2018年06月21日

腰痛(47)

特異的腰痛の問題

知っているようで知らない腹筋?

各部の働きは少しは理解できたでしょうか? (私も実際は・・・・・・?です。)

腹筋は、一つのユニットとして考えるのが妥当だと思いませんか?

坐位生活の時間の長い人・・・・・現在は多くの人が該当しますね。

  年少時期から少年期の学童期、中学生活から高校の学生生活において

  一体1日何時間座っています?

  加えて、家庭での勉強時間、自由時間にもパソコン、携帯電話、ゲーム?

  起きている時間の一体何時間の坐位生活を過ごすのでしょう。

  就職後もホワイトカラーの人は、坐位生活が一層長時間になります。

  これは問題でしょう。

さてさて、

筋肉の機能異常として、一般的には弱化と短縮が知られています。

各部の筋には、弱化し易い筋、あるいは短縮し易い筋の性質があります。

姿勢筋は、短縮の傾向にあり、相同筋より筋力は強く主に多関節筋であるとされています。

 腸腰筋、腰方形筋、脊柱起立筋など

相同筋は、筋力は姿勢筋に対して弱い傾向にあり正常な状態より緩んだ状態にあります。

 腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋など


このように、姿勢筋は短縮傾向にあり、相同筋はゆるみと弱化傾向にあります。

このために、筋のインバランスがおこり姿勢の異常が起こるとされています。

したがって、腹筋の強化は理論的には正しいこととなり様々なエクササイズが紹介されています。


ここで少し立ち止まって考えて欲しいのです。

あくまでも正常な筋の状態の場合ですね。


筋は正常な長さが保たれた状況で正常な力が発揮できます。

正常より短くなった状態では十分な力が発揮できません。

反対に、

正常より長い状態では力は発揮しやすいが負荷が大きくなり筋疲労、萎縮がおこる。

筋が短くなった状態が長期に続くと収縮力が弱まり力が十分発揮できません。

反対に

筋が引き延ばされた状態が長期に続くと収縮力が弱まり力が十分発揮できません。

実際には、多くのケースで腸腰筋は坐位生活によって筋は収縮短縮傾向になっています。

大げさに言えば拘縮のような状況が作り出されています。

(※求心性の収縮力が長時間働き、筋が短く硬くなり易い状況ですね)

脊柱起立筋は収縮短縮しながら伸張された状態が長時間続く。

(※遠心性の収縮力が長期に続くと筋が疲労して筋が痩せて硬くなる状況ですね。)

長時間坐位生活が続くとこのような※の状況が既に形成されてしまっているのです。

その場合に腹筋は一体どうなっているのでしょうか?

腹筋は脊柱起立筋と拮抗関係です。

腹筋は相同性で弱化しやすい。

腰の悪い人の腹筋は確かに弱化しています。腹筋力はありません。

本来ならば腹筋を鍛えるが正解でしょうが?

たしかに弱化はしているのですが「筋にゆるみ」があるとはとても思えません。

筋の状態は弾力性がなく硬く短くなっていませんか?

腹直筋、内・外腹斜筋はボリュームがなく硬く短くなっていませんか?

腹筋群の付着する肋骨周囲は特に硬く、胸郭の動きを遮っていないでしょうか?

モチロン横隔膜も硬くなり呼吸も十分出来なくなっています。

(肋骨弓の奥深い部分は非常に硬くなっていますよ。)

よく観察して欲しいと思います。


このような状況で腹筋を鍛えて良いのでしょうか?

エクササイズは筋を鍛えることではありません。

実際に腹筋あるいは背筋を鍛えて腰痛が悪化する人は多く見受けます。

私はナンセンスだと思っています。

本来のエクササイズとは身体的訓練といいます。

結論

人間本来の身体能力の回復を目指そう!!

これは治療にも通じることです。

touyou8syok9 at 23:00│Comments(0) 腰痛 | 特異的腰痛

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔