2018年04月27日

腰痛(43)

特異的腰痛の問題


腰痛や、ヘルニア、脊柱管狭窄症などの予防や治療において腹筋のエクササイズが

推奨されているようです。

各部個別の腹筋エクササイズは難しいですね。


今回は注目されている、腹横筋について

浅腹筋である腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋の作用は体幹の運動が主な作用。

脊柱の剛性や安定性を高めるためるため脊柱体幹筋群などと共同しながら

グローバル筋として大きな力に対抗し体幹の保護や体幹の運動に大きく作用しています。


一方腹横筋は、体幹の運動にはむしろ補助的に働いています。

腹横筋は、腹圧をかけ腹腔を狭くする働きが主な作用でウエストを狭くする。

肋骨を動かして呼吸にも関連します。

腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋は体幹の運動が主な作用で腹圧は従です。

腹横筋は、浅腹筋でありながら少し趣が違っています。

腹横筋の解剖をもう一度観察します

腹横筋:内腹斜筋に被われ、最も深い層をなす。

     起始:第6〜第12肋骨軟骨の内面、胸腰筋膜、腸骨稜の内唇、鼠径靱帯の外側
         から起こり、筋束は前方に横走する。
     付着:外側に向かって凸弓形をなす半月線を境として、腱膜に移行し、
         腹直筋鞘につく
      作用:下位6肋骨を下に引き、腹圧を高める

小さい筋というよりは長く細い筋束が集まった筋です。

注目するのは、胸腰筋膜、肋骨内面、骨盤を取り巻て筒状になり腹筋の深内面に存在します。

腹横筋が収縮すると腹圧が高まり腹腔が狭くなり胸腰筋膜や前方の筋膜が緊張します。

胸腰筋膜が緊張すると、当然腰椎、脊柱の剛性も高くなります。

この胸腰筋膜が重要なポイントになります。


胸腰筋膜は、深層の体幹筋を覆う筋膜です。

胸腰筋膜は、腹横筋の起始部の中において、唯一能動的な変化を受ける部分です。

腹横筋が両側性に緊張すると同時に、後方の腰部の深部多裂筋が等尺性に収縮することによって

胸腰筋膜が収縮することができる。

胸腰筋膜の後層は脊柱起立筋群を含んでいるので、脊柱起立筋群の収縮も胸腰筋膜の緊張にも

影響を与えます。

腹横筋は、内腹斜筋と共同して胸腰筋膜を緊張させます。

外腹斜筋は胸腰筋膜の起始を持っていませんので影響はアリマセン。

深部多裂筋は小さい筋で筋紡錘などが多く存在し脊椎分節間の運動や位置変化の

情報を中枢神経に伝えることができる。

したがってこれらの小筋は、大きな力は発揮できないものの、分節間の微妙な位置関係の

変化をコントロールする機能を有しているのです。

真の動的な安定性を保つには、個々の分節的のコントロールを高めることが重要で

腰椎、骨盤の安定性を高めるためにローカル筋へのアプローチが重要になる。


腹横筋が収縮するとこのように解剖学的位置から胸腰筋膜が収縮し

体幹に位置している深部多裂筋と同様に働き、脊柱の分節的運動に関与します。

つまり腹横筋は、ローカル筋として働いていることになります。


腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋がグローバル筋として機能的に働き、

腹横筋がローカル筋として機能的に働くことによって、腰部、体幹を保護する

コルセットの役目を果たすことが可能になります。


腹筋の個々の筋のエクササイズは難しいとしても一つのユニットとして筋力トレーニングは

比較的容易なために、腹筋のエクササイズが必要ということになります。

しかし、非常に残念ですが現実的には・・・・・・・・・・

腹筋運動で腰を傷めたという話は非常に多く危険も伴っているようようです。

これは、以上を理解していないことが理由では?・・・・・・・・と思っています。


腹筋を鍛える。腹筋のエクササイズというと・・・・・・・腹部をシックスパックにする?

格闘技などで、どうしても腹部内臓を防御する必要のあるスポーツ以外、一般人

まして腰部に障害を持つ人がワザワザ無理に腹筋を鍛える必要はあるのか?

エクササイズとは人間本来の身体能力の回復のために行う訓練です。

多くの腹筋のエクササイズは本来の目的からかけ離れて違っているのでは?

多くの疑問?・・・・・・・・・に思うのは私だけでしょうか?


腹部の筋は前腹筋の他にもありましたね。次回に





touyou8syok9 at 22:00│Comments(0) 腰痛 | 特異的腰痛

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔