2016年03月03日

膝関節(218)

変形性膝関節症

神経性拘縮の末梢性の神経の問題。

自律神経−

2、副交感神経

副交感神経の節前ニューロンは、脳幹(中脳、橋、延髄)と仙髄(S2〜S4)の二つの

離れた部位にある。

したがって、節前線維は4種の脳神経と仙骨神経に含まれて末梢に至り、

効果器の近傍または内部にある副交感神経節でニューロンを交代し、短い節後線維となり

標的器官を支配している。


副交感神経を含む神経は以下の通り。

1,動眼神経

  中脳の動眼神経核から起こり、眼窩内部の網様体神経節でニューロンを交代する。

  節後線維は眼球の毛様体筋と瞳孔括約筋を支配する。

 2,顔面神経

 橋にある(上唾液核)から起こり、大錐体神経から翼口蓋神経節または鼓索神経と舌神経を

 通り顎下神経節に入る。
 
 前者から出た節後線維は涙腺に、後者から出た節後線維は顎下腺と舌下腺に分布する。

3、舌咽神経

  延髄の小さな神経核(下唾液核)から起こり、舌咽神経から小錐体神経を通り

  耳神経節に至る。

  節後線維は耳下腺に分布する。

4,迷走神経

 全ての副交感神経線維の約75%に含まれる。

 副交感神経の主な神経である迷走神経は、延髄にある神経核から起こる
 
 節前線維は頚部の血管とともに下行し胸郭上口を通過した後、胸部内臓(心臓、肺、食道など)

 腹部内臓(胃、小腸結腸前半、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓など)に至り、

 これらの臓器の近くまたは内部で節後ニューロンと交代し分布する。

5,仙骨神経に含まれる副交感神経

  第2〜4仙髄の側角からでて骨盤内臓神経をつくる。

  節後線維は下行結腸、直腸、膀胱、生殖器に分布し、排便、排尿、勃起をおこす。


これで副交感神経が理解できましたか?

率直に言って、私はよく分かりませんね。

手技による臨床では一体どのように利用するのでしょうか?

交感神経を直接利用する方法は、、前回述べたような利用の方法があります。

副交感神経を直接利用できる手技はあるのでしょうか?

薬剤では、アセチルコリンを直接調節することができます。

副交感神経刺激剤あるいは副交感神経遮断剤などが使えます。


手技療法では、どうすれば良いのでしょうか?

臨床で意識して行う必要はあります。

それは、副交感神経の特性を利用することとなります。

臨牀で、一般的な手技による刺激方法では交感神経の特性を利用するより

はるかに副交感神経の特性を利用する場合方が多く存在します。



touyou8syok9 at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) 膝関節 | 変形性膝関節症

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔