2017年03月23日

腰痛(12)

腰痛症

特異的腰痛の問題

腰椎椎間板ヘルニア


★神経根絞扼型椎間板ヘルニア

 高齢者に多く、脊柱管狭窄症を併発しているヘルニアです。

<症状>

〇腰椎後屈により生じる下肢痛

 腰椎を後屈すると、ヘルニアがさらに突出して、神経根がヘルニアと狭窄を起こした

 脊柱管の椎骨に強く圧迫されるので、下肢痛があらわれたり、下肢痛がさらに増したりします。

〇下肢痛を伴う腰椎前屈制限

〇Kempテスト陽性

〇高度な前後屈制限

 ヘルニアは前屈痛、脊柱管狭窄症は後屈痛が特徴で前屈すると緩和する。

 ヘルニアと脊柱管狭窄を併発しているため、前屈痛と後屈痛の両方がある。

 前屈、後屈ともに強く制限されることもあります。

〇有痛性の跛行や間歇跛行等の歩行障害

 歩くと腰部や下肢に痛みを感じたり、間欠跛行が起こるなどの歩行障害があらわれます。

 脊柱管狭窄症を併発しているための特徴です。


<椎間板ヘルニアにより各レベルで出現する神経障害>

脱出したヘルニアの位置によっては神経圧排型椎間板ヘルニアの場合と同じです。

ただし、脊柱管狭窄症を併発しているので注意が必要。

50歳後半で脊柱管狭窄症といわれる人の多くはこのタイプのヘルニアの可能性が多い

と考えられます。

高齢者の腰椎椎間板ヘルニアが脊柱管狭窄症と診断名が変化する場合の

多くのケースがこの神経根絞扼型椎間板ヘルニアが多いのでは?

<障害の程度および予後>

 椎間板ヘルニアによる神経根の圧迫度は様々です。

 臨床的には、ヘルニアの大きさはモチロンですが、椎孔の形態や外側陥凹の狭小化といった

 狭窄因子の存在が、椎間板ヘルニアの障害の程度、予後に関係しています。

したがって、臨床では外科的適応と相対的適応と分けられています。

<外科的適応>

★絶対的手術の適応

 急性馬尾症候群

  下肢・会陰部の知覚障害、下肢の弛緩性麻痺、膀胱・直腸障害、インポテンス、

  坐骨神経痛など

★相対的手術の適応

 絶対的適応以外では通常は手術の有効性は低く、手術は行われない。。・・・・が

 以下が相対的適応となっています。

 1、数ヵ月の保存的療法が無効である。

 2、 痛みはさほどでないが、麻痺が進行し、強いしびれを訴える。

    特に皆さんが気になるしびれは、会陰部のしびれの有無に注意。

 3、 根性痛の複数回の既往があり、保存的療法で完治が望めない。

 4、下肢の強い運動麻痺(母趾背屈力低下、下垂足)

 5、単一根性の間欠性跛行 がある。




touyou8syok9 at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)特異的腰痛 | 腰椎椎間板ヘルニア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔