2016年03月31日

膝関節(222)

変形性膝関節症

神経性拘縮の末梢性の神経の問題。

 脊髄神経・自律神経と述べましたが長かったですね。

今回は少し臨床のお話。

<Knee-spine syndrome>

臨床上、腰痛と膝関節痛は高頻度にみられる症状です。

両者の合併する症例では、腰椎の前弯は減少し、膝関節は屈曲します。

このアライメントの変化は、腰椎、膝関節ともに矢状面の変化のため、

相互に影響を与えます。(以前に老人のアライメントの問題で述べています)

変形性膝関節症と退行性腰痛疾患は高頻度にみられます。

両疾患は個々の部位で独立した病態であります。

しかし、膝関節と腰椎はともに主要な荷重関節であり、両者がお互いに

影響を与え合っている可能性は否定できない。

膝痛→腰痛 腰痛→膝痛

また、変形性膝関節症の原因が腰部神経根症の部分症状である場合がある。

膝関節の前内側部分の知覚は、主に大腿神経の広筋筋枝と伏在神経に支配されている。

それらの神経の髄節高位により、第2、3,4,の腰部神経根症でも変形性膝関節症と

類似の内側部痛を呈する。

これらの違いは、

痛みを訴える部位は、同じ内側部であっても、痛みの部位は変形性膝関節症と比べ

範囲が広範囲に及ぶことが知られています。

特に腰部神経症の場合は、大腿部への広がりが大きい。

鑑別は、

Kemp の手技 femoral nerve strettch test で膝内側部痛の誘発されるかされないか、

膝関節反射の左右差の存在、知覚障害の存在など

その他、

腰痛の有無、膝関節周囲の圧痛の有無、膝関節の浮腫・熱感の有無大腿周の計測など

を調べ神経根症の関与を評価する。


どちらにしても、第2、3、4の脊髄高位は膝内部痛に影響を与える。

以上は、変形性膝関節症、腰痛症の臨床で必要になります。

あるいは、第2、3、4の脊髄神経は変形性関節の臨床では欠かすことができません。

臨床では変形性膝関節症に単に膝関節のみの治療はあり得ません。




touyou8syok9 at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) 膝関節 | 変形性膝関節症

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔