2017年12月28日

腰痛(34)

腰痛症

特異的腰痛の問題

腰椎に直接付着し脊柱の分節的な働きをするローカル筋が安定性を得て、

骨盤や胸郭と継ぐグローバル筋が運動し、腰椎の保護しながら腰椎、脊柱が動き

体幹が安定しながら四肢が動いて一連の大きな運動が完結する。

このような一連の動作が整然と働けば何の問題はありません。

ところが

なんらかの原因でアンバランスが起こると脊柱の安定化機能の不全がおこります。

最初は単に筋や筋膜、筋附着部、骨膜などの組織に負荷がかかり疼痛がおこる。

あるいは椎間関節、仙腸関節、線維輪が損傷したり変性の椎間板などに

運動動作の負荷が加わり疼痛がおこる。

ここまでは単なる腰痛症の機能的障害であり器質的な変化はない。

MRI等には何ら異常は認められないでしょう。

機能的な障害の場合は診断名が確定しづらく、腰痛の病態や疼痛の発生原因を

特定することが困難な場合が多いす。

そして

このような状態が長期間つづくと少しづつ器質的変化を生じます。

これらが慢性的に繰り返されたりすると単なる機能障害から椎間板の脱出あるいは

黄色靱帯の肥厚、硬化などの器質的変化による器質的障害に移行してしまいます。

この段階においは、MRIなどの画像診断の網に引っかかってしまいます。

そして特異性腰痛である腰椎ヘルニア、腰椎狭窄症と診断されます。

器質的な変化が明確なほど単純、簡単に病名が確定し易い。

脱出した椎間板、狭くなった脊柱管が神経を圧迫し疼痛やシビレが発生する?


いかがでしょう?

椎間板ヘルニアあるいは狭窄症は腰痛の症状の外に、神経症状として

運動麻痺による筋力の低下、感覚麻痺による感覚の消失などの障害がある。

正常反射の減弱が認められる。

病的反射の亢進が認められる。

馬尾症候群が認められる。

以上のような症状が認められるハズ?

そしてこのような症状が認められれば手術の必要になるでしょう。

しかし、手術は非常に稀ですので多くは保存療法になります。

その保存療法において、

非特異性腰痛症と特異性腰痛症と治療の方法に違いはあるでしょうか?

非特異性腰痛症の疼痛症の段階でキチント治療するべきで、

椎間板ヘルニアあるいは狭窄症であっても早期にキチント治療すれば、

手術を避けれると思いを寄せるのは私だけでしょうか?



今年も無事にブログを続けるコトができました、ありがとうございます

例年の如く、

今年の一文字漢字は、「北」という結果になりましたね。

このブログでも過去に「有事にそなえる」というお話をいたしました。

自国民を拉致されて何もできない。

領土の近海にミサイルが落ちてもなにもできない。

領空を通過するミサイルを発射されても何もできない。

「北」の有事があるにもかかわらずなのもできない。

他国に領土を奪われて実効支配されていても何もできない。

二国間の協定を結んでも簡単に破棄されてしまう日本。

「有事」がおこれば、いったいどう対処するのでしょうか?

国民の生命、財産などを守るのことは憲法でも保障されています。

対処すべき手段、方法、そのための用意は必要なのは当然でしょう。

未だに「話し合いの外交で解決できる、解決すべきだ。」

「平和」を訴える続ける楽観主義者、現実を直視しない能天気な人たち・・・・・・・・

軍備、交戦権をもてないので安保協定を結んでいるのにそれさも反対。

憲法の改正さえも認めない、自衛隊もいらない。武器の使用も認めない。

外交は重要ですが、外交は、単なる話し合いではありません。

仮に解決しても実行されなければ解決していない。

空手形の連発であれば、話し合いが延延つづきそのうち破壊、侵略される?

武力あるいは経済などの圧力というバックボーンが存在して初めて実行が可能です。

有事がおこった場合一体どのように対処するのでしょうか?

個人の身を守る、家族を守る。家庭をまもる。財産を守る。・・・・・・・・・・

自分自身で不可能な場合には警察、消防、銀行、法律などの大きな国家権力に頼ります

金銭的に余裕がある人ならば、さらにホームセキュリテイーに依頼するでしょう。

自分自身では守りきれない部分を金銭でも大きな力に託しているのです。

国同士の争いで自国を守る場合は、更に大きな力に頼るのが理の当然でしょう。

日本国がなくなれば、日本人である個人も消滅です。

「平和」を訴える人はキット、身の危険、家族の危険、財産の危険に直面しても

国家権力にも金銭にも頼らないで、当事者同士の話し合いで解決するのでしょう。

ましてホームセキュリテイーなどと契約している人は皆無なのでしょう。


翻って健康も同じですね。

あのとき、こうすれば良かった、もっと先手を打っておけば良かった・・・・・・・

有事に備えていれば・・・・・・・・・・・・

「時遅し」「後の祭り」にならなければと思います。

良いお年を迎えください。





touyou8syok9 at 21:30│Comments(0) 腰痛 | 特異的腰痛

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔