2017年11月30日

腰痛(30)

腰痛症

特異的腰痛の問題


最近、インナーマッスルである体幹筋を鍛えましょう!!・・・・・・・・?

という主旨の出版物が多いですね。

インナーマッスル=体幹筋、と誤解されて使用されている場合があります。

一般的に筋の存在する部位(深さの概念)によって浅層筋と深層筋に分類する方法

 浅層筋のアウターマッスル

 深層筋のインナーマッス(コアな筋)


今回は、前回の説明不足の補足です。・・・・筋をもう少し説明


通常、骨格筋は体幹筋と体肢筋に分類されます。

 体幹筋

  後体幹筋:背部の筋

  前体幹筋:頭部の筋、頚部の筋、胸部の筋、腹部の筋

 体肢筋

  上肢の筋、下肢の筋

上記の骨格筋の体幹筋をその解剖学的特性から次の2種類に大別されます。

体幹の筋

 ★グローバル筋・・・・・・表在にある大きな体幹筋群。
 
 ★ローカル筋・・・・・・・・体幹深部の脊椎分節間制御に関与する体幹筋群。

体幹の筋群=インナーマッスルと理解している場合があります。

重なる部分もありますが、筋の特性の分類の趣旨が全く違っています。


グローバル筋、ローカル筋は、腰痛症などの体幹筋を主眼とした疾患などの場合に

この方法で分類される場合があります。

インナーマッス、アウターマッスルに類似点も多いので少し補足説明しておきます。


★グローバル筋:表層にある大きな体幹筋群

<特性>

   胸郭と骨盤をつないでいる筋。

   腰椎などの各椎体に直接附着しいない筋。

   最長筋、腸肋筋などの胸郭と骨盤を継いでいる筋。

   浅層に存在する筋

      体幹背部の筋:最長筋、腸肋筋など

       最長筋、腸肋筋は一つ一つの筋は小さいが脊柱起立筋として胸腰筋膜で被われて

       大きなコンパーメントを形成しています。

      体幹腹部の筋:腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋など

   グローバル筋の多くは多関節筋で脊柱の大きな力、力強い動作を司ります。

   つまり主たる目的運動を起す筋肉です。

  ※その他にも体幹筋群のグローバル筋は存在します。
    煩雑になるので、この項の最後に。
    

★ローカル筋:体幹深部の脊椎分節間の制御に関与する筋群。

<特性>

   腰椎などの各椎体に直接附着している筋

   多裂筋、腰方形筋、大腰筋、腹横筋などの腰椎に直接附着する筋など

   多列筋は最長筋、腸肋筋の深層に有り脊柱起立筋として胸腰筋膜で被われ

   コンパーメントを形成しています。

   中位の腰椎レベルでは脊柱起立筋と多列筋の筋横断面積の割合は

   約50%である。

   下位の腰椎レベルにおいては多列筋の割合が次第に大きくなっています。

   その深層に腰方形筋が横突起部に存在し、大腰筋が椎体に接して存在している。

   全方向位に対して姿勢保持の張力を発揮する筋肉。

   ローカル筋の多くは単関節筋で分節的に腰椎の安定性に働きます。

   固有受容器が豊富で脊柱の動きを脳に伝える。

   腰椎の安定筋として作用するのはモチロンなのですが、

   重要な作用は円滑な運動を行うためには、このローカル筋が各動作に先立って収縮し

   脊柱を安定させ、次に体幹の浅層筋であるグローバル筋、四肢の筋群が順次活動します。

   ローカル筋が、「先読みの筋」と呼ばれている由縁です。

  ※この他にも体幹筋群のローカル筋は存在しています。
    煩雑になりますのでこの項目の最後に。


グローバル筋とローカル筋の相互作用によって体幹は安定し、正しい運動がでる。



※体幹の筋群

〇後体幹筋

背部の筋

 浅層筋:すべて椎骨の棘突起からおこります

     上肢、ことに上腕との関係が深いので棘腕筋と呼ばれる。

     僧帽筋、広背筋、

     菱形筋、肩甲挙筋

 深背筋

     棘肋筋:上後鋸筋、下後鋸筋、

     棘背筋(固有背筋とよばれる)

     長背筋:板状筋、脊柱起立筋(腸肋筋、最長筋)、棘筋、半棘筋、頭半棘筋

          多列筋、回旋筋

     短背筋:棘間筋、横突間筋

     深項筋:大後頭直筋、、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋、外側頭直筋


〇前体幹筋

 頭部の筋

 頚部の筋

 胸部の筋

 腹部の筋

  前腹筋

    縦走筋:腹直筋、錐体筋

    斜走筋:外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋

    腹筋の腱膜

    腹膜筋

  後腹筋

    腰方形筋

  尾骨の筋

    前仙骨筋、後仙骨筋、尾骨筋


どの筋がグロ-バル筋、ローカル筋なのか。

各筋の特性を考慮してください。臨床では必要です。

最近では、ローカル筋である多列筋、腰横筋の重要性が多く取り上げられていますね。


   

       

touyou8syok9 at 21:00│Comments(0) 腰痛 | 特異的腰痛

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔