前回に引き続き、富山駅周辺で見られる桜の名所をご紹介します〜


今回は、「いたち川」べりと、富山駅北にある「富岩運河環水公園」を散策です


まずは、「いたち川」べり から〜

「いたち川」は、富山市と中新川郡立山町を流れる、「常願寺川」から取水した「常西合口用水」を源流とし、約13kmに渡って、緩やかに蛇行しながら、富山市中心部を流れています
「いたち川」は、富山にゆかりある、芥川賞作家・宮本輝の小説「蛍川」の舞台にもなっています


写真は、前回、ご紹介した「松川」(写真左手)との合流地点の様子↓
富山駅南口から、徒歩約10分の距離にあります
市内電車(環状線・南富山駅行)の停留所「桜橋」が最寄駅です
IMG_2878















いたち川べりにも、松川べり同様、上記の「松川」と合流する場所から上流・下流、約4kmに渡り、両岸に桜並木が続いています
IMG_2881
















桜並木沿いには、遊歩道が整備されており、桜の時期の夕べには、ぼんぼりも灯ります↓
川べりにしだれ咲く、桜並木は、まるで桜の回廊のよう
IMG_2886
















日本有数の暴れ川として知られる「常願寺川」の支流である「いたち川」は、安政5年の大地震をはじめ、幾多の氾濫を繰り返してきました
水害で亡くなった多くの人の供養のため、いたち川べりには、地蔵堂や観音堂、水神社などが多数点在しています

写真は、「花見橋」(日之出町)付近の「稲荷神社」↓
IMG_2892















「花見橋」から、さらに進んだ先にある、国道41号線にかかる「月見橋」(向川原町)↓
橋の両たもとには、それぞれに水神社と、「豊川延命地蔵」、「福寿不動尊」(写真左手)が安置されています
IMG_2897














水神様が祀られている、水神社では、湧水を飲むことができます
いたち川べりでは、各所で、立山の雪解け水の伏流水が湧いており、「平成の名水100選」にも選ばれています
ミネラルを多く含む湧水で入れるお茶やコーヒー、水割は、大変美味しいと評判です
IMG_2905
















また、いたち川べりには、ところどころにベンチも設置されています
穏やかに流れる川べりで、湧き出る清水を飲みながら、一休みはいかが
IMG_2909
















いたち川べりでは、先ほどの「松川」との合流地点から、富山地方鉄道 不二越・上滝線の「大泉駅」の周辺まで、19体のお地蔵様が祀られています↓
Page0001 (3)































第1番の石倉町 延命地蔵から、第19番の泉町二丁目(南部) 延命地蔵まで、いたち川べりにある各町内により、延命地蔵が安置されています↓(左クリックで拡大)
「いたち川」の周辺には、「泉町」や「清水町」、「大泉町」など、清水にちなんだ名前の町がいくつもあります また毎年、7月23、24日には、夏の地蔵尊祭りも開催されています
Page0003

















Page0004












「泉橋」(石倉町)のたもとにある、「石倉町延命地蔵尊」↓
「石倉町延命地蔵尊」には、安政5年の大地震の際、大きな被害を受けた「いたち川」の川底から、石倉町に住む、晒屋甚九郎が、夢枕のお告げに従い、お地蔵様を拾い上げたところ、病に苦しむ多くの人々が快方に向かったとの言い伝えがあります
07_039_088










現在でも、多くの人々が、万病に効く水として、「石倉町の延命地蔵の水」を汲みに訪れています
川をはさんで、「石倉町延命地蔵尊」の対岸には、「泉町子宝延命地蔵」もあり、子宝、安産祈願にご利益のあるとされる湧水が湧き出ています




「石倉町延命地蔵尊」のある「泉橋」から、さらにいたち川べりを進んでいくと、たどり着くのが「いたち川のドンドコ」です↓
「いたち川のドンドコ」は、いたち川の治水のために設けられた、落差工や取水堰
地元では親しみを込めて、川水が勢いよく、流れ落ちる様を表す富山弁で「ドンドコ」と呼ばれ、周辺は公園にもなっています
00




















桜並木の下、立山の雪解け湧水で一息入れながら、お地蔵様の見守る、いたち川べりを散策してみるのはいかが
「松川」との合流点から、上記の「いたち川のドンドコ」までは、約4km、約1時間のウォーキングコースにもなっています↓(左クリックで拡大)
IMG_2924

















いたち川べりに続き、ご紹介するのは、富山駅北にある「富岩運河環水公園」です


「富岩運河環水公園」は、富山駅北口から徒歩約10分の距離にあります↓(左クリックで拡大)
「富岩運河環水公園」へは、「市内周遊ぐるっとBUS」を利用していくこともできます
※「市内周遊ぐるっとBUS」の詳細には、こちらをご参照ください
無題1

















先述の「いたち川」は、富山駅北方面へも流れており、富山市興人町付近で、「神通川」と合流しています



富山駅北口から、「富岩運河環水公園」へ向かって、歩いていく途中に渡る「太平橋」の上からも、「いたち川」べりに咲く、桜並木を見ることができます↓
この「太平橋」の上からは、東の方角に、気象条件の良い、晴れた日に、立山連峰の雄姿が望めます
※立山連峰の見える場所については、富山市内の立山連峰眺望スポット☆ のページをご覧ください
IMG_3201













上記の「太平橋」の西側にも、「いたち川」べりに続く、桜並木を見ることができます↓
IMG_3205












「太平橋」を渡ると、見えてくる茶色の建物は、「快適ウェルネスホテル とやま自遊館」↓
本格和食・フレンチが楽しめる「レストラン・シャトー」や立山連峰が望めるジャグジーやプール、ジムのある「リフレッシュプラザ」など多様な設備が整った宿泊施設です

IMG_3206














「快適ウェルネスホテル とやま自遊館」の側をまっすぐ進んだ先に、「富岩運河環水公園」のエントランスがあります↓
泉と滝の広場では、20分毎に水が流れ落ちます(10:00〜22:00)
17:00からは流水に合わせてイルミネーションも点灯
IMG_3293















「富岩運河環水公園」〜「中島閘門」の間には、約390本の桜並木が立ち並びます↓
IMG_3218














夜間には、ライティングにより、夜桜鑑賞もできます↓
環水公園のシンボル塔「天門橋」にも、春には、桜をイメージしたライトアップが施されます
環水公園夜桜150404















「天門橋」の中2階から望む、展望塔(南塔)方面の景観↓
環水公園内には、4月上旬に咲く、ソメイヨシノやコシノヒガン、4月中旬に咲くサトザクラ、晩秋〜4月に咲くジュウガツザクラなどが植えられており、年間を通じて、お花見を楽しむことができます
IMG_3229














こちらは、「天門橋」の3階から望む、富岩運河方面の景観↓
岸には「富岩水上ライン」の船乗り場、その隣には、フレンチの鉄人・坂井宏行氏監修のフレンチレストラン「キュイジーヌ フランセーズ ラ・シャンス」がお店を構えています
IMG_3237














水と緑が美しい「富岩運河環水公園」は、昨年12月に公開された、青春映画『アオハライド』のロケ地の1つにもなっています↓
※ロケ地めぐりの様子については、『映画『アオハライド』のロケ地めぐり♪ in 富山市内 前編 後編 をご参照ください
IMG_3227




















こちらは、「天門橋」の3階から望む、富山駅北口方面の景観↓
桜の開花期間中、「富岩水上ライン」では、「お花見運河クルーズ」(今年は4月1日〜17日)が運航 
IMG_3276














電気ボート「もみじ」(定員11名)が、「天門橋」の下を航行中〜↓
IMG_3280
















3月26日より、「富岩水上ライン」には新艇も登場
新艇「fugan」は、寒さや雨風にも対応可能な閉囲型の船です
既存の、開放型の船「もみじ」、「sora」(定員55名)と同様に、小文字ローマ字を使った3文字の名前の「fugan」は、一般公募3,103点の中から決定されました
IMG_3252












近未来的な流線型のフォルムが特徴の「fugan」
どことなく、3月14日に開業した、北陸新幹線の姿にも似ています 
IMG_3285















「お花見運河クルーズ」では、「富岩運河環水公園」から「中島閘門」までを、約40分間、周遊します↓(左クリックで拡大)
このほか、「富岩水上ライン」には、通常、「富岩運河環水公園」から「岩瀬」を結ぶ約60分のコースや、「富岩運河環水公園」から「中島閘門」(水のエレベーター体験・操作室見学付)を周遊する約70分のコースがあります
Page0005














通常の「富岩水上ライン」の今年の運航期間は、4月1日〜11月23日となっています↓(左クリックで拡大)
Page0006













「富岩水上ライン」の運航ダイヤや当日の運航状況など詳細については、富岩水上ラインのHPをご覧ください
お問い合わせについては、富岩船舶(株) TEL 076-482-4116(9:00〜17:00) まで 

※「富岩運河環水公園」の様子については、『富山駅北のオアシス☆富岩運河環水公園Part1 Part2 、「富岩水上ライン」の乗船の様子は『富岩運河を優雅にクルーズ♪富岩水上ライン』をご参照ください

富山市内中心部〜富山駅北方面を流れる「いたち川」べりと、富山駅北にある、水辺の憩い空間「富岩運河環水公園」の桜、いかがでしたでしょうか
4月17日現在、「いたち川」べり、「富岩運河環水公園」とも、葉桜になっているようです

次回は、富山市内のこのほかの桜の名所をご紹介します


富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP 
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook  
富山市観光協会Twitterはこちらから  富山市観光協会Twitter