2011年02月27日

エッチの準備OK?

5e45f68a.jpg


みなさん。こんにちは。

お久しぶりの更新となってしまいました。
ちゃっと最近、仕事が珍しく?忙しかったですね。

本当に陽気も暖かくなってきました。
私のエッチもやっと・・・暖かく?なってきました

そろそろ言わなければと思って言いましたが・・・
私には今、付き合っている彼がいます。

そんな彼と久しぶりに会うことができて・・
残念ながら・・・エッチは出来ませんでしたが

これから数日以内にたぶん確実に
エッチが出来ると思うと・・・

うれしいですね

その実況中継は後日として・・
私は久しぶりのエッチに向けて燃えています

ちょっとアソコの点検?をして
おっぱいをほぐし準備運動に余念がありません

ちょっと声の練習もしてみました。

「あん。あ〜ん。ああ〜んん。」

はは^^。
なんちゃって

それではみなさん。
後日の実況中継?をお楽しみに





  
Posted by toxtoshi at 11:23Comments(4)真剣なエッチのお話

2011年02月20日

春がエッチを呼ぶ

931b43e4.jpg


みなさん。こんにちは。
次第に春の足音が聞こえてきましたね。

私にも「エッチ」へ近づく足音が聞こえてくる?
でも、そんな気配がないのが寂しいですね。

私の体は徐々に春めいてきた?
そんな前兆が見られます。

「おっぱい」
少しやわらかくなってきたことを感じます。

お風呂に入って出てくるとまだまだ若い人に負けない
それなりのピンク?の乳首さんがきれいだと思っています。

大きさには自信がありますが、暖かくなってきて
やわらかく緩んでくると・・・
さすがに少したれ気味になっていますね

「アソコ」
濡れ具合はいつものとおりカラカラ状態ですが・・・
濡れる時だってあります。

それは、エッチな夢を見た時。
アソコに新鮮なうるおいがあるのが
私に若さ?を与えてくれます。

夢でもいい。
熱く私を抱いてほしいですね。

そして、熱いアレをいっぱい下さい。
燃えちゃいそうですから・・・

なんちゃって

ちょっと欲求不満女みたいで嫌ですね。
でも、したいのは事実です。

それでは、みなさん。
春のエッチを楽しんでくださいね









  
Posted by toxtoshi at 08:51Comments(4)

2011年02月12日

二人の女性のお尻観察?

73139d96.jpg


みなさん。こんばんは

昨日私は、ある観光地へ行ってきました。
雪が降り続ける高原の駅舎です。

そこの待合室である人を待っていると
目の前を二人の女性が通過しました。

一人は・・・
髪の長いスタイルが全体的にいい女性。
おっぱいもかなり大きめでしたね。

もう一人は・・・
ショートヘヤーなのですがスタイルは細め
腕も足もかなり細く見えますが、なんと
お尻は隣の女性より大きい?
大きく感じるのか?

どういうお尻でしょうかね。
あれだけ細身でお尻が大きく見えるのは
ウエストもかなり小さいということなのか。

私は想像しました。
おそらく・・・

スタイル抜群、ややお尻小さめの女性のあえぎ声は・・
「アア。アア。ああ〜ん」

ショートのお尻の大きい女性は・・・
「あ〜〜ん。ア。ああ〜ん」

お尻の大きい女性は絶対に「あ〜ん」が伸びると思いますね。
オチンの挿入時間が若干、長いですからね

はは・・・?
今日の話はなんのこっちゃ

余談ですいませんでした。
それではまた



  
Posted by toxtoshi at 18:37Comments(1)

2011年02月04日

エッチにも八百長みたいな裏切りが

682639


みなさん。こんにちは。

少しばかり暖かくなってきましたね。
立春を迎えてより一層暖かくなれば良いですね。

大相撲の八百長疑惑。
色々な意味で波紋を広げています。

八百長ではないのですが二股まがいで
こんな経験をした事があります。

私は昔、当時つき合っていた彼氏にこう言った事があります。
サッカー部だった彼に
「私とサッカー。どっちが大切なの?」

彼は何も答えませんでしたが・・・
その時、私にはもう一人別の男性から告白を受けていました。
その男性も別の高校でサッカーをしていました。

その男性いわく
「僕はサッカーより君の方が大切だよ」と

私はその男性に言いました。
次の大会で私の彼氏とその男性が1回戦で戦うので
「私が大切なら私の彼氏を倒して見せて」と

勝負は別の高校の男性のチームが勝ちました。
私の本当の彼氏は負けてしまいました。

サッカーが私より好きな、本命の彼氏だけど
試合に負けてしまった。

私をサッカーより大切に思ってくれている別高校の
その男性が試合に勝ってしまった。

みなさん。私はどうしたと思います。

私は「別の男性」とつき合う事になったのです。
本命は遠くに去って行きました。

私は別の男性ともエッチをして
気持ちよくしてもらったり
楽しいデートをさせてもらいました。

しかし・・・
本命の彼氏からもらった
ただひとつの「彼のサッカー優秀選手メダル」

二人がいなくなった今現在。
本命だった彼があの時言えなかった事が
なんだったのか?

私は、そのメダルを見るたびに
今になってわかった事があります。

それはみなさんにははずかしくて
言えませんがただひとつ
「裏切った私は本当にダメだ」と
後悔している自分がここにいます。

それでは・・・







  
Posted by toxtoshi at 18:50Comments(1)プチエッチな事

2011年01月31日

スキーで好きなエッチを

684226


みなさん。こんばんは。

相変わらず寒い日が続きますね
本当にエッチでもして暖まりたい所ですね♪

昨日は、あるスキー場にお仕事で行ってきました。
この不景気でも若い女性はいっぱいいましたね。

スキーといえば思い出すのですが・・・
男女のお友達大勢でスキーでお泊りした事がありました。

その時、私は偶然ある部屋の前を通った時でした。
時間はかなり深夜だったけど・・・

誰がどの部屋で寝ているかは、飲んだくれ状態だったので
わかりませんでした。

だけどある部屋の中から
「アア〜ん」

私は好奇心いっぱいで聞き耳を立てました。
「あ〜ん。イイ」

また聞こえてきました・・・が聞き覚えのある声?
この特徴のある女の声。

さらに恐る恐る聞いていると・・・
男性の動きも早くなっていく。

必死に声を殺そうとしている私の友達。
だけど・・快感に支配されていく感じ。

この時、私のあそこも・・・
「べちゃべちゃ」でした。

目の前の現実的なエッチを聞いたあの時
私は猛烈にエッチがしたくなったのを覚えています。

この時の私は多分「クリちゃん」が剥き出ていた?でしょうね。
この後、なかなか眠ることが出来ませんでした。

どうして人のエッチは興奮するんでしょうね♪
いっそうの事。3Pすれば気持ち良さそうですが・・・
私は怖くて出来ませんね。

そんな事を思い出しながら・・・
仕事に精を出すおばんになった私がいるのでした。

それでは。また。



  
Posted by toxtoshi at 18:10Comments(1)プチエッチな事

2011年01月27日

ある高校へいってきました

13869


みなさん。こんにちは。

私は昨日ある高校へお仕事に行ってきました。
久しぶりに高校の雰囲気を味わってきました。

そんな中、私も高校を卒業して7年?あまり・・・
今の女子高生も雰囲気が変わってきましたね。

私が年を取ったせいもありますが
若い彼女たちがまぶしく見えますね。

ただ・・・学校の規則なのでしょうか。
服装もみんなかわいらしいものが多い。

エッチな綺麗なセクシーな服装の人はほとんどいませんね。
ん〜時代が変わったようでした。

それから、感じたことなのですが・・・
みんな「胸」をちょっと小さい?感じがしましたね。

胸を強調しないのはいまどきなのか。
セクシーな胸は見られません。

エッチもしたがらない男性諸君。
それに連動して育たない女性のおっぱい。

男女ともエッチ積極型が少なくなるこのご時世で
女のおっぱいの質?は昔とは明らかに変わっていく?

そうです。おっぱいは変わっていきます。
その大きな違いは2つ。

1つは今の女子高生のおっぱいは多分
「かたい」と思います。

私もそうでしたが、エッチを覚える前って「モミモミ」
されていないので全体的におっぱいが硬いです。

2つめは乳首が小さいことですね。
いっぱいエッチをするにつれて乳首の先端は伸びます。

すると、感じやすくなって少し細長くなり
少しずつ大きくなっていきますね。

そんな事を思いながら・・・
仕事をしてきました。

明日もまた行くのですが・・・
更なる発見があればまた、報告しますね。

それでは。



  
Posted by toxtoshi at 10:57Comments(1)プチエッチな事

2011年01月23日

エッチな中国人

308658


みなさん。こんにちは。

今日は少し暖かくなりましたね。
良い洗濯日和です。

昨日、中華料理のお店に行ってきました。
お得意様と一緒に接待ランチ?です。

そこへ中国人らしき女性従業員さんが現れました。
「何にいたしましょうか」との問いに
私はチラリお得意様を見ました。

お得意様は男性だからしょうがないのですが・・・

その中国人さまの胸に目がくぎづけ。
目を離そうとしません。

私も改めてその従業員さんの胸を見てみました。
すると・・

「おっきい〜」

デカすぎますね。
ありあまる巨乳・・。

そして気がつきました。
「ノーブラやんけ(変な大阪弁)」

すごいですね。
昼間のご商売であわよくば「乳首」が見えそう。

そしてさらに私は気がつきました。
「ここの客。目つきが怪し〜い奴ばかりやんか」
(変な大阪弁2)

そうですね。

ここのお客さんはこのノーブラ中国人の
お姉さまがお目当てなのです。

その中で女性は私ただ一人。

同じ目線で見られたかと思うと
恥ずかしいのですが・・・

でも・・・

知る人ぞ知る・・・
このブログの常連さんならきっと知っている・・。

「わたしのおっぱいはもっとデカい」

出来ることなら私のおっぱい見せたろか〜
(変な大阪弁3)

そんな対抗心の出た、お昼でした♪

それでは、また。  
Posted by toxtoshi at 14:37Comments(0)プチエッチな事

2011年01月20日

大寒から立春

58895






みなさん。こんにちは。
今日は「大寒」。
本当に寒い日になりましたね。

大寒から2週間ぐらいは寒の後期でとても寒い日が
続きますね。

これを過ぎれば「立春」ですね。
でも、春の陽気はまだまだ感じられそうにないですね。

それに加えて・・・
私の「エッチの気配」も感じられませんね。

今日朝、鏡の前で自分のブラ姿を見てあぜん?
ちくびも寒くて色が・・紫色ですね。

ピンク色はもう卒業?してしまいましたけど・・・
色がどんどん濃い紫色になっていってしまう。

寒さが乳首の、にぶい色をさらに際立てています。
悲しいかな?
「この色は・・・ん〜。もう若くない」


そんな事を痛切に感じた「大寒の朝」でした。


立春になれば少しピンク色が戻ってくるかな?
そうなれば・・エッチもしたいですね。

今現在、姫はじめも終わっていない私。
立春の頃までには無事「姫」になっていたいと思っています。

ただ・・・。
私の彼氏は・・・

立ってもすぐに「シュン」と小さくなってしまう。
立春でも「立シュン」です。

悲し〜。

それでは。みなさん。
仕事に戻らなくちゃ






  
Posted by toxtoshi at 15:42Comments(0)

2011年01月19日

色気のある秘書

8788







みなさん。こんにちは。

今日は私のお得意先の女性秘書さんのお話。
お歳は40歳台後半のおつぼね様。

綺麗な人ではないけれど
スタイルだけはイイだよね。

そこの会社の社長さんとできていると言ううわさ・・・。
結婚もしていませんが、車はBMWで綺麗な高級車。

そんなおつぼね様。
なんと・・・

昨日、誰かとラブホに入っていくのを目撃。
例のBMWで・・・。

たまたま仕事で私は車を運転していて・・・
たまたま仕事の送り迎えで私の横にいたのがそのうわさの「社長」
社長と向き合いながら一言。

「あれ?今のおつぼねの車だったよな〜?」

社長さんは、自分の女だと思っていたらしく
おつぼねさんの行動に憤慨して・・・私に。

「トットさん。あのホテルにはいってくれ。
 おつぼねを追ってくれ」

私いわく・・・「は〜あ」

まだ日も落ちない夕方。
何で私がラブホに偵察に行かなくてはならないの?

ちょっと考えて・・・迷ったあげく・・・
しょうがなく社長を乗せていざ「ラブホ」へ

それから地獄へ落ちるのにそう時間はかかりませんでした。

ラブホへ入っていく「私の車」
そこへラブホから出て行く「おつぼね様のBMW」

え!?。なんですれ違うの・・・。

三人は三人の顔をお互い見ながら・・あぜん・・・。
目のやり場に困りましたね。

そして、更なる地獄が・・・
おつぼね様と乗っていたのが・・・
私の社員様・・・。

おつぼね様は、満車だったらしく、すぐ出てきたらしい・・・。

この4人の関係・・・。
言い訳もせず・・・
今日は気まずい雰囲気・・・。

被害者は私だ〜
おつぼねさまは、社長と私の社員を食いあさっている。

私は、社長とも社員様ともエッチはしていない。
だけど・・・

私の社員の私を見る目がいやらしく感じるのは気のせいだろうか?
そのうち「やられちゃうかも?」

・・はは・・
みなさん。そんな訳はありませんね。

またみなさんに動きがあったらご報告いたしますね
それでは。




  
Posted by toxtoshi at 16:37Comments(0)プチエッチな事

2011年01月18日

寒〜いエッチ

みなさん。こんにちは。

寒い日が続きますね。
いつもの事ながら、ふところも寒く
身も寒くエッチで暖まりたいところですね。

最近エッチされた方は、本当に部屋が暖かいのですね。
私の部屋はとても寒く、石油ストーブなので
コタツがなければ生活も出来ません。

一番、悲しいのは朝ですね。
石油ストーブなので部屋がなかなか暖まらない。
これほど孤独な時間はありませんね。

そんな朝に・・・昔・・・
エッチをした事がありました。
若い?せいもあったのでしょうか。

寒い私の体。
凍っている、まな板のコイに・・・
自分のあのあたりに熱い彼の「なまぼう」が小刻みに動いている。

私は思いましたね。
「さむ〜。早く終わって・・・」

彼のおチンだけが暖かいコンボウ。
部分的な「カイロ」でしたね。

だけどあの温かみだけは今でも覚えていますね。
彼の顔は忘れた?けどコンボウの感触だけは
忘れませんね。

今でも、長細い「石焼いも」を食べている時、
私の胸の辺りに当ててみると
その感覚を思い出します。(変態?)

それでは。
よい日でありますように。





  
Posted by toxtoshi at 15:00Comments(0)プチエッチな事