毎年5月17日・18日には岩瀬の町で曳山車まつり(ひきやままつり)が行われています
神社の参拝が終わった山車は町の中を曳きまわしますので、昼間は岩瀬の町の色んな所で曳山車に出会えますよ〜
この山車の飾りには意味があって、写真は永割町の山車

左側の柄は「市政信頼回復を期す。」という願いがこもっています。
Page0001












市政 織田家家紋に姫:(お市の方) 「市」
    浅井家家紋に長:(浅井長政) 「政」
信頼 きときと富山の魚は、安心信頼の 「信頼」
回復 貝とふぐにて 「回復」
期す 魚偏に喜ぶは キス 「期す」
DSC03184













右側の柄は「五町円満・鶴寿千歳」という題のデザインです。
五町円満 5つの円で蝶にて 「五町円」 万燈にて 「満」
鶴寿千歳(かくじゅせんざい) 松に鶴の 「鶴」 聞くに盃の寿にて 「寿」
桜の花びら沢山 千本桜の 「千」
萩に猪をサイに変えて 「歳」
1495180558904









蝶々は折りたたんであります。(電線にひっからないように)

こちらは大町の山車
1495172561753










期待の「たい」がかかっています。
1495172541007









岩瀬の曳山車祭りは別名「やまのケンカ」とも言われ、夜になると5トンもある曳山車がブツカリ合うんですよ
諏訪神社の前に曳山車が集合
1495174650394









夜10時半頃から曳きあいが始まります

ヤサーヤサー!!と掛け声勇ましくぶつかり合うのは迫力満点
1495172472704









ドーン!
1495172486487









昼も良いですが、夜の曳き合いは圧巻です
一見の価値ありですよ〜

富山市観光協会公式HPはこちらか 富山市観光協会公式HP

富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook 

富山市観光協会Twitterはこちらからら  富山市観光協会Twitter