1998年01月

チェリモヤ

チェリモヤ  
●原産国●      南米ペルーのアンデス山脈
●果実●       緑色でエキゾチックな外観
●果実説明●    
淡い香りと、クリーミーで甘くとろける味覚は、世界の三大美果にふさわしい。
  ペルーでは、別名「アイスクリームの木」とも呼ばれています。
皆様には、まだ馴染みのない新顔ですが、黒潮洗う温暖な和歌山の温室で、手作りで育てたチェリモヤで、「スペースアップル」と呼んでください。
●栄養●
  野趣あふれる果実は、甘みと蛋白質に富み、皮膚炎やストレス緩和にも効果のある“ナイアシン”を含む貴重な高級果実です。
●お召し上がり方●
○食べ頃○
 初めは緑色で硬いままで食べられません。
    室内において3~5日で果皮が暗緑~灰色になり、指で押さえて少し柔らかくなる頃が食べ頃です。冷蔵庫で冷やしすぐ召し上がって下さい。
○召し上がり方○
  ナイフで縦に半割か四つ割にして芯を取り、スプーンでお召し上がり下さい。フルーツパフェやシャーベットにしてもまた格別です。 
www.hort.purdue.edu************
CHERIMOYA
Annona cherimola Mill.
Annonaceae
Common Names: Cherimoya (U.S., Latin America), Custard Apple (U.K.
and Commonwealth), Chirimoya, Chirimolla. 
Related species: Ilama (Annona diversifolia), Pond Apple (A.glabra), 
Manrito (A. jahnii). Mountain Soursop (A. montana), Soursop(A. muricata), Soncoya (A. purpurea), Bullock's Heart (A. reticulata),
Sugar Apple (Annona squamosa), Atemoya (A. cherimola X A. squamosa). 
Distant affinity: Pawpaw (Asimina triloba), Biriba (Rollinia deliciosa), Wild Sweetsop (R. mucosa), Keppel Apple (Stelechocarpus burakol). 
Origin: The cherimoya is believed to be native to the inter-andean valleys of Ecuador, Colombia and Peru.
Seeds from Mexico were planted in California (Carpinteria) in 1871. 
Adaptation: The cherimoya is subtropical or mild-temperate and will tolerate light frosts. Young growing tips are killed at 29ーF and and mature trees are killed or severely injured at 25ーF. If cherimoyas do not
receive enough chilling, the trees will go dormant slowly and then experience delayed foliation. The amount of chilling needed is estimated to
be between 50 and 100hours. The tree grows well in the coastal and
foothill areas of southern California, doing best at a slight elevation, 3 to 15miles from ocean. It is worth attempting in sunny, south-facing, nearly frost-free locations from San Francisco Bay Area to Lompoc,
and may survive to fruit in a very few protected Central Valley foothill locations from Chico to Arvin.
Resentful of the excessive dry heat of the interior, it is not for the desert. Cherimoyas are not recommended for container culture. 
DESCRIPTION
Growth Habit: The cherimoya is a fairly fairly dense, fast-growing, evergreen tree, briefly deciduous in California from February through April. The tree can reach 30feet or more, but is fairly easily restrained.
Young trees "harp," forming opposite branches as a natural espalier. 
These can be trained against a surface,or pruned off to form a regular free-standing trunk. Growth is in one long flush, beginning in April. The
roots commence as taproot, but the slow-growing root system is rather weak, superficial, and ungreedy. Young plants need staking. 
Foliage: The attractive leaves are single and alternate, 2 to 8inches long and up to 4inches wide. They are dark green on top and velvety green on the bottom, with prominent veins. New growth is recurved, like a fiddle-neck. Axillary buds are hidden beneath fleshy leaf petioles. 
Flowers: The fragrant flowers are borne solitary or in groups of 2 or 3 on short, hairy stalks along the branches. They appear with new growth flushes, continuing as new growth proceeds and on old wood until midsummer. The flowers are made up of three fleshy, greenish-brown, 
oblong, downy outer petals and three smaller, pinkish inner petals. They are perfect but dichogamous, lasting approximately two days, and opening in two stages, first as female flowers for approximately 36hours. and later as male flowers. The flower has a declining receptivity to pollen during the female stage and is unlikely to be pollinated by its own pollen in the male stage. 
Fruits: The compound fruit is conical or somewhat heart-shaped, 4 to 8inches long and up to 4inches in width, weighing on the average 5-1/2 to 18ounces, but the largest fruits may reach 5pounds in weight. The
skin, thin or thick, may be smooth with fingerprint-like markings or covered with conical or rounded protuberances. The sweet, juicy, white flesh is melting, subacid and very fragrant. The fruit is of a primitive
form with spirally arranged carpels, resembling a raspberry. Each segment of flesh surrounds a single hard black bean-like seed. The fruit size is generally proportional to the number of seeds within.
They ripen October to May. 
CULTURE 
Location: Cherimoyas prefer a sunny exposure, buoyant marine air and cool nights. In southern California do not plant where heat collects on barren hillside or against a wall, since the leaves and fruit may sunburn badly. In the north, do the opposite: plant against a south facing wall to collect heat and encourage early bud-break and fruit
 ripening. The trees need protection from constant ocean or Santa Ana winds which may damage them and interfere with pollination and fruit set. 
Soil: The cherimoya performs well on a wide range of soil types from light to heavy, but seems to do best on a well-drained, medium soil of moderate fertility. The optimum pH ranges from 6.5 to 7.6. 
Irrigation: Cherimoyas need plenty of moisture while they are growing actively, but should not be watered when they are dormant. The trees are susceptible to root rot in soggy soils, especially in cool weather.
Commence deep watering biweekly in April. Drip irrigation is also an excellent way to supply water. It is best to avoid poor water to prevent salt build-up. Drought-stressed trees will drop their leaves, exposing the fruit to sunburn. 
Fertilization: Cherimoyas should be fertilized on a regular basis. Apply a balanced fertilizer, such as 8-8-8NPK, in midwinter, then every three months. Increase the amount of fertilizer each year until the trees begin to bear fruit. Mature trees require an annual application of 4ounces of actual nitrogen per inch of trunk diameter. Cherimoyas also respond to organic amendments. It should be kept in mind that yellow leaves may mean that the soil too dry or the weather too cold, not always a need for fertilizer. 
Pruning: Cherimoyas have rather brittle wood. Prune during the dormant period to develop strong branches that can support the heavy fruit. Train the tree to two scaffold branches at 2feet of trunk, pruning them to a 2foot length. Save only the strongest single shoots, preferably those at 60 to 90degree angle, and remove the others. In the following years, remove two-thirds of the previous year's growth, leaving six or seven good buds, at time of new growth. This will keep fruiting wood within reach of the ground. Thin out crossing branches. 
Frost Protection: Young trees are very frost sensitive. Wrap the trunk and scaffold with sponge foam for protection, or cover the entire tree. In cooler areas plant next to a south-facing wall or under the eaves to trap house heat. 
Pollination: Since natural pollinators are not present in California, the flowers must be pollinated by hand. This is best done in mid-season of bloom, over a period of two to three months. In early evening,collect in a small bottle the anthers and pollen from the interior of fully open male flowers with a #2 or #3 artists brush. Anthers will be tan colored and the white pollen falling from them will be obvious. The
pollen has its highest viability at the time it is shed and declines significantly with time. Immediately apply freshly collected pollen with a small brush to the flowers in partially open, female stage. If no female stage flowers are available, pollen may be saved in the sealed container under refrigeration overnight. Pollen may then be applied to female stage flowers in the morning. In large scale operations the pollen may  be mixed with inert Lycopodium spores, PVC, starch or talc powder and
applied with aspirator-type Japanese apple-pollinators, to save time and pollen. Pollinate every two or three days, and only flowers easily reached inside the tree, to avoid sunburned and wind-damaged fruit. If pollination efforts are quite successful, it may be necessary to thin the fruit. Too much fruit may result in small size and adversely effect future yields. 
Propagation: Since there are no recognized rootstocks for cherimoyas, seedlings are universally utilized. Seeds from the White cultivar (Dr.White) are thought by some to produce superior rootstocks, however there does not appear to be a great deal of objective data to support this
position. Seeds remain viable for two to three years if kept dry and protected from weevil and fungi. With 70ーF bottom heat, seed will germinate in about 21days, but will require about 40days under normal ambient growing conditions. Seedlings should be transplanted to deep containers (approximately 18") when they are 3" tall to promote development of the tap root. In frost-free areas, it is recommended that  seedlings for spring grafting be planted in their ultimate location in 
the fall and grafted in the ground the following spring. 
Grafting is most successful in January through May provided previous years leaves have not been shed from the potential scionwood. During this period no scion preparation is required other than removal of leaves.
All normal grafting techniques appear to be equally successful. However in topworking, nurse branches are desirable if not essential for success. To bud, collect budwood in July store refrigerated for 10days in
plastic. Petioles will drop exposing dormant buds. Bud at once using chip bud technique and wrap well against dehydration. Grafted plants will bear in two to three years. 
Pests and Diseases: Mealybugs and snails are the main pests of cherimoyas. Keep ducks or apply copper strips to the trunks for control of snails. Mealybugs are brought by ants which can be controlled to some extent by maintaining fresh Tanglefoot on masking tape around the trunk. The masking tape is important to prevent damage to the tree. Skirt the tree to prevent ant access from the ground or weeds. No chemicals are registered for use on Cherimoyas. 
Cherimoyas are susceptible to Armillaria (Oak Root Fungus) and Verticillium. Do not plant in old vegetable gardens, or near tomatoes, eggplant or asters. Crown rot can kill trees damaged by frost or growing in saturated soil, as well as from trunks hit by frequent, superficial lawn sprinkling. 
Harvest: The fruit turns a pale green or creamy yellow color as they reach maturity. Color change is not marked in cool weather. They should be picked when still firm and allowed to soften at room temperature.Ripe fruit will give to soft pressure. Overripe fruit will be dark brown. Fruit left on the tree too long will usually crack or split and begin to decay. The fruit should be clipped rather than pulled from the tree. Cut the stem close to the fruit so it won't puncture other fruit during storage. 
Store mature fruit above 55ーF to prevent chilling injury to the skin and flesh. Ripe fruit will deteriorate quickly but can be stored at temperatures lower than 55ーF for short periods. Ripe cherimoyas can be frozen and eaten like ice cream. Cherimoyas are best served chilled, cut in half or quartered and eaten with a spoon. The fruit can also be juiced or used to make delicious sorbets or milkshakes. 
Commercial Potential: Though unusual in appearance, cherimoyas are readily accepted by western tastes and has become a favorite tropical fruit. Demand greatly exceeds supply in all U.S. markets as most fruit never leaves California, the only producing state. The fruit commands high wholesale and retail prices, but costs  are high and major crop losses from frost and fruit splitting are an ever present possibility. The major labor costs are pruning, pollination, ant control and irrigation. 
CULTIVARS
Bays
Origin James Bays, Ventura, Calif., 1920. Tree broad, to 20 ft. Best in Carpenteria area. Fruits round, medium size, light green, skin shows fingerprint like marks (impressa type). Flavor good,almost lemony. 

Big Sister
Origin James Neitzel, San Diego, Calif., 1979. Sibling of Sabor. Fruit large, very smooth, good flavor; impressa type. Often self-fruitful. 
Booth
Origin A. F. Booth, Hollywood, Calif., 1921. Among hardiest of cherimoya, does well in most present growing areas. Tree 20 to 30feet high. Fruit is conical, impressa type, medium size, rather seedy,with flavor that suggests papaya. 
Chaffey
Origin A.M. Chaffey, West Los Angeles, Calif., 1945. Seed from Salta, Argentina. Tree rather open,fast growing. For coastal areas. Fruit 
small to medium, round, impressa type, with high, lemony flavor. 
Ecuador
Tree broad, branches limber, spreading. Selected for superior hardiness. Fruit medium, quite dark green, mammillated, flavor good. 
El Bumpo
Origin Rudy Haluza, Villa Park, Calif., 1986. Fruit conical,
 medium size, mammillated, not suited for commerce. Skin soft, practically edible. Flavor among the finest. 
Honeyhart
Medium, skin smooth, plated, yellowish green. Pulp has smooth texture, excellent flavor, very juicy. Ripens November to March. 
Knight (syns. DV, Pierce, M&N Pierce) 
Origin a Mr. Knight, Orange, Calif., 1930's. Scions imported from Mexico. Recovered from Dr. Pierce'sranch, Goleta, in 1950's and propagated under several names. Tree has medium vigor, medium-sized pale green
wavy leaves. Fruit has minor protuberances, a thin skin, a slightly grainy texture and is quite sweet. 
Libby
Origin Rudy Haluza, Villa Park, Calif.,1986. Tree large. Fruit impressa type, round conical; early harvest. Sweet, strong flavor. 
McPherson (syn. Spain)
Tree pyramidal, vigorous, to 30ft. Fruits small to medium in size, conical, dark green, impressa type, not seedy. Flavor suggests banana, sweetness varies with temperature while maturing. 
Nata
Origin George Emerich, Fallbrook, Calif., 1983. From Ecuadorian seed. Tree vigorous, bears quickly,flowers profuse, tendency to 
self-pollinating. Fruits smooth, light green, conical, 1-1/2 to 2-1/2pounds. Skin thin, tender. Flavor has good sweet-acid balance. 
Ott
Origin William Ott, La Habra Heights, Calif., 1936. Plant patent #656. Seed from Mexico, D.F. Tree strong growing. Fruit medium, heart shaped tuberculate, flesh yellow, seedy, very sweet. Matures early. Pierce (syns. Knight, Escondido White, Ryerson, Thomson-Spain, & Bayott)
Believed to be from a group of scions imported from Mexico in the 1930's by a Mr. Knight of Orange.Dr. H. F. Pierce planted a grove in Goleta in that period made up largely of trees produced by Knight.This cultivar was Dr. Pierce's favorite and was named "Pierce" by him. Tree is vigorous with large dark green leaves. Fruit is medium sized elongated conically shaped with very smooth skin and a high sugar content. 
Sabor
Origin James Neitzel, San Diego, Calif., 1979. Sibling of "Big Sister". Fruit mammillated, varies in size, not usually large. Among the best in flavor. 
Whaley
Origin Hollywood, Calif., 1924. Tree moderately vigorous. Fruit medium to large elongated conical,tuberculate, light green, flavor good. Seed enclosed in an obtrusive sac of flesh. 
White (syn. Dr.White)
Origin J. H. MacPherson, Lemon Grove, Calif., 1928. Tree open, unkempt; to 35feet, needs forming. A commercial favorite at Carpinteria.Best near coast. Fruit large, to 4pounds, conical, with superficial small lumps (umbonate). Flesh juicy, flavor weak, suggesting
 mango-papaya. 

アボガド

from 食品情報館;アボガド
(引用)
『質問 東京都 おかもとなおみさん 女性 
アボガドにはまっています。こんなにおいしいものだと知らず、ここ3日間、1日に2個は食べています。友人が「食べすぎはよくないのじゃないか」と言いますが、森のバター、チーズといわれるのだからカロリー、脂肪分は高いと思います。でもきっと植物性だからさほど体に悪くもないだろうとは思っていますが。そもそもどのような野菜なのでしょうか?
回答 食品情報館編集部 
アボガドはクスノキ科で熱帯アメリカの原産で主に熱帯地方に多く栽培されています。 
1.果皮、形状 
緑、紫、褐色などで、厚く、西洋梨の形のもののほか、なす型、卵型、球型のものもあります。でこぼこした表皮がワニの皮に似ているところから、アリゲーターフルーツとも呼ばれています。 
2.果肉       黄緑色、収穫後15℃程度で追熟をします。 
3.栄養素     森のバターといわれるように、脂肪分が多く(19%程度)不飽和脂肪酸が大部分で、ビタミンB、Cも多く、実は栄養価がとても高いのです。  
4.味  卵、バター、チーズを混ぜたような濃厚な味などと巷では言われています。 
5.食べ方     果実を2つに割り、塩をふってスプーンですくったり、バターのようにパンにつけて食べます。果皮の緑色が黒ずみ、指で押したとき、柔らかみを感じるくらいが食べ頃です。
質問 東京都 長谷川健さん 
アボガドは種を取り去りさえしなければ鮮度が落ちないと言われるのはなぜですか?
回答 食品情報館編集部 
編集部が調べた結果から申しますと、熟れ具合によりますが市販のものはあまり持たないというのが回答です。冷蔵庫などで保存をすれば多少の日持ちはしますが、日がたつにつれて中に斑点状のものができたり、外側から陥没してしまいます。アボガドは胡桃と同様に収穫後、追熟するのでそのことと勘違いされたのではないかと思われます。
インターネットで検索
●アボカドの故郷●
アボカドはメキシコ及び中南米原産のフルーツで、13~15世紀にメキシコの先住民アステカ族によって栽培がはじめられたといわれております。
アステカ族はメキシコ特産のアボカドと蜂蜜を常食し、バランスのよい栄養補給をしていたことがわかっております。
そして、メキシコを征服したスペイン人の手により15世紀末にはアメリカ大陸よりヨーロッパに広まり、今では世界各国の食卓を飾っております。
●栄養は●
ビタミンA、B1、B2、C、Eなど14種類のビタミンと、17種類のミネラルと、たんぱく質に富みまさに食品のチャンピオンといえます。
しかも栄養価の高いわりには、カロリーは少なく、脂肪は不飽和脂肪酸の形で存在しているのでコレステロールがたまる心配はありません。
又、合成保存料等は一切使用しておりませんので健康、美容、そしてお子様にも最適な健康フルーツです。
●食べ頃●
よく熟れてくると、果皮が濃緑色から黒褐色に変わります。そして手の平で握ってほどよい弾力があれば食べ頃です。
固いものは風通しのある場所に室温(15℃~25℃)で放置し、弾力が出るまで追熟させます。
又、“食べ頃”のアボカドは、冷蔵庫で数日間保存できます。 
公開特許公報フロントページ
 (11)公開番号: 特開平08-070809  
 (43)公開日: 1996年03月19日 
(51)Int.CI.6     A23L  1/20    104
(21)出願番号: 特願平06-240816  (71)出願人: 株式会社松惣
有限会社サムズインターナショナル
 (22)出願日: 1994年09月09日 (72)発明者: 近野辰雄
中村勇
(54) アボガド豆腐及びその製造方法
 (57)要約:

【目的】従来から我が国において極めて親しまれている低カロリーの豆腐にアボガドを混ぜて高カロリー化することにより、少量の摂取でもバランスの取れた栄養食品となるアボガド豆腐及びその製造方法を提供する。
【構成】豆乳に対し、10~40%の割合でアボガドペーストが混入しているアボガド豆腐であり、この製造方法はアボガドをすってペースト状にし、このアボガドペースト9を豆乳7に対し10~40%の割合で、適宜量のにがり12又は硫酸マグネシウム及びクエン酸13とともに豆乳7に入れてかき混ぜてなる。
 リーガルステータス 【審査請求日】 1994年09月09日
 【拒絶査定発送日】 1997年07月08日
 
 (11)公開番号: 特開平08-232166  
 (43)公開日: 1996年09月10日 
(51)Int.CI.6     D06M 13/00               13/203      
(21)出願番号: 特願平07-035509  
(71)出願人: 日華化学株式会社 旭化成工業株式会社
(22)出願日: 1995年02月23日 
(72)発明者: 森容江 辻本章夫 内田重二 秋山真輝生 稲葉育信
(54) 繊維用処理剤および繊維材料の処理方法
(57)要約:
【目的】 天然繊維、再生繊維、半合成繊維、合成繊維またはそれらの複合繊維材料に耐洗濯性を有する保湿効果を与える繊維用処理剤および処理方法を提供する。
【構成】 キュウリ、ニンジン、トマト、桃、アボガド、クチナシ、サルビア、シャクヤク、ラベンダー、カミツレ、シラカバ、茶、オトギリソウ、ヨモギ、海草および海藻からなる群から選ばれる少なくとも1種の植物から採取された植物採取物質、およびオリーブ油、米胚芽油、アーモンド油、メドウホーム油、マカデミアンナッツ油、オレンジオイル、ホホバ油、レシチンおよびスクワランからなる群から選ばれる少なくとも1種の天然系油溶性物質を含む繊維用処理剤およびそれを用いる繊維材料の処理方法。

プルーン

医は食にあり
(『週刊東洋経済97.6.21号』連載第162回)

便秘でお悩みの人にプルーンをプルーンことヨーロッパスモモは腹の調子を整えるがんこな便秘への効果は折り紙つき
 「李下に冠をたださず」は疑わしい行動はするな、という意味の格言だが、本家の 中国では「瓜田李下」ということが多い。正確には「瓜田不納履、李下不整冠」で「 瓜畑でかがんで靴を履き治そうとすれば瓜を盗むのかと疑われる」とセットになって いる。面白いことに、この格言は故事つまり原典がない。誰がいつ言い始めたのだろうか。
  スモモは酸桃(すっぱい桃)からの命名で、日本へも中国から古く伝わり、『万葉 集』にも登場する。
 「わが園の李の花か庭に降るは
だれのいまだ残りたるかも」
大伴家持は、わが庭に降り積もるのは李の白い花か、まだら雪の消え残りか、と詠んだのだが、李の花は三月下旬から四月上旬なので、遅い
雪ということになる。味覚もさることながら、昔は白い花を観賞する木としても重要だったのだろう。
近年、健康食品としてプルーンが見直されている。とりわけアメリカでは「ミラクルフルーツ」と呼ばれて人気が急上昇しつつある。プルーンは、かつては西洋スモモと呼び、今はヨーロッパスモモというのが普通だ。東洋のスモモとは別の種類で、染色体の数からして違う。
日本でも長野県などで70年代から栽培され始めた。果皮の色は白、緑、紫など様々 だが、日本産は青紫色の楕円球状のものが多い。本場ではジュース、ジャムなどに使われ、最近、乾果として薬効が注目されだしたところである。プルーンにはミネラルとビタミンがほどよく含まれている。カリウム、鉄分、マグ ネシウム、亜鉛、それにビタミンA、B1、B2、Cも比較的多い。このうち肉とりわけ レバーに豊富な鉄分の欠乏症がしばしば問題になる。プルーンはレバーの代替食品と して注目されるようになり、欧米では妊婦にプルーンを食べさせるのがごく普通になっている。鉄分は肝臓を強化する一方、不足すると貧血が生じ、イライラ症状から子 供の勉強にも響くといわれている。とはいえ、プルーンで最も注目されるのはその緩下、整腸作用である。ペクチンなど食物繊維が多いせいかとも思うが、繊維質の少ないジュースでも効果抜群となると 、プルーンに含まれるなんらかの物質がその働きをしているのかもしれない。カーパ ー『食べるクスリ』では「マグネシウムがプルーン中で活性成分になっているのかもしれない」というが、結局よく分からないままである。
なに理由が分からなくとも別段困りはしない。とにかく便秘で悩んでいる人にはプ ルーンのジュースか乾果をお勧めする。習慣性の心配をしなくてすむのもよい。ただし取りすぎると腹が張った感じになり、消化不良、下痢を引き起こす。腸の蠕動が平常でいくよう、様子を見つつ少しずつ増やしていくのがよい。

ミラクルフルーツ(3)

ミラクルフルーツ

アカテツ科に属する学名Richadella dulcifica(Schum and Thonn) Baehniは、通称ミラクルフルーツと呼ばれる赤い実をつける。
この植物は、ガーナからコンゴにかけて海岸の低木林あるいは林の縁に添って自生する西アフリカ固有の植物である。3メートル位まで生長する。生長は非常に遅い。花は白くて小さい(米粒大)。ほのかな香りを放ち、温室内は良い香りに満たされる。

日本での温室栽培(20℃以上)では年間を通じて次々と開花結実する。果実は長楕円形か卵形で長さ2㎝、直径1㎝位の多肉質の漿果で、赤熟し中に1個の種子がある。
この果実は酸っぱいものを甘くする不思議な働きをもっている。果肉を舌の全面にゆきわたるように2ー3分間転がす。その後で酸っぱいものを味わうとそれが甘味に変わってしまう。酸っぱいレモンも甘いオレンジのような味になる。但し、この効果は常温では長く続かない。冷凍保存しておけばいつでも楽しめる。
 
横浜国立大学の栗原良枝教授がこの不思議な作用を示す成分(ミラクリン)の精製に世界で最初に成功した。

日本で栽培するには最低温度8℃以上に保たなければ枯死する。 15℃以上あれば多少結実周期が遅延するが栽培上はほとんど問題ない。 20℃以上の温度保持が可能であれば年間を通じて結実する。 よって日本では沖縄地方を除いて温室での栽培となる。

ミラクルフルーツ(2)

from食品情報館;ミラクルフルーツ
質問 男性 
5月27日放送のジャングルテレビにて、レモン等のすっぱい食べ物を甘く感じさせてしまう「ミラクル」という果物が紹介されていました。この果物の栄養価、すっぱいものを甘く感じさせるメカニズム、入手方法等、わかりましたらお教えください。

回答 平塚市
詳細は忘れてしまいましたが、一時期このフルーツについて大学院時代に研究をしていたので、覚えている範囲でかきます。このフルーツの熟した実を食べると、約3分ほどで酸っぱいものに限らず水までも甘く感じるようになります。もとはある部族(忘れました!)が酸っぱいお酒を飲む前にこの実を食べているところから発見されたそうです。メカニズムに関しては、ミラクルフルーツに存在するミラクリンというタンパク質が、舌にある味覚受容サイトという味覚を感じる部分に結合して味覚受容のメカニズムを変化させることから生じます。ミラクリンそのものには味はありません。栄養価についてはわかりません。入手方法なのですが、現在のところ難しいと思われます。私の知っている限りでは、東京大学で学術を目的とした大学関係者に無償で配っていました。大きな園芸店などで販売していないか片っ端から調べてみるとあるかもしれませんね。このミラクルフルーツは、苗木を植えてから約10年以上しないと結実しないようです。余談ですが、このフルーツは結構前から医学、薬学関係で研究されており、糖尿病患者等に利用できないかと研究されています。また、ミラクルフルーツのほかに同じような作用を持つ植物、確かクルクリゴとか言ったと思いますが、あります!

民間療法

[タイトル]:病気別民間療法の知恵
[巻頭特集]:民間療法 庭の草木、畑の野菜が体を癒す
[見出し]:
○高血圧    ◎高血圧や脳軟化症に大豆の酢漬け
◎成人病に酢卵
○打身、ねんざ ◎ねんざに里芋
◎打ち身、くじきに接骨木
◎打撲傷の痛み止め 小麦と酢
○便秘 ◎便秘の予防
◎アロエ
◎はちみつとりんご酢
○下痢 ◎下痢、腹痛に梅肉エキス
◎胃腸にげんのしょうこ
○肩こり、魚の目◎肩こりにみかんの皮
◎魚の目にいちょうの葉
○頭痛、ぜん息、痰 ◎ぜん息に青松葉
◎頭痛に豆腐の湿布
○やけど ◎卵の黄身
◎蛇いちごの実
◎食用油と塩
○しょう油 ◎軽い火傷に冷や飯
◎軽い火傷に雪の下
○おでき ◎根生姜
◎べんけい草
◎ごぼうのタネ

[タイトル]:暑い夏こそ身近な薬草採取のチャンス
[見出し]:
○皮膚の病気 ◎切り傷、やけどに オトギリソウ
◎おできの吸いだしに ドクダミ
◎あせもやかぶれに モモの葉
○目の病気 ◎ただれ目、はやり目に キハダの皮
○口、のどの病気◎口内炎には ビワの葉
◎扁桃炎には スイカズラの葉
◎歯槽膿漏には ハコベ塩
○痛み   ◎リウマチ、神経痛、腰痛、肩こりなどにイチジク・クリの葉
○かぜ ◎かぜのひき始めには ネギ
◎たん切りには オオバコ
○胃腸の病気 ◎食欲不振には ヒキオコシ
◎下痢、食中毒に ゲンノショウコ
◎便秘症には アロエ
○むくみ ◎急性腎炎、膀胱炎 スイカやウツボグサ
○糖尿病 ◎カボチャを食べる
○動脈硬化症 ◎ビタミンCの多い カキの葉
◎ルチンを含む エンジュのつぼみ
○婦人病 ◎つわりに カラスビシャク
◎冷え症には ヨモギ

アロエ(6)ベラ葉肉(ゲル)の成分と働き

アロエベラ葉肉(ゲル)の成分と働き
アロエべラゲルとは葉肉のゼリ-状の内層成分のことをいい
その中には多糖類、酵素類、アミノ酸類、ビタミン類、ミネラルなど
75種類以上の微量栄養素がバランスよく含まれております。

葉肉(ゲル)の主成分は多糖体で、その分子量は多いほど良いとされています。ベラの分子量は45万(キダチアロエは6万)です。
これは霊芝や高麗人参に匹敵する量です。その様々な成分が体の内外に良い効果をもたらし、健康維持に役立ちます。

アロエの有効成分
成分名                         効用と成分の内容
アロイン(aloin)  〈中国語〉芦荟苷                  苦味配糖体、健胃、緩下、瀉下  
アロエエモジン(aloe emodin) 〈中国語〉芦荟大黄素       苦味、健胃、緩下、瀉下  
アロエウルシン(aloe ulcin) 〈中国語〉芦荟乌辛        抗カイヨウ      
アロミチン(alomicin) 〈中国語〉芦荟米嗪              抗ガン、抗ウイルス  
アロエチン(aloecin)  〈中国語〉芦荟辛              抗菌、抗カビ    
アロエニン(aloenin)    〈中国語〉芦荟宁            健胃、緩下      
アロエシン(aloesin)  〈中国語〉芦荟苦素              抗菌            
アロエソンエモジン(aloeson emodin) 健胃、緩下      
アロエマンナン(aloe mannan)   〈中国語〉芦荟曼喃     抗シュヨウ      
ホモナタロイン(homonatloin)        苦味質          
ベータババロイン(β-barbaloin)     緩下            
オーグリコシド(O-glycoside)        配糖体          
サポニン(saponins)                 配糖体          
ウロン酸(uronic acid)              カルボキシル基をもつ有機化合物 
糖分(sugars)                       単糖及び加水分解が可能な糖体  
ムコ多糖類複合体                   グルコサミンを有する多糖体  
(mucopolysaccharides complex)                                     
ミルセン(myrcene)  〈中国語〉月桂烯     月桂樹やホップなどにも含まれる油成分  リモネン(limonen)
オレンジ、レモンの皮などにも含まれる単環テルペン
コニフェリルアルコール(conifey alchol   酸化するとバニリンになる成分  
グルコサミン(glucosamines)            粘液質などから得られる針状結晶で、天然のアミノ酸
ヘキスロン酸(hexuronic asid)  柑橘類から分離される物質でウロン酸の総称  
アロエベラ・ネテルの成分の一つである ネテル とは、いらくさ科のグレート・スティング・ネトルから抽出される成分のことです。
ネテルの成分はフラボノイド、アミノ酸、各ミネラル、ビタミンCが豊富に含まれ、紀元前よりサソリや有毒植物の対策に活用、新芽や若葉を食用としましたネテルエキスにアロエベラエキスを配合、健康に役立つ食品として完成しました。 

アロエベラとハチミツで美しさと健康を
アロエベラがわたしたち人類にとって、大変有用な植物として愛用されてきたことは、古く聖書にも記されています。 アロエベラは北アフリカの地中海岸、南アフリカ、アラビア半島の南海岸など、熱帯または亜熱帯地方を原産地とする植物です。 外見はサボテンに似ていますが、アスパラガス、タマネギ、ニンニクなどと同じユリ科の植物で、毎年春には黄色い花を咲かせます。
アロエは本種だけで約500種類以上といわれています。健康や美容に役立つものとしてはアロエベラ、 そして日本でよく知られているキダチアロエの他、2.3種類です。現在アロエベラは、米国ではテキサス州、フロリダ州、 南カリフォルニアなどで農薬などは一切使用せず栽培されています。
 アロエベラの外皮をはがした下にある半透明のジェルに含まれる成分は、栄養的にも、また美容上も非常に価値があり、 健康に役立つジュースや化粧品として利用されています。

アロエ(5)ルーツ

アロエのルーツ
どこから来たの?アロエ
  日本の植物ではありません。原産地は南アフリカ、マダガスカル、東南アフリカ、等に集中している多肉植物です(サボテン等の仲間か)、学術的にはゆり科アロエ属。日本へ渡来した当時は「蘆薈(ろかい)」と呼ばれていました。渡来の時期については今から5-600年前という説が有力ですが、伝播の経路としては、現在アロエが自生している地域が、九州、瀬戸内海、伊豆、千葉と主に太平洋側に多く分布していることから、陸路というよりも海路をつたって南から伝わっていったと考えるのが自然と思われます。伊豆でも古くからアロエが自生していたのはここ白浜と南伊豆の一部に限られ、現在見られるキダチアロエの多くは後に植栽されたものと思われます。白浜については15年程前の調査で江戸時代に白浜の板戸地区の漁師が持ち込んだという当事者のお孫さんの証言があり、直接の関係者からの情報としてはこれが最も古いものとなります。伊豆白浜地区のアロエの里の名はこの史実に由来しています。アロエ種類については300-500種といわれますが、一般の人が実際お目にかかるのは、キダチアロエ、アロエベラ、不夜城、七宝錦くらいでしょうか。ちまたにアロエと言われるものはたいていがキダチアロエを指すことが多いようです。実際、日本で自生しているとなると圧倒的にキダチアロエが多いと思われます。キダチアロエは比較的小型で伊豆地方では民家の庭先などでもよく見かけます。化粧品、食品加工された製品となっても、キダチアロエ、アロエベラがほとんどだと思います。アロエは自然交雑種が多く原種を見つけるのがかなり困難なようです。最近では地中海のコルシカ島で
アロエベラの原種が見つかったとの話しを聞きました。場所的にはインドに伝播するにもいいロケーションともいえますが、アロエ研究者が日本では数少なくこれからいろいろなことが解明されていくことを期待しています。

[キダチアロエ]と[アロエベラ]
ご家庭でも扱い易いアロエということでキダチアロエとアロエベラの違いについて補足しておきます。基本的には含有する成分はほとんど同じといえますが、アロエの場合その主な成分は葉の羊肉のゼリー質(アロエゲル)にあります。ここにアロエの特徴的な多糖体が含まれているのですが、その分子量がアロエベラの方が圧倒的に多く存在することがわかっています。しかし苦みに関してはキダチアロエの方が苦み成分であるアロインを多く含むので苦みは強く感じます。外見的にはキダチアロエは茎があり高く伸び、小振りの葉に比べ、アロエベラは一枚の葉が非常に大きく茎はなく地表付近に葉をつける違いがあります。花についてもキダチアロエが朱色の花をつけるのに対しアロエベラは黄色の花をつけます。簡単にまとめると、この二つのアロエは成分はほとんど共通ですが。そのゼリー質の発達の違いによって、多糖体の量に差がある。姿形が異なる。ということが言えると思います。こと栽培に関してはキダチアロエの方が手間いらずかなぁ..と思います。株分けも楽ですし。

交配について
アロエの場合、自然交配でも雑種が出るようでキダチアロエ同志でも結実による発芽の場合にはバリエイションが発生します。花が咲くなどしてみないとなかなか形質上の特徴はでませんが....しかし異品種の交配になると別で、一見して親種の特徴を併せ持つ場合があります。結実させること自体が難しいのですが成功するとなかなか面白いものが出来上がって来ます。鑑賞用アロエの研究ということで行っている育種です。

アロエを使ってみよう
アロエの使い方をいくつか紹介
アロエは古来より民間では怪我、民間薬草として使われていたようです。ではどのような時に、どのように使用するかご紹介していきます。
1.食べる
胃の調子の悪いとき(胃弱)や便秘の時などに
生のアロエはとげとげにがにがで非常に扱い難いものです。しかし胃の調子の悪いときなど、このあたりのお年寄りの中には庭にでてアロエをもいできてそのままバリっとやります。(刺はとってね)これがけっこういいんです。アロエは苦みの中に特有の成分があるといわれています。私もどうしても調子悪くて仕方ないときはこれをやります。かなり荒っぽいですが、神秘の植物ですからね?(かなりにがにがです。)白浜の民宿の中にはアロエ料理を食べさせてくれるところもあり、宿によっては花をてんぷらにしてくれたりします。アロエの花にも当然甘い蜜があり、天ぷらにしてもちょっと甘味があります。

アロエはいつが食べごろ?
 意外と知られていないアロエの特徴を記述しておきます。アロエは南アフリカなどの日差しの強い乾燥地帯の過酷な環境に自生していることが多いので、日中は代謝を低下させ休眠しています。主にその代謝活動は夜に行われるため、朝早くが一番エネルギー満タン状態で日中に消耗し、夜また貯えるといったサイクルを繰り返していると言われています。季節的には夏が一番良好で、良いアロエ製品を供給するため、私たちも収穫については夏の早朝に行っています。
生はだめな時はこうしましょう。
生のアロエの両端のとげを取り除いた後、幅2mm程度に刻み、風通しのよい所に置けば、乾燥葉のできあがり、生の葉の代用として重宝します。お茶に入れてもお手軽健康茶?粉末にしてもいいと思います。(オブラートなどで包まないと苦いですが..)

2.飲む
出来るだけそのまま飲んでみる?
食べるのがだめなときは飲む方法もあります。キダチアロエの場合には一回の摂取量は生の葉を2-3cm切った程度です、生の葉一本をミキサーでクラッシュしたり、ジューサーで絞ったりしている人もいるようですが、どちらにしろ、多量に一度に飲むと下痢をしたりしますので、個人差はありますが、一回にお猪口一杯くらいで一日3回位で試した方がいいような気がします。上記の乾燥葉を白湯で戻してもいただけます。(こちらの方がマイルド)
おいしく飲む工夫について紹介します。結局苦みがあるということで敬遠されるアロエ、工夫して使われている方も多いようです。

はちみつを使ってみる
材料:アロエ生葉・3cm位/はちみつ・おおさじ1杯/水・コップ半分位
1:アロエの生葉をよく洗う
2:3cm程切り、両端のトゲを取る。
3:皮がついたまま大根おろしなどですりおろす
4:3に水とはちみつを加えて出来上がり
(氷とレモン汁を加えるとより苦味を感じ難くなります)
アロエ酒
材料:アロエ生葉・1kg/ホワイトリカー又は焼酎・1.8リットル/氷砂糖・400g(グラニュー糖等でも可)
1:アロエの生葉一本をきれいに洗います。
2:刺の両端を取り除きます
3:幅2cmほどにカットします
4:広口瓶にカットしたアロエと氷砂糖400g、ホワイトリカー1.8リットルを加えしっかりふたをする。
5:1-2ヶ月間冷暗所に置きます。
これで飲めるようになりますが、3ヶ月ほどしたらアロエは瓶から取り除きます。(取り除かないと濁りや沈殿物が出易くなります。)
口から摂る時のご注意!!
アロエは便通がよくなり、ますが、摂りすぎは下痢などになったりすることがありますので、なにごとも程々がよいようです。また、妊娠中などは注意が必要ですのでかかりつけのお医者さまにご相談されるとよいでしょう。

3.塗る
アロエの表皮を剥ぎ、葉肉から、出る液を直接肌に塗り付けます、虫刺され、多少の怪我、日焼けのときなどに使用しています。
(山に作業に行ったときなどは薬を持っていっていないので)

4.お風呂
夏は海に行った後はアロエの葉に刻みを入れて湯船に浮かべアロエ風呂だあ!!なんてやってます。これはいいですよ。日焼けのあとアロエを塗ったことないですか?湯船にアロエを浮かべる時はカスが残るので布袋など用意しておくと便利です。適量は浴槽の量にもよりますが、我が家ではキダチアロエの葉なら2-3枚、アロエベラなら1枚といったところです。お肌が敏感な人はかゆみが出ることもあるのでほどほどに量は加減したほうがいいようです。これから日差しが強くなる季節、手軽に取り入れられる日焼け対策としてはお勧めです。冬場はあったまっていいです。

アロエを育ててみる
 霜が降りない、積雪のない地域なら4月から5月くらいがアロエの植え替えには最適、根の張りも一番向いていると言われています。すでにアロエを栽培している方もおありになろうかと思いますが、まだ育てたことのない方もお見えになると思いますので、鉢植えの方法についてご紹介していきます。お庭などがある場合でも同様の手順ですのでご参考になればと思います。
 アロエの植え替えは4-5月頃が最適です。土は水はけの良い土に腐葉土を20%混ぜたものを使用してみてください。湿度の高いとき(梅雨の時期など)や冬場は水をやりすぎると根腐れをおこしますのでご注意下さい。水は鉢の土の上が十分に乾いた状態で与えてください。もともと乾燥した土地の植物です。水を与えすぎないよう注意してください。鉢植えの場合肥料は市販の化学肥料か有機肥料を2-3ヶ月に1度少量与えるだけで十分のはずです。アロエが根を張って成長したら、大き目の鉢に植え替えるなり庭に植え替えるなりしてください。5度以下の低温にならなければ順調に育つ筈です。

アロエを栽培する際の注意点
1:なるべく日当たりのよい、暖かいところに置いてください。アロエの良い発育環境は5度以上の気温がよいといわれています。霜がおりたり、積雪にみまわれると細胞壁が壊れ、葉肉がゆるいゼリー状になり枯れてしまいます。寒い地方などでは冬場は室内に置く必要があります。
2:水やりは夕方?アロエは元々日中は過酷な環境で生まれた植物、よって日中は休眠しておりますので、水が必要なのは夜となります。水やりは夕刻少量が基本です。夏などの日中に水をホースなどで撒くと、アロエのロゼット中心部(葉の広がる中心の所、新しい葉の芽が出ている所)に水が溜まりそれが高温になることでアロエの葉が溶け、枯らしてしまう事があります。
3:アロエは地下茎のため根が張ってきたときは植え替えを行わないと成長が遅れますので、ご注意下さい。
アロエを育てる温室について:ご家庭で温室を持っておられる、またはこれから作る予定の場合には経験的なアドバイスとして次の点にご注意下さい。夏場などの多湿高温はアロエには毒です。一般に温室の屋根の高さは低いほど高温になりやすくなります。
家庭用の2メートル前後の屋根の場合、サイドをネットで覆い可動式又は脱着式のビニールで上を覆うなどの工夫が必要です。風通しを確保しましょう。
キダチアロエ、アロエベラなどは直射日光を浴びても大丈夫ですが、鑑賞用に好まれるアロエのなかには直射日光を嫌うものもあるので、その場合はフッ化ビニールなどの透過率の低いものをトップに張ることをお勧めします。

アロエの選びかた
購入する際の留意点、園芸店などで売っています。緑の濃い、葉に張りがあるものがいいアロエです。刺も触って痛いくらいが元気な証拠です。いいアロエは触るとプリプリして葉肉もジューシーです。基本的にある程度根の張った葉の長さが30センチ以上のものが初めての方でもあまり手間がかからず育てやすいと思います。(種からは、かなり険しい道のりになります^^;)。また
キダチアロエとアロエベラに限って言えば加えて緑の濃いものを選ぶとよいでしょう。
私たちがアロエを見る際には、全体の株の大きさ、葉の大きさと形、色、味(実際に味見します)、花などをみて根付き等を含めた全体で評価しています。よいものは株分けし集中的に増やすようにして、キダチアロエのなかでもより良いものを選っているのです。私たちは生産者ということもあり、数万本の株を日常的に観察しているのでかなり見立てはシビアですが、一般的には上記のポイントをチェックすれば十分だと思います。
私たちはこのように育てています。

アロエを増やしてみる
アロエの場合、結実した種子を使って増やすのは合理的ではありません。だいたい結実しにくいし、乾期と雨期のあるところの植物の種子は休眠期があり、まいたとしてもうまく発芽させるのが難しいからです。
アロエはある程度成長すると地上の茎、あるいは地表付近から芽を吹きます。その芽を刃物できりとり1週間ほど陰干しして、上にご紹介させていただいたような土に挿してください。しばらくそのままにしておくと、アロエはそれまで貯えた水分と養分で自力で根をつけますので、根がしっかりついた後、水やりを開始してください。それまでは水やりをひかえましょう。後は普通に育てることが出来ます。
茎の先から5-7cmほどを切って上記と同じように陰干ししてから挿しても根がつきますが、慣れないとうまくいかないことがありますので。先の方法がお勧めです。根がついたかつかないかは私たちは勘でわかりますが、一般には分かりませんので指で確かめるなどしてみてください。どんどん増やして下さい。
芽を挿すとき、挿し木をする時の注意点 アロエの茎の先の方は葉の細胞と茎の細胞の分かれ目です。挿し木の場合、切った後断面に年輪のように見えるときは短すぎです。根はつきません。導管が通っているのを確認してください。
陰干しは十分に!!十分に乾燥していないと根がつき難い場合があります。(1週間が目安です)根がつくまえに水を与えすぎると根がつかずそのまま枯れてしまいます。

Touxiaのブログ
2010年6月25日開始
植物について あれこれと書いています。いつの間にか3年が過ぎました。ニンゲン様の都合だけでなく植物の都合もかけたらいいな。植物をめぐる 周辺 についても 書き始めました。 Touxiaのブログ
大きな国で
ちょっと違うよと怒鳴ってます
テーマ別にブログを開設


うろたえる紙魚
ブログ「大きな国で」の資料庫と思って書いています。本の感想や気に入った言葉をつづります。でも最近は 今の心境を一番 表していそうです

食のイノベーション
2014年4月15日からはじめました

サルがダーウィンになった
進化論について勉強します

モグラのナミダ
DVDや優酷を見た感想を書いています。評価の基準は ナミダです。ナミダが出たもんが勝ち。悲しくて泣き 嬉しくて泣いています。

村上春樹の鼻毛
ムラカミハルキについてあれこれをつづる。

オンチなジャガイモ
中国語の勉強用メモ

微笑みの国で
雲南から チェンマイに 出稼ぎに行った時に書きました。でも今は中国。微笑みの国で『なにか』が起こった時に書いています。

バラの花につつまれて
バラの品種など・・・

大きな国で 画像
ライブドアーは画像がアップできないので、これでやっています。

おもしろすぎるぜ中国で
元祖 楽天でのブログ;スパムがおおすぎて休止。古いブログが読めます。

私のホームページ
このHPは 中国で見ることができるようになりました。ありがとう。

中国版Twitter
新浪微博 日本的老土

中国では できませんが国境を越えたらできるようになった Twitter
私は touxia で登録しています。

スカイプは tsuchishita です。

Facebook もやっていますよ。接続は難しいですが。

どうぞお寄りください。
Touxia

Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    カテゴリ別アーカイブ
    プロフィール

    touxia

    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ