2014年11月27日

膝関節(162)

変形性膝関節症

足部について


 後足部の過剰な回内運動の予防は重要です。

 それは結局、偏平足の予防にもつながります。


過剰回内は脛骨を過剰に内旋してしまい、過剰な下肢の内旋してしまう。

足関節は底屈位になり、正常な背屈運動の障害になる。

その結果歩行において内側のアーチは平坦になり、第1中足骨が床から持ち上げられる

第1中足骨は母趾とは反対側に反りかえり横に広がりってしまう。

当然床からの反床力は通常より増強される結果となる。

相対的に母趾は外反して外反母趾になってしまう。

横アーチも崩れて開帳足の危険性が高まる。


これらの状態を創ってしまうと・・・・・悪循環を繰り返し


内側縦アーチ低下が下腿内旋運動を増強し、膝関節アライメント異常を引き起こし、

膝関節不安定性によりIR thrust を助長し、内側膝関節に退行性変化を及ぼすことで

変形性膝関節症を発症または進行させる危険性を増大させる。


過剰回内は、様々な障害を引き起こします。

 荷重を支えるのにアーチ構造を利用できないために足の内在筋の筋力低下がおき、

 足の外来筋に頼ることになり、足裏が疲れたりバランスがとりづらくなる 。

 その結果、土踏まずの減少、或いは消失

 足の外転(骨配列変形)から外反母趾を誘発する 。
 
 中足骨の疼痛、第2〜4中足骨の足底の角質化。

 足底の筋肉が伸張したままなので足底筋膜炎となる(踵の疼痛) 。

 過剰回内から前脛骨筋・後脛骨筋などの外来筋や腱の過剰な負担により、

 足の疲れはモチロンだが、ひどくなるとシンスプリントを引き起こす。

 大転子滑膜炎、脛骨遠位の疲労骨折、腸脛靭帯摩擦症候群

 そして問題にしている、

 膝関節内側へのストレス増加し内側膝関節に退行性変化を及ぼすことで

 変形性膝関節症を発症または進行させる危険性を増大させる。



後足部の過剰回内の予防は重要。

すでに述べたように、

構造的に距骨下関節(後足部)の内反は人口の95%以上に見られるとされています。

内反の程度の差はあるかもしれないがほぼ構造的な後足部内反を持っている。

歩行などの抗重力時で地面に付く際は、後足部の回内方向への運動は通常は8度。

(踵接地から立脚中期(平足)まで距骨下関節では軽度回外位から平均8度の回内する)

それが、内反の人は(ほほほとんどの人)回内の角度が8度〜最大倍の16度になってしまう。

つまり過剰な回内がおこり易い環境にあるという事です。

過剰な回内運動を繰り返すリスクは、ほぼ全ての人が持っている。

脛骨が内旋方向に大きく回旋しやすく、膝関節内側部において大腿骨に対して

運動が大きくなり易いという事です。

これは内側型変形性膝関節症にとって非常に厄介な問題です。



touyou8syok9 at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) 変形性膝関節症 | 足部について

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔