2012年09月27日

膝関節(54)

膝関節における主な損傷として、側副靭帯、十字靭帯、半月板の損傷を述べましたが、

これらは、膝関節を構成する一つの関節である大腿脛骨関節における主な損傷・障害です。

膝関節には、もう一つの関節である膝蓋大腿関節が存在しています。

この関節における主要な靭帯は膝蓋靭帯です。

この靭帯が直接損傷することは、まずありませんが関連した障害は多い。


大腿脛骨関節における側副靭帯・十字靭帯、半月板の役割は膝関節の安定および支持性が

主体な作用であり、膝関節の伸展機構においては運動の誘導という作用を持っています。


一方の大腿膝蓋関節における膝蓋靭帯は、明らかに膝関節の伸展運動にかかわっています。

膝蓋大腿関節の純粋な機構(単純に)である大腿四頭筋腱ー膝蓋骨ー膝蓋靭帯ー脛骨粗面という

一連の膝伸展機構に大きな役割をもっており、直接伸展力が加わり障害は多く遭遇します。


すでに述べていますので、簡単に。

1、膝蓋靭帯に関する障害

 ○ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)
   膝蓋骨の上縁か下縁に圧痛
 ○シンディング・ランセン・ジョハンソン病
   ジャンパー膝の若年型と考えられている。
 ○オスグッド・シュラッター病
    脛骨粗面部に発症する代表的な骨端炎
    10歳代前半のスポーツを盛んに行う少年に多い
    脛骨粗面に圧痛
    オスグッド・シュラッター病のほとんどのケースには大腿筋膜張筋の拘縮が
    合併しているとされている。

2、膝蓋骨(種子骨)に関する損傷

  大腿四頭筋腱と膝蓋腱の間で伸展機構に組み込まれた、膝蓋骨(種子骨)の損傷は機能的には、
  膝蓋靭帯損傷あるいは障害と同様です。
   ○膝蓋骨脱臼・亜脱臼
   ○膝蓋骨骨折
   ○膝蓋軟骨軟化症


3、、関節包の問題
 
 ○滑膜ヒダ障害(タナ障害)
   膝蓋内側滑膜ヒダは、膝蓋骨の上・下・内・外に存在し得るが、このうち膝蓋内側滑膜ヒダが
   内側膝蓋大腿関節間にインピジメントされ疼痛をきたした場合を滑膜ヒダ障害と呼ぶ。
   膝蓋骨内側部に疼痛があり、膝関節屈伸時に引っかかる感じを訴えます。
   立ち上がる動作や歩行時に有痛性のクリックを認める。
   膝蓋骨内側に圧痛が存在する。

 ○膝蓋下脂肪体炎
   多くは外傷性。
   膝蓋靭帯の疼痛との鑑別が必要
   膝関節の屈曲して疼痛が増悪する場合は膝蓋靭帯、屈曲して疼痛が消失あるいは軽減すれば
   膝蓋下脂肪体と簡易判別する。


その他

 ○腸脛靭帯炎
   大腿骨外側上顆の2、3センチ近位で腸脛靭帯を圧迫しながら屈曲位から伸展させていくと、
   疼痛もために伸展できない。

 ○鵞足筋炎、鵞足滑液包炎
   脛骨内側顆、
   鵞足筋(縫工筋、薄筋、半腱様筋)の脛骨付着部に圧痛。
 
 ○ベーカー嚢胞
   膝後方にて両側ハムストリング筋群の間で腫瘍を触れる。
   リウマチ、変形性膝関節症などで多く発症するが、膝伸展筋である大腿四頭筋の拮抗筋である
   ハムストリング筋との関連であえてここで紹介しました。



touyou8syok9 at 20:15│Comments(0)TrackBack(0) 膝関節 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔