2010年03月04日

関節を知ろう(45)

関節軟骨

関節損傷について

関節穿刺された関節液の外見が、血液、脂肪滴の存在がなく、白濁もなければ

骨折や滑膜の損傷や感染の疑いも一応除外できます。

通常の黄色透明色であれば一応心配はありません。


ではなぜ? 何度も関節穿刺する状況ができあがるのか?

あなたの関節運動が間違っている可能性が大です。


適切でない関節運動のために、知らず知らずのうちに関節を損傷しているのです。

あるいは変形性関節症などの基礎疾患をお持ちの方は、日常のわずかなせん断力の繰り返しで

損傷や炎症が引き起こされる可能性があります。

 微細な損傷や炎症が繰り返され、ジワジワと不必要な関節液がたまっていきます。

 その不要な関節液の量が、滑膜から吸収される関節液の量よりも多いのです。

 その結果、関節腔内に滑膜や軟骨基質に悪影響を与える関節液が多く貯蓄されるのです。

 それがまた軟骨基質を分解の促進につながるという悪循環に陥っているのです。


関節液を抜いた当日の入浴は禁止。

これは、お医者様から注意事項として聞いているはずです。

しかし、関節穿刺して、関節液に何も問題がなかったので、これで治療終了!!

・・・・・ではありません。

関節穿刺しからといって、炎症が収まったわけではありません。

治療しながらゆっくりと関節の状態が回復するまでは時間が必要です。


関節穿刺を実施するほど疼痛も強く、関節の腫脹も著しい状態であったにもかかわらず、

なぜだかは分かりませんが、関節穿刺すれば治療終了のケースが多いのです。


問題はその後の処置と治療ですね。

関節穿刺の処置後は、ジョーンズ包帯法で固定を実施してください。

簡単に方法をのべておきます。

 1、はじめにギプス下巻き用の綿包帯を巻きます。

 2、さらにその上に弾性包帯を巻きます。

 3、さらにその上に再度綿包帯、弾性包帯を巻きます。

簡単でしょう!!


家庭で行う場合は、ギプス下巻き用の綿包帯がないと思いますので、

患部を綿花で保護した上に普通の綿包帯を巻けばよいでしょう。

関節穿刺していただいた医院でジョーンズ包帯していただくのが最も良いのですが、

なぜだか分りませんが、実施されている医療機関は非常に少ないのが実情です。

関節穿刺の後、実施されなければ整骨院などで実施してもらってください。


以上の処置を必ず行ってください。

包帯の期間は、最低3日間〜3週間。

治療と並行して様子を観察しながら包帯の加減をします。

場合によっては、軽い包帯固定を3カ月程度必要な場合もあります。

特に、変形性関節症を基礎疾患として持っておられる場合は3か月間は欲しい。

同時に、アイシングなども必要です。

この辺の匙加減は、治療の際に関節および関節周囲を観察しつつ行う必要があります。

ジューンズ包帯の目的

 簡単な固定→関節の安静化。炎症の再発の防止

 簡単な圧迫→腫脹防止、浸出液の吸収促進。

アイシングの目的は疼痛の軽減。炎症の早期消失。


ジョーンズ包帯は圧迫、固定に非常に優れ、安全でしかも便利で簡単です。

ぜひ実施してください。


当たり前ですが治療と同時進行で行う。


次に大事なのが、適切で正しい関節運動を行うことです。



touyou8syok9 at 20:47│Comments(0)TrackBack(0) 関節軟骨の損傷 | 関節穿刺

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔