12月に入り、富山市内でもいよいよ、冬の気配が日に日に感じられるこの頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか


ところで、皆さんは、富山市には「立山あおぐ特等席。富山市」というキャッチフレーズがあるのをご存じでしょうか
このフレーズの通り、富山市内では、各所で立山連峰を見ることができます


ちなみに、富山市科学博物館の学芸員の方のお話によると、立山連峰が綺麗に見えるのは
1.靄や霧のない、晴れた日である
2.立山連峰よりも高いところ(標高3000m以上)に雲がある場合
3.空気中の塵や水蒸気量が少ない場合
といった気象条件が揃った日なのだそう


そのため、季節的に、春霞のある、春〜夏は立山連峰はあまり見えづらく、空気が澄んでいる秋〜冬には、見えやすくなる
ただし、春〜夏でも、湿った空気が山を越えて、乾いた風となって吹き降ろす「フェーン現象」時は、 逆に、立山連峰が見やすくなるのだそうです

立山連峰が身近な存在である、富山ならではの日常の1コマでしょうか 富山の地元紙「北日本新聞」には、立山の眺望予報が掲載されていたりもします↓
IMG_6445















それでは、立山連峰が眺望できる、富山市内の数あるスポットのうちのいくつかをご紹介しましょ〜



まずは、富山駅北方面から


JR富山駅北口にある路面電車「ポートラム」の乗り場前には、富山市の景観シンボル立山連峰を映したPR看板が立てかけてあります
富山駅北














JR富山駅北口、路面電車「ポートラム」の乗り場前から望む立山連峰↓

「ポートラム」は、富山駅北口〜岩瀬浜を結ぶ路面電車です
富山駅北1














JR富山駅北口向かいにある、「富山市芸術文化ホール・オーバードホール」に隣接するビル「アーバンプレイス」14階の展望エレベーターフロアから望む立山連峰↓
「アーバンプレイス」の14階には、和食・懐石料理の「連山 岩くら」や割烹料亭「日本橋 俵屋」 があり、「連山 岩くら」では、立山連峰の眺望を楽しみながら、お食事ができます
アーバンプレース














JR富山駅北口からまっすぐ、徒歩5分ほど進んだところにある「太平橋」から望む立山連峰↓
橋の上には、ベンチもあるので、一休みしながら、ゆっくり眺めるのもオススメです
太平橋














「太平橋」から、さらに5分ほど進んだところにある「富岩運河環水公園」の「天門橋」からも、立山連峰を眺めることができます↓
IMG_3267













高さ20.4mの「天門橋」の展望塔からは、立山連峰と環水公園全体が一望できます↓ 
塔の両サイドに設置されている、長さ58mの「糸電話」でお話しながら、立山連峰を眺めるのはいかが
展望塔の開館時間は、9:00〜21:30まで
環水公園天門橋















JR富山駅北口から、路面電車「ポートラム」で25分ほどの距離にある、北前船で栄えた港町・岩瀬地区でも立山連峰を望むことができます


「富山港展望台」↓
高さ20mの「富山港展望台」からは、立山連峰と富山湾、古き良き、岩瀬の街並みを見渡すことができます
「富山港展望台」は、北前船時代、燈台の役目を果たした、金刀比羅社(現・琴平神社)の常夜燈をモデルにした展望台です
富山港展望塔1














展望塔のガラス面には、立山連峰の峰々を示す稜線の表示も↓
「富山港展望台」は、富山市東岩瀬町海岸通りにあり、路面電車「ポートラム」の停車駅「競輪場前」、または終着駅の「岩瀬浜」から徒歩15分の距離にあります
富山港展望塔2











「富山港展望台」

開館時間/9:00〜16:30、年中無休
入館料/無料
お問い合わせ/富山県富山港事務所 TEL 076-437-7131



「岩瀬浜海水浴場」から望む立山連峰↓
日本の白砂青松100選の1つ「古志の松原」が続く「岩瀬浜海水浴場」では、南東の方角に、海越しの立山連峰が望めます
「岩瀬浜海水浴場」は、富山市岩瀬古志町にあり、路面電車「ポートラム」の終着駅「岩瀬浜」から徒歩2分の距離にあります
岩瀬浜














続いては、富山駅南口方面


JR富山駅南口、ファッションビル「マリエとやま」前市内電車乗り場から望む立山連峰↓
富山駅南口方面には、富山駅−富山大学前、富山駅−南富山駅前、環状線の3系統の市内電車が走っています
市内電車電停前











富山市内では、「街灯」(写真右端上)にも、立山連峰を見ることができるんです この街灯のデザインは、雪国の富山らしく、雪が積もりにくい工夫を兼ねているのだとか



JR富山駅前「CiC」ビルに隣接する「富山エクセルホテル東急」の15階展望ロビーから眺める立山連峰↓
「富山エクセルホテル東急」の15階には、レストラン「リコモンテ」や日本料理「松や」があり、地上60mの高さから、立山連峰を眺めながら、お食事を楽しむこともできます
CiC15階














JR富山駅南口から、徒歩5分の距離にある「富山市役所展望塔」からは、立山連峰と360度の大パノラマで富山市街地を見渡すことができます↓
立山をイメージした大三角屋根と展望塔が特徴的な「富山市役所」は、市制施行100周年を記念して、平成4年に改築されたもので、富山市のランドマークにもなっています
富山市役所展望塔1













地上70mに位置する「富山市役所天展望塔」の東の方角に、立山連峰が望めます↓
「富山市役所展望塔」は、富山市が指定する11の「立山あおぐ特等席」の1つに選ばれています 展望塔には、望遠鏡が2台設置され、音声ガイドを聞きながら、眺望を堪能することができます
富山市役所展望塔3











「富山市役所展望塔」

開館時間/平日9:00〜21:00(4〜10月)、9:00〜18:00(11月〜3月)、
土日祝 10:00〜21:00(4〜10月)、10:00〜18:00(11月〜3月)
※12月24、25、26日は、〜21:00まで、1月1日は、6:00〜9:00まで、
「ホワイトイルミネーションとやま」開催期間中(12月1日〜2月15日)の金曜・土曜日は、〜21:00まで
休館日/12月27日〜1月4日、観覧料/無料
お問い合わせ/富山市管財課 TEL 076-443-2023 



富山市役所から、徒歩5分ほどの距離にある「富山城」の天守閣からも、立山連峰を望むことができます↓
「富山城」の内部は、「富山市郷土博物館」となっており、戦国時代の築城から、400年以上に渡る富山城の歴史が模型や映像を使って、年代別に紹介されています
富山城1













富山市本丸(城址公園内)にある「富山城」の4階天守展望台の東の方角に、立山連峰は望むことができます↓
昭和29年の富山産業大博覧会を機に、戦災復興のシンボルとして建造された「富山城」 富山の街の歴史を見守る、お城の上から眺める「立山連峰」もまた格別です
富山城2

















「富山市郷土博物館」
開館時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)
入館料/一般210円、小中学生100円(土日祝は中学生以下無料)
休館日/12月28日〜1月4日
お問い合わせ/ TEL  076-432-7911




富山県を東西に分ける「呉羽山」(標高76.8m)の山頂付近にある「呉羽山公園展望台」では、立山連峰と富山市街の一大パノラマを望むことができます↓
「呉羽山公園展望台」も、富山市指定の「立山あおぐ特等席」の1つに選定されています
富山市安養坊にある「呉羽山公園展望台」は、富山駅から車で15分、富山地方鉄道バス・呉羽老人センター行き(富山駅前14番乗り場)「富山市民俗民芸村」下車、徒歩約10分の距離にあります
呉羽山山頂











「呉羽山公園展望台」には、白鷹と熊に導かれて、立山開山をしたと伝わる、伝説の少年・佐伯有頼の銅像が立っています
白鷹を肩に乗せ、有頼少年が指差す方向には、雄大な「立山連峰」の姿を拝むことができます



このほか、富山市内では


富山市婦中町千里にある「丘の夢牧場」
丘の夢牧場















富山市秋ケ島にある「富山きときと空港」の国内線4F展望デッキでも、立山連峰を望ことができます↓
「富山空港ターミナルビル」は、富山市指定の「立山あおぐ特等席」の1つに選定されています
「富山空港ターミナルビル 展望デッキ
入場料/大人100円、小人50円
富山空港1














ご紹介した以外の富山市指定の「立山あおぐ特等席」については、こちらからご覧ください

なお、富山市内の現在の立山連峰の様子は、富山駅北にある「北日本放送」のライブカメラ「立山ネット21」で見ることができます
「立山眺望予報」については、「富山市観光ガイド」サイト内の「立山眺望予報」のページでご覧いただけます


「立山あおぐ特等席。富山市」へお越しの際には、市内の各所にある立山連峰眺望スポットに、足を伸ばしてみてはいかが これからの季節、気象条件の良い、冬晴れの日には、青空に白く輝く、立山連峰の壮大な麗姿がきっと、あなたをお出迎えしてくれることでしょ〜


富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook