对真叶为单叶,对生,此后为三出复叶,互生,小叶卵形,叶背及叶柄有茸毛。在南京种植,苗期茎直立,基部有4—7个分枝,后期有的分枝成蔓,漫射生长。长的枝蔓,可达1.8—2.7m,草层自然高度约40cm,茎有棕色粗毛。腋生总状花序,每序有花蕊8—9个。开花5—6朵,黄色,一般结2—3个荚。黑吉豆为自花受粉,约42%是在开花前受粉。荚直立,成熟时为褐色,长4.7—5.1cm,披黄色茸毛。每荚有种子6—7粒,种子黑褐色,有斑纹,也有暗绿色,深灰色和深褐色,圆柱形或长椭圆形,种脐白色,凸出种子表面,中间凹陷,其与绿豆的区别为黑绿豆有较短而粗壮具毛的荚,种子呈长圆形且较大,且带有黑色为其特征。出苗时子叶出土(图77)。细胞染色休:2n=22、24。
黑吉豆(Vignamungo(L.)Hepper)
种别名 黑绿豆

2形态特征
一年生草本。有明显主根,根瘤圆形。第一对真叶为单叶,对生,此后为三出复叶,互生,小叶卵形,叶背及叶柄有茸毛。在南京种植,苗期茎直立,基部有4—7个分枝,后期有的分枝成蔓,漫射生长。长的枝蔓,可达1.8—2.7m,草层自然高度约40cm,茎有棕色粗毛。腋生总状花序,每序有花蕊8—9个。开花5—6朵,黄色,一般结2—3个荚。黑吉豆为自花受粉,约42%是在开花前受粉。荚直立,成熟时为褐色,长4.7—5.1cm,披黄色茸毛。每荚有种子6—7粒,种子黑褐色,有斑纹,也有暗绿色,深灰色和深褐色,圆柱形或长椭圆形,种脐白色,凸出种子表面,中间凹陷,其与绿豆的区别为黑绿豆有较短而粗壮具毛的荚,种子呈长圆形且较大,且带有黑色为其特征。出苗时子叶出土(图77)。细胞染色休:2n=22、24。
3地理分布
黑吉豆起源于东南亚次大陆的“印度起源中心”,其次为“中亚起源中心”。在印度是一种古老作物,栽培面积较大,巴基斯坦,斯里兰卡都有栽培,并已传布到热带、亚热带许多国家,如泰国,肯尼亚和美国都有所种植;目前我国广东,广西,云南等省区有少量种植。

4生育种植
黑吉豆与绿豆(V.radiata)可能来自同一祖先—V.Radiatavar.Sublobata(Roxb)Verdc.,但从黑吉豆和绿豆杂交看,只有单向的可交配性,其杂种没有生活力或生活力弱,有分离,不育。黑吉豆的生育期长短视品种而定,大粒型早熟品种,在印度种植为75—85天,在南京为120—150天。耐旱,耐热,适应于干旱和半干早地区种植,从海平面至海拔1800m高度都能生长。在平均温度25—35℃的充足阳光下,生长良好,不耐霜冻,在雨量大的地区,应在排水良好的土地种植。黑吉豆属短日照作物,对光照反应敏感。对土壤要求不严,可在粘性和轻壤土上种植,在红壤,水稻
土及斜坡地上种植也生长良好。适应的土壤pH范围是4.5—7.5。一般种子贮藏寿命可达3年。 

栽培要点
黑吉豆的栽培方法与绿豆相似。我国热带地区,可在早春2月,雨季6—7月或秋季10—11月播种。长江流域可以在4月份春播或麦收后夏播。北方则以1—5月份春播为宜。可与玉米,棉花、高粱间种,作填闲作物或补种作物。种子千粒重1.5—6g,每播种量视种子大小为20一45kg/ha。条播或撒播均可,条摇行距30—45cm。播前适宜施过磷酸钙150—225kg/ha,或用草木灰和厩肥作基肥。在花期如喷施生长素a–萘氧基乙酸,p–对氯苯氧乙酸、赤霉素等,对增加做荚率有显著作用。生长期要注意除草。荚果转为黑褐色时即可收获,收获宜在早晨进行,以减少损失.
主要病虫害有:
(1)叶斑病:采用轮作,烧毁病叶,降低田间湿度及喷洒波尔乡液进行防治。
(2)根腐病:在高温高湿(土地低洼、土壤过湿时)易发病,应选用抗病品种加强田间管理来防治。
(3)立枯病,采用与禾本科轮作,有病时提早刈割减少损失,也可试用退菌闲特等药剂配成药土施于田间。
(4)锈病:留种地在发病时采用代森锌、敌锈钠等进行防治。
(5)霜霉病(Erysiphepoligony):采取及时刈割以减少损失,留种地可用硫磺粉,石灰硫磺合剂或粉锈宁等进行防治。
(6)蚜虫,用氧化乐果进行防治。
(7)豆象:用氯化苦或磷化铝进行种子熏蒸。 

猪腰豆(2)

猪腰豆,又名大荚藤、细梗惠特木、白藤花,为蝶形花科大型攀援藤本植物,长可达20余米。羽状复叶长为25-35cm;小叶6-9对,近对生,纸质,长圆形,全缘;小托叶无毛或有时被丝状毛,早落。总状花序生于老茎或当年侧枝上。大型荚果,纺锤状长圆形,密被银灰色绒毛,表面具明显斜向脊棱,果瓣木质;种子猪肾状,熟后暗褐色。花期不同地区有差异,《中国植物志》上记载为7-8月,但版纳地区一般在每年的2-3月开花。
分布广西及云南南部。长生于山谷疏林及林缘,生长海拔一般在250-1300米。
猪腰豆的花,在滇南的思茅、版纳及滇东南的绿春等地常被当地村民用来炒吃,炒熟后颜色及口感都不错,是一种可口的食花野菜植物。
中文学名猪腰豆
拉丁学名Whitfordiodendron filipes (Dunn) Dunn
别    称大荚藤、细梗惠特木
界植物界
科蝶形花科
分布区域产广西、云南
中文名:猪腰豆 別名 紅腰豆
拉丁名:Whitfordiodendron filipes (Dunn) Dunn
别称:大荚藤(中国高等植物图鉴),细梗惠特木(中国主要植物图说豆科),猪腰子(本草纲目)

红腰豆是什么

红腰豆原产於南美洲,是乾豆中营养最丰富的一种,含丰富的维他命A、B、C及E,也含丰富的铁质和钾等矿物质。红腰豆有补血、增强免疫力、帮助细胞修补及防衰老等功效。红腰豆煲稔后可以加在沙律中或?菜内,也可用它煮有味饭、炆咖喱或做蔬菜浓汤,为家人(特别是成长中的儿童) 多添营养。

原产于南美洲的红腰豆,因外形酷似动物的肾脏而得名,虽然名为红腰豆,但颜色从深红色到栗色都有,味甜,口感很面,有补血、增强免疫力、帮助细胞修复及防衰老等功效,经常被用在沙拉中,也可用来煮有味饭、烧咖喱或做蔬菜浓汤等。
英文名是 red kidney bean 
意思大概就是红色的形状像腰子的豆子吧
 

猪腰豆属(Whitfordiodendron Elmer),豆科,9种,分布于热带亚洲,国产的有猪腰豆W. filipes(Dunn)Dunn 1种,产云南和广西。缠绕植物;奇数羽状复叶通常有小叶3-7枚;小叶对生;花小,密集为总状花序或稀为圆锥花序;苞片显著,不脱落;小苞片阔;萼5裂,上面3裂片较长;旗瓣圆形,具短柄,基部有附属体,翼瓣与龙骨瓣近长圆形,均具稍长的柄;雄蕊10,二体(9+1),花药同型;子房具柄,有胚珠1-3颗,花柱内弯;荚果卵形或长圆形,肿胀,不开裂,荚缝无翅;种子大,椭圆形。

攀援灌木,偶为乔木(我国不产)。奇数羽状复叶互生;叶枕膨大; 
猪腰豆属植物
托叶早落;小叶多对,近对生。总状圆锥花序,大型,通常腋生或生老茎上,甚密集;苞片大,花期宿存,甚显著,小苞片细;花萼具5短齿,上方2齿部分合生,圆钝,下方3齿三角形;旗瓣圆形,先端圆,基部内侧具耳,有2囊状胼胝体,翼瓣与龙骨瓣近同形,圆头,基部内侧有耳,具长瓣柄;雄蕊二体,对旗瓣的1枚离生,其余9枚连合成雄蕊管,连合部在二分之一以上,花药同型;子房线形,具长柄,密被绒毛,花柱无毛,上弯,柱头头状,顶生。荚果硕大,卵形,果皮厚木质,不开裂;种子单生,甚大,形如猪肾,肿脐居中。

生性分布
分布菲律宾、马来西亚、印度尼西亚和澳大利亚。中国有1种,1变种,产中国南部和西南部。生于山谷疏林中,海拔250-1300米。
3属模式种
Whitfordiodendron scandens Elm.
4下级分类
猪腰豆 Whitfordiodendron filipes.

猪腰豆

红豆和红腰豆的区别

红豆是红色绿豆,也叫红小豆,一般就是家里熬汤喝。
红腰豆就是像腰子一样的豆,也叫猪腰豆(これが誤解を招く可能性がある。紅腰豆と猪腰豆とはちがう。),大红豆。一般红腰豆,蒸熟,敲成沙装,放入冰糖,做成红豆沙,冰赤豆,红豆切糕,红豆糯米粥。
先说红豆沙吧,把红豆上锅蒸熟,用擀面杖擀成面,也就是擀碎,同时把冰糖打碎,掺入沙种,放入托盘晾凉,放入冰箱,放学,下班吃一些,解暑。要放在保鲜的冰箱, 放到冷冻的就成冰棒了。。
冰赤豆,有玫瑰,蜂蜜,冰糖,3种放在开水里面,熬成糖水,把腰豆放入冰箱冰镇,还有赤豆汁也要冰镇,上网看电视来一杯。
红腰豆切糕,把糯米煮熟煮的时候把水盖着米即可,出锅的时候不要水,很稠很稠的,糯米煮的时候加入冰糖,红豆打成沙,一次糯米一次红豆,一共3曾,把玫瑰,冰糖,蜂蜜,加水熬制,稠稠的汁,吃的时候,拿出一块,微波炉里面打一下,浇汁。
粥呢就是腰豆加入糯米一起煮,放入少许大枣,稠稠的,喝的时候放入几粒枸杞即可。
以上内容纯手动,望采纳,谢谢。 

紅豆は アズキ であり
紅腰豆は アカインゲンマメ である。

红豆 ,大红豆,红小豆有什么区别呢?

红小豆是紫红色的,很小,比绿豆大不了哪去。红豆颜色稍浅,个子也和两个绿豆大小差不多。
大红豆是那种像豌豆粒大小的,细长的,表面有花纹的 。

扁豆(4)

扁豆是一年生草本植物,茎蔓生,小叶披针形,花白色或紫色,荚果长椭圆形,扁平,微弯。种子白色或紫黑色。喜温暖润湿,耐热。一般春播秋收。嫩荚是普通蔬菜,种子可入药。
摘要
中文学名:扁豆 フジマメ  英文名:Purple Haricot
二名法:Lablab purpureus (Linn.)Sweet 界:植物界
门:被子植物门Angiospermae 纲:双子叶植物纲,又称木兰纲 Magnoliopsida
亚纲:蔷薇亚纲Rosidae 目:豆目 Fabales
亚目:豆亚目 科:豆科(Leguminosae sp)
亚科:蝶形花亚科(Papilionoideae) 族:菜豆族(Trib. Phaseoleae)、菜豆亚族
属:扁豆属 Lablab Adans. 种:扁豆
分布:中国各地广泛栽培。原产印度。
汉语拼音:Biandou
学名:Lablab purpureus (Linn.)Sweet
英文名:Purple Haricot
其他名称:藊豆、南扁豆、沿篱豆、蛾眉豆、凉衍豆、羊眼豆、膨皮豆、茶豆、南豆、小刀豆、树豆、藤豆。
科名:豆科 Leguminosae
扁豆 - 植物形态
一年生缠绕草本。小叶3,顶生小叶菱状广卵形,侧生小叶斜菱状广卵形,长6—10厘米,宽4.5—10.5厘米,顶端短尖或渐尖,基部宽楔形或近截形,两面沿叶脉处有白色短柔毛。总状花序腋生;花2—4朵丛生于花序轴的节上;尊上部2齿几完全合生,其余3齿近相等;花冠白色或紫红色,旗瓣基部两侧有2附属体;子房有绢毛,基部有腺体,花柱近顶端有白色髯毛。荚果扁,镰刀形或半椭圆形,长5—7厘米;种子3—5颗,扁,长圆形,白色或紫黑色。花果期7—9月。

本品呈扁椭圆形或扁卵圆形,长8~13mm,宽6~9mm,厚约7mm。表面淡黄白色或淡黄色,平滑,略有光泽,一侧边缘有隆起的白色眉状种阜。质坚硬。种皮薄而脆,子叶2,肥厚,黄白色。气微,味淡,嚼之有豆腥气。

扁豆 - 起源分布
扁豆起源于亚洲西南部和地中海东部地区。适于冷凉气候,多种在温带和亚热带地区,在热带地区常在最寒冷的季节或在高海拔地区栽培。世界约有40个国家栽培小扁豆,亚洲生产最多。收获总面积约为2862kha,总产量约为2264kt。中国主产于山西、陕西、甘肃、河北、河南、云南等省。
 
扁豆属染色体数2n=14。
共有五个种:L.ercoides L;L.orientalis L.;L.nigricans L.;L.monbretii L. 和L.culinaris Medic.。只有L.culinaris为栽培种。
这个种又分为两个亚种:大粒亚种L.culinaris ssp.macrosperma(Baung)Barulina,小粒亚种L.culinaris ssp.microsperma(Baumg)Barulina。
中国的小扁豆已收集资源约400份 

扁豆 - 栽培要点
1、环境条件。种子适宜发芽温度为22——23摄氏度。植株能耐35摄氏度左右高温,根系发达强大、耐旱力强,对土适应性广,在排水良好而肥沃的沙质土壤或壤土种植能显著增产。   

2、走架栽培。扁豆一般直播,整地施肥等与四季豆(架刀豆)相同。畦宽133厘米,高10——15厘米,沟宽50厘米,每畦种植两行。行距70——80厘米,株距50厘米。露地栽培4月上、中旬直播,每穴播种3——4粒,覆土3——4粒,每亩需种量约3.5——4公斤。出苗后匀苗,每穴苗2株。匀苗后,每亩追施人粪500公斤。蔓长35厘米时搭人字架,引蔓上架。结果期追肥两次,每次人粪尿500公斤。中耕、除草与四季豆相同。 

3、不设支架栽培。早熟品种不设支架栽培。先整地、施基肥,做成畦,塑料棚冷床育苗,苗期30天,4月中、下旬定植,行、株距各为40厘米,每穴栽苗4株。当株高50厘米时,留40厘米摘心,使其生侧枝,当侧枝的叶腋生出次侧枝后再行摘心,连续4次。采收后,见生出嫩枝仍可继续摘心。使植株呈丛生状,采收期在7月上旬,亩产800——1000公斤。 

扁豆(3)

扁豆,Lablab purpureus (Linn.) Sweet,通用名藊豆,别名火镰扁豆、藤豆、沿篱豆、鹊豆、查豆、月亮菜。为豆科扁豆属多年生、缠绕藤本植物。
世界各热带地区均有栽培,扁豆花有红白两种,豆荚有绿白、浅绿、粉红或紫红等色。嫩荚作蔬食,白花和白色种子入药,有利于暑湿邪气的祛除,健脾止泻之效。
中文学名 扁豆 フジマメ
拉丁学名Lablab purpureus (Linn.) Sweet
别    称 火镰扁豆、膨皮豆、藤豆、沿篱豆、鹊豆、皮扁豆

多年生、缠绕藤本。全株几无毛,茎长可达6米,常呈淡紫色。羽状复叶具3小叶;托叶基着,披针形;小托叶线形,长3-4毫米;小叶宽三角状卵形,长6-10厘米,宽约与长相等,侧生小叶两边不等大,偏斜,先端急尖或渐尖,基部近截平。总状花序直立,长15-25厘米,花序轴粗壮,总花梗长8-14厘米;小苞片2,近圆形,长3毫米,脱落;花2至多朵簇生于每一节上;花萼钟状,长约6毫米,上方2裂齿几完全合生,下方的3枚近相等;花冠白色或紫色,旗瓣圆形,基部两侧具2枚长而直立的小附属体,附属体下有2耳,翼瓣宽倒卵形,具截平的耳,龙骨瓣呈直角弯曲,基部渐狭成瓣柄;子房线形,无毛,花柱比子房长,弯曲不逾90°,一侧扁平,近顶部内缘被毛。荚果长圆状镰形,长5-7厘米,近顶端最阔,宽1.4-1.8厘米,扁平,直或稍向背弯曲,顶端有弯曲的尖喙,基部渐狭;种子3-5颗,扁平,长椭圆形,在白花品种中为白色,在紫花品种中为紫黑色,种脐线形,长约占种子周围的2/5。花期4-12月。

2生长习性
种子适宜发芽温度为22~23℃。植株能耐35℃左右高温,根系发达强大、耐旱力强,对各种土适应性好,在排水良好而肥沃的沙质土壤或壤土种植能显著增产。一年生草本植物,茎蔓生,小叶披针形,花白色或紫色,荚果长椭圆形,扁平,微弯。种子白色或紫黑色。喜温暖润湿,耐热。一般春播秋收。嫩荚是普通蔬菜,种子可入药。 

黒豆 栽培

黒豆 栽培
(転載)

栽培特性


 

(1)黒大豆(種まき適期6月上旬~中旬)
種子を150g~200g/1a準備します。
うね幅100cm~120cm・株間40cm~50cm

 
(2)黒大豆栽培の注意点
黒大豆栽培では排水対策が特に大切です。排水不良のほ場は土中の酸素が不足しがちになるため、発芽不良や生育不良なども心配されます。
対策として排水溝の設置を行います。


 

(1)施肥

 

1a当たり苦土石灰10kg、ようりん6kg、緩効性肥料400gを目安に施用し土とよく混和します。 
豆類は肥料(窒素成分)を多く施用すると茎や葉が旺盛になり、その結果、花の数が減少したり莢(さや)の付きが悪くなったりしますので、施肥量は前作に応じて加減してください。

 

(2)種まき

 

(移植栽培) 苗床に十分水を与えた後、5cm×5cm間隔に1粒ずつ「へそ」が上にならないようにまきます。種子が隠れる程度の覆土をした後は、地面が湿る程度水をやり、濡れ新聞、むしろ等を被せます。芽が持ち上がってきたら取り外し、乾燥しないように晴れの日は朝と昼の2回水をやります。

そして、本葉が見え始めた頃に定植を行います。定植は、できるだけ暖かい晴天の日に行い、子葉の下まで植え付けます。

 

(3)土寄せ

 

土寄せは、「除草」・「倒伏防止」・「根の活性化」などを目的に実施します。

 

1回目:本葉3枚の頃に初生葉の下まで土寄せをします。

 

2回目:本葉6枚の頃に第1本葉の下まで土寄せをします。

(4)管理・収穫

 
開花期に水分が不足すると花や莢が落ちてしまい、莢付きや実の充実が悪くなります。畦の表面の土が白く乾かないよう、常に湿った状態を保つためにうね間にかん水を行います。ただし、長時間滞水すると根痛みを起こすことが心配されますので注意が必要です。

 

(5)病害虫防除

 
開花始めから着莢(ちゃっきょう)期に「アブラムシ」・「カメムシ」・「メイガ」等の害虫が発生します。
ほ場で害虫を発見したら早期防除に努めましょう。使用農薬はお近くのJA各支店生産課にお問い合わせください。 

丹波の黒豆

正月料理に欠かせないのが 黒豆料理。
そのなかでも 丹波の黒豆は 有名な存在だ。

丹波の黒豆の歴史・・・をネットで探る。

丹波の黒豆は・・・・
『丹波の篠山地方では、
粘土質の土壌と、昼夜の激しい温度差が好条件となって、
古くから良質の黒大豆が栽培されてきました。
粒の大きさ、つやは右にでるものがなく、
煮上がり、味のよさは抜群です。
また、いくら煮ても皮がむけないのが特長です。

兵庫県篠山市の川北は昔、水不足に再三悩まされたところでした。
年貢の取り立てが厳しい中、
「すべて水田にしてしまっては皆倒れちまう!」
と村人が相談をし、考えたのが“坪掘り”と言われる、
水田を掘りあげて畑にする方法でした。

その畑に植えたのが黒豆だったのです。
この黒豆は篠山藩主も「格別の味」と気に入り、
以来川北の年貢米のうち10石は、黒豆で納められたそうです。

この地方(盆地)の下にある石灰層があり
土をアルカリ性にするために農作物がよく育ちます。
立ち枯れや病気から茎や葉を強くする

朝には朝露と霧。日中には蒸し暑いほどの気温と湿度。
夜には一気に放射冷却の影響と山村の谷低気温。
これが毎日つづきます。
これに比較的多い夕立(適度の雨量)栄養分のある土。
これが丹波の大地を育んでいます。』

丹波の気候風土が 黒豆を育てるのに・・・最適。

丹波黒とは・・・・
『丹波黒は、兵庫県農事試験場が古くから
丹波地方で栽培されていた黒大豆の在来種(波部黒)
を取り寄せ、明石本場と但馬分場で
品種特性の把握の比較試験を行い、
1941年(昭和16年)に「丹波黒」と命名し、
奨励品種にした品種名である。

12月上旬成熟する秋ダイズ型の極晩生種にして、
草丈長く、分枝多く、さや数は少なく、
花は紫色、短毛はカッ色である。

子實は、極大粒・球形・黒色を呈し、
種皮にろう粉を生じ、品質上位。煮食用として最高級。

丹波の黒大豆の栽培歴史は、
寛西11年(1797)の丹波国大絵図に、
丹波国名産として「黒大豆」が記載されているから、
栽培の起源はもっと古い。
丹波国は現在の兵庫県多紀郡(篠山市)、
氷上郡から京都府北桑田郡に至る地域である』

記録にあるのが・・・1797年 ということか。
一体 黒豆は どこから来たのだろう。

『丹波篠山藩主時代は篠山川の上八幡淵より
川北のエベヌ淵まで殺生禁断の場所であったが、
時の藩主松平公が多くの家来を引き連れ
川北に狩に来られた時、庄屋の山本彌三郎邸に昼食せられ、
その折庄屋宅にて黒大豆を差し上げたところ、
その味格別にて大変御意に入り、
それ以来川北の年貢米の内十石は黒大豆にて納め、
青山公の末期まで続けていた。

松平公は川北黒大豆の独特の味を賞で
時の将軍に献上したので、将軍におかれてもその風味を賞し、
直参はもとより数多の家臣に振舞われたので、
その独特の味が江戸中言い伝えられ、
気の早い商人は店頭に丹波川北黒大豆と書きたてるように」
なったと書かれている。』

篠山藩主は 230年前で・・・
献上した将軍は 8代将軍 吉宗 とされる。

『江戸時代の後期から明治時代にかけて、
日置村(現在の篠山市日置)の豪農大庄屋の
波部六兵衛と継嗣波部本次郎によって、
優良な黒大豆の種が作られ、「波部黒」と名付けて奨励し、
今日の丹波黒の礎ができた。』

『 兵庫県の丹波黒の栽培面積
1976年  86ヘクタール(うち丹波 46ヘクタール)
1985年 377ヘクタール(うち丹波232ヘクタール)
1995年 817ヘクタール(うち丹波410ヘクタール)
1996年1039ヘクタール(うち丹波451ヘクタール)
主要地域も多紀郡(篠山市)のみでなく、
宍粟郡、朝来郡、多可郡とひろがった。 

また全国でも広がっている。
岡山県「丹波黒」1000ヘクタール
京都府「新丹波黒」442ヘクタール
滋賀県「丹波黒」378ヘクタール
香川県「丹波黒」269ヘクタール
全国の合計5532ヘクタールとなった。
ちなみに兵庫県「丹波黒」は1039ヘクタール。

ちなみに一反で、枝豆時に収穫できるのが800kg。』

『李時珍「本草網目」(1590)に
黒大豆の薬学的効能が書かれている。

「大豆には黒、白、黄、褐、青、斑と数色あって、
黒のものは鳥豆と名けて薬に入れ、
また食料にし、鼓を作るのに用いる。

黄なるものは豆腐に作り、油を作り、醤を作るにもちいる。
その他の種類はただ豆腐にし、
また炒って食ふ位のもである。」

「そもそも豆には五色あってそれぞれ五臓を治すものだが、
黒豆だけは水に属し、性寒にして腎に對する穀物であり、
腎に入るの功果が多い。
故に能く水を治し、張を消し、気を下し、
風熱を制するのであって、血を活かし、
毒を解するは、所謂同気相求めるものである」
(白井光太郎監修、鈴木真海 翻訳「国譯本草網目」、1932年)』

『江戸時代前期に出た寺島良安による
わが国最初の百科辞典「和漢三才図会」(生徳2年、1712)にも、
黒大豆の効能について記されている。

漢方では黒大豆が薬用として用いられ、
(1)腎臓の機能を高め  
(2)血液の循環をよくする  
(3)水分代謝をよくする  
(4)解毒、解熱などの効用があるとされている。』

黒豆は 神農本草経 では 『下品』にあげられている。

『330 大豆黄巻だいずおうかん 甘/平
マメ科の1年草、ダイズ大豆の種子、
つまり大豆もやしを乾燥したもの

主湿痺筋攣膝痛。生大豆、塗癰腫、煮汁飲、殺鬼毒、止痛。
赤小豆、主下水、排癰腫膿血。生平澤』

この時の大豆そして大豆黄巻は 黒大豆とされている。
(『漢方を食べる』より)
神農の時代に 黒豆が あったことになる。

生大豆、塗癰腫;
生大豆をすりつぶして悪性の腫れ物に処方した。

煮汁飲、殺鬼毒、止痛。
大豆の煮汁を飲んで 毒を殺菌し 痛みを止めた。

赤小豆、主下水、排癰腫膿血;
体内の余分な水分を排泄し、
腫れや、膿や血のたまっているのを排除した。

この説明が きわめて簡潔なのにおどろく。

黒豆

黒大豆ポリフェノールの組成と化学構造

黒大豆ポリフェノールの組成

 黒大豆ポリフェノールの主要な化合物は、プロアントシアニジン、エピカテキン、アントシアニンの3種類。その中で最も多く含まれている成分は、カテキンが複数つながった重合体の構造を持つプロアントシアニジンであり、強力な抗酸化物質として知られています。

<出典:フジッコ株式会社>



黒大豆ポリフェノールの化学構造

 黒大豆のプロアントシアニジンは、単量体のエピカテキンのみで構成され、4→8位、あるいは4→6位で結合したB型プロアントシアニジンです。
 また、アントシアニンは、そのほとんどがシアニジン-3-グルコシドです。

<出典:(社)日本農芸化学会 大会講演要旨集(2011)>


黒豆 丹波黒

代表的な品種「丹波黒」の栽培過程をご紹介します。

1. 生育初期(6月上旬~中旬頃)

「丹波黒」の場合は、6月上旬〜中旬頃に種を蒔きます。
約7〜10日後に芽が出始めます。写真は、15日目、高さは10㎝程度ですが、ここからどんどん生長していきます。

2. 生育中期 [1](7月上旬~中旬頃)

種を蒔いてから約40日後の状態。
株元に土を寄せる「土寄せ」という作業を行った後の様子です。この「土寄せ」によって、根が良く張り黒大豆が倒れ難くなり、生長の勢いが増します。

3. 生育中期 [2](8月上旬頃)

枝や葉の生長が進み、畝の間の地面が見えなくなってきました。
地面が葉に覆われ日光が当たらなくなると、雑草が生えにくくなります。

4. 開花期(8月上旬~中旬頃)

丹波黒は紫色の小さく可憐な花をつけます。
「丹波黒」の場合、8月上旬~中旬頃に花が咲きます。

5. 生育後期 [開花期](8月中旬頃)

花が咲いた頃の畑の遠景ですが、黒大豆(大豆)の花はとても小さいため、遠くから咲いている花を見ることはできません。

6. 最大繁茂期(9月上旬頃)

開花期を少し過ぎた頃、葉や茎が最も伸長した状態となります。
このときを「最大繁茂期」と呼んでいます。

7. エダマメ期 [登熟期](10月中旬頃)

花が咲いてから60日くらいで、莢が生長し「エダマメ」として食べられる状態になります。
大豆の中でも「丹波黒」のエダマメの美味しさは有名で、とても人気があります。

8. 収穫期(11月下旬頃)

丹波黒は花が咲いてから黒豆として完熟するまで約100日と長いため、粒が大きく生長します。(一般的な黒豆:約70日、大豆:約60日) 
冬にかけて、葉や莢(さや)が徐々に乾燥していきます。莢が乾いて茶色く変化したら株を切り倒します。写真(上)のように3本程度の株を組んで圃場で乾燥させる方法を「島立て」と呼んでいます。また、写真(下)のような昔ながらの「稲架干」しという乾燥方法もあります。この状態で乾燥させた後、脱穀して豆を収穫します。

ヤッコササゲ 豇豆

豇豆 cowpea ササゲ

『ヤッコササゲ(やっこささげ)【奴豆】

[学名:Vigna unguiculata (L.) Walp.

マメ科の一年草。ササゲの類縁種で、栽培されているササゲ類中ではもっとも野生的なものとされ、wild cowpeaの名もある。原産地はアフリカで、タンガニーカ、キリマンジャロ山麓(さんろく)から、標高2000メートル地帯にまで野生種がある。中央アフリカで古代に栽培化され、いまは世界各地に伝播(でんぱ)している。日本へは、中国から9世紀までには伝来していた。

つるはほとんど伸びず、3小葉の葉の付けねに花序がつき、2あるいは3個の莢(さや)が物を捧(ささ)げる手のように、上向きにつく。莢は長さ約1220センチメートル、豆は長さ78ミリメートルの円柱形である。豆の色は白、褐色など多様であるが白色に黒斑(こくはん)のある品種が多い。高温でよく育ち、おもに関東地方以西に栽培される。煮豆にしたり、飯と混炊する。』

アズキササゲ

学名 Vigna sinensis (L.) Savi ex Hassk.var. sinensis
異名Vigna. unguiculata  ssp unguiculata、V. catiang Endl. var. sinensis King. 、英名 Black-eyed pea 、cowpia 、Southern pea、

『園芸植物大事典 2 小学館』によると、ヴィグナの和名はササゲ属。ササゲとはササゲ属の一種 sinensis とその変種でハタササゲ、カウピー、ナガササゲの総称とある。属名は人名に因むそうだ。和名は結莢直後に莢が上に向かっているところから捧げるの意味を示すものと思われるとある。
ササゲ属は直立またはつる性の草本。葉は有柄で光沢のある3出複葉。托葉の基部に付属体があるものもある。花は腋生で長い花序軸に総状につくものが多く、花冠は蝶形、旗弁は円形、しばしば竜骨弁と花柱の上部が湾曲する。雄蕊は10個、内1個は離生し2体雄蕊。花柱の先は反曲して嘴状に伸びる。柱頭は花柱の先端とは反対側で、反曲部直下の側面にあるそうだ。果実は豆果。ササゲ属の主な栽培品は、ササゲ類[Vigna. sinensis]、リョクトウ[Vigna. radiata]、ケツルアズキ[Vigna. mungo]の3種だそうだ。ササゲ属は近縁の竜骨弁が強く捩じれた様に湾曲するインゲンマメ属、柱頭が花柱の先端で嘴状にならないフジマメ属とは区別されるそうである。

カウピーは東アフリカ原産。狭義での和名ササゲ。広義のササゲの特徴は深根性で根粒は大きく、茎は平滑で、3出複葉の葉は光沢があり卵形~長卵形の小葉があり、葉柄は5~15センチで溝がある。花は長さ5~20センチの花序軸の頂部に2~3センチ前後の白か淡い紫色の花をつける、花柄は短く花外蜜腺があるそうだ。カウピー(狭義でのササゲ)は種実用や飼料用、緑肥用として栽培されるそうだが、此のあたりではアズキササゲと言って、食用にするために栽培されている。茎は30~150センチとあるが、畑で見たものは矮性のもので50センチ程度のものが栽培されていた。莢は長さ10~30センチ、図鑑によっては15~21センチとある。弓なりになった莢は成熟後次第に下垂する。種子は6~10ミリ前後、アズキより一回り大きい。色は多くの変異があるらしいが、莢を開けてみると小豆に似た色のものだった。

A.種皮が強く、煮ても破れにくいのがささげの特徴です。皮がしっかりして身割れせず、色がよく出るので祝儀用の赤飯の色付けによく利用されますが、もちろん小豆、大納言でもおいしく赤飯が炊けます。  ささげは、”ササゲ種”に属し、アフリカが主な産地です。小豆と混同されることが多いのはアズキササゲと呼ばれるものです。小豆に比べてツヤがなく黒っぽい赤紫色をしており、大粒で中央にくぼみがあります。 

Vigna yunnanensis 滇绿豆
vigna unguiculata unguiculata 龙爪豆
Vigna unguiculata sesquipedalis 长豇豆 ジュウロクササゲ
Vigna unguiculata Walp 豇豆 ササゲ
vigna unguiculata cylindrica 短豇豆 ; 眉豆 ハタササゲ

红花菜豆又名多花菜豆、荷包豆、龙爪豆,是豆科菜豆属的多年生草本植物,缠绕茎,长可达5-7米。羽状
三出复叶,互生,顶生小叶卵形,侧生小叶斜卵形,叶形不对称,小叶全缘。花冠鲜红色,蝶形,多数密集聚生成总状花序,腋生,花期7-10月;荚果,长条形,略弯曲,长10-18厘米;果熟期8-11月,种子肾形,黑红色,有红色花纹。
2习性介绍
红花菜豆性喜光,喜温暖湿润。世界各地的温带和热带地区皆有栽培,我

国除少数高寒山区外都有种植,许多地区常做一年生栽培。炎热伏天,开花量减少,初秋天气转凉,又会出现第二次开花高潮。  红花菜豆常用种子繁殖。晚秋采种,春季4、—5月阎播种,种子不需沙藏和特殊处理,播种前浸种一二天即可。种子宜选粒大饱满的,播种覆土深度2—8厘米。播后需及时浇水,保持播种地湿润。幼苗出土后应及早搭设攀缘支架,以利采光。在整个生长期内,植株可陆续开花和结果,京、津、冀地区约8月初即可采收。
概述
红花菜豆是多花菜豆中的有一个变种,别名看花豆、赤花蔓豆、虎 斑 豆、荷 包 豆,学 名Phaseolus coccineus L.(syn.P.multiflorus Willd),为豆科 (Leguminosae) 菜豆属多年生缠绕性草本植物,作一年生栽培。以嫩荚、种子和块根供食。原产中南美洲或墨西锊,在中美洲和南美洲部分地区被驯化的多年生类型至今仍在栽培,现广泛分布在高海拔和温带地区,特别在阿根廷。我国以云、贵、川、陕等省种植较多。其豆粒营养丰富,可供出口创汇。 

扁豆(2)眉豆

眉豆,是豆科植物菜豆种子,球形或扁圆,比黄豆略大,也有状如腰果的,又名饭豇豆、米豆、饭豆、甘豆、白豆等。属于干豆类及制品,一年生缠绕草本,是豆科植物扁豆种子,球形或扁圆,比黄豆略大,也有状如腰果的。分布中国河北、江苏、四川、云南等省,越南亦有产品。眉豆是粤人所习称。李时珍称“此豆可菜、可果、可谷,备用最好,乃豆中之上品”。
中文学名 扁豆 フジマメ
拉丁学名Lablab purpureus (Linn.)Sweet

1形态特征
眉豆是一年生缠绕草本,高20~40厘米。3出复叶,顶生小叶卵状菱形,两侧小叶斜卵形,先端短尖,边全缘或近全缘。总状花序腋生,具长柄;花间通常有垫状腺体;萼钟形,浅绿色,萼齿披针形,上面2萼齿常合生;花瓣大大地伸出萼外;雄蕊2束。荚果长7~15厘米,种子颜色不一。花期7~8月。果熟期9月。[1]
眉豆的种子有白色、黑色、红褐色等品种。眉豆和黄豆大小相似,外表有一条眉毛一样的线,所以叫眉豆。小叶3,顶生小叶菱状广卵形,侧生小叶斜菱状广卵形,长约6—10厘米,宽约4.5—10.5厘米,顶端短尖。或渐尖,基部宽楔形或近截形,两面沿叶脉处有白色短柔毛。总状花序腋生;花2—4朵丛生于花序轴的节上;尊上部2齿几完全合生,其余3齿近相等;花冠白色或紫红色,旗瓣基部两侧有2附属体;子房有绢毛,基部有腺体,花柱近顶端有白色髯毛。荚果扁,镰刀形或半椭圆形,长5—7厘米;种子3—5颗,扁,长圆形,白色或紫黑色。
眉豆荚果呈扁椭圆形或扁卵圆形,长8~13mm,宽6~9mm,厚约7mm。种子表面淡黄白色或淡黄色,平滑,略有光泽,一侧边缘有隆起的白色眉状种阜。质坚硬。种皮薄而脆,子叶2,肥厚,黄白色。气微,味淡,嚼之有豆腥气。[2]
2生长习性
发芽温度;18-25℃
发芽天数;7-15天
生长适宜温度;20-38℃
间距;20*30厘米
光照;半阴、阳光充足
播种到开花;约70天

3地理分布
豇豆在我国南北各地均有栽种,尤以南方为甚,有长、短豇豆之分。
4分类学
名称眉豆;拉丁文名Lablab purpureus (Linn.)Sweet.植物界;
被子植物门;双子叶植物纲;蔷薇目;豆科;豇豆属;眉豆种。 

扁豆 品種
 一、眉豆:
特征特性:植株蔓生,生长势强,株高2-2.5米,叶片深绿色,结荚多,一般每个花序结荚8-9个,品质好,纤维少,抗病,667平方米(1亩)产2300-2500千克。
栽培要点:主要用于秋季栽培,以达高产高效的目的。667平方米保苗3500穴,每穴3-5株,多用磷肥。
  
二、常丰紫扁豆
特征特性:常丰紫扁豆属缠绕型品种,茎蔓紫绿色,第三节开始分枝,以侧蔓结荚为主,叶柄、叶脉及花柄均为紫红色,每个花序2-10荚,嫩荚紫红色,背腹线深紫红色,荚镰刀形,长8厘米左右,宽2厘米左右,单荚重8-10克,每荚有种子4-5粒。该品种具有早熟、耐热、优质的特点。
栽培要点:该品种一般于4月上旬到6月下旬直播,保护地栽培可于3月中下旬播种,株行距84厘米×40厘米。95天左右开始收荚,每亩产量1000公斤左右。

 

黒眉豆 クロインゲンマメ

黒眉豆 クロインゲンマメ

黑眉豆又名黑芸豆,古名"鹊豆"。是豆科植物扁豆种子,豆身扁圆,比黄豆略大,状如腰果豆身颜色漆黑,豆眼为白色,剥掉黑色外皮豆仁为白色。
2栽培繁殖
花期 : 11~2月盛产,3~5月淡产  
管理 : 生性强健,栽培容易,生育适温20~30度  
施肥 : 栽培土质以砂质土壤为佳,排水、日照需良好  
繁殖 : 繁殖用播种法
3经济用途
黑眉豆为食用蔬果,不供药用。
4区分黑眉豆与黑豆
黑眉豆与黑豆非常相似,都是黑色的豆,但营养与价格都有很大的区别。
常有商贩赚昧心钱把黑眉豆当作黑豆来销售。最近黑豆价格从最初的几元一斤飞涨到了十多元一斤。而在农贸市场上,“黑豆”却有两种。一种圆润个大,而另一种却扁长个小。原来,此“黑豆”非彼黑豆,扁长个小“黑豆”的真实身份是“黑眉豆”。虽然都是黑色的豆,营养价值却相差甚远。而黑豆一斤的价钱,可以买到两斤的黑眉豆。
不少黑心商贩趁黑豆涨价之机,拿黑眉豆当黑豆卖,从中赚取高额差价,这是欺骗消费者的不良行为,市民购买时要仔细辨认。辨认方法有以下三种:
一、看外型:黑豆圆润个大,黑芸豆扁长个小。
二、看豆仁:黑豆豆仁为青色或黄色,黑芸豆豆仁为白色。
三、看泡水后的颜色:黑豆泡水不掉色或少掉色,黑芸豆泡水后水呈紫色。

眉豆は フジマメをさしている。
黒眉豆と 黒芸豆は 同じとしている。
芸豆は、インゲンマメ。
黒眉豆は クロフジマメではないようだ。
クロインゲンマメということか。
 
黒芸豆(クロインゲンマメ)
芸豆学名菜豆,蝶形花科菜豆属。芸豆原产美洲的墨西哥和阿根廷,我国在16世纪末才开始引种栽培。

营养价值
芸豆营养丰富,据测定,每百克芸豆含蛋白质23.1克、脂肪1.3克、碳水化合物56.9克、钙76毫克及丰富的B族维生素,鲜豆还含丰富的维生素C。从所含营养成分看,蛋白质含量高于鸡肉,钙含量是鸡的7倍多,铁为4倍,B话维生素也高于鸡肉。
芸豆可作为粮豆配合开发新营养主食品种的原料。芸豆颗粒饱满肥大,可煮可炖。芸豆的药用价值也很高,我国古医籍记载,芸豆味甘平,性温,具有温中下气、利肠胃、止呃逆、益肾补元气等功用,是一种滋补食疗佳品。
芸豆还是一种难得的高钾、高镁、低钠食品,每百克含钾1520毫克,镁193.5毫克,钠仅为0.8-0.9毫克,这个特点在营养治疗上大有用武之地。芸豆尤其适合心脏病、动脉硬化,高血脂、低血钾症和忌盐患者食用。
3药用价值
现代医学分析认为,芸豆还含有皂苷、尿毒酶和多种球蛋白等独特成分,具有提高人体自身的免疫能力,增强抗病能力,激活淋巴T细胞,促进脱氧核糖核酸的合成等功能,对肿瘤细胞的发展有抑制作用,因而受到医学界的重视。其所含量尿素酶应用于肝昏迷患者效果很好。[1]
4注意事项
芸豆是营养丰富的食品,不过其籽粒中含有一种毒蛋白,必须在高温下才能被破坏,所以食用芸豆必须煮熟煮透,消除不利因子,趋利避害,更好地发挥其营养效益。

 ササゲはアフリカ原産の一年生草木で、マメ科ササゲ属に分類されております。
日本では平安時代の書物に「大角豆」(ささげ)として記録が残されています。煮物やおひたし、料理の和え物にされることが多いようです。
 インゲンは中南米が原産で、マメ科インゲン属に分類されています。明の隠元師が日本にもたらしたという説があります。若い莢(さや)を食べるサヤインゲンなどの軟莢種(なんきょうしゅ)と、完熟した豆を食べる品種があります。金時豆、うずら豆、虎豆、大福豆はインゲンマメに含まれます。サヤインゲンは塩茹でにして和え物やおひたしにするかバターいためにして食べるのがおすすめです。
 見た目はよく似ていますが、ササゲはインゲンよりも暑い季節に実を結びます。 

黑豆 小黑豆 黑眉豆有什么区别
黑豆,又名橹豆、料豆、零乌豆,民间多称黑小豆和马科豆,向有豆中之王的美称。黑豆防老抗衰,药食俱佳。是因它色黑形小、能作猪马的精饲料之故,与黄豆同属大豆类。药用还有用黑豆加工的大豆卷、豆豉、黑豆衣等。
中医历来认为,黑豆为肾之谷,入肾。具有健脾利水,消肿下气;滋肾阴,润肺燥,制风热而活血解毒;止盗汗,乌发黑发以及延年益寿的功能。现代药理研究证实,黑豆除含有丰富的蛋白质、卵磷脂,脂肪及维生素外,尚含黑色素及烟酸。正因为如此,黑豆一直被人们视为药食两用的佳品。
研究提示,黑豆具有高蛋白、低热量的特性。黑豆中蛋白质含量高达36%-40%,相当于肉类的2倍、鸡蛋的3倍、牛奶的12倍;黑豆含有18种氨基酸,特别是人体必需的8种氨基酸;黑豆还含有19种油酸,其不饱和脂肪酸含量达80%,吸收率高达95%以上,除能满足人体对脂肪的需要外,还有降低血中胆固醇的作用。黑豆基本不舍胆固醇,只含植物固醇,而植物固醇不被人体吸收利用,又有抑制人体吸收胆固醇、降低胆固醇在血液中含量的作用。因此,常食黑豆,能软化血管,滋润皮肤,延缓衰老。特别是对高血压、心脏病等患者有益。
实际上黑豆和黑小豆是一种东西,只是叫法不同而已,民间大部分把黑豆叫成黑小豆
黑眉豆具有补肾健胃、强壮筋骨、活血驱风、益气理中、利湿解毒,有止暑消渴、调和五脏、生精髓、消除脚气、治疗痢疾等功效。 ... 同时,还具有养生保健的作用,对骨骼、心脏和造血等大有裨益,适于肥胖、冠心病、高血脂、糖尿病者食用。 

小黑豆和黑豆有什么区别吗?
小黑豆黑豆之小者。《本草图经》:“大豆有黑白二种,黑者入药,白者不用。其紧小者为雄豆,入药尤佳。” 

選果機 選別機

公司主营:苹果猕猴桃柑桔选果机,苹果、柑桔清洗打蜡机,苹果、葡萄蜜柚果袋机,西红柿土豆地瓜分级机,芒果温汤保鲜处理机,圣女果蒜米分级机,马铃薯清洗机,电子选果机;山东龙口凯祥有限公司是我国最大的果蔬产后处理设备生产企业,为您提供性能优良的苹果、脐橙、柑桔、蜜柚等水果清洗打蜡分级机,樱桃清洗分级机,圆葱、土豆、地瓜、板栗、胡萝卜蔬菜清洗分级机,猕猴桃脱毛分选机,

山东龙口凯祥有限公司创建于1991年,是我国创立最早、规模最大的果实袋、果袋机和果蔬产后处理设备加工企业。公司先后发明了单层果袋机、双层果袋机、果蔬分级机、水果清洗打蜡机、大型果蔬分选线、食品包装设备等,这些产品的研制成功填补了国内空白;开发出苹果、梨、桃、葡萄、石榴、芒果、枇杷、脐橙、香蕉等果实袋品种30余个,年产果实袋能力达20亿只,同时总结出苹果、梨、桃、葡萄、脐橙、香蕉等一整套的套袋栽培技术,现已广泛应用于生产。由于公司的技术和设备先进,产品质量可靠,售后服务周到,使公司产品畅销全国各地并出口部分国家和地区,受到国内外用户的普遍认可。
    本公司提供苹果分选机,柑桔分选机,猕猴桃分选机,柿子分选机,李子分选机,洋葱分选机,梨分选机,桃子分选机,樱桃分选机,西红柿分选机,圣女果、蒜米、枣、砂糖橘分选机,马铃薯、地瓜分选机,电子自动选果机,苹果袋机,蜜柚袋机,葡萄袋机,芒果袋机,梨袋机,苹果清洗打蜡机,柑桔脐橙清洗打蜡机,芒果温汤保鲜处理设备,木瓜分级机等等

クリマクテリック果実(2)

  作业一:跃变型与非跃变型果实在采后生理上有什么区别?在贮藏实践上有哪些措施可调控果蔬采后的呼吸作用。
   答:(一)跃变型与非跃变型果实在采后生理上的区别:
       呼吸作用是采后果实的一个最基本的生理过程,它与果实的成熟、品质的变化以及贮藏寿命有密切的关系。
      1.概念上:果实从发育、成熟到衰老的过程中,其呼吸强度的变化模式是在果实发育定型之前,呼吸强度不断下降,此后在成熟开始时,呼吸强度急剧上升,达到高峰后便转为下降,直到衰老死亡,这个呼吸强度急剧上升的果实为跃变型果实、而非跃变型果实是指在成熟过程中没有呼吸跃变现象,呼吸强度只表现缓慢的下降。
      2.呼吸强度:跃变型果实的呼吸强度随着完熟而上升,非跃变型果实的呼吸强度低,并且在成熟期间呼吸强度不断下降,在采收后大多数非跃变型果实不出现呼吸跃变。
      3.内源乙烯的产生量不同:①所有的果实在发育期间都产生微量的乙烯。然而在完熟期内,跃变型果实所产生乙烯的量比非跃变型果实多得多,而且跃变型果实在跃变前后的内源乙烯的量变化幅度很大。非跃变型果实的内源乙烯一直维持在很低的水平,没有产生上升现象。②对跃变型果实来说,外源乙烯只在跃变前期处理才有作用,可引起呼吸上升和内源乙烯的自身催化,这种反应是不可逆的,虽停止处理也不能使呼吸回复到处理前的状态。而非跃变型果实来说,任何时候处理都可以对外源乙烯发生反应,但将外源乙烯除去,呼吸又恢复到未处理时的水平。③对外源乙烯浓度的反应不同。
     4.温度:随着温度的升高,跃变型果实的呼吸跃变出现得越早,贮藏寿命或货架寿命越短。
     (二)在贮藏实践上主要有下列措施可控果蔬的呼吸作用。
   答:果蔬的呼吸作用与贮藏寿命有密切关系,在不妨碍果实正常生理活动和不出现胜利病害的前提下,应尽可能降低它们的呼吸强度,以减少物质的消耗,延缓果蔬的成熟衰老。
1.降低呼吸热,通风,调控温度,不致呼吸强度增强;
2.农产品采后进行预贮蒸发掉小部分水分,有利于降低呼吸强度; 
3.适当的降低氧气浓度,升高二氧化碳浓度可以抑制呼吸;
4.农产品采后商品化及运输过程中,使用一些涂膜产品,对美化产品,抑制呼吸有一定效果;
5.避免机械损伤。
总结:跃变型与非跃变型果实在采后生理上的区别:
特性

作业二:谈谈你家里农产品(粮食和果蔬类)主要贮藏的方式或方法,其科学依据是什么?
答:(一)粮食——稻谷的贮藏方法:晒干:将粮食的含水量控制在安全水分以内,去掉一些不饱满的谷或杂质。密闭贮藏(用袋装扎紧)并喷一些必要的杀虫剂以防止虫害和抑制其他生物的发生。其次贮藏稻谷的地方用砖头和木板垫高防止地面直接接触,即防潮、防霉变。
其科学依据:
1.清除杂质:稻谷收获后一般都含有糠灰、稗粒、杂草、穗梗以及瘪粒等,这些杂质含水量大、吸湿性强,内部湿热易积聚不易散发,病菌害虫易感染繁殖。所以,应先采用过筛、风扬等方法清除这些杂质,把含杂量降低。
2.干燥降水:稻谷除杂以后,应立即通过晾晒、抽风、烘干等方法干燥降水,使之达到安全贮存水分以下。以适于长期贮藏、否则容易发热而霉坏变质。碾米后碎米率较低。作种用的稻谷单打单晒时保持稻谷的正常活力,特别是发芽力,同时防止混杂。
3.双低贮藏:装袋时先用大塑料袋,把稻谷装入后扎紧或烫死袋口,使袋内呈缺氧状态,将地板用木板和砖垫高,能使稻谷不返潮、不结露、不生虫、不霉变。
(二)蒜头的贮藏方法:先把收获后的大蒜排放在干燥的地面上,在阳光下晾晒2-4天,使其充分干燥脱水,削去根须和假茎进行装篮、捆扎,挂藏放在灶头上进行烟熏贮藏。其次是将蒜头用铁丝串起来悬挂在房檐下。
其科学依据:蒜头会因湿度过高而导致腐烂。在利用烟熏下,可抑制蒜头的呼吸代谢,延迟发芽,留种的有利于种性。串挂贮藏可避免受潮受冻,使其风干贮存。

クリマクテリック果実

クリマクテリック型果実(クリマクテリックがたかじつ、climacteric fruits;〈中国語〉跃变型果实)とは、果実の成熟の際に呼吸量が著しく増大する、クリマクテリック・ライズという現象が見られる果物のことである。
リンゴ、モモ、アボカド、パパイヤ、ナシ、バナナ、アンズ、メロン、マンゴー、トマトなどが該当する。逆に呼吸量の増大が見られない非クリマクテリック果実には、ミカン、ブドウ、イチジク、イチゴ、サクランボ、スイカなどが該当する。
成熟過程において植物ホルモンの一種であるエチレンの濃度が通常の1000倍以上も劇的に増加する。この現象は、貯蔵中に減少した糖分の代わりに有機酸を呼吸基質として用いるために起こり、呼吸商が1を超えるのが特徴である。
このような性質のため、クリマクテリック型果実は、収穫後の貯蔵中に追熟を行うことができる。

呼吸クリマクテリック
呼吸跃变(respiratory climacteric)
指某些肉质果实从生长停止到开始进入衰老之间的时期,其呼吸速率的突然升高。苹果、香蕉、番茄、鳄梨、芒果等均具有,故称跃变型果实。一般热带与亚热带果实如鳄梨、芒果等,跃变顶峰的呼吸为跃变前的35倍,温带果实如苹果、梨等仅为1倍左右。柑桔和柠檬等不表现呼吸速率显著的上升,故称非跃变型果实。不同种类跃变型果实,自采摘后到呼吸上升的间隔及程度均不同。在出现时或出现之前,果实内部乙烯(促进果实成熟的激素)的形成量也急剧升高。通常与果实进入成熟达到可食状态相联系。为了商品的需要,可以用乙烯利(乙烯释放剂)促其提前到来。也可以用低温、高二氧化碳浓度、低氧浓度等条件处理果实,减弱呼吸作用,延缓乙烯的产生,从而延长对果实的贮藏时间。 

 

農産物の鮮度保持

農産物の鮮度保持 漆崎末夫(著)

ポストハーベスト を学びはじめる。
どうも、ポストハーベストをきちんと学ばないと
画竜点睛を欠くということだろう 。
この分野でも 結構おもしろいことが 転がっている。
日本は 流通システムが しっかりしているので、
ポストハーベストは あまり問題とならない。
完熟でも きちんと運ぶ能力があるのが すごい。

中国は 国も広いので、
まだまだ 解決すべきことが多くある。

ポストハーベストの キイワードは
水分、エチレン、呼吸 の 3つになるのですね。

漆崎末夫はいう
『野菜を長持ちさせるには、まず野菜はできるだけ乾燥させないことです。
農産物は収穫直後よりどんどん水分を失っていきます。
水分を失うとエチレンという植物の老化を早める植物ホルモンが生じてきます。
このホルモンは呼吸を増大させるので、これによって養分が消耗します。
呼吸によって水分もさらに失われ、こうした悪循環が繰り返されるのです。
そしてついには抵抗力を失って腐敗にいたります。』 

収穫物から 水分がうばわれて 乾燥する。
⇒収穫物のおかれている環境の湿度が重要。
⇒水分が蒸散するのは 温度が関与する。
⇒高温が 水分蒸散を進める。しかし、低温が嫌いな作物もある。
⇒フィルムは 乾燥を防ぎ 呼吸をおさえる。

水分が失われると エチレンが発生する。
⇒ エチレンを吸着させる技術が効果がある。
⇒通気性の悪いフィルムはエチレンガスがたまる。 

エチレンによって 呼吸が激しくなる。
⇒発熱する。

巻末の対談が おもしろい。
具体的に何が問題なのかが よく見える。
エチレンが エチレンオキシドになって 殺菌効果がある。
植物は なぜエチレンを だすのだろうか。
遠赤外線効果とは。
ふーむ。
問題意識が 明らかになっているのがいい。 

ナンバンアカアズキ(2)

ナンバンアカアズキ
(転載)
アデナンセラ・パボニナ
Adenanthera pavonina Linn. (1753)
科 名 :ジャケツイバラ科 Caesalpiniaceae
属 名 :アデナンセラ属
Adenanthera Royen ex. Linn. (1737)
和 名 :ナンバンアカアズキ
現地名 :Saga (シンガポール植物園)
中国名 :海紅豆 Hai hong dou
台湾名 :孔雀豆
原産地 :中東から東南アジア、マレーシア
用 途 :観賞用、装身具に加工
撮影地 :ガイアナ協同共和国 、 シンガポール

南米ガイアナの首都ジョージ・タウンの植物園で初めて見たこの豆科植物。 外側が「赤い実(果実)」の植物は世界にごまんとあるが、この赤いタネ!!

艶々と美しく思わず拾い集めて持ち帰ったが、頼りにする2冊の植物事典には載っておらず、長い間名前がわからなかった。

モザンビークの出張の帰りがけに寄ることができたシンガポール植物園に大木があり、ようやく学名が判明した。
 
持ち帰った種子
この色! この艶! 大きさは7~9mmで、小さな蜆貝(シジミガイ)のような形である。  世界一美しい種(タネ)であること 間違いなし。
 
ガイアナの木シンガポールの木

2005年11月

2007年8月
 
ガイアナの植物園では優雅な橋の架かった池の縁に立っていた。
幹の太さはせいぜい 40cm程度。
 
シンガポール植物園のものは、園内に11本ある遺産樹木 (Heritage trees) のひとつである。
 
じつはこの木を危なく見過ごすところであった。 
 
朝から暑い中、広い植物園を歩き回って熱射病気味になり、もう帰ろうと一度はこの木の前を通り過ぎてしまったのである。 
出口に向かってかなり歩いたところで、待てよ、と考え直した。 今度いつ来られるかわからない植物園なのだから一応は見ておこう、と戻ってみたらこの「赤い種子」!
頭が痛くて感激は今一つだったが、大収穫であった。

皆が種を持ち帰るためか、少し探したが2個しか落ちていなかった。

そのあとで出かけたドミニカ共和国では、皆の関心がないらしく、いやというほど落ちていた。
 
枝の太いこと!板根状になっている


幹の太さは 70cmぐらい。高さはそれほどではなかった。

右の写真、根の影を見ると 夕日が傾いているのがわかる。

 
シンガポール植物園のホームページの解説では、
亜高木で20mぐらいになる。丸いが不規則に広がる樹冠をもつ。じょうぶで成長が早い。落葉樹で完全に落葉してむき出しの樹冠となる。
花は小さく星の形をしており、房状となる。色は淡いクリーム・イエローからオレンジ色で芳香がある。花は年に二回咲く。
種子は通常鮮やかな赤色で艶があり、ハート型に近い。その重さは均一である。
とある。
 
上記「花の形は星型」の記述から、クロンキストの分類による「ジャケツイバラ科」であると判断した。

いったいどんな花が咲くのかと、ハワイ大学の Carr 教授のホームページを見てみると、ちゃんとありました。
 
ハワイ大学のアデナンセラ Copyright : Dr. Gerald Carr

 

 
この3枚の写真ⒸDr. Gerald Car
ジャケツイバラの花とはずい分違う、まさに「星型」の花である。
葉と較べると、花の大きさは極めて小さい。
黄色い「スターダスト」だ。
 
ガイアナの樹上の実

 
同じく 落下した莢の状態
2枚の写真とも、複数の莢が写っているのでわかりにくいが、白い色は果実 (いわゆる豆果) の皮の内側で、裂けた心皮が反り返って螺旋状に丸まるので、このような状態となる。 豆果の表面はこげ茶色。

各くぼみに種子が収まっていたわけであるが、ひとつ前の写真のように、成熟すると樹上で裂開するため、落下した時には赤い種子はほとんど離れ落ちてしまっている。
 
 
名前の由来 Adenanthera pavonina
 
和 名 ベニクジャク (仮名) :
赤いタネと学名の種小名の意味、孔雀から。
 
ナンバンアカアズキ 南蛮赤小豆 : 種子の色から
南方の植物で、種子の色が小豆よりも赤く美しいため。
 
種小名 pavonina : 孔雀の という意味
動物園でよく見かける「インドクジャク」 Pabo cristatus などの羽の色は緑と青である。
「赤い種子」そのものを青い孔雀と表現するのはおかしいので、由来は別のところにあると思う。


インドクジャク
 
Wikipedia より

学名の出典となっているリンネの『植物の種』 (1753) 384ページを見ると、Adenanthera属の記載は本種1種のみである。
そこには参考文献が5件あげられている。

ラテン語を訳してみると、
① ADENANTHERA属、葉は複葉: 
    ロイエン著『ライデン植物園誌』(1740) 462ページ、
    リンネ著『クリフォード氏庭園誌』(1737) 36ページ、
    リンネ著『セイロン植物誌』(1747) 160ページ
② Poinciana属、葉は二重の羽状、小葉は互生:
    リンネ著『クリフォード氏植物園誌』(1737) 158ページ
③ Mandsiadi、リード著『マラバリア植物誌』 625ページ

インド原産、木本。
 
植物の特徴に関する記述内容は極めて短く、豆類全般に共通の複葉のことしか書かれていなくて、赤い実のことは見あたらず、参考にならない。

そこで私なりに、孔雀が付けられた由来を考えてみると...、

1) 赤い実が散りばめられた「丸い樹冠」を、オスの孔雀が広げた尾に見立てた。(ガイアナの木 参照)

2) こげ茶色のサヤが弾けると、真っ赤な種子が現れる。この驚きと感激をクジャクが尾を広げた時のすばらしさに例えた。

といったところであろうか。
 
Adenanthera アデナンセラ属 :
『植物の種』の参考文献① にあるように、アデナンセラの名前は、リンネと同世代であるロイエン (1704-1779) が名付けていたもので、リンネが『植物の属』(1737) に記載したものである。
 
aden (腺の) と anthera (葯) の合成語であるが、どこの「腺」のことを指しているのか、「葯」はどういう関係にあるのか、それとも葯に腺があるのか、不明である。
「腺を持つ花が咲く」という意味かも知れない。
 
ちなみに「adenoid アデノイド」は扁桃腺であり、「扁桃」はアーモンドの中国名である。
 
また Adena あるいは Adeno ではじまる属名がいくつかあり、種小名は数え切れないほどある。 adenanthera という種小名の植物も数種あるようだ。
 
シンガポール現地名 Saga
シンガポール植物園の木の前に「遺産樹木」の解説パネルがあり、ホームページの解説とは違うものであった。
Sagaの木はその輝く赤い種子でよく知られている。中東から東南アジアまで、その種子は重さの標準として使われたといわれている。「Saga」の名称は、かつてこの種子が金の重さを量るのに用いられていたために、金細工職人が使うアラビア語に由来するものと思われる。
 
この説明では、Saga の意味や由来がわからない。
 
また、きれいな種子に難癖を付けるようで申し訳ないが、私が拾ってきた種子は、一瞥しただけで大きさ(重さ)のバラツキがあることが分かる。
そんなものが、高価な「金」を量る標準器として本当に使われていたかどうかも疑われる。
 
そこでさらに、植物園の売店で買った文献、『Trees of Our Garden City』というシンガポール植物園出版のガイドブックの「用途」の部分の解説を見ると
用途:
比較的 重さやサイズが均一であるため、Sagaの種は過去に、金や銀を量るための「重り」として使われた。現在でもこの輝く赤い種子は、数珠やネックレス、装飾品を作るために集められる。
また種は炒って食べることができ、大豆のような味がするといわれている。
時に「赤白檀」として知られる硬く赤みがかった材は、緻密で均一な木目を持ち、高級家具・住宅建築・家具・装飾的な木製品を作るのに役立っている。また燃料材としても有用で、粉末にすると赤の染料となる。
 
成長の早さと広がる樹冠のために、Sagaは公園や広い庭園の緑陰樹や鑑賞樹に適している。しかし強風の被害を受けやすく、年を経ると樹形が乱れて、大量の落ち葉を撒き散らすため、街路樹や個人庭園には不向きである。
 
用途の項目であるために、ここにも Saga の名称の解説はない。
 
分銅としての役割は、1個ではなく、何個かで金どれだけ、というように用いられたものと思われる。
 
「落ち葉」の問題は、Sagaの成長が速く、6~8か月に一度、つまり年2回 葉を落とすことによる。
 
ジャケツイバラ科  Caesalpiniaceae
カエサルピニアは、ローマ法王クレメンス8世(在位1592 - 1605) の侍医で植物学者の、チェザルピーノ (A. Cesalpino ラテン語の綴り Caesalpinus) を記念している。
 

ナンバンアカアズキ

海红豆(Adenantherapavonlna)属于落叶小乔木,高5-10m。嫩枝微被柔毛。种子近圆形至椭圆形,长5-8mm,宽4.5-7mm,鲜红色,有光泽。海红豆是观果园景树,有毒。
本变种过去定名为原变种,据Nielsen (1980) 的研究改正,其与原变种不同之处在于后者的花梗及花萼无毛,萼长0.8-1毫米,花瓣长圆状披针形,长3-4.5毫米,荚果较阔,宽13-16毫米,开裂前不太卷,种子近圆形,长8.3-8.5毫米,宽7.1-8毫米。
海红豆有二回羽状复叶,具短柄;叶柄和叶轴被微柔毛,无腺体;羽片3-5对,小叶4-7对,互生,长圆形或卵形,长2.5-3.5cm,宽约1.5-2.5cm,先端圆钝,两面均被微柔毛。
总状花序单生于叶腋或在枝顶排成圆锥花序,被短柔毛;花小,白色或淡黄色,有香味,具短梗;花萼长不足1mm,与花梗同被金黄色柔毛;花瓣5,披针形,长2.5-3mm,无毛,基部稍合生;雄蕊10枚,与花冠等长或稍长;子房被柔毛,几无柄,花柱丝状,柱头小。
荚果狭长圆形,盘旋,长10-20cm,宽1.2-1.4cm,开裂后果瓣旋卷;种子近圆形至椭圆形,长5-8mm,宽4.5-7mm,鲜红色,有光泽。花期4-7月。果期7-10月。

产地分布
原产于热带地区,缅甸、柬埔寨、老挝、越南、马来西亚、印度尼西亚、中国。在中国分布于福建、台湾、广东、海南、广西、贵州、云南等地。多生于山沟、溪边、林中或栽培于庭园。

3生长习性
喜温暖湿润气候、喜光,稍耐荫,对土壤条件要求较严格,喜土层深厚、肥沃、排水良好的沙壤土。[1-2]

4栽培技术
播种
选种:播种前首先要对种子进行挑选,最好是选用当年采收的种子。种子保存的时间越长,其发芽率越低。选用籽粒饱满、没有残缺或畸形的种子。选用没有病虫害的种子。
消毒:消毒包含两个概念,一个是指对种子进行消毒,另一个是指对播种用基质进行消毒。家庭对种子消毒常用60℃左右的热水浸种一刻钟,然后再用温热水催芽12~24小时。对播种用的基质进行消毒,最好的方法就是把它放到锅里炒热。
催芽:用温热水把种子浸泡12~24个小时,直到种子吸水并膨胀起来。常见容易发芽的种子除外。
播种:对于细小的种子,可以把牙签的一端用水沾湿,把种子一粒一粒地粘放在基质的表面上,覆盖基质1公分厚,然后把播种的花盆放入水中,水的深度为花盆高度的1/2~2/3,让水慢慢地浸上来(这个方法称为“盆浸法”)。
对于种粒较大的种子,直接把种子放到基质中,按3×5公分的间距点播。播后覆盖基质,覆盖厚度为种粒的2~3倍。播后可用喷雾器、细孔花洒把播种基质质淋湿,以后当盆土略干时再淋水,仍要注意浇水的力度不能太大,以免把种子冲起来。
扦插

海红豆
常于春末秋初用当年生的枝条进行嫩枝扦插,或于早春用生的枝条进行老枝扦插。在春末至早秋植株生长旺盛时,选用当年生粗壮枝条作为插穗。把枝条剪下后,选取壮实的部位,剪成5~15公分长的一段,每段要带3个以上的叶节。剪取插穗时需要注意的是,上面的剪口在最上一个叶节的上方大约1公分处平剪,下面的剪口在最下面的叶节下方大约为0.5公分处斜剪,上下剪口都要平整(刀要锋利)。进行硬枝扦插时,选取的健壮枝条做插穗。每段插穗通常保留3~4个节,剪取的方法同嫩枝扦插。
温度:插穗生根的最适温度为20℃~30℃,低于20℃,插穗生根困难、缓慢;高于30℃,插穗的上、下两个剪口容易受到病菌侵染而腐烂,并且温度越高,腐烂的比例越大。扦插后遇到低温时,保温的措施主要是用薄膜把用来扦插的花盆或容器包起来;扦插后温度太高温时,降温的措施主要是给插穗遮荫,要遮去阳光的50~80%,同时,给插穗进行喷雾,每天3~5次,晴天温度较高喷的次数也较多,阴雨天温度较低温度较大,喷的次数则少或不喷。
湿度:扦插后必须保持空气的相对湿度在75~85%。插穗生根的基本要求是,在插穗未生根之前,一定要保证插穗鲜嫩能进行光合作用以制造生根物质。但没有生根的插穗是无法吸收足够的水分来维持其体内的水分平衡的,因此,必须通过喷雾来减少插穗的水分蒸发:在有遮荫的条件下,给插穗进行喷雾,每天3~5次,晴天温度越高喷的次数越多,阴雨天温度越低喷的次数则少或不喷。但过度地喷雾,插穗容易被病菌侵染而腐烂,因为很多种类的病菌就存在于水中。
光照:扦插繁殖离不开阳光的照射,因为插穗还要继续进行光合作用制造养分和生根的物质来供给其生根的需要。但是,光照越强,则插穗体内的温度越高,插穗的蒸腾作用越旺盛,消耗的水分越多,不利于插穗的成活。因此,在扦插后必须把阳光遮掉50~80%,待根系长出后,再逐步移去遮光网:晴天时每天下午4:00除下遮光网,第二天上午9:00前盖上遮光网。
移栽:小苗移栽时,先挖好种植穴,在种植穴底部撒上一层有机肥料作为底肥(基肥),厚度约为4~6公分,再覆上一层土并放入苗木,以把肥料与根系分开,避免烧根。放入苗木后,回填1/3深的土壤,把根系覆盖住、扶正苗木、踩紧;回填土壤到穴口,用脚把土壤踩实,浇透水;浇水后如果土壤有下沉现象,再添加土壤;最后用小竹杆把苗木绑扎牢固,不使其随风摇摆,以利新根生长。

管理
在深秋、早春季或冬季播种后,遇到寒潮低温时,可以用塑料薄膜把花盆包起来,以利保温保湿;幼苗出土后,要及时把薄膜揭开,并在每天上午的9:30之前,或者在下午的3:30之后让幼苗接受太阳的光照,否则幼苗会生长得非常柔弱;大多数的种子出齐后,需要适当地间苗:把有病的、生长不健康的幼苗拔掉,使留下的幼苗相互之间有一定的空间;当大部分的幼苗长出了3片或3片以上的叶子后就可以移栽。
温度:由于它原产于热带地区,喜欢高温高湿环境,因此对冬季的温度的要求很严,在有霜冻出现的地区不能安全越冬。
光照:对光线要求不严,喜欢阳光充足,也耐半荫。
肥水:对于盆栽的植株,除了在上盆时添加有机肥料外,在平时的养护过程中,还要进行适当地肥水管理。对于地栽的植株,春夏两季根据干旱情况,施用2~4次肥水:先在根颈部以外30~100公分开一圈小沟(植株越大,则离根颈部越远),沟宽、深都为20公分。沟内撒进25~50斤有机肥,或者1~5两颗粒复合肥(化肥),然后浇上透水。入冬以后开春以前,照上述方法再施肥一次,但不用浇水。
修剪:冬季修剪,在冬季植株进入休眠或半休眠期,要把瘦弱、病虫、枯死、过密等枝条剪掉。
春、夏、秋三季这三个季节是它的生长旺季,肥水管理按照“花宝”——清水——“花宝”——清水顺序循环,间隔周期大约为1~4天,晴天或高温期间隔周期短些,阴雨天或低温期间隔周期长些或者不浇。在冬季休眠期,主要是做好控肥控水工作,肥水管理间隔周期大约为3~7天。[2]
5化学成份
海红豆
海红豆种子含豆甾醇(stigmasterol),豆甾醇葡萄糖甙(stigmasterol glucoside),卫矛醇(dulcitol),多糖(polysaccharide)及蛋白酶抑制剂(protease inhibitor)和8种胰蛋白酶同效抑制剂(trypsin isoinhibitor)DE1-DE8,种仁中含卫矛醇,豆甾醇葡萄糖甙,α-菠菜甾醇(α-spinasterol),β-谷甾醇及丰富的蛋白质(protein),脂肪酸有棕榈酸(palmitic acid),硬脂酸(stearic acid),花生酸(arachidic acid),二十四烷酸(lignoceric acid),二十八碳烯酸(octacosenoic acid),油酸(oleic acid),亚油酸(linoleic acid),二十碳烯酸(eicosenoic acid),种子油中还含肉豆蔻酸(myristic acid),而种子油中总结合脂肪酸的50%以上为亚油酸(linoleic acid),还含少量亚麻酸(linolenic acid)。
海红豆木质部分中含有洋槐黄素(robinetin),查耳酮(chalcone),紫铆花素(butein),福建茶素(ampeloptin),二氢洋槐黄素(dihydrorobinetin),2,4-二羟基苯甲酸(2,4-dihydroxybenzoic acid),树皮中含有葡萄糖(glucose),刺囊酸(echinocystic acid),齐墩果酸(oleanolic acid)及它们的葡萄糖皂甙和豆甾醇葡萄糖甙,根中则含有齐墩果酸和刺囊酸,叶子中含有二十八醇(octacosanol),卫矛醇,β-谷甾醇葡萄糖甙(β-sitosterol glucoside)和豆甾醇。

6主要价值
药用价值
海红豆不含甙(含皂甙)、生物碱及相思子毒蛋白。根有催吐、泻下作用;叶则有收敛作用,可用于止泻。疏风清热,燥湿止痒,润肤养颜。
经济价值
心材暗褐色,质坚而耐腐,可为支柱、船舶、建筑用材和箱板。种子鲜红色而光亮,甚为美丽,可作装饰品,在生活中,其所制作的手镯等首饰品比较常见。非洲人用作调味品,观果的园景树。

トウアズキ(3)

トウアズキ/方言名アハダン、アカダマ。中国名では紅豆、相思豆。
西表でも限られた一地域にしか自生しない熱帯アジア原産のマメ科の蔓性植物。
西表にあるものも古くに移入された可能性がある。
 
非常に細かな卵型をした小葉が並んだ羽状複葉で、この脇から紫がかった薄紅色の小さな花を搭状にしてつける。
花の後に出来る莢の房は12月頃に完熟し、黒くなって弾けるが、莢の中にあるマメはほとんど落ちない。
概ね五個づつ莢に入ったマメは鮮やかな赤に3分の1ほどの黒い部分があり、全体に艶があって非常に愛らしい。
こちらでは、ちょっとした細工物の他にも薬用として用いられていたらしい。
 
乾燥したマメや根を湯に煎じて飲んだというが、何に効用があったのか。
一説では「媚薬」であったとも煎じた汁を洗眼用に使ったとも言われる。
中国で「相思」豆と呼ばれていたことを照らし合わせれば・・・。
効用はともあれ、縁起がいいだけでなく、
可愛らしくアクセサリーとして若いカップルに人気が出そうである。
ただ、実際には種子や莢には深刻な毒が含まれており、これが血液中に混ざると、死に到るほど、劇的に作用するという。
反面、最近の研究では、抗がん剤の材料としても見直されてもおり、結局、毒にも薬にもなるということか。
完全に熟し、弾けた莢。だが、種子は飛び出さず、残っている。
春先、去年の莢と種子が未だ残っていた。さすがに莢は色褪せ、白くなっている。
夏のトウアズキの蔓。青々と茂る葉が覆い隠す。
非常に綺麗なトウアズキの種子。東南アジアだけでなく、アマゾンなどでも原住民のアクセサリーに利用されている。分布は広い。

トウアズキ(2)

トウアズキ
トウアズキ(唐小豆、Abrus precatorius)はマメ科のつる性多年草または木本。種子が赤く美しいので装飾用などに使われるが、この種子は猛毒を持つことでも知られる。 英語では jequirityと呼ばれており[1]、他にも Crab's eye[1]、 rosary pea[1]、 John Crow Bead[2] 、precatory bean[1] 、Indian licorice[1] 、Akar Saga、gidee gidee[1]と呼ばれている。また、トリニダード・トバゴ[3] ではJumbie beadと呼ばれている。
東南アジア原産で、他の熱帯地域にも野生化している。葉は奇数羽状複葉。
種子は赤く美しいので、古くから装飾用ビーズや、マラカスのような楽器の材料に使われた。種子にはアブリンという毒性タンパク質がある。これはトウゴマ種子に含まれるリシンと同様、リボゾームにおけるタンパク質生合成を妨害する。経口摂取でも変性しないため猛毒性を示す。 また、白い種子をつける変種はシッダ(英語版)たちの間で媚薬として用いられた。





画像は ここ から。

このマメを 瑞丽 でみたとき、
その鮮やかさに 眼を見張った。
赤と黒の対比が すごいのだ。
そして、お守りに使われるといわれて たしかにその通りだと思った。
Touxiaのブログ
2010年6月25日開始
植物について あれこれと書いています。いつの間にか3年が過ぎました。ニンゲン様の都合だけでなく植物の都合もかけたらいいな。植物をめぐる 周辺 についても 書き始めました。 Touxiaのブログ
大きな国で
ちょっと違うよと怒鳴ってます
テーマ別にブログを開設


うろたえる紙魚
ブログ「大きな国で」の資料庫と思って書いています。本の感想や気に入った言葉をつづります。でも最近は 今の心境を一番 表していそうです

食のイノベーション
2014年4月15日からはじめました

サルがダーウィンになった
進化論について勉強します

モグラのナミダ
DVDや優酷を見た感想を書いています。評価の基準は ナミダです。ナミダが出たもんが勝ち。悲しくて泣き 嬉しくて泣いています。

村上春樹の鼻毛
ムラカミハルキについてあれこれをつづる。

オンチなジャガイモ
中国語の勉強用メモ

微笑みの国で
雲南から チェンマイに 出稼ぎに行った時に書きました。でも今は中国。微笑みの国で『なにか』が起こった時に書いています。

バラの花につつまれて
バラの品種など・・・

大きな国で 画像
ライブドアーは画像がアップできないので、これでやっています。

おもしろすぎるぜ中国で
元祖 楽天でのブログ;スパムがおおすぎて休止。古いブログが読めます。

私のホームページ
このHPは 中国で見ることができるようになりました。ありがとう。

中国版Twitter
新浪微博 日本的老土

中国では できませんが国境を越えたらできるようになった Twitter
私は touxia で登録しています。

スカイプは tsuchishita です。

Facebook もやっていますよ。接続は難しいですが。

どうぞお寄りください。
Touxia

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    カテゴリ別アーカイブ
    プロフィール
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ