観光とやまねっとブログ

富山市観光協会より、タウン情報を発信! 【ホームページ】 http://www.toyamashi-kankoukyoukai.jp/

いいやま雪まつり☃

2月も半ばが過ぎました。各地で雪まつり真っ最中です
今回は新幹線沿線都市、長野県飯山市の「いいやま雪まつり」をご紹介します

富山駅から新幹線で52分で飯山駅に到着します まつり会場は飯山駅から1駅先の北飯山にありました
雪像も色々あり、
P1060559













今年話題の方の雪像も
P1060579













でもこちらはピコ次郎と題名がついていました

富山市も北陸新幹線沿線の観光連携事業としてブースを出させていただき、観光PRをして来ました〜
P1060491













新幹線が開業もうそろそろ2年経つと言う事で、新幹線で富山までいらっしゃった方も多く、富山へ沢山の方がいらっしゃってくださっていることが感じられて、本当に嬉しいです

まつり会場には雪像だけでなく斜面を利用したタイヤ滑りや、雪上バイク、もちろん露店もあり、5万4千人の来場者があったそうです
P1060557










P1060553














P1060533












P1060558














長野県の皆様とも新幹線で移動が早く、楽になり身近になりました
是非また今度は富山へ遊びに来てくださいね〜 

富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 
富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter   

牛岳スノーフェスタ2017☆

今年も2月4日(土曜日)に「牛岳スノーフェスタ」が開催されました〜
雪も多く、天候にも恵まれ、3000人の方にご来場いただきました
ゲレンデ風景














ちびっこから大人まで皆さんスキーを楽しんでいらっしゃいました


今年は自衛隊のコーナーが設けられ、制服の試着を体験することができたんですよ
自衛隊試着体験














そして夕方暗くなってくると『ペットボタル』の色とりどりの明かりが点いて雰囲気が和みます


ペットボタル














6時半になるとジャズコンサートが始まり、


ジャズコンサート風景
 














ジャズの音楽を聴く方や、当日はナイターが無料だったのでスキーを楽しむ方 も沢山いらっしゃいました。
ナイター風景 














8時にはたいまつ滑走が始まり、花火も音楽に合わせて夜空打ち上げられました

たいまつ観光シーハイル・コール 














花火

 















花火


















花火も本当にきれいで、寒さを忘れる美しさでした〜

今回のスノーフェスタは、富山市観光協会から牛岳スノーフェスタ実行委員会(山田地域自治振興会、牛岳温泉スキー場営業者協議会、山田牛岳スキークラブ)に主催団体が変更となりました。今年も沢山の方にご来場頂き、イベントが無事に終了しました。実行委員会の皆さま、本当にお疲れ様でした

来年も是非皆さんいらしてくださいね〜

富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 
富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter   
 
















 

100万人突破〜!TOYAMAキラリ☆

TOYAMAキラリがオープンして約1年半程経ちますが、なんと入館者数が100万人を突破しました〜
1年半で100万人の方に来て頂いたってスゴイことですね〜
と言うことで、改めてTOYAMAキラリをご紹介したいと思います

路面電車の「西町」下車でこの建物が見えます。
1485840425052























とてもユニークな外観ですね〜
建築家 隈研吾さんの作品です隈研吾さんは2020年東京オリンピックの新国立競技場もデザインしてらっしゃいます


中は木をふんだんに使った癒し空間が広がります図書館にもなっていますのでご旅行の方も、美術館としてだけでなく、ちょっとした情報収集の為にもお使いいただけますよ〜

1485840472452

1485932699137





























ガラス美術館はアメリカの現代ガラス作家デイル・チフーリさんによる「富山ならでは」の作品が展示されています。富山で受けたインスピイレーションがどのように表現されているのかを考えながら見るのも楽しいですね〜

ここに作品をご紹介できないのがホントに残念ですが、まだ行かれたことがない方は、ガラスの美しさ、表現の豊かさを是非ご自身の目でお確かめください〜

ますます目が離せないTOYAMAキラリご旅行の方も、富山の方も訪れてみてはいかがでしょうか〜

富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 
富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter 




 

雪が降ったら♪

1月も下旬になりいよいよ冬本番となってきました
雪が降る日も多いですが、暖かい地方にお住まいの方は見たことがないものが雪国の道路にはあります。 

それは、「融雪装置」です!

雪が降るとセンサーが反応して道路から水が出てきます。
1484897908972















この写真の融雪装置は「散水型」で、歩道の下にパイプを通して歩道の雪を溶かす「無散水型」もあります

融雪装置が付いている道路と付いていない道路では全然違います
なんせ雪かきしなくていい写真奥の駐車場は雪がありますが、手前の道路は融雪装置があるので雪がありません
1484897671913










幹線道路には、ほぼ設置されていますが、町内会でお金を出し合って設置している所もあります。町内会の方に感謝して道路を歩きたいです

でも時に、水が出る穴が詰まっていたりするとこんなことに
1484443389959










車で運転しているとフロントガラスまで水が飛んでくる勢いです

個人のお宅ではこんなホースを買って融雪装置代わりにしています。

1484897687811















と言う事で、富山の冬は雪が降っても大丈夫
でも道路や歩道が水浸しになっていることがあるので、水に強い靴を履いてご旅行ください

雪が降ると自動で水が出てきますので、いきなり飛び出てくる融雪の水にご注意ください 

富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 
富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter 

 

日本刀好き集まれ〜☆

今日本刀が若い女性の間で秘かなブームとなっているのはご存知でしょうか
そんな刀剣女子も必見の美術館が富山市にあります。

森記念秋水(しゅうすい)美術館です 
富山市千石町1丁目3番6号
環状線セントラムで乗車約10分「大手モール」下車徒歩5分
DSC02478













「秋水」とは「曇りのない研ぎ澄まされた刀」を意味する言葉で、長い間大切に扱われてきたからこそ、約900年も前からの刀が今でも曇りなく光っているのですね。

鑑賞するうえで刀の豆知識〜

1尺(30.3cm)未満を短刀と呼び、2尺(60.6cm)を超えるものを太刀(たち)、刀と呼びます。

では、太刀と刀ってどう違うの
DSC02451













太刀は平安時代から使われていたもので、反りが大きく、長いものが多いのが特徴。戦国時代、馬に乗って使いやすいように刃を下にしてぶら下げて使っていたんですって

一方刀は、鉄砲の伝来により徒歩で戦うように戦い方が変わり、刃の部分を上にして固定されるように腰に差して使われるようになったそうです

DSC02452













森記念秋水美術館では分かりやすくする為、太刀は刃を下に、刀は刃を上にして展示してあります。
DSC02453













その他刃紋や小道具にも色々種類があって、じっくり見ていると刀の世界に吸い込まれそうになります

森記念秋水美術館では毎月第2日曜日にギャラリートークを開いているので、学芸員さんの説明を聞くことができますよ

団体の方は予約をすれば、随時説明会を行っているそうです

美術品としても価値が高い日本刀を是非富山市でご覧ください〜
DSC02474













森記念秋水美術館ホームページ