木本類

抹茶

抹茶...  此博文包含图片 (2013-08-25 
抹茶源于中国,兴起于唐朝,鼎盛于宋朝,自明代以来,不再流行抹茶了,而改用茶叶,冲泡喝汤,弃置茶渣。中国抹茶道遂告失传,形成历史断代。关于抹茶...日本抹茶和日本茶道现已成为日本的国粹,引为国宾之礼,誉为日本之最。目前在世界上颇有盛名的日本茶道和日本抹茶,就是通过当年的遣唐使荣西在中国学成后带回日本,抹茶在日本得以保留、继承和发扬光大。
 
目前抹茶产制的国家是日本,抹茶价位极高。一般茶叶(茶、玉露茶等)日本零售价是以百公克为计价单位,而抹茶是以十公克为计价单位。日本市场上抹茶的价格不一,便宜的几百日元,(应该只能归于绿茶粉吧,入口总有些苦涩的感觉)。贵的十克上至几千日元。
关于抹茶...抹茶的原料是绿茶,在日本,经过多年的改良研制,等级越高,苦涩的味道就越来越少了。
能成为抹茶的绿茶是有讲究的。在绿茶上搭起棚架,盖上帘子,四周也遮挡着,尽量不透阳光,遮光率达到98%以上,据说这样栽培的绿茶叶绿素要提高60%,氨基酸提高40%,更加不苦,更加翠绿。
关于抹茶...右上图就遮光棚。
在日本,茶叶的采摘全由机器来完成。据介绍,能成为抹茶的绿茶只有上部的嫩芽部分,因此,机器也是严格控制,严格的尺寸控制。
采摘的鲜叶不经过人的手,由机器边採边收至于后边的大袋子,不受多余温度的影响,干净卫生。
关于抹茶...
为了保持茶叶的原有的鲜度和原有的风味,
采摘来的生叶当天就蒸青(用蒸汽杀青),
一般是经过20秒100度的蒸汽,不经过揉捻。
关于抹茶...关于抹茶...关于抹茶...蒸汽过的茶叶叶面上是有湿度有水分的,
这时再送至一个特殊的装置,
通过风力将茶叶表面多余的水分吹干。
关于抹茶...
风干的茶叶在空中飘舞着,非常的美丽...
关于抹茶...
经过风炉的历练,飘舞而来的鲜叶...
关于抹茶...经风干的茶叶再经过干燥烘焙炉烘干,
这样的大片茶叶干叶称为荒茶。
然后荒茶进入冷库,在零下保存,
以提高葡萄糖成分,让茶叶更加甘甜。
关于抹茶...关于抹茶...荒茶在使用前从冷库里取出,恢复到常温后进行加工,经过切割,筛选等多道工序后,成为0.3厘米见方的小块,成为碾茶。
到此,采摘,蒸青,烘干,切割都完成了,这家工厂的任务就可以说是完成了...
在日本,制茶不是一体制的,此时的农协起的作用相当大,统一收购,统一分配,统一监制,统一管理,统一定价...让茶更完善服务于人,让大家放心喝茶。
 关于抹茶...关于抹茶...碾茶用天然的石磨碾磨成微粉状这才称作抹茶。
当然,抹茶制作也是由专门的工厂来完成的。关于抹茶...
茶磨是一个极其奇特的设备,这石磨也是全自动化的。
用石磨碾磨的抹茶在显微镜下显示被撕裂状薄片,只有2~20微米(600目~6000目)甚至更细微。关于抹茶...关于抹茶...抹茶的制作,选用的石磨自然有所讲究。石磨的表面是呈放射状,非常的细腻。之所以选择石磨是石磨能减少摩擦的热度,能较好的保持温度,不让茶叶因温度的变化而转变,能更好的保持鲜度。
 关于抹茶...当茶叶进入石磨时,就能立刻粉粹,保持原有的鲜度。经过石磨碾磨的抹茶,还有提香的功能,带有海苔和粽叶的香味。
到目前为止,还没有国家调试出抹茶的香精来,它是纯天然的。关于抹茶...
一台石磨一小时的工作量只不过是这么点儿...大约40克关于抹茶...
抹茶具有六大特点:
1. 超微细。抹茶的粒径中值为2~10微米。
2. 三原。抹茶具有原色、原味、原质的特点。
3. 三清。清香、清口、略带青(草)气。
4. 三高两低。蛋白质、氨基酸和叶绿素的含量很高;而茶多酚、咖啡因的含量较低。
5. 吸湿性强。因其粒径较小、比表面积较大。
6. 双绿。一是环保意义上的绿色,符合环保潮流;二是抹茶本身呈天然翠绿色至深绿色,给人以视觉上的美感。
        
在hana的博里,再次与大家分享了抹茶。
但还是特别的想说一句:抹茶不是绿茶粉。
用其他方法粉碎的粉末状绿茶,被称为绿茶粉,或者粉末绿茶。
由于细度,香气,颜色的不同,其价格和用途也完全不同。

あいや

あいや(愛知県西尾市、抹茶の製造販売)
2010年4月9日(金)
メールで送るメールで送る  印刷印刷  保存保存  EvernoteEvernote  Facebook  twitter  
菓子や飲料に用いられる食品加工用抹茶の生産で大きく成長。米欧中に拠点を持ち、輸出先の水や嗜好に合わせて社長自ら味を調える。10年をかけて育てた中国の生産拠点を足場にアジア市場を狙う。

 エアシャワーを浴びクリーンルームに足を踏み入れると、抹茶の香りが鼻をくすぐった。部屋には、碾(てん)茶と呼ばれる茶葉を挽(ひ)いて抹茶にするための石臼が所狭しと並ぶ。近隣の愛知県岡崎市で取れる御影石で作られた、直径33cmの石臼は1080台。

 ここは愛知県西尾市にある抹茶メーカー、あいやの工場だ。これだけの規模が必要なのは、1台の石臼で挽ける抹茶が1時間当たり40gと、市販される缶入り抹茶の1~2缶分にしかならないからだ。挽くことで、抹茶の粒の直径は2~10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)になる。

 「西尾の抹茶を支えるのは、栽培に適した土壌だけでない。岡崎産の御影石も同じくらい重要だ」と社長の杉田芳男氏は語る。


あいやの杉田芳男社長。1080台の石臼が碾茶を挽いて抹茶を作る (写真:森田 直希)
 抹茶と言えば京都府の宇治が有名だが、あいやが本社を構える西尾市周辺でも抹茶の原料となる碾茶の生産は盛んだ。全国茶生産団体連合会によれば、碾茶の栽培に関しては、西尾市周辺が日本で最も盛んだという。

 あいやは、品質が高い割に宇治ブランドより価格が低い西尾の抹茶を、抹茶味の菓子やアイスクリーム、飲料などを作る食品メーカーや飲食店に売り込み、全国区の抹茶メーカーへと成長した。そして、食品メーカーとの関係を通じて、競合に先駆けてラインの自動化に取り組み始めた。

 冒頭の石臼が並ぶ部屋をはじめ、あいやの生産ラインはほぼ自動化されている。これは、食品メーカーの衛生管理を目の当たりにし、杉田社長が地道に設備投資を進めた成果だ。「抹茶は嗜好品ではなく食品」というのが杉田社長の信条。製茶会社では衛生管理の意識が必ずしも高くないところもあるという。

 杉田社長も、大手食品メーカーの衛生担当者から何度も注意を受けるうちに、製茶業界の常識が世間の非常識という面があると思い知らされた。

品質支える石臼目立て職人

 もちろん、すべてを自動化できるわけではない。特に気を使っているのが、碾茶を挽く石臼の溝を彫る「目立て」という作業だ。目立てに問題があると、抹茶の粒が大きくなってしまい、不良品となる。あいやでは、連続使用で5000時間に1度、石臼のメンテナンスを実施している。

メンテナンスは、「目立て職人」と呼ばれる3人の専任社員が従事している。「何でもできるようになるまで10年はかかる」と語る辛島亘・製造部次長は、目立て職人だった父の背中を追うように、高校生の頃から目立てを学んできた。杉田社長も「彼らこそあいやの心臓部。日本に10人いるかいないかという人材だ」と信頼を寄せる。

 ラインから運び込まれた石臼はぼろぼろだ。樫の木で作った芯棒は石臼との摩擦でやせ、表面に彫られた溝には、抹茶の粒子が詰まっている。芯棒を交換し、詰まった抹茶を取り除き、必要に応じて溝を彫り直す。1個25kgの石臼は動かすだけでも重労働。1人が1日に処理できる数は2~3個ほどだ。

 最も難しいのが、石臼の最も外側の高さを一定に揃える工程だ。茶葉は中心から投入され、回転する石臼の力で外側に押し出されていく。外縁部は抹茶の出口に当たるため、ここで確実に挽かなければ製品不良に直結する。そして、高さを測るのは簡単な定規と目立て職人の手の感覚だけだ。

 石臼は目立て職人による調整で少しずつ削られるため、年を経た石臼ほど背が低くなる。背が違う石臼が同じラインで稼働している光景は、あいやが重ねてきた歴史を感じさせる。

 こうして作られたあいやの抹茶は、米ロサンゼルス、独ハンブルク、中国浙江省に設けた現地法人を通じて、世界中に流通している。米欧はともに、売上高の10%を占める柱に育て上げた。現地法人を介して、食品メーカーやお茶専門店に出荷し、インターネットを使った通信販売もしている。

 抹茶のような日本独自の食品を輸出するというと、欧米在住の日本人や日本食レストランなどが相手と思われがちだが、「あくまでネーティブのお客さんが中心」(杉田社長)だという。

 また、米国と欧州では抹茶の使われ方が異なる。米国では食品加工用として、抹茶味の菓子などに使われるケースが中心だ。

 一方、ドイツ語圏を中心にした欧州では、日本と同様に抹茶をお湯で点(た)てる飲み方が多いという。こうした地域では、コーヒーや紅茶を扱う専門店に赴き、店長などに抹茶の飲み方、歴史などを説明して回ることで理解を深めてもらい、店頭で扱ってもらうという地道な営業をしている。

 今でこそ順調な輸出事業だが、当初からお茶ならではの問題に悩まされてきた。それは水の違いだ。日本とは水の性質が異なり、日本で売っている抹茶を現地の水で点てても、おかしな味になってしまう。それに加えて、外国人の嗜好そのものも日本人とは違う。 

この問題を乗り越えるために、杉田社長は、製品化する時には必ず現地に赴き、取引先と一緒になって、納得がいくまで味を調えるようになった。「日本の抹茶を海外にそのまま持っていってもおいしいわけがない。現地の水と味覚に合うものを生み出す努力が必要だ」(杉田社長)。

 現地化の最たるものとしてあいやが取り組んだのが、碾茶の現地生産だった。1995年、日本で培った栽培法を手に、満を持して中国での生産に踏み切った。中国人農家と契約し現地の茶木を用いて、あいやが生産指導をした。

土から作った中国市場

 結果から言えば、努力は報われなかった。できた碾茶は失敗作。質も量も、求めていたレベルに遠く及ばなかった。ただ、現地生産は長い時間をかけてでも実現すべき課題。10年にわたる試行錯誤を始めた。


 「失敗の原因は、いざ答えを知ってみれば当たり前のことだった」と杉田社長は笑う。それは、日中で異なる茶の栽培環境だった。日本では、生産量と品質を高めるために十分な肥料を与えるが、中国では最低限しか与えない。中国での土地そのものがやせていることも原因だった。やせた土地に少ない肥料で育ってきた茶木にとって、日本の手厚い栽培法は「過保護」だった。

 だが、日本式の栽培法はあいやが求める碾茶に欠かせない。長期戦を覚悟したうえで土作りから始めることにした。丹念に耕し、少しずつ土地を肥やしていくことで、中国の茶木を日本式の栽培法に慣らしていった。

 そして、10年後の2005年に現地法人を設立。日本から生産機材を持ち込み抹茶の生産を始めた。現在の生産量は年間20トン程度と、800トン近くを日本で生産するあいやにとってはまだわずかだが、将来的には100トン程度を生産し、東南アジア諸国などに輸出する拠点にする計画を温めている。

 海外では「宇治」や「西尾」といった産地にブランド価値がないため、「あいや」ブランドとして知られるケースが多いという。顧客のニーズに応えて一から作り上げる姿勢が、国内外での「あいや」ブランドを支えている。 

抹茶 

竹筒茶

将清毛茶放入特制的竹筒内,在火塘中边烤边捣压,直到竹筒内的茶叶装满并烤干,就剖开竹筒取出茶叶用开水冲泡饮用。

1竹筒茶介绍
将清毛茶放入特制的竹筒内,在火塘中边烤边捣压,直到竹筒内的茶叶装满并烤干,就剖开竹筒取出茶叶用开水冲泡饮用。
竹筒茶既有浓郁的茶香,又有清花的竹香。云南西双版纳的傣族同胞喜欢饮这种茶。
2产地
圆柱形紧压绿茶之一。产于湖南雪峰山,新化奉家山,云南腾冲坝外等乡,已有200多年历史。

竹筒茶为圆柱体形,外形柱体光滑,色绿润显毫,冲泡后既有茶香、又有竹子清香,清凉解渴。制作方法为先将鲜叶杀青,揉出茶汁,再装入一定规格的竹筒内,边装边捣实,装满后加塞盖好,并在竹筒体上打孔,以利于散发水分,然后放在40℃左右炭火上慢慢烘烤,随时转动,直至足干。冷却后剖开竹筒,用印有规格商标的牛皮纸包装。

3外形
居住在湖南中部的瑶族,云南南部的傣族、哈尼族、景颇族人民,有用竹筒茶当菜的食用方法。先将采下的新鲜茶时用锅蒸煮,当叶子柔软时,放在竹帘上搓揉,然后把它装入竹筒里,用棒椿实,封口,让它缓慢发酵。经过二三个月后,筒内茶叶发黄,劈开竹筒,取出紧压的茶叶晾干,装入瓦罐中,加香油浸腌,随时可以取出作蔬菜食用。

4竹筒茶的制作
竹筒茶的制作方法,甚为奇特。一般可分为三步进行。
装茶
用晒干的春茶,或经初加工而成的毛茶,装入刚刚砍回的生长期为一年左右的嫩香竹筒中。
烤茶
将装有茶叶的竹筒,放在火塘三脚架上烘烤,约6~7分钟后,竹筒内的茶便软化。这时,用木棒将竹筒内的茶压紧,尔后再填满茶烘烤。如此边填、边烤、边压,直至竹筒内的茶叶填满压紧为止。
取茶

待茶叶烘烤完毕,用刀剖开竹筒,取出圆柱形的竹筒茶,以待冲泡。
5竹筒茶的泡饮
冲泡竹筒香茶时,一般大家围坐在小圆竹桌四周。一般可分两步进行。
(1) 泡茶。先掰下少许竹筒茶,放在茶碗中,冲入沸水至七八分满,大约3~5分钟后,
就可开始饮茶。
(2)饮茶。竹筒茶饮起来,既有茶的醇厚滋味又有竹的浓郁清香,非常可口,所以令人有耳目一新之感。

哀牢山野生茶樹

哀牢山野生茶樹

镇源县哀牢山自然保护区野生茶树群落

2012-05-10 
哀牢山,一条位于中国云南省中部的山脉,为云岭向南的延伸,是云贵高原和横断山脉的分界线,也是云江和阿墨江的分水岭。哀牢山走向为西北至东南,北起楚雄市,南抵绿春县、、

  镇源县哀牢山自然保护区野生茶树群落

  哀牢山,一条位于中国云南省中部的山脉,为云岭向南的延伸,是云贵高原和横断山脉的分界线,也是云江和阿墨江的分水岭。哀牢山走向为西北至东南,北起楚雄市,南抵绿春县,全长约500公里,主峰称哀牢山,海拔3166米。

  哀牢山自然保护区野生茶树群落分布及保护

  镇源县自然保护区
        \

  一、哀牢山自然保护区概况

  历史沿革
  哀牢山自然保护区于一九八一年十一月六日经省人民政府批准建立省级自然保护区,一九八六年成立管理机构。
  一九八六年四月省林业厅牵头,由省林业调查规划设计院、中科院昆明分院、云师大、西南林学院等科研和宣传部门组成的考察团对哀牢山进行实地综合科学考察。
  一九八八年五月经国务院批准升为国家级自然保护区。
  一九九五年四月省林业调查规划院对哀牢山进行总体规划设计,从此保护区建设得到长足发展。
  哀牢山纵贯云南中部,是我国云贵高原、横断山脉和青藏高原三大自然地理的结合部,是云南东西分界线。哀牢山自然保护区位于哀牢山山脉中上段,地处东经100°54—101°30,北纬23°36—24°44之间,横跨三地(州)六县(市)。镇源分区位于哀牢山保护区西坡,面积9006公顷,东接新平县,南连本县和平乡,西接景东县,北邻双柏县辖区。镇源县有九甲、三章田、者东、和平四个乡处保护区内。

  自然条件
  哀牢山自然保护区地处偏僻、森林茂密,很难深入腹地,解放前尚没有科学工作者能涉足,始终保护着对它的神秘感,山体高大,切割较深,蜿蜒狭长。

  地形地貌
  地貌类型为中山山地地形,有不同切割程度的中山地貌,残留的高原面以及侵蚀阶地,区内沟谷纵横,层峦叠峰,山坡陡峭。

  气候土壤
  东西部存在着一定差别,东部受东南季风的影响,夏季高湿,相对湿度较大,冬季受北方冷空气影响较多,温度较低,而西部为西南季风影响,冬季较暖,降雨量相对大,有着低纬度、高海拔、季风型、山地气候的特点。具有多种土壤类型、垂直分布呈明显带谱,从上到下依次有:亚高山草甸土、黄棕壤、红棕壤等。土壤肥沃、热量丰富、日照充足,温度适宜,适合生物多样性发展。
       \

  溪流
  山有多高、水有多长,每支山有条小溪,东西部成羽状水系,整个保护区有上千条小溪,上百条小河,小河特点是流程短、比降大,洪枯水位变幅大,小型瀑布多。

  生物资源
  特殊的地理位置,典型的山地气候、生物资源十分丰富,有高等植物1480种,兽类86种,鸟类260种,两栖动物26种,爬行动物39种,构成完整、和谐的原始生态系统。列为国家重点保护的野生动物有孟加拉虎、黑长臂猿、云豹、绿孔雀等30多种,珍稀植物有云南红豆杉、红花木莲、云南七叶树、景东石栎等20余种,近年来发现的野生茶树群落面积大,单株干径大、树龄长,居世界之首。

  二、野生茶树群落分布
  整个哀牢山保护区都有不同程度野生茶树群落分布,西坡气候、土壤条件优良,较为适合野生茶树生长,而大量野生茶树群落主要分布在立地条件较好的镇源九甲千家寨、九甲猴子箐、者东桃子箐一带(均在保护区内)。

  千家寨大茶树发现
  一九八六年当地老百姓罗忠祥去山上采药,在小吊水头发现一棵大茶树,报告县农科所,经技术人员初步测量高23米,胸径0.86米。县有关部门得知后一方面强调保护,另一方面动员群众再去寻找更大的茶树,一九九一年罗忠甲、罗忠生两兄弟到上坝找牛,突然发现一棵大茶树,胸径比小吊水头大茶树更大。回来后报保护区管理部门,并逐级上报,新闻媒体陆续报道有关大茶树情况,一时间慕名而来的人络绎不绝。

  对千家寨茶树群落的考察论证
  一九九六年底由思茅地委、行署牵头,组织省内外专家实地考察论证,根据种质资源性状调查分析,得出:千家寨上坝1号古茶树高25.6米,胸径0.89米;小吊水头2号古茶树高19.5米,胸径0.86米,树龄2500年。1号古茶树是迄今为止世界上最大、最古老的茶树,堪称“世界茶王树”,并载入大世界基尼斯记录。

  千年古茶生长在镇源县九甲乡和平村千家寨(保护区内)原始森林中,地处东经101°14,北纬24°7,海拔2100米—2500米之间,年平均气温12℃,降雨量1500毫米,属中亚热带暖温性气候,植被为中山湿性常绿阔叶林,土壤为山地森林黄棕壤,腐殖质层厚0.3米以上。

  专家调查结果表明千家寨近3万亩的原始森林中以茶树为优势树种的有6片,分别为上坝、古炮台、大空树、吊水头、小吊水、大明山,面积约1万亩。具有抗逆性强、免疫力强的特点,现场考察未发现冻害和病虫害茶树。
        \

  相继发现大茶树群落
  继千家寨发现大茶树群落以后,九甲猴子箐发现2片近万亩长势良好大茶树群落,胸径在0.6米以上,树高20米左右随处可见,但没有发现比千家寨上坝茶王树更大的茶树。其次者东桃子箐也发现上千亩茶树群落,零星茶树普遍生长。

  三、茶树群落保护措施

  管理机构现状
  哀牢山国家级自然保护区管理局现有职工11人,管理员8人,护林员25人。管理局设在县城,下设九甲、三章田、者东、和平四个保护站和一个千家寨古茶管理处,负责保护区及其周边社区野生动植物保护工作,其中4名管理员主要任务是保护千家寨茶王树及其茶树群落。

  茶树群落保护措施
  野生茶树为国家二级保护植物,自千家寨上坝古茶树确定为“世界茶王”之后,前来参观、考察以及旅游人员纷至沓来,引起省、地、县各级政府高度重视,强调对野生茶树群落特别是“世界茶王”保护工作,责成保护部门重点保护。为此,保护区管理局制定了一系列保护措施,以千家寨为中心,以茶王树为龙头,对哀牢山保护区野生茶树群落实行特别保护。

  “世界茶王”保护工程启动,200年10月台商天福集团一期出资20余万元,保护世界茶王树,在千家寨设立古茶保护管理处,聘请4名精干人员常年把守并为立地条件较差的“茶王”树进行固土培根处理,(此措施改变了自然生态,意见颇多,效果欠佳——编者注)100米见方实行围栏保护。

  为确保千家寨生物资源特别是古茶树安全,保护局在千家寨入口处设立检查站,对来往人员实行造册登记并检查,控制人为外来物种侵入和千家寨生物资源标本流失,经常性开展宣传教育活动,并把千家寨确定为生物多样保护基地、环境教育基地和茶种起源研究基地。

  




























































































































































除对千家寨古茶树进行专人保护外,对猴子箐、桃子箐野生茶树群落由巡山护林员管护,局里每年派技术人员下去监测一次。
 

古树茶

古树茶

古树茶树仅在以云南西双版纳勐腊县的古镇易武为首的古六大茶山和勐海县的新六大茶山茶区有古树群落,故而产量十分稀少。古树茶必须是纯料茶,如若在压制茶饼过程中在古树茶叶内掺入台地茶或其它非古树茶叶拼配的,就不再是古树茶,此类茶叶统称为拼配茶。加工技艺精悍的纯料古树茶口感汤色和营养成分如红酒一般,将随着年份而与日俱增,因此,古树茶具备很高的储存升值价值,相较而言,台地茶或拼配茶的储存升值空间较小。
中文名古树茶
名    称亚欧茶路驿站

1定义
古树茶是指存活百年以上的乔木茶,在以云南版纳茶区、临沧茶区、普洱茶区有古树群落,数量稀少。而在一些所谓“骨灰级”茶友的标准中,则必须是300年以上树龄的茶树才能被冠以“古树”之名。

2严格分类
古茶树
严格意义上的古茶树为300年以上的乔木型大叶茶树,多生长在人迹罕至的深山老林中。
由于存世较少,所产茶叶内质丰富更能体现其独特的魅力。

乔木大树型也可称为”古茶树“是因为他的树龄在200--300年之间,存世也较少。先普洱茶产区大量建立保护区。
荒山型
荒山型树龄在100年以上,由于树龄达不到所吸收的养分较之前两种口感内质等等次之!但其非人工培育,所产的茶叶依然体现出其地域特点!

3四大特点
1,古树茶根植较深,不需要人工浇水施肥,所有的所需水分及营养都是靠树根的自身去完成,因此茶叶本身所含的矿物质相对比较高,古树茶叶属于环保型茶叶;
2,古树已适应当地的生态环境,已经适应并能够抵抗各类病虫害,故无需使用农药,相较于其它茶而言,更自然,无污染。
3,古树的根部深入土壤,更利于吸收地下深层土壤的养分,并转化为营养物质。因此古树茶内含物质丰富,古树茶叶也因此更加的耐泡,更具香气,滋味醇厚,回甘生津。相较于其它茶而言,无需施肥,故更天然。
4,古树茶仅分布于云南的古六大茶山和新六大茶山茶区,产量十分稀少,采摘较难,因此古树茶的价格相较台地茶的价格更高。

4市场现状
由于古树茶产地地处云南边疆落后地区,且每年产量十分稀少,故而并无相关法律或相关市场监管或监督机构。此外,由于古树茶和台地茶以及其它茶价格相差数倍,且大多数茶客并无专业知识,不会区分真假。因此,众多商贩采取拼配的方式来以次充好,以降低成本、提高价格并从中渔利。根据《云南茶文化博物馆2010年中国茶叶市场消费者调查报告》统计显示:广东、北京、上海为云南普洱茶古树茶的主要消费地区,占整个云南普洱茶古树茶消费量的65%。其次是江浙、四川和云南等地。统计结果显示:市场上以古树茶包装盒销售的古树茶中,仅有3%为真正的古树茶。正是因为在大众消费市场上很难买到真正的古树茶,而古树茶又能够像红酒一样越存越香,越存越升值,故而今日的古树茶就好像顶级茅台酒一样,成为社会特权阶层和富裕阶层追逐的饮品和藏品。
 
5储存收藏
2001年-2010年之间,制作工艺精悍的上等纯料古树茶以平均每年30%的增长速度,成为很多藏家的新宠。然而,投资和收藏普洱茶并非毫无风险,因为并不是购买和收藏所有的古树茶都能够保证升值。可以储存和收藏升值的古树茶必须具备以下三个条件:
1, 古树茶的茶饼必须是采摘自百年以上古乔木树,且必须是纯料,不能有拼配,否则会影响日后口感和茶饼的储存保值升值空间。
2, 古树茶的茶饼必须以精悍的加工制作技艺手工精致而成。其中,以云南省非物质文化遗产:云南普洱茶传统手工制作技艺精制的古树茶收藏价值最高。如是机械压制,或制技艺不精悍,则后期口感提升空间和升值空间较小。
3, 古树茶的茶饼必须储存在干燥通风、条件适宜的环境下,如储存在潮湿,或有异味的环境,则升值空间非常有限,甚至会导致无法长期保存。
6品鉴
外形
古树茶的树高可达10米,叶子相对比台地茶壮硕,叶面革质感明显,叶脉清晰,叶边齿状无规律状,叶背毛少;
台地茶树高3~5米,因为是栽培的,叶身比较单薄,叶子裙边起波浪,叶边齿状呈规律性,叶背多毛。
香气
古树茶香气深沉而厚重,停留时间长,台地茶香气则飘扬而短暂。
口感
古树茶会带来感觉丰富的口感,所谓苦强涩弱,涩味也是判别一款茶叶是否为古树茶,最主要是古树茶的苦涩味化得极快,几乎让你感受不到苦涩味,随之而来的就是回甘。
而台地茶让人感觉口感单薄且有时味会杂些,茶汤的渗透难以让舌根感到舒畅,有的虽入口时感到霸气,苦涩味比古茶也重,且不容易退。
叶底
古树茶冲泡后叶子舒展程度好,肥大且弹性、柔韧性好;而台地茶不易舒,质感薄小且脆硬。
韵味
古树茶入口滋味醇厚,苦涩味所化出的甘性让口腔生津,韵味久留于口腔、喉头,陈茶的能量释放得慢些,茶气的表现也慢慢体现出来,让人体感觉舒服的指数高。而台地茶的后度及留存在口腔中的茶味短暂,生津不明显,韵味短暂,陈茶所含的能量也相对较少且释放得快,人体口感的舒服程度也偏弱。[1]  

食べるお茶(8)花磚茶

花砖茶的加工方法是用湖南安化高家溪和马安溪的优质黑毛茶作原料。“花砖”的名称由来,一是由卷形改砖形,二是砖面四边有花纹,以示与其它砖茶的区别,故名“花砖”。“花砖”历史上叫“花卷”,因一卷茶净重合老秤1000两,故又称“千两茶”。花砖茶正面边有花纹,砖面色泽黑褐,内质香气纯正,滋味纯正,滋味浓厚微涩,汤色红黄,叶底老嫩匀称,每片花砖净重2公斤。用棍锤筑制在长形筒的篾篓中,筑造成圆柱形,高147厘米,直径20厘米,做工精细,品质优良。历史上最盛时期的年产量达到过3万多支(即卷)。

基本信息
“花砖”历史上叫“花卷”,因一卷茶净重合老秤1000两,故又称“千两茶”。

规格
规格为35X18X3.5厘米。正面边有花纹,砖面色泽黑褐,内质香气纯正,滋味纯正,滋味浓厚微涩,汤色红黄,叶底老嫩匀称,每片花砖净重2公斤。用棍锤筑制在长形筒的篾篓中,筑造成圆柱形,高147厘米,直径20厘米,做工精细,品质优良。历史上最盛时期的年产量达到过3万多支(即卷)。

起源
“花砖”的名称由来,一是由卷形改砖形,二是砖面四边有花纹,以示与其它砖茶的区别,故名“花砖”。

产销
花砖茶销区以大原为中心,并转达销晋东、北京、内蒙古自治区等地。

原 料
花卷的加工方法是用湖南安化高家溪和马安溪的优质黑毛茶作原料。

历史
过去交通困难,茶叶运输不便,这圆柱形的花卷茶形如“树干”,倒便于捆在牲口背的两边驮运。但在零售与饮用时,要用钢锯锯成片。这样做,既不方便,茶又易损失,造成浪费。另外,在筑造过程中,花工多,成本高,劳动强度大,制作不易。如此落后的生产方式,不仅生产者要求改革,消费者也要求改革。1958年安化沙溪茶厂适应形势发展的需要,经过多次试验,将于将“花卷”改制成为长方形砖茶。花砖形状虽然与花卷不同,但内质基本接近,成为黑茶类的新品种,代替了历史上的花茶,受到了销区的赞赏与欢迎。

制作
花砖茶的制造工艺与黑砖茶基本相同。花砖茶原料,过去分洒面茶与包心茶,压制进把差的茶叶压在里面,较好的茶叶压在外面。60年代中后期,1958年,白沙溪茶厂再次进行工艺改革,在提高面茶和茶质量的同时,不分面茶和里茶,进行混合压制。压制花砖的同时,不分面茶和里茶,进行混合压制。压制花砖的原料成份,大部分三级黑毛茶及少量降档的二级黑毛茶。总含梗量不超过15%。毛茶进厂后,要经筛分、破碎、拼堆等工序,制成合格的半成品,以后进行蒸压、烘焙、包装等,工艺与黑砖茶相同。

2花砖茶的加工方法
花砖茶的加工方法是用湖南安化境内优质黑毛茶作原料。“花砖”的名称由来,
一是由卷形改砖形,二是砖面四边有花纹,以示与其它砖茶的区别,
故名“花砖”。“花砖”历史上叫“花卷”,因一卷茶净重合老秤1000两,故又
称“千两茶”。花砖茶正面边有花纹,砖面色泽黑褐,内质香气纯正,滋味纯正,
滋味浓厚微涩,汤色红黄,叶底老嫩匀称,每片花砖净重2公斤。用棍锤筑制在长
形筒的篾篓中,筑造成圆柱形,高147厘米,直径20厘米,做工精细,品质优良。
历史上最盛时期的年产量达到过3万多支(即卷)。

3花砖茶-泡法
饮用时需先将砖茶捣碎,在锅或壶内烹煮。且在烹煮过程中,还要不断搅拌,以使茶汁充分浸出。同时在烹煮时,大多加有佐料,采取调饮方式饮用。

4常用饮法
①功夫泡饮法:取茶为茶壶的2/5左右,用功夫茶具,按功夫茶泡饮方式冲泡饮用。
②杯泡法:用如意杯或有盖紫砂壶,取茶5克先用沸水润茶,再加盖浸泡1—2分钟后即可饮用(可多次加水冲泡)。
③传统煮饮法:取茶10—15克(6—8人饮用),用沸水润茶后,再用冷水煮沸,停火滤茶后,分而热饮之。
④奶茶饮法:按传统方法煮好茶汤后,按奶、茶汤1:5的比例调制,然后加适量盐,即调成具有西域特色的奶茶,橙红的茶汤与白色的奶充分混合后呈现粉红色,十分漂亮,称之为“红粉佳人”。
⑤ 冷饮法:按杯泡法或煮饮法滤好茶汤后,将茶汤放入冰箱或水井中冰镇后饮用,是夏天消暑解渴的佳品。

5功效
有止渴、抗辐射、抗癌、防癌、助醒酒、促进消化、减肥、延缓衰老、降胆固醇等作用。能增强大脑中枢神经活动的敏锐性,提高思考能力、降血压、抑制动脉硬化等等。

6花砖茶-区别
黑砖茶和花砖茶都是以湖南黑毛茶为原料,黑砖茶以三级黑毛茶为主,拼入一部分四级原料和少量其他茶;花砖茶以三级黑毛茶为原料。过去黑砖和花砖原料分“洒面”和“包心”,包心原料较差,压在里面。1967年以后,为了保证品质,简化工艺,将洒面和包心茶混合压制。黑砖茶与花砖茶除原料有差异外,压成砖茶后表面图案和文字也各不相同。黑砖茶砖面上方有“黑砖茶”三字,下方有“湖南安化”四字,中部为五角星。花砖茶砖面上方压印有“中茶”商标图案,下方压印有“安化花砖”字样,四边压印斜条花纹。黑砖茶和花砖茶的压制分称茶、蒸茶、装匣预压、紧压、冷却定型、退砖、修砖、检砖、干燥、包装等工序。

7存储方法
由于千两茶的口感越陈口感越醇和,因此千两茶适宜堆放在通风、避光、干燥、无异味的地方。

8花砖茶成黑茶市场新宠
"没有花卷(千两茶),就没有花砖。"这话说得一点没错,因为花砖茶正是根据花卷茶改制而成的。过去,由于交通困难,茶叶运输不便,圆柱形的花卷茶形如"树干",要捆在牲口背的两边驮运,十分费力,运输效率也很低。而且在零售与饮用时,还需用钢锯将花卷茶锯成片状。如此一来,既不方便,又易造成浪费。另外,在制作花卷茶的过程中,成本高,劳动强度大,制作不易。如此低效的生产方式,不仅生产者要求改革,消费者也要求改革。
于是,1958年茶厂适应形势发展的需要,努力提高机械化程度,减轻工人劳动强度,对产品工艺流程进行更新。经过多次试验,终于将花卷茶的品质与黑砖茶的压制工序结合,生产出了第一支花砖茶,其规格为35×18×3.5厘米的长方体砖茶,并受到了销区的赞赏与欢迎。从此,花砖茶作为一个独立产品,沿用至今。
"花砖"名称的由来,除了茶形由卷状改为砖形,另一个原因则是砖面四边有特色的斜型花纹,以示与其他砖茶的区别,故名"花砖".作为"三砖"中的最高级别,花砖茶的原料和花卷茶一样,大部分是三级黑毛茶及少量降档的二级黑毛茶,总含梗量不超过15%.黑毛茶进厂后,经过低温冷发酵、七星灶烘焙、筛分、拣剔、拼堆等工序制成半成品,再进入称茶、蒸茶、入箱、紧压、冷却、退砖、修砖、验砖、干燥、包装等工序制成成品,其制作工艺与黑砖茶相同。与茯砖茶相比,花砖茶砖身被压制得更加紧实,砖面乌润光滑,斜纹图案清晰,棱角分明,堪称黑茶中的艺术品。

9茯砖花砖黑砖青砖
茯砖、花砖、黑砖、青砖有什么区别?
均属黑茶。同档次的“四砖”,历史上黑砖、花砖原料高于茯砖、青砖;黑砖与花砖相比,花砖是由花卷茶演变而来,四周压有花纹,黑砖四周没有;同档次青砖和茯砖原料差不多,茯砖要求发花,其压得稍松,青砖较紧。 

Hua brick tea 花磚茶

花磚茶

花磚茶(ファジュアンチャア、英語:Hua brick tea、Flower brick tea、Hua Zhuan tea、中国: 花砖茶)は黒茶の種類であり、中国茶である。花磚茶の品質の特色:
形状:圧縮され角の丸い枕の様な形で
色沢:黒褐色
水色:明るさのある黒みがかった紅色
香気:純正な香り
滋味:清涼感
葉底:暗い褐色で葉はねじれています

花磚茶は、湖南省安化産の黒茶緊圧茶である。花巻茶、千両茶とも呼ばれる。花磚茶は、清代、1800年代前半に作られ始めた。初めは「花巻茶」と呼ばれ、後に「百両茶」とも呼ばれた。現在は「花磚茶」であるが、「千両茶」と呼ばれることも多い。黒茶を圧縮、円柱形に成形して作られる。基準の大きさは、円周56cm、高さ166cm、重さが「千両」(約37kg)あることから、「千両茶」で呼ばれる由来となった。また、1950年代後半に、35cm×18cm×厚さ3.3cm、重さ約2kgの長方形の磚茶が作られている。現在は、円柱形のもので、上記のものよりも小型ののものも作られ、市場に登場してきている。安化は、良質の緑茶の産地でもある。それらをもとに黒茶を作る。外見の色は黒褐色。砕き、茶葉として使う。ボディがある独特の味であるが、思いのほか抵抗感はなく、陳年のものでも比較的陳年香は少ない。のどごしがよく、清涼感さえ感じる。水色は、明るさのある黒みがかった紅色。 

食べるお茶(7)製造工程

殺青(さっせい・シャーチン、英語: Fixation、中国: 杀青)は、摘み取ったばかりの茶葉を高熱の釜で炒り(釜炒りと言います)、熱を加え酸化・発酵を抑える工程です。殺青を行い、その後、発酵させる工程を経ない緑茶は不発酵茶と呼ばれます。黄茶や黒茶も始めに殺青を行いますが、これらの茶葉はその後の工程でそれぞれ別の方法で発酵させ、独特の風味を生み出します。
また、ある程度進んだ発酵を止めたる場合にも青殺を行います。青茶などがその代表で、特に青茶は同じ青茶と言っても種類によって3割~7割程、発酵の度合いに幅があります。これらはどの程度で殺青を行い、発酵を止めるかによって変わり、それぞれの味が生まれます。また、発酵の抑制だけでなく、茶葉を加熱することにより臭みが消え、葉が柔らかくなります。

杀青,是绿茶、黄茶、黑茶、乌龙茶、部分红茶等的初制工序之一。主要目的是通过高温破坏和钝化鲜叶中的氧化酶活性,抑制鲜叶中的茶多酚等的酶促氧化,蒸发鲜叶部分水分,使茶叶变软,便于揉捻成形,同时散发青臭味,促进良好香气的形成。
杀青是绿茶等形状和品质形成的关键工序。杀青方式:炒青、蒸青、泡青、辐射杀青。杀青一般掌握“高温杀青、先高后低;老叶嫩杀、嫩叶老杀;抛闷结合、多抛少闷”等原则。
绿茶加工制作的第一道工序,把摘下的嫩叶加高温,抑制发酵,使茶叶保持固有的绿色,同时减少叶中水分,使叶片变软,便于进一步加工。
普洱茶主要杀青方式分为锅炒杀青、滚筒式杀青。大型厂或一般台地茶多为滚筒式机器杀青,少数民族与野生野放茶则多为锅炒手工杀青。其他茶类杀青目的在于利用高温停止酵类酶继续作用,而普洱茶杀青则只是减缓其发酵速度并增加其柔软度以利揉捻,以及去除青味。滇青茶杀青温度依鲜叶实际情形来判断温度与时间,通常锅内壁温度180度左右,锅外温度较高。

萎凋(いちょう・ウェイディアオ、英語: Withering、中国: 萎凋)は、殺青とは逆に、酸化・発酵を促進させる工程です。ある程度の温度に茶葉をさらし、乾燥させ茶葉を枯れさせるのですが、屋外に茶葉を広げ太陽に当てるものを「日光萎凋」と言い、炭をおこした室温を一定温度に保ち乾燥・発酵させるものを室内萎凋と言います。
青茶、紅茶、白茶は度合いは違いますが、始めに萎凋が行われ、いずれも2段階に分け、この工程を経ます。白茶は萎凋と乾燥を行うだけの製法がシンプルなお茶で、他のお茶にあるような茶葉を揉む工程がないため、茶の抽出に少々時間が必要です。

萎凋withering,在一定的温度、湿度条件下均匀摊放,使适度促进鲜叶酶的活性,内含物质发生适度物理、化学变化,散发部分水分,使茎、叶萎蔫,色泽暗绿,青草气散失。

2三种形式
自然萎调-将鲜叶均匀摊放于竹帘或竹筛上,置空气流通,阴凉干燥处进行;
萎凋日光萎调-将鲜叶均匀摊放于日光下萎凋萎;
凋槽萎凋-将鲜叶均匀摊放在萎凋槽上进行萎凋。
---------------------------------------------------
SB/T10034-1992茶叶加工技术术语,4.1.7款
 又做“萎雕”,制茶工序名称。将采下的鲜叶按一定厚度摊放,通过晾晒,使鲜叶呈现萎蔫状态。

萎凋过程中,鲜叶发生一系列变化:水分减少,叶片由脆硬变得柔软,便于揉捻成条;叶中所含酶类物质的活性增强,促使淀粉、蛋白质、不溶性原果胶等鲜叶成分发生分解、转化,生成葡萄糖、氨基酸、可溶性果胶等有利于成茶品质的有效物质,多酚类物质也程度不同地氧化。正常而有效的萎凋,使鲜叶的青草气消退而产生清香,并有水果香或花香,成茶滋味醇而不苦涩。萎凋需要适宜的温度、湿度和空气流通等条件。传统的萎凋方法有日光萎凋(日晒)、室内自然萎凋(摊晾)以及兼用上述两种方法的复式萎凋,现在也采用人工控制的半机械化萎凋设备——萎凋槽。我国白茶、红茶、青茶等茶类制作中的第一道工序都是萎凋,但程度各不相同。白茶萎凋程度最重,鲜叶含水量要求降至40%以下,红茶萎凋程度次重,含水量降至60%左右,青茶萎凋程度最轻,要求含水量在68-70%之间。
刚采摘下来的鲜叶水分含量高达75%~80%,萎凋主要目的在于减少鲜叶与枝梗的含水量,促进酵素产生复杂之化学变化。萎凋及发酵过程所产生的化学作用牵涉范围甚广,与茶叶香气、滋味、汤色有绝对相关。
鲜叶采摘后,应立即摊开即置,避免堆置。目前云南普洱茶制作,时常可见叶底红变的现象,这时常与不当堆置有关。为避免发类似情形,可将鲜叶置于储菁槽上,保持适当温湿度;依当时当地气候调整,静置萎凋时间最好在8~10小时之间。
萎凋时间与方式依采摘时间、季节、气候、鲜叶嫩度、厂家设施与观念来决定,方式分为日晒萎凋、静置萎凋、摊浪萎凋、热风萎凋。 

揉捻
揉捻(じゅうねん・ロウニエン、英語: Rolling、中国: 揉捻)は、茶葉を揉む作業です。白茶以外の茶葉は基本的にこの工程を経ます。茶葉を揉むことにより、葉の組織が壊れ、より発酵を促進させます。
茶葉によっては葉が珠のように丸くなったものがありますが、それはこの工程によるものです。また揉捻を2回に分けて行う場合もあります。揉んで丸まった茶葉をほぐして広げ、また揉むのですが、これによって発酵が促進されるので、発酵のための作業でもあります。揉捻によって茶の味や香りが出やすくなります。

1简介
揉与焙是乌龙茶初制的塑型阶段。整个阶段分为三揉三焙六个工序,揉与焙是反复相间进行的,各个工序互相联系、互相制约。其程序为揉捻--初烘--初包揉--复烘--复包揉--干燥。
揉捻是乌龙茶初制的塑型工序,通过揉捻形成其紧结弯曲的外形,并对内质改善也有所影响。
2作用
1卷紧茶条,缩小体积,为炒干成条打好基础,适当破坏叶组织、物质转变。

3方式
一、热揉 : 指杀青叶不经过摊凉趁热揉捻。
二、冷揉 :指杀青叶出锅后,经过一段时间的摊凉使叶温下降到一定程度时的揉捻
4技术特点
乌龙茶大多采用揉捻机揉捻,揉捻机型号有多种,一种是安溪六四式木质手推揉捻机,每桶装叶量10斤左右,常用的转速40-50转/分,揉捻时间4/6分钟,转数180-240转,另一种是闽茶35型电动揉捻机,每桶装叶量14-16斤,转速每分钟60转,揉捻时间3-5分钟,揉捻过程中应当在揉桶中解决或翻拌一次。
揉捻应掌握“热揉、适当重压、快速、短时”的原则:
“热揉”
乌龙茶外形要求紧结、弯曲有皱节,鉴于乌龙茶鲜叶厚、成熟度高、含水量较少、所含纤维素和矿物质元素较多,体现出揉捻叶较松散,略有弹性,较难卷曲成条,所以,应及时“热揉”,炒青出锅后不待冷却立即趁热装桶揉捻,这时叶温高,内含物的分子结构松散,叶子的柔软性、粘性和可塑性较强,制成的条形能紧结、均匀。
适当快速重压
热揉过程中,桶内叶团温度高,容易造成闷黄味,影响色泽和香气,因此,要求快速短时。快速短时可能揉捻不足,须加以一定的压力,乌龙茶揉捻是塑形的第一道工序,要求揉捻叶有较好的卷曲状态,和一定比例的破碎率,红茶揉捻破碎率为80-85%,绿茶为50-65%,乌龙茶揉捻破碎率因短时比绿茶略低,但加上做青破碎率,总破碎率略高于绿茶,是乌龙茶具有醇厚滋味的原因之一。

5压力掌握
揉捻压力应掌握“轻、重、轻”,因为在最初的时候,茶叶还比较脆弱,茶汁还未曾破,未曾被揉捻出来,所以轻压、待中间时,茶汁出来,茶叶比较湿润,所以可以重压、最后茶叶基本成形,防止揉碎条形,要尽量轻揉。
6注意事项
1.装叶量要适宜。
装叶量过多或过少均会影响揉捻效果。装叶量过多,揉捻机旋转慢,叶团翻转不灵活,容易出现揉捻不均匀和茶条索松弛现象,装叶量多,揉捻时间长,揉捻叶闷黄,影响品质,装叶量过少,揉捻叶停滞于揉盘中,旋转不灵,起不到揉捻作用。
2.揉捻结束后,应速解块,及时上烘,烘焙不及时,应薄摊散热,不得堆积,尤其夏暑茶更不得堆放过久。
3.揉捻程度 :成条率在80%以上、细胞破坏率在45%-60%、茶叶粘附叶面,手摸有沾手的感觉。

渥堆(あくつい・ウオドゥイ、英語: Piling、中国: 渥堆): 黒茶を作る際に行われます。発酵室に水分を含ませた茶葉を積み上げ、一定の温度と湿度を保ち微生物(主に麹菌)によって発酵させます。
このように微生物で発酵させることで知られる黒茶ですが、かといって全ての黒茶が微生物による発酵というわけではなく、何年もかけ茶葉自体の発酵によって作られるものもあります。渥堆を経るものは熟茶と呼ばれ、そうでないものは生茶と呼ばれます。いずれの場合も、より深い発酵が黒茶独特の風味を引き出すのです。 

悶黄(メンファン、英語: Sweltering、中国: 闷黄): まだ水分が多く含んだ茶葉を高温多湿な場所に放置し、菌の働きで、軽く後発酵させること。黄茶独特の工程。 

揺青(ようせい・ヤオチン、英語: Rocking、中国: 揺青):竹のザルで茶葉をゆすって振動を与えながら攪拌し、両手で持ち上げて落としたりしながら表面に傷をつけることにより、発酵を進めます。青茶を作る工程で室内萎凋と共に行います。また、芳香成分を引き出すことにもつながります。 

食べるお茶(6)ミヤンマーナムサン

嗜好品文化フォーラム
平成23年5月21日
生駒 美樹(東京外国語大学大学院・総合国際学研究科)
「茶生産が創り出す社会 ――ビルマ(ミャンマー)ナムサン郡パラウン人社会を事例として」
1.問題の所在と研究目的
●ミャンマーの伝統文化にとって重要な意味をもつ食用茶ラペッソーの消費拡大の背景
●シャン州ナムサン郡一帯に居住する少数民族パラウン人の民族表象と茶の結びつきの背景
→茶生産地ナムサン郡と、消費地マンダレー市の相互関係を検討し、上記2点を明らかにする

2.先行研究にみる茶生産と茶消費の歴史茶生産:
パラウン人社会(主に英領時代の民族誌、ビルマ政府発行の民族誌 (i))
・トーンペン藩王国(現在のナムサン郡一帯)パラウン人藩王が治める、Shan Statsのひとつを構成
・茶生産を経済基盤→高い生活水準、政治権力の形成、茶の起源伝承茶消費:
ビルマ人社会(ビルマ歴史研究家による二次資料 (ii) ほか)
・ビルマ王朝の儀礼に不可欠、裁判所で茶を食す習慣

3.ナムサン郡の茶農家、製茶工場の調査から
・人口9割がパラウン人、茶生産に特化、ミャンマー最大の茶産地(国内生産量の半分を生産)→
特徴 ?生葉の交換、?リスク回避、?茶の象徴性、?販売への進出

4.マンダレー市における茶問屋、小売業者の調査から・生産地と消費地の密接な関係 ←
?産地による品質の区別、?安定した茶消費→ナムサン郡の製茶工場主の販売参入
←教育投資、ビルマ社会での生活基盤確立

5.考察・ミャンマーで食茶の習慣が広まった背景
?ビルマ王朝による象徴的意味の付与、
?ビルマ王朝のトーンペン藩王国支配、
?イギリスによる茶園の開発、
?同一国家内に包摂、
?インフラ整備⇒
象徴的意味合いを付与された食茶の習慣が、政治的背景による流通状況の改善と、技術向上による生産量の増加という物理的な条件に支えられ、食用茶が広く嗜好品化され、大衆化した・パラウン人の民族表象と茶の結びつきの背景生業経済を支える資源であり文化的資源

⇒主な消費者であるビルマ人の伝統文化に不可欠であり、古くから品質の良い産地として彼らから認識されているからこそ、茶をパラウンという民族を表象とするものとして主張⇒
茶販売に参入するナムサン郡のパラウン人はビルマ化する一方で、パラウンと茶の結びつきを強調・民族表象の政治性
→ 茶の種を与えた人物の変化、ビルマ語で茶を意味する語の起源を説明:対ビルマ※
茶生産に特化するナムサン郡のパラウン人の社会と民族表象は、主たる消費地のビルマ人社会との相互関係のなかで構築 

 【現地調査】 調査言語ビルマ語 生産地 シャン州ナムサン郡(2010年3月)
標高1500∼2000m消費地 マンダレー管区マンダレー市(2009年9月、2010年8月)

【パラウン人】 モン・クメール語族 居住地域 中国雲南省∼ミャンマー北部、タイ北部にかけての山間部ミャンマーでは主にシャン州に分布し居住人口 ミャンマーに60万人、中国に1万2千人 

食べるお茶(5)ミヤンマー

ミャンマーのお茶産地の調査   

                ・訪問時期  2012年12月
                ・訪問地   マンダレー、チャウッメー

早朝4時半。外はまだ暗闇である。
昼の暑さがうそのように涼しく、日本の晩秋を感じさせるひんやりとした空気が気持ちいい。
(しかしその後、茶産地の高地の殺人的な寒さに襲われることになるのだが....。ミャンマーは寒い国でもあるんですネ!)

マンダレーのホテルを出発し、冷気に包まれた山の悪路を車で約4時間かけて茶産地の「チャウッメー」(シャン州)に到着。
チャウッメーでは、茶農園や問屋、茶農家、仲買人などに対する聞き取り調査を実施した。

本当はミャンマーの代表的な茶産地として有名な「ナムサン」にも足を運びたかったが、
治安の問題でチャウッメーからそれ以上は進むことができなかった。
ナムサンの訪問は、次回の楽しみにとっておくことにした。

チャウッメーの茶産地(茶畑の風景)                                               紅茶
  


食用の茶:ミャンマーでは飲む茶より、食べる茶の比率が多い!                       問屋に茶を売りに来た茶農家の人々


ミャンマーの定食に並ぶおかずの数々

食べるお茶(4)酸茶


酸茶制成品具有天然的苔味、岩味,和特殊的微酸、回甘、回甜、无涩的品质。
酸茶源于野生酸茶树种,分布于洛江区罗溪、虹山、马甲一带。如今已突破酸茶树种无法繁育的情况,可运用组培、嫁接、种子繁育等技术人工培育。

据说,宋代晋北地区(现洛江区罗溪、虹山、马甲、河市)已产茶,并将茶叶作为礼品相互赠送,并出售给各地茶商。南宋·绍兴(1131—1162年)年间,因仙公山上庙宇重新修建,规模更甚从前,先人纷纷迁徙至仙公山脉四周安居,开垦山地,种茶为生。元、明、清茶叶生产有较大发展。居住在山上的先人们,吸取红茶全发酵和绿茶不发酵的制茶原理,再结合酸茶树种,发明了酸茶制作技艺,在清末便传遍晋北地区各乡镇,以及莆田仙游、三明清流等地。

酸茶传统制作技艺具有较高的独特性,起初是比较简单,纯粹用“脚揉手捻”。廿世纪90年代后,加以改进,从单一“炒青、手捻、烘焙”三道简单工序,发展到“采摘、初制、精制”三部分工艺,大幅度降低了原有酸茶的酸度和涩度。
采摘:包括采摘期、采摘标准和采摘技术的要求。
初制:包括晒青、凉青、一炒青、一揉捻、二炒青、二揉捻、三炒青、三揉捻、四炒青、四揉捻、发酵、烘干12道工序。
各工序要求:
晒青:把茶青放在笳篱里日晒,每笳篱摊叶量0.5—1.2公斤,其间翻拌1—2次,日晒时间一般在下午4—5时,因为这时阳光较柔。
凉青:把整篱晒青叶移入凉青架上,茶青两笳篱拼合一笳篱,稍加摇动“做手”,使茶青呈蓬松状态。
炒青:一般在当日傍晚6—8时下鼎炒青。用木柴把鼎烧热,当鼎温升至摄氏200°左右,立即把叶子倒入鼎中,用木扒手不断翻炒,投叶量1次3公斤左右。
揉捻:炒青叶出鼎后倒置于低脚结实木桌上,乘热双手握紧茶叶由内向外用力揉出,运用揉、搓、压、抓等技术反复数次。揉捻到温度降低到手已基本上不烫时,把茶青放入鼎中再次炒青,反复4次,此时塑形已基本完成。
发酵:将已揉捻塑形好的茶坯包以布巾,放置于竹篓内,使其发酵。该发酵要掌握满足茶多酚氧化酶的氧化聚合反应所需的色与温度、湿度及氧气量,形成酸茶的色、香、味品质特征,这是关键性工序。
烘干:把茶叶放在焙笼里,用炭火进行“低温慢焙”。分两次进行:第一次称“走水焙”,温度70度左右,每焙笼放两个茶团,约八九成干下烘,散热摊凉1—2小时,使茶叶内部水分向外渗透;第二次称“烤焙”,温度60度左右,投茶量大约2.5公斤,历时1—2小时,其间翻拌2—3次,烘至茶梗手折断脆、气味酸纯,即可下烘,稍经摊凉后装入陶瓷大缸里,即为毛茶,可以泡饮。
精制:包括筛分、拣剔、拼堆、包装4道工序。
从这一制作流程不难看出,酸茶的整套制作工艺相当独特,这一道一道地晒、凉、炒、揉、烘反复进行,像制作艺术品一样。时至今日,全部工序还不能用机械代替。尤其是在整个制茶工艺中,还要根据季节、气候、鲜叶等不同情况,灵活掌握“看天季节、气候做青”,因时因地因茶青制宜。

食べるお茶(3)酸茶

酸茶制成品具有天然的苔味、岩味,和特殊的微酸、回甘、回甜、无涩的品质。

1简介
酸茶源于野生酸茶树种,分布于洛江区罗溪、虹山、马甲一带。如今已突破酸茶树种无法繁育的情况,可运用组培、嫁接、种子繁育等技术人工培育。
据说,宋代晋北地区(现洛江区罗溪、虹山、马甲、河市)已产茶,并将茶叶作为礼品相互赠送,并出售给各地茶商。南宋·绍兴(1131—1162年)年间,因仙公山上庙宇重新修建,规模更甚从前,先人纷纷迁徙至仙公山脉四周安居,开垦山地,种茶为生。元、明、清茶叶生产有较大发展。居住在山上的先人们,吸取红茶全发酵和绿茶不发酵的制茶原理,再结合酸茶树种,发明了酸茶制作技艺,在清末便传遍晋北地区各乡镇,以及莆田仙游、三明清流等地 。

2德昂族茶俗
德昂族人的一生都在茶香中度过,孩童时在茶林嬉戏玩闹、每片绿叶都承载了一份快乐;长大到了青涩的青年时代,对对恋人在茶林许下美丽的承诺和海誓山盟;老年时,牵着老伴的手,在茶林中一起守候夕阳。虽然作为仅几十万人口的云南一个少数民族,德昂族种茶的历史却悠长久远,每个族人对茶都饱含着浓浓的情感,渗透到文化和生活的每个角落、层次。
德昂族居住于山区或半山区,村村寨寨无一例外都种茶,随处都可看到一片片郁郁葱葱的茶林,有的村寨周围,至今还能看到几百年树龄的老茶树,它们被称为“茶王”,备受人们的珍视和保护,寨中人并以能拥有“茶王”而感到自豪。
德昂族的少年少女,在即将进入“青年时代”的年龄时,便会收到“首冒”,那是年轻人的头儿送给他们的一小包茶叶,同时也是邀请他们加入青年行列的“请柬”。如约而至后,“首冒”便为他们举行集会,从此,他们便算长大成人可以加入青年人的社交圈里,可以参加宗教祭祀活动。
德昂青年男女多在采茶时节选择自己的意中人,每当春茶萌发之时,青年男女们便都互相邀约,成群结队上山去采茶。这时候,一首首优美动听的采茶调便不断随风飘起……小伙子看中某个姑娘,就会主动靠近帮助她采茶,若两个人谈得来,几天后,小伙子就会托好友给姑娘送去一小包茶叶以“传情”。姑娘有意就会收下,若不喜欢对方,则会委婉拒绝。姑娘收下小伙子所赠的茶叶后,他便可放心大胆去“串姑娘”——到女方家火塘边与姑娘谈情说爱了。到两人情投意合欲结连理时,双方互赠一包茶叶放在自家桌上,双方家长一看就明白自己的儿女们已私定终身了。

3德昂族制茶方法
德昂族制茶方法与饮茶方式颇多,最具特色的便是德昂族的酸茶。其技艺有两种:一是土坑法。人类尚未发明使用陶器前,将鲜茶叶采摘回家后,用新鲜芭蕉叶包裹茶叶,放入事先挖的深坑内埋7天左右,然后将茶叶取出在阳光下揉搓并晒2天,待茶叶稍干时又将其包裹放回深坑内3天,取出晒干便可泡饮。泡饮时使用沸水,其味酸苦,有清洁口腔、清热解暑的功效,是原生态的绿色保健饮料。做菜用的酸菜则要适当在第二道工序时多放几天,取出后要在碾臼春碎晒干。食用时用水泡发后凉拌,其味酸涩回味,使人增加食欲。二是陶器法。陶器创制后,便直接利用陶罐腌制酸茶了。(李淳信)

4布朗族茶俗
布朗族是云南最早种茶的民族之一。他们保留食酸茶的习惯。一般在五六月份,将采回的鲜叶煮熟,放在阴暗处十余日让它发霉,然后放入竹筒内再埋入土中,经月余即可取出食用。酸茶是放在口中嚼细咽下,它可以帮助消化和解渴,这是供自食或互相馈赠的礼物。 

食べるお茶(2)ラペソー

ラペソー(Lepet-so、Lahpetso)はミャンマーの茶の一つ。後発酵茶の一種で漬物のような形態をしており、飲用ではなく副食などに用いられる。ビルマ語でラペ(lepet)は「茶」、ソー(so)は「湿った」であり、「湿ったお茶」という意味を持つ。
ヤンゴン風に調理されたラペソー
マンダレー風に調理されたラペソー 
概要
ラペソーはミャンマー全土で食べられており、同国北東部で国境を接する中国雲南省の酸茶やタイのミヤンとよく似ている。また、パラウン族やシャン族はラペソーをミヤンと呼んでいる。酸茶やミヤンとの大きな違いとして、柔らかい若葉を用いることが挙げられる[1]。特に良質なラペソーでは新鮮で柔らかい一心二葉または三葉の若葉が使用されており、柔らかい葉に起因するベトツキを防ぐために発酵中に水分を排出する工夫がされている。
味は旨味があるのが特徴で、食べた日本人の90%が好きになったとされる[2]。食後は口中に清涼感があり、カフェイン含量が多いため眠気覚ましの効果があるという[3]。また、緑茶や烏龍茶などとも相性が良い。栄養的には茶葉の食物繊維、発酵中に生成されたビタミンやアミノ酸の摂取が期待される。

製法
自家消費向けと商業用で製法はやや異なる。いずれも基本的には殺青と揉捻の後に容器等に詰め、嫌気的に発酵させる。販売できない等級の低い茶葉は自家用に回るため、そのような硬い成葉はカビの酵素による分解を利用して柔らかくすることがある。

自家消費用
シャン州では酸茶とよく似た方法でラペソーが作られている。具体的には以下の通りである。
若い茶葉を蒸して殺青する。茹でたり釜炒りする場合もある。
冷却して竹筒に詰める。
竹口に折ったバナナの葉を詰め、さらに円盤型の硬質プラスチックを載せて竹串で抑える。
円盤の上から注水し、水が蒸発したら再び注ぐ。雨季には天水を流して常に水を貯める。
数週間から数か月放置して発酵させ、取り出す。
また、カビ付のラペソーも一部のパラウン族は作っている[5]。カビ付と嫌気的な発酵が同時に行なわれている点が特徴である。
硬くなった成葉を十分に蒸す。
冷却してビニール袋に入れ、口を固く結ぶ。
袋の上に板を載せ、重石を置く。
数か月発酵させた後に取り出す。
赤褐色になった部分を捨て、黄白色の菌体付の部位を水洗して食べる。

商業用
緑茶であるラペチョウの方が高額なため、一番茶はラペチョウに使用し二番茶、三番茶をラペソーに用いることが商業的には多い[1]。また黄金色のものが高級とされるため、ウコンや合成黄色色素で着色されることもある。
茶葉を蒸して作る場合は以下の通り[1][2]。
茶葉を蒸して揉捻する。
直径・高さそれぞれ約1mの竹かごの内側にビニールシートを張り、1.の茶葉を詰める。地面に穴を掘って漆喰やコンクリートで固めて竹のアンペラを張って茶葉を入れたり、高さ数メートルのコンクリート製の壺を使う場合もある。
ビニールシートの端を茶葉の上に折りたたみ、重石を載せる。
数か月から1年間発酵させ、取り出す。
ふるいにかけて大きい茶葉は裁断する。
二重のビニール袋に60kgずつ小分けにし、密閉する。かつては竹皮に包んで竹籠に詰めていた。
場合によっては湖水に浮かべたりして、ビニール袋内でさらに発酵させる。なお、湖水には温度変化が小さく空気に触れないメリットがある。
1年ほど発酵させたら販売する。
またザヤンを利用した製法もあり、以下の通りである[1]。
沸騰した湯に若葉を入れ、1分ほど茹でる。
ザルで冷却し、揉捻する。
きつめに絞り、汁を捨てる。
再び揉捻してきつく絞る。(ここまでがザヤンの製法)
ビニール袋に詰め、口は縛らずに折りたたんで竹かごに入れる。
竹かごをひっくり返し、重石を載せて放置して水分を出す。
発酵が進んだらビニール袋に小分けにし、密閉して販売する。土産用の場合、竹筒に移してバナナの葉と木板を詰め、竹製の楔で密閉する。

流通
かつては発酵が完了したものが生産者から出荷されていたが、現在は半熟発酵の状態で問屋に送られるケースもある[2]。この場合、問屋が自分の倉庫で残りの発酵を行なう。集荷には牛や馬の荷駄も使われ、トラックでマンダレーやヤンゴンの市場に送られ、市場や小売店[6]、路上[3]などで販売される。市場では数百グラム、路上では数十グラム程度の分量に分けられ、合わせ具材とともに売られることも多い[3]。

調理法
苦味や渋味を抜く場合は、まずラペソーを湯がいたり水にさらしたりする。また、古典的な方法ではバナナの葉に包んで冷所に放置してから手で握って苦味を除く[6]。その後、塩をつけてココナッツ油やごま油で和える。このままでも食べられるが、近年では魚醤やうま味調味料で味を整え、干しエビや揚げニンニク、フライビーンズ、ショウガなどと混ぜて食べることが多い。具を和えた場合はラペトッ(トッは「混ぜる」という意味)とも呼ばれる。また、スダチなどの柑橘果汁を加えて魚醤の塩辛さを抑えたラペチン、唐辛子を加えたラペサッなどのバリエーションもある[5]。
食べ方にはマンダレー風とヤンゴン風の大きく2種類がある[7]。マンダレー風は皿の中央に塩味のラペソーを盛り、周囲に合わせ具材4-5種類を載せる。ラペソーを口に入れてから、すぐに好きな具材を親指と人差指ではさみ取り、口の中で混ぜる。ヤンゴン風はラペソーと具材を皿の上で全て混ぜて食べる。具材には刻んだトマトやキャベツ、レタス、スターフルーツや唐辛子が使われる。
食事のシチュエーション
都市部にはラペソーの専門店があり、また喫茶店でも食べられる。街では昼に友人の家に集まり、毎日のようにラペソーパーティーを開いて世間話をする。田舎では来客時に出すため常時保管していることが多い。
慶弔事にもラペソーは用いられ、誕生祝いや結婚式、上棟式、葬式など様々な場面で供物とされる。この他、改名した時はラペソーを配って挨拶回りをし、結婚式の招待状にラペソーを添え、民事裁判で和解が成立すると相手と共にラペソーを食べるなどの風習がある。 

食べるお茶

ミャンマーの茶(ミャンマーのちゃ)では、ミャンマーにおける茶について解説する。茶の発祥地である中国雲南省とミャンマーは国境を接しており、古くから茶の栽培と利用が行なわれてきた。また、ラペソーなど独特の後発酵茶が現在でも広く親しまれている。
 
茶の種類
ビルマ語で茶はラペ(Lahpet,Lepet)と呼ばれ、柔らかい茶葉を原料としたものが好まれる。伝統的な不発酵茶(緑茶)のラペチョウ(チョウは「乾いた」という意味)は生茶葉を蒸して天日で乾燥させたものであり、ポットに入れてお湯を注いで出す。ラベチョウは最も高価であり、一番茶が用いられる。二番茶や三番茶は、後発酵茶の食品であるラペソーに用いられる。さらに等級の低い四番茶などはラペチンチャウ(チンは「酸っぱい」という意味)に加工される。
 
ラペチンチャウはラペソーと同じようなプロセスで発酵まで進め、その後に乾燥させて作る。大半は最初からラペチンチャウとして作られるが、発酵中にカビや異臭が発生したラペソーや、濡れてカビが生えたラペチャウを乾燥させて作るケースもある。ヤンゴン周辺やミャンマー南部の海岸地方など、井戸水に塩分が混ざる地域でラペチンチャウは好んで飲まれる。この地域特異性は同じ後発酵茶である四国の碁石茶と共通しており、両者は香りも似ている。
 
これらミャンマー独特の茶の他に、植民地時代に広まった紅茶や、中国と同様の釜炒り茶も飲まれている。紅茶についてはブラックティーに砂糖をたっぷり加えるスタイルが主流である。
 
歴史
ミャンマーでは、シャン州のパラウン族が古くからチャノキを栽培していた。同国で一般的となっている伝説では、12世紀にアラウンシツがパラウン族に茶の種子を与えて栽培が始まったとされる。この伝説の舞台となった集落・ルエサイは、同国最大の茶産地であるシャン州ナムサンに属しており、アラウンシツの茶種から育ったという巨樹があった。これは1950年代に枯れてしまったが、同じナムサンのミヤイ集落にはルエサイの樹の実から育てて樹齢が800年以上に達するという古木が現存する。
王制の時代には王と王妃の側に2人の召使いが侍り、それぞれラペソーとラペチョウのポットを持っていた。これは名誉な役とされ、王室の儀式ではラペが欠かさず使われた。またイギリスの植民地となっていた時期に紅茶の栽培が始まり、飲用の習慣も広まった。
 
茶の栽培
茶畑は山の斜面などに作られ、高さ3-4mほどのチャノキが並んで林のようになっている。造成は以下のような手順で進められる。
雨期の終わった10月に成熟した実を集め、屋根の下に置く。
12月に入ると根が出始めるので、屋根裏に置く。また造成予定地を焼いて灰にする。
1月に畑に穴を掘って種を蒔く。発芽の際に腐った皮はそのまま付けておく。
6月に1ヶ所あたり10数本の芽が出るので、3-4cmになったら中耕を行なう。
2年目に再び中耕をする。
3年目には1ヶ所に苗を1本ずつ残し、他は斜面に千鳥状に移植する。これは面積を増やすとともに表土の流出を防ぐためである。
日陰を作るための木を植え、落葉は肥料とする。
6年目から収穫が始まる。
なお、大きくなった茶樹は5年ごとに台切をする。
 
茶業に従事する者は、茶畑および製茶工場の所有者、茶畑のみの所有者、そして茶摘み労働者に分けられる。2番目の茶畑所有者の数が多いが、このケースでは茶摘みの季節に近辺や平地から人を集めて収穫を行なう。茶畑の地主は、契約期間中の食物と場合によっては宿舎、そして給与として収穫した葉の半分を労働者に供与する。地主と労働者はそれぞれ自分の取り分の茶葉を製茶工場に売り、現金収入とする。
収穫は手作業で行なわれるが、新芽の密度が低いので作業効率は悪い。茶摘みは早朝から始まり、芯を含めて上から4枚摘む(一芯三葉)のが一般的である。作業は午後3時頃まで行なわれ、多い日で16kgほどを一人で収穫する。茶葉は基本的にはその日に工場で処理される。

パラウン族
トーアン族またはドアン族(-ぞく、德昂族、de'ang zu)は、ミャンマーのシャン州から中国の雲南省にかけて住む民族。ミャンマーではビルマ語名の「パラウン族」と呼ばれる。中国では「パラウン」の音訳で「崩龙族」(beng long zu)と呼称していたが、1985年に「德昂族」と改称された。
アウストロアジア語族のモン・クメール語派に属する言語を話す。人口はミャンマーに約30万人、中国に1.8万人(2000年現在)。
 

ツバキ

[yóu chá] 
油茶,(拉丁文名Camellia oleiferaAbel.)别名:茶子树、茶油树、白花茶;油茶属茶科,常绿小乔木。因其种子可榨油(茶油)供食用,故名。茶油色清味香,营养丰富,耐贮藏,是优质食用油 ;也可作为润滑油、防锈油用于工业。茶饼既是农药,又是肥料,可提高农田蓄水能力和防治稻田害虫。果皮是提制栲胶的原料。
灌木或中乔木;嫩枝有粗毛。叶革质,椭圆形,长圆形或倒卵形,先端尖而有钝头,有时渐尖或钝,基部楔形,长5-7厘米,宽2-4厘米,有时较长,上面深绿色,发亮,中脉有粗毛或柔毛,下面浅绿色,无毛或中脉有长毛,侧脉在上面能见,在下面不很明显,边缘有细锯齿,有时具钝齿,叶柄长4-8毫米,有粗毛。花顶生,近于无柄,苞片与萼片约10片,由外向内逐渐增大,阔卵形,长3-12毫米,背面有贴紧柔毛或绢毛,花后脱落,花瓣白色,5-7片,倒卵形,长2.5-3厘米,宽1-2厘米,有时较短或更长,先端凹入或2裂,基部狭窄,近于离生,背面有丝毛,至少在最外侧的有丝毛;雄蕊长1-1.5厘米,外侧雄蕊仅基部略连生,偶有花丝管长达7毫米的,无毛,花药黄色,背部着生;子房有黄长毛,3-5室,花柱长约1厘米,无毛,先端不同程度3裂。蒴果球形或卵圆形,直径2-4厘米,3室或1室,3爿或2爿裂开,每室有种子1粒或2粒,果爿厚3-5毫米,木质,中轴粗厚;苞片及萼片脱落后留下的果柄长3-5毫米,粗大,有环状短节。花期冬春间。[1] 
2生长习性
油茶喜温暖,怕寒冷,要求年平均气温16~18℃,花期平均气温为12~13℃。突然的低温或晚霜会造成落花、落果。要求有较充足的阳光,否则只长枝叶,结果少,含油率低。要求水分充足,年降水量一般在1000毫米以上,但花期连续降雨,影响授粉。要求在坡度和缓、侵蚀作用弱的地方栽植,对土壤要求不甚严格,一般适宜土层深厚的酸性土,而不适于石块多和土质坚硬的地方。
3地理分布
油茶树是世界四大木本油料之一,它生长在中国南方亚热带地区的高山及丘陵地带,是中国特有的一种纯天然高级油料。主要集中在浙江、江西、河南、湖南、广西五省全国年产量仅为20万吨左右。 

经济价值
种子含油30%以上,供食用及润发、调药,可制蜡烛和肥皂,也可作机油的代用品。 
油茶与油棕、油橄榄和椰子并称为世界四大木本食用油料植物。油茶具有很高的综合利用价值,茶籽粕中含有茶皂素、茶籽多糖、茶籽蛋白等,它们都是化工、轻工、食品、饲料工业产品等的原料,茶籽壳还可制成糠醛、活性炭等,茶树的灰洗头可杀死虱子包括虫卵。茶子树木质细、密、重,拿在手里沉甸甸的,很硬,是做陀螺,弹弓的最好材料,并且由于其有茶树天然的纹理,也是制作高档木纽扣的高级材料。
食用价值
茶油的不饱和脂肪酸含量高达90%,远远高于菜油、花生油和豆油,与橄榄油比维生素E含量高一倍,并含有山茶甙等特定生理活性物质,具有极高的营养价值。茶壳还是一种良好的食用菌培养基。研究表明,油茶皂素还有抑菌和抗氧化作用。
环境价值
此外,油茶还是优良的冬季蜜粉源植物,花期正值少花季节,10月上旬至12月,蜜粉极其丰富。在生物质能源中油茶也有很高的应用价值 。同时,油茶又是一个抗污染能力极强的树种,对二氧化硫抗性强,抗氟和吸氯能力也很强。因此科学经营油茶林具有保持水土、涵养水源、调节气候的生态效益。 

白茶

白茶
白茶(はくちゃ、しろちゃ、パイチャ)は、主に中国の福建省で生産されている中国茶。製法(発酵度)による中国茶の分類(六大茶類)の一つである。弱発酵茶。茶葉の芽に白い産毛がびっしりと生えていることが、名前の由来である。そのような特徴を持つ茶葉を白毫(はくごう、パイハオ)と呼ぶが、白毫のある茶葉がすべて白茶に用いられる訳ではない。
摘まれた茶葉を、萎凋(いちょう、放置して萎れさせ、発酵を進めるとともに水分を飛ばすこと)した後に、火入れして乾燥させるだけという、中国茶の中では特に簡素な工程となっている。六大茶類の中では、唯一白茶だけが「揉捻」を施さない。
萎凋は地域により、屋外での日光萎凋をする場合と室内萎凋をする場合がある。いずれも送風機を用いたり、揉む、揺らすなど人為的な発酵の促進はしないため、発酵はゆっくりと進む。発酵と言っても、黒茶(プーアル茶等)の微生物による発酵を施した茶とは異なり、茶葉が元々もつ酸化酵素による酸化発酵が中心となるもので、黒茶以外の他の発酵茶と同様である。この段階で水分の9割ほどは蒸発している。萎凋が完了した茶葉は「烘籠」と呼ばれる竹で出来たバスケットに入れられ、とろ火にかけて乾燥、これにより酵素発酵が止められる。白豪銀針は、茶葉が未だ熱い内に紙袋に入れられる。この目的は、茶葉が熱く柔らかい内に袋に詰める事で破損を防ぐためと、数日間意図的に蒸れさせることで、更なる熟成を促すためである。但し、この工程は非常に熟練の技を必要とし、多くの白茶は「ムレ臭」を伴う。最高品質の白茶にはムレ臭がなく、色も均一なヒスイ色をしている。灰色や褐色化した白茶は、萎凋の際に層が厚すぎたり、取り扱いが乱雑だったことを示している。
多くの中国茶とは異なり、揉みこむ工程(揉捻)がないために茶葉そのままの姿で出荷される。そのため茶葉が揺れ動く様を楽しめるように、淹れる際には耐熱ガラスに90度前後のお湯を注いで飲むのが一般的。こうする事で、茶葉がまるで「笹の葉」のように、ゆらゆらと揺れ動く様子を楽しむことができる。また、冷たい水で淹れても美味しく飲める。
香り・味わい・水色ともに上品で後味がとても甘い。また、白茶には宿酔い、夏ばてに効くといった効能や解熱作用があると言われている。
主なものに「白毫銀針」「白牡丹」「寿眉」などがある。白毫銀針(はくごうぎんしん、パイハオインヂェン)は、1880年代から福建省の福鼎、政和で大白種の若芽から作られるようになった一芯一葉摘みの「白芽茶」で、最も代表的な白茶。白牡丹(はくぼたん、パイムーダン)は、一芯二葉の「白葉茶」の代表格。福建省の建陽などで大白種または水仙種から作られる。寿眉(じゅび、ショウメイ)は、白毫銀針などに用いる若芽を摘み取った後に、一芯二葉から一芯三葉で摘んだ、葉の部分を主に用いたもの。
日本ではあまり飲まれない珍しいお茶だが、『アサヒ 白茶』(アサヒ飲料、2005年)[1]、『本茶房 白いお茶』(大塚ベバレジ、2006年)[2]、『アサヒ 白烏龍』(アサヒ飲料、2009年、白茶と烏龍茶のブレンド)[3]などのペットボトル飲料も発売されている。なお、インドやスリランカでもここ数年、差別化・ブランド化の一環として白茶生産を開始する事例が出てきた。 

ワサビ(13)モリンガ⑷

ワサビノキ科の落葉小高木で、原産国はインドです。
亜熱帯・熱帯地方に自生、特に北インドやフィリピンで多く植えられており、生育が非常に早いのも特徴のひとつです。
■モリンガの特徴■
モリンガはバランスの取れた栄養素を含んでいる植物です。
「地球上でこれまでに発見された植物の中で最も栄養価の高い植物」とモリンガの研究者達に呼ばれるほど、バラエティに富んだ価値ある栄養素が含まれています。
■部位ごとの利用方法■
モリンガの「葉」「実」「種」「茎」「花」「根」そのすべてに豊富な栄養素が含まれており、たくさんの利用価値があります。

種は炒って食べ、味はピーナッツに似ています。
果実は調理したり漬けたり (ピクルスにして) 、葉と花は枝と同様に香味野菜として食べられています。
根は刺激があり、香辛料として使用されます。
その根に香味があることから「ワサビノキ」とも呼ばれているようですが私たちが思っていいる、わさび (山葵) とは全く違う植物です。
 
■含まれる栄養素■
モリンガは、人間が必要とする栄養素の多くやビタミン、必須アミノ酸、ポリフェノール、ギャバといった微量栄養素も豊富に含んでいます。
そのモリンガは非常に有益な植物として、当時、インドからアジア各国、アフリカなどの熱帯地方に広まり、その後、古代ローマやギリシャ、エジプトなどで、多くの人々の健康と美容を守ってきたと言われています。
■人と自然と地球にやさしい植物■
その他にもモリンガは、人と自然と地球にやさしい植物なのです。
モリンガ1本の二酸化炭素吸収は杉の木の50倍とも言われていて国連もモリンガ植林を推進しているほど地球環境に貢献している
まさに「奇跡の木」なのです。


 

ワサビ(12)モリンガ⑶

ワサビノキ モリンガ

 什么是辣木茶?
辣木茶是把辣木的枝叶和辣木籽,按照一定的比例科学调配出来的保健食品。辣木源自天竺之国印度,是一种高营养、多功效的神奇植物。
辣木茶配合辣木籽每日饮用具有降三高、排毒通便、提高睡眠质量和解酒的作用。辣木籽非常的神奇,吃了之后喝纯净水都是甜的,竟然还能降糖!除此之外,喝酒吃前吃两粒辣木籽,还能戒酒保肝。周围的朋友吃完这个喝酒基本可以放大2-3倍的酒量。
如果把辣木籽放到可乐里面,马上就会分成两层,上面是水,糖分沉积到下面。
如果想减肥辣木籽可以连壳一起吃,如果不需要就放到水里面好了。那个有精华水的作用,口感自己能体会的到。绝对的纯天然好东西,没有任何添加物。 

辣木有什么好处
辣木是一种[完美的植物],他拥有植物性的蛋白质、维生素、矿物质及人体所需的氨基酸,尤其对素食者有极大的帮助。 

请问一下辣木是什么东西啊,有没有什么用途啊,印度辣木是不是比较不一样啊
辣木说白了其实就是一种树,只是在我们国内没有所以很少的人知道,辣木的用途可是非常多啊,营养成分非常丰富。
辣木所含钙质是牛奶的4倍!
辣木所含蛋白质是牛奶的2倍!
辣木所含钾是香蕉的3倍!
辣木所含铁是菠菜的3倍!
辣木所含维生素C是柑橘的7倍!
辣木所含维生素A是(B胡萝卜)的4倍!
辣木是对抗营养不良的健康食品,被西方科学家称为奇迹之绎!
辣木可以被开发出养生茶,
具有降三高(高血压、高血脂、高胆固醇)、排毒养颜、提神醒脑、消除疲劳、增强免疫能力、提高睡眠质量和解酒等神奇功效。

辣木的籽有什么用处
辣木的种子可以榨油。印度当地人民在日常生活中食用辣木,干种子可以打成粉末作为调味料。辣木的种子中也含有丰富的营养成分。不过由于辣木本身含有植物碱,高血压、糖尿病患者及孕妇等最好经医师指示后酌量食用,避免中毒 

 

フウ⑵

苗族が 楓香樹 を大切にしている・・・
そして 城頭山遺跡には 楓香樹 がたくさん見つかっている。
〈中国語〉では 枫香树。
 
楓香樹とは・・・
Liquidambar formosana Hance (1866)
別 名 :タイワンフウ
科 名 :マンサク科 Hamamelidaceae
属 名 :フウ属 Liquidambar Linn. (1737)
英 名 :Formosan gum
原産地 :中国中南部、台湾
日本には享保年間(1716~1735)に伝えられた


门;被子植物门
纲:双子叶植物纲
亚纲:原始花被亚纲
目:蔷薇目
亚目:金缕梅亚目
科: 金缕梅科
属: 枫香树属
海拨低限: 220
海拨高限: 2000
时代: 渐新世—全新世
药用部位: 树脂、根、叶及果实均可入药
『落叶乔木,高达30米,胸径最大可达1米,树皮灰褐色,方块状剥落;小枝干后灰色,被柔毛,略有皮孔;芽体卵形,长约1厘米,略被微毛,鳞状苞片敷有树脂,干后棕黑色,有光泽。叶薄革质,阔卵形,掌状3裂,中央裂片较长,先端尾状渐尖;两侧裂片平展;基部心形;上面绿色,干后灰绿色,不发亮;下面有短柔毛,或变秃净仅在脉腋间有毛;掌状脉3-5条,在上下两面均显著,网脉明显可见;边缘有锯齿,齿尖有腺状突;叶柄长达11厘米,常有短柔毛;托叶线形,游离,或略与叶柄连生,长1-1.4厘米,红褐色,被毛,早落。雄性短穗状花序常多个排成总状,雄蕊多数,花丝不等长,花药比花丝略短。雌性头状花序有花24-43朵,花序柄长3-6厘米,偶有皮孔,无腺体;萼齿4-7个,针形,长4-8毫米,子房下半部藏在头状花序轴内,上半部游离,有柔毛,花柱长6-10毫米,先端常卷曲。头状果序圆球形,木质,直径3-4厘米;蒴果下半部藏于花序轴内,有宿存花柱及针刺状萼齿。种子多数,褐色,多角形或有窄翅。

果序较大,径3-4cm,宿存花柱长达1.5cm;刺状萼片宿存。花期3-4月;果10月成熟。花单性同株,雄花排成茅荑花序,无花瓣,雄蕊多数,顶生,雌花圆头状,悬于细长花梗上,生于雄花下叶腋处;子房半下位2室,头状果实有短刺,花柱宿存;孔隙在果面上散放小形种子,果实落地后常收集为中药,名路路通』

漢方の薬でもある。

フウ

フウ
『フウ(楓、学名: Liquidambar formosana)はフウ科(クロンキスト体系ではマンサク科)フウ属の落葉高木。
種名は「台湾の」の意味。別名、サンカクバフウ(三角葉楓)、タイワンフウ(台湾楓)、イガカエデ(伊賀楓)、カモカエデ(賀茂楓)。古名、オカツラ(男桂)。
特徴 
高さ20mほど。原産地では40-60mのものもある。
葉は掌状に3裂し、縁に鋸歯。秋に紅葉する。
雌雄同株。花は雌雄とも球形で花被がない。春、新葉が出るとともに咲く。
果実は秋、褐色で棘のある球状の集合果が成熟する。
分布・生育地 
原産地は台湾、中国南部。日本には江戸時代中期、享保年間に渡来した。
利用 
庭木、街路樹、公園樹として利用される。大陸では独特の香りのある樹脂を「楓香脂」として薬用にする。
近縁種 
近縁種にモミジバフウが知られる。これに対して本種をサンカクバフウまたはタイワンフウと呼ぶこともある。
フウ属 
フウ属(ふうぞく、学名: Liquidambar)は、フウ科の属の一つ。属名は「琥珀色の液」の意味で、この植物から採集される樹枝を香料や薬用に使っていたため。
フウ属は中国・台湾・小アジア・北米に4種ある。
Liquidambar acalycina
フウ Liquidambar formosana
Liquidambar orientalis
モミジバフウ Liquidambar styraciflua
^ 漢字「楓」は本来本種を指す。日本で「かえで」と読むのは慣用。本種とカエデは葉の形状が似ているだけで、全くの別種である。』

茶道の起源は

茶道の起源
(転載)
『 「1000年前の新羅の礼法がそのまま取り入れられた」「高麗の茶道が深くかかわったもの」――日本の「茶道」についてそう主張する記事が韓国系メディアに掲載されている。しかし、そうした主張はいわば「横やり」だという。遠州流茶道を研究する安藤宗良氏が語る。

「茶道で用いる抹茶は禅宗とともに中国から伝わったものです。臨済宗を日本に伝えた栄西が13世紀前半に著わした『喫茶養生記』にはその苦みが心臓を強くし、茶を飲んで養生することが肝要であると書かれている。また、茶葉を粉状にしてすべて喫する抹茶には、『もったいない』という慎ましやかな禅宗の教えが生きています」

 それは、茶道を大成した室町時代中期の茶人・村田珠光が始めた「茶室」の中にも見ることができる。

「例えば床の間は、禅僧であった珠光が墨跡(高僧の筆跡、掛け軸の一種)をかけるために座を一段高くしたものです。墨跡は高僧自身と同じように敬われることから、掛け軸の表装は高僧に着ていただく着物であり、御袈裟を表わしている。およそ四畳半という空間は、禅寺の住職の住まいを意味する『方丈』(一丈四方の居室)に由来しています」(安藤氏)

 茶室の設えは、日本家屋の特徴として現代に受け継がれている。家族が集って食事や団欒する部屋を指す「茶の間」という言葉も、茶道に起源を見ることができる。

 当初、禅宗の影響が色濃かった茶道は、やがて日本文化として花開く。それは、床の間の掛け軸に初めて「和歌」を用いた武野紹鴎をもって嚆矢とする。

「歌を詠ずる時の心構えである創意工夫や温故知新は、禅の精神に通じます。紹鴎が墨跡に替えて用いた和歌は、湿気のある日本の気候風土に根付いた日本人の心です。禅宗を精神的な裏付けにしながら、大陸の乾燥した風土にはない情緒が合わさって茶道は『日本化』したと言えます」(安藤氏)』

茶がら事件(4)

康师傅就废弃茶叶被转手事件 回应称配合政府调查

(転載)2012年6月29日

廃棄されたお茶が転売されたことについて、康師の担当者は政府と力を合わせて、調査を行うと対応した。

(転載)2012629

 

就废弃茶叶被转手事件发声明

本报讯(记者刘俊)"我们也是受害者!"昨日,有媒体报道称康师傅的废弃茶叶被转手卖给不良商家、冒充名茶流入市场,康师傅的一位联系人这样说。康师傅昨日晚间发出声明表示生产废料处理商作出了 "不良行为",公司方面除表达严正关注的立场外,也已经配合政府有关单位进行调查。

廃棄されたお茶が転売されたことについて、声明を出した。

本報より(記者 劉俊)「私たちも被害者である」昨日、あるマスコミには下記の記事を発表した。康師の廃棄されたお茶が転売され、不良の営業者の手に入り、有名なお茶に見せかけて、市場に出回ったと康師のある担当者が言った。これに対して、康師は昨晩、以下の声明を出した。生産過程で出る廃棄物を処分するメーカーは不良の行為を行った。この件に対して、弊社は必ず注意深く見守る。そのほか、弊社はすでに政府と力を合わせて、調査を行った。

 

中止与生产废料厂商的合同

康师傅在给本报的声明中确认,经查,与康师傅签订生产废料处理合同之厂商为吉安三石饲料商行,且系通过公开招标程序取得合同承揽资格,并签有保证透过合法渠道处理康师傅生产废料的承诺。昨日媒体报道的内容显示吉安三石饲料商行可能违反与康师傅签订之合同,即日起,康师傅已中止履行与吉安三石饲料商行的有关合同,并静待相关单位调查结果后从严追究责任。

昨日,康师傅一位熟悉情况的人士告诉记者,这家商家是从去年三季度后开始给康师傅处理生产废料的,有关合同将在今年年底届满,这位联系人指康师傅和该商行之间没有参股或任何资本关系。

生産過程で出る廃棄物を処分するメーカーとの契約を中止する。

廃棄物の処分について、康師と契約しているメーカーは吉安三石飼料商行で、公開の入札を通して、契約の資格も取った。そして、合法的ルートで康師の廃棄物を処分すると約束した。昨日、マスコミの記事によると、吉安三石飼料商行は以上の契約を違反したことが分った。その日から、康師はすでに吉安三石飼料商行との契約を中止し、関連部門の調査結果によって吉安三石飼料商行の責任を追及する。

昨日、事情の分かる康師のある人は記者に教えた:安三石飼料商行は去年の第3四半期から康師の廃棄物を処分し始めた。関連契約は今年の年末に終わる。康師吉安三石飼料商行の株を所有したりしない。経済的関係は、ほかにも一切無い。

 

"厂家承诺废料用来做枕头"

"为了确保不会出现乱子我们在合同上跟这家商行更是明确约定,不能利用废弃茶叶做任何违法国家法律法规的事情的。"上述人士说,这家商行向他们承诺茶叶是用于做枕头等用品的,康师傅方面为了安全起见,还特意向他们索要用于做枕头等业务的单据,没有想到还是出了这样的事情。

康师傅是内地最大的即饮茶饮料生产商,其市场份额近四成。据媒体昨日曝光的二手茶叶的产业链,回收商行将康师傅泡过后的废弃茶叶以低价出售给不良商家,商家将茶叶运往外地进行加工出售。每年百万斤的二手茶叶被制成名茶出口国外或卖给国内企业。据报道,泡后的茶叶先是被运往广州增城新塘永和龟山,在烘干后被运往东莞麻涌的茶厂加工,然后集中运至浙江安吉凯丰茶叶有限公司(下称凯丰茶厂)进行再次加工。

廃棄物を枕の材料にすると吉安三石飼料商行が約束した。

「騒ぎのないように弊社は吉安三石飼料商行との契約の中に、下記のことを明確にした。廃棄されたお茶を利用して、国家の法律と法規に違反することをしてはいけない。」と上記の人が言った。廃棄物を枕の材料にすると吉安三石飼料商行は約束した以上、念のため、弊社はわざわざ吉安三石飼料商行に枕に関する業務の証券を請求したが、こんなことになったのは予想外である。

康師は中国で最大の茶飲料メーカーで、市場占有率は40%近く達している。昨日、マスコミに明らかにされている中古のお茶の産業チェーンは下記通りに展開している。吉安三石飼料商行は康師の茶の廃棄物を低価で不良の営業者に転売し、これらの不良の営業者はまた廃棄物を地方に運んで加工し、販売する。毎年、百万キロの廃棄のお茶は有名茶に見せかけて、海外に輸出したり、国内企業に販売したりしていた。記事によると、一度使ったお茶はまず広州の增城新塘永和龟山に運んで、乾燥された後、莞の麻涌という所にあるお茶の工場で加工され、まとめて浙江の安吉丰茶叶有限公司(以下は丰茶厂と略称する)に運んで、再加工される。

 

增城查处二手茶叶加工窝点

本报讯(记者叶平生 通讯员张志科)昨天,有媒体曝光称,在增城、东莞两地存在利用康师傅废弃茶叶残渣经过翻晒烘干后用于制造茶叶情况。昨天上午,增城市"三打"办、"打假"办组织该市有关职能部门和新塘镇政府,联合出动60多名执法队伍,对位于该市新塘镇简村村龟山(土名)的一个二手茶叶加工窝点进行了查处。当场对该加工窝点立案查处和对产品进行封存取证,公安民警将现场18名工人带回公安机关审查。目前,该案仍在进一步审查中。』

增城という所で中古のお茶を加工する基地に捜査が入った。

本報より(記者 葉平生 通信員 張志科)昨日、あるマスコミによると、增城、莞では、康師傅の茶の廃棄物を利用して、新しいお茶を作る工場が明らかになった。昨日の午前、增城市の関連部門は新塘の政府と力を合わせて、60名以上の執行人員を派遣し、增城市新塘镇简村村山にある中古のお茶を加工する基地に捜査に入った。その場での基地を要訴追事件として提起し、取り締まり、そしてその製品に封をして保管し、証拠を集めた。公安局の警察はその場にいた18名の労働者を公安局に連れて、審査を行っている。現在、この事件は審査中である。

茶がら事件(3)

废茶事件  20126月,

『有媒体报道称康师傅的废弃茶叶被转手卖给不良商家、冒充名茶流入市场。广州、东莞两家茶厂,千里转送被浸泡过的二手茶至浙江安吉凯丰茶叶有限公司(下称凯丰茶厂),加工销售,而这些二手茶可能出自康师傅。

康师傅发声明表示,对于报道中提到的、公司废料处理商的“不良行为”,公司方面除表达严正关注的立场外,也已配合政府有关单位进行调查。次日,康师傅在声明中确认,经查,与康师傅签订废料处理合同的厂商为吉安三石饲料商行,且系通过公开招标程序取得的合同承揽资格,并签有保证透过合法渠道处理康师傅生产废料的承诺。媒体报道的内容显示吉安三石饲料商行可能违反与康师傅签订之合同,从即日起,康师傅已中止履行与吉安三石饲料商行的有关合同,并静待相关单位调查结果后从严追究责任。

廃棄されたお茶の事件 20126

康師の廃棄されたお茶が転売されて不良の営業者の手に入いり、有名なお茶に見せかけて、市場に出回った。広州、東にあるお茶作りの工場は遙々にその廃棄のお茶を浙江の安吉丰茶叶有限公司に運び、加工して販売する。この廃棄のお茶は康師のものだという可能性がある。

これに対して、康師は以下の声明を出した。生産過程に出ている廃棄物を処分するメーカーは不良の行為を行った。この件に対して、弊社は必ず注意深く見守る。そのほか、弊社はすでに政府と力を合わせて、調査を行った。

翌日、康師は以下のことを声明の中で確認した。調査によると、廃棄物の処分について、康師と契約しているメーカーは吉安三石飼料商行で、公開の入札を通して、契約の資格も取った。そして、合法的ルートで康師の茶の廃棄物を処分すると約束した。昨日、マスコミの記事によると、吉安三石飼料商行は以上の契約を違反したことが分った。その日から、康師はすでに吉安三石飼料商行との契約を中止し、関連部門の調査結果によって吉安三石飼料商行の責任を追及する。

 

“康师傅和三石商行并不存在买卖关系,清运废茶渣都是免费的。”康师傅一位相关负责人表示,作为企业,清理废料本身需要费用,而对于回收商来说,废渣本身也有一定的可利用价值,因此双方达成合作协议,由三石商行出车到康师傅工厂清运废茶渣。该负责人表示,我们之前都有协议的。康师傅要求对方清运废茶渣不能用于违法用途。这家商行向他们承诺茶叶是用于做枕头等用品的,康师傅方面为了安全起见,还特意向他们索要用于做枕头等业务的单据。只是没有看到他们的成品。康师傅相关负责人表示,“我们也是受害者,将加强管控力度。”目前,对于多地的茶渣处理商都在加大审核、清查力度。

「康師吉安三石飼料商行と経済的関係ではない。廃棄されたお茶を運ぶのは無料である。」康師のある責任者がこう言った。「企業として、廃棄物を処分したり、運んだりするのはお金がかかる。でも、吉安三石飼料商行にとって、廃棄されたお茶そのものは価値がある。だから、双方は契約していた。吉安三石飼料商行からトラックを出し、廃棄されたお茶を運ぶ。その廃棄されたお茶を利用して、法律に違反することをしてはいけないと契約の中にも約束した。廃棄されたお茶を枕の材料にすると吉安三石飼料商行は承諾した。念のために、弊社はわざわざ吉安三石飼料商行に枕に関する業務の証券を請求した。完成品は見られなかった。私たちも被害者である。今後、廃棄物の処分について、しっかり管理し、力を入れる。現在、廃棄されたお茶を処理する各地の営業者に対して、弊社は厳密の検査を行っている。」と責任者は言った。

ご神木が狙われている

ご神木が狙われている
2012年11月26日(転載)
『神社の境内に立つ、「ご神木」。地域の信仰の対象として大切にされ、中には樹齢数百年というものも珍しくありませんが、今、そのご神木が各地で不自然な枯れ方をするケースが、四国を中心に相次いでいます。
ご神木に何が起きているのか、

“ご神木が枯れた”

ことし7月に愛媛県東温市で、ご神木が枯れているのが見つかりました。
約1300年の歴史を持つ神社「総河内大明神社」の境内で2本のヒノキだけが枯れていたのです。
いずれも樹齢500年を超え、幹周りは4メートル前後の大木で、地元では当初、老木なので寿命で枯れてしまったのではないかと考えられていました。

ニュース画像

ニュース画像

ところが約1か月後、神社の管理を任されている地域住民のもとに、ある木材業者が訪ねてきました。
業者は「枯れた木は危ないから早く切ったほうがいい。自分たちが伐採して買い取ろう」と話したといいます。
ご神木を見守ってきた地域の人たちは慌てました。
“ご神木が倒れるかも”という懸念や“何とかしてあげたい”という思いに加えて、“自分たちには木を切リ倒す費用を出せるのだろうか”という不安もあったそうです。
地域で話し合った末に、2本のご神木を550万円で業者に売却する契約を結びました。

問題発覚“木に複数の穴”

しかし木の伐採直前に大きな問題が発覚しました。
木の根元に、直径5ミリほどの穴が複数見つかったのです。

ニュース画像

不審に思った神社側が警察に相談すると、穴は人がドリルのようなもので開けたものだと分かりました。
さらに警察の捜査で、穴の中から除草剤に含まれる成分の一種、「グリホサート」が検出されたのです。
総河内大明神社の綿崎祥子宮司は、「そんな事をする人がいるとは、ことばにならなかった」と話します。

誰が?何のために?

ご神木は、誰が何のために枯らしたのか。
現場を独自に調査した愛媛県林業研究センターの豊田信行さんは、木材に詳しい人物が関わっていると推測しました。
根拠は木に彫られた穴の深さが4センチほどだったことです。

ニュース画像

木は表面から4センチほどの部分に、根が吸った水分を運ぶ管が通っています。
穴はその管まで的確に掘られ、そこから入れられた除草剤が枝へと行き渡り、枯れたとみています。
このような方法をとると、枯れるのは葉や枝だけで幹の中心部に影響はなく、木材としての質は下がらないといいます。

県林業研究センターの豊田信行さんは、「効率的に薬を入れようとすれば、4センチ前後入れる。木を扱っている人々には常識的に知っている話です」と指摘しています。

広がるご神木被害

取材を進めていくと、ご神木が枯らされる被害は愛媛県内の別の神社でも起きていたことが分かりました。

ニュース画像

この神社には以前からご神木を売ってほしいと複数の業者が訪ね、去年はご神木4本が枯れて2つの業者に売却されました。
これらの木でも同じような穴が見つかっていたということです。
さらにこうした被害は愛媛県だけにとどまらないことも分かってきました。
NHKの取材では、不自然な枯れ方をしたご神木は四国を中心にここ10年で、少なくとも25本に上っています。

ニュース画像

業界の内幕“かつては九州でも”

相次ぐご神木の被害。
木材業界の事情に詳しい人物に話を聞くことができました。
この人物によると薬剤で木を枯らす手法は持ち主に木を手放させるためのもので、かつては九州などでも見られたということです。

大木は高値で取り引き

ご神木にいったいどれほどの価値があるのでしょうか。
取材班は、奈良県にある大木を専門に扱う木材市場を訪ねました。
国内では木材価格が低迷していますが、直径1メートルを超えるような大木はほとんど出回らず、高値での取り引きが続いていました。
奈良県銘木協同組合の林秀樹課長は「去年売れた中には一本単価で600万、700万という木もあった。もっと太いものになればさらに価値がある」と話しています。
質のいい大木は、歴史的建造物の再建や文化財の修復などで常に一定の需要があります。しかし国産の大木はすでに多くが伐採され、もはや神社や寺の境内にしか残っていないといいます。

ニュース画像

難航する捜査

警察の捜査は難航しています。
枯れた木から検出された成分を含む除草剤は市販のもので誰でも手に入れられることから、枯らした人物の特定は容易ではないとしています。
また目撃証言などもありません。
私たち取材班も多くの関係者に重ねて取材しましたが、最初にご神木の伐採と買い取りを持ちかけた木材業者を含め、いずれも不正への関与を明確に否定しました。
何者かの手によって枯らされた愛媛県東温市のご神木。
契約では年内に伐採されることになっていますが、神社側は一連の経緯が不透明だとして、伐採に「待った」をかけています。

足りない木材・どう守る日本建築

一方で、社寺仏閣の大修理や再建に使う大木が国内にはほとんど残っていないという悩ましい問題もあります。
国宝の阿修羅像で知られる奈良県の興福寺では現在、江戸時代に焼失した「中金堂」という建物の再建工事が進められていますが、国産ではなくカメルーン産の木材を輸入して使っています。
今回のご神木を巡る騒動は、世界に誇る日本の木造建築を今後も守っていくことができるのかという、大きな問題も投げかけています。』

ニュース画像

罰当たり という言葉が なくなっているんですね。

茶がら事件(2)

康师傅就废弃茶叶被转手事件 回应称配合政府调查
(転載)2012年6月29日
『核心提示:"我们也是受害者!"昨日,有媒体报道称康师傅的废弃茶叶被转手卖给不良商家、冒充名茶流入市场,康师傅的一位联系人这样说。康师傅昨日晚间发出声明表示生产废料处理商作出了 "不良行为",公司方面除表达严正关注的立场外,也已经配合政府有关单位进行调查。
就废弃茶叶被转手事件发声明

本报讯(记者刘俊)"我们也是受害者!"昨日,有媒体报道称康师傅的废弃茶叶被转手卖给不良商家、冒充名茶流入市场,康师傅的一位联系人这样说。康师傅昨日晚间发出声明表示生产废料处理商作出了 "不良行为",公司方面除表达严正关注的立场外,也已经配合政府有关单位进行调查。

中止与生产废料厂商的合同

康师傅在给本报的声明中确认,经查,与康师傅签订生产废料处理合同之厂商为吉安三石饲料商行,且系通过公开招标程序取得合同承揽资格,并签有保证透过合法渠道处理康师傅生产废料的承诺。昨日媒体报道的内容显示吉安三石饲料商行可能违反与康师傅签订之合同,即日起,康师傅已中止履行与吉安三石饲料商行的有关合同,并静待相关单位调查结果后从严追究责任。

昨日,康师傅一位熟悉情况的人士告诉记者,这家商家是从去年三季度后开始给康师傅处理生产废料的,有关合同将在今年年底届满,这位联系人指康师傅和该商行之间没有参股或任何资本关系。

"厂家承诺废料用来做枕头"

"为了确保不会出现乱子我们在合同上跟这家商行更是明确约定,不能利用废弃茶叶做任何违法国家法律法规的事情的。"上述人士说,这家商行向他们承诺茶叶是用于做枕头等用品的,康师傅方面为了安全起见,还特意向他们索要用于做枕头等业务的单据,没有想到还是出了这样的事情。

康师傅是内地最大的即饮茶饮料生产商,其市场份额近四成。据媒体昨日曝光的二手茶叶的产业链,回收商行将康师傅泡过后的废弃茶叶以低价出售给不良商家,商家将茶叶运往外地进行加工出售。每年百万斤的二手茶叶被制成名茶出口国外或卖给国内企业。据报道,泡后的茶叶先是被运往广州增城新塘永和龟山,在烘干后被运往东莞麻涌的茶厂加工,然后集中运至浙江安吉凯丰茶叶有限公司(下称凯丰茶厂)进行再次加工。
增城查处二手茶叶加工窝点
本报讯(记者叶平生 通讯员张志科)昨天,有媒体曝光称,在增城、东莞两地存在利用康师傅废弃茶叶残渣经过翻晒烘干后用于制造茶叶情况。昨天上午,增城市"三打"办、"打假"办组织该市有关职能部门和新塘镇政府,联合出动60多名执法队伍,对位于该市新塘镇简村村龟山(土名)的一个二手茶叶加工窝点进行了查处。当场对该加工窝点立案查处和对产品进行封存取证,公安民警将现场18名工人带回公安机关审查。目前,该案仍在进一步审查中。』

茶がら事件

事件というべきか 戸惑うところもあるが・・・・

废茶事件  
2012年6月,
『有媒体报道称康师傅的废弃茶叶被转手卖给不良商家、冒充名茶流入市场。广州、东莞两家茶厂,千里转送被浸泡过的二手茶至浙江安吉凯丰茶叶有限公司(下称凯丰茶厂),加工销售,而这些二手茶可能出自康师傅。
康师傅发声明表示,对于报道中提到的、公司废料处理商的“不良行为”,公司方面除表达严正关注的立场外,也已配合政府有关单位进行调查。次日,康师傅在声明中确认,经查,与康师傅签订废料处理合同的厂商为吉安三石饲料商行,且系通过公开招标程序取得的合同承揽资格,并签有保证透过合法渠道处理康师傅生产废料的承诺。媒体报道的内容显示吉安三石饲料商行可能违反与康师傅签订之合同,从即日起,康师傅已中止履行与吉安三石饲料商行的有关合同,并静待相关单位调查结果后从严追究责任。

“康师傅和三石商行并不存在买卖关系,清运废茶渣都是免费的。”康师傅一位相关负责人表示,作为企业,清理废料本身需要费用,而对于回收商来说,废渣本身也有一定的可利用价值,因此双方达成合作协议,由三石商行出车到康师傅工厂清运废茶渣。该负责人表示,我们之前都有协议的。康师傅要求对方清运废茶渣不能用于违法用途。这家商行向他们承诺茶叶是用于做枕头等用品的,康师傅方面为了安全起见,还特意向他们索要用于做枕头等业务的单据。只是没有看到他们的成品。康师傅相关负责人表示,“我们也是受害者,将加强管控力度。”目前,对于多地的茶渣处理商都在加大审核、清查力度。』

お茶 生産過剰

お茶 生産過剰
2012年4月10日
『今年春节过后,市场就给茶叶界一个不容乐观的信号,往年在春节后有关“清明茶”的订单就纷至沓来,而今年在各茶叶产区几乎没有了这种现象,如今各地茶叶都已进入采摘期,产地的粗加工企业向茶农的收购价也普遍低于去年,一些地方年初炒作一番天价茶后不久就出现过山车现象,天价茶价格一落千丈。今年茶叶市场的变化虽然让茶叶企业有些难以接受,但从全国的市场供需来看,严重的产能过剩导致茶叶价格下跌是必然的结局,这种市场现状对于总体实力有限的中国茶企来说,就意味着一轮行业性洗牌的到来。

  作为农副产品中的一员,茶叶价格历来是在流通渠道上层层加码,茶叶种植的农民本身获利甚微,市场供过于求一经出现就更容易损害到种植户的利益,云南普洱茶农大面积改种咖啡也无疑与茶叶价格过低相关。尽管近年来在市场上出现了“陈茶热”,但全国每年近三分之一的过剩产能还是让茶农与茶企都颇感压力过大,“陈茶”即便炒得再热也敌不过每年新生的“陈茶”数量,普洱茶农种咖啡虽然目前只是局部现象,但产能过剩的事实还是不断蚕食着各地茶农的热情,在市场流通受阻的前提下,不能种咖啡的其他茶叶产地农民也会放弃茶叶改种别的农作物,这也是没有实行区域农业规划的中国所有农产品必然走向的归途。

  面对严重才能过剩的茶叶行业,茶农与茶企的出路在哪里?茶叶产品还处于原始的农副产品阶段,尽管全国的人均消费茶叶数量还远远低于国外的平均水平,理论上看茶叶的市场需求还有很大的增长空间,但从历年来中国茶叶流通协会的数据体现来看,无论是出口还是内销的数量递增都远远落后于产能的递增,这种递增速度是中国以小微企业为主体的茶叶还有所无力沉受的。

  从出口与内销两大途径的比较来看,内销数量的递增相对更加具备先决条件,因为出口茶叶既有价格上的劣势,也有技术壁垒上的门槛<主要表现在茶叶的食品安全问题上>。以茶叶大省福建为例,内销的拉动在许多省份都具备一定优势,经过近十年的发展福建市场已出现全民饮茶的局面,在福建的任何机关团体与企业单位,泡茶几乎成为工作的内容之一,茶具和茶叶几乎等同于办公必备用品,办公室里来了客人就会以茶招待,在居民家庭中也同样与茶分不开,福建也就成为茶叶消费大省了,这种现象在国内许多省份尚未形成,这便是内销市场潜在的递增空间。从这方面来看,各地茶企如何去营造全民饮茶的时尚氛围,无疑是拉动茶叶内需的有效途径,也是在产能过剩的现实背景下茶企救市的一大任务。

  众所周知,我们的茶叶产品是千百年来一成不变的原条茶,在古代茶叶神秘莫测的身世一直隐藏在皇家深宫大院与名山大川之中,被当作罕见的礼品往来于皇亲国戚、机要大臣以及外国使节之间,这种茶叶的尊贵身价至今让中国茶企难以割舍,在茶叶界总以“懂茶”为荣,茶人还乐于把自己装扮成具有仙风道骨的茶神。相比与18世纪就迷上中国茶的英国人,他们当时还不知道红茶绿茶是同一树种上加工出来的东西,如今却征服了中国年轻一代的消费者,我们的茶叶内销的递增就显得路途遥远了。从扩大茶叶内需的客观需要出发,中国茶企该是剥去茶叶神秘外衣,还原于茶叶作为生活必需品的真实面目,把终端价格降到合理的空间,让中国人都喝得起中国茶,以薄利多销微利经营做大市场份额。

  现代社会进入了快节奏生活时代,“立顿”这个中国的茶徒弟与时俱进,茶叶的深度加工让产品高度增值,以方便快捷的表现形式让中国的上班族一见倾心。按照中国人的话说“风水轮流转”,也该是中国茶企学习“老外”做茶的时候了,通过深度加工茶叶,让茶叶产品更加丰富多彩地迎合现代消费者的需求,让中国茶叶行业得以健康发展。

  只有茶叶企业积极投入到倡导健康饮茶的热潮中,形成全行业推动下的消费氛围,让国人都形成饮茶习惯;把中国茶叶的传统神秘面纱揭开,还原茶叶的饮料本质,把茶叶价格合理地下调;与时俱进地开发茶叶新产品,迎合现代人的消费需求,这不仅是在产能过剩时期的救市策略,更是中国茶叶产业可持续发展的根基。』

貴州 お茶面積第2位に

贵州茶园总面积达430万亩居全国第二
2012年4月11日
『贵州省农业委员会副主任胡继承10日在北京介绍,截至今年4月,贵州省发展茶园面积达到430万亩,居全国第二。
 由贵州省农委主办的"贵州绿茶·秀甲天下"万人品茗活动10日在北京玉渊潭公园举行。胡继承介绍,正值贵州春茶大量上市之际,通过品黔茶、赏樱花活动,将充分利用茶文化和花文化结合的优势,大力推广贵州茶叶品牌。
 胡继承说,贵州近年来大力发展茶产业,茶园面积已经达到430万亩,位居全国第二。预计"十二五"期间,全省茶园面积将发展到700万亩,为贵州茶叶在10年内实现千亿产值打下坚实基础。

  目前,贵州省有茶农400万人,注册茶叶加工企业683家,资产总额超过31亿元,8家茶企跻身国家级重点龙头企业。贵州茶产业逐步实现了从以绿茶产业为主向以绿茶为主,红茶、白茶、乌龙茶、黑茶、再加工茶及茶多酚、茶籽油、茶饮料、超微茶粉等茶叶深加工产品同步开发的转变,茶叶综合利用率大幅提高。』

中国茶から残留農薬

国際環境NGOのグリーンピースが、中国の大手メーカー製の茶葉を検査したところ、全てのサンプルから残留農薬が検出されたそうです。
詳細な現地の報道は以下より。

多品牌茶叶被指残留禁用农药
http://news.t0001.com/2012/0412/article_141771.html

記事によると、グリーンピースが検査したのは9つの茶葉会社の18品目。
全てのサンプルから少なくとも3種類の残留農薬が検出され、12種類のサンプルからは使用の禁じられている農薬が検出。14種類のサンプルからは、出産や胎児の生育に悪影響のある物質が検出。ある鉄観音では何と17種類もの残留農薬が検出された、といいます。
しかも、これらの商品は国内でも大手メーカーとされている物ばかりだったので、国内外に与えた衝撃は大きかったようです。

現在のところ、業者側は「我々は中国の国家基準に照らし合わせて検査を行って出荷している。EU基準で検査されたら、相違が出るのも仕方ない」と反論していますが、説得力に欠けます。
仮に、残留濃度は基準の問題であったとしても、そもそも国内で使用が禁じられている農薬を使い、その茶葉を製品化したことに関しては、反論のしようがありません。

今後、メーカー側の品質管理体制及び業界としての体質が追及されることになるでしょう。

今回の検査対象になったメーカーは以下の通り。

張一元、呉裕泰、御茶園、中国茶葉、天福茗茶、四川峨眉山竹葉青茶業、八馬、日春、海南農墾

南糯山 茶王樹

孟海県南糯山は プーアール茶の”六大茶山”の一つ。”茶王樹”と呼ばれる 樹齢800年を超える栽培型のプーアール茶の樹を見たくて 南糯山を訪れました。

 これは樹齢4,500年のお茶の樹 写真の人は 景洪でプーアール茶専門店を営む李さん、私の案内役をして下さった人。 

 ここを訪れたのは 11月末頃 お茶の花が咲いて、秋のお茶も もう終わりと言う頃。

 これが お目当て樹齢800年のプーアール茶の古茶樹。”茶王樹”と呼ばれている。写真の人は 南糯山を案内して下さった哈尼族の人。


 この辺りのプーアール茶の樹は 樹齢100年ぐらい、南糯山にはこのように 背の高い木(喬木)が まだまだたくさん残っているが 残念な事に 交通の便が良い所にある喬木は ドンドン切り倒されて、大地茶とよばれる普通のお茶畑に。こうする事によって お茶の生産量は5倍にもなると言う。
 でも これに反して 市場に出回っているプーアー茶、喬木で造ったというプーアール茶がドンドン増えている。
 

西湖龍井がトップ

“西湖龙井”茶叶品牌价值52.66亿元
2012年4月17日
『近日,浙江大学中国农村发展研究院在新昌发布了2012中国茶叶区域公用品牌价值十强,西湖龙井以52.66亿元的品牌价值位居第一。西湖龙井已经连续3年在全国区域公用品牌价值评估中排名第一。2011、2012年分别为44.17亿元、50.33亿元。
 区域公用品牌价值是由浙江大学CARD中国农业品牌研究中心和《中国茶叶》杂志、中国茶科所、中国茶叶网联合评估的。今年,全国茶叶类十大区域品牌是西湖龙井、安溪
铁观音、普洱茶、信阳毛尖、洞庭山碧螺春、福鼎白茶、大佛龙井、安吉白茶、武夷山大红袍、祁门红茶,总价值为341.36亿元。』

今年のベスト10は、
1位 西湖龍井
2位 安渓鉄観音
3位 普洱茶
4位 信陽毛尖
5位 洞庭山碧螺春
6位 福鼎白茶
7位 大佛龍井
8位 安吉白茶
9位 武夷山大红袍
10位 祁門紅茶』

三大古茶樹

三大古茶樹.
哀牢山野生茶樹(樹齢2700年)
南糯山栽培型茶樹(樹齢800年)
巴達山古茶樹(樹齢1700年)

マイクロ波製茶

全球首条“光波制茶”自动化生产线投产
2012年4月17日
『4月14日,全球首条“光波制茶”自动化生产线在襄阳汉家刘氏茶业有限公司投产,其中的“光波杀青”工艺是继晒青、烘青、蒸青、炒青四种制茶工艺的又一创新。

普通绿茶加工可分为杀青、揉捻和干燥三个步骤。杀青对绿茶品质起着决定性作用。它主要通过高温让新鲜茶叶失水,破坏鲜叶中酶的特性,为揉捻造形创造条件。

光波杀青,就是用光波进行杀青,集高级微波、红外、天然气为一体,避免微波由内向外发热的特性,以免茶叶出现外嫩里焦的现象,采用电脑控制,不受人为因素影响。


专家介绍,该工艺的特点就是能有效破坏鲜叶中的活性酶。活性酶是导致茶水变红、味道不纯甚至茶叶发霉的主要原因。省农科院茶叶首席专家龚自明称,“光波杀青”工艺让鲜叶受热均匀,保持了茶色碧绿、茶味清香,口感也更加醇正。该工艺将引领制茶工艺的未来发展方向。


光波制茶自动化生产线由汉家刘氏茶业有限公司与成都纽曼和瑞公司联合研究开发,每小时能制茶200公斤至500公斤。』

宇宙お茶

宇宙大紅袍”の研究が始まったそうです。

武夷山启动航天大红袍选育科研项目
http://news.t0001.com/2012/0417/article_142087.html

2011年10月31日に打ち上げられた中国の無人宇宙船「神舟8号」。
この宇宙船には9.3gの大紅袍の種が搭載されていたそうです。
無事に帰還した種子6粒を、武夷山に4月14日に植えたのだとか。

宇宙空間に行くと、宇宙船や無重力の影響などを受けて突然変異する可能性があり、こうした品種改良の取り組みは中国では既に実績があるのだとか。ただ、お茶の種が宇宙へ飛んだの中国初の試みとのことです。 このプロジェクトは、2018年12月まで行うことを計画しており、良い品種特性が

お茶とダイエット

お茶とダイエット
2012年4月18日
喝茶减肥效果存在四大误区
http://news.t0001.com/2012/0418/article_142258.html

記事によれば、お茶のダイエットに関する研究は無数にあるとしており、
・毎日8gの烏龍茶を摂取した肥満者の過半数に体重の効果が見られた。
・毎日2杯の高濃度茶カテキン入りのお茶を3ヶ月飲んだ肥満男性の体重、ウエスト、脂肪率が低下した。
・緑茶と紅茶の抽出物から得られるある有効成分が、食物に含まれる脂肪吸収を減らし、脂肪酸の酸化分解を促進し、脂肪合成酵素の活性を抑える。
などが、紹介されています。

その上で、お茶のダイエット効果に関して4つの誤解があるとも言っています。

1.高級なお茶ほどダイエット効果が高い
お茶のダイエット効果に寄与する物質はポリフェノール類と茶黄素、カフェイン・テオフェリンであり、これらの含有率の多い茶葉を選ぶべき。これは値段とは関係がない。

2.薄いお茶を飲んだ方がダイエット効果がある
研究によるとダイエット効果をもたらすお茶ポリフェノールの1日の摂取量は90~690mgの間にあり、2,3杯の薄いお茶を飲んでも効果がないとのこと。

3.短期間でも効果がある
お茶によってダイエット効果を得るためには、長く続けることが必要。止めたらすぐにリバウンドするとのこと。

4.夜にお茶を飲むと、睡眠が浅くなり痩せる
睡眠不足はかえって肥満を引き起こすので、朝と午後に飲む用にし、夕方5時以降には飲まない方が良い、とのこと。

古茶樹

2012年4月11日(転載)
プーアル茶バブルが弾けて、価格は沈静化したと言われています。
しかし、古茶樹を原料にしたプーアル茶に限ってみると、どうも違うようです。

三大原因推动普洱古树茶原料价格大涨
http://news.t0001.com/2012/0411/article_141660.html

記事では、原料の買い付けをしている茶商の話が掲載されています。

2009年と現在の原料価格(1kg)を比較すると、
帕沙 200元 → 400元
賀開  90元 → 120元
邦盆 120元 → 500元
老班章500元 → 2200~2500元
だと言います。

3年ほどで急上昇しているようです。

この価格高騰の原因を専門家は3つ挙げています。
まず、古茶樹資源の枯渇。
普洱市などでは価格の良さからコーヒー栽培に転換するケースも多く、その場合、古茶樹を伐採して植え替えるケースもあるようです。

次に、農民に”原料意識の芽生え”があったこと。
特に今年の法外な値段の緑茶のニュースは、彼らに売り惜しみという意識をもたらした、と指摘しています。

最後に古茶樹の買い占め。
数年前に、雲南の古茶樹の価値に目をつけた資本家と茶葉会社が、茶農家との独占契約を次々と結んでいったそうです。
このような状況を受けて、プーアル茶の相場は上昇するか?
との問いには、決してそうとも言えないと、語っています。

結局のところ、このような古茶樹を使っているのは、高級なプーアル茶に限られるため、高級なお茶の値段はどんどん上がっていく。しかし、一般クラスのお茶には、そんなに影響がないだろう、とのこと。

木兰芽

兰芽

野生灌木,于向阳山坡,谷雨前后,枝上长满红黄相的嫩笋芽,下后凉水下煮熟、漂洗、浸泡三天左右,以不苦度。本品切碎凉拌、炒肉、做、炒米其香味无比。它的理功效能清解毒,筋壮骨,增食欲。春季采集加工后,冷藏用一年四季皆为鲜品。
早春的嫩芽,又叫木芽或木菜。栾种子成熟后自然脱落,部分种子芽后成小栾,所以有栾的地方,就分布着大量的野生栾种群,栾芽很象香椿芽,采后其它部位会再出新芽,采摘野生栾芽一般不会影响栾的生嫩的栾芽采后并不能直接食用,一般的做法是先用开水煮一下,在凉水中浸泡3-5天,中间换几次水,浸泡后的木芽没有什么苦味、香脆可口,有嚼家院常用的吃法是凉拌。浸泡后的木芽可以在冰箱中存放几个月之久。


,亦称辛夷,称木力芽。木科。落叶小木或灌木。叶倒卵形或倒卵状长椭圆。叶生,柄,有裂缺;嫩,漂亮,变绿黄直至落叶;部或基部分开,基部成2-3个小卵形叶,叶似牡丹叶,不过顶端略尖。早春先叶开花,矩状倒卵形,外面紫,里面白色,雄蕊居上,雌蕊在下,心皮成熟蓇葖,蓇葖内有黑色粒种子。于我国中北部,久栽培可供观赏。中医学上以干燥的花蕾入,性温,味辛。能散寒,通鼻,主治痛、鼻塞不通和齿痛等症。有治鼻炎和下鼻甲肥厚症。现实多从李,以木兰为本植物的名。


当年替父从的花木兵征被困在目前北京的灵山地区,尽粮,花万分焦急,在山走来走去,目望去,山,不知何可以出大山。忽然,一片片红红的栾叶印在花木眼前,她手摘下一片,放嘴中,有些淡淡的苦,两天后,发现自己没有任何反,于是,召集将士采摘,并将采摘的栾叶用开水煮一下,放泉水中浸泡两日,苦的味道去除了,用将士拌成凉菜,解救了断粮的将士为纪念花木,人将栾叶称之“木芽”。

食用

的嫩芽,可食用,早已成京西名牌野菜──木芽。京西木芽分布广泛,堂川最多……多得成片成林。木芽能吃是堂川劳动人民的一大明,木芽好吃早被京西人民广为实践,名声越来越大,已被大小店所接,野菜成了老板们赚钱的一道“名菜”。


Magnolia liliflora Desr シモクレン(紫木蓮)

 

 

レッドロビンの花が



レッドロビンの花が咲いた。

かわいらしいねぇ。

ハリギリ

ハリギリ(針桐、学名:Kalopanax septemlobus)<中国語>刺楸 は、ウコギ科の落葉高木で広葉樹。幹は直立し、高さ10-20m、大きいものは30mになる。別名、センノキ(栓の木)、ミヤコダラ、テングウチワ、ヤマギリなどがある。

日本全土(特には北海道)朝鮮半島中国の山地に分布する。若木は枝や樹幹にとげがあるが、老木になるに従い鋭さを失い瘤になる。幹の樹皮に深く縦に入った筋(裂け目)がこの樹木を特徴づける。

 葉柄は長さ10-30cm、葉身は掌状に5-9裂し、カエデのような姿で径10-25cmと大きく、天狗の団扇のような形をしている。そこから「テングウチワ」と呼ばれることもある。秋には黄褐色に黄葉する。

 7-8月、黄緑色の小花が球状に集まったものが傘状につき、藍色の丸い果実を結ぶ。

 肥えた土地に自生するので、開拓時代はこの木が農地開墾の適地の目印であった。その為、北海道には大きな木が多く、明治末には下駄材として本州に出荷された。現在でも国内産の栓の9割は北海道産である。


食用

展開したばかりの芽は同じウコギ科のタラノキやコシアブラ、ウドなどと同様に山菜として食用にされる。見た目は「たらの芽」としてよく知られる近縁のタラノキの芽に良く似るが、苦味やえぐみとして感じられるあくがやや強い。そのためタラの芽と区別して食用にしない地方もあり、たとえば長崎方言では「イヌダラ」と呼んでタラノキと区別される。もっとも、しっかり灰汁抜きをすればコシアブラ同様に非常に美味であり、利用価値が高い。山菜としての地方名にオオバラ(中部地方)などがある。

果実は塩分を含み、ヌルデなどと共に、海からの塩が貴重だったころの山里で、塩分摂取に利用されてきた可能性も指摘されている。


Kalopanax septemlobus 3.JPG 


アカネ科(3)アカネ亜科

茜草 アカネ亜科
子房每室有1胚珠。
模式属:茜草属 Rubia Linn.   

13族、146属、6307, 分布于全世界的热带亚热带和温地区,尤以热带地区多。我国11族、40属、304种,全国均有分布。


骨木族Trib. 10. Vanguerieae   

海岸桐族Trib. 11. Guettardeae DC.   

咖啡族Trib. 12. Coffeeae DC.   

Trib. 13. Psychotrieae Hook. f.   

矢藤族Trib. 14. Paederieae DC.   

骨族Trib. 15. Anthospermeae Chamisso et Schlechtendal ex DC.   

巴戟天族Trib. 16. Morindeae Miq.   

草族Trib. 17. Spermacoceae A. Richard ex Dumortier   

茜草族Trib. 18. Rubieae   

丁茜族Trib. 8. Alberteae Hook. f.   

芽大戟族Trib. 9. Knoxieae Hook. f.

   

アカネ科(2)

クロンキスト体系ではアカネ科とされている。以下に主な亜科属を示す。

 Rubioideae アカネ亜科

Argostemma イリオモテソウ属 : イリオモテソウ

 Lasianthus ルリミノキ属 : ルリミノキ

 Damnacanthus アリドオシ属 : アリドオシ

 Mitchella ツルアリドオシ属 : ツルアリドオシ

 Morinda ヤエヤマアオキ属 : ノニハナガサノキ

 Pseudopyxis イナモリソウ属 : イナモリソウ

 Ophiorrhiza サツマイナモリ属

 Leptodermis シチョウゲ属

 Paederia ヘクソカズラ属 : ヘクソカズラ

 Serissa ハクチョウゲ属 : ハクチョウゲ

 Psychotria ボチョウジ属 : ボチョウジシラタマカズラ

 Asperula クルマバソウ属 : クルマバソウ

 Galium ヤエムグラ属 : ヤエムグラヤブムグラヨツバムグラカワラマツバ

 Rubia アカネ属 : アカネ

 Sherardia ハナヤエムグラ属 : ハナヤエムグラ

 Bouvardia カンチョウジ属

 Diodia オオフタバムグラ属 : オオフタバムグラ

 Hedyotis フタバムグラ属 : フタバムグラソナレムグラシマザクラ

 Houstonia トキワナズナ属 : ヒナソウ

 Knoxia シソノミグサ属 : シソノミグサ

 Manettia カエンソウ属

 Pentas ペンタス属

 Richardia ハシカグサモドキ属

 Spermacoce ハリフタバ属

 

Cinchonoideae キナノキ亜科

Adina タニワタリノキ属 : タニワタリノキ

 Uncaria カギカズラ属:カギカズラ

 Coptosapelta ヒョウタンカズラ属

 Cinchona キナノキ属

 Guettarda ハテルマギリ属

 Mussaenda コンロンカ属

 

Ixoroideae サンタンカ亜科

 Wendlandia アカミズキ属

 Coffea コーヒーノキ属 - コーヒーノキ

 Tricalysia シロミミズ属

 Gardenia クチナシ属 : クチナシ

 Randia ミサオノキ属

 Ixora サンタンカ属

 Tarenna ギョクシンカ属

またAPG植物分類体系ではディアリペタラントゥス科とヤマトグサ科もアカネ科に含められている。

アカネ科

アカネ科

早期的分类系统(克朗奎斯特クロンキスト分类法)将茜草科分类在茜草目(Rubiaceae)内。而近期的分类系统(APG II 分类法:Update of the Angiosperm Phylogeny Group)则是将茜草科分类在龙胆目内,且将离瓣茜草科、Henriqueziaceae、乌檀科、纤花草科并入到茜草科内,新的茜草科分为茜草亚科(Rubioideae),金鸡纳亚科(Cinchonoideae)和仙丹花亚科(Ixoroideae),有600多属,10000种以上,广布全球热带、亚热带,少数产温带。中国大约有80500余种,主产西南至东南部。
   

茜草科的亲缘关系各学者意见不一,有人将茜草科置于败酱科之前,忍冬科之后;也有人置其于忍冬科之前,车前科之后;还有人则置于忍冬科之前,萝藦科之后。与茜草科最接近的科是忍冬科,因为两者都具管状合瓣花冠,有限雄蕊,下位子房和对生叶等特征。但茜草科具托叶,叶常全缘。

茜草科的香茜属(Carlemannia)和蜘蛛花属(Silvianthus)从雄蕊数目减少至 2和托叶不发育的特征,又极似木犀科(Oleaceae),但是子房下位又迥然有别。因此HK.艾里肖将这两属从茜草科分出另成一独立的香茜科(Carlemanniaceae)。   根据子房胚珠的多少而分本科为2亚科:   

① 金鸡纳亚科(Cinchonoideae),胚珠多数,胚茎向上,具胚乳。乔木或灌木,草本较少。中国有38属。   

咖啡亚科(Coffeoideae),子房仅具1胚珠;胚茎向上或向下,具胚乳或无胚乳。乔木,亚灌木或草本。中国有33属,其中丁茜属(Trailliaedoxa)是中国的特有属。   

近代有些学者根据本科的内含物针晶体(rhaphides)的有无和胚乳的存在与否将其分为 3个亚科:   

① 茜草亚科(Rubioideae),针晶体存在,种子具胚乳,草本,乔木和灌木。   

金鸡纳亚科(Cinchonoideae),无针晶体,种子具胚乳,乔木、灌木,罕有草本。   

海岸桐亚科(Guettardoideae),无针晶体,种子无胚乳,乔木,灌木。

セイシボク


セイシボク 红背桂
〈学名〉Excoecaria cochinchinensis Lour

〈同〉红紫木.紫背桂

ホソバクロトン

细叶变叶木乳汁有毒,人畜误食叶或其液汁,有腹痛、腹泻等中毒症状;乳汁中含有激活EB病毒的物质,长时间接触有诱发鼻咽癌的可能。
细叶变叶木
变叶木别名洒金榕,为大戟科、变叶木属常绿花灌木。盆栽高1米左右,枝条细弱多分枝,近直立生长。单叶互生,具短柄,革质光亮,边缘无锯齿,其叶形因品种而异,富于变化。其中叶片呈长椭圆形的,称为广叶变叶木;叶片蜂腰形的,称为飞叶变叶木;叶片螺旋状的,称为螺旋叶变叶木;叶片呈鸭脚状的,称为鸭脚变叶木;叶片呈线状的,称为细叶变叶木。其叶色五彩缤纷,悦目赏心,有红、黄、橙、粉、云白、茶褐、淡紫等。有的叶片以绿色为基调,上嵌各色条纹斑点,有的则五光十色天然组合,很有观赏性。变叶木雌雄异花同株,总状花序单生或二序合生在顶部叶腋间,具总梗,雄花花瓣白色,雌花无瓣,均无观赏价值,花期5月至6月。当前栽培品种约50 0个。
细叶变叶木原产南洋群岛及大洋洲大陆热带地区。性喜温暖湿润及柔和而充足的光照,怕北方的狂风烈日。不耐寒,冬季室温不得低于15 ℃。不耐旱,对土壤及环境空气湿度敏感。低温寒冷,烈日狂风,水肥不足,久湿积涝或空气污浊都将导致植株萎蔫,叶片暗淡失色,甚至很快大量脱落。盆栽要求富含腐殖质、疏松肥沃、通透性能强的培养土,对土壤酸碱度要求不严。

〈学名〉Codiaeum variegatum (L.)Bl F. Faenicosum Muell-Arg

樹の名前 中日文

金合 アカシヤ〈英訳〉golden acaciagolden wattle〈学名〉Acacia farnesiana 

〈同〉.刺球花.消息.牛角花

   イチョウ〈英訳〉gingko〈学名〉Ginkgo biloba〈同〉公孙树.白果..蒲扇

   ウルシ〈英訳〉sumach〈学名〉Toxicodendron verniciflua

   エンジュ〈英訳〉locust treepagodatree〈学名〉Sophora japonica L

迎春花 オウバイ〈英訳〉winter jasmine〈学名〉Jasminum nudiflorum

〈同〉金腰.串串金.云南迎春.大叶迎春.常绿藤状灌木.迎春柳

风树   カエデ〈同〉枫树

日本栗 ニホングリ〈学名〉Castanea crenata

板栗 チュウゴクグリ〈英訳〉Chinese chestnut〈学名〉Castanea mollissima

栗 カスタネアヘンリイ〈学名〉Castanea henryi〈同〉珍珠栗

茅栗 モーバングリ〈学名〉Castanea seguinii〈同〉野栗子.毛栗.毛板栗

槠树   カシ

   カシワ

构橘   カラタチ

   クスノキ

   クワ

   スギ

法国梧桐   スズカケオキ

   チャ

南天竹 ナンテン

榆树   ニレ

   ネコヤノギ

欢树 ネムノキ

ハコヤノギ

荷花   ハナズオウ

扁柏   ヒノキ

檀香   ビャクダン

山毛 ブナ

   ポプラ

   マツ

冷杉   マングローブ

   モミノキ

有加利   ユーカリ


ウツギ

ウツギ(うつぎ 中国語では「齿叶溲疏」

【空木】[学名:Deutzia crenata Sieb. et Zucc.

ユキノシタ科の落葉低木。別名ウノハナ。幹は高さ約2メートルで、よく枝分れする。幹が中空で、そのために空木(うつぎ)とよばれる。葉は対生し、有柄。葉身は卵形または広披針(こうひしん)形で、縁(へり)に鈍い鋸歯(きょし)がある。葉の表裏ともに小さな星状毛が多く、ざらつく。56月、枝の先に多数の白い花を総状または集散花序につける。5枚の花弁からなる花冠はらっぱ状に開き、径約1センチメートル、萼筒(がくとう)と萼裂片には星状毛が密生する。雄しべは10本、花弁よりやや短く、花糸の両側に翼があって、上方で歯状に終わる。花柱は34本あり、果(さくか)になってもそのまま残る。子房は下位。果は球形で径45ミリメートル。山野の日当りのよい所に普通にみられ、北海道、本州、四国、九州に広く分布する。観賞用として庭木や生け垣に使われるほか、材で木釘(くぎ)をつくる。関東地方以西の山地の谷間の岩上などに生える別種ヒメウツギD. gracilis Sieb. et Zucc.は、ウツギより花期が早く、葉はやや薄く、表面は鮮緑色である。関東地方西部、中部地方東部の山地岩上にまれに生える別種ウメウツギD. uniflora Shiraiは、朝鮮にも分布し、少数の白い花を下向きにつける。

折口信夫によると、古くはウツギの花の咲きぐあいでその年の豊凶を占ったといい、多い年は豊作と考
えられた。これは、ウツギの花が春から初夏への季節の変わり目に咲き、また白く目だつことから、暦の普及していなかったころに季節を知る重要な花であったことによろう。『万葉集』にはウノハナで
24首詠まれ、万葉人も関心が高かったことが知られる。ウツギの名は『万葉集』にはないが、『和名抄(わみょうしょう)』に出る。




ハナミズキ

ハナミズキ(花水木、学名:Benthamidia florida)はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。北アメリカ原産。別名、アメリカヤマボウシ。

ハナミズキの名はミズキの仲間で花が目立つことに由来する。また、アメリカヤマボウシの名はアメリカ原産で日本の近縁種のヤマボウシに似ていることから。

ミズキ科の落葉小高木。樹皮は灰黒色で、葉は楕円形となっている。北アメリカ原産。花期は4月下旬から5月上旬で白や薄いピンクの花をつける。秋につける果実は複合果で赤い。庭木のほか街路樹として利用される。栽培する際には、うどんこ病などに注意する。またアメリカシロヒトリの食害にも遭いやすい。

日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカワシントンD.C.へ桜(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まり。なお、2012年に桜の寄贈100周年を記念して、再びハナミズキを日本に送る計画が持ち上がっている。

ハナミズキの深刻な病害であるハナミズキ炭疽病の感染地域では、感染によってハナミズキの街路樹が枯死すると、ハナミズキ炭疽病に抵抗性があるヤマボウシまたはハナミズキのヤマボウシ交配品種に植え替える病害対策が行われることがある。

英名

ハナミズキは英語ではdogwoodと呼ばれる。dogwoodの語源には諸説あるが、一説には17世紀頃に樹皮の煮汁が犬の皮膚病治療に使用されたためと言われ、他には木製の串(英古語:dag,dog)を作る材料に使われる堅い木であったことからとも言われる。ただし、犬の皮膚病治療に使ったとされるdogwoodは、同じミズキ科の植物でもセイヨウサンシュユと考えられており、ハナミズキとは異なる。

花言葉

私の思いを受けてください。公平にする。返礼。華やかな恋。
 
Benthamidia florida7.jpg

ハナミズキは 中国語で 大花四照花

ウルシ

ウルシ(漆、学名: Toxicodendron vernicifluum、英: Lacquer tree) は、ウルシ科ウルシ属の落葉高木。

樹高3 - 10m以上になり、雌雄異株。樹皮は灰白色。

葉は3 - 9対で、卵形か楕円形の小葉をもつ奇数羽状複葉で、紅葉する。

花は6月ごろ、葉腋に黄緑色の小花を多数総状につける。

果実はゆがんだ扁平の核果で、10月ごろ成熟して黄褐色となる。

アジアが原産。中国朝鮮日本で漆を採取するため古くから広く栽培されていた。

日本には、奈良時代以前に中国経由で渡来したという説があるが、中国より古い漆器が日本で発掘されていることや、採取法の違いなどから、日本の漆器を独自のものとする説もある。1984年に福井県若狭町の鳥浜貝塚で出土した木片を、2011年に東北大学が調査したところ、およそ12600年前のウルシであることが判った。中国から持ち込まれた時期が今まで考えられていたよりもかなりさかのぼった縄文時代初期の可能性もあるが、日本国内に元々自生していた可能性も考えられる。

利用

樹皮を傷つけて生漆を採る。材は、耐湿性があり、黄色で箱や挽き物細工にする。

果実は乾かした後、しぼって木蝋を採る。

若い新芽の部分は食べることができ、味噌汁や天ぷらにすると美味しく食べられる。これは元々、漆塗りの修行をしている人が、漆に対する免疫をつくるために食べたのが始まりだという。ただし、「食べた後に舌が少しピリピリし出した」という報告もあるため、食べない方が無難である。

愈创木

木是一种常青木,原于从巴拿Panama)到西印度群West Indies)的美洲热带地区。愈木高达30英尺(9米),着羽毛状的叶子,开藏色花。在南美洲(South America)、加利福尼州南部(southern California)和佛里达州(Florida),愈木常被当作一种观赏性植物而种植。

木的木材具有重要的经济,可被用于制作肉的砧板和滑装置,也被用于造船。多线状交纤维结构使其木质坚硬,而成所有商木料中最重的木材。愈木上会生一种具有用性能的硬脂,称愈木脂(guaiac)。此脂曾被当作物用于湿病和扁桃腺炎的治而使愈木冠有“生命之”的美誉。有,愈木脂也被用于制做止咳糖来解咽喉疼痛。

木的拉丁学名是Guaiacum officinale,属蒺藜科(Zygophyllaceae)。

ユソウボク

水に浮かずに沈む木 ユソウボク 

ユソウボクは中央、南アメリカに分布する高さ15mになる小高木です。この木の心材は、黒色に近い濃緑褐色で、極めて硬く、緻密で、最も重い材のひとつです。樹脂を含むため、潤滑油を必要とするような、機械的な部品に最適とされています。昔から船のスクリューの軸受けなどに利用されてきました。

たいていの材木は水に浮きます。これは、材木の中に空気を含んでいるためですが、ユソウボクの材木は、緻密で空気をあまり含んでいません。このために、乾燥させた材木の比重は約1.30で、水よりも重くなり、水に沈むのです。

ユソウボクの材木はリグナムバイタ(Lignumvitae)という名で、流通しています。これは英名で“Wood of life”の意味で、この植物の材と樹脂が、特異な治癒力を持っていると信じられたためでした。実際に、1508年にヨーロッパに紹介されると、その後2世紀にわたって、高価に取引きされました。和名のユソウボクは「癒瘡木」と書き、かつて治療に使われたことにちなみます。

ユソウボクの樹脂は、グアイオール(guaiol)を多く含み、グアイアズレン(guaiazulene)という物質の原料になります。グアイアズレンは抗炎症作用があることが知られ、現在でも化粧品や医薬品などに利用されています。

ユーカリ

ユーカリはフトモモ科ユーカリ属(Eucalyptus)の総称。常緑高木となるものが多い。

和名のユーカリは、学名の英語発音、ユーカリプタスを日本で短縮した略称に由来する。学名の語源は eu-(真に強く良く)+ kalyptós(~でおおった)、つまり「良い蓋」を意味するギリシア語をラテン語化したもの。つぼみのがくと花弁が合着して蓋状となること、あるいは乾燥地でもよく育って大地を緑で被うことに由来して命名されたとされる。漢語では「桉樹」。

特徴

オーストラリア南東部や南西部、タスマニア島におもに分布する。ユーカリには500種類もあり、変種も含めると800から1000もの種類になる。成長がとても早く、材木として注目される。70メートルを超える高さになるものから、5メートル程で枝分かれする種類もある。コアラの食物としてよく知られている。

葉から取れる精油は殺菌作用や抗炎症作用、鎮痛鎮静作用があるとされる。オーストラリア先住民族(アボリジニ)は傷を癒すのに葉を利用した。現在ではアロマテラピーなどに利用される。また、健康茶等にも利用される。

根を非常に深くまで伸ばし地下水を引き寄せる力が強いので、成長が早く、インド北部のパンジャーブ地方の砂漠化した地域の緑化に使われて成功した。旱魃(カンバツ)に苦しんでいた地方が5年程で甦った例がある(参照:杉山龍丸)。その一方で東南アジアで熱帯林を伐採した跡に安易に手っ取り早い緑化樹として用いられて、逆に本来の生態系の回復を阻害している事例もあることは無視できない。

かなり用土の乾燥を好む品種が多く、日本で良く見かける品種のほとんどが湿地帯に生息する湿潤を好む品種である。

発芽方法

オーストラリアでは気候がとても乾燥しており、山火事が頻繁に起こる。ユーカリの種は、山火事を経験した後の降雨により発芽すると言われている。人工的にこの条件を満たすには、フライパンで種をさっと煎ったり、熱湯をかけたり、用土を燻煙処理したりする(特別な処理を行なわなくても発芽する種類がほとんどである)。

利用

パルプ原料

ユーカリはオーストラリアの原産で、森の木の4分の3がユーカリと言われる。近年、グランディスユーカリ(E. grandis)を中心に製紙パルプ用のチップ生産に使われ輸出もされているが、これによってユーカリの森林破壊が進み、有袋類の生息環境が危機にさらされている。

中華人民共和国の広東省、広西チワン族自治区、海南省などでも、製紙用原料として広く植樹が行われている。

精油

ユーカリに含まれる精油成分はシトロネラール、シネオール、ピネンなど。民間薬等で下記のように利用される。

殺菌作用、解毒作用

鎮痛作用により、筋肉痛、打撲の痛みを和らげる効果

頭を明晰にして、集中力を高める

花粉症の緩和にも効果があると言われる

緑化

アルカリ性土壌でも強く育つため、土壌がアルカリ性になっている乾燥地帯の緑化に使われることが多い。また、土壌をアルカリ性から酸性へと移行する。そのため、酸性の土壌に育てた場合、土壌の酸性が強くなりすぎる場合がある。

コアラの食料

コアラは美食家であり、新芽しか食べない。

コアラが食べるユーカリの種類は限られてお、ユーカリなら何でも食べるというわけではない。数百種以上あるユーカリのうち数十種の葉しか食べない。

Touxiaのブログ
2010年6月25日開始
植物について あれこれと書いています。いつの間にか3年が過ぎました。ニンゲン様の都合だけでなく植物の都合もかけたらいいな。植物をめぐる 周辺 についても 書き始めました。 Touxiaのブログ
大きな国で
ちょっと違うよと怒鳴ってます
テーマ別にブログを開設


うろたえる紙魚
ブログ「大きな国で」の資料庫と思って書いています。本の感想や気に入った言葉をつづります。でも最近は 今の心境を一番 表していそうです

食のイノベーション
2014年4月15日からはじめました

サルがダーウィンになった
進化論について勉強します

モグラのナミダ
DVDや優酷を見た感想を書いています。評価の基準は ナミダです。ナミダが出たもんが勝ち。悲しくて泣き 嬉しくて泣いています。

村上春樹の鼻毛
ムラカミハルキについてあれこれをつづる。

オンチなジャガイモ
中国語の勉強用メモ

微笑みの国で
雲南から チェンマイに 出稼ぎに行った時に書きました。でも今は中国。微笑みの国で『なにか』が起こった時に書いています。

バラの花につつまれて
バラの品種など・・・

大きな国で 画像
ライブドアーは画像がアップできないので、これでやっています。

おもしろすぎるぜ中国で
元祖 楽天でのブログ;スパムがおおすぎて休止。古いブログが読めます。

私のホームページ
このHPは 中国で見ることができるようになりました。ありがとう。

中国版Twitter
新浪微博 日本的老土

中国では できませんが国境を越えたらできるようになった Twitter
私は touxia で登録しています。

スカイプは tsuchishita です。

Facebook もやっていますよ。接続は難しいですが。

どうぞお寄りください。
Touxia

Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    カテゴリ別アーカイブ
    プロフィール

    touxia

    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ