協力会社様 募集 By:山田

2011年09月13日

当社は超硬合金素材の塑性加工用金型を製作販売しております
商品名としては「ダイス」「プラグ」と呼ばれる、
耐磨耗用工具という分類に入るものです

詳細は当社ホームページ参照下さい

この超硬ダイスや超硬プラグは線・棒・管の製造に使われます
金属素材をこの金型に通して引き抜くことによって、
各種の線・棒・管が出来るのです

そこで、比較的小さな超硬ダイスの製造協力会社様を募集しております
ご興味のある業者様は一報下さい

 募集内容:小型ダイス製作
 依頼内容:W2,3,4,5ダイスなどの新規製作及び修理加工
 加工精度:公差レンジで10μ〜5μ
 確認検査:出荷検査成績表の添付
 備考  :皮むきダイスや異形状ダイスの製作なども募集中

超硬穴加工の得意な業者様の応募、お待ちしております
この厳しい時代に、共に手を取り進んでゆきましょう!


社長:山田

towadenko at 15:27この記事をクリップ!


合同説明会@しごとセンター by山田

2011年09月07日

就活学生の皆様で製造業に興味のあるで、
関東地区大学理工系の方に朗報です

今週末9月10日(土)の合同企業説明会に参加いたします
今年度も理工系の方をターゲットに採用を再開いたします
下記大学の方は当日ブースにてお待ちしております

関東地区大学理工系就職研究会主催の合同説明会です
対象校:神奈川工科大学・工学院大学・埼玉工業大学・玉川大学・
    千葉工業大学・東京工芸大学・東京電機大学・東京理科大学・
    日本工業大学・明星大学 の10校です

当社は9/10(土)AMの参加です 15社出展予定です
当日はPMも15社出展予定ですので、内定を取得していない方、
再度、企業研究して自分に合った会社を見つける方などの参加をお待ちしております

どちらの出展企業も中小企業中心ではありますが、
各業界では特色を生かした、キラリと光る技術を持っているところが多く出展いたします
ご興味があれば、当ブースへおいで下さい
私(山田)が、直接ご説明いたします


社長:山田

towadenko at 19:09この記事をクリップ!


防災の日 by山田

2011年09月01日

「防災の日」は、1960年(昭和35年)に制定されました
解説不要と思いますが、1923年9月1日に発生した関東大震災にちなんだものです

小さいときから、2学期の始業式の日は、毎年学校でも防災訓練をしておりました
サイレンが鳴ると防災頭巾をかぶり、上履きのまま校庭に集合して、集団一斉下校をしました
訓練ではありましたが、真剣そのもので訓練をしておりました

日頃訓練をしていないと、非常事態や大災害時にどのような行動を取ればよいかが分かりません
今年は3月に東北で大地震が起き、原子力発電所では大災害が起きました

会社では数年前からBCPと呼ばれるBusiness Continuity Plan
つまり、事業継続計画の重要性を考え、
各種のセミナーやコンサルタントの方の助言を下に、
自社レベルの策定に着手しておりました

しかしこれはインフルエンザウィルスが蔓延し、
フェーズが高くなってきたときの対応を中心に作成しており、
インフルエンザ版は策定しておりましたが、他の災害に対しては、
順次作成すればよいと安易に考えておりましたので、
全く白紙の状態で大地震を受けてしまいました

予期せぬぐらいの大きな地震が起きた際の行動も、
書面で作成し、全従業員に周知徹底していたわけでなかったので、
大混乱が生じてしまうのではないかと思いましたが、
それぞれ現場の責任者に適切な指示で、安全な場所への移動や、
帰宅指示ができたことは本当に良かったと思います

改めましてBCPの必要性を感じますし、
日頃の防災への対応準備の必要性を痛感いたしました
「備えあれば憂いなし」


社長:山田

towadenko at 09:09この記事をクリップ!


農地って by山田

2011年08月26日

先日のねりま区報に「農地はどうして大切なの?」って、
ありました

改めて考えてみたことは無かったわでわけですが、
純粋にナゼだろうと思い読んでみました
そこにあった内容をご紹介(引用)させていただきます
詳細は区のホームページ参照下さい

練馬区の農地面積は、23区で最大です
やっぱりなぁという感想ですが、年々減少しているそうです
農地の整備や農家の担い手の不足が主な原因です
これらを改善すべく、区は収穫体験や区民農園の整備などにより、
子どもから高齢者まで幅広い世代が農と触れ合う機会の、
創出に取り組んでいるそうです

役割についても記載がありました
 守る:災害時の延焼防止空間や避難場所として役立つ
 集う:土や農に触れる機会を提供
 学ぶ:農作業を体験することで、食べ物の大切さを学ぶ
 冷やす:農地や作物の水分が蒸発する際に周りの温度を低下させ、気温の上昇を抑える
 憩う:農作業を行うことで、心身のリフレッシュ
 安らぐ:四季折々の風景は人の心を和ませる

みどり豊かな練馬区に位置しておりますので、
都市農業・農地の役割を再度理解し、保全していってもらいたいです

グリーンカーテンが流行っておりますので、
家庭菜園に少し興味が出てきております
何か初めましょうかね・・・


社長:山田

towadenko at 10:26この記事をクリップ!


夏休みが終わりました by山田

2011年08月22日

当社の短い夏休みもあっという間に終わりました
今年はお客様によっては、休みをずらしたり、
土日と振り替えての活動でしたので、
夏期休業がまだのところもあるそうです

暑い・暑い 8月の前半はだいぶダメージがあり、
受注も生産も低調なスタートになってしまいました
それぞれリフレッシュができたと思いますので、
後半戦へ気持ちを切り替えて、追い上げをしてゆきます

電力抑制の最中の活動ですので、
何かと体力が奪われていると思いますが、
当社もしっかり猛暑に打ち勝つよう努力いたします

皆様もお体を気をつけてくださいますようお願いいたします


社長:山田

towadenko at 16:38この記事をクリップ!


節電エレベーター by山田

2011年08月11日

ここのところ暑い日が続いております
皆様いかがお過ごしでしょうか?

電力の関係でいたるところがやや暖かい空間となっており、
どこに行っても寒すぎるっていうところは見当たりません

電車も同じです
構内は薄暗い照明で、改札口も間引きして運転しています
切符の券売機においても1から2台は停止中
そこに、とうとうエレベーターが止まりました

先日、駅では足を悪くされた方が、駅員さんに向かって怒鳴って抗議しており、
それをまねた小学生くらいの男の子も、「冗談じゃねーよ」ってクレームをつけておりました

翌日、朝のラッシュアワーには運転しておりましたが、
夕方はまた停まっておりました
エレベーターは停止しておりましたが、エレベーターは運転しておりました
それだけはホッと致しました

ひとりひとりの協力なくしては、電気使用量15%削減は実施できませんが、
それぞれ体の調子の悪い人や不自由なひともいるわけですから、
健康な方は階段を使用し、ハンデのある方はエレベーターを使用しましょう
ちょっとした気遣い、心配りが大事なんだと思います


社長:山田

towadenko at 19:00この記事をクリップ!

トーワデンコウ Official Blog
トーワデンコウ株式会社
トーワ最前線 社長の目
トーワ最前線 社員の目

代表取締役
山田 博和
1971/10/23
横浜市生まれ
粉末冶金製品メーカーを経て2003年、社長就任。
経営革新支援法の認定、ISO9001:2000の認証取得、海外取引増加、社内改革に取り組み、おかげさまで過去最高売上を更新中!
「今後も安心、信頼してダイス・プラグを購入して頂くため『フレッシュ!』をキーワードに、お客様のために奔走します!」


Syndicate this site