☆本公演のライヴの模様を収めたDVDの発売が、2013年3月13日に決定! 詳細はこちらからどうぞ! BOYFRIEND、初ワンマン・ライヴがDVD化


12月22日~24日にかけて行われたBOYFRIENDのワンマン・ライヴのオフィシャルレポートを頂きましたので、ご紹介します。写真もかわいいですね^^

・・・・・・・・・・・・・・・
s121223-2111

デビュー発表記者会見を豪華客船で行い、デビューシングル・イベントで48,000人を動員するなど、今最も注目されている6人組ボーイズグループBOYFRIEND(ボーイフレンド)。そんな彼らが、デビュー4ヶ月にして初のワンマンライヴを開催し、ファンへのクリスマスプレゼントとして3rdシングル”瞳のメロディ”の発売を発表した。

TOKYO DOME CITY HALLで行う初のワンマンライヴは、12月22、23、24日の3日間計5回公演を実施。合計で10,000人以上を動員するBOYFRIENDからのスペシャルなクリスマスプレゼント(ワンマンライヴ)に、チケットは発売後10分でソールドアウト! 見事なクリスマス・イルミネーションでデートスポットとしても定番のこの会場周辺は、冬空の下にも関わらず多くのファンで埋め尽くされ、大いなる期待感と高揚感が漂っていた。

巨大なLEDディスプレイに映し出されたクリスマスツリーやクリスマスカラーのセットなど、この季節だけのスペシャルなステージを予感させる会場内は、オープニングからいきなり大きなサプライズが。ソリに乗った6人のサンタクロースが、子供が眠る家々へとクリスマスプレゼントを配るオープニング映像に合わせ、ステージ上にサンタクロースが大きなプレゼントボックスを6つ抱えて登場。サンタクロースから会場に集まったファンへのクリスマスプレゼントは…なんとBOYFRIEND!!

イントロと共にプレゼントボックスからメンバーが登場すると、嬉しいプレゼントに客席からは大歓声。「みなさん、メリークリスマス!!」メンバーからはじまりの合図が放たれると、“BOYFRIEND ~JAPANESE VER.~”を披露。大ヒットしたデビュー曲“Be my shine ~君を離さない~”や、人気ナンバー“Don't Touch My Girl”が続き、早くも会場内の熱気は最高潮に。

さらにメンバーが、「GIRLFRIEND(ファン)のみなさんと一緒に過ごせて幸せです」(ジョンミン)、「僕たちと一緒に、楽しいクリスマスにしましょう。最後までついてきてください!」(ミヌ)と声を掛けると、黄色い歓声が会場中から上がった。

BF121223-1490


初めてのワンマンライヴに、「たくさん練習してきました!」という意気込みを述べたメンバーの言葉通り、ヒットシングルだけでなく最新アルバム収録曲など、彼ら自身ステージ上で初めてパフォーマンスする多数の楽曲を披露。東京ジョイポリスとタイアップした“MY LADY ~冬の恋人~”では白い王子様のような衣装でのジャケットダンスを魅せたかと思うと、一転、韓国の最新楽曲“JANUS”では黒い衣装と激しいダンスで、笑顔を見せないBOYFRIENDのシリアスな一面も垣間見せた。

続くソロ・ステージでは、リーダーのドンヒョンが観客の中から見つけた観客の1人を〈彼女〉としてステージ上に招待するサプライズ演出や、ヨンミン&クァンミンの双子がお揃いの衣装で息のあったダンスを見せるなど、メンバーそれぞれの個性が満載のソロパフォーマンスをお披露目。さらに、BOYFRIENDメンバーがトナカイとともにサンタ衣装で登場すると、このシーズンにピッタリの楽曲、“ジングルベル”“All I Want For Christmas Is You”をカヴァー。抱えたプレゼントをBOYFRIENDサンタが客席に次々と投げ入れるというサプライズも!初のワンマンライヴに相応しい、豪華なステージ演出と映像が見事にマッチした贅沢なラインナップに、会場は終始酔いしれた。

BF121222-2495

ライヴ終盤に差し掛かかり、BOYFRIENDがレギュラー出演中の日本テレビ「東京エトワール音楽院」エンディングテーマでもある最新シングル“キミとDance Dance Dance”のイントロが流れ出すと、会場の熱気は最高潮に! すると、さらなるサプライズが…。会場中央に作られた花道にメンバー6人が集合すると、なんとそのまま宙に浮上するゴンドラへと変化!! 「会場に集まってくれたすべてのファンの近くに行きたい」というメンバーの熱い想いを反映し、3階席と同じ高さまで上がった特設ステージから、続いて“Super Hero”を熱唱。さらに、ウィンターソング“I'll Be There”で場内がひとつになり、見応え十分の本編は幕を閉じた。

それでも客席からは、いつまでも鳴りやむことのないアンコールが続き、再びステージ上に戻ってきたメンバー。「こうしてみなさんと過ごせて、夢みたいです」(ジョンミン)、「日本デビューしてからいろいろなことがありましたが、すべていい思い出です」(ヒョンソン)、「進化するBOYFRIENDを、これからも応援してください!」(ドンヒョン)とファンへの言葉を口にすると、さらに「ここでみなさんに、クリスマスプレゼントがあります!」と、ライヴ最後にして最大のサプライズが。

なんとここで、3rdシングル”瞳のメロディ”のリリースを発表。BOYFRIEND初となるバラード・ナンバーで、発売は2013年3月27日。2月から大人気アニメ「名探偵コナン」のエンディング・テーマとしてオンエア・スタートも決定していることがメンバーの口から明かされると、場内からはこの日最大の歓声が。さらに、ステージ上でこの楽曲を初披露するという、ファンにとっての最も嬉しいサプライズ・プレゼントがBOYFRIENDから贈られた。

アンコール最後の曲は、会場全体で“キミとDance Dance Dance”を大合唱。全20曲を歌い終え、大盛況の中、BOYFRIEND初のワンマンライヴは無事に終了した。

BOYFRIENDにとってもファンにとっても、一緒に過ごす初めてのクリスマス。しかも初のワンマンライヴというスペシャルな〈冬のデート〉は、忘れられない記念日になったに違いない。さらに、24日の公演のダイジェスト映像を25日21時~Ustreamで世界中に向けて配信することが決定!! ワンマンライヴに参加できなかった人にとっても、BOYFRIENDサンタからの素敵なプレゼントになること間違いないだろう。 

〈BOYFRIEND LOVE COMMUNICATION 2012 ~Xmas Bell~〉ダイジェスト放送
http://www.ustream.tv/channel/boyfriendjp
放送日:12月25日(火)21:00~


-セットリスト-

1. BOYFRIEND ~JAPANESE VER.~
2. Be my shine ~君を離さない~
3. You’re My Lady~Don't Touch My Girl

4. MY LADY ~冬の恋人~
5. 君の知らない Story

6. JANUS
7. YOU & I

メンバーソロコーナー
8. TRIPPIN'/ヒョンソンSolo
9. MY DEAR/ジョンミンSolo
10. LISTEN/ドンヒョンSolo
11. DANCE PERFORMANCE
 ヨンミン&クァンミン:Justine Bieber / ミヌ:Wale

12. GO BACK
13. ひとりじゃないふたり
14. One Day
15. クリスマスソングカバー(ジングルベル~All I Want For Christmas is you)
16. キミとDance Dance Dance

17. Love Style
18. Super Hero
19. I'll Be There

【Encore】
20.瞳のメロディ
21.キミとDance Dance Dance

<商品情報>
BOYFRIEND 3rdシングル「瞳のメロディ」
2013年3月27日リリース

■初回限定盤【CD+DVD】 ¥1,890(税込) JBCB-6008
M-1 瞳のメロディ
M-2 TO MOON
M-3 瞳のメロディ (Instrumental)
M-4 TO MOON (Instrumental)
特典DVD :「瞳のメロディ」MUSIC VIDEO&メイキング

■通常盤【CD】 ¥1,000 (税込) JBCB-6010
M-1 瞳のメロディ
M-2 TO MOON
M-3 瞳のメロディ (Instrumental)
M-4 TO MOON (Instrumental)


”瞳のメロディ [CD+DVD]<初回限定盤>”

”瞳のメロディ<通常盤>”

”瞳のメロディ<名探偵コナン盤>”




■名探偵コナン盤(初回限定生産)【CD】 ¥1,000 (税込) JBCB-6011
M-1 瞳のメロディ
M-2 瞳のメロディ (Instrumental)
M-3 瞳のメロディ (TV SIZE)

<公式サイト>
BOYFRIEND Official Website:http://boyfriend-jp.com/
Official Facebook Page:https://www.facebook.com/officialBF
Official Twitter:http://twitter.com/officialBFjp
Official YouTube Channel:http://www.youtube.com/boyfriendjp