今回は塗り壁施工で、出隅を傷付けた場合の補修方法をご案内し
ます。

天然素材の塗り壁で室内を施工すると化学物質の臭いもなく気持
ちよく暮らすことが出来ます。多くの珪藻土や漆喰は繋ぎにノリ
やボンド等が多く入っていて空気清浄機能は僅かですが、天然素
材だけで作られた塗り壁材で仕上げた室内は空気が美味しいと実
感する事が出来ます。

ただ塗り壁は角に物が当たると欠けたりする事も有りますが、健
康な環境で暮らせる事に比べれば僅かなマイナス面だと考えます。

それでは本題に戻り角に物をぶつけ欠けた場合の補修方法を説明
します。
出隅欠け状態02
出隅補修02              
何かが当たり欠けた状態          同じ材料を下処理無く
                     塗り付けた状態

出隅補修乾燥03
出隅補修完了04              


塗り付けが乾いた状態ではコテの跡が分かります。その後80番のサンドペーパー
で擦りコテ後を消して完了です。良く見ても分からない程になりました。

誰でも簡単にDIY出来ますよ。。

※よく見ると下に新しい傷が・・・。