ヤシ

ワシントンヤシ

ワシントンヤシ
Starr 070221-4769 Washingtonia filifera.jpg 

ワシントンヤシ

『ワシントンヤシ属 (Washingtonia) は、ヤシの1属である。ワシントニア、シラガヤシ属。

アメリカ合衆国南西部~メキシコ北西部原産。2種が属するがいずれも世界各地の温暖域で栽培され、雑種も多い。

タリポットヤシ連、つまり掌状ヤシで、枝の先から放射状に葉が広がる。葉からは裂けた白い繊維の房が垂れ下がる。

成長すると25メートルほどになる。』

帝王椰子

帝王椰子
台北国父纪念馆广场的帝王椰子,3


帝王椰子

酒瓶椰子 棕櫚王 トックリヤシ

酒瓶椰子 トックリヤシ
『酒瓶椰子,单干,树干短,肥似酒瓶,高可达3米以上,最大茎粗3860厘米。羽状复叶,小叶披针形,4060对,叶鞘圆筒形。小苗时叶柄及叶而均带淡红褐色。由于其干茎膨大奇特,叶形株姿别致优美。茎干短矮圆肥似酒瓶,高125米。羽状复叶,叶数较少,常不超过5片;小叶线状披针形,淡绿色。肉穗花序多分枝,油绿色。浆果椭圆,熟时黑褐色。花期8月,果期为翌年34月。常见栽培的近缘物种还有棍棒椰子(H.verschaffeltii),干高59米,中部稍膨大,状似棍棒,羽状复叶,小叶剑形,浆果长椭圆形。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
英文名:Bottle palm
拉丁名:Hyophore lagenicaulis
别名:匏茎亥佛棕

长习
中性,喜高温多雨气候,怕霜冻耐寒程度为3℃左右。  酒瓶椰子性喜高温、湿润、阳光充足的环境,怕寒冷,耐盐碱、生长慢,冬季需在10℃以上越冬。以种子繁殖,但需即采即播。种子发芽适温为2528℃,播后4560天才能发芽。酒瓶椰子生长慢,怕移栽,故播种宜用营养袋或透气性良好的花盆。酒瓶椰子属典型的热带棕榈植物,我国除海南省以及广东南部、福建南部、广西东南部和台湾中南部可露地栽培外,北纬26°以北地区均需盆栽置温室越冬。栽培土质要求以富含腐殖质的壤土或砂壤土,排水需良好。栽后需遮荫保湿直到新根生长后才能转入全日照正常管理,夏秋两季生长旺盛期间,需保持土壤湿润。生长期间需定期追肥,可每月一次,秋末增施一次钾肥,提高耐寒力。酒瓶椰子喜湿怕涝,梅雨季节易发生红叶螨危害,可用敌百虫或敌敌畏喷杀防治。但若土壤太干,叶尖易枯焦,观赏价值降低。

用途
非常适宜庭园配置和盆栽观赏 . 酒瓶椰子株形奇特,生长较慢,从种子育苗到开花结果,常需时20多年,每株开花至果实成熟需18个月,  酒瓶椰子但寿命可长达数十年,其形似酒瓶,非常美观,是一种珍贵的观赏棕榈植物。既可盆栽用于装饰宾馆的厅堂和大型商场,也可孤植于草坪或庭院之中,观赏效果极佳。此外,酒瓶椰子与华棕、皇后葵等植物一样,还是少数能直接栽种于海边的棕榈植物。』

皇后葵 ジョウオウヤシ

皇后葵
『皇后葵为棕榈科。产于巴西、阿根延、玻利维亚等国,中国南方地区很早就有引种栽培。性喜温暧、潮湿、阳光充足的环境,要求土层深厚、土质疏松、排水良好的土壤。其生长适温为2228℃,可耐短时间0℃以下低温。是作庭园观赏树或行道树,亦可作海岸绿化材料。
Syagrus romanzoffiana(Cham.) Glassm.
女王ヤシ上部姿 女王ヤシ出荷先(南郷道の駅) 

別名 金山葵
乔木状,干高10-15米,直径20-40厘米。  皇后葵叶羽状全裂,长4-5米,羽片多,每2-5片靠近成组排列成几列,每组之间稍有间隔,线状披针形,最大的羽片长95-100厘米,宽约4厘米,顶端的稍疏离,较短,狭成线形(宽约2厘米),具1条明显的中脉,横脉细而密,两面及边缘无刺,背面中脉上被鳞秕,羽片先端浅2裂;叶柄及叶轴被易脱落的褐色鳞秕状绒毛。

花序生于叶腋1米以上,一回分枝,分枝多达80个或更多,每分枝30-50厘米,之字形弯曲,基部至中部着生雌花,部着生雄花;花序梗上的大苞片(大佛焰苞)舟状,木化,150厘米,14厘米,端呈喙状,背面具沟槽;花雌雄同株;雄花7-16毫米(部的短);雌花4.5-6毫米,4-6毫米。

近球形或倒卵球形,3厘米,直径2.7厘米,稍具喙,外果皮光滑,新鲜时橙黄色,干后褐色,中果皮肉纤维,内果皮厚,骨硬,内果皮腔形状不规则,近基部有3个萌孔。种子与内果皮腔同形,胚乳均匀具棱,中央有1个小的空腔,胚近基生。

花期2月,果期11月至翌年3月。
クリックすると新しいウィンドウで開きます 

栽培繁殖
皇后葵对多年生较大株,也可利用根蘖进行分株繁殖, 因常见栽培的皇后葵只此一种,在中国尚未见有结实者。将根基部萌生的蘖芽切下单独栽植,如孽芽无根,可将其插入砂中,保持一定湿度,温度保持25℃左右,一个月后可生根。

皇后葵通常三年左右行分盆一次。在4月份时进行分盆,从盆内磕去土原坨,抖掉土,分蘖比多的植株,用利刀或枝剪从基部将植株分割成数,每最好有两个以上的蘖芽,并保持美的株形,分上盆,置放在20℃左右的室内,经过1-2年的精心养,即可成新的植株。

盆栽皇后葵喜肥,在其旺盛生5-10月份每1-2周施一次有机肥液,可促使植株旺盛生。在大盆里生的大株皇后葵,肥料的需求量大,可在栽植,在盆土底部适当放些牲畜蹄角片或碎骨作基肥,并在10天左右追施一次有机薄肥液,以促使植株健壮,株型整均匀、美

也可用种子育苗。一般10年生可开始结实6-7月份开花,9-10月份果熟。果皮具纤维质,采后堆10天左右,等果皮腐后,置水中用木器厂棒冲,液汁具刺激性,忌用手搓,以防痒。种子忌日晒,粒大,千粒重2700克,有5-8个月的休眠期,个体的休眠深度亦不,不宜随采随播,宜将种子混湿沙藏。翌年5月份播种,芽极不整,夏季高温期,芽前后可持100天左右,芽率约为60%。一般不宜将种子直接播至圃地,以省管理用工,宜浅播于湿沙床内催芽,芽后分批芽点播至圃地。苗期可不遮,生长较快速,一般2年生苗可上盆,3-4年生苗可出圃供园林绿化。

ウチワヤシ

和名 ウチワヤシ

別名 マルハウチワヤシ(団扇椰子)オウギヤシ

科名 ヤシ科リクアラ属

原産地 ニュウブリテン島

学名 licuara.grandis

葉の形がウチワ(団扇)に似て、樹高もあまり大きく成らない珍しい品種のヤシです。

耐寒温度は、5℃程度で直径1㎝位の赤い実が鈴なりに付きます。

本土内の、園芸店や花屋さんでもあまり見かけない貴重な人気種です。
成木に成ったときの切手図をお借りしました 

8号鉢入りの綺麗な葉です 

ビンロウ

ビンロウ

『ビンロウ(檳榔、学名:Areca catechu)は、太平洋・アジアおよび東アフリカの一部で見られるヤシ科の植物。中国語では檳榔(ビンラン、注音: ㄅㄧㄣ ㄌㄤˊ、拼音: bīnláng )と書く。種子は嗜好品として、噛みタバコに似た使われ方をされ、ビンロウジ(檳榔子、areca nut / betel nut)という場合は通常この種子を指す。ペナン島の名の由来となった植物である。

用途

檳榔子を噛むことはアジアの広い地域で行われている。檳榔子を細く切ったもの、あるいはすり潰したものを、キンマ(コショウ科の植物)の葉にくるみ、少量の石灰と一緒に噛む。場合によってはタバコを混ぜることもある。しばらく噛んでいると、アルカロイドを含む種子の成分と石灰、唾液の混ざった鮮やかな赤や黄色い汁が口中に溜まる。この赤い唾液は飲み込むと胃を痛める原因になるので吐き出すのが一般的である。ビンロウの習慣がある地域では、道路上に赤い吐き出した跡がみられる。しばらくすると軽い興奮・酩酊感が得られるが、煙草と同じように慣れてしまうと感覚は鈍る。そして最後にガムのように噛み残った繊維質は吐き出す。

タイのバンコクから3080km北方では、農民は水田耕土中の酸性度を吐き出した実の色の変化で測定する。口の中で赤色をしていたものが、土の酸性が強いと黒色に変化し、酸性が弱いと赤い色のままで変化しない性質を利用したものである。黒色だとまだ耕作するのは早いということであり、赤のままであったら播種してよいという判断をする。

また、檳榔子の粉は単独では歯磨剤や虫下しに使用される。漢方方剤では、女神散(にょしんさん)、九味檳榔湯(くみびんろうとう)などに配合される。日本では薬局方にも記載されているが嗜好品として使用するのは麻薬法で禁止されている。

マレーシアやインドネシアに見られる檳榔酒は、檳榔の実を搾った汁液を発酵させた酒で、『古今図書集成』には「南蛮傳馬留人、取檳榔瀋為酒」(南蛮のマレー人は、酒を造るために檳榔を採った)と書かれている。
 

成分

一般的な檳榔(この他にも葉巻タイプなどもある)

檳榔子にはアレコリン(arecoline)というアルカロイドが含まれており、タバコのニコチンと同様の作用(興奮、刺激、食欲の抑制など)を引き起こすとされる。石灰はこのアルカロイドをよく抽出するために加える。

檳榔子には依存性があり、また国際がん研究機関(IARC)はヒトに対して発癌性(主に喉頭ガンの危険性)を示すことを認めている。

習慣

檳榔子は古来から高級嗜好品として愛用されてきた。檳榔子とキンマは夫婦の象徴とされ、現在でもインドやベトナム、ミャンマーなどでは、結婚式に際して客に贈る風習がある。

床にビンロウジを噛んだ唾液を吐き捨てると、血液が付着したような赤い跡ができ、見るものを不快にさせる。そのためか低俗な人々の嗜好品として、近年では愛好者が減少している傾向にある。

台湾では、露出度の高い服装をした若い女性(檳榔西施)が檳榔子を販売している光景が見られる。近年、台北市内では風紀上の問題からこれに対して規制が行われた。台湾では現在、道路にビンロウを噛んだ唾液を吐き捨てると罰金刑が課せられるため、中心街では路上に吐き出す習慣は無くなったが、少し離れると吐き捨てた跡や、噛み尽くしたカスが見られる。購入時にエチケット袋(紙コップとティッシュの場合が多い)が共に渡される。』

ユスラヤシ

ユスラヤシ
『ユスラヤシ (Archontophoenix alexandrae) はヤシ科の一種。別名キングパーム。
特徴
オーストラリア東部の亜熱帯から熱帯が原産。日本では沖縄県や屋久島などで街路樹として植栽されている。また、大型の鉢に植えて観葉植物として栽培することも多い。
高さは10-25m。葉の長さは2mほど。果実は球形で、熟すと鮮やかな赤色となる。』

ユスラヤシは 中国語で 假
Archontophoenix alexandrae.jpg


『假槟榔,别名亚历山大椰子,原产于澳大利亚,中国福建、台湾、广东、海南、广西、云南有栽培。中国引种有百余年历史,现遍植华南各城镇。在香港所种植的棕榈科植物中,以它的外形最为优美与皇后葵并列为棕榈科植物的王者。因为假槟榔植株高大雄伟,常为装点园林景区。
假槟榔属,棕搁科,约54种,分布于亚洲热带和澳大利亚北部,其中槟榔A.cathecuL.中国广东海南岛和云南南部、台湾广为栽培。当地群众摘取其鲜果(或晒干)切成薄片,涂以石灰少许,卷于蒟叶内作咀嚼品,闻可助消化和防止痢疾,并有固齿之功;成熟的种子内含单宁,可为红色染料,入药可驱虫。
假槟榔乔木;干单生,有环纹;叶长,簇生于茎顶,羽状全裂,裂片多数;花序生于叶鞘束之下;花单性,雌雄同序;雄花生于分枝上部,多数,有雄蕊36;雌花生于下部,少数;核果卵形至长圆形,果皮纤维质,新鲜时稍带肉质,基部为花被所包围,有种子1颗。

特征
棕榈科假槟榔属乔木植物,常绿乔木,高达10-25米。茎圆柱状、基部略膨大。叶羽状全裂,生于茎项,羽片呈2列排列;叶鞘膨大而包茎,形成明显的冠茎。花序生于叶鞘下,呈圆锥花序式,下垂,多分枝,具2个鞘状佛焰苞;花雌雄同株,白色。果实卵球形,红色,长12-14毫米。种子卵球形,长约8毫米,直径约7毫米,干挺直,具环纹,基部略膨大。羽状复叶簇生茎顶,小叶多数,狭而长,全,叶背面灰白色。复合花序,花乳白色。  假槟榔绿乔木,植株高20余米,单干直立如旗杆状,落叶处有环状痕。叶簇生于干的顶端,伸展如盖,叶长约2.5米,羽状全裂,叶鞘宽大,可作睡椅,羽叶扁平,条状披针形,列序整齐。植株挺拔隽秀,叶片四季常绿,花序穗状,乳黄色,下垂,果实小、圆形,鲜红色,亦颇艳丽。单干直立如旗杆状,落叶处有环状痕。叶簇生于干的顶端,伸展如盖,叶长约2.5米,羽状全裂,叶鞘宽大,可作睡椅,羽叶扁平,条状披针形,列序整齐。植株挺拔隽秀,叶片青翠飘摇,四季常绿,冬夏一景,是展示热带风光的重要树种。花序穗状,乳黄色,下垂,果实小、圆形,鲜红色,亦颇艳丽,是华南栽植最多的观叶展景植物。
假槟榔喜高温,耐寒力稍强,能耐5-6℃的长期低温及极端0℃左右低温,幼苗及嫩叶忌霜冻,老叶可耐轻霜。华南北部较暖年份,可在露地越冬,特寒年份,植株受冻死亡,近年培育的耐寒品种,可在华南北部的背风向阳处生长,华中以至华北的广大地区,均只宜栽盆,置室内防寒越冬。,能耐10-12级强风袭击。』

コウリバヤシ

コウリバヤシはウィキペディアによれば

『コウリバヤシ(学名:Corypha umbraculifera)はヤシ科の植物で、南インド(マラバル海岸(en))およびスリランカが原産である。英名からタリポットヤシとも呼ばれる。

コウリバヤシは、世界で最も大きいヤシのひとつで、直径1.3メートル・高さ25メートルに達するものもあり[1]、最大直径5メートルの掌状葉と4メートルの葉柄および130の葉をもつ。また、植物の中で最大の花序(6-8メートル程度になる)を持ち、幹の先端で形成される分岐した茎から数百万の花で成り立つ。なお、サトイモ科のスマトラオオコンニャクは分岐しない茎での最も大きい花序を持ち、ラフレシア科のラフレシア・アーノルディー は単一の花として最大である。

一稔性の植物であり、樹齢30から80年の際に一度だけ花を咲かせる。単一の種を含んだ黄色から緑色の直径3-4センチメートル程度の果実を数千個結実し、1年かけて実が熟した後、枯れてしまう。

用途

コウリバヤシは、東南アジアから中国南部にかけて栽培されている。歴史的に、葉は貝葉を作成するために用いられ、尖筆により東南アジアの様々な文化を書き綴られてきた。また、葉はそれ以外にも萱葺き屋根の材料としても使用され、樹液はヤシ酒の原料となる。

マラバル海岸では、数十年前まで、農村地域で伝統的な傘を作るために葉を利用しており、マラヤーラム語で"Kudapana""Kuba" = + "Pana" = ヤシ)と呼ばれる。』
コウリバヤシ
ファイル:Flowering Talipot Palm 03.jpg

貝葉棕

叶棕
Corypha umbraculifea Linn
『科属
贝叶棕属棕榈科,是一种常绿乔木,原产亚洲热带,它通常树高20米左右,长得高大、雄伟,树干笔直,浑圆,没有枝丫,树冠象一把巨伞,叶片象手掌一样散开,给人一种庄重、充满活力的感觉,是热带地区绿化环境的优良树种。

产地分布
产缅甸,印度及斯里兰卡。我国西双版纳早年引种,已归化。现我国华南、东南及西南省区有引种。

特征
贝叶棕属,茎单生,高1 825m,下部叶柄()残基粗厚,上部叶柄()残基常“人"字形开裂,并有叶柄()痕深沟。叶厚革质,长152m,宽2535m,掌状深裂,裂片801 OO片,中央裂片披针形或长线状披针形,长601 00cm,宽71 Ocm,先端裂,两侧边缘裂片较狭,中肋粗,明显,长7090cm;叶长,两侧有短齿。果球形,直径335cm,内含种子1粒。花期24月,果熟期翌年56月。

园林用途
供观赏。叶宽大、坚实、柔韧,古印度用其叶刻经文,称“贝叶经”,保存数百年而不腐烂。多栽培于寺庙前,为小乘佛教礼仪树种。

文化
你知道吗?贝叶棕还是东南亚地区文化的传播者呢。很早以前,东南亚人民就开创了用贝叶棕的巨大叶片来记录自己民族的文字,因此东南亚文化在历史上有"绿叶文化"之称。佛教上赫赫有名的"贝叶经"也就是用贝叶棕之叶片制作而成的。有人认为贝叶棕是一种地理和民族文化的标记树。只要是热带地区,哪里有佛教,哪里就有贝叶棕。西双版纳的傣族信奉小乘佛教,佛寺院内种植的贝叶棕原产印度、斯里兰卡等地,据研究,是随着小乘佛教的传播,由印度经缅甸而被引入的,至今已有700多年的历史了。西双版纳的傣族人民同东南亚地区人民一样,很早就有用贝叶代""记录自己民族文化的历史。他们把剑形的贝叶叶片经过简单的加工:修整、压平、水煮、晒干,然后装订成册,用特制"铁笔"就可在上面流利刻写文字了,刻完后涂上植物油,叶面上就出现清晰的字迹。贝叶经久耐用,使用次数的增加不但不会腿色反而能使字迹越来越清楚,现存百年之久的贝叶经仍字字清晰可辨。

傣族有着悠久的史和灿烂的文化,叶作为载体使之得以记载并流至今。据其中仅经书就有84千部之多,内容涉及佛教典、医学理、文学艺术等等。在中国,傣医与中医、藏医、蒙医并列被人四大医,就是因傣医史、经验等都是潭ㄔ诒匆渡希(文字化け)少数民族中首屈一指,上千行的叙事长诗就有500多部,如《巴塔麻嘎捧尚世史)》、《葫芦信》、《松帕敏和嘎西娜》、《召屯(孔雀公主)》等,如若不是刻写叶上,人的长诗就将被史的河所淹没,今天的人就再也欣不到些珍品了。

为贝叶棕在文化上有着重要价,西双版地区的傣族人民视贝自己文化展的象征,并常常以此引自豪,甚至对贝叶棕加以神化,认为只有心的佛才能种活它。但是,科学家已揭开了,能否种活的关是能否掌握它的催芽和种植枝叶棕不绿境的良品,而且有一大植物奇,它大40年开花一次,一生只开一次花,然后果,果熟即整株死亡去,留下"孙满"在植物学上叫做"一次性花果植物"

在西双版,至今都着一个有关于叶的故事:古候,族、傣族、哈尼族的祖先一同去西天取,在回来的路上经过一条大河,他乘坐的船翻了,三人上岸后,打开包袱晾晒经书族的文写在上,晒干后就象脚印,所以在的字就象脚印;哈尼族的文写在牛皮上,晒干后了充就烤着吃了,所以在哈尼族没有文字;只有傣族就明,把文写在叶上,晒干后字迹清晰依旧,所以傣族的文字就得以原而完整地保存并流至今了。

和名コウリバヤシ
タリポットヤシ
英名talipot palm; talipot
スリランカとインド南部マラバル海岸に分布する。幹は高さ2430m、径6090cm。掌状葉は径2.44.8m。花序は長さ36mで、植物界で最大の花序の部類に入り、花の数は1000万程度と推定されている。種子は象牙のように硬いので、ボタンや工芸品に利用される。 

棕包花

棕包花
(転載)
『一、新野菜棕花的
花,也叫棕包.棕笋,棕包米 。棕花开在棕的枝叶和干的,一片叶子下就有一个花苞.常常开金黄色、米粒儿般的棕花,成熟后的结红红的小果,一串串的,分外眼。棕在花苞期的,外型看来就象一条.外面裹着层层似笋衣的外壳,里面是密密麻麻小花苞,就象籽一。棕花是一种很好的菜果,养丰富,兼有消炎清火及降血用攻效,生熟都可吃。野菜棕花有的苦,有的甜。从形体上看,甜的体态宽肥丰,苦的体态圆浑
云南野菜-棕包花 
二、棕花的

、磷、、胡卜素、生素B、尼克酸等。

三、棕花的功效
花有消炎清火及降血用攻效
0 (581×428)
 

四、棕花的吃法
炒肉丁腊肉,炖烧汤料生姜、葱白、辣椒、酸菜。色美味香,脆爽口』

Touxiaのブログ
2010年6月25日開始
植物について あれこれと書いています。いつの間にか3年が過ぎました。ニンゲン様の都合だけでなく植物の都合もかけたらいいな。植物をめぐる 周辺 についても 書き始めました。 Touxiaのブログ
大きな国で
ちょっと違うよと怒鳴ってます
テーマ別にブログを開設


うろたえる紙魚
ブログ「大きな国で」の資料庫と思って書いています。本の感想や気に入った言葉をつづります。でも最近は 今の心境を一番 表していそうです

食のイノベーション
2014年4月15日からはじめました

サルがダーウィンになった
進化論について勉強します

モグラのナミダ
DVDや優酷を見た感想を書いています。評価の基準は ナミダです。ナミダが出たもんが勝ち。悲しくて泣き 嬉しくて泣いています。

村上春樹の鼻毛
ムラカミハルキについてあれこれをつづる。

オンチなジャガイモ
中国語の勉強用メモ

微笑みの国で
雲南から チェンマイに 出稼ぎに行った時に書きました。でも今は中国。微笑みの国で『なにか』が起こった時に書いています。

バラの花につつまれて
バラの品種など・・・

大きな国で 画像
ライブドアーは画像がアップできないので、これでやっています。

おもしろすぎるぜ中国で
元祖 楽天でのブログ;スパムがおおすぎて休止。古いブログが読めます。

私のホームページ
このHPは 中国で見ることができるようになりました。ありがとう。

中国版Twitter
新浪微博 日本的老土

中国では できませんが国境を越えたらできるようになった Twitter
私は touxia で登録しています。

スカイプは tsuchishita です。

Facebook もやっていますよ。接続は難しいですが。

どうぞお寄りください。
Touxia

Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    カテゴリ別アーカイブ
    プロフィール

    touxia

    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ