2018年05月24日

腰痛(45)

特異的腰痛の問題

知っているようで知らない腹筋

腰痛や、ヘルニア、脊柱管狭窄症などの予防や治療において腹筋のエクササイズが

推奨されているようです。

腹腔内の腹圧を高めることが重要です。

・・・・・ですが、各部個別の腹筋エクササイズは難しいですね。

今回は横隔膜

名前が横隔膜というので筋膜と勘違いしますが決してファッシア(筋膜)ではありまません。

れっきとした筋肉です。

横隔膜は解剖学では胸部の筋肉に分類され呼吸に関与しています。

呼吸筋として一義的に関与する筋としては横隔膜と内・外肋間筋。

二義的に関与する筋には斜角筋群、後鋸筋、前鋸筋、大・小胸筋、広背筋、胸鎖乳特金

およびその他の筋、上肢の挙上に預かる諸筋があげられます。

腹部の諸筋も上記の諸筋と協力して呼吸運動を完全なものにしています。

腹部の筋としては腹腔の後壁は腰方形筋です。

腹腔の後壁となり呼吸とともなって腹圧を高める筋として重要な筋肉です。

あえて項目としてあげます


横隔膜

 胸腔と腹腔とを境し、上方に向かって膨隆する板状の筋・・・・・横隔膜という筋肉です。

 中央部は腱膜からでき、これを腱中心と呼ンでいます。

 筋束は周囲からおこりこれに集まっています。

 起始:腰椎部、右脚および左脚からなり各々を内側および外側の2脚に区別する。

 〇腰椎部

   1,内側脚

     右脚は第1〜第4腰椎体、左脚は第1〜第3腰椎体からおこる。
     両側の筋線維は第1腰椎の上縁で交叉して、腹大動脈および胸管を通る裂け目
     すなわち大動脈裂孔をつくる。
     線維は更に大動脈裂孔の上方やや左方で交叉し、食道ならびに迷走神経を
     通る孔をつくる。
     これを食道裂孔という
     最後にこれらの線維は腱中心に付着する。

   2,外側脚

     次の2つの腱弓から起こり上方に向かい、ともに腱中心に付着する。

      内側弓状靱帯:腰筋弓ともいう。

       第1あるいは第2腰椎体と同腰椎肋骨との間に張り、その下を大腰筋が通る。

      外側弓状靱帯:方形筋弓ともいう。
       
       内側腰肋弓の付着部すなわち第1(第2)腰椎肋骨突起と第12肋骨尖端との
       間を張り、その下を腰方形筋が通る。
       その筋線維は内側脚と同じく腱中心に付着する。

 〇肋骨部

   肋骨弓すなわち第12〜第7肋軟骨の内面からおこり、上方に向かい腱中心にいく。

 〇胸骨部

   3部のうち最も小さく、剣状突起の後面および腹直筋鞘の後葉から起こって

   上方に向かい、腱中心に付着する。

作用:横隔膜は呼吸筋でその収縮によって胸腔を広げ、弛緩によってこれを狭める。


どうでしょうか?

理解できたでしょうか?

理解しづらいでしょうが、解剖図があれば更に理解しやすいでしょう。

腰椎ヘルニアなどに重要なのは腹圧を上昇させることでしたね。

横隔膜は今回述べたように腹腔の後壁のみならずに上壁まで被っていますね。

この横隔膜が腹腔の腹圧に関わらないということはまず考えられないでしょう。

また筋である横隔膜の起始は、腰椎や肋骨であったり、停止部は腱であったりしていますね。

腹筋も根無し草のようにユラユラと動いて個別のエクササイズが難しいですね。

腹圧がある程度上昇しなければ個々の腹筋のエクササイズが難しいです。

あまり個々の腹筋にこだわらない方が良いでしょう」。

何度も言いますが腹腔内の腹圧を高めることが重要です。

とすれば、腹筋全体のユニットとしてのエクササイズが重要と思うのです。

割れた腹筋のシックスパックなんてナンセンス?

腹筋を鍛えるという概念は、少なくとも腰痛や、ヘルニア、脊柱管狭窄症などの予防や

治療において不必要のように思えるのですが・・・・・・



touyou8syok9 at 23:00│Comments(0) 腰痛 | 特異的腰痛

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔