2014年06月10日

鎌倉長谷 レストラン【エッセルンガ】

 食事を長谷寺から5分以内出と云う事で【コトリップ】で探して、細い路地を入ったところにある
【エッセルンガ】と云うレストランを見つけました。

一戸建ての民家でイタリアン。

 庭にはハーブなどが植えられ、お料理は鎌倉野菜をふんだんに使ったオードブル、とれたてシラスを使ったパスタ。どれも美味しく、
少し早めに予約を入れておいてのでラッキーでした。

 私の鼻はこう云う時よく利くのです。大当たりでした。

オーナーシェフはフィレンツェで修行を積んだと云う若くてイケメン。
 気さくに写真に収まってくださいました。

 この環境でこのお料理で2,160円、お値段もリーズナブル。

 少し遠いけどここで同窓会って手もありかな?みんな喜んでくれそう

エッセルンガIMG_20140603_114353エッセルンガIMG_20140603_114407エッセルンガパスタ


エッセルンが2エッセルンガ6IMG_20140603_130204



エッセルンガ外観1395866_591667944212071_1113052468_n[1]



touyujp at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

鎌倉長谷寺の紫陽花

先週、写経をするために友人と鎌倉長谷寺に行ってきました。

 紫陽花で有名な長谷寺ですから、最盛期には番号札が出て2時間待ち状態なのです。

今回少しづらして出かけましたが、なんと今年は入梅になっていないのに
 紫陽花が結構咲いていました。

種類も色々ありますのでまだ充分間に合います。

是非お出かけください。お勧めです。

あじさい8IMG_20140603_144257あじさい6IMG_20140603_144631あじさい5IMG_20140603_145043

あじさい5IMG_20140603_144834あじさい4IMG_20140603_144847あじさい3IMG_20140603_144932

あじさい2IMG_20140603_145022あじさい1IMG_20140603_145043









touyujp at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月07日

鎌倉長谷寺で写経をする。

   高校の同窓会のの候補として鎌倉はどうだろうかと云う話になり、

 今回私が長谷寺で写経をしている話に友人もしたいと一緒に出かけました。

昨年、新しく出来た写経場はお庭も素晴らしく静かなゆったりとした空間です。

 1人1人が静かに墨をすったり筆を運ぶ音がかすかに聞こえます。

一心に写経していると、何もかも忘れてひたすら心願成就を願って書きあげました。


 長谷寺の正面門の写真にオレンジ色の光が入っていました。やはり神社やお寺など聖域はこんな現象が多い 
 のですね。 

竹林の中にこんなに可愛いお地蔵さんがいらしゃいました

長谷寺2長谷寺お地蔵様

   
その後、鎌倉文学館を訪ねました。

日ごろ長谷にはよく来ていますのに行った事がありませんでしたが素晴らしい所でした。
..
.

 高台にあり、海が見渡せる良い場所に、川端康成をはじめとする鎌倉文士たちの紹介がされています。

よく写真で見かけるバラは少しになっていましたが背黒セキレイの美しい姿や、ウグイスの声も聞かれ、

 ゆっくりとした時間を過ごす事が出来ました。

駅からでも10分ぐらい是非お出かけをお勧めです。

建物鎌倉文化館入口鎌倉文化館




touyujp at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の話 

古い着物をリメークする

先日来秋山幾代さんの【衣合わせ】着物の着なくなったものを合わせてリメイクする教室に通っています。

 ミシンももう以前に捨ててしまって、2度とお裁縫はしないと思っていましたのに、今チクチクと縫っています。

 これは第一作です2衣遊びのぶよ帽子



第二作です衣合わせ2着め




姉が昨年通信販売で買って一度も使ってないと云うおもちゃのようなミシンを送ってくれました。

 直線縫いが出来れば良いので、使ってみようと思っています。

 まずは着物を解かないといけません。

それを洗濯機で洗い乾かないうちにアイロンかけと結構追われます。

この講座は1年間続きます。...

お仲間に入りたい人はご連絡ください。



touyujp at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)着物ライフ | 日々の生活

2014年05月06日

五木の子守歌に寄せて【花子とアン】

 

 先日私のホームページを見て、熊本県球磨郡五木村というところから飯台10個の注文をいただきました。

本当にかなり離れたところにあり、日ごろは気がつかないところではあります。・・・。が

 たまたま接骨院で若いお兄さんに【五木の子守歌】って知っていると云う話になり、若い彼らは全く知らないと云います。

その時年配の方が【おどま盆ぎり盆ぎりだろう・・・、知らなきゃ日本人じゃない無いよ。】という声があがありました。

 私も知っていて当然と思っていましたが、40歳前半の人で知っていた人はいませんでした。

YouTubude で、調べてみると、昔みんなが口ざすんでいたのは山口淑子の歌のようです。

その後、石川さゆり、森山良子、等が歌っていますが。今の若者が聞く機会は全くないものでしょうね。

   https://www.youtube.com/watch?v=Q28LZgrqAmY

 若い時は何げなく聞いて歌っていましたが歌詞が何とも悲しいのです。

 
この唄は旋律が大好きです。詩には昔の貧しさや悲しみが伝わってきます。

この唄の意味は、昔の貧しい農家などで凶作が続き食べ物が無いときは口減らしで子供を捨てました。

 男子は労働力で残し、幼い妹より生命力がある姉が主にすてられたのでしょう。

その捨てられた姉が妹を思いながら死が近い日を待っている悲惨な歌ですね。 「おどま盆ぎり盆ぎり」...自分はお盆までしか生きられない・・・ 
【島原地方の子守歌】 【竹田の子守歌】などもありますが、やはり辺鄙なところ、小さな子供が子守りをしながら歌う歌のようです。


 何とも物悲しいこの旋律は心に深く響いたものです。

当時の私はお盆になれば家に帰れると単純に思っていたのですが・・・。

今は不況だとか何とか言われていますが、日本は本当に貧しい時代がありました。

この歌も昭和の初めのころの歌でしょうか。

食べるものとて無い。今NHKで放送されている朝ドラ【花子とアン】よりももっと貧しい人たちがいました。

ほんの少し前の事です。

今私たちは与えられた幸せを感謝し大切に過ごしたいと思います。

この旋律一度聞いてみてください。


touyujp at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

春の着物 帯結び

着 物は毎日着るのにはちょっと大変。

今日は土仕事が無い、お店のお掃除も大丈夫、お天気は?色々着られる条件がある。

 昔の人は偉いなぁと思う。私は雨が降ったら着ないし夏の着物は、前には無理して着ていたけれど今はもう着ない事にした。
汗をかいた後の始末が・・・。

このところ少し着物を着る機会があった。

 今日は少し春の感じでコーディネートしてみました。もう10年以上着ていなかった小紋。

あまり好きではなかったのですが、齢相応と云うのでしょうか・・。今の私にちょうど良い。

帯は銀座結び、角出しどちらかよく判りませんがいかがでしょうか。

 少しモダン、粋な感じがしますね。

この帯結び近頃よくします。背中が帯まくらが無い分車に乗った時楽なのです。

車 から降りた時後の帯に手を入れて一番下を三角になるよう整えるときれいです。

のぶよ1IMG_20140427_151717のぶよ2IMG_20140427_174953



touyujp at 14:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)着物ライフ | 和の話

トマトソースを使った料理二点

 昨日タマプラ東急の前で真っ赤に熟れて大きなおへそのあるトマトを
購入。形が規格外だけど絶対美味しいと思ったのに、家で冷蔵庫に入れて今日見たら、結構グジュグキュ、仕方なくニンニクと炒めてトマトソースを作った。

これさえあればお料理もすぐできるので今日はそのお料理のご紹介です。


★ 冷蔵庫メニューにしようと、ささ身と冷凍した舞茸、新玉ねぎ
オランダさやを炒めて、このトマトソースで煮込み。

トマトソース

メインディシュ出来あがり。やっぱりキチンと作ったソースは美味しい♪。

もう一品

★ トマトソースを使ったパスタです。
 材料トマトの煮込みとほとんど同じですが、鶏ささみをカレー味にしておいたので、お味がすごく濃厚です。
美味しかった!、やっぱり手作りは良いな。


トマトソースパスタ


touyujp at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

久しぶりに一文字書を書いてみました

 一文字書きはその時の気持ちが一番表現されやすい。

時にかな交じり書では無く、一文字で書きたくなる時があります。

 相変わらず、包装紙なので、一筆一魂、(それほど魂をかけてないけど・・・。)

今日は私の【夢】そら【空、宇宙】【凛】とした女でいたい【彩】のある生活【遊】心を遊ばせる【心】精神的なもの【創】創作する

 これは私の心模様。そんな風に生きたい気持ちを書いてみました。

DSCN4810DSCN4806

DSCN4813DSCN4812


DSCN4808


DSCN4804DSCN4805









touyujp at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)和の話 

2014年05月04日

今日は主人の魂が旅立って4年

今日は
 主人の魂が天上に行って4年になります。

昨日息子夫婦、娘とお墓参りに行き、一緒にお食事をしました。

 今日は1人だけで主人と話をしています。

いつもお野菜をいただいている季聞屋さんが本来のお仕事、シャクヤク(勺薬)屋さんに戻ります。
その場で畑から切り取ってくれます。

 昨日はお墓の花を買いに行って家の分もいっぱい買いました。すごくきれいです。早速主人にも・・・。

パパ4回忌芍薬3IMG_20140504_131746芍薬2IMG_20140504_131738




touyujp at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

渋谷で見つけた懐かしい感じのコーヒー屋さん

来週の着物イベントを間違えて朝から頑張って着物を着てしまった。
本当にうっかり者です。

 折角着たので用事を済ませに渋谷まで出かけた。

渋谷の街は若者であふれかえって、東急ハンズまで行くのに人込みをかけ分けと云う感じ。

 その後、宮益坂当たりの用事を済ませ、路地の途中、ふと気になる佇まいのコーヒー屋さんにはいった。

お店の入り口に大きなお花が生けてある。近頃こう云うお店って少ない。

 お客さんは立て込んでいたが、お店の中は大きな花が生けられ、入り口の空間には兜が飾られ季節感を出している。

何か懐かしい感じ。

 器もウエッジウットでたっぷりのカプチーノ。

何か懐かしい昭和の雰囲気に浸った。又渋谷に出たら是非行こう。

1コーヒー屋さんこーひーやさん2IMG_20140420_153523兜


コーヒー屋さん室内2IMG_20140420_153340カプチーノIMG_20140420_151405





touyujp at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)料理 グルメ