TOWAKOBOのブログ

昨日に引き続き塗り壁補修の報告です。

先日、タヤエクスリア・チェスナットで塗装した棚を取り付ける
時に「ウォーロ」で仕上げた壁に擦れ汚れました。

この様な場合、汚れを落とすのに使用するのは文房具屋さんで販
売されている砂消しゴムです。砂消しゴムでゴシゴシと擦ると綺
麗に汚れが落ち、擦った後もほとんどと言うか全く残りません。


ウォーロ汚れ

ウォーロ砂消し後

分かりづらいので画像をクリックして下さい、大きく見ることが
出来ます。


同じくビス穴補修の事例です。この穴は棚を取り付ける時に受け
を取り付けた為出来たものです



補修作業はYouTubeで


ウォーロ補修後ウォーロ補修完了02

  
ウォーロ補修完了01


スイス漆喰の「カルクウォール」や漆喰成分が入っている「ウォーロ」は
手洗いの水はねや多少の手あかは綺麗に浄化してくれます。もちろん空気
も美味しくしてくれるので健康に暮らす事を考えている方にピッタリ。

私の考える最高の香り・臭いは「無臭」です。




今回は塗り壁施工で、出隅を傷付けた場合の補修方法をご案内し
ます。

天然素材の塗り壁で室内を施工すると化学物質の臭いもなく気持
ちよく暮らすことが出来ます。多くの珪藻土や漆喰は繋ぎにノリ
やボンド等が多く入っていて空気清浄機能は僅かですが、天然素
材だけで作られた塗り壁材で仕上げた室内は空気が美味しいと実
感する事が出来ます。

ただ塗り壁は角に物が当たると欠けたりする事も有りますが、健
康な環境で暮らせる事に比べれば僅かなマイナス面だと考えます。

それでは本題に戻り角に物をぶつけ欠けた場合の補修方法を説明
します。
出隅欠け状態02
出隅補修02              
何かが当たり欠けた状態          同じ材料を下処理無く
                     塗り付けた状態

出隅補修乾燥03
出隅補修完了04              


塗り付けが乾いた状態ではコテの跡が分かります。その後80番のサンドペーパー
で擦りコテ後を消して完了です。良く見ても分からない程になりました。

誰でも簡単にDIY出来ますよ。。

※よく見ると下に新しい傷が・・・。













先日トイレに棚を取り付けたのですが取り付ける時、重いので
カルクウォールの壁に仮置きする受けを取り付けました。
木の切れ端を壁にビスで取り付けたのでの跡が残りましたので
補修作業開始。
DSCN0178DSCN0198

カルクウォールにはメンテナンス用の小袋が販売されているので
今回はそれを使いました。

作業的には小袋から少し取り出し指に乗せ傷の付いている所に塗
り込みます。
多少飛び出しても構わず多めに塗り付けます。1日も経たずに乾く
ので乾いたら80番ほどのサンドペーパーで仕上げです。

今はもうどこに傷が有ったか分かりません。











このページのトップヘ