2009年10月08日

関節を知ろう(9)

関節の補助装置

3、滑液包・滑液鞘(腱の付属器官でもあります)

○滑液包

 腱や筋の下にあって、その運動を滑らかにしています。

 滑膜が線維層を通して外方に反転し、滑液を含む包や鞘を作ったものなのです。

 多くは関節腔と交通していますが、していないものもあります。

 このように滑液包は、関節包の一部が外に膨れ出して独立したものになります。

したがって、

 滑液包も関節包と同じ構造で外層は線維膜で、内層は滑(液)膜で構成されています。

交通性滑膜包

 関節腔と連絡している滑液包です。

 この滑液包は関節腔の滑膜から連続している滑膜に被われていますので、

 滑液が自由に往来できる交通性の滑液包を形成していることになります。
 
 関節を動かすことによって、関節腔に滑液を供給する働きをもっています。

 関節腔内への連絡路は、周囲の筋肉・腱・皮膚などから圧迫され滑液包内の圧力が

 高まることにより、自動的に関節腔へ滑液が注入されるのです。

 比較的大きな関節(膝や肩など)にあり関節滑液包とよぶ場合があります。


非交通性滑液包

 関節腔と連絡していない独自の滑液包です。

 関節周囲の骨と皮膚、筋肉と骨の間など身体の動きに応じて強い圧力や緊張などを

 受ける部位にあり、クッションのような役目をしている独自の滑液包です。

 各関節の周囲のさまざまな部位に存在しています。

 足関節のアキレス腱滑液包、踵骨後部滑液包、膝関節の膝蓋前皮下包や

 肩関節の肩甲骨内上角滑液包、肘関節の肘頭滑液包などは炎症が起こりやすい

 非交通性滑液包として有名ですね。

○滑液鞘

 腱鞘ともいわれています。

 長い腱をつつんで、これを保護する袋状の膜装置である。

 もともと関節包が長く腱をとりまいたものです。

 したがって関節包の構造と同様に、外層は線維膜であるが、内層は滑(液)膜からなる

 滑液鞘で、滑液を分泌して骨に接近する腱の滑動を円滑にする働きをする。


このように滑液包・滑液鞘は関節の補助装置になっていると同時に、腱(筋)の付属器官にも
分類されるのですね。


関節の補助装置を3種類紹介しました。

皆さんは、いままでのお話をどのように感じられました?

結局関節の補助装置は、関節軟骨、関節包(強靭な外層の線維膜、内層の滑液膜)でしたね。



touyou8syok9 at 19:26│Comments(0)TrackBack(0) 関節の基本構造 | 関節の補助装置

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔