2011年04月

サトウキビ改良にトヨタの力

サトウキビ改良にトヨタの力 


トヨタ自動車と独立行政法人、九州沖縄農業研究センター(熊本県合志市)はバイオ燃料の原料になるサトウキビの品種改良に共同で乗り出す。トヨタが開発したサトウキビの遺伝子情報を効率的に解析する技術を利用し、農研センターが品種改良につなげる。

 サトウキビの遺伝子は情報量が多く、解析が難しかった。しかし、トヨタの技術で「病気に強い」「糖度が高い」など改良に有効な遺伝子の特定が簡単になり、通常8年かかる品種改良期間が半減する可能性がある。農研センターは「燃料、食用など幅広い目的にトヨタの技術が応用できる」と期待している。

糖度をあげる遺伝子は たくさんの遺伝子が関与している

と聞いたことがある。

遺伝子解析技術がかなり進んできているんですね。

黒くない黒糖

黒くない黒糖できた まろやかな味、熊本の独法が開発

(転載)

独立行政法人、九州沖縄農業研究センター(熊本県合志市)が色が薄く味がまろやかな黒糖をつくり出した。色が薄い料理やお菓子にも使えるようになり、消費拡大につながると期待されている。

 サトウキビの搾り汁からつくる黒糖は、精製された白砂糖より糖分の吸収が緩やかで老化を防ぐ抗酸化成分も豊富。だが搾り器の鉄分のほか、不純物を取り除くために加える石灰などの影響で黒ずみ、味にえぐみが出てしまう。

そこでセンターは搾り器をステンレス製に変え、石灰を使わずにすむよう土がついていない新鮮なサトウキビを使って色の薄い黒糖づくりに成功した。

この方法で昨年から色の薄い黒糖をつくっている熊本県水俣市の農家下田雄二さん(61)はシロップに加工して福岡市の洋菓子店などに卸している。「評判がいいので、作付面積を増やしたい」と話す。

サトウキビ生産日本一の沖縄県糖業農産課は「くせがある黒糖は苦手という人もいる。まろやかな味になれば広く受け入れられるはずだ」と期待する。』 


温度がかなり影響しているので

水分をとる時に 低温でできれば 可能だと思うが・・・

ロイヤラクチン(3)

ローヤルゼリー由来細胞増殖因子様物質 ロイヤラクチンの抗疲労作用機構の解析

鎌倉昌樹(富山県立大学工学部)

『本年度は次のような項目において研究を実施した。

1,神経化学的解析による疲労の分子機構の解明 ロイヤラクチンの抗疲労作用を総合的に評価するため疲労の新たな評価系の構築を目指し、脳内における疲労の分子機構の解明に着手した。

疲労の発現に大きく関与する脳を中心に疲労前後のマウスにおいて発現が変動している遺伝子を解析した結果、流水遊泳装置を用いて疲労させた後の海馬において発現が上昇する因子として、興奮性のシナプス伝達に関与するAMPA型グルタミン酸受容体(AMPAR)α1サブユニット(GluR1)と神経細胞においてアポトーシスのシグナル伝達に関与するB-cell receptor-associated protein 31(Bap31)を新たに見出した。

一方拘束水浸ストレスを与えたマウスでは、GluR1Bap31の遺伝子発現に変化は見られなかった。従って、GluR1Bap31は精神ストレスではなく疲労の時にのみ発現が誘導される因子である可能性が考えられた。 

2,ローヤルゼリーの抗コレステロールの作用機構の解明 ローヤルゼリー(RJ)は<b>肝臓に対する様々な薬理活性</b>を有す。

しかし、その作用メカニズムやRJ中の有効成分は未だ明らかになっていない。

そこで今年度は、RJの肝臓に対する薬理作用のメカニズムの解明にも着手した。

その結果、RJの抗コレステロール作用は、コレステロール合成に関与するスクアレンエポキシダーゼの発現を転写レベルで抑制し、コレステロールの肝臓への取込みに関与するLow density lipoprotein receptor (LDLR)の発現を増強することに起因していることが明らかとなった。 

3,ロイヤラクチンが作用する肝細胞の受容体の同定 昨年度、バインディングアッセイによる解析から57kDaローヤルゼリータンパク質(ロイヤラクチン)ははトランスフォーミング増殖因子(TGF)-αのアゴニストとして、肝細胞表面の上皮増殖因子(EGF)受容体に作用している可能性があることを報告した。

さらに、ラット肝臓cDNAライブラリーを対象として酵母Two hybrid systemを用いた解析を行ったところ、ロイヤラクチンと相互作用するタンパク質としてRhomboidというタンパク質が新たに見出された。Rhomboidは、ショウジョウバエ(Drosophila)においてSpitzというTGF-α様のリガンドを切断し、EGF受容体を活性化している因子である。現在のところ、哺乳類細胞におけるRhomboidのホモログは見つかっているが、Spitzと相同性を示すタンパク質はいまだ見つかっていないことから、TGF-α様のロイヤラクチンが疑似的にRhomboidと結合したものと考えられた。

しかし、ロイヤラクチンは蜜蜂においてRhomoboid-Spiz経路を活性化するという新たなシグナル経路を形成している可能性が示唆された。現在、Drosophilaを用いてロイヤラクチンが同経路の活性化しているか否かについての検討を行っている』

ロイヤラクチン(2)

ローヤルゼリー由来新規細胞増殖因子様物質 ロイヤラクチンの生物学的機能の解析

ローヤルゼリー(RJ)は、様々な薬理作用を有することから、医薬品原料や栄養補助食品としても幅広く活用されている。RJの品質の適切な評価基準や評価法を確立するため、RJ中の品質指標物質を見出すことを目的として、RJの保存中の成分組成の変化と生理活性との関係について検討した。


その結果、RJ中の既知の有効成分は高温での保存でも殆ど安定であったが、RJ中の57kDaタンパク質だけが、<b>保存温度の上昇、保存期間に依存して特異的に分解</b>されていることを見いだした。次に、流水プールによる運動量測定装置を用いてRJの抗疲労効果を評価した結果、RJ中の57kDaタンパク質含量はRJの抗疲労作用と比例していた。これらの結果から、57kDaタンパク質は、RJの鮮度及び品質評価の指標物質となることを明らかにし、これをロイヤラクチンと命名した。


更にロイヤラクチンの生理機能を解析した。RJは投与後比較的短時間で抗疲労作用を示したことから、ロイヤラクチンが<b>上皮増殖因子 (EGF) や肝細胞増殖因子(HGF)と同様に肝臓での糖新生を活性化</b>するのではないかと考えた。種々の栄養化学的、分子生物学的、生化学的な解析の結果、ロイヤラクチンは肝細胞に対しRas/MAP キナーゼ経路の活性化によりDNA合成促進作用を示し、さらに細胞保護作用、抗アポトーシス作用などのEGF様の作用を示すことを見出した。


本研究により、ロイヤラクチンが細胞増殖因子様の作用を示す生理活性物質であり、RJの品質の評価物質としての重要性を分子レベルで初めて明らかにした。更に現在では、ロイヤラクチンのcDNAをクローニング、ロイヤラクチンの大腸菌による発現、更にロイヤラクチン遺伝子産物の肝細胞に対する作用について検討を行い、ロイヤラクチン遺伝子産物がロイヤラクチンと同様に細胞増殖因子様作用を示し、細胞内のMAPキナーゼとAkt1を活性化することを明らかにしている。

 

ローヤルゼリーにより発現制御を受ける遺伝子群の解析

 

これまでに薬効を示す様々な食品成分が報告されてきているが、なかでもローヤルゼリー(RJ)は、血清コレステロール及び脂質低下作用や四塩化炭素による肝臓傷害の改善作用など肝臓に対して多くの作用を示すことが報告されてきている。しかし、その肝臓に対する代謝改善機構は未だ解明されていない。そこで本研究では、RJの肝臓に対する薬理作用を分子レベルで明らかにすることを目的として、RJにより発現が変動するマウス肝臓遺伝子群のDNAマイクロアレイによる解析を行った。

その結果、ローヤルゼリーの摂取により発現が上昇した遺伝子は148個、低下した遺伝子は119個みられた。これらの中には脂質コレステロール代謝関連酵素群、免疫系、シグナル伝達にかかわる分子群なども含まれていた。更に、40℃で7日間保存したRJ40-7d RJ)を用いて、RJの保存中の成分組成の変化が肝臓の遺伝子発現に及ぼす影響について解析した結果、RJ投与群で発現変動のあった267遺伝子群のうちその約60%でその発現変動の消失が見られた。

また、RJ投与群ではシトクロムP450 (CYP)や薬物代謝関連酵素の遺伝子の発現に殆ど変動が見られなかったが、40-7d RJ投与群では、グルタチオンペルオキシダーゼ (Gpx)、グルタチオンS-トランスフェラーゼ (Gst)の遺伝子発現の上昇やRJ投与群で見られたアルコール性肝疾患の原因となる過酸化脂質の形成に関与するCYP4A14遺伝子の発現低下の抑制が見られた。

これらの結果から、40-7d RJ CYP4A14遺伝子の発現を増加させることで内因性の過酸化脂質が増加し、その結果GpxGstの遺伝子発現が増加したものと考えられた。RJの安全性や生理機能を維持するためには保存条件が重要であり、RJを高温で保存することにより薬理作用が減少することが示唆された。また、このように<b>食品の品質安全性の評価や食品の貯蔵中の安全性管理</b>にDNA マイクロアレイ解析を応用することは、迅速かつ正確な食品の品質管理にとって非常に有効であることが明らかとなった

ロイヤラクチンは 40℃の時には 分解されてしまう。
ロイヤラクチンは 肝機能の向上に役に立っているようだ。

ロイヤラクチン

女王蜂つくる成分発見 

=ロイヤルゼリーの謎解明-養蜂に応用期待・富山県立大講師

『蜜蜂の幼虫を女王蜂に成長させる物質は、働き蜂が分泌するロイヤルゼリーに含まれる「ロイヤラクチン」と呼ばれるたんぱく質であることが分かった。富山県立大工学部生物工学科の鎌倉昌樹講師(40)が発見し、4月24日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

ロイヤルゼリーを与えられた幼虫だけが女王蜂になることは100年以上前から知られていたが、その機能を担う成分が初めて突き止められた。鎌倉講師は「蜜蜂を安定供給する飼育法の開発や、働き蜂が突然いなくなる蜂群崩壊症候群の解明に役立つのではないか」と話している。

女王蜂は全て雌である働き蜂に比べて成長が早く、体格は1.5倍、寿命は20倍。女王蜂だけが産卵でき、1日に約2000個もの卵を産む。ロイヤラクチンは、哺乳類の肝臓に相当する脂肪体にある「上皮増殖因子受容体」(EGFR)に作用することで、これらの特徴を生じさせることも分かった。

このうち産卵数については、EGFRを介し、頭部のアラタ体から「幼若ホルモン」の分泌が促進されて増加に至るという。』


『これまで、幼虫の時にローヤルゼリーを摂取すると女王蜂に分化することは解明されていたが、どの成分が女王蜂に成長させるのかは未解明だった。

鎌倉講師が、幼虫に新鮮なローヤルゼリーと、40度で30日間保存した古いものを与えたところ、新鮮なものを摂取した方が女王蜂に成長した。

さらに新鮮なローヤルゼリーに含まれる複数のたんぱく質を抽出、投与して比べた結果、ロイヤラクチンが体を大きくさせ、女王蜂に成長させる因子であることを発見した。

また、ロイヤラクチンをショウジョウバエに投与すると、女王蜂と同じように体の成長や産卵数、寿命の増加がみられ、種を超えて作用する因子であることも判明した』


女王ショウジョウバエの誕生。
昆虫の巨大化が可能になる?

后谷咖啡 A株上場

后谷咖啡酝酿国内A股上市 云南咖啡欲“破土”
(転載)
『尽管遭遇多年不遇的大旱,作我国最大的咖啡生,地云南德宏州的后谷咖啡(称“后谷”)仍然没有停下扩张的步伐。

“我3000吨的速溶咖啡粉生产线线在年1万吨的生产线正在建。”420日,后谷咖啡董事熊相入报记者表示。

而后谷的野心还远不止于此。据了解,在云南省“十二五”划提出要把咖啡种植面49增加到100的同,后谷也正划着10万吨的生产线项目。“这样模大概需要40亿的投。”熊相入表示,针对如此大的金需求,公司划在2011年底在国内A股上市,融20亿-30亿元。

一方面求与接,另一方面,后谷也在生上游求突破——在咖啡原料供上采用“反租倒包、抽管理”的模式,充分发挥规优势,以保证稳定而有量的原料供

模效
世界三大料之首、次于石油的全球第二大品,咖啡消耗量大比可可和茶叶各大两倍左右,而咖啡的消耗量在全球范在以每年1.5%的速度增。“中国的咖啡消。”全国人大农经委副主任尹成杰表示。

据了解,目前国内咖啡消3万吨/年,市容量在500亿元,以每年25%的速度增高于世界咖啡消的年增率,已成全球咖啡消的重要引擎。而与此同,我国咖啡的生产规却相偏小。

目前全国年咖啡豆8万吨。主要区在云南、广、海南,此外,在福建、广西有少量种植。其中,广、海南以中粒种主,云南以小粒种主。

有数据示,截至2009年底,全国咖啡种植面积约50。“云南咖啡种植就达35,德宏州达10。而未来3年,德宏州的咖啡种植面将达到20。”德宏州州委书记赵金表示。

而作德宏州咖啡业龙头的后谷无疑成为这一目的重要承担者。目前,后谷咖啡已在云南省范内种植咖啡达8.7。后谷同时计划在2011实现农纯收入5亿元,实现咖啡粉出口50亿元目以及国内咖啡售突破500亿元目

目前,德宏州正与巴西、德国划合作速溶咖啡粉加工设备及技在德宏建成中国最大的速溶咖啡粉生基地。


模的背后,是企业对资金的巨大需求。
熊相入报记者表示,后谷划在2011年底上市,融20亿-30亿元。“旱情德宏的咖啡生影响不大,上市工作也没有什么影响,都在按部就班的做。”

据了解,目前随着四所一商(税务师所、审计师所、律所、会计师所,券商)已经进驻后谷咖啡,上市工作也已经进入到了实质性的运作段。“后谷咖啡准中国咖啡第一股上市。” 此前的20085月,后谷已投1.1亿元建3000吨速溶咖啡粉目;2009年,又投入4.63亿元新建1万吨速溶咖啡生产项目,投4.5亿元启12咖啡新种目。“未来我们还将投10万吨的生产线,上市的金就将用于些投。”熊相入

雲南省がコーヒー産業の10年計画

コーヒー栽培60年 雲南省が10年計画 生産高拡大狙う

(転載)

『雲南省が策定した「コーヒー産業発展計画」(2010~20年)によると、同省は15年までに省内のコーヒー作付面積を100万ムー(1ムーは6.667アール)に増やし、総生産高170億元(約2190億円)を目指す。さらに20年までに、作付面積は150万ムー、生産高は340億元へと拡大させる。

 

雲南省では、世界の良質なコーヒー豆原料の生産基地とし、中国最大のコーヒー二次加工生産基地・貿易センターとすることを目指している。

 

雲南省におけるコーヒー栽培の歴史は60年になり、中国一の産地となっている。栽培に優れた気候、土壌、日照、雨量に恵まれているためで、スターバックスやネスレなど世界の大手コーヒーメーカーも進出している。

 

近年、中国国内のコーヒー需要も増えており、消費量は年間20%以上、一部では150%増加。今後は15年までに20万トン、20年までに50万トンに増え、世界のコーヒー消費大国になると予測されている』

ヒマワリが放射性物質を吸収

ファイトメデレーション を探していたら
ありましたよ・・・・

ヒマワリ。
これなら・・・よさそうだ。

放射能除去に効果を発揮する植物

それは「ヒマワリ」
土壌の放射性物質を根から吸収する能力が
いくつかの植物にある事が分かった。

なかでもヒマワリの吸収率が最も高い。
危険性がなくなるまで30年以上かかる
土壌の放射性物質をわずか20日で95%以上も除去』

あるのかなぁ。
20日で 95%以上 で除去できる
なんて・・・驚異的だ!!

すごいぜよ ヒマワリ。

植物の持つ驚異のパワーを探れ
 
ニュージーランド・マセイ大学天然資源学科 クリス・アンダーソン博士は、従来不可能と言われてきた土の中に含まれる微量の金を採取する方法を発見した。金は不溶性だが土にチオシアン酸塩アンモニウムを補助剤として加えると溶解する。これをアブラナ科のセイヨウカラシナが、効率よく吸収・蓄積するのだ。博士は収穫後焼却し灰の精製を繰り返す事で、乾燥重量1tあたり最高57gの金の採取に成功した。まさに錬金術。品種改良・バイオテクノロジーの導入で今後採算ベースに乗る可能性は十分と産業化を進めている。

1986年4月26日 旧ソビエト連邦ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所が爆発。広島の原爆500個分以上の放射性物質が、上空1500mにまで舞い広大な地域を汚染した。放出された放射性物質のうち最も問題なのは、放射能半減期30年以上のセシウム137やストロンチウム90であるが、特にセシウム137は合計14万5千㎡(日本の本州の64%相当。)を汚染。10数年経った今も放射能汚染問題は解決されないまま600万人もの住民が汚染地域内での生活を余儀なくされている。

1995年アメリカ・ラトガーズ大学のスラビック・デュシェンコフ博士とイリヤ・ラスキン博士ら旧ソビエト連邦出身の植物学者達が、チェルノブイリ原発から1kmの場所にある放射性に汚染された小さな池で、20種類の植物を栽培、ヒマワリがセシウム137を根に、ストロンチウム90を花に蓄積することをつきとめた。危険性が失われるまで30年以上かかる放射性物質を20日間で95%以上も除去する事に成功したのだ。

こうした植物が持つ能力を環境修復に利用する方法が、現在注目を集めるテクノロジー、ファイトレメディエーションである。20世紀初めには植物が農薬を吸収し体内に蓄積する事が判明していたが、1984年には植物学者リーブスとベイカーにより植物による環境浄化が提案され、さらに研究が進んでいる。

環境浄化作業は、汚染規模や物質を特定→汚染物質を吸収する植物を選別→大量栽培後汚染地域へ植え付け→汚染除去の完了まで2~3年栽培→植物を取り除き焼却処理、と進められる。現在、コネチカット州サウシンストンでは揮発性の有機殺虫剤による汚染地に千本のポプラが、ボストンでは鉛による汚染地に芝生が、バージニア州レストンでは砒素による汚染地にシダが栽培され、実用段階に入っている。

エデンスペース社マイケル・ブレイロック博士は、コスト・二次汚染を抑えられる・住民の理解協力が得やすい点からファイトレメディエーションは、従来の方法に比べ優れていると言う。将来的には、放射能汚染にはヒマワリ、ゴミ処理場の跡地にはPCBを吸収するベラドンナ、畑には農薬を吸収するポプラが栽培され植物が大切な役割を果たしていく。元NASAのビル・ウォルバートン博士は、部屋の中では1本の小さな植物でも空気中の有害物質(タバコの煙・ホルムアルデヒド、印刷物のインクに含まれるアセトン、合板家具の接着剤・トリクロロエチレン、塗料のキシレン等)を驚くほど吸収・分解してくれると言う。揮発性化学物質が空気中に占める割合は微量なので直接人体への害はないが、長期間空気の入れ替えをしなかったり部屋に人が多くいる場合はアレルギーを引き起こすこともあるので、植物を置くとよい。

大麻が・・・

放射能を吸収する・・・植物 
いわゆる ファイトメデレーション である。

まさか・・・こんな植物が・・・・という 大麻 である。
チェルノブイリ で 実施されていると言う。
『1998年、Consolidated Growers and Processors 社 (CGP)、PHYTOTECH 社、ウクライナの Institute of Bast Crops が、歴史上最も重要なプロジェクトの一つともなり得る活動を開始した。チェルノブイリ周辺の汚染された途上に産業用大麻を植えて汚染物質を取り除こうとしたのである。

ファイトレメディエーションは兵器製造工場跡地の土壌や水から放射性物質を取り除くために用いる事が可能であり、またこれは金属、農薬、溶剤、爆発物、原油、芳香族多環式炭化水素、そして埋立地から浸出する毒素を除去する手段にもなる。

植物は、有機汚染物質を破壊、分解し、また金属汚染物を濾過したり内部に閉じ込めたりする事でこれを固定する。PHYTOTECH 社は植物を用いて鉱床の土壌や水からウラニウム、セシウム137、ストロンチウム90をより効率良く抽出するための実地試験を行っている。

PHYTOTECH 社の研究科学者である Slavik Dushenkov は、「産業用大麻は我々の発見した中で最も効率良く汚染物質を除去する事のできる植物のうちの一つである事がわかった」と述べている。この試験の結果は大いに期待を持てるものであり、CGP 社、PHYOTECH 社、Bast Institute は 1999年の春にはチェルノブイリ区域での本格的な試験を行う事を計画している』

大麻が 効くと言うのは 
なぜか 毒を毒で 制するみたいだ。
しかし 吸収した 大麻は どのように 処理するのだろうか?
身体に影響ない程度の 放射能量 なのだろうか。

『1950 年の時点では、日本の大麻農地面積は繊維の生産と種の生産を合わせて 4049.2 ヘクタールであり、その農業人口は 25,118 名の規模であった。しかし農林水産省の資料によると 1996 年にはその面積が 12.4 ヘクタールにまで減少している。そのうちの 12.0 ヘクタールは東京から 50 km 北に位置する栃木県にある』

なるほど・・・
日本で 大麻は 生産されているのだ。

(補遺)
4月8日に 9000アクセス突破
ありがとう。
 
 

ジャマイカ発ブルーマウンテンコーヒーが中国へ

ジャマイカ発)ブルーマウンテンコーヒーが中国へ

(転載)
いままでジャマイカの名産品である、ブルーマウンテンコーヒーは、日本のマーケットへ70%輸出されていた。しかし、去年中国の会社との契約でこの日本が占めていた割合がくずれ、ジャマイカのコーヒーが世界の別の地域に行き渡ることになる。

中国への最初のコーヒー豆を積んだ船は、昨日金曜日にキングストンの港を出港。
船には、なんと16500kgのグリーンコーヒービーンズ(生豆)が積まれた。
このコーヒーは、中国 杭州に運ばれ、ローストされ製品化。
国内800軒ものカフェ、業者などに卸される。

Zhejiang Dunn's River Import and Export Co. Ltd.,
という会社が、今後2年間にわたってジャマイカのブルーマウンテンコーヒーを独占で中国に輸出することになった。

先日、日本からクルーズで来たグループの添乗員さんの話では、中国がブルーマウンテンコーヒーを買うようになってしまったので、日本へのコーヒーの輸出量が減り、日本国内でのブルーマウンテンコーヒーの価格が約20%の値上がりとなったとか!

以前は、日本の景気後退のため例年通りの量を購入することができないため、日本が購入してくれないコーヒー豆を裁くのに、ジャマイカのコーヒー協会は四苦八苦して、そこに現れたのが中国、と聞いたが?最近は、中国のジャマイカ進出が激しいのだ』

ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーが中国へ

 

『ジャマイカ駐在大使のCourtenay Rattrayは今日杭州市で発表したところによると、ジャマイカ農漁業部およびジャマイカコーヒー工業局と杭州カフェレストラン協会は、ブルーマウンテンコーヒー生豆の中国国内代理商の契約を交わした、という。

世界最高峰のブルーマウンテンコーヒーは、将来直接中国に販売されることになる。

現在90%のジャマイカ産生豆は日本の代理商へ輸出され、そこから中国市場に割り当てられている。この状況を打破することにより、中国企業はブルーマウンテンコーヒーのコストを大幅に削減することができる。

 

契約によると、将来的に中国で販売するすべてのブルーマウンテンコーヒー生豆は、杭州市カフェレストラン協会の組織する貿易会社に総代理輸入を任せることになる。

今後一年内に中国へ輸出するジャマイカコーヒーは70トン、170万USドルになるという。

中国の800件のカフェ、杭州市カフェレストラン協会の焙煎師や其の他専門家たちが、ジャマイカコーヒーの中国唯一の輸入機関となる。

最初の契約期間は2年であるが、満期後に延長するだろう。

 

ブルーマウンテンコーヒー生豆は一般的なコーヒー生豆の8倍の価格で、国内の「ブルーマウンテンコーヒー」は一杯70元から100元強の最高級コーヒーとして売られている。

現在、日本の代理商は中国市場でブルーマウンテンの焙煎豆を販売しており、通常価格は2200/kgである。

もし、今回の契約にある今後1年内に中国に70トンのコーヒー(170万USドル分)を輸出することを前提にすると、ジャマイカから中国へのブルーマウンテン生豆の販売価格は165元/kgであり、焙煎費用等を計上しても、2200/kgに比べると、大きな価格差がある。

将来的に、杭州市カフェレストラン協会傘下に1000件近いブランドコーヒーショップを抱え、消費者に直接各種のジャマイカコーヒー製品を紹介していくことになる。

同時に、ジャマイカコーヒーは、国内の大型スーパーや大型ショッピングモール等で販売していく。

杭州市カフェレストラン協会顧問の陸僑治は言う。

現在中国市場におけるブルーマウンテンコーヒーの需要は70トンでは足りていない。

しかし、現在の問題およびリスクは、本物のブルーマウンテンコーヒーがなかなか手に入らないことであり、市場には偽物のブルーマウンテンコーヒーが沢山流通している。

このことはブルーマウンテンコーヒーのブランドを傷つけることであり、こういった違法行為を取り締まっていく必要がある。

 

Rattray大使は言う。

ブルーマウンテンコーヒーの中国への直接販売以外にも、ジャマイカのコーヒー生産地への中国からの直接投資も希望している。日本の投資者はジャマイカへの直接投資を通して、先駆者としてコーヒー資源の多くを獲得したのだから。

2010年雲南野菜 100万トン輸出

2010年云南省出口蔬菜100万吨
(転載)2011-4-6   
『云南省商务厅日前公布云南省2010年蔬菜产销情况,去年全省蔬菜播种面积为1250,比上年同期增加50;全省蔬菜量将达到2050万吨;比去年同期增加100万吨;产值将达305亿元,蔬菜出省售和出口450万吨,同比增加30万吨,其中外出口100万吨,同比增加20万吨。

云南蔬菜分两种型,一以冬早返季菜主的外型蔬菜,主要集中在元、通海、呈等地。主要品种有菜豆、番茄、洋葱、毛豆、青椒、青豌豆等。出省在国内售的地区主要有西北、北、北、南和港澳台地区,主要城市北京、州、保定、太原、西安、州、沈阳、大沙、武、寿光、上海、南京、广州、桂林、阳、重、成都和港澳地区。

方式,以汽输为主,占出省外运量的90%,火输约9.5%,空运0.5%。出口主要有日本、国、俄斯、盟各国。近年来,随着昆曼国公路的开通运行,对东盟各国的蔬菜出口量增长较快。另一以地销为主的叶菜和薯,如大白菜、青菜、白卜、南瓜、冬瓜、土豆等。

据分析,目前我省在蔬菜的生和市中仍存在一些问题,首先是民的“”与居民的“”的问题。表现为蔬菜直的网点不足,特是在新建的住宅小区和拆迁改造的老城区更加重。此外,蔬菜大型超市,用繁多,算周期,加大了流通用。

务厅一批准化蔬菜生基地,按照国GAP的要求,制科学的优质种植、养殖程,建立一批生、管理、运行机制比准化示范基地。鼓励和引工商企和外,按照“公司+基地+农户”的产业化运作模式,参与准化基地建施以企业为主体的“改超”工程,将目前城的“农贸”和沿街设摊的“菜市”逐步改造成具备检测和配送体系的“农产品”专业

キョウチクトウ

キョウチクトウには毒がある

1975年、フランスでバーベキュー中に7人の男女が死亡した。 警察は食中毒を疑ったが、検死の結果、意外な有毒物質が発見された。 それは植物に含まれる「オレアンドリン」という有毒成分である。

オレアンドリンは、体内に入ると神経細胞の興奮、筋肉の収縮が起こり、肝機能は低下する。 その結果、下痢・嘔吐・目まい・更には心臓麻痺を引き起こしてしまうという。 普通であれば人間の体内には入り得ないオレアンドリンだが、実はキョウチクトウという植物に多く含まれるという。 キョウチクトウとは樹高が3m程の常緑低木で、排気ガスなどに強い為、道路際などに植えられていることがある。

東洋大学の下村講一郎教授によると、オレアンドリンは植物全体に含まれ、 毒性は青酸カリよりも強く、致死量は僅か0.3mgであるという。 警察の調査によると、7人が死亡した際、なんとバーベキューの串に使っていたのが、キョウチクトウの枝だったという。 火に焼かれることでオレアンドリンが染み出し、肉や野菜にも染み込んだ。 その食材を食べた為、7人もの人間が死亡してしまったというのである。 また、オレアンドリンは熱によって分解されにくい性質であり、生木のまま燃やすとその煙にも毒成分が含まれてしまう為、 吸い込むと危険であるという。その為、十分乾燥させ、燃やしているときは近づかないようにしなくてはならない。 実はキョウチクトウ以外にも、身の周りにあるもので中毒症状を引き起こしてしまうものがある。
』 
Touxiaのブログ
2010年6月25日開始
植物について あれこれと書いています。いつの間にか3年が過ぎました。ニンゲン様の都合だけでなく植物の都合もかけたらいいな。植物をめぐる 周辺 についても 書き始めました。 Touxiaのブログ
大きな国で
ちょっと違うよと怒鳴ってます
テーマ別にブログを開設


うろたえる紙魚
ブログ「大きな国で」の資料庫と思って書いています。本の感想や気に入った言葉をつづります。でも最近は 今の心境を一番 表していそうです

食のイノベーション
2014年4月15日からはじめました

サルがダーウィンになった
進化論について勉強します

モグラのナミダ
DVDや優酷を見た感想を書いています。評価の基準は ナミダです。ナミダが出たもんが勝ち。悲しくて泣き 嬉しくて泣いています。

村上春樹の鼻毛
ムラカミハルキについてあれこれをつづる。

オンチなジャガイモ
中国語の勉強用メモ

微笑みの国で
雲南から チェンマイに 出稼ぎに行った時に書きました。でも今は中国。微笑みの国で『なにか』が起こった時に書いています。

バラの花につつまれて
バラの品種など・・・

大きな国で 画像
ライブドアーは画像がアップできないので、これでやっています。

おもしろすぎるぜ中国で
元祖 楽天でのブログ;スパムがおおすぎて休止。古いブログが読めます。

私のホームページ
このHPは 中国で見ることができるようになりました。ありがとう。

中国版Twitter
新浪微博 日本的老土

中国では できませんが国境を越えたらできるようになった Twitter
私は touxia で登録しています。

スカイプは tsuchishita です。

Facebook もやっていますよ。接続は難しいですが。

どうぞお寄りください。
Touxia

Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    カテゴリ別アーカイブ
    プロフィール

    touxia

    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ