野菜・セリ科

アブラムシ⑷パセリ

『コメのとぎ汁だとか薄めた牛乳だとかを散布すると効果があると一般に言われていますが、
臭かったり余計な虫が湧いたりと私の経験上ろくな事がありません。
いままでで一番効果があったのは水で流す事。ホースの先端にシャワーノズルを付けてアブラムシを
洗い流します。水を根元に掛けないようにして下さい。根が露出して弱ってしまいます。
茎や葉が軟弱な場合は片手を葉の下に添えて水を掛けて下さい。
一度に完全に取る必要はありません。減らす事に重点を置いて下さい。
流されたアブラムシの中にも元気なやつがいて歩いて戻ってくる事がありますが、
翌日の水やり時に洗い流して下さい。パセリだと恐らくはプランターか小畝栽培だと思います。
農家のように畑一面にパセリがあるような場合は無理ですが、家庭菜園ならばこの方法が
一番安全で効果があります。子供を産む親個体が死ねばコロニーは維持出来ません。
じきに死滅します。』
『あまり広くない場所であれば、ス-パ-等で売っている~うどんのアルミ箔パセリ-の下に敷くと、
よく効きます。』
『牛乳はタンパク質で変質しやすいのでおすすめできません。農薬が嫌いということですから、水を霧状に1日数回2時間ぐらいおきに撒いていると、自然に流されてすくなくなります。ニンジンアブラムシやニンジンフタオアブラムシが寄生します。食べても害にはなりません。 これからキアゲハが産卵して、幼虫が育つ季節です。早くなら同時に生まれたての幼虫なら流されてしまいますよ。
バオバオという 通気性のよい被覆資材で覆いかぶせるのもよいですが、被せる直前には1回だけ消毒をしておかなければなりません。マラソン乳剤3000倍で丁寧にきっちり散布して、すぐに被覆します。 外からの侵入を遮断するのです。』
『牛乳を霧吹きすると一応退治できます。
でも、すぐにまた付きますけどね…
アブラムシは植物に元気がないと付き易いとも言うので、肥料や土の改良・水遣り頻度なども考慮するといいかもしれませんね。』

パセリ(2)

パセリの育て方
セリ科 学名:Petroselium crispuma 
用途 鉢植え 
露地植え難易度  (そだてやすい)
耐寒性  (ふつう)
日本やアメリカでは葉が細かくカールする縮葉種が一般的ですが、ヨーロッパではより原種に近いとされる平葉種がポピュラーです。平葉種は見た目ミツバやセロリの葉に似ています。

季節・日常の手入れ 
ポイント花茎摘み初夏頃に花茎を伸ばして花を付けます(とう立ち)。そのままにしておくと株が弱って出てくる葉っぱの数が少なくなったり、枯れてくることが多いです。
採種の目的がなければ、花茎は早めに摘んでしまいましょう。
春にタネをまいた場合、とう立ちするのは翌年になります。
基本的に二年草扱いで、花後に(花茎を摘んでいても、タネまきからまる一年くらいで)自然に枯れてしまうことも多いですがこれは寿命です。

収穫 大きくなった葉を外側から順番に使う分だけ収穫します。一度にたくさん採ってしまうとその後の生育が弱るので、最低でも1株当たり10枚くらいの葉っぱを残しましょう。そうやって元気に生長できるだけの葉っぱは残すことで、定期的に収穫することができます。夏場はどうしても葉が固くなりやすいので、やや若いうちに採って、新しい葉を出させるようにしてもよいでしょう。葉が茂りすぎて風通しが悪くなると、株が蒸れて外側から黄色く枯れてくるので、葉が混み合ってるなと感じた場合は通風も兼ねてちょこちょこ収穫してあげればよいです。
日当たり・置き場所日当たり~明るい日陰で育ちます。ただし、あまり日当たりが悪いと間延びするので気をつけましょう。よく日に当てると葉は色が濃くて固めになり、明るい日陰だと軟らかな感じになるので、好みで日当たりを工夫してみてもよいでしょう。真夏は日射しが強すぎるのどちらにしても明るい日陰のほうがよいです。

冬の寒さには強い方で5℃以上の気温があれば冬越しできますので、鉢植えの場合は霜のかからない軒下などで管理しましょう。ベランダでも強い北風の当たる場所は葉が痛みます。地植えの場合は地面を凍らさないように腐葉土などで土の表面を覆ってやるか寒冷地では防寒用のネットなどをかけるとよいでしょう。

水やり・肥料やや乾燥に弱い植物なので、春から秋にかけての生育期間中はひどく乾かさないようにしましょう。土の表面が乾きかけたらたっぷり水を与えます。
水が滞留している環境では株元から腐ることがあるので、土の水はけを考えることも大切です。
冬は生育が鈍るので水やり回数を控えめにします。
次々と葉が出て生長していくので生育期間中は肥料を切らさないようにします。
植え付ける際はゆっくりと効き目がでてくる肥料をあらかじめ土の中に混ぜます。
追肥は生育を見ながら液体肥料を与えるようにします。
冬は与える必要ありません。
用土 鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使います。
庭植えは植え付ける前に石灰をよく混ぜ込んで酸性を中和します。
パセリは酸性の土壌では育ちにくいからです。
また、水はけの悪い土壌では上手く育たないので注意しましょう。
特に粘土質の土壌は苦手で、腐葉土や砂などを混ぜ込んで改良する必要があります。
植え替え・植え付け特に必要ありません。
ふやし方タネをまいて育てます。
タネをまく時期は春は4~5月、秋は9~10月が気温としても発芽しやすい。
タネはまく一晩前に水につけておきます。
パセリは発芽に光が必要(好光性種子)ですが、土をかぶせないとタネが乾いてしまうので薄め(2mm程度)にとどめておきます。
また、パセリは直根性といって太い根があまり枝分かれしない性質を持っています。
苗が小さいときは植え替えることができますが、大きくなってからは根が切れてしまうとなかなか根付きにくいです。
植え替える場合は、根を切らないように慎重に行いましょう。

かかりやすい病害虫
軟腐病は多湿状態で発生しやすい病気です。
水はけのよい用途で植えて、こまめに葉を収穫して風通しをよくして、発生しない環境を作りましょう。

ヨトウムシは葉や茎を食べてしまいます。夜行性で昼は土の中に潜んでいます。
株元の表面を軽く掘り起こすと見つかる場合があります。
早めに発見しないと株が丸坊主にされます。

まとめ 
明るい日陰で葉は柔らかめに育つ
水はけのよい用土が適します
花茎が伸びてきたら摘み取ります

パセリとは

地中海沿岸が原産とされている二年草です。葉や茎に強い香味があり、主に料理に利用されます。利用の起源は古代ローマで、当時最も利用されたハーブの一つと言われています。栽培の起源はイタリアで、何世紀もかけて周辺地域に伝わっていき、17世紀にはヨーロッパで全域にまで普及したとされます。日本には18世紀にオランダ人が持ち込んだのがはじめです。当時は「ヲランダゼリ」と呼ばれ、長崎で栽培されていました。アメリカへは日本より遅く19世紀頃に渡来しましたが、普及は早かったようです。

日本やアメリカでは葉が細かくカールする縮葉種が一般的ですが、ヨーロッパではより原種に近いとされる平葉種がポピュラーです。平葉種は見た目ミツバやセロリの葉に似ています。初夏に花茎を伸ばして、その先端に緑黄色の小さな花をまとめて咲かせます。葉の色は濃緑色で、茎はよく枝分かれします。大きくなった葉っぱから順次摘み取っていて、一年を通して利用できるので1株あれば便利です。

属名のペトロセリウムはギリシア語のペトロス(岩)とセリノン(パセリ)からなり「岩地のパセリ」と言う意味で、砂礫地に自生するところから名付けらました。種小名のクリスプムは「縮れた」という意味です。

品種

戦前は’チャンピオン’や'モスカールド'などが主に栽培されていました。現在よく栽培されている品種に'パラマウント'や'中里パセリー(中里パラマウント)'、'グランドパセリー'があります。中里やグランドは日本で育種・選抜された品種です。

農家は収穫する季節や耐暑性などにあわせて品種を選びますが、家庭菜園ではパラマウント系のような耐暑性・耐寒性があり季節をあまり問わずに栽培できる品種がよいでしょう。

その他の仲間

別種に葉が平たいイタリアンパセリ〔P. neapolitanum 〕、肥大した根を食用とするハンブルグパセリ〔P. saticum〕があります。ハンブルグパセリはルートパセリとも呼ばれ白っぽいニンジンのような姿をしており、扱いはハーブというより野菜です。日本ではあまり馴染みがありません。

(追補)
雑草の都合 ブログ
2012年10月18日 10000アクセス越えました。
ありがとうございます。

パセリ

パセリ(学名:Petroselinum crispum)は、セリ科の二年草。野菜として食用にされる。和名はオランダゼリ(和蘭芹)。(英語 parsley、フランス語 persil、中国語 香芹 xiāngqín;欧芹洋香菜洋芫荽;巴西利

 

葉が縮れているので、カーリーパセリ (Curly parsley) とも呼ばれる。葉が縮れていないイタリアンパセリ(学名:P. neapolitanum)は同属別種。中国パセリ(コリアンダー、学名:Coriandrum sativum)は同科別属。

地中海沿岸原産。草丈は15 - 20cmで、さわやかな香りを持ち、あざやかな緑色をしている。古代ローマ時代より料理に用いられており、世界で最も使われているハーブの1つでもある。地質や気候への適応性に優れ、栽培が容易なため世界各地で栽培されているが、乾燥には弱い。

日本では主に料理の付け合わせや飾り(デコレーション)として使われるが、他にもそのまま食用としたり、ブーケガルニなどにして香りづけに用いたり、におい消し、飲用など多種多様の形で利用されている。また、パセリは精油成分を多く含むハーブの1つでもある。

逸話

 料理の飾りとして使われるパセリをあまり食べない日本人が多く、ヨーロッパなどへのパック旅行でレストランに入った観光客たちが皆パセリを残すのを従業員が不思議がり「日本の宗教にはパセリを食べるな、という戒律があるのか」と添乗員に訊ねたというエピソードがラジオなどで紹介されている。ちなみに、外国人がよく使用するパセリはイタリアンパセリであるため、日本で一般的なパセリを見せても、それがパセリとわかる人はほとんどいない

 同じく食用でありながら、パセリが持つ硬さが原因で人間の味覚がまずいと反応してしまうため、食している人が少ないと考えられている。上記の証左として、イタリアンパセリとの味覚差はほとんどない

アシタバ

アシタバ           
分布生育場所
科名:セリ科/属名:シシウド属
和名:明日葉/学名:Angelica Keiskei
伊豆七島本州の暖地の海岸に自生する大型の多年草。
多年草:草丈 80100センチ:花期 56

見分け方特徴
草丈1メートルにもなります。宿根から叢生する葉は赤色の長い柄があり、1~2回3出の羽状複葉です。厚く深緑色のやや光沢のある小葉は、卵円形で通常2~3裂しています。葉の表の脈上には、短い突起状の毛が密生しています。

葉縁には不規則な鋸歯があり、たいてい冬も緑色をしています。5~6月ごろに花茎を出し、茎頂に大型の複散形花序をつけます。

帯黄白色の花を密につけて、茎葉ともに傷をつけると黄色い汁液がでます。
アシタバによく似たハマウドは、オニウドともいい、本州中部以南の海岸で自生しています。昔から毒があるとして食用にはされていません。
また、中部以北の山中に自生するアマニュウもよく似ています。高さが3メートルにもなる大型の草本です。アマニュウは若葉をとって食用にすることができます。花は白で、葉はアシタバより光沢があります。葉茎の汁液はすこし黄色を帯びています。

採集と調整 
春から夏にかけて、なるべく若い芽か若葉だけを採取して、生で用いるか、さっと水洗いしてから、よく水をきり、手で細かくちぎって2~3日日干しにします。その後陰干しして乾燥させます。
暖地であって排水がよければ、どこでもよく生育するもので、寒さには弱いのですが、冬期には地上部が枯れたあとに、藁と土を交互に2~3層にして株をおおってやれば、越冬させることができて翌春には芽がでます。

薬効用い方 
民間では高血圧症の予防として乾燥葉に熱湯を注ぐか、1日量20~30グラムを煎じて、茶剤として飲用します。
若くて柔らかい芽葉には、強壮強精の効き目があり、食欲の増進や、疲労回復にも用います。強い苦味もゆでると消えます。また、ジューサーなどで青汁を作り飲む場合は、1日0.1リットルが限度です。

有効成分:ゲルマニウム(植物性有機ゲルマニウム)、ビタミンB12、葉緑素(クロロフィル)、ビタミンミネラル類
ビタミンEの数百倍の抗酸化があるゲルマニウムを100グラム/460ppm含有して、抗がん物質インターフェロンの産生と、がん細胞を殺す白血球の産生を促し老化防止とがんを予防。
ビタミンB12、マグネシウム、ミネラル、ビタミン類が貧血を防止。

チャービル

チャービルはウィキペディアでは

『チャービル(学名:Anthriscus cerefolium)はパセリに類似するセリ科シャク属に属する一年草。マイルドな味わいの料理の風味付けに用いられ、フランス料理にも使用されるハーブである。仏名でセルフィーユ、和名でウイキョウゼリ(茴香芹)とも呼ばれる。

チャービルはコーカサス地方原産であるが、ローマによりヨーロッパ中に広められ、現在では自生している[1]。アメリカ北東部などにも自生する。

40-70cmまで育ち、葉は三回羽状で巻いている。白くて小さい花は散形花序で、直径2.5-5cmである。果実は約1cmの細い楕円体か卵型である[1]

パセリと似ている為混同されることがあるが、パセリとは栽培条件に差異がある。直射日光と湿気を嫌うので、日陰の窓辺、ベランダが栽培環境に適している。

歴史

文献に初出するのは紀元後、ローマの時代である。チャービルはかつて生垣や荒地に自生する一年生の雑草とみなされ、考慮されることはなかった。19世紀後半、原産地がロシア南東部、コーカサス以南からイラン北部山地であることが判った。その後、食材として注目を集めるようになった。

チャービルの根

チャービルは葉だけではなく、根も芋として食べられる。芋用に育てられるチャービルは葉用のチャービルよりも太い根を持つ。19世紀には人気があったが、現在ではイギリスやアメリカではほとんど食べられず、フランス料理のスープやシチューの中でまだ使われている程度である。』

チャービル 山萝卜

チャービル(転載)

『比較的小さ目の1年草です。 イタリアンパセリをミニチュアにしたような感じです。 味や香りはパセリよりも繊細で、美食家のパセリ」とも評されます。

フランス語でCerfeuil(セルフィーユ)と呼ばれ、フィーヌゼルブに使われるのをはじめとして、フランス料理には欠かせません。

種まきは春と秋ですが、真夏と真冬以外ならいつでもまけます。春まきの場合は、すぐに花芽が出で小さなまま終わってしまいますから、常に利用したい場合は、2週間おきくらいに次々と種まきをするといいです。 秋まきの場合は花が咲く春までは大分続けて収穫できます。

1つずつを大きな株に育てる場合は間隔をあける必要がありますが、たくさんまとめて育てても収穫しながら整理していけばいいと思います。 比較的小さなプランターなどにパラパラっと均一に種まきして、もし芽が密生して出たら間引きます。(細かい種です。発芽率はあまりよくないようです。) 間引くときは残す芽をいためないように、ピンセットなどでそーっと。

他のセリ科のハーブと同様に移植を嫌います。(小さい苗なら移植できると言われていますが、わたしは移植で失敗したことがあります。)

花は白い小花がレースのようにたくさんつきます。 花が咲いたら、その株の寿命はおしまいです。 秋まきは春に花が咲く頃にはかなり背が高くなっています。

他のハーブとちがい、強い日光を嫌います。 木漏れ日くらいの涼しい半日陰に置きましょう。 暑さと乾燥には特に弱いので、夏には注意。 花芽をつけるのを遅らせるには、なるべく涼しくしておけばよいでしょう。

 

チャービルは名前だけではピンと来ない方も多いと思いますが、フランス料理のサラダなどの上に「はらり」と乗っかっている、あの緑のレースのような葉っぱがそうです。 「セルフィーユ」という名前がぴったりな感じ()の繊細さです。 ハーブを取り合わせたフィーヌゼルブにも欠かせません。』

パースニップ


パースニップ Parsnip

『別名アメリカボウフウ(防風)ともよばれるセリ科の二年草。まれに一年草。ニンジンのような肉質の根と、鳥の羽のような複数の小さな葉がある。ヨーロッパと北アジア原産のものは茎が高さ90cm以上になり、葉は小さくて卵形である。

食用になる白い根は香りがよく、みずみずしく、甘いが、やや苦みがある。うす切りにしてスープや煮物にする。』

中国語は 
欧洲防风草 

ウイキョウ(3)小茴香

ウイキョウは中国語で 小茴香 百度百科によれば・・・
『学名:Foeniculum vulgare  英文名:Fennel
:才色兼Wit and Beauty
科名:形科一二年生草本植物
名:怀香、香菜,小茴香
地:欧洲、地中海沿岸、我国各地均
:双子叶植物形目,形科,茴香属植物
适宜搭配
玫瑰花、矢菊、蓝锦葵、玫瑰果、芙蓉花、檬草、鞭草、覆盆子叶、薄荷叶、黛茶、甘草。搭配薄荷可排除体内多余水分。
冲泡方式
(1) 叶:以开水冲泡即可。 (2) 种子:将种子碎,用开水冲泡,焖约十分后,加入蜂蜜即可用。 取半匙茴香以匙背碎,浸泡于水中十分。一天三杯,建在二餐之间饮用。

植物形
多年生草本,作一、二年生栽培。全株具特殊香辛味,表面有白粉。叶羽状分裂,裂片线形。夏季开黄色花,复形花序。果椭圆形,黄绿色。性喜温暖,适于砂壤土生;忌在粘土及湿之地栽种。春秋均可播种或春季分株繁殖。原地中海地区,我国各地普遍栽培,适较强。我国北方主要春秋两季栽培。(露地栽培)春播:3月下~4月上旬,5月中、下旬收。秋播:78月份,九月份收。果实为果,呈柱形,有的稍弯曲,两端略尖,48mm,直径1.52.5mm。表面黄绿或淡黄色,端残留有黄棕色突起的柱基,基部有小的果梗。分果呈长椭圆形,背面有5条,接合面平坦而较宽。横切面略呈5形,背面的4边约。有特异茴香气,味微甜、辛。

栽培技
1.地整地。茴香根系大,抗旱怕应选择深厚,脱良好。通透性,排水好的沙壤或沙壤土种植。茴香种子小,芽后的幼苗土力弱,整地,一般早春三月土壤解后及耕翻平整,低,达到碎松,平整如,以待播。
2.施足基肥。茴香生育期,需肥量大,喜磷肥,施肥以基肥主,播前合整地施优质有机肥、稀土磷肥、尿素、硫酸,均匀混施于土壤深做底肥,并施新高脂膜增肥效。
3.适期早播。选择籽粒饱满,色泽鲜艳,无病虫种子,行人工精,除去物,并于播种前用辛硫磷和新高脂膜拌种待播,避地下病虫,隔离病毒感染,加呼吸度,提高种子芽率,播后拂平地表。
4.科学管理。茴香幼苗土力弱,苗期生长缓慢,出苗前后要及破除板,助苗出土,待幼苗出土行后及除草放苗,苗期中耕除草,保持田疏松干,以利生长发育。苗要早,定苗要狠,禁留双苗,以利形成壮苗。在茴香生施促花王3号能有效抑制各种作物主梢、芽、旁心疯长,促花芽分化,多开花,多坐果,防落果,促育。并合使用菜果壮蒂灵增茴香花粉受精量,循坐果率,促实发育,无畸形、无秕粒,整度好、品提高、使茴香连连

成分与功效
小茴香的主要成分是蛋白、脂肪、膳食纤维、茴香、小茴香、茴香等。其香气主要来自茴香、茴香等香味物。是集医味、食用、化于一身的多用植物。嫩茎、叶作蔬菜、食,茴香果中含茴香油2.8%,茴香5060%a-茴香1820%,甲基胡椒粉10%a-蒎烯双聚戊、茴香莰烯等。胚乳中含脂肪油15%,蛋白、淀粉糖及粘液85%。可作香料,常用于肉、海烧饼等面食的烹。中医学上入,性温,味辛,肝、、脾、胃。功能温肝,暖胃气、散塞,散寒止痛,理气和胃。用于寒疝腹痛,睾丸偏女痛,少腹冷痛,脘腹痛,食少吐泻等症。

理研究
小茴香有抗溃疡痛、性激素作用等,茴香油有不同程度的抗菌作用。能刺激胃血管,促唾液和胃液分泌,起到增食欲,帮助消化的作用。适合脾胃虚寒。肠绞痛、痛患者用于食,食用方
:取小茴香少,炒后煎去渣,然后加大米,煮成米粥食用。广省韶关学院英生物工程学院; 7个茴香品种的部分植株形养物含量行了比果表明,河北青的割茬茴香和山西太原的小茴香品种早熟〔74d(播种至采收嫩茎叶),吉林四平的茴香和甘、内蒙古托的小茴香品种中熟(86d),新疆伊犁和宁阜新的小茴香品种晚熟(97d);吉林四平的茴香品种真叶数最多,地上部鲜质量和地下部鲜质量最大,山西太原的小茴香品种地上部干物率最高,7个茴香品种的植株可食率均达90%以上;的小茴香品种VC、有机酸、蛋白氮和全氮含量均相对较,可溶性糖和全碳含量以新疆伊犁的小茴香品种相对较高。定,甘的小茴香品种的养价对较高。

温馨提示
小茴香以粒均匀、饱满、色绿、芳香郁、无柄梗者佳品。密封、阴凉、避光保存』

ウイキョウ(2)フィノッキオ

ウイキョウ は ブログアップしてある。

ウイキョウはよく見ていたが
今日 農園で見た 植物の名前が 思い出せなかった。
そして 形状から イタリヤ野菜 とおもって・・・・
調べたら・・・・フィノッキオ だった。
おお フィノッキオ だったのか。
以前は 発音が ピノキオ に似ているなぁと思って 印象があった。
それを調べているうちに・・・なんだ。ウイキョウなのか・・・
とおもって・・・植物が 国によって 呼び方が違うのが
バラバラになっていた。今日やっと 一つの植物になった。

フィノッキオ(転載)

『根元近くの葉柄の大きく肥大した白い部分を食べます。


生で食べると口の中にアニスのようなやさしい甘さがひろがり、パリパリとした歯ざわりが何ともいえません。
スープなどで煮込んだフィノッキオは、甘さがより繊細になり、とろっとしたやわらかさが味わえます。煮込んだフィノッキオにチーズをかけて、グラタンでいただくのもまたおいしい。柔らかい繊細な葉部分は、サラダに和えたり、料理の盛り付けのポイントに、またピクルスを漬込むときにひと枝入れたり、魚のおなかに詰めて調理することで生臭さを消すなど、その使い道はいろいろ‥‥。

インドなどでは、種子を消化促進と口臭消しのため食後にそのまま噛む習慣もあります。繊維の少ないわき枝は、そのままサラダに、またバーニャ・カウダの具としてもおすすめです。消化促進、歯痛やせきに効き、痛めた肝臓もやさしく癒してくれるというフィノッキオ、最近は体脂肪を排出するダイエットハーブとしても注目されています』
digestion1_R.jpg

中国では この葉っぱを 火鍋に入れて食べる。
セリ科
学名 Orthosiphon Stamineus Benth
中国語では 
茴香  
英語では フェンネル(Fennel)
沖縄では イーチョウバー  てんぷらにする。
ギリシャ語で マラスロン 「痩せる」と言う意味とか。

南ヨーロッパ原産の耐寒性多年草。独特な香りがある。青緑の葉脈のとおった茎、多裂した葉を持ち、葉の茂りは細かい緑の集まりのように見える。
真夏から晩夏にかけて傘型の黄色い小花を多数つけたのち、強い香りのある細長い実を付ける。
精油: アネトール(主) 、d-リモネン、エストラゴール、アニスアルデヒド、フェンコン、ピネン等
・フラボノイド配糖体
: フェニクラリン
アネトールが胃腸を刺激して消化機能を促進します。食欲増進、鼓腸と疝痛の緩和、抗炎症作用。西洋では母乳の分泌促進にも利用。 漢方では食中毒、ヘルニア、腹痛、消化不良に処方されます。 

イブキボウフウ

イブキボウフウはウィキペディアでは
『イブキボウフウ(伊吹防風、学名:Libanotis coreana )はセリ科イブキボウフウ属の多年草。別名、タンナボウフウ。

特徴
茎は直立し、枝を分け、高さは30-120cmになる。茎には稜があってやや角ばり、全体に毛がある。葉は長さ5-30cmになり、2-3回羽状複葉で、小葉はさらに細かく切れ込む。
花期は8-9月。茎頂か、分枝した先端に径3-6cmの複散形花序をつけ、白色の5弁花を多数つける。花序の下にある総苞片、小花序の下にある小総苞片は線形。果実は楕円形で、分果の背面に短毛が生える。油管は表面側の各背溝下に3-4個、分果が接しあう合生面に6個ある。

分布と生育環境
日本では、北海道、本州の近畿地方以東に分布し、日当たりのよい山地の草原など生育する。アジアでは朝鮮南部に分布する。
 

下位分類
ハマイブキボウフウ Libanotis coreana (H.Wolff) Kitag. f. ugoensis (Koidz.) Kitag. -葉が厚く、海岸に生育する。
タカネイブキボウフウ Libanotis coreana (H.Wolff) Kitag. var. alpicola Kitag. -本州の中部地方の高山帯に生育する。
Libanotis coreana 1.JPG 

イブキボウフウ属
イブキボウフウ属(イブキボウフウぞく、学名:Libanotis L.)はセリ科の属の一つ。多年草で、茎は直立し、枝を分ける。茎にはふつう稜があり、角ばる。葉は2-3回羽状複葉で、ふつう羽片に柄がない。花序の下の総苞片はある場合とない場合があり、小花序の下にある小総苞片はある。花弁は白色で、ときに紅色がある。果実の表面には毛があり、分果の隆条は脈状になって離れ、油管は平ら。

世界に15種知られ、日本にはイブキボウフウ1種がある。』

イブキボウフウ(転載)
『日本の本州、近畿地方以北から北海道、それに朝鮮半島南部に分布しています。亜高山帯の日当たりの良い草地に生え、高さは40~90センチになります。葉は2~3回奇数羽状複葉で、小葉は羽状に深く裂けます。7月から9月ごろ、茎頂に複散形花序をだし、小さな白い花を咲かせます。名前は、滋賀県の伊吹山にもあり、風邪を防ぐことから。この根は「和防風」と呼ばれて、風邪薬にされます。セリ科イブキボウフウ属の多年草で、学名は Libanotis coreana


Libanotis coreana
画像は ここ から 

 

ハマウド

ハマウド(浜独活)
(転載)
『越年草
関東~九州の海岸の砂地に生える。茎は直立し、暗紫色を帯び、11.5mになる。葉は1~2回3出羽状複葉で光沢がある。茎の先に大形の複散形花序をだし、白色の小さな花を多数開く。果実は広楕円形でふちに翼がある。花期は46
学名は、Angelica japonica
セリ科シシウド属』





それにしても ハマウドは 何故食用にしないのだろう?

アシタバ(4)

アシタバは ウィキペディアでは
『アシタバ(明日葉、Angelica keiskei)はセリ科シシウド属の植物。日本原産で、房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸に自生する。伊豆諸島・伊豆半島・三浦半島および房総半島の個体は、古くから自生している個体であるが、紀伊半島の個体は近年紀伊大島に移植された株である。種小名は、明治時代の植物学者伊藤圭介(1803 - 1901年)への献名。
別名八丈草(ハチジョウソウ)。明日草(あしたぐさ)。

形状及び性質
草丈1メートル前後に育つ。多年草であるが、23年で黄色の傘形花序をつけ、その後に扁平な楕円形の果実をつける。開花結実すると枯れてしまう。冬にも緑色を保つが、寒さにやや弱い。葉は23出羽状複葉で、根生して大きく、鋸歯がある(写真参照)。茎を切ると淡い黄色の汁が出る。根は地上部に比すると太く、旺盛に伸張する。
伊豆大島系と八丈島系の系統が存在しており、伊豆諸島でも島毎に多少形状が異なるとされる。茎の色で伊豆大島産のものを「赤茎」、八丈島産のものを「青茎」と呼ぶ。また、御蔵島産のものは他の島に比べ、茎が太いとされる。

野菜としてのアシタバ
葉と茎を食用にする。味に独特のクセがあるため、天ぷらやバター炒め、おひたし、マヨネーズ和え等、多少クセを殺す調理法がとられる。特に伊豆大島では、アシタバを椿油で揚げた天ぷらが名物料理になっている。
伊豆諸島では農協やスーパーの店頭で野菜として通年販売されている。また、伊豆諸島で土産品を開発する際は、取り敢えずアシタバの粉を混ぜてみるのが定法であり、いわゆる健康食品だけでなく、ケーキ、蕎麦、焼酎、茶、こんにゃく、アイスクリーム、アシタバの根入りドリンク等が販売されている。

その他の利用法
便秘防止や利尿・強壮作用があるとされ、緑黄色野菜としてミネラルやビタミンも豊富なことから、近年健康食品として人気が高まっている。特徴的な成分としては、カルコン類(キサントアンゲロール)やクマリン類を含み、これらは抗菌作用を持つ。中国でも薬用に用いられており、古くは明の時代に編纂された薬草辞典にその名が見られる。また、枯れる前に掘り起した根は薬用として朝鮮人参の代用品に利用されている。収穫時期及び生育年数や系統により、含有している成分や構成比には差異がある。
 

雑知識
和名の由来は「夕べに葉を摘んでも明日には芽が出る」という、強靭で発育が速いことから来ているというが、さすがにそこまでの生命力があるわけでもない。
 

なお、近縁種のハマウド(A. japonica)は、関東および中部地方以西の海岸に分布し、アシタバとよく似ているが茎を切ったときに出る汁の色が薄いので区別できる。ハマウドは有毒植物ではないが食用にはしない。』

アシタバ(3)明日叶

アシタバは 中国語でも 明日叶。百度百科によれば
『明日叶名明日草、八丈草,今天摘了,明天又出芽来,就是强韧生命力的特性及由原地名而命名之。明日叶以「健康草」受到瞩目是最近的事,常食用明日叶的当地人,寿者很多,而且到了高仍很健康,能与年人一劳动,近年来,明日叶多成分逐地被了解,也因此受到瞩目。

中文学名: 明日叶
拉丁学名: Angelica keiskei
称: 明日草、八丈草、咸草
界: 植物界
科: 繖形科(あれ セリ科じゃないのかな?)
种: 青茎种、茎种、混合种
分布区域: 日本八丈
多年生草本。明日叶外形酷似芹菜,株高50100cm。叶互生,三出复叶,小叶掌状深裂或浅裂,边缘细锯肯。夏至秋季开花,形花序生,花白色。
 

长习
性喜冷凉至温暖,忌高温高湿,生适温约为1222℃。南地区高冷地可庭植或盆栽,平地高温生不良。

繁殖方法
用播种、分株法,春、秋季适期。
 

栽培要点
栽培土以肥沃的砂壤土最佳,排水,光照需良好。施肥每月1次,氮肥偏多,生长较旺盛。夏季日照烈需遮

名字由来
明日叶,因今天摘了叶子,明天就能冒出新叶的盛生命力而得名。从江户时代开始,种芹科植物就作八丈岛药草而名。或油炸,或炒,或做成酱汤等。
 

近年来,通分析发现明日叶里有非常丰富的持人体健康,防止老化所必需的各种生素,,微量元素,养成分非常均衡。与在美国和日本常食用的甘相比,其养价更高。另外,最新研究表明,明日叶根茎中含有丰富的天然黄flavonoid)和香豆素(Coumarin)。 研究表明,些物具有抗菌,抗癌作用。

食用
嫩茎叶可作蔬菜食用,著名生物明日叶分析发现其茎、叶含有多种生素、胡卜素、16种氨基酸和苯苯基等成份,可作天然绿色蔬菜直接食,故享有“神奇植物”之美称。明日叶具有独特的芳香,可解、肉的腥膻味;茎叶水煮后的柔可口,作蔬菜可炒食、炸食、凉拌,氽汤或做成茶汁;
 

用价
全草可供用,野菜食用或用,据有抗癌、防止胞老化、理慢性病之效。我公司已成功研制出明日叶保健茶。期食用或用明日叶,肝炎、高血、糖尿病、便秘等多种疾病都具有效,尤其是养神末梢、抗衰老、防癌润肠通便有独特作用,且无任何副作用。

与病虫害
一、播种育苗:
1、浸种催芽:寿菜的种子先用55度的温水种,再用凉水浸种12干,将种子用湿润纱布包好置于20度左右的温度下催芽,每天清洗一次种子,并注意水保持湿15天左右种子开始萌就可以播种了。如果采用直播在苗床30-40在才出苗。
2、播种:播种期可选择秋季10-11月播种,2-3月定植,或2-3月播种4-5月定植。苗床要选择壤土或砂壤土,如有腐殖土更好,播种后少量覆盖土壤,再用稻草覆盖即可。平注意水保持土壤湿
3、分苗:当苗出后揭去稻草,可在畦面上撒少量火土或吵,防止根系外露或倒状。当有3-4片叶可分苗于或田内假植。

二、地整法
寿菜不耐光,光照过强,茎叶硬、品差。可选择果园或林下通的地方栽培。土不要求很肥沃,中等肥力即可。地下水位高时应作成高畦。肥料最好使用腐殖土及腐熟的家肥,不用或少用化肥。

三、栽植:
当苗高20厘米即可栽植,按30×40厘米的株行距栽植,栽植深度以不埋心叶,然后压实土壤并足底水。

四、田管理:
1、中耕除草:栽植成活后要注意勤中耕,同清除草。
2、灌水追肥:寿菜不耐旱也不耐,定植后要连续浇几次苗水,直到成活。冬春季5-6天一次,夏秋季1-2天一次,雨天要注意排水防。肥料除施足底肥外,在生期中可以适当追施复全肥,每每次10kg左右,共追2-3.
3、病虫防治:寿菜病虫害少,主要有蚜虫及蜘蛛,发现可以及防治。

五、采收:
栽植成活新叶萌出,超30厘米即可剪下叶柄及叶食用,不必吝惜,多采多食。不采新叶老不堪食用,而且植株会因此短寿命。采摘要注意留存2-3片老叶,主要采摘嫩叶。如果新老叶一采,植株会很快枯死。从根茎部采摘要留存5厘米的基部。切忌根割。适当的摘叶及控制好根系,其寿命可4-5年,4-5年后开花结实3年以上的根其养和叶一,可以泡酒用,有同的功效。』

ボウフウ 防風(2)

ボウフウ 防風つづき
注意事
1.合理育苗防风应选择高燥的向阳土地,土壤以疏松、肥沃、土深厚、排水良好的沙壤土最适宜。将精好的种子,于播种前35行温水浸泡理,并用新高脂膜拌种与种衣混用,行种子理,提高种子芽率。随着幼苗的生,在植物表面施新高脂膜,防止病菌侵染,提高抗自然灾害能力,提高光合作用度,保禾苗茁壮成。 2管理及除草,松土,确保水肥充足。叶片开始展的候,向叶面上材根大灵。使叶面光合作用物(养)向根系送,提高转换率和松土能力,使根茎快速膨大,用含量大大提高。同要加强对病虫害的合防治,并施新高脂膜增防治效果。在秋末要做好越冬防寒保温工作,确保安全越冬。

病虫害防治长发育期很少生病虫害,只有个年份生。要做好调查真防治。
1.白粉病
夏秋季生。被害叶片两面呈白粉状斑,后期逐渐长出小黑点(病菌的菌囊壳)使叶片早期脱落。其病原菌独活白粉病属囊菌亚门白粉菌目真菌。律:病菌以菌囊壳在病残体上越冬。翌春子囊子引起初侵染,病株上生的分生子借播,引起重复侵染,天气干旱病害重。

防治措施:一是冬前清除病残体,集中销毁,减少田侵染源。二是病初期洒波美度石硫合,或15%800倍液,或50%多菌灵1000倍液。每隔710天用其中一种药剂防治,共23次。

2.根腐病
在高温多雨季节发生,被害后根,叶片萎蔫,黄枯死。 旺盛、没有病虫害的二年生植株。增施磷肥,促开花、结实饱满。待种子成熟后割下茎枝,搓下种子,晾干后放阴凉保存。另外,也可以在收获时选

栽培加工
〖植物/物形
多年生草本,高20--80厘米。根直而,有香气,根密生褐色纤维状的叶柄残基。茎生,二歧分枝。基生叶二至三回羽状分裂,最裂片披形,叶柄2--6.5厘米;生叶化,具展叶鞘。复形花序;无苞片,少有1片;5--9;小苞片4--5;花梗4--9;花黄色。双果矩卵形,扁平,棱具翅;幼果有疣状突起。花期8--9月份,果期9--10月份。分布于北及河北省、山省、内蒙古自治区。生于草原、干燥山坡。

地〗
于黑江省、吉林省、宁省,称“关防”;内蒙古自治区、山西省、河北省亦。以黑江省量大、量佳,全国,并出口。

〖栽培〗
较强,耐寒,耐旱;宜在地高燥、土深厚、疏松、肥沃的砂壤土栽培。于4月份下旬或9--10月份用种子条播,行距27--30厘米,沟深2--3厘米,播幅7--10厘米,播后薄盖土,稍加镇压,每用种量1--1.5公斤。苗高7厘米合除草分次苗,定苗株距13--17厘米。6--8月份追肥1--2次,并合培土,除留种外摘除花蕾。6--10月份易生白粉病,可用波美0.2--0.3度石硫合或甲基托布津可湿性粉l000倍液防治;虫害有黄蝶,可在幼虫期90%晶体百虫l000倍液。栽培研究展:略

〖采收加工〗
春、秋季采挖未抽花茎植物的根,栽培的需种植2--3年后采挖,除去残茎、根,晒干』』 

ボウフウ 防風

防風は 百度百科
『是一种
草的名字,是形科多年生草本植物防的根。主于黑江、四川、内蒙古等地。生用。可到大有恒中库查询购买
中文名称:    外文名称:    DivaricateSaposhnikoviaRoot
称: 芸、回云、回草、百枝、百种
界:   植物界
科:   形科
分布区域:    北、北及西、甘、宁夏、山
草名。羽状复叶,叶片狭,开白色小花。根供用,有痛、祛痰等作用。《新唐·方技·胤宗》:“即以黄耆、防数十斛,置牀下,气如,熏薄之,是夕。” 明 李 《本草目·草二·防》:“芸、茴草、屏根、百枝、白蜚。防者,御也。其功疗风最要,故名。屏者,防风隐语也。”
用信息
【基原】 Umbelliferae  Saposhnikovia divaricata (Turcz.) Schischk.的干燥根。
植物形
,又名:山芹菜、白毛草、芸、回云、回草、百枝、百韭、百种、屏、关防、川防,云防
多年生草本,高3080厘米,全体无毛。
根粗壮,茎基密生褐色纤维状的叶柄残基。
生,2歧分枝。
基生叶三角状卵形,719厘米,23回羽状分裂,最裂片条形至披形,全;叶柄26.5厘米;生叶化,具展叶鞘。
形花序,生;59,不等苞片缺如;小形花序有花49,小苞片45,披形;萼齿短三角形,较显著;花瓣5,白色,倒卵形,凹,向内卷;子房下位,2室,花柱2,花柱基部圆锥形。

果卵形,幼嫩具疣状突起,成熟裂开成2分果,挂在二果柄的端,分果有棱。

野生于丘陵地山坡草中,或田、路旁,高山中、下部。 分布北、内蒙古、河北、山、河南、西、山西、湖南等地
花期89月;果期910月。
栽培
栽培管理
1.
风对土壤要求不十分格, 但应选择高燥的向阳土地,土壤以疏松、肥沃、土深厚、排水良好的沙壤土最适宜。粘土、洼、酸性大或重碱地不宜栽种。
2.整地
风为深根植物,二年生根可达5070厘米。因此在秋天要求土地行深翻达40厘米以上,早春整平耙,拾根茬和物,长创造良好的基条件。
3.施肥
为满足多年生防长发对营养成分的需要,必施足基肥,每优质农家肥30004000千克,加入磷酸2030千克或磷酸二810千克。最适在秋天深翻前施入地表面,然后翻入耕。最要在整地作畦前施入。施肥要均匀。
作畦、育苗与播种
既可用种子直播,也可采用育苗移栽方法繁殖。生产实践中发现,第一年育苗,第二年春季移栽的方法,可收到既省种子,又便于集中管理,节约用地的多方面效果。
有条件地方可以根段繁殖,利用根段萌生和根茎。截取5厘米根段,早春开沟,栽植根段。每用种栽根段3540千克。栽后覆土,水保
1.畦床制作
作畦育苗有露地直播育苗和保地塑料拱棚育苗两种,可因地用。
1)露地直播畦 畦面长宽一般因地条件而定,要因地制宜,以便于管理。畦床要求畦平,直,坚实
2)中棚:畦2.4米,畦1520米。小棚:畦1.2米,畦1520米。畦40厘米,均制作成低于地平面1015厘米的步道沟。
2.播种适期
1)育苗田 利用塑料拱棚早春行育苗的时间,要早于露地直播育苗710天,因扣棚后具有保湿增温作用。播种方法以撒播主。
2)露地直播 要在早春气温达到15℃以上时进行,4月上中旬,以()宜。
3.种子理与播种
将精好的种子,于播种前35行温水浸泡理。用35℃的温水浸泡24,用40℃~50℃的温水浸泡812,使其种子充分吸水,以利芽。浸泡做到边搅拌,撒种子,出浮在水面上的籽和杂质,将沉底的饱满种子泡好后取出,稍晾后播种。扣拱棚育苗田撒播,将畦面整好,透水分,然后人工撒播种子,每用种2.53.0千克。撒播均匀后,用竹铁筛筛2.0厘米厚的湿新土保,盖种子,然后插弓扣膜。露地平畦育苗采用条播,人工用药镐开沟,行距1520厘米,开沟深23厘米(壤土稍浅,沙土略深),将种子用点播器均匀地播撒在沟内,覆土11.5厘米厚,待稍干踩压
田直播,播种方法基本与露地育苗方法一致,但行距要加大到2530厘米,每用种量降至1.01.5千克。
管理
1.苗期管理
扣塑料薄膜拱棚内育苗,播种至出苗期,要检查,控制好棚内温度,一般以20℃~25适宜温度,如天气过热,棚内温度高,要加盖草苫遮荫进行降温。当畦面见绿时,可通揭膜放的方法来整棚内温度。随着幼苗的生,逐加大放孔,苗,直至揭掉塑料膜止。畦内草,要及除草。
1)抗旱保,力争全苗 露地育苗田和生直播田,播种至出苗期管理十分重要。此期要采取一切抗旱保措施,、石因地、因并用,确保播种内有充足的土壤水分,足其萌需要,防土壤"落干"和种子"芽干"生,力争达到苗全、苗壮。
2)除草松土,防荒促壮 田和畦面生草,将影响幼苗生,要求草就除掉,防止草荒欺苗。同,要行中耕松土23遍,幼苗根系生改善境,促使根系深扎,达到壮苗的效果。
3)疏苗定苗,防虫保苗 出苗后1520天,苗高达35厘米左右行疏苗,打开"死撮",防止小苗拥挤,生长细弱。生到一个月左右,苗高达10厘米以上,行最后定苗,育苗田苗距23厘米,生田苗距810厘米,防止苗荒徒。同,苗期时值地下害虫(蝼蛄、螬、地老虎、金)、苗期害虫(象甲、金)继发害,要做好田间调查和防治工作,保幼苗不受害。防治技北沙参章
2.期管理
由于防,耐寒、抗旱性,只要保全苗,生管理比较简单育也可采取一些促控措施。
1)追肥水 一般情况下第一年人工栽培防,很少表缺肥和缺水症状。只有播种在沙土壤或遇重干旱天气,在定苗后适当追肥水。每追尿素810千克,硫酸35千克,追肥后及时浇水,以足不良土壤和不良天气影响下的防幼苗生需求。
2)中耕除草 生仍然有一部分草在不同时间出来,要合中耕松土及拔除。
3)排洪防的旺盛期在6.7.8月份,正逢雨季,田()间发生洪水要及排除,并随后行中耕,保持田地表土壤有良好的通透性,以有利于根系生
3.越冬期管理
栽培第一年为营养生,地上植株座状,很少有抽苔开花象,一但发现要及摘除。生10月上中旬,地上叶茎开始枯黄,入越冬休眠期。此期管理,一是好越冬前的封水,防因北方气候干旱而引起水分不足。要在10月底或11月上旬水,要灌均匀。二是防止放牧和畜禽的践踏害,做好田工作。三是育苗田管好秧苗,并移栽田做好各移栽前的准工作,如整地、施肥、水源等。
4.返青期管理
根茎在地下经过一个冬季漫"休眠"以后,到翌年春季随着天气暖,气温升高,耕,根茎开始萌新芽,入返青期,开始新的生命活
1)清园 返青前人工底清园,将地表枯干叶茎清除到田外烧毁,以减病虫的生和害。
2)追肥水 每追施优质农家肥15002000千克,全田施,随即水,促使返青,达到壮株、壮根的目的。
3)起苗移栽 于春季34月份幼苗"返青"前,在整好的移栽田内,按行距1518厘米横向开沟栽植,开沟深1015厘米,株距810厘米,土壤板干旱行座水移栽,也可穴栽。穴距1020厘米,每穴栽两株,栽植要栽正、栽,使根系舒展。栽后覆土压实,也可栽后普一次定根苗水,提高栽植成活率。
5.旺盛生期管理
田以提高根系目的,加管理十分重要,因此要足防旺盛生条件的需要。
1)中耕松土 防返青至旺盛生期持续时间达二个多月,此期生田仍以促根生长发主,田间经行中耕松土,改善根系生长环境,促根健壮生
2)除草防荒 及拔除田间杂草,防治草荒。
3)根外追肥 根据植株生情况,如发现营养不足,可行根外追肥,可磷酸二氢钾"保多收"、增根等,按明使用。
4)打苔促根 因防第二年将有80%以上植株抽苔开花结实,地上植株开花以后,地下根开始木化,重影响用根量或失去用价此,两年以上除留种田外,要必将花苔及早摘除。一般需23次,苔就打掉,避免开花消耗养分,影响根的育。
5)排湿除,要及排除,以免影响植株生
6.留种田管理
留植株生一致,健壮的田作留种田,不行打苔,可放养蜜蜂助授粉。到89月份,防种子由绿成黄褐色,碰即成两半采收。不能早采收未成熟种子,否影响芽率或不芽。也可割回种株后放置阴凉后熟一周左右,再行脱粒。晾干种子放置布袋用。
繁种也可留二年生根茎,翌年春季行根段插繁种,将防无芦根段截成35厘米的小段,开沟深5厘米左右行斜栽,当年不抽苔开花,根不木化,只是根的形态变大,主根柱形,生有多数较长的支根。隔年开花籽。如用的根茎插,当年可开花籽,一般不采用』

ボウフウ

ボウフウとは ウィキペディアでは
『ボウフウとはセリ科の植物の一種。学名Saposhnikovia seseloides(シノニムS. divaricataLedebouriella seseloides)。

(ハクサンボウフウの画像)

中国東北部~華北原産の多年生草本。花期は89月頃で白い小花を咲かせる。
 

生薬
根および根茎は防風(ボウフウ)という生薬で日本薬局方に収録されている。防風には発汗、解熱、鎮痛、鎮痙作用があり、十味敗毒湯、防風通聖散などの漢方方剤に使われる。
 

ボウフウの名を持つ植物 
やや大型で根の太いセリ科植物には、エゾボウフウ、イブキボウフウ、カワラボウフウ、ボタンボウフウ、ハマボウフウなど「○○ボウフウ」と名づけられたものが多い。 しかし、これらの植物はボウフウとは別属であり、薬として使用されることもなく(薬になる物もあるが薬効は防風とは異なる)、植物学的にも薬用としてもボウフウとは無関係である。』

セリ(2)

セリ
(転載)

『セリ(芹、学名:Oenanthe javanica)とはセリ科の多年草である。
解説

別名、シロネグサ(白根草)。湿地やあぜ道、休耕田など土壌水分の多い場所や水辺の浅瀬に生育することもある湿地性植物である。高さは30cm程度で茎は泥の中や表面を横に這い、葉を伸ばす。葉は二回羽状複葉、小葉は菱形様。全体的に柔らかく黄緑色であるが、冬には赤っぽく色づくこともある。花期は78月。やや高く茎を伸ばし、その先端に傘状花序をつける。個々の花は小さく、花弁も見えないほどである。北半球一帯とオーストラリアに広く分布する。
0 (480×360)
利用

春の七草の一つである。独特の香りを持ち、春先の若い茎を食用とする。春の七草のひとつであるため1月ごろであればスーパーマーケット等で束にして売られる。自生品が出回ることもあるが、最近では養液栽培も盛んである。野草としての性質が強く種子の発芽率が低いため、計画的な生産には発芽率の改善が不可欠である。産地にもよるが、栽培ものと野生のものに、比較的差が少ない種である。

野外で採取する場合、小川のそばや水田周辺の水路沿いなどで見られるが有毒なドクゼリとの区別に配慮が必要である。ドクゼリは地下茎は太くタケノコ状のふしがあり、横に這わず、セリ独特の芳香もないので区別できる。また、キツネノボタンも同じような場所に生育する毒草である。葉が細かく裂けないので比較的容易に区別できるが、個々の小葉だけを取ると似ているので間違えるおそれがある。

なお本種には観賞用の斑入りの品種もある。無農薬で栽培することで食用にもなる』

セリ(1)水芹

水芹(転載)

『水芹属于形科、水芹菜属。多年水生宿根草本植物。水芹名水英、本山芹菜、牛草、楚葵、刀芹、蜀芹、野芹菜等。
中文名称:    水芹
外文名称:    cress
称: 水英、本山芹菜、牛草、楚葵、刀芹、蜀芹、野芹菜
界:   植物界
科:   形科
属:   水芹菜属
分布区域:中国江流域,日本北海道,印度南部,甸,越南,
拉丁学名: Oenanthe javanica (Blume) DC
 

其幼嫩的基部叶片辛辣,可用於沙拉或当做香料与食品添物。水芹水田芥(Nasturtium officinale)可能是最受迎的食用水芹,是一种耐寒的多年生匍匐植物,原欧洲但广泛移栽于世界各地的河川、池塘与沟渠。生的水田芥可用做沙拉的绿色部分与三明治的。独行菜(Lepidium sativum)是原产亚洲西部一种生快速的草,被广植於世界各地,特是卷叶的一型,嫩苗可用作增添色香味的配菜。

高地水芹(Barbarea verna)是一种原欧洲的耐寒二年生植物,植株粗糙,常似草,很少人栽培。它的近山芹(B. vulgaris),是一种常见杂草,春季开花,黄,在田很醒目。北半球有一种苦水芹(Cardamine pratensis)适合生於潮湿草地及酸沼园。植株低矮,叶片羽状分裂,花小形,白到玫瑰色。黄水芹(山芥菜属〔Rorippa)包括数种沼植物,很少被栽种。菥蓂(菥蓂属〔Thlaspi)包括一些适合於岩石园生的种,其中遏(T. arvense)因果大且,具有观赏而受栽植。此外,南芥(南芥属〔Arabis)有用的庭园观赏植物,它的花小但量多,有白、黄、粉,或紫色。白芥(Brassica hirtaSinapis alba)的嫩苗可作三明治和沙拉。

特征与特性
水生宿根植物。根茎于秋季自倒伏的地上茎部萌芽,形成新株,节间短,似根出叶,并自新根的茎部上向四周抽生匍匐枝,再继续生苗,上部叶片冬季枯,基部茎叶依靠水越冬,第2年再继续萌芽繁殖,株高7080 cm;二回羽状复叶,叶细长,互生,茎具棱,上部白绿色,下部白色;形花序,花小,白色;不结实或种子空  水芹性喜凉爽,忌炎干旱,25℃以下,母茎开始萌芽生1520℃生最快,5℃以下停止生,能耐-10℃低温;以生活在河沟、水田旁,以土、土深厚肥沃、富含有机保肥保水力的粘土壤宜;日照有利匍匐茎生和开花结实,短日照有利根出叶生

地理分布
产亚部。分布于中国江流域、日本北海道、印度南部、甸、越南、、爪畦及菲律等地。中国自古食用,两千多年前的《氏春秋》中称,“云梦之芹”是菜中的上品。在我国中部和南部栽培多,以江西、浙江、广、云南和州栽培面积较大。

主要用途
各种生素、含量高,每100 g可食部分含蛋白1.8 g  水芹脂肪0.24 g、碳水化合物1.6 g、粗纤维1.0 g160 mg、磷61 mg8.5 mg。水芹含有芸香苷、水芹素和檞皮素等。其嫩茎及叶柄质鲜嫩,清香爽口,可生拌或炒食。水芹味甘辛、性凉、入肺、胃,有清解毒、养精益气、清血液、降低血、宣肺利湿等功效,可治小便淋痛、大便出血、黄疸、火牙痛、痄腮等病症。

另一方面,水芹也被江人民称作“路路通”,通常在春被作一道必不可少的佳肴端上餐桌,被寄予了人美好的心愿和祝福。

繁殖
有匍匐茎,经节易生根,二回羽状复叶,叶有粗锯齿,叶柄细长。夏季开白花,复形花序。不种子或种子空,以母上腋芽行无性繁殖。适于泥深厚的水田栽培。一般春季培育母株,秋季栽培,冬季或早春采收。
 

养分析

1. 芹菜的平肝降作用,主要是因芹菜中含酸性的降成分,  水芹实验证兔、犬静脉注射有明作用。于原性、妊娠性及更年期高血均有效。

2. 从芹菜子中分离出的一种碱性成分,对动物有静作用,人体能起安神的作用,有利于安定情,消除躁。

3. 芹菜含有利尿有效成分,消除体内潴留,利尿消床上以芹菜水煎可治乳糜尿。

4. 芹菜是高纤维食物具有抗癌防癌的功效,它经肠内消化作用生一种木素或内脂的物这类是一种抗氧化,高可抑制生的致癌物。它可以加快便在内的运转时间,减少致癌物与结肠粘膜的接触,达到结肠癌的目的。

5. 芹菜含高,能血的失,是缺血患者的佳蔬,食  之能避免皮肤白、干燥、面色无,而且可使目光有神,头发黑亮。

6. 芹菜芹助治高血病及其并症的首之品。于血管硬化,神衰弱患者亦有助治作用。

7. 芹菜的叶,茎含有挥发性物具芳香,能增人的食欲。芹菜汁有降血糖作用。常吃些芹菜,可以中和尿酸及体内的酸性物对预防痛好效果。

8. 芹菜含有元素,是一种性功能食品,能促人的性兴奋,西方称之“夫妻菜”,曾被古希腊的僧禁食。泰国的一研究发现,常吃芹菜能减少男性精子的数量,可能避孕有所帮助。』

アシタバ(2)カルコン

アシタバ
(転載)
『明日葉(学名 Angelica keiskei)は、太平洋沿岸に自生する日本固有のセリ科の植物で、「今日葉を摘んでも、明日には芽を出す」と言われるほど生命力の強い植物です。明日葉は、食物繊維やビタミン類など現代人には欠かせない栄養素を多く含んでおり、関東地方では天ぷらや炒め物などとして食べられています。

また明日葉には特有の機能性成分である明日葉「カルコン」が含まれています。タカラバイオは、明日葉「カルコン」など明日葉に関する研究を進め、様々な機能性を解明してきました。

明日葉には、他の野菜に比べて各種ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。

 
驚異のパワー カルコン
明日葉の茎を切ると黄色い汁がにじみ出てきます。この黄色の色素が明日葉「カルコン」と呼ばれるポリフェノール成分です。タカラバイオではこの明日葉「カルコン」をはじめ、明日葉に関する研究を進め様々な生理活性を発見しました。

 

当社が申請した明日葉「カルコン」に関する課題が農林水産省の新需要創造フロンティア育成事業に採択されました』

ボタンボウフウ(4)滨海前胡

海前胡
(転載)
『种中文名:海前胡
种拉丁名:Peucedanum japonicum Thunb.
科中文名:形科
科拉丁名:Umbelliferae
属中文名:前胡属
属拉丁名:Peucedanum
国内分布:我国部沿海的山、江、浙江、福建、台湾等地。生地或近海山地。

国外分布:分布日本、朝、菲律等地。模式日本。
命名来源:(中国高等植物图签)[FlJap : 117. 1784]
中国植物志:55(3):144
中文名:多小苞片
拉丁名:SectBracteolata
族中文名:阿魏
族拉丁名:FERULINAE
族中文名:前胡族
族拉丁名:PEUCEDANEAE
科中文名:芹
科拉丁名:APIOIDEAE
中文名:双子叶植物
拉丁名:DICOTYLEDONEAE
中文名:被子植物
拉丁名:ANGIOSPERMAE
特征:多年生粗壮草本,1米左右,稍直立,常呈蜿蜓状。茎柱形,曲折,多分枝,下部径1—2厘米或更粗,有粗条纹显著突起,光滑无毛。基生叶具柄,叶柄4—5厘米,具宽阔叶鞘抱茎,边缘耳状膜;叶片厚,为阔卵状三角形,一至二回三出式分裂,第一回羽片卵状形或三角状形,下部的一羽片柄2—4厘米,粗,中羽片柄比两的柄1倍以上,羽片3浅裂或深裂,基部心形,7—9厘米,第二回羽片居于两者卵形,中一片倒卵状楔形,均无柄,具3—5粗大钝锯齿,两面光滑无毛,粉绿色,网状脉致而清晰。形花序分枝,花序梗粗壮;苞片2—3,有无,卵状披形至线状披形,先端长渐尖,5—10毫米,宽约2毫米,有柔毛,中央形花序直径10厘米;伞辐15—301—5厘米,不等,有短柔毛;小形花序有花20余;小苞片8—10余,线状披形或卵状披形,长渐尖,通常与花柄等较长;花瓣紫色,少白色,卵形至倒卵形,背部有小硬毛;子房密生短硬毛;萼齿;花柱基柱形。分生果长圆状卵形至椭圆形,背部扁4—6毫米,25—4毫米,有短硬毛,有稍光滑,背棱线形稍突起,棱翅状厚;每棱槽内油管35,合生面油管610;胚乳腹面微凹入。花期6——7月,果期8——9月。

地分布:我国部沿海的山、江、浙江、福建、台湾等地。生地或近海山地。分布日本、朝、菲律等地。模式日本。

参考文献:ThunbFlJap1171784DCprodr41821830SiebetZuccFlJap2031845FranchetSayEnumF1Jap.111891875YabcinJourn.CollScilmpUnivTokyo16(4)951902deBoissinBullHerbBoiss86421908HiroeetConstanceUmbellJap135f721958KitagawainBullNatSciMusTokyo5(1)271960;台湾植物志39641977;中国高等植物图鉴(补编)27151983.——AnethumiaponicumK.—PolinBullSocNatMoscns291171916

概述:ShehetShaninBullNanjingBotGardMemSunYat—Sen1988115.萼齿不明。果棱稍,棱槽内有油管1—3(—5),合生面油管(—2)4—8(—10)苞片无或1—3(—8),早落或宿存,小苞片多数。本组约10种,分布中国与日本。我国10种。

本属概述:lSp.Pl2451753.通常多年生直立草本。根细长或稍粗,呈柱形或圆锥形,根部短粗,常存留有枯萎叶鞘纤维状叶痕。茎柱形,有细纵,上部有叉状分枝。叶有柄,基部有叶鞘,茎生叶鞘稍膨大。复形花序生或生,伞辐多数或少数,柱形或有呈四棱形;苞片多数或缺,小苞片多数,稀少数或缺;花瓣形至倒卵形,端微凹,有内折的小舌片,通常白色,少色和深紫色;萼齿短或不明;花柱基短圆锥形,花柱短或。果实椭圆形,长圆形或近形,背部扁,光滑或有毛,中棱和背棱丝线形稍突起,展成厚的窄翅,合生面紧紧锲合,不易分离;棱槽内油管1至数个,合生面油管2至多数;胚乳腹面平直或稍凹入。120种,广布全球。我国30余种,各地均。本属模式种:欧洲前胡PeucedanumofficinaleL

族概述:DrudeinEnglUPrantlPflanzenfam3(8)2231898.分生果的翅至少庄外彼此紧紧联合,围绕着果形成一个薄的或稍厚的稍突起的背棱1倍以上,它的管束如有2条,其中至少有1条位于或接近于果翅的内,而且接着种子的角。

本族概述:花两性或性,萼齿通常明;花瓣卵形或倒心形,部有内折的小舌片;花柱基通常隆起;果背腹扁,具5棱,全部棱或2棱有翅,棱通常背棱

科概述:DrudeinEnglUPrantlNatPflanzenfam381451898.果的内果皮由柔的薄膜胞所成,不含晶体,有表皮下层组织有厚壁纤维细胞;花柱位于花柱基之上;油管在幼嫩果于棱槽内,然后以各种形式分散出。我国90属,分属于6族。

本科概述:一年生至多年生草本,很少是矮小的灌木(热带亚热带地区)。根通常直生,肉而粗,有时为圆锥形或有分枝自根斜出,很少根成束、柱形或棒形。茎直立或匍匐上升,通常形,稍有棱和槽,或有棱,空心或有髓。叶互生,叶片通常分裂或多裂,1回掌状分裂或1—4回羽状分裂的复叶,或1—2回三出式羽状分裂的复叶,很少为单叶,叶柄的基部有叶鞘,通常无托叶,稀。花小,两性或性,成生或腋生的复形花序或单伞形花序,很少为头状花序,形花序的基部有苞片,全齿裂、很少羽状分裂,小形花序的基部有小苞片,全或很少羽状分裂,花萼与子房生,萼齿5或无,花瓣5,在花蕾呈覆瓦状或合状排列,基部窄狭,有成爪或内卷成小囊,钝圆或有内折的小舌片或端延细线;雄蕊5,与花瓣互生。子房下位,2室,每室有一个倒的胚珠,部有状或短圆锥状的花柱基;花柱2,直立或外曲,柱头头状。果在大多数情况下是干果,通常裂成两个分生果,很少不裂,呈卵形、心形、长圆形至椭圆形,果2个背面或面扁的心皮合成,成熟2心皮从合生面分离,每个心皮有1纤细的心皮柄和果柄相而倒其上,因此2个分生果又称双果,心皮柄端分裂或裂至基部,心皮的外面有5条主棱(1条背棱,2条中棱,2),外果皮表面平滑或有毛、皮刺、瘤状突起,棱和棱之有沟槽,有处发次棱,而主棱不育,很少全部主棱和次棱(9)都同样发育,中果皮内的棱槽内和合生面通常有走的油管1至多数。胚乳,胚乳的腹面有平直、凸出或凹入的,胚小。全世界200余属,2500种,广布于全球温热带。我国90余属。本科植物在国民经济中有着一定的作用,其中不少种,可做材、蔬菜、香料、农药等用。在用方面如著名中材当、川芎、白芷、前胡、防、柴胡、独活、藁本、明党参、羌活、北沙参等,些种在国内外市上享有高的声誉。近年来,国内外对伞形科植物的研究极,并发现有些化学成分,具有多种生理活性,如冠心病、瘤、白斑病等,得初步的效和成果;各地民将多种形科植物用于防治疾病,也相当广泛。在蔬菜食用方面,常栽培的有芫荽、芹菜、水芹、胡卜等,此外供做香料料用的有茴香、莳萝等,供农药用的有毒芹、刺果芹、毒参等』

ボタンボウフウ(3)

ボタンボウフウ
(転載)
『ボタンボウフウは,海岸の岩場や草地に生える多年草。

葉は白っぽい緑色で,1-23出複葉。小葉に切れこみはあるが,角がとがらないのが特徴。

1回稔実性の傾向があるが,そうでないものもある。
若葉を摘んで食べるので,食用防風の別名がある。

トカラ列島の宝島より南のものを,ナンゴクボタンボウフウvar. australe Hotta & Seo in Act. Phytotax. Geobot. 71: 113 (2000).としてわける説がある。花期が5月から6月で,石灰岩の上に生える。
ボタンボウフウ 拡大画面へ 

さらに,屋久島やトカラ列島には草丈が3mに達し1回稔実性で,小葉の基部が切形から心形になることが多いコダチボタンボウフウvar. latifolium Hotta & Shiuchi in J. Jpn. Bot. 71: 183 (1996).とする』

ボタンボウフウ(2)

ボタンボウフウ
(転載)
『ボタンボウフウ(学名 Peucedanum japonicum)は主に九州南部から沖縄の海岸沿いに自生するセリ科の多年草です。

沖縄では長命草やサクナとも呼ばれ、葉が和え物や天ぷらとして食されています。

タカラバイオは、屋久島に生育するボタンボウフウの機能性研究を行い、“イソサミジン(クマリン化合物)”という成分が動脈硬化の予防に有用な働きを持つことを明らかにしました。

動脈硬化とは動脈壁が硬くなったり、厚くなるなどして本来の構造に変化をおこし、血管の機能低下をきたす状態をさします。動脈硬化が進行すると血栓形成などによる血流障害が起こり、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの心疾患・脳血管疾患の発症につながります。
 

この動脈硬化の初期病変として、血管内膜においてマクロファージが酸化LDLを取り込み細胞内にコレステロールエステルを蓄積する泡沫化という現象が起こります。この結果、血管内皮の厚みが増し、血管が狭くなり血栓などができやすくなります。

心疾患・脳血管疾患はがんに次ぐ日本人の主要な死因であることから、初期の段階から動脈硬化を予防することが重要です。
 

マウスのマクロファージ様細胞に変性LDLと屋久島産ボタンボウフウのエタノール抽出物を加えて培養後、細胞に蓄積されたコレステロールエステル量を評価しました。

その結果、屋久島産ボタンボウフウのエタノール抽出物によって、泡沫化(コレステロールエステルの蓄積)が抑制されることが明らかとなりました。
 

さらに、屋久島産ボタンボウフウの泡沫化活性成分を精製し、構造を解析したところ、イソサミジンを主成分とするクマリン化合物であることがわかりました』

ボタンボウフウ 長命草

ボタンボウフウ 長命草
琉球野菜
(転載)
『和名はボタンボウフウ。沖縄本島では「サクナ」、与那国島では「グンナ」、波照間島では「マンズ」、竹富島では「シュナイ」と、島によって呼び名が変わります。
那覇の市場では、野菜として売られていますが、与那国では海岸に、波照間では道端にたくさん生えていて、わざわざ栽培しなくても、好きなだけ採取して利用できる野草です。
特に与那国島には多く自生しています。島の南の、海底遺跡があるということで有名になった辺りの崖には、びっしり生えていました。
 

古くより万病に効く薬草として知られ、喘息・肝臓病・腎臓病・高血圧・動脈硬化・リウマチ・神経痛に効くとされています。
独特の良い香りがあり、毒消し効果がありますので、千切りにして刺身のつまに利用されます。
レバーと一緒に煎じた汁は、滋養強壮の特効薬(チムグァーシンジ)。
その他、ゆがいて和え物にしたりするそうです。(もやし・青パパイヤ・ニラのどれかと組み合わせて、ゴマ・ニンニク・味噌で和えるそうです。)

八重山諸島では、御嶽(神社のような所)での神様への捧げ物には、長命草を使った料理は欠かせないということです。つまり、神聖・重要な植物だということです。
栄養学的にみると、カロチン・ビタミンC・ビタミンEを多く含みます。 どれも抗酸化作用があるものばかりで、活性酸素を消す効果があります。身体の酸化を防いでくれる訳ですから、「長命草」の名は伊達じゃありません。
写真2
沖縄では、長命草「ボタンボウフウ」を利用しているのですが、本土でも似た物を刺身のつまに利用しています。「ハマボウフウ」というものです。砂地で軟白栽培して利用します。長命草の近縁種ですので、似たような効果が期待できます。
しかし、沖縄の長命草と違って高級食材ですので、あまり一般的ではないですね…。
(野菜果物大百科第14号より)

ボタンボウフウ
(転載)
『1)和名:ボタンボウフウ
2)方言名:サクナ、チョーミーグサ(長命草)
3)生育環境:海岸近くの岩場や、まれに砂地。
4)特徴:茎は直立し、高さ20~50cm位で、しばしば木のように硬くなります。葉は3枚ずつがひとつの組になり、それぞれの葉は先のほうを太くした卵型で、浅い切れ込みがあり、先は鈍くとがります。春から夏にかけ傘形に並んだ多数の小さな白い花を咲かせます。和名は、「牡丹防風(ぼたんぼうふう)」の意で、葉の形状が「牡丹(ぼたん)」に似ていることから、名付けられました。薬草。
※その他:根は神経痛や咳・喘息の民間薬として利用されている
5)食用部分:若葉
6)食べ方:若い葉は、刺身のツマや魚汁、ヤギ汁に入れる、天ぷら、豚肝汁の具』 


アシタバ(1)源生林

面白い植物見つけた…
これも 浦野豊氏 が絡んでいるようだ。
CO2の吸収量が高い のが 温暖化に 
関係するようなニュアンスがあるが
マクロの目で見ると ゼロ収支。
では CO2吸収量が高いのは どんな意味を持つのだろうか?

新品種「源生林あしたば」
『他の植物に比べ約2.6~20倍のCO2吸収能力を実証
1年あたりのCO2吸収能力:183トン/1ha

発表者
浦野 豊 博士(農学・東京大学)
東京大学大学院農学生命科学研究科

ashitaba 
「源生林あしたば」は、八丈島を原産とするあしたばの新品種(種苗法:第14641号)であり、CO2の吸収能力が他の植物に比べ高いことが浦野豊博士(農学・東京大学)らの調査研究結果により証明されました。

「源生林あしたば」の1ヘクタールにおける1年間のCO2吸収能力は、成長実測値から算定した結果183トンであり、園芸植物の中では成長速度が速いサンパチェンスの70トンと比べ、約2.6倍の能力があることがわかりました。
また、他の大型野菜の炭素固定能力と比較した場合、ダイコン(可食部約3kg)の約10トンと比べて約19倍、サツマイモ(可食部約1.1kg)の42トンと比べて約4.4倍の能力差がありました。
【表1】
siryou 
全ての緑色植物は光合成を行うことにより大気中の二酸化炭素と水から炭水化物を合成し自身の体を成長させます。
しかし、植物が枯れた後、ゴミとして焼却したり土に戻し腐食分解させたりしてしまうと、成長時に固定したCをCO2の形で再び大気中に放出してしまうので差し引きゼロになってしまいます。これでは植物が大気中の炭素を固定したことにはなりません。そこで、植物バイオマスを適切な形で資源として活用する(後述5Fの説明を参照)ことが提案されます。このことで、植物が大気中の二酸化炭素を吸収する「炭素固定源」とみなすことができるのです。

「源生林あしたば」は、CO2吸収能力が高いことに加え、食品として食べることにより、最も効率の良い資源活用(5F参照)ができることが大きな特長といえます。
さらに、根から茎、葉までほぼ全てのバイオマスを利用できる可能性があります。

今後、CO2排出権ビジネスに関連するカーボンオフセットやカーボンクレジット等での重要な役目を担うとともに国民運動としての「低炭素社会形成」の促進が大いに期待されるところです。』

(補遺)12月6日 祝 3000アクセス突破

ウイキョウ

ウ イ キ ョ ウ
茴香
Fennel
〔基原〕     ウイキョウ(Foeniculum vulgare MILLER) 
     〔セリ科(Umbelliferae)〕
〔薬用部分〕 果実
〔成分〕      精油:anethole C6H12O. estragole. anisaldehyde,d-,l-limo
nene. α-pinene など. 
〔効能・効果〕芳香性健胃.駆風.去痰.利尿.
〔用途〕   香辛料.家庭薬原料.
〔産地〕   日本(長野,鳥取).中国.ヨーロッパ諸国.インド.中国.
〔処方〕   安中散.
〔資料〕   局方生薬.
ウイキョウは地中海沿岸の原産で,ローマ時代から香辛料,生薬として利用されていた.中国には,5 ,6 世紀ごろアラビア人により,伝えられたといわれる.消化機能亢進作用を持ち,胃腸薬にもよく配合される.日本には,主として中国から輸入されているが,その用途のほとんどはリキュール類,ソース,カレー粉などの香辛料である.
Touxiaのブログ
2010年6月25日開始
植物について あれこれと書いています。いつの間にか3年が過ぎました。ニンゲン様の都合だけでなく植物の都合もかけたらいいな。植物をめぐる 周辺 についても 書き始めました。 Touxiaのブログ
大きな国で
ちょっと違うよと怒鳴ってます
テーマ別にブログを開設


うろたえる紙魚
ブログ「大きな国で」の資料庫と思って書いています。本の感想や気に入った言葉をつづります。でも最近は 今の心境を一番 表していそうです

食のイノベーション
2014年4月15日からはじめました

サルがダーウィンになった
進化論について勉強します

モグラのナミダ
DVDや優酷を見た感想を書いています。評価の基準は ナミダです。ナミダが出たもんが勝ち。悲しくて泣き 嬉しくて泣いています。

村上春樹の鼻毛
ムラカミハルキについてあれこれをつづる。

オンチなジャガイモ
中国語の勉強用メモ

微笑みの国で
雲南から チェンマイに 出稼ぎに行った時に書きました。でも今は中国。微笑みの国で『なにか』が起こった時に書いています。

バラの花につつまれて
バラの品種など・・・

大きな国で 画像
ライブドアーは画像がアップできないので、これでやっています。

おもしろすぎるぜ中国で
元祖 楽天でのブログ;スパムがおおすぎて休止。古いブログが読めます。

私のホームページ
このHPは 中国で見ることができるようになりました。ありがとう。

中国版Twitter
新浪微博 日本的老土

中国では できませんが国境を越えたらできるようになった Twitter
私は touxia で登録しています。

スカイプは tsuchishita です。

Facebook もやっていますよ。接続は難しいですが。

どうぞお寄りください。
Touxia

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    カテゴリ別アーカイブ
    プロフィール
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ