2017y01m05d_130024460
待望の2ndアルバム『Joyful Monster』をリリースしたLittle Glee Monster。〈歌わない日はなかった〉という程に、ツアーやイベントライヴに明け暮れ、努力を積み重ねた2016年の経験こそが、確かな成長が伺える今作に繋がったと言っても過言では無い。1月8日に念願の武道館を果たした、Little Glee Monster から届いた最強アルバム!
                                                            
彼女たちがメジャー1stアルバム『Colorful Monster』をリリースしたのは、今からちょうど1年前の2016年1月6日である。初々しく響くそのアルバムは、まさに、〈研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残す〉ことをテーマに結成されたことを証明する、タイトルどおりのカラフルな1枚であった。そんな前作に比べ、『Joyful Monster』と名付けられた今作は、研ぎ澄まされた歌声に奥行きと深みが加わった、1年前の〈最強〉を大きく超えたアルバムに仕上がった。

「去年と比べると、私たちの覚える力というのが、この1年ですごく身に付いている気がしているんです。練習するときとかも、初めて合わせる段階で完成系を感じるときが多く、ブラッシュアップする時間が長く取れている気がしているので、その分だけみなさんに曲や歌詞に込めた思いが届けられてるんじゃないかなって思ってます」(芹奈)

「去年までは自分の音を覚えるのに必死で、自分の音だけを聴いて覚えてたんですけど、今年になってからは、みんなで合わせたほうが自分の音を思い出せたりするようになってきたし、みんなの声の中にある自分
の声の役割りを感じられるようになってきたんです。昔は気にしなかった部分も、今回は細かいニュアンスまで気になるようになったし、こだわりが強くなった気がします」(MAYU)


「前までは難しいコーラスがあると躊躇しちゃってたんですけど、今は、難しいコーラスが楽しくなってきているんです。今もちょっとの躊躇はありますけど、同時にそこに楽しさがあって、その楽しさがやりがいになっているというか。難しいコーラスがピタッとハマったときの快感が楽しくてしかたないんです」(麻珠)

今作では、これまで挑戦してこなかったジャンルにも手を広げているという彼女たち。中でも、全英語詞のオリジナル曲“Catch me if you can”で魅せたネイティヴな発音と、フックとなる凄みと唸りを利かせた歌声は、平均年齢17歳の女子高生グループであるということを、すっかり忘れさせられてしまう圧巻のパンチ力だ。

「“Catch me if you can”は、本当に今までにない、リトグリのかっこよさが全面に出てると思います。ささやきが途中にあったり、今までにないこともやっています。フェイクもたくさん入っていて、すごく豪華です。是非じっくり6人一人一人の声を追っかけて6回は聴いてほしいです!」(かれん)

「海外の方に聴いてもらったときにも、恥ずかしくないものにしたいと思って歌ったので、英語の発音に関してはネイティヴに聴こえることをすごく意識して、ネイティヴの方に特訓して頂いたんです。でも、本当にめちゃめちゃ大変でした! 英語詞の楽曲は、カバーでも歌わせてもらっているんですが、オリジナル曲は雰囲気を0から作っていかなくてはいけない難しさもあったので、本当に苦労しましたね。でもその分、とても
勉強になりました! 英語を話せる人みたいに思ってもらえたなら嬉しいです(笑)!」(manaka)

後半に置かれたバラード・ゾーンも、今作の聴かせ所と言えるだろう。6人の重なるハーモニーから始まる蒼い時代の淡い恋を歌う“オレンジ”は、サビで〈今の彼女たちが歌うからこそ〉の切なさを届け、曇りのないフェイクから幕を開ける“会いにゆく”は、聴き手1人1人に言葉を伝え届ける緩やかさを持ちながらも、エモーショナルに迫る歌を贈る。そんなバラード・ゾーンへと導くのは、オリジナルではアッパーチューンだった“青春フォトグラフ”である。

「今回収録されている“青春フォトグラフ”のバラードバージョンは、オリジナルバージョンを作ったときに録ったものなので、新たに歌った2曲と並べて聴き返してみると、自分たち的には、少し幼さが声に残っているなって感じるんです。でも、そこも、今となっては魅力なのかなって感じていたりもします」(アサヒ)


カバーCD付き通常盤で歌われるあまりにも有名な楽曲たちを、まるでオリジナル曲かのように〈リトグリ色〉に染め上げる彼女たち。その確固たる実力は、〈リトグリという名の個性〉の誕生と言うべきだろう。メジャーデビューからわずか2年。武道館単独公演を大成功させた彼女たちの自信が、この先、ますます大きく彼女たちを成長させてくれるに違いない。 

TEXT:武市尚子       

-------------------------------------------------------------------------------------
【★商品情報★】
Little Glee Monster/Joyful Monster 1/6 on sale!!
Joyful Monster [CD+マフラー]<完全生産限定盤>¥4,500
Joyful Monster [CD+DVD]<初回生産限定盤>¥3,500
Joyful Monster<通常盤>¥3,240 
Joyful Monster<期間生産限定盤 >¥1,980
61Kq8ovsTpL