2008年12月15日

脊柱について(機

今回は頚椎に注目してみましょう。

<頚椎の形とストレス部位を考える>

頚椎は全体には軽く前弯しています。

 (脊柱全体にはS字状の形態をしており、
  頚椎の軽い前弯ー胸椎の軽い後弯ー腰椎の軽い前弯でしたね。)

次に、頚椎の筋のふくらみの部位について考えると、
 
頚部と頭部の主な後部の伸筋のふくらみは

 後頭部ー第1椎骨の環椎ー第2椎骨の軸椎部と第6、7頚椎ー胸椎連結部です。

 これらの部位が主なストレスを受ける部位になります。

一方、頚部の前の屈曲のふくらみは、

頚椎4番、5番、6番のスペースで主な屈曲がここで起こります。
 
つまり頚椎5番が、頚部の最大前弯カーブの頂点の部位になるわけですね。

つまり、頚椎の形状のである前に凸後ろに凹の最大の部位になります。

すなわち後部の椎椎関節のスペースが少なくなる部位です。

したがって、頚椎の後部においては、頚椎4番、5番、6番の間の椎体間関節後部にストレスが一番多くかかることになります。

頚椎の後部に骨のトゲができ(骨棘)易い部位にもなります。
頚椎の安全作用の椎間板にも大きなストレスがかかりやすい部位です。
脊椎を通っている神経にも様々なストレスがかかります。
当然、筋・筋膜にも大きなストレスがかかっています。

また、力学的なストレスはカーブの変化する時点でも大きくなります。

したがって頚椎4番5番6番の異常による○○症です。・・・・・
あるいは、椎間板ヘルニアの圧迫による○○症です。・・・・・・
あるいは、後縦靭帯硬化症による○○症です。・・・・・・・・
あるいは頚椎5番の神経根の圧迫による○○症でしょう。・・・・
と診断された人が多いのではありませんか?

年齢が高くなるにつれて頚椎6番7番の異常が出やすいとされています。

その理由は不明とされていますがカーブの終点と考えればストレスもかかるでしう。

頚部の最終である、頚椎7番は、胸郭を形成する胸椎1番との連結部であるために、
肋骨が付着し急激に動きが止められるためにストレスがこの部位でかかりやすい。

また胸椎1番と第1肋骨の第1肋骨椎骨関節は肩関節の構造一部分を構成しており、
肩関節自体の動作の影響を大きく受けます。

したがって、頚椎全体の動きが止められ、肩の動きの影響を受けるため、さらに
頚椎7番と胸椎1番の椎間関節も非常に大きなストレスを受ける部位になります。

ということで、

<頚椎の傷害部位>

頚椎の傷害が多く発生しやすい部位は、

 頚椎4−5番の椎間関節の間

 頚椎5−6番の椎間関節の間・・・・最も多くの傷害を受けやすい。
                 
 頚椎6−7番の椎間関節の間

 頚椎7番ー胸椎1番の椎間関節の間

 になるのです。


どのような筋が付着しているのでしょう。






touyou8syok9 at 09:13│Comments(0)TrackBack(0) 脊柱 | 頚椎

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔