東和造船(株)のブログ

当社での工事(船・陸上工事)過程などをご紹介していきたいと思っております。 是非ご覧下さい。 なお工事内容によってはアップ画像が膨大となるため、分割及び簡略する場合もあります事予めご了承下さい。

ユニフロート補強溶接工事

ユニフロート到着今回は既存ユニフロートの補強工事について少しですがご紹介したいと思います

今回は上部にクレーンを搭載(80t)の為再度計算を行い内部補強をすることになりました






荷下ろしユニフロートが到着し荷下ろししていきます










PB056610工事穴(内部に入り作業行う)を開けていきます










工事孔施工工事穴開け終わりました










写真 2020-11-06 15 08 11内部に入り現状の船側、船底の状況を確認していきます

今回は4個改造ですが、紹介は一つのみとさせていただきます








写真 2020-11-06 15 08 35腐食状況確認中です










PB066634勿論板厚計測も行っていきます










写真 2020-11-07 9 01 28補強方法が決まり次第、各材料の手配を行います

その後マーキング作業を








写真 2020-11-07 15 48 20一部ですがマーキング後です










写真 2020-11-07 15 47 39材料切断していきます










写真 2020-11-26 9 12 56補強部材溶接していきます










写真 2020-11-16 9 11 07小組立て中です










PB066649

溶接作業準備中です








PB276867各補強材を取り付けていきます










PB260391補強材取り付け作業中です










PB306888同上










PC026911段々と補強材が付いてきました

同様の作業を他のフロートにも施工していきます

換気には十分気を付けて作業しております






P1010421補強後は塗装を行っていきます










1-3前 (5)塗装中です

綺麗になりました


その他個所も同様に行っていきます





PC056937内部塗装が終わりましたら、次は最初に開けた工事穴を塞いでいきます









PC157064工事穴塞いだら後は外側の塗装のみとなります

ケレン作業を行っていきます








PC177074ケレン作業後は吹き付け塗装を行っていきます










PC187080塗装中です










PC187081少し省略しましたが塗装後になります










写真 2020-12-24 13 37 12塗装も終わりましたので後は積み込み発送のみとなります










写真 2020-12-24 13 18 27トラックに積み込んでいきます










写真 2020-12-24 14 10 40無事積み込み完了です

運転手さんお気をつけて運転を

今回はこのくらいで終わりたいと思います






































新年明けましておめでとうございます

昨年は新型コロナに振り回された1年だったと思います

今年もまだまだ感染拡大が続いており、終息の兆しが見えませんが出来る事を着実に対策していくしかないような気がします

当社としても、手洗いうがい、アルコール消毒の配置など出来ることから対策を行っております

今年は皆様にとって昨年より良い年になりますようにお祈り申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

2021年

遊漁船上架工事

上架 (1)今回は遊漁船工事のため上架致します











上架 (2)同じく上架作業中です











上架 (3)上架後高圧洗浄前 現状です

船底の汚れなどを確認致します









上架後現状 (3)船首より 現状です











上架後現状 (1)船尾より











上架後現状 (2)船底部分です











PA136388今回はプロペラの損傷もありました










PA136386
作業は別途記載します









PA146393高圧洗浄中です










PA156410高圧洗浄後です

ちょっと分かりにくくてすいません








PA156411塗装を行っていきます










PA156415船底の塗装を進めていきます










PA166417ドラフト等も記載していきます










(塗装後) (1)かなり飛びましたが塗装後になります

綺麗になりました








PA176446最後にペラの修理作業を2枚ほど掲載します










PA176455ペラ修理中です










下架 (3)作業がすべて終わりまして下架を行います










下架 (1)無事下架終了です


この度は有難うございました

活躍を期待しております



























某ゼネコン様 台船上架整備

P8280100今回は某ゼネコン様の台船上架整備を少しご紹介したいと思います。

まずは上架作業です。
幅がありますので、船台を2つ使用して上架致します。






P8280101上架中です。











P8280107無事上架が終わりました。

次に高圧洗浄作業を行いますが、貝殻や貝類をまず落としてから洗浄を行います。







P8286121貝殻落とし作業を行っていきます。

貝殻や貝類などは適正に産廃処分を行います。







P8280111業者様へきちんと処分を行いました。










P8296129続いては高圧洗浄を行っていきます。


船底部も洗浄しておりますが省略致します。






P8296144今回は亜鉛板も全数取替になりますので、全数取り外しておきます。


取替後は別途記載致します。





P8296133この画像はタイヤフェンダーを持ち上げている一コマです。
理由は
フェンダーを甲板に上げる事で、船側部分の塗装をするためです。






P8296154次は船体をジャッキアップを行います。










P8296159同じくジャッキアップ風景です。

こちらも台車当たり面の塗装作業を行う為に、ジャッキアップをし台車から浮かさなければならないからです。



ジャッキアップが終われば


P8296161台車面の洗浄を行います。










P8286124次は船底部に損傷個所がありますので、今回はダブル板を行う事に致しました。


材料を手配して溶接するだけなのですが





P9016201溶接中です。










P9016207ダブル板後です。

後は塗装作業を別途行うだけですね







P9016193塗装作業も少しですがご紹介致します。

画像はケレン作業中です。

同様に足場の架設も行っていきます

船側の塗装もありますので



P9016210ケレン後はタッチアップ塗装や下塗り塗装を行っていきます。

細かい作業は割愛させて頂きます







P9026227塗装中です。










P9026242船底部も塗装中でした










P9036263少し飛びましたが、船底及び船側外板の上塗り吹付塗装中です










P9036247段々と綺麗になってきましたね










P9086352塗装屋さんは隅々まで見落としなく塗装を行っていきます


流石プロです






P9016217塗装が終わるタイミングで亜鉛板も全数入荷しましたので取付を行っていきます








P9046288亜鉛板取付中です。

パテも忘れずに作業をしていきます







P9086361塗装後です。

すいません、かなり作業を省略しましたが、下架前の風景です。







写真 2020-09-15 10 12 36船を下架していきます。安全第一で作業を行っていきます










P9156374無事下架終了です。


下架後は当社岸壁にいったん係船致します






東港にむけて曳航 (1)残工事が終わり次第、指定係船場所へ曳航していきます。










東港にむけて曳航 (2)出港です。この後無事に係船場所に付きご報告にて作業終了です。
この度は有難うございました。



























FRPタンク寝かせ作業


FRPタンク寝かせ作業前今回は当社敷地内に設置しているFRPタンク( 直径3m×9m)を寝かせる作業を紹介したいと思います。

タンクを寝かせるだけなのでそんなに紹介するほどではないのですが・


作業前の写真です。



P819011025tラフター2台手配し作業準備です。










P8190111ワイヤーなどを準備し、吊る準備を行っております。










P8190113タンク上部にワイヤーをセットしていきます。










P8190114いよいよタンクを吊り上げます。

この位置ですと寝かせる際に、他の物にぶつかってしますので、今回は多少位置をずらして寝かせます。






P8190115多少タンクの位置がずれたのが分かりますでしょうか?


この位置で寝かせる作業に移ります。






P8190117タンク下部にもワイヤーをかけて寝かせていきます。

タンクの状態を見ながら慎重に行っていきます。







P8190118段々と寝てきました。










P8190119ほぼ寝かせた状態に。

タンク下部に盤木などをセットしていきます。







P8200068無事タンクを寝かせる事が出来ました。

横にしてみると以外に小さく感じるのですが、立ててみると結構大きく感じるんですよね。


今回はタンクを寝かせる作業を少しですが記載しました。


某漁船上架整備

P7200062某漁船様の塗装整備の為、上架致します。











P7205887上架後は高圧洗浄作業をしていきます。











P7215897船体の目皿なども取外し、内部も洗浄を行っていきます。











P7205894高圧洗浄後です。










P7215905
今回はアルミ陽極板は残量がまだ十分ある為、磨き作業を行いました。画像は1枚だけですがその他箇所も同様の作業を行っていきます。






P7215906磨き後です。










P7275941船体がアルミ製の為漁労部の摩耗(すり減る)がありますので、必要箇所を肉盛り溶接していきます。









P7215901上記の写真の外側ですね。外側は高所作業車を使って作業(肉盛り)を行っていきます。








P7305964今回は点検の結果2カ所クラックがありましたので補修作業を行う事になりました。画像は右舷側です。


まずはクラックの状況を確認していきます。
確認後今回はほんの一部ですが切り欠き作業となりました。




P7305966
切欠き作業中です。









P7305968切欠き後です。










P7305971材料を準備して新替中です。



もう逆側も同様な作業がありますので簡単ですが見てみます。





P7295954左舷側に来てみました。

こちらも点検の結果一部新替を行います。


切欠き後切断面仕上げていきます。




P7295953溶接前です。










P7295957その後溶接を行って作業は完成です。










P7295960新替後です。

その後塗装は行います。







P7295959塗装に関しては喫水上下を行いますが、今回の紹介は簡略で記載致します。

洗浄後ケレン作業を行い、その後タッチアップ塗装を行っていきます。

高所作業車使用にて作業を行います。



P7305969塗装作業中の一コマです。










P7315976船底の上塗り吹付塗装を行っています。










P8015978台車の当たり面も塗装を行う為、船首船尾共ジャッキアップ作業を行います。








P8035985後は船名文字やドラフトマーク記入していきます。










P8055992ペラクリーンも塗布して塗装は完成です。










P1010235最後に下架風景です。










P1010239下架中です。










P8066001無事下架完了です。

後は係船場所へ接岸し作業終了となります。

今回はこの辺で終わりたいと思います。


























某揚錨船修理工事 その3

DSCF5039さて今回はざっとですが塗装工事を見ていきます。

まずは船底及び船側のケレン作業を行っていきます。







DSCF5111船側も同様に作業していきます。









DSCF5169ケレンが終わり次第タッチアップ塗装を行っていきます。








DSCF5168船側もタッチアップ塗装を行っていきます。


今回はブームも塗装しますので、高所作業車を使用して作業行っていきます。




P6090007ブームも錆打ち作業を行っていきます。


もう少しUPにしてみると






P6090008錆がなかなかあるようですね!

きちんと作業を行っていきます。

ある程度作業を行ったら、今回は屋内工場へ引入れます。

理由は急な雨が降ったり強風などの天候に左右されないようにです。


P6120030工場引入れ後、残りの塗装作業を行っていきます。


ちょっとこの時点で天井クレーンから船を見下ろしてみたいと思います。





P6105625上から見た感じです。










P6120021ブームも塗装作業中です。


今回はデッキや上部構造物も塗装を行います






P6150017下塗りが終われば吹付塗装を行っていきます。










P6150025塗装作業中です。

段々綺麗になってきました。







P6160058船側も吹付を行っていきます。










P6160057ブームの方を見てみると上塗り塗装中でした。










P6150046デッキ部分についても簡単ですが見てみるとデッキを塗装していますね!

滑り止め(砂まき)塗装を行っていきます。






P6150036上部構造物も塗装中です。










P7060194










P6170067
船底も上塗り塗装を。










P7040197デッキの上塗りも終盤を迎えております。


では簡単ですが塗装後を見てみる事にします。






P7040194ブリッジ上から船首方向を見て。










P7090186右舷側通路部。










P7090185上部構造物










P7090184船尾方向をみて










P7070192ざっと船全体を見てみます。


やはり塗装を行うと綺麗になりますね!


塗装の紹介はこれくらいにしたいと思います。



DSCF5029ブログの記事が多少前後しますが、舵箱関係も少しですが。


舵箱についても上架後錆打ちを行いました。

その結果



DSCF5045腐食が酷い状況です。

今回は検討した結果新替することに。






DSCF5214舵箱切断撤去中です。

その前に油圧装置関係は取外を行っております。


舵箱撤去後はデッキも錆打ちを行いました。が



P6100009何と腐食が進んでおり、穴が多数開いております。


今回はダブル板作業を行う事に






P6170071ダブル板作業中です。










P6170084ダブル板作業後です。










P6220137後は舵箱を新規製作を行っていきます。










P6230140ほぼ舵箱完成です。










P6190113さて最後に紹介するのは

機関室スカイライトの件です。


現場から連絡があり見てみると

コーミング部分の腐食が激しいです


P6200122
まずはスカイライトを取外を行います。









P6200123これはなかなかの腐食です。


コーミング作業も行わなければなりませんね!






足場仮設(機関室内)コーミング作業(溶接)には機関室に浮いている訳にはいきませんので簡易な足場を作ります。








P7020179少し省略しましたがコーミング溶接中です。










P6300157今回はスカイライトも新規製作しなおします。










P7020185スカイライト完成です(塗装前ですが)










P7070180スカイライト周辺工事完成後です。










下架 (1)後は下架の写真を1枚。
まだ他の工事は諸々ありましたが省略させて頂き、今回の作業の紹介を終わりたいと思います。




































某揚錨船修理工事 その2

錆打ち前続いてデッキを確認していくと穴があいている個所を発見しました。当然ですが検査官からは指摘を受け、切断新替を行う事となりました。

錆打ち前です。





DSCF5095錆打ち後です。

上記の作業前の写真よりも穴は開いてますね!







DSCF5202ではデッキ切断していきます。









P6090002デッキ切断中です。










P6160056材料入荷準備後、溶接を行っていきます。










P6170083溶接作業中です。

その後仕上げを行います。







P7010174作業後は射水テストを行い、検査受検を行いました。










DSCF5126さて続いては黄色矢印の船首ロープガードを新替致します。


まずは既存のガードを撤去していきます。





DSCF5160撤去後です。








P6110001新しくロープガードを製作していきます。










P6250146ロープガード取付中です。










P6260144取付後は塗装屋さんに塗装していただき完成です。


さて他の工事も見ていきます。






DSCF5162続いては上部構造物の庇の新替作業です。
まずは現状を見てみると







DSCF5084なかなかの腐食具合です。








ヒサシ新替若干省略しましたが、旧庇を撤去し、新しい庇を取り付けていきます。








P6170085新しい庇取付中です。










P7040198作業完成後(塗装後)です。
きちんと庇も新替終わりました。


次回は塗装作業について記載出来ればと思います。




















某揚錨船修理工事 その1

上架 (1)某揚錨船の修理工事(検査受検含)の為上架致します。


今回は一部作業を何回かにわけて紹介したいと思います。
省略している部分も多いですがご了承下さい。





上架 (3)上架後です。

まずは船体の汚れの現状を見てみます。







DSCF4935高圧洗浄前です。


船首から船尾をみて






DSCF4929船尾から船首をみて



ではこれから高圧洗浄の準備に移ります。
その前に貝殻、牡蠣落としを先に行っておきます(省略)




高圧洗浄 (2)高圧洗浄中です。









高圧洗浄後 (2)急にとびましたが、高圧洗浄後です。

綺麗になりました。







高圧洗浄後 (3)船底も覗いてみます。
綺麗になりました。








高圧洗浄後 (4)船尾側も一通り洗浄完了です。








DSCF4952続いてブリッジ上からデッキを見てみます。

デッキ錆打ち前現状です。







DSCF4957デッキ左舷側現状です。


これからデッキ錆打ちを行っていきます。






P6090004デッキ錆打ち中です。










A










DSCF5030デッキ錆打ち中です。

錆打ち後の作業はまた別途紹介致します。






DSCF5058さて上架時に確認した所、タイヤフェンダーが破損している個所が見受けられます。


今回は相談の上船首と相談し一部新替することにしました。




タイヤ8本入荷今回はタイヤを8本新替しますので、タイヤ入荷しました。
これからチェーン通す為穴あけ作業を行います。








P7020181穴あけ作業中です。


どんどん穴あけしていきます。






P7030185新品チェーンとシャックルを入荷しました。










P7030184タイヤフェンダー準備完了です。










DSCF5034次は場所移動して船首倉庫内です。

一部隔壁が今回検査官に指摘を受けましたので、一部隔壁を切断新替を行っていきます。

作業前です。



DSCF5082さて作業を行おうと思いましたが、開口がマンホールのみですので、急遽工事穴をあける必要が出てきましたので、最小限での工事穴をあけることにしました。


寸法を確認中です。
この後デッキ切断致します。

デッキ切断 (1)デッキ切断後です。
これで工事穴が開きました。







DSCF5178ではいよいよ隔壁を切断していきます。

火には充分注意して作業を行っていきます。

並行して隔壁の材料を手配準備を行っていきます。




P6120017隔壁新替溶接中です。



工事後を見てみます。






P6170090隔壁新替後です。

塗装前です。


では作業終了しましたので、検査受検を行い(射水テスト)
受検完了しましたので、工事穴を塞ぎます。



P6290153工事穴を塞ぎました。

この作業はここらへんで終了させていただきます。

他の工事を見ていく事にします。



























某漁船様 塗装上架

上架 (2)塗装の為、上架致します。











上架 (1)上架無事終了です。



では高圧洗浄前の汚れを確認します。






高圧洗浄前 (2)高圧洗浄前です。
違う角度からも見てみます。









高圧洗浄前 (4)船尾から船首を見て











高圧洗浄前 (3)舵やシャフトやプロペラ付近です。


ペラの曲がりなど損傷がないかも合わせて確認を致します。








P6300156高圧洗浄中です。










洗浄後 (1)高圧洗浄後です。

綺麗になりました。
最近は梅雨の時期の為、工場内に船を引入れて塗装を行います。






P7010175吹付塗装中です。











P7010181ちょっと省略しましたが塗装後になります。











P7010182保護亜鉛も今回全数新替となりましたので、材料手配します。











亜鉛板新替後 (1)保護亜鉛も新替完了です。

今回はほぼ塗装のみの工事ですので作業終わり次第すぐに下架を行います。







P7020178船を下架します。

塗装のみの工事(+α)であれば工期をなるべく少なくし作業を終わらせております。
工場内に引き込めるサイズであれば、天候や風にも左右されないので工程が管理しやすいです。


某漁船様上架修理工事

P6160052久しぶりの更新になりますが、今回は上架修理の件で少しご紹介します。

まずは上架作業を行います。







高圧洗浄前 (1)上架後高圧洗浄前です。










高圧洗浄 (1)高圧洗浄中です。










洗浄後 (2)高圧洗浄後です。



綺麗になりました。






P6170059ちょっと省略致しましたが、屋内に船を引込、船底部の塗装を行いました。









P6160049さて続いて右舷ブルワーク部分の損傷の修理を行います。


まずは足場を仮設して、現状の確認を行いました。







P6160050同じく工事前です。










P6180096ではどんどんFRP補修工事を行っていきます。











P6170085FRP補修工事中です。










P6180099FRP補修後は防舷材も一部新替えを行っていきます。










P6180104防舷材も新替が終わりそうです。










下架 (1)工事後は工場から引出しを行っていきます。










下架 (2)下架作業中です。

船を浮かべてる際の、FRP工事完成後を一枚。



この位で紹介を終わりたいと思います。



P6180112補修後は塗装も行い綺麗になりました。



この位で紹介を終わりたいと思います。

一部ブロック製作後台船搭載(当社岸壁より)

DSCF4856とある一部ブロックを製作させて頂き、出来上がりましたので輸送の準備に移りたいと思います。


まずは製作治具(架台)から取外します。




DSCF4857取外後は、一度トラックに搭載する為に工場内で横移動させトラック待ちです。

その後トラックが来たので一度搭載致します。





DSCF4859当社工場から出ました。

敷地内の岸壁へそのまま移動となります。







DSCF4865岸壁に移動しました。

ラフターも待機中です。

後は岸壁に輸送用の台船の到着を待ちます。




DSCF4869台船到着までにブロックの搭載準備を行っていきます。

今回は先にトラックから降ろすことにしましたので、一度吊ってしまいます。





DSCF4870吊りましたらトラックを移動させておきます。

これで準備完了です。







DSCF4871台船が見えてきました。

今回は台船に搭載して輸送致します。

輸送の方たちはプロですので安心しておりますが。




DSCF4872台船をまずは岸壁に係船させます。









DSCF4874係船しました。

ではブロックの搭載を行います。

今回は1ブロックのみですので台船に十分余裕がある搭載で良かったです。



DSCF4876ブロック積込中です。









DSCF4878同じくブロック積込中です。









DSCF4880ブロック積込が終わりました。
曳航されて岸壁を出発しました。

陸送で輸送できるものは陸送もいいとは思いますが、サイズ及びケースバイケースで海上輸送もいい方法ですね!

何処まで運ぶかには寄りますが。




三社神社様へ蛙の奉納(数年前の話ですが)

P1282784数年前の話に遡りますが


当社70周年の記念の際に普段お世話になっております(船の進水式など多方面で)

三社神社様へ
何かお役に立てないか?と思い宮司様含め相談をした結果
蛙の石材を奉納する事しました。

20160120153157692すでに三社神社 蛙 で他の方の記事があったり県内テレビで紹介もされたりご存じの方も多いとは思いますが。

大きい蛙が1匹

小さい蛙が5匹(境内のどこかに)おります。
全部見つけて六つの蛙(むカエル)となるのです。

幸せをむかえる 

201601201531378634紹介はこれくらいにして、是非近くを通った際は、立ち寄ってお参りいただき、是非6匹の蛙を見つけて下さい。

他にも蛙の可愛いおみくじや色々神社にはありますので良ければ。




最後に一番目立つカエルを


三社神社奉納(ほぼ完成形) (1)一番大きい蛙です。

何故蛙が鎮座しているのか

そこらへんもきちんと説明が書いてありますので良ければご覧ください。

少し情報が遅いですがご紹介致しました。
皆さんが幸せでありますようにと願いを込めて・・・・


某ゼネコン様中間検査工事

上架今回は某ゼネコン様中間検査受検の為
まずは上架致します。








洗浄前 (4)上架後現状です。

高圧洗浄前です。







洗浄前 (2)同じく上架後現状です。









洗浄前 (1)同じく上架後現状です。









高圧洗浄高圧洗浄作業中です。









タイヤフェンダー取外し作業 (3)高圧洗浄後は各タイヤフェンダーの取外しを行います。

その作業に伴い、その後サンドブラスト作業を行う為、全体の足場仮設と、サンドが飛び散らないようシートを養生していきます。





タイヤフェンダー取外し後 (2)養生後とタイヤフェンダー取外後です。









サンドブラスト中サンドブラスト中です。









錆打ち作業 (2)並行して船体喫水上は錆打ちを行っております。










ジンク塗装 (2)ジンク塗布中です。










DSCF2114塗装は喫水上下同時並行作業で行っていきます。











DSCF2119途中状況です。










ジンク塗装 (3)吹付塗装中です。

塗装は残りは別途記載します。








塗装(2)喫水上も高所作業車を使い塗っていきます。









ジャッキアップ台車当たり面の塗装も行う為、船をジャッキアップします。


先はジャッキアップ作業中です。







ジンク塗装 (8)ジャッキアップ出来ましたので塗装を行っていきます。










盤木当たり部塗装作業










盤木当たり部塗装 (2)綺麗になりました。

船首船尾とも塗装後は台車復旧致します。








亜鉛板取付後は各亜鉛板の新替を全数行っていきます。










アンカーチェーン整備 (2)アンカーチェーンも繰出し、計測検査受検を受けます。

整備後は復旧致します。








配管改造工事作業 (2)今回は船首ウインドラスの配管工事も一部行います。










配管改造工事復旧作業作業は省略致しますが、一部配管の油圧ラインを工事していきます。









油圧配管作業中 (2)配管ライン工事中です。









タイヤフェンダー取付完了さて他工事は省略致しますが、
塗装完了しましたので、フェンダーの復旧を行っていきます。

先は復旧後です。






下架前最終 (2)船底も綺麗になりました。









下架前最終 (3)船尾もペラクリーンも塗布が終わり、綺麗になりました。









下架作業 (1)では検査受検も終わり、他工事も終了しましたので下架を行っていきます。








下架作業 (3)無事下架完了です。



これからの作業の安全を祈念しております。

今回はこれにて終わりたいと思います。















































某ゼネコン様 中間検査工事

上架 (1)
中間検査の為上架致します。








上架 (3)上架後です。

まずは高圧洗浄の準備を行います。







DSCF4235洗浄前現状です。









DSCF4248高圧洗浄中です。

洗浄後は工場内引入準備を行います。

マストの高さがこのままだと引入出来ませんのでマストを取外ししたいと思います。




マスト取外し前 (1)この囲った部分ですね。

先は取外し前です。







マスト取外し後 (2)取外し後になります。
分かりますでしょうか?


これで高さクリアーしましたので工場内にいつでも引入れ可能です。


工場引入れ前に一部作業があります。少し見てみます。


DSCF4313タイヤフェンダーを取外を行います。

取外しの理由は、船側外板の塗装及びフェンダー固縛ワイヤーの新替の為です。

どんどん取り外していきます。




DSCF4370タイヤフェンダー取外し後屋内に移動しました。

フェンダーチェーン腐食しております。







DSCF4268少し前後しましたが、工場引入れ前にサンダー掛け作業を行っていきます。








DSCF4281船底部分サンダー掛け作業中です。









DSCF4290その後はタッチアップ塗装を行っていきます。









DSCF4314同じくタッチアップ塗装中です。









工場引入れさてようやく工場引入れを行っていきます。



作業を少しですがご紹介します。





DSCF4577取外後の旧チェーンを切断撤去していきます。

今回はチェーン及びシャックルも全数交換となります。







DSCF4677タイヤチェーン新替後です。


では次に塗装をさっと見ていきます。






DSCF4426塗装作業中です。









DSCF4539同じく塗装作業中です。

段々と綺麗になってきました。







DSCF4507塗装も終盤です。

残りは船名文字や船籍港、ドラフトマーク記載なども後で行います。







DSCF4683ペラクリーンも塗布していきます。


っとここらへんで塗装は終わりとして他の作業を見ていきます。

船首フェアリーダーの交換が今回ありますので、見ていきます。
船首へ移動します。



交換前 (1)船首へ移動してきました。

画像は作業前現状です。

では新しいフェアリーダーの入荷を待ちます。





船首フェアリーダー手配新しいフェアリーダー入荷しました。









DSCF4392既存のフェアリーダーを切断撤去していきます。

新しい取付位置は船長と相談の上位置を決定していきます。







DSCF4465フェアリーダー撤去後です。

画像は左舷側ですが右舷も同様です。







DSCF4530では新しいフェアリーダーを取付溶接していきます。

若干の改造はありますが省略致します。







DSCF4673取付及び塗装後になります。


では次に停泊用補機の入替を少しご紹介します。






補機 (5)停泊用補機をそのまま吊り上げて交換でいいのでは?と思うかもしれませんが、今回はそうはいきません。附帯工事が結構あるのです。

まずはこの場所から真上に吊って出せないという事で、一部デッキ(甲板)を切断しそこから取り出さざるを得ません。


まずは周りの配管で電線を取り外していきます。
また補機の通り道の機器類も撤去しなければなりません。

補機 (9)少しずつ補機を吊り上げ位置まで移動していきます。


機関室はその他機器類もついておりますので、すんなりいかない場合もあるのです。

さてお次はデッキに移動します。



補機 (6)デッキに移動してきました。
この矢印部分を切断し開口を開けます。


もちろん火の取り扱いには充分注意をし作業を行います。





補機 (7)デッキ切断中です。









補機 (8)デッキ開口作業済みです。

落ちないように注意をし、補機の取り出しを行っていきます。







補機 (4)補機の新旧です。

メーカーが違う為、すんなり入ればいいのですがなかなかそうはいかないものです。

据付位置のボルト穴も違ってきますので、附帯工事が結構あります。




補機 (10)機関室内部です。

今はスッキリしております。
ただここから補機を入替、取外し他機器類や配管、電線の復旧を考えると、ちょっと・・・・・ですが。





補機 (11)新しい補機を入れていきます。


補機を入れ終わったら、その他復旧作業を行います。






補機 (1)デッキを塞いでいきます。


塞ぎ後は電線などの復旧を行います。






補機 (2)電線復旧中です。




ではデッキに移動してみます。




補機 (3)デッキが塞ぎましたので検査を受けます。

検査官立ち合いの元射水テスト行います。

画像は射水中です。
水漏れはなく検査には受かりました。

後は塗装を行い終了となります。


DSCF4708塗装が終盤になりましたのでタイヤフェンダーを復旧していきます。



その後工場の引き出しを行います。





DSCF4767工場引き出し中です。


亜鉛板なども新替してあります。






下架 (3)最後に一枚下架の写真を。


これにて今回の記事は終わりたいと思います。




































































大阪向け製氷装置一部製作改造

DSCF3029 - コピー大阪向け製氷機装置一部改造工事のご紹介をしたいと思います。

左記はFRP製タンクを再度利用する為、内外部の洗浄を行っております。






DSCF3001内部も洗浄する為、上部マンホールも取外しをしていきます。









DSCF3028内外部洗浄し、作業後は再度マンホール復旧です。

横にある大きいタンクも洗浄を行っていきます。


少しですが見ていきます。




DSCF3030 - コピー外部洗浄中です。
先程と同じようにマンホールを取外、内部の洗浄を行います。








DSCF3041内部洗浄中です。
洗浄後は乾燥させて、またゴミなど入らないようすぐにマンホールを復旧致します。

この2本のタンクはその後屋内に移動させます。





タンク工場内引入れ (1) - コピータンク屋内移動中です。

では次は架台の製作の一部をご紹介出来ればと思います。







DSCF2536次は最初に紹介したFRP製スリムタンクの架台を一部改造していきます。








DSCF2532タンクをこの架台に立てる為、補強を行っていきます。









DSCF2550架台改造中です。

左記は補強材を溶接中です。







DSCF3383補強塗装後です。









PB214683次は先ほどのFRPタンク(大)の架台を製作していきます。
この架台は0から製作します。


材料手配後製作していきます。






PB224679製作中です。










PB254735鉄板も貼る為準備しております。










PB254736着々と出来て来ました。










PB264739










DSCF2605下塗り後です。

後で上塗りは行いますが、ここまでとしておきます。

さて次は建屋の一部製作がありますのでそれを見ていきたいと思います。




PC034761建屋部の架台部分の製作を行っております。










PC044763建屋部の架台が大体出来上がりました。

次はこの上に搭載する建屋の製作に移っていきます。








建屋側製作中建屋部の製作を開始です。
これだとまだ分かりにくいですが









PC064767段々と製作していきます。










PC104761建屋っぽくなってきました。










DSCF2854あのままだと建屋が骨組みだけになりますので、壁を製作していきます。今回は色々検討の結果FRPにて壁を製作していきます。

また一部は取外し可能の状態にし、メンテナンス時の取外しも出来るように致しました。




DSCF2886どんどんと壁が出来上がっていきます。








DSCF2889大体建屋の全貌が見えてきました。

ではここで一度壁を取り外します。

理由は建屋部と架台部の溶接をしなければなりませんので。




DSCF3309少し省略しましたが、架台部と建屋部の溶接及び機の一部中に入れている状態です。


後はこの状態でFRPの壁を取り付けていきます。





DSCF3382壁取付中です。
天井部も機器の取外しの際に吊れるようにしてあります。








DSCF2540
次は給水タンクなどの内外部洗浄を行います。








DSCF2549綺麗になりました。


洗浄後は屋内に移動させます。


さて屋内に戻ってみます。



タンク立て作業 (1)
次はFRP製タンクを今回製作した架台に搭載していきたいと思います。
慎重にタンクを立てていきます。






タンク立て作業 (4)









タンク立て作業 (5)タンクの据付部もきちんと確認をしていきます。









タンク細 吊り方 注意 (3) - コピー同様にFRPスリムタンクも立てていきます。


並行して配管工事も行っていきます。






DSCF3566配管材料を手配し作業開始です。









DSCF3636どんどん配管工事を行っていきます。









DSCF3659配管工事中です。









DSCF3684建屋内部も配管作業を行っております。









DSCF3668作業途中風景です。

タンクが2本くらい建つと立派に見えます。

工場内の雰囲気が変わりますね。

作業後は発送準備かかりますので、一部ばらしていきます。



DSCF3870今回はトラック2台手配して積込んでいきます。









DSCF3871積込中です。

慎重に行っていきます。







DSCF3875もう一台も積込中です。









DSCF3887幌をかぶせて、出発準備完了です。

運転手さん気を付けて安全運転で。


では今回は簡単ですがこのくらいで終わりたいと思います。


















































新年明けましておめでとうございます。

1434506-1輝く新春を迎え益々のご発展と
皆様のご健康をお祈り申し上げます

本年も社員一同さらに誠心誠意業務に努めてまいります

なお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます

消防艇上架整備

上架 (2)消防艇を整備の為、上架致します。

今回は建造後1年目の為、重整備は御座いません。










上架 (3)上架中です。


上架後は水洗いを行っていきます。







高圧洗浄 (2)高圧洗浄中です。










高圧洗浄 (1)同じく高圧洗浄中です。










目皿開放内部清掃 (1)海水箱目皿も取外、内部も洗浄していきます。










目皿開放内部清掃 (3)内部洗浄後です。


もう片舷も同様作業です。







PB204633高圧洗浄が終わりましたので、工場内引入れを行います。










工場引入れ後工場内引入後です。


塗装を行いますが今回は簡易で紹介といたします。







PB264753上部構造物塗装中です。










PB214684船体(喫水上下)塗装中です。










塗装前 (1)推進装置(ウオータージェット)塗装前です。










PB224696ウオータージェットも塗装を行っていきます。










塗装後 (1)塗装後です。
綺麗になりました。

その後陽極板の導通確認などや摩耗などを点検しました。







エンジンオイル抜取 (1)主機はエンジンオイル及びエンジンオイルFを交換しました。










DSCF1966オイルF取外し後です。



新品に交換して終了となります。






DSCF1968片舷2個ですので両舷で4個交換です。










DSCF1957同様作業を逆転減速機も行っていきます。



オイルFの交換






DSCF1984オイル抜取、入替中です。










DSCF1974同じく同様に補機のオイル交換も行っていきます。










DSCF1983オイルを注入していきます。







さて下架作業を見ていきたいと思います。

その前に
目皿及び内部塗装後 (3)海水箱目皿復旧前です。
内部も綺麗に塗装完了です。









下架 (1)下架作業中です。










下架 (3)
下架完了です。
様々な場面で活躍する消防艇

市民の皆様を守っている船ですね。
消防隊員の皆様日々ご苦労様です。


今回のご紹介はこれくらいにしたいと思います。





















新潟市曽野木中学校様 職場体験 2019

PA174431
今回は曽野木中学校様の職場体験を少しですがご紹介致します。

まずは船についての説明と皆さんからの質問に答え、話し合いを行いました。

皆さん真剣です。





PA174423その後は本棚を自分達で製作するにあたり一部ですが寸法を自分達で決めてもらいます。

実際に自分で考えて形にすることが重要だと思いますので。







PA174432寸法を決めたら次はAutocadの使い方を説明し、少しですが自分達で作図してもらいました。

作図後は印刷をし、今回自分たちが作る図面を完成させました。

続いては溶接と切断及びプレス曲げについて説明を行っていきます。
今回皆さんの本棚を製作するにあたり全ての工程が必要になりますので。




PA174440溶接を実際にどうゆうものかを実践し見てもらいます。



その他プレス曲げや切断も説明を一通り行いました。
当社ではその後自分達で体験を行っていただきます。もちろん安全第一で作業を行っております。




PA174445生徒様が自分達で切断を行っております。

全員体験をしてもらいました。








PA174454溶接も生徒様全員体験してもらいました。










PA174441プレス曲げも同様です。

その後は先に自分達で溶接を行い、ビードで文字を書いてもらいました。

仕上がり具合はというと





PA174449良く出来ていますね!










PA174450皆さん素晴らしい出来です。










PA174451皆さん最初から慣れてきて、とても上手いです。










PA174452こちらの作業が終わり次第 世界に一つの本棚(一人一つ)を作っていきます。









PA184499本棚製作は省略しましたが、皆さん上手いです。

あっとゆうまにオリジナル本棚完成です。

ただし今回も本棚に塗装を行って貰いました。

色を塗る前にイメージしてもらうのも楽しいですよね。




PA234570本棚完成です。

後日塗装が乾いてからお渡しとなりました。



さて続いては
当社で建造した水上バスの体験乗船をしてもらいました。



DSCF1994まずは乗船前の1枚です。










DSCF1996乗船中です。

船のルートなどパンフレットを真剣に見ています。








DSCF1999風が気持ちよさそうですね。










DSCF1997最後になりますが、デッキでの写真を掲載して終わりとさせて頂きます。

生徒様及び先生方この度も誠に有難うございました。

少しでもいい経験が出来たと思っていただければ幸いです。








某 屋形船上架整備

上架 (1)某屋形船の一部修理を行う為上架致します。










上架 (2)上架中になります。










高圧洗浄前 (3)上架後高圧洗浄前です。










高圧洗浄前 (2)同じく高圧洗浄前になります。

では準備して洗浄していきます。








高圧洗浄 (2)高圧洗浄作業中です。










高圧洗浄 (1)同じく洗浄中です。










高圧洗浄後 (1)高圧洗浄後です。


続いて一部FRP補修工事の紹介を致します。







修理前現状 (2)右舷側の損傷工事前です。

目視では白印囲った部分ですが、とりあえずサンダーで削ってみます。







P9174385サンダーで削り中です。

その他部分に損傷が無ければいいのですが。








P9184398FRP施工前です。










P9184385FRP積層していきます。










P9194388FRP積層後です。


次に仕上げを行っていきます。







P9194385仕上げ中です。


その後補修塗装を行います。







塗装後 (3)塗装後になります。


その後下架準備に移ります。







下架下架作業中です。

これにてこの記事の紹介を終わりたいと思います。


















某ゼネコン様上架ペラ確認及び塗装工事

上架 (2)今回はプロペラの曲がり直し作業の為上架を行います。


上架するのでついでに船底塗装も作業を行う事になりました。







P9044332上架しながら貝及び牡蠣落とし作業を同時に進めていきます。










貝及び牡蠣落とし同じく貝及び牡蠣落とし作業中です。

作業した貝や牡蠣は適切に産廃処分業者へ処分してもらいます。








貝落し後 (3)貝及び牡蠣落とし作業後です。










P9054315高圧洗浄作業です。










P9054327同じく高圧洗浄作業です。










高圧洗浄後 (1)高圧洗浄後です。

プロペラの状況も確認してみます。
あまり曲がって無ければいいのですが。







ペラ曲がり直し前現状 (5)プロペラ損傷状況です。

調べると4翼多少なりとも曲がっておりました(一部欠損あり)








P9064315プロペラ曲がり直し作業中です。










P9064326一部欠損が見れた為、肉盛溶接を行います。

その後仕上げを行います。








プロペラ修理作業後プロペラ修理後です。

その後ペラクリーン塗布を後で行います。








海水箱内部清掃(目皿取外含)海水箱目皿取外し、内部洗浄を行います。










P9094367内部清掃後です。










船体ジャッキアップ(台車当たり面塗装の為) (2)台車当たり面の塗装も行う為、船体ジャッキアップを行います。










船体ジャッキアップ(台車当たり面塗装の為) (3)ジャッキアップ後です。










シャフト亜鉛交換前紹介するのが順不同で申し訳ございませんが、シャフト部丸型亜鉛も今回交換することになります。









P9104320交換後になります。










P9104328先行して台車当たり面の塗装を行っていきます。


当たり面塗装後は台車を再度セットします。







P9104337少し省略ですが下塗り行いましたので、工場内引入れて、上塗り吹付塗装を行います。









P9124351ペラクリーン塗装も行っていきます。










P9124354ペラクリーン塗布及び亜鉛新替後になります。


工事も終わりましたので下架準備に移ります。







下架作業 (1)下架作業です。










下架作業 (3)工事も無事終わり、岸壁に係船して作業完了です。




簡単ですが今回の内容は終わりたいと思います。































































2019年度 南浜中学校様 職場体験

P7094277今年度南浜中学校生徒様の職場体験を行いました。

まずは各機械の説明を行いました。


後で実際に生徒様に体験してもらう為、きちんと説明致します。




P7094278左記の写真は上記の機械(プレス)を使って、鉄の板を90度に曲げてみる作業を行ってもらいました。

実際に手に取って見ると、90度近いのですがなかなか直角に曲げるというのは難しいんです。

何回もチャレンジしてもらいました。



P7094280お次は材質の違いを実際に手に取ってもらい体験してもらいました。

右側が鉄です
左側がアルミです。サイズ的にはアルミのほうが大きいので重いと予想していましたが

結論から言うと鉄の方が重い為、びっくりしておりました。
厚みの違いはあるのですが。

P7094281さてさて続いて先ほどまでは


鉄を曲げる=プレス

作業を学びました。次は切断=切る  です。
ハサミで切るわけにはいきませんので、機械を使用して切断致します。今回はプラズマ切断を行います。
まずは説明を致します。

P7094282まずはどうゆうものかを見てもらいました。

火花が散る為、ビックリしておりました。
もちろん安全第一で行っておりますので問題はありません。






P7094284説明とどのような物かのお手本を見せた後は、もちろん実際に体験をしてもらいました。

何度も挑戦していく中でうまくなり、コツもつかめると思います。
生徒様が自分で切断を行っております。
その後溶接の練習を行いました。
溶接=材料をくっつける で自分の名前を書いてみましたので見てみます。
P7094287いかがですか?

バッチリです。
素晴らしいです。






P7094288同じくバッチリですね。

これも後で塗装を行いますが、一部穴あけ=ドリル 作業も体験してもらう事にしました。

何事も挑戦は大事ですので。




P7094290自分達で書いた名前のプレートを穴あけ作業をしております。

説明後自分で作業を。


段々と慣れてきましたか?




P7094292手慣れた手つきで頑張っておりました。

ここまでの製作品の途中経過を見てみます。








P7104280世界に一つの品物です。


さて続いては本棚の製作にかかります。もちろん当社も手伝いを致しますが、基本はサイズも生徒様が自分で考え、製作を優先して作業を行います。




本棚製作開始自分達の本棚のサイズや形状が決まりましたので、これから製作開始です。
まずは材料を持っている所からスタートです。


プレス曲げを行い、必要に応じて溶接作業を行いました。
その後本棚を塗装までてもらう事に致しました。
少し覗いてみます。


P7114284塗装中です。

もちろんどのように色を塗るかも生徒様に考えて貰いました。
世界で一つのオリジナル作品作りますので。

塗装中です。
マスキングテープの使い方も教えましたので、ツートンカラーになりそうです。


P7114286着々と塗装が進んでいきます。

真剣に作業しております。

塗装直後見てみる事にします。






本棚完成 (1)塗装直後です。
これから乾かします。


乾かす時間があるので、どうしようか考えました。





DSCF1438当社で以前建造した水上バスに体験乗船をてもらう事にしました。
後ろに見えますね。

これから短い時間ですが乗船です。
乗船前の1枚です。




DSCF1441船内で乗船中です。










DSCF1442すっかり船の乗船の1枚もサマになっております。










P7114277最後に職場体験終了間際の1枚です。
自分達の手で物を作り最後までやりとげるのはいい経験になったと思います。

担任の先生及び学校関係者の皆様、生徒様、この度は有難うございました。
怪我もなく世界で一つの製作品大事に使って頂ければ幸いです。




























某ゼネコン様台船修繕工事

着岸(工事前)今回は台船の一部工事を紹介したいと思います。


一部デッキダブル板作業及びウインチ部電線貫通新替工事(電線新替含)を見ていきたいと思います。


今回は浮上にて作業を行う為、上架は不要です。



工事前デッキダブル板する箇所は、画像のウインチ及び発電機周辺のデッキになります。

もちろんこのままではウインチ及び発電機下部のダブル板溶接が出来ませんので、一度陸揚げを行います。

配線類も取外しを行います。



P6034151ウインチ及び発電機取外準備中です。

勿論アンカーも一度陸揚げを行います。








アンカー陸揚げアンカーを陸揚げ中です。

ウインチも同様に先に陸揚げ完了です。








発電機陸揚げ続いて発電機も陸揚げ中です。










P6044178陸揚げ後です。

まずはダブル板の前に各錆打ちを行っていきます








P6034158並行してダブル板の板材も入荷しました。










P6054198
各箇所ごとに切断していきます。

本当であれば1枚物で貼ればいいのですが。

さて錆打ちの状況を見に行ってみます。





P6044167錆打ち中です。










発電機 (1)左記は発電機用の貫通金物でした。

今回新替する為、既存の物を撤去致します。

配線を通す場所を変えますので、ここは塞ぎます。






発電機 (3)貫通金物切断しました。


後はこの部分はメクラにして終了です。

その横のウインチ架台はダブル板を行う為、1本補強(センター横)を入れておきました。



発電機 (4)メクラ板溶接中です。










発電機 (5)


溶接後です。

では続いて他の作業も並行して見ていく事にします。





P6044176
次はデッキ中央部にきました。
以前ダブル板溶接を行った溶接ビード部の亀裂の確認を行い、補修箇所があれば錆取(一度焼きます)して補修溶接を行います。

矢印箇所だけではありませんが、細かく見れば結構な個所がありました。



P6054192各補修溶接中です。










P6064217その他箇所も同様作業です。










P6054205同様作業です。



次はウインチ部分の貫通金物新替を見ていきます。

作業箇所はウインチ4台ですが今回は1台だけ見てみます。



A (1)ウインチ部に来てみました。

電線は取外終わってますのでありませんが、貫通金物はかなり腐食が酷いです(丸印)




拡大してみると

A (2)要交換が必要です。

貫通金物を新規製作致します。








P6054190新規の貫通金物です。

後は旧を撤去し、新を取付していきます。








P6054194貫通金物新替後です。
後は錆止め塗布して完成です。

さてそろそろデッキダブル板工事進んだでしょうか?

移動してみます。




P6054201ダブル板作業が進んでいました。

以前発電機の貫通を撤去しましたが、丸印の部分から電線を立ち上げる事にしています。






P6054204ダブル板作業中です。


ウインチ架台部もダブル板しております。







P6074221ダブル板作業です。










P6074222ダブル板も大体いいところ終わりました。










P6114234作業は少し飛びますが、発電機及びウインチを搭載していきます。









P6114244発電機及びウインチ搭載後です。
今回の工事はここらへんで終わりたいと思います。
最後まで読んで頂き有り難うございました。
















































































































































































某ゼネコン様 上架整備工事

燃料抜取 (2)今回は上架整備を行う船の一部紹介したいと思います。

上架前に燃料の抜取を行っております。

理由としては、燃料タンクのゲージ清掃を行う為です。

綺麗なドラム缶にきちんと保管をし、後で積み込みを行います。



上架 (1)燃料抜取が終われば上架です。










上架 (2)同じく上架中です。










P3203901上架後高圧洗浄前です。










P3203907高圧洗浄を行っていきます。










P3203909高圧洗浄中です。










P3203917洗浄後になります。
綺麗になりました。


ではその他の工事を一部ご紹介致します。





P3253908燃料ゲージ清掃後です。

当たり前ですが目盛りはきちんと読み取れます。








P3253911船底弁の一部新替がありましたので船底弁を交換致しました。

少し見づらいので寄ってみます。








P3253913船底弁拡大です。










P3253923続いては逆転減速機のドレンコックの新替を行います。

まずは部品を手配いたします。








P3253928ドレンコック新替中です。










P3253906無事作業終了です。










P3253920続いては主機冷却水パイプの一部新替です。

パイプを新規で製作し、亜鉛メッキを施します。


その後塗装を行い取付となります。




P3253929メッキおよび塗装後です。


もちろんパッキン及び取付ボルトも新替致します。








P3253907パイプ新替後です。










P3253905残りはプロペラを磨きペラクリーン塗布を行います。


並行して各亜鉛板の取替も行います。







亜鉛板 (4)プロペラ磨き後及び亜鉛板新替後です。










ペラクリーン塗布後ペラクリーン塗布後になります。










下架作業 (2)先の画像は下架作業です。


下架作業後は燃料の復旧を行い作業終了となります。


今回はこのくらいにしておきたいと思います。

















2019年(平成最後)の当社敷地内 桜の様子

観桜会展示写真(当社桜) (15)今回のブログは仕事の話題ではありません。


平成も残すところあとわずかですが

当社敷地内には綺麗な桜が咲いております。

今回は桜の写真を少し掲載したいと思います。


観桜会展示写真(当社桜) (14)様々な角度から撮った写真です。










観桜会展示写真(当社桜) (3)いつもみても桜はいいですね。










観桜会展示写真(当社桜) (4)掲載している写真は全部敷地内にある桜です。










観桜会展示写真(当社桜) (5)色々な桜から撮影しました。










観桜会展示写真(当社桜) (7)










観桜会展示写真(当社桜) (13)桜を下から見上げてみました。










観桜会展示写真(当社桜) (18)











観桜会展示写真(当社桜) (16)











観桜会展示写真(当社桜) (17)平成も終わり、来年のこの時期にはどんな表情(桜)を見せてくれるか今から楽しみです。

今回はこのくらいにて終わりたいと思います。

時々仕事以外の話題も何かあれば掲載していきたいと思います。



某ゼネコン様 曳船 中間検査上架整備

上架作業 (1)某ゼネコン様の中間検査の為、上架を行います。










上架作業 (3)上架後です。










高圧洗浄 (5)上架後高圧洗浄を行います。










高圧洗浄 (1)高圧洗浄中です。










洗浄後 (4)高圧洗浄後です。










P3063748各船底目皿を取外、内部洗浄中です。

今回は一部のみご紹介出来ればと思います。








P3073750内部洗浄後です。










繰出し作業アンカーチェーンの計測を行う為、チェーンを繰出していきます。
その後計測を行い、受検を致します。







P3063756チェーン繰出し後は、チェーンロッカーの清掃や点検も行います。









P3063741チェーン繰出し完了です。


今回は一節のチェーンの摩耗があった為、一部新替となりました。

チェーンの手配を行います。



P3153929チェーン新替中です。

それに伴いシャックルも今回一部新替を致しました。








アンカーチェーン新替後チェーン新替後です。










P3123867さて今回は一部配管の新替作業も行います。










P3133887とある3本のラインの配管を新規製作致しました。

これから亜鉛メッキ処理を行い、配管を取り付けていきます。


画像は亜鉛メッキ前です。




P3153921亜鉛メッキ後です。










P3083765配管新替の内1本のみ紹介致します。


雑用水ラインの配管を取替の為取り外していきます。







P3183923配管取外し後です。



今回は配管と同時にバタフライバルブも新替となりました。






P3223923バタフライバルブ入荷致しました。


上が旧で


下が新です。



P3223944配管メッキ仕上げ後塗装を行い、バタ弁を新替してここのラインの作業は終了となります。










P3073751塗装も少しですがご紹介致します。

高圧洗浄後ケレン作業を行います。








P3113800塗装仕様書に基づき喫水上下の塗装を行っていきます。










P3123832塗装中です。

今回は足場を組んでいない為、作業車を使い塗装を行っていきます。







P3153963塗装中風景です。










P3183925先の画像は喫水上の上塗り塗装中です。
後はドラフトマークや船名文字等も記入して塗装完成となります。









亜鉛板取付 (2)塗装後に次は亜鉛板の新替作業を行っていきます。

亜鉛板取付中です。








亜鉛板取替後 (3)亜鉛板取付後です。

その他工事として、検査受検や法定属具の新替等、他の作業も行ってますが省略致します。






下架作業 (2)下架作業です。

今回はこれで終わりたいと思います。






























新消防艇 建造感謝状式典

IMG_9304昨年末に引き渡し完了しました新消防艇において、建造感謝状を頂けることになりました。


消防局様をはじめ、様々な方の協力のもとで建造出来ました。





IMG_9308少しですが感謝状の授与の際の写真を掲載致します。

涌井消防局長様より感謝状頂きました。







IMG_9310感謝状というのはいつ頂いても嬉しい物です。









IMG_9315新潟市消防局の方には局長様始め、多大なるご理解とご協力を頂きいい船が出来たと思っております。



最後に写真を一枚掲載致します。




IMG_9320
これを励みにこれからも頑張っていきたいと思います。


関係者の方すべての方の協力があってこそ、この日を迎えられた事に感謝致します。


新消防艇(にほんかい) 建造工事vol5

DSCF1015新消防艇の就航式を見てきました。


その時の写真を少しですが掲載し、完成とさせていただきます。


当日はあいにくの天気模様でした。
これから新・旧の消防艇の引継ぎの放水が行う予定なのですが。



DSCF1047右が旧消防艇・左が新消防艇です。

新旧では放水能力もUPしております。

この写真を撮影しているときはなんと、急に天気が回復しお日様が顔を出し始めました。





DSCF1028今回は消防隊の演奏付きです。










DSCF1031市民の皆様も多数見に来られてました。










DSCF1038どんよりの曇り空から一点青空が。










DSCF1050消防艇の放水は素晴らしかったです。

来年度は1月13日出初式でまたお目にかかれると思います。


是非出初式で放水を実際に見て頂けると、迫力があり楽しめると思います。


















新消防艇(にほんかい) 建造工事vol4

PB122714画像は進水式の画像です。










進水式(新消防艇) (36)
進水式も無事滞りなく終了しました。










PB122721進水前です。










進水式(新消防艇) (28)いざ進水です。

無事進水完了です。

少しホット致しました。






エンブレム(シール)貼付け後 (3)今回の船はマストは油圧起倒式の為、起倒させて萬代橋をくぐれるかの通過テストを行いました。









萬代橋通過テスト (19)通過テストです。










萬代橋通過テスト (1)無事、橋の通過を確認出来ました。


































新消防艇(にほんかい) 建造工事vol3

ブルワーク取付 (1)次はブルワーク取付後の画像です。



少し操舵室の作業を見てみます。






P8211913操舵室の組立を始めました。










P8221919操舵室組立中です。










P8231929操舵室組立中です。

先の画像も反転前ですので、正規の位置は上下逆になります。


では反転作業する為隣の工場へ移動させます。





P8311917操舵室を移動させてきました。

では反転作業に移ります。








P8311921反転作業中です。










P8311928もう少しで反転作業が終わります。










P8311939反転後です。

その後搭載の為、定位置に移動させます。








P8311947操舵室を搭載中です。


では搭載後の操舵室を覗いてみます。







P8311952操舵室内部です。

当たり前ですが何もないので、殺風景ですね。


外側から見てみます。





P9011920外側(右舷)から見てみます。

操舵室が搭載すると船の形がハッキリしてきました。

個人的には材質がALLアルミ製ですので、塗装しなくてもかっこいいですね。

こんな船があってもいいとは思うのですが。。



操舵室全面窓穴あけ後その後操舵室に関しては窓取付の為、穴あけ作業を行います










泡原液タンク及び清水タンク搭載機関室では、泡原液タンクをはじめ、各諸タンクの設置や配管ラインの製作取付を行っていきます。









主機搭載 (3)詳細は省きますが、後は消防Pや主機やWJなどを搭載していきます。










窓取付後 (1)窓取付後です。










内装及び電線引込作業 (3)操舵室内部では内装作業や、電線作業を同時進行で行っております。


次回はかなり省略致しますが完成後などのご紹介を少しできればと思います。























新消防艇(にほんかい) 建造工事vol2

P7171795続いては先の画像(機関室船底部)に、今まで組み立てていた、機関室上部(壁 含)を反転して搭載するところをご紹介したいと思います。


先の船底部にこれから搭載致します。






P7171797反転作業にかかります。

画像はまだ反転前です。


では慎重に反転させていきます。





P7191805反転中です。










P7191808もう少しで180度反転になります。










P7191811大体反転作業が終わりました。

ようやく船のイメージがつかめるようになってきましたね。








P7191813反転後は当初の船底部まで移送させて搭載を行っていきます。










P7191815船底部を大体搭載したところです。

ようやく船の形に一部ですがなってきました。

反転作業は機関室部でしたが次は船首部もご紹介致します。






QQ (14)船首部を反転させるため、工場内移動中です。










QQ (17)船首部反転作業中です。










QQ (19)もうすぐ反転作業が終わります。

船首部のデッキ部分が見えてきました。








QQ (20)反転が終わればいよいよドッキング作業です。

この作業を行えばかなり船の形になってきます。

このまま少し見ていきます。






QQ (2)反転作業後は船首部分へ移動させていきます。










QQ (4)船首部分まで移動させてきました。


いよいよドッキングです。


ここからでは見にくいので、もう少し高い位置から見てみる事にします。



QQ (7)ドッキング作業中です。

慎重にかつ位置を確認しながら、作業していきます。








QQ (8)ドッキング作業中です。

大体船の形になってきましたね。


この状態で作業出来る所は作業してしまいます。


実はこの後船底部の本溶接を行う為再度反転しなければなりません。

船体反転作業(1回目) (2)ブログだと作業の省略が多い為、またすぐに反転作業の感じになってしまいますがご了承下さい。


では再度反転させていきます。






船体反転作業(1回目) (3)今度は船首部も結合させておりますので、船全体を反転させる形ですね。









船体反転作業(1回目) (6)反転作業中です。










船体反転作業(1回目) (8)もう少しで反転が終わります。










船体反転作業(1回目) (11)反転後です。

次は定位置に移動させて船底部の本溶接及び仕上げを行っていきます。







P8071870溶接中です。

もちろん船底部の射水検査など、検査官立会の検査などを行っていきます。



その後は再度反転致します。
作業は省略致します。


YU (4)反転後です。

では今回は最後に今現在の状態でデッキに上がってみる事に致します。







P8111885デッキに上がってきました。
操舵室なども載っていないので、まだガランとしていますね。



次回は残りの作業をご紹介していければと思います。






新消防艇(にほんかい) 建造工事vol1

H30.4 (2)今年12月5日に無事引き渡しが終わりました、消防艇の建造工事の風景をざっくりですが、何回かに分けてご紹介したいと思います。

まずは材料の手配を行います。

今回の船はALLアルミ製となっております。





P4171481材料の一部切断やマーキング作業を行うと同時に、工場の組立準備も行っていきます。

画像は治具の組立風景です。
これではよくわからないとは思いますが。







P5231586小組溶接です。










P5231589
同じく小組作業中です。









P5231590段々と小組が出来上がって来ました。

小組が出来がって来たら、次は大組作業にかかります。

では大組の途中風景をご紹介致します。






P5291601大組作業が開始です。

画像ではよくわかりにくいとは思いますが機関室上部となります。








QQ (5)先程より少し作業が進みました。
一部ですが壁を立てている所です。









P6191600両壁が立ち始めた所です。

今現在は機関室上部が下向きになっておりますので、正規の向きは180度反転した状態となります。


では次に船首部分を見てみる事にします。




RT (2)船首部分はまだ組立を始めたばかりで形にはまだなっておりません。










P6291628隔壁を立て始めている所です。

もう少ししたらもっと形になるので、多少イメージしやすいかもしれません。

次は機関室船底部をドッキングする作業を少しですが見てみます。





P7021629今現在吊り上げているのが船底部になります。
船は今現在反転している状態ですので、ちょっと分かりにくいかもしれません。








P7021630船底部を所定の位置に移動させております。










P7021631ドッキング作業中です。

ドッキングといっても位置決めの段階で、この時点で本溶接までは行いません。







P7021632船底部が大体乗っかった状態です。


船首部分も少しですが形になってきました。








ER (9)
船首部分のその後です。









P7071646船首部分の皮張り作業を行っている最中です。


違う角度から皮張り作業を見てみます。







P7091706
左舷側に移動してきました。

右舷側に見えますが、反転中ですので正規では左舷側から今現在見ていることになります。







P7181803船首部分の皮張りも大体いいところに来ました。


今回はこのくらいにして、次回は反転作業から少しご紹介したいと思います。




































H30年度 職場体験(曽野木中学校様)

PA172409今年2校目の職場体験になります。

今回は曽野木中学校の生徒様です。
簡単ですがご紹介したいと思います。

まずは船の出来上がるまでを、一通り説明を致しました。
熱心に聞いて頂いております。




PA172413座学の後は実際に工場見学と、材料(鉄・アルミ・ステンレス)の違いの説明を行いました。










PA172416その後溶接について説明をし、実際に見てもらいました。










PA172417当社は安全第一ですが、実際に毎回作業を体験してもらいますので、今回も溶接作業を各自していただきました。

まずは手を添えて、どんなものかを体験してもらっております。







PA172418溶接(材料をくっつける)の作業の次は、プラズマ切断(カットする)作業を実際に体験してもらいました。









PA172420火花が飛んでますが、安全第一で作業をして頂いております。










PA172422その後はプレス作業(曲げる)を見てもらいました。




その後は実践です。





PA17242490度直角に鉄板を曲げる作業にチャレンジ中です。

まずはやり方を覚えて頂きました。








PA172444一通り体験してもらった後は、いざ自分で溶接を行ってもらいました。

様になっておりますね。

鉄板に自分の名前を書いて、それを溶接でなぞる作業です。







PA182473その後はこのままですと錆びてしまうので錆止め塗料の体験を行ってもらいました。









PA182472手が汚れないように、そして塗る場所を考えながら塗装してもらいました。









PA182480さて続いて船がなぜ浮かぶのかの原理をご説明させていただき、実際に水をためて浮かべてみる事にしました。

2隻の船の材質はアルミになります。







PA182482いざ2隻の船を浮かべてみます。










PA182485浮かべましたらボルトを重りに例えて、少しゲームをしてみました。

各一人一人が浮力とバランスを考えながらボルトを置いていきます。

船が転覆したり沈んだら負けというゲームです。

楽しんでくれたでしょうか?!




PA182470さてその後は本棚を2人一組で製作してもらいました。

図面を元に説明をしている最中です。








PA182471実際に寸法を測り、切断する材料にマーキンしてもらいました。




そして練習の成果を見せる時がやってきました。
そう、溶接です。




PA182475もう一人で溶接出来ますね!

自分の手で本棚を製作しています。



後は当社で多少の修正と仕上げを施し完成です。




PA182486最後に当社敷地内で一枚写真を。

2日間でしたが、いい経験になったでしょうか?

最後中学校に帰るまで、もう一つ体験をしてもらいます。

船の作り方を勉強、溶接など作り方を学びました。残りは


そう(船に実際に乗ってみる)事ですね。

PA181358信濃川ウオーターシャトル(当社製作)の水上バスに乗船です。

朱鷺メッセより乗船し、ふるさと村まで船で移動してもらいました。



乗船前の1枚です。




PA181359乗船中です。










PA181361色々水上バスのカタログを熱心に読んでいますね。










PA181362短い時間ですが、クルージングはどうだったでしょうか?


簡単ですが今回の職場体験の紹介を終わりたいと思います。


生徒様、先生方この度はお世話になりました。






























某ゼネコン様向け(東北地方)ユニフロート製作工事

P6071602某ゼネコン様向けの

ユニフロート追加分の製作工事を行います。
今回は追加納入となりますので、個数的には4個のみ納品となります。

まずは各材料の手配を行っていきます。





P6081600アングル納入されたので、寸法通りに切断していきます。










P6081599画像は一部のみですが、切断後組立準備です。










H鋼入荷続いてH鋼が入荷しました。

穴開け作業を行う為、マーキング作業に移ります。








P6261616マーキング作業中です。










H鋼穴あけ作業穴あけ作業中です。










P6281619鉄板も入荷しましたので、いよいよ組立作業に移りたいと思います。










P6281624組立開始です。










P7021638どんどん組立していきます。










P7021627
組立作業中です。









P7201804同じく組立中です。

今回は2個ずつ並行して製作しております。

次は足場に上がって見下ろしてみる事にします。






P7031188少し高い位置に移動してきました。

ほぼ箱型ですね。








P7051652どんどん溶接も行っていきます。










反転作業左記は本溶接行う為に反転作業中の一枚です。










P7121778少し省略致しましたが、ユニフロートが完成しました。

今回は4個納品の為、工場内で整理しながら製作していきます。

残りも同様に製作していきます。






P7311257見づらいかもしれませんが、4個製作完了しました。

もちろんこれから塗装を行います。








P8081894外側塗装中です。










P8071852写真は内部の塗装後になります。



さて外側の塗装は終わったでしょうか?






P8241910ユニフロート塗装後になります。

後は納品先(現場)まで発送待ちです。








P9031921最後にトレーラーに搭載して今回のご紹介とさせていただきたいと思います。

今回はトレーラー2台に搭載して発送となりました(先導車別途)

最後まで読んで頂き有り難うございました。















某ゼネコン様上架塗装工事 

上架 (2)塗装工事の為上架致します。




上架後は高圧洗浄前に貝及び牡蠣落とし作業を行います。






貝落し作業 (1) - コピー


貝及び牡蠣落とし作業です。

今回はかなりの量の貝等が付着しておりました。






P7301222貝及び牡蠣落としの作業後の業者による産廃処分をお願いしました。










P7301224夏場ですので早めに処分しなければなりません。










P7271798さて高圧洗浄を行っていきます。










P7271807高圧洗浄中です。










P8011835 - コピー高圧洗浄後ケレン作業に移ります。

まずは船側及び船底から作業を行っていきます。








P8011797同じくケレン作業中です。










P8021807ケレン後タッチアップ作業に移ります。

今回は2回タッチアップ作業を行います。








P8031823続いて2回目のタッチアップ作業です。










P8031819タッチアップ作業後です。










P8031830タッチアップ後船側の上塗り作業を行っていきます。

今回は足場を組まず高所作業車を使用して塗装を行っていきます。








P8031835船底も吹付塗装を行っていきます。










P8041843だいぶ省略致しましたが塗装完成です。

もちろん後で船名やドラフトマークの記入は行います。








P8041844右舷側から見てきます。










P8061842続いてブームの塗装を行う為にケレン作業を行っていきます。










P8071865
ケレン作業後はタッチアップ塗装を行っていきます。











P8071866塗装中です。

塗装屋さんも怪我をしないよう注意して作業していただいております。








P8071869上塗り塗装中です。

作業を多少省略しておりますがご了承下さい。

では塗装後を見てみる事に致します。






P8081888塗装後です。

綺麗になりました。

ではデッキに上がって船首方向を見てみます。






P8081891デッキに上がってきました。


では続いて操舵室及びウインチの塗装を簡単ですがご紹介致します。






P8081885塗装前ウインチです。










P8081886塗装前の操舵室全般です。










WW (4)ケレン作業中です。



ではケレン作業後を見てみます。






WW (5)ケレン作業後です。










WW (2)同じくケレン作業後です。










YU (6)タッチアップ塗装中です。










P8101889同じくタッチアップ塗装中です。


他の場所も見てみます。







P8101890










P8101887
では塗装後を見てみる事にします。









操舵室塗装後 (1)塗装後になります。










操舵室塗装後 (3)
同じく塗装後です。









操舵室塗装後 (2)船尾から船首方向も見てみます。

後はデッキを塗装して今回の工事は完成です。








aw最後にデッキを塗装していきます。










P8111890デッキタッチアップ塗装中です。










P8111891タッチアップ中です。


今回は上塗り塗装は、下架してから当社岸壁にて行う事に致しました。






P8171905下架後になります。

上塗り塗装(滑り止め施工)を行っていきます。

最後に塗装後を見てみます。






P8171926塗装完成後です。綺麗になりました。


今回は塗装のみのご紹介でした。

最後まで読んで頂き有り難うございました。




































































職場体験in南浜中学校様 3日間

P7101710今年1校目の職場体験を行いました。


今回は南浜中学校の皆さんです。
とても真面目で熱心に話を聞いてもらいました。

簡単ですが3日間の内容のご紹介をしたいと思います。
まずはそもそも船とはという所から説明と、以前に建造した船の写真を元に説明を行いました。


P7101719今回は特別に、許可を得て警察の船の方を見学させてもらいました。

色々見させていただき、生徒様は貴重な体験をしたと思います。


折角なので記念写真を撮りました。





P7101716きちんと撮れておりますね。

いい経験が出来て良かったです。


さてお次は
当社のほうで消防艇の建造を行っておりますが、その中でデザイン(塗装)案を生徒様に実際に考えて貰いました。



P71017391人1人デザインが違うので、やはり面白いですよね。










P7101740どれもいいデザインで、甲乙はつけがたいです。










P7101741いいデザインです。










P7101742本当どれか選べと言われたら非常に困る内容でした。

デザインも自分たちで考えるという事については、いい勉強になったでしょうか?







水上バス乗船 (2)さて1日目のラストは、水上バスの乗船体験です。

皆さんには朱鷺メッセからふるさと村(黒崎)までの優雅な時間を?過ごしていただきました。

残り2日どうなるでしょうか?
是非楽しんでもらいたいですね!!




P7111723さて2日目になりました。
当社の職場体験は、基本的に生徒様に体験をきちんとしていただこうというコンセプトですので、安全第一がもちろんですが色々経験をしてもらうよう考えております。


今回も本棚を1から製作となりましたが、各自寸法を自分たちで決めてもらいました。画像は考えている最中です。



P7111726さて寸法を決めたら、工場へ移動します。

2人一組に分かれて、作業を説明していきます。
左記は
鉄板の板を切断する作業になります。
まずはどういったものかの原理と作業方法の説明を行います。





P7111728説明を行ったら実際に見てもらいました。

やはり作業は、一歩間違えれば危険と隣り合わせなのですがきちんと安全を確認すれば事故はありませんので、いざ安全第一で作業を実際に行ってもらいました。

果たして上手くやれるでしょうか?




P7111733上手く切断出来ています。
最初は手を添えて作業を体験してもらいますが、何回か作業行う事で、最後はほぼ生徒様一人で作業出来ました。


素晴らしいですね。





P7111724さてもう一組の方も見てみます。

こちらの組は、溶接の説明をしている所です。








P7111730溶接は特に危ないので、注意が必要です。
必ずお面を持て頂き、光を直視しないよう注意します。

左記の写真見てみます。

すでに生徒様が実際に、手を添えながら自分達で溶接を行っております。笑

理解も早く、少しでも色々経験をさせてあげたいので溶接も体験してもらいました。

P7111735
同じく溶接風景ですが、上記と違うのは溶接の材質が違っております。上記は鉄を溶接でしたが、左記はアルミを溶接体験してもらっております。







P7111738各自溶接体験も済んだ所でいざ、今回の実技に移ります。

写真は各自アルミの板に自分の名前を書いてもらい、その名前を溶接にて自分の名前を書く作業を行っております。


さて完成を見てみましょう。もちろんアルミ溶接後は仕上げも行っております。



P7111741上手に出来ましたね!










P7111742素晴らしいと思います。










P7111743世界に一つだけのネームプレートですね。










P7111744是非お部屋などに飾ってください。










P7111746さてネームプレートの後は何をするかというと


何やらマーキンをしております。

実はこれから本棚を製作していきます。

この板をどうするかというと・・・・



P7111748なんと生徒様達にプレス曲げを自分達で行ってもらいました。
写真は自分達で板を曲げている所です。

もちろん事前練習などは行いましたが、様になっております。

90度にきちんとまでは行きませんでしたが、ほぼ直角に曲げれたのではないでしょうか・





P7111751本棚製作中です。
各自一人1個ずつ製作をしている最中です。









P7111750もちろん溶接も生徒様にしてもらいました。
自分のオリジナル本棚ですので自分の手で最後まで仕上げてもらうのがベストですので。


無事各自本棚の製作は終わりました。3日目にいよいよ仕上げが残っております。

2日目はまだ少し時間ありましたので、別の事を見てもらいました。



P71117622日ラストは
同じ大きさで形状の鉄製の船の模型とアルミ製の船の模型を浮かべてみることにします。

生徒様が実際に浮かべてみます。

そして浮かべた後は、ナットを重りに見立てて何個積めるかをクイズ形式で話し合いをしました。



P7111764さてさて正解した人はいるのでしょうか?

2日目の作業はここで終了です。








P7121766最終日3日目です。
各自製作した本棚を自分達で塗装もしてもらいます。

まずは先にマスキングテープの役割などを説明し、そのうえで各自色と塗り方を考えて貰いました。

マスキングテープを上手く使ってくれるでしょうか?




P7121767塗装中です。

各自自分で色を決めて塗る範囲も自分で考えて貰いました。

本当世界ひ一つの本棚ですね!

ずっと3日間楽しそうに作業していて、こちらも嬉しいです。




P7121785ほぼ塗装完成まじかなのですが、やはり塗装が乾かなく後日お渡しとなりました。


さてもう少し時間が残りました。

どうしようか考えた所

アルミのバルブプレート(形状の事です)が目に入ったのでこれで何か作る事に急遽しました。

P7121776アルミ材料(バルブプレート)に何やらマーキンをしています。

一体何を作るのでしょうか?

これでは分からないですね。

次の作業見てみます。




P7121777マーキンの後アルミ材料を切断しております。


これも実際に生徒様と一緒に作業を行いました。







A (2)続いては穴あけ作業も生徒様に体験してもらいます。










A (1)穴あけ作業中です。


穴あけ後は、丸棒を溶接して作業終了です。
では何を作ったか完成形を見てみます。






P7121782洋服掛けホルダーを作りました。


丸棒部分を、ご自宅のパイプにひっかけて頂き、穴3か所にハンガーをかけてもらうよう考えました。

本日から持って帰って使ってください。
ご両親にきちんと胸張って見せて下さい。
びっくりするはずです。


P7121784最後にハンガーホルダーや一部ネームプレートと一緒に

一枚撮影しました。

生徒様が安全にかつ楽しく自分たちの手で物を作った事。
いい経験になると思います。

この場を借りて、先生、コーディネーターの方々この度は有難うございました。












































某ゼネコン様上架整備工事

上架 (1)久しぶりの更新となってしまいます。すいません。


某ゼネコン様の上架整備を少しご紹介致します。
まずは上架作業です。







上架 (3)上架後になります。

今回は塗装も行う為、高圧洗浄作業の準備を致します。









高圧洗浄 (1)高圧洗浄中です。











高圧洗浄 (2)同じく高圧洗浄中です。











タイヤフェンダー取外高圧洗浄後、塗装工事もある為タイヤフェンダーの取外しも行います。

画像はフェンダー取外し中です。







タイヤフェンダー取外し後 (2)タイヤフェンダー取外し後です。


塗装関係は別途ご紹介致します。








敷板新替前現状 (2)続いて船尾ドストル板の新替をおこないます。

画像は新替え前です。

船首より船尾方向を見てます。







敷板新替前現状 (1)同じく新替え前です。











取外し作業まずは既存板の撤去を行います。










新品入荷続いて新替分の木材が届きました。

そのままでは長さが違う為、加工と切断を行っていきます。








P3131004木材加工中です。



木材の準備が終われば次は新替です。






取替作業中船尾ドストル板新替中です。

新替後は塗装を行い作業完成です。








船尾ドストル板新替後新替後です。

これでこの作業は終了です。








P3120958続いて、アンカーチェーンパイプの穴あきを発見しましたので、補修作業を行います。









P3120959作業前拡大です。

今回は両舷共補修作業を行う事にしました。









P3130993補修溶接作業中です。

当て板溶接を行っていきます。








P3151044補修後塗装中です。

残りは上塗り塗装を行い、この作業は終了です。








P3131008次は、各ハッチ蓋の補修溶接作業です。

各ハッチの補修を行っていきます。








塗装 (2)補修後はもちろん塗装を行っていきます。




さて並行して作業していた塗装も見ていきます。





P3131002高圧洗浄後ケレン作業中です。










P3141040ケレン作業後喫水上下共タッチアップを行っていきます。










P3171056下地塗装中です。










P3171057上塗り吹付塗装前です。

段々と綺麗になってきました。








P3171055上塗り吹付塗装を行っていきます。










xx (4)同じく吹付塗装中です。



さて塗装は簡単ですが塗装後を見てみます。






P3271124塗装後になります。
もちろん取り外していたタイヤフェンダーも復旧をし、作業はほとんど完成です。

画像は下架前になります。






P3261116船底も綺麗になりました。










下架 (2)後は下架を行い作業終了です。

内容は一部のみですがこのくらいで終わりたいと思います。


















































職場体験(曽野木中学校様)

AA (1)さて今回は曽野木中学校の生徒さんの職場体験になります。

今年は南浜中学校に続き2校目になります。

まずは船の出来上がるまでをざっとご説明致しました。

また生徒様達からの質疑応答を行いました。
熱心に記録を取っておりました。



AA (3)説明の後はいよいよ実践です。
安全第一で作業を体験していただきました。

まずは溶接を体験してもらいました。
皆さん初めてなのに、怖がらず作業を行っていただきました。







AA (4)一通り、溶接とプラズマ切断を体験していただいた後、
次は鉄板に自分の名前を書いてもらいます。
左記は名前を書いている所です。

その後どうするかというと

溶接にて自分の名前を書いてみます。
上手く書けるでしょうか?



AA (5)自分の名前を溶接にて。

先程経験しておりますので、少しは慣れてきたでしょうか?



では結果を見てみます。




AA (6)3人共素晴らしい出来栄えでした。










AA (7)漢字のフルネームですので画数が多かったり、難しい字もありましたが無事終了しました。









AA (8)素晴らしい出来栄えです。
その後最終的には仕上げを行い、自分が製作した世界に一つだけのプレートが完成しました。








AA (9)さて続いては小さな船の模型を水に浮かべてみることにします。

材料は鉄とアルミ製です。

ほぼ同じ大きさですが、重量が違う事も実際に感じてもらいました。

さて浮かべてみると・・・・




AA (10)無事に浮いております。

さてその次は自分達オリジナルの本棚を1から製作してみることにしました。







AA (11)生徒さん達は図面を見ながら、多少当社でもマーキンなどを手伝っていきます。

寸法に関しては生徒様達の指示?のもとマーキンを行いました。


マーキンの後は、切断(シャーリング)を体験してもらいました。




AA (12)シャーリング初体験です。

自分の手では絶対に切断できない物を、いとも簡単に切断する機械を説明の後体験してもらいました。

切断部分の確認を行っております。





AA (13)いざ切断中です。

無事不要な部分のカットが終わりました。

切断後は、プレス曲げを行っていただきます。






AA (14)切断後の板を曲げていきます。

説明の後体験してもらいました。








AA (18)実際に90度鉄板を曲げるようチャレンジです。










AA (15)プレス曲げ作業中です。










AA (17)プレス曲げ後です。

とても皆さん上手でした。

残りは背の部分にFBを溶接してもらい、本棚の完成です。






本棚塗装 (1)本棚を製作していただきましたが、そのままではまだ未塗装の状態です。
最後の仕上げとして、塗装も自分たちでやっていただきました。

色ややり方は生徒さんの希望にて。

筆でやる人と、スプレーの人いざ実践です。




本棚塗装 (2)実践中です。
その後無事本棚の完成です。

続いては鉄板に穴あけを行う体験をしてもらいます。







穴あけ作業 (2)穴あけをしたい部分にポンチ打ちを行ってもらいます。

ポンチ打ちの後は








穴あけ作業 (3)各自穴あけ作業中です。

問題無く綺麗に穴が開き、無事体験終了です。

後は最後に船の乗船を行ってもらう事にしました。






水上バス乗船 (1)水上バスに乗船です。

楽しんでもらえたでしょうか?

まずは怪我もなく、無事に終わったことにホットしております。
これを機会に少しでも製造業に興味が沸いてくれることを期待しております。

今回はこのくらいで。
関係者の皆様この度は有難うございました。




















































トラック台車製作

2011112614520769c今回は若干ではありますが、トラックの台車(荷台)の製作について紹介致します。


画像で言うと矢印部分ですね。
細かい構造や仕様はトラックによって違うとは思うので一概には言えませんが。



P9140315まずは材料の手配から行います。

他にも材料手配しておりますが省略致します。








P9140316では製作にかかります。

画像は角パイプ切断しているところです。

その他材料も組立前に準備しておきます。






P9250338では組立していきます。

トラック種類や用途?によって違う部分があります。








P9260355組立溶接中です。










P9280372さてさて組立も最終段階に近づいてきました。


では組立後を見てみます。








PA260563画像は3台分なのでちょっと重なってて分かりにくいですが。


塗装はまだです。







PA260564後ろから正面を見ています。

まあ車と取り付けていないので分かりにくくてすいません。

後は塗装を行い、その後車両に取り付けて完成となります。


簡単ですがご紹介はこのくらいにしたいと思います。










(株)植木組様向けアンカー船建造工事 vol5

P9280376さて(株)植木組様の建造写真も今回がラストになります。

塗装のほうもほぼほぼ終了いたしましたので、一部ですが紹介致します。

左記画像は船首を見ております。






P9280399右舷側に来ました。

右舷側より見てみます。


では次に進水式の準備に移ります。

通常であれば外で行うのですが、天気予報的に突発的な雨が降る恐れが出てきましたので工場内で行う事に致しました。



P9290412着々と準備していきます。

外で行えれば新造船のすぐ近くで行うのですが、今回はしょうがないですね。







P9290420進水式展が始まりました。

内容は省略致します。

式典が終わればいよいよ進水を行います。

無事設計の計算通りに綺麗に浮くかドキドキです。




P9290441その前に一部写真を掲載いたします。

では進水を行います。








P9290498進水です。










P9290500無事進水が終わりました。










P9290503残りの残作業は一部ありますが、岸壁にて作業を行い証書や手帳を発行後、無事船主様へお渡しして終了となります。


(株)植木組様の今後のご発展を祈念して今回の新造船の紹介は終わりたいと思います。








(株)植木組様向けアンカー船建造工事 vol4

P8230029今回は前回搭載した操舵室のその後を一部ですがご紹介致します。


ここからは内装作業と電気作業が同時進行していきます。


左記は必要な電線を引いている所です。





操舵室電気工事他の場所も同様に電線をはわせていきます。

操舵室上のマストも別途取付終わりましたので、マストの機器類も結線を行っていきます。








P8310124マスト上部も結線していきます。


この段階での操舵室内を再度見てみます。








塗装途中 (2)船首方向側です。

まだ電線がむき出しになっております。


では内装作業も少し見てみることにします。






P8290094内装作業が始まりました。











P9010142内装作業中です。

段々と下地が出来て来ました。









QQその他部分もどんどん製作していきます。


内装作業はかなり飛ばしますが、その後の操舵室内を見てみることにします(もちろん完成はしておりませんが)







P9120297左舷側を見ています。

最初に電線がむき出しの時とは雰囲気が変わりますね。









P9120296まだ完成ではありませんが、現時点でのラット周辺を見てみます。

建具屋さんに引き出し関係は製作途中ですので製作後、棚にセットしていきます。

操舵室作業はとりあえずこのくらいにしたいと思います。


ではその他作業も少し紹介致します。



P9027643機関室内の一部塗装作業中です。

その後エンジンの据付に移ります。

もちろんこの間にエンジン据付前にバルブ等やその他作業は出来る所は終わらせておきます。

その他塗装はどうなってるのでしょうか?
移動してみます。



P9080239船底吹付塗装中です。











P9080245船側も同様に塗装していきます。










P9080242艤装品等も塗装中です。

では一度塗装途中ですが全体を見てみることにします。









P9080247塗装途中です。











P9080246船尾側より見てみます。


続いてはエンジンを搭載致します。








P9110277エンジン搭載中です。











P9110283同じく搭載中です。

据付完成までには、他にやることはあるのですが省略致します。








P9110270左記は防舷材取付作業中です。


並行して塗装作業も行っております。








塗装中 (2)塗装もある程度完成してきました(喫水上までは)


デッキや上部構造物は省略致します。



次回は進水時の部分を少しご紹介できればと思います。


























































(株)植木組様向けアンカー船建造工事 vol3

P7197193さて続いては船底の皮張りを一部ですがご紹介します。


文字通り船底部分になりますので、正規の位置ですと水面下の部分になります。


現在は反転しておりますので、上側にありますが。



P7217211どんどん船底の皮張りを行っていきます。


この作業がもう少し進むと








P7267268上から見てみます。

段々と作業が進んでいきます。

船底皮張りしたら、一度反転させますので、少しですが紹介致します。







1回目反転  (1)船底作業後、反転作業に移ります。

船殻が出来てきたので、船の形にはなってきております。

左記の状態で180度反転させれば正規の船の形になりますね。
今現在は下側がデッキです。






1回目反転  (3)反転作業中です。

では反転後を見てみます。









P7287341反転作業後です。

まだ操舵室や機関室上部カバーなども搭載していないので殺風景ではありますが、これから搭載や艤装品などを取り付けると船らしくなってきます。

まずはブルワークの取付を紹介します。




ブルワーク溶接 (1)ブルワーク取付中です。

その他の箇所は省略致しますが、ブルワーク取付後を見てみます。









ブルワーク溶接後ブルワーク取付後になります。

その後再度反転をし、船底の本溶接を行います。








P8087449少し省略しましたが反転後です。

船底も溶接も終わり錆止め塗装後になります(ビード部)

ではこの状態で検査を受けます。

色んな検査がありますが今回は射水テストを少し紹介します。




P8187512その名の通り射水テスト中です。

万が一の溶接部からの水漏れが絶対あってはならないので、水圧をかけて検査致します。

もちろん検査官立会のもと、受検を致します。





P8187517同じく射水テスト中です。

テストが終わり次第、最後の反転作業を行います。

各反転作業後に各所溶接や、配管やバルブなどを取り付けたりするのですが、艤装品やその他は省略致します。





反転3回目 (4)では最後の反転作業を見てみます。










反転3回目 (1)反転作業中です。










反転3回目 (3)反転作業後になります。

今回は今後反転することがないので、今回にて正規の位置に移動させ、残りの作業を行っていきます。







操舵室搭載 (2)続いて舵関係の取付を行います。(省略します)



その後
操舵室を搭載し始めます。





操舵室搭載 (4)操舵室搭載中です。











操舵室搭載 (1)無事搭載終わりました。
その後は操舵室も固めて(溶接)いきます。

今回はこのくらいにしたいと思います。

残りはエンジンの搭載や一部艤装品や塗装などを紹介できればと思います。

















(株)植木組様向けアンカー船建造工事 vol2

AA (6)
今回は組立準備及び一部組立をご紹介いたします。
前回は小組でしたので、何となくイメージが沸きにくいかもしれませんが、これから船の形がどんどん表れてきますので楽しみです。








AA (7)組立準備に移ります。


今回は一部ですがご紹介致します。








P7036782組立作業が始まりました。


少し上から見てみることにします。








P7036795
移動してきました。
向かって左側が船首側になります。

まだ形にはなっていないので分かりにくいですが。







P7036824
どんどん組み立てていきます。

今クレーンで吊っているのは船側部分の一部です。








P7076944船側側もどんどん組みててていきます。











P7076957再度上から見てみます。


今現在はデッキが下側になっていますので、正規の位置からいうと今現在は船底が無い状態という事です。







P7107009
船底皮張りを行う為、骨材を取り付けていきます。










P7066927骨材を溶接していきます。

組立の段階では仮付けですので、後で本溶接を各所行います。









P7117036
骨材を取り付けていきます。

段々と船底皮張り出来る状態になってきました。








P7137103各所溶接中です。

もちろん今現在で(反転する前)溶接出来る部分は行っていきます。









P7197195
船底皮張り準備が出来ました。


次回は船底の皮張りから一部紹介出来ればと思います。



























(株)植木組様向けアンカー船建造工事 vol1

P6086601アンカー船の建造作業を少しですがご紹介致します。

まずは鋼材等を手配いたします。
そのうちレーザー切断されたものが入荷されてきました。








P6086598写真は細かい物ばかりですが、細かい物ほどアール等の曲線が綺麗なので機械切断がBestですね。

その他材料は鉄板なども入荷してきておりますが、省略させていただきます。







P6221796材料入荷後、必要に応じてプレス曲げを行っていきます。










P6221783曲げ加工をどんどん行っていきます。

木型を当てて確認しております。









A (1)さて次は小組組立に移ります。


次も小組組立ですが、工場内移動して他の小組組立も見てみます。








A (3)小組組立中です。











A (7)同じく小組組立中です。











A (9)
どんどん小組が出来上がっていきます。

各組立後は、溶接部の錆を防ぐため、すぐに錆止め塗料を塗布します。

では次にこの製作した小組を組み立てていきます。
少し見てみます。




QWE (1)エンジン台の組立を少し見てみます。

今まで製作した小組やその他材料を組み合わせていきます。









P6286630少しづつですが形になってきました。
このエンジン台は、エンジン搭載するときの取付架台になる部分です。

もう少し上から見てみます。







P7046870段々と組みあがってきました。

実際に取付る際には、左記の状態が180度反転するので、この状態では少し分かりづらいかもしれません。








P7066924同じく各溶接部には錆止め塗料を塗布します。


次回はその他組立を紹介します。

組立を行うと段々と船の形になってくるので、イメージしやすくなりますね。




























某漁船解体工事

上架 (1)今回は某漁船の解体工事の為上架致します。


船主様の高齢化や人員不足など様々な要因もあるとは思いますが、やはり船数が減るのは寂しいものです。







上架 (2)上架作業中です。











解体安全祈願上架後は解体工事の前に今までの功績と感謝の気持ちと、またこれからの解体の安全祈願(式典)を行いました。










養生作業ではこれから解体工事が始まりますのでまずは養生作業に移ります。

検査船ですので、検査官様へまずは打ち合わせを行い手順の確認(書類等)を致しました。








P7257265重機が入り解体作業が始まりました。

現在は登記など様々な手続きが必要ですので、ミスがないよう段取りと手順を確認し進めていきます。








P7257266船首側からの作業でしたので、まずは船名部分周辺を解体していきます。

寂しいですね。








P7267286解体作業中です。

当たり前ですが機関室等の油やビルジなどの関係(抜けるものは抜きますが)火災には充分注意しながら進んでいきます。


船首左舷側がぽっかりと空いてきました。

次は少し時間が経ってから船側側に移動してみます。



P7277316船側側に来ました。


次は少し時間が経ったところを紹介します。








P7287354少し時間が経ちました。すでに船首部分は無くなってきております。











P8017394数日後です。

操舵室も無くなり残るは左記の画像の部分だけになってきております。








P8047421更に数日後です。
もうほとんど船の形が無くなりつつあります。










P8077436残る部分は工場内で切断作業に移る為、一度移動させるために吊り上げます。

検査のほうも指示のあった手順を踏んでおり全く問題無く、書類上も進んでいきます。







P8077437慎重に吊り上げて移動させます。

残りは別途解体し、残材も産廃処分に出し書類上も検査官含め報告や提出物などを確認し終了となります。

今回はこのくらいで紹介は終了と致します。



























中学生職場体験(南浜中学校様)

職場体験(H29 (19)今年も職場体験に南浜中学校の生徒さんが来社されました。

まずは大まかな船の構造や建造途中の写真などをお見せして、何処の部分を作っているのか?等クイズ形式でご説明させていただきました。

生徒さんたちは毎年きちんと聞いていただき、素晴らしいと感じております。




職場体験(H29 (42)その後現場のほうで実際に材料に触れてもらいました。

先は鉄のとある部材を持っていただいている所です。
大きさはそんなに大きくないので、軽いだろうという思惑とは逆に、予想以上にずっしりと重みを感じておりました。







職場体験(H29 (43)その後は実際に溶接について説明をさせて頂き、当社の人間と一緒にまずは溶接について体験してもらいました。

溶接いかがだったでしょうか?







職場体験(H29 (46)次に溶接とは全く逆のプラズマ切断作業を実際に体験してもらいました。

初体験だと思いますので、最初は戸惑いながらも少しづつ慣れてきた感じがします。

体験もしていただいたところで今回は各自本棚を製作することにしました。



職場体験(H29 (17)いざ本棚製作スタートです。

実際に一部の部分の寸法を各自で決めたりと、自分のアイディアを生かすよう製作していきます。

先は製作途中ですが、実は半分以上は溶接に関しても、生徒様本人のみで溶接を行っていただきました。

では途中経過の本棚を見てみます。



職場体験(H29 (11)先が本棚製作途中です。

みなさんよく製作しております。


次に今回は側面部分(黄色矢印)に各自デザインを考えて溶接にて描く事になりました。

さてどうなるでしょうか?楽しみです。


職場体験(H29 (18)側面溶接後です。

見て分かる通り数字をきちんと溶接にて描いてます。

これでオリジナルの本棚になりました。
もう逆側も各自違うデザインを考えて製作しました。

さて続いては塗装作業に移ります。
最後まで自分たちの手で製作してもらいました。


職場体験(H29 (52)塗装後になります。

塗装も非常にきれいに出来て完成度が高いです。


本棚は以上です。





職場体験(H29 (58)さて場所が変わりましたが、次はもっと身近に船を体験していただくにはどうしたらいい?を考え

実際に船の乗船体験をしてもらいました。
まずは記念写真から。


今回は当社にて建造した水上バス(アナスタシア)に乗船です。




職場体験(H29 (1)乗船中船内です。

パンフレットなどに目を通し真剣な顔つきですね。









職場体験(H29 (2)きちんと内容を読んでおりました。




では船尾に移ってみることにします。






職場体験(H29 (59)船尾での一コマです。

楽しんで頂いて良かったです。









職場体験(H29 (60)はいっチーズ!水上バスでの一枚です。











職場体験(H29 (55)当社に戻ってきてからは、木工部隊と溶接部隊に分かれて他の作業も追加でやることにしました。

先は木工部隊の様子です。
限られた材料の中から何を作るのか各自検討中です。

今回は剣を製作となりました。




職場体験(H29 (56)当社も手伝いしながら一緒に製作していきます。


製作後はニスを載ってもらう事になりました。







職場体験(H29 (8)いよいよ完成が近づきました。
では溶接部隊は何をしているのか見てきます。









職場体験(H29 (4)なんと溶接部隊は、新たにミニチュアの船を製作しておりました。

作業に伴い、
左記はアルミ製
右記は鉄製の船を製作しておりました。

自分で溶接を行いましたので、いざ浮かべてみることにしました。
実際に浮くのかどうか実験開始です。




職場体験(H29 (5)緊張の一瞬でしたが結果浮きました。
パチパチ!









職場体験(H29 (6)
興味ぶかく熱心に自分たちの船を見る生徒さん達。

今回は計3日間で職場体験を終了でした。








職場体験(H29 (39)
職場体験の途中にとある船の塗装を手伝ってもらいました。
喫水下の一部と舵を塗装行った後の記念撮影。

このくらいでご紹介を終わりたいと思います。






































一部防舷材取替工事

足場仮設さて今回は一部防舷材の取替工事を載せたいと思います。


作業的にはほんの一部なのですが、今回は浮上のまま作業する為若干準備が必要です。


斜路ギリギリまで船を近づけるのですが、足場がないと作業出来無い為足場を仮設していきます。



P5316622船をなるべく近づけます。











P5316623今回は左舷コーナー部の取替作業です。











防舷材手配及び曲げ工場ではクランウッドを船の形状に合わせて曲げていきます。











P5316626今回は時間がないので急いで作業していきます。


新しい防舷材を取付中です。








P5316631防舷材取替終了です。

船は浮上しているのでそのまま出発。
後は足場撤去して作業終了です。

短いですがご紹介を終わりたいと思います。

加賀建設(株)様(石川県)向け建造工事 vol6

P4071667さてウインチが入荷しましたのでウインチ架台を製作していきます。

詳細は省きますが、架台製作後ウインチを搭載していきます。








P4111683ウインチ搭載後です。

操作レバーは船首さまに立ち合いのもと、やりやすさや作業性、位置や高さを確認して決定していきます。







エンジン入荷 (1)エンジンが入荷しましたので、機関室据付準備を少しですが紹介致します。









据付前エンジン据付前です。










P4071667慎重にエンジンを積込んでいきます。

機関室上部の開口はそんなに余裕はありませんので、かなり慎重に行います。

一瞬でも気が抜けないですね。





本据付ゆっくり各部確認しながら搭載していきます。










P4071671エンジン据付中です。


エンジンはこのくらいにしておきたいと思います。


その他艤装品関係を一部ですが紹介致します。




アルミ製蓋製作各デッキ上のハッチ蓋製作中です。

当社はアルミ製が多いのですが、今回もアルミ製で製作です。








P4111670掲載の順番が順不同ですが、左記は機関室船尾側から入る、梯子製作取付中です。









P4096455トーイングビームも製作溶接中です。










アンカーローラー製作左記はアンカーローラー製作中です。










船尾防舷材取付船尾防舷材取付準備です。










昇降梯子製作及び溶接 (2)今回は船主さんの要望で操舵室両舷に昇降ステップを製作取付していきます。









ボラード溶接ボラードも製作取付していきます。










曳航フック架台溶接曳航フックの架台も取付ていきます。



艤装品はこのくらいにしまして、残りはざっと塗装を紹介して進水を掲載したいと思います。





P4091676さて塗装が始まりました。










P4106470下塗り中です。










P4121699デッキも上塗りが始まりました。










P4111661船側(喫水上下)も上塗りしていきます。


少し離れたところから見てみます。







P4111673船側(右舷側)塗装中です。










P4111677喫水下も吹付塗装が始まりました。










P4131709船底ももうすぐ塗装が完成致します。











P4146509進水式準備中です。


式典は省略致しますが式も無事滞りなく終わりいよいよ進水です。







P4146508進水作業中です。










P4146587無事進水完了いたしました。

設計も喫水ラインを気にしておりましたが、設計の予定通り?のラインで綺麗に進水し良かったです。







P4176593進水係船後は、油圧メーカーとウインチ等の作動確認や油漏れがないかを確認していきます。


なおデッキの塗装が一部未施工ですが、これは最終引渡直前に塗装(フェロックス)するため、ぎりぎりまではこの状態です。





P4186618その後船主様立ち合いのもとJCI検査官様同乗で、海上試運転を行います。

この際にその他操作方なども確認を行います。







P4186619試運転中です。










P4246602今回は曳航して現地係船場所へ向かいます。

これで今回の紹介を終わりたいと思います。

船主様や乗組員様に非常に喜んでもらえて当社も良かったと思っております。
オーナー様のますますのご発展をお祈りいたします。










































































加賀建設(株)様(石川県)向け建造工事 vol5

P3211448
続いては簡単ですが電気作業を少し紹介致します。

各航海等や計器類が続々と入荷しております。
写真は一部ですが、最近はLEDに変更されているものが多く時代の流れにあった物を取り付けるのが主流ですね。






P3316432電線引込作業です。

電線を通していきます。








P4031671同じく電気作業中です。

内装を施工してしまうと、電線の引き直しが出来なくなりますので今のうちに作業していきます。







P4031657各航海等や投光器を取り付けていきます。


再度ブリッジに戻ってみます。







P4056507
内装作業も同時進行してる中で盤の結線を行っている最中です。


毎回思いますが完成までは線がごちゃごちゃしており、いい意味で凄い状態だと思います。





P4111668電気作業も最終段階です。

完成後は別途記載致します。

次回は最後まで一気にご紹介したいと思います。








加賀建設(株)様(石川県)向け建造工事 vol4

QQ (27)さて続いてはブリッジの製作を少しですが見てみます。


左記は反転している状態です(正規の位置は上下逆です)


まだ側面のドアの開口が開いているだけの状態です。





QQ (22)
反対側に回りこんできました。

反対側はまだ側面ドア開口も開いていない状態です。

正規の位置ですとこれが右舷側になります。


ではこの状態で内部を覗いてみることにします。


P3081210内部では溶接中です。










P3221483段々と操舵室が出来上がってきました。










窓取付開口穴あけ切断搭載前に窓やドアの取付用開口をガス切断していきます。


開口があくと急に操舵室っぽく見えますね。


その後別工場へ移動させます。




P3281578工場移動完了後、左記はひずみとり作業を行っております。


ではデッキ搭載前を再度見てみます。







P3291594搭載前直前です。


では搭載して仮付けしていきます。







P3301618操舵室搭載中です。










P4031662搭載後(まだ仮付け)ですが、まずは窓の取付を確認していきます。

また今現在は取付穴も開いておりませんので、今の内に現物合わせでボルト穴マーキンしておきます。


ではその後船体を正規の進水させる位置(レール)へ再度移動させます。



搭載後船体を正規の位置へ移動させました。

再度操舵室を船尾側方向から見てみます。








P4036477窓等の現物合わせしたマーキング箇所に穴あけ作業を各所行っていきます。


窓の取付に伴い、今回は内装屋さんも作業に入りますので操舵室内がこれからごちゃごちゃしてくると予想されます。






P4031664左記は操舵室内内装の材料が入荷している途中です。

画像は一部ですが省略致します。








P4031672内装屋さんの作業が始まりました。

左記は天井の内貼り作業を行っております。

その後、内装作業に入ると思いますが、まだ窓などが取りつけしておりませんので、内装屋さんの作業がストップしてしまう可能性が出てきます。

操舵室は広くはないので数人が同時に中で作業すると、ラップして作業がやりにくいです。

P4041681天井が出来上がって来ました。
まだ窓を取り付けていないので、内装屋さんの作業がストップしそうです。








P4046494急いで窓を取付ていきます。

窓の大きさは様々ですが、基本的には内外側と
2人で作業しなければなりませんので、一人では作業が出来ません。

急いで窓を取付ていきます。





P4046491旋回窓等、各窓を取り付けたらすぐに内装屋さんが内装作業にかかります。









P4056502内装がどんどん出来上がってきます。










P4071700化粧ベニヤを張りはじめ操舵室っぽく?なりました。

完成後は別途ご紹介出来ればと思います。

次回は今回の作業とラップしながらの一部のみですが電気関係をご紹介出来ればと思います。

電気作業は並行して作業を行っておりますので、内装作業と多少前後しますがご了承下さい。





































アクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード(携帯電話の方はこちらでも)
QRコード