「越中八尾 おわら風の盆」 
1度はどこかで、この言葉を、耳にしたことがある方もおられるのではないでしょうか

「越中八尾 おわら風の盆」 は、毎年、9月1日〜3日に富山市八尾町で行われる、300年余りの歴史をもつ、富山を代表するお祭りの1つ 
哀愁漂う三味線や胡弓の音色、情緒豊かな調べに合わせて、三日三晩に渡り、踊り明かされます

冬のこの時期、おわらの里・富山市八尾町では、「越中八尾 冬浪漫 2015」が開催中


富山市八尾町へは、JR富山駅から高山本線に乗って、行くことができます↓
JR高山本線は、富山〜飛騨高山〜名古屋を結ぶ電車
昨年、全線開通80周年を迎え、今日も通勤・通学、観光と、市民の暮らしの足として幅広く活躍しています
IMG_9647
















JR高山本線の車両には、高山本線沿線の富山市内の地域で行われる、季節のイベントや観光名所のイラストが描かれています

毎年、5月に富山市婦中町で行われる「売比河鵜飼祭」や、同町で8月に行われる「安田城月見の宴」、富山の売薬さん、富山市八尾町で5月3日に行われる「越中八尾 曳山祭」、同町で9月1日〜3日に行われる「越中八尾 おわら風の盆」
IMG_9650
















毎年、4月に富山市婦中町で行われる「婦中曲水の宴」、同町で8月25日に行われる「熊野神社稚児舞」、4月上旬に富山市中心部で行われる「全日本チンドンコンクール」、富山市大沢野を流れる神通川の上流「神通峡」にかかる「笹津橋」「神通川第一ダム」など、富山市内の様々な風景が描かれています↓
IMG_9664
















富山市八尾町は、JR富山駅から車で約30分、JR富山駅からJR高山本線乗車で約25分の距離にあります↓(左クリック拡大)
Page0005






















越中八尾駅↓
JR富山駅からは、西富山・婦中鵜坂・速星・千里を経て、5駅目にあたります
IMG_9751
















レトロな雰囲気漂う、越中八尾駅の待合室↓
IMG_9759
















駅の構内には、「越中八尾 おわら風の盆」 のポスターもたくさん↓
おわら風の盆の時期には、臨時列車も夜遅くまで運行されます
IMG_9757
















越中八尾駅の周辺には、旧町と呼ばれる11の町(福島、天満町、下新町、今町、西町、東町、鏡町、上新町、諏訪町、西新町、東新町)があります↓
「越中八尾 おわら風の盆」 では、町ごとに異なる衣装や踊りが披露され、「越中八尾 曳山祭」では、豪華絢爛な6基の曳山が練り歩きます
Page0004

























越中八尾駅から、福島の通りをまっすぐ約10分ほど進んでいくと、見えてくるのが「坂のまち大橋」↓
IMG_9775
















橋の歩道部では、遠くの方に、輝く光の町の姿を見ることができます↓
橋の下を流れるのは「井田川」
光の町の正体は、「越中八尾 冬浪漫 2015」のライトアップイベント「夢あかり」
2月14日〜28日の土・日曜日、日没〜22時まで、ライトアップを行っています
IMG_9773
















「井田川」に沿って、道路を約15分ほどすすんでいくと、「禅寺橋」に到着↓
「禅寺橋」の欄干には、おわらの踊りを踊る、男女の姿が描かれています 
橋の向こうには、禅寺坂周辺の石垣や街並みが光に照らし出されます
IMG_9676
















高く積み上げられた石垣の上に、町家が立ち並び、11の旧町(上述の地図参照)が広がります↓
山間地を切り開き、町建てされ、このような独特な景観になっているそう 
「禅寺橋」を渡ると、「坂の町」への入り口となる坂が見えています
IMG_9683
















写真は、「禅寺橋」のたもとにある「町民ひろば」から↓
闇夜に浮かぶ、石垣と雪化粧した街並みを一目見ようと、カメラを手にした人の姿もチラホラ
IMG_9725















越中八尾駅から、「町民ひろば」を含む、旧町中心部までは、『八尾まちめぐりバス』で行くこともできます↓(左クリックで拡大)

運賃は、1回 大人200円(小中学生100円、未就学児無料)
運行時間は、平日は6:30〜19:20、土・日・祝日は12:30〜19:20
時刻、運行ルートなど、『八尾まちめぐりバス』の詳細については、こちらのページをご覧ください
Page0006

















「日本の道百選」選定石畳の「諏訪町通り」や正応3年(1290年)建立の浄土真宗本願寺派「聞名寺」、八尾和紙の紙すき体験のできる「桂樹舎 和紙文庫」、豪華絢爛な曳山が展示された「越中八尾観光会館(曳山展示館)」、「八尾おわら資料館」など、代表的な観光名所も、石垣の上の旧町にあります↓
「諏訪町通り」や「越中八尾観光会館(曳山展示館)」など、旧町散策の様子は、こちらのページをご覧ください
IMG_9686
















ズラズラ〜っと、続く坂道の上にあるのが、「越中八尾観光会館(曳山展示館)」です↓
IMG_9781
















「越中八尾観光会館(曳山展示館)」内には、「越中八尾観光協会」が併設されています↓
八尾町のイベントや観光について、お訊ねになりたい方は、「越中八尾観光協会」まで、お問い合わせください
IMG_9789

















越中八尾観光会館(曳山展示館)


住所/富山市八尾町上新町2898-1
TEL/076-454-5138
開館時間/9:00〜17:00、年中無休(年末年始を除く)
入館料/大人 500円、高校生以下 300円
「越中八尾観光会館(曳山展示館)」の詳細については、越中八尾観光協会 のHPをご覧ください


「越中八尾 冬浪漫 2015」では、石垣の街並みのライトアップ「八尾夢あかり」の他に、2月21日(土)、22日(日)の13:30〜15:00に「民謡セッション」(八尾曳山展示館ホール、料金2,000円)、手打ちそばや麹の甘酒がふるまわれる「あったか飲食コーナー」、2月22日(日)には、7分の1スケール模型を使って曳山について学ぶ「みんなの曳山教室」など、イベント盛りだくさん
また、「風の案内びと」の案内により、八尾の町中を散策する「冬浪漫特別 町中ガイドツアー(民謡セッションとセットプラン)」も開催
「越中八尾 冬浪漫 2015」の詳細については、越中八尾観光協会(TEL 076-454-5138)まで

Page0002






























Page0001




























JR高山本線で、ブラリちょこ旅
おわらの風情あふれる、冬の「坂の町」をあなたも散策してみませんか 
町人文化の息づく、浪漫溢れる冬景色があなたを待っていることでしょ〜

富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP 
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook