観光とやまねっとブログ

富山市観光協会より、タウン情報を発信! 【ホームページ】 http://www.toyamashi-kankoukyoukai.jp/

2014年06月

今川焼?大判焼?七越焼!

昔ながらのおやつの定番のこのお菓子
皆さんのお住まいの地域では、なんという呼び名で呼んでいますか?

Y9h2t9eFS9Ex3NT








調べてみると、今川焼、大判焼、回転焼、二重焼、太鼓焼、おやき、三笠焼、太鼓饅頭、甘太郎焼、御座候、きんつば、小判焼、じまん焼、黄金焼、満月焼、あんこ饅頭…などなど、日本全国、地域によって、実にさまざまな呼び名があります
アジアにもこのお菓子はあるようで、韓国ではオバントク(o-pang-ttek)、台湾では車輪餅と呼ばれているようです

ここ富山市では、作っているお店『七越』の名前のとおり、『七越焼』の呼び名で知られています
富山市内に七越焼のお店は4店舗(JR富山駅店、総曲輪フェリオ店、アピタ富山東店、アピア店)あります

富山駅正面口 とやま駅特選館内にある七越 JR富山駅店↓
IMG_0832







 



とやま駅特選館の入口付近にあり、外からもお店の様子が伺えます↓
営業時間は朝7時から夜8時まで
Page0002 - コピー












七越の七が焼印された七越焼↓
お手頃価格で、各種1個110円(税込)
IMG_0726











北海道産小豆100%を使用した赤あん↓
粒あんがたっぷりです
IMG_0729











白インゲン豆の一種、北海道産てぼう豆を100%使用した白あん↓
こちらも粒あんがたっぷり
IMG_0809












カスタードクリーム↓ 濃厚だけどあっさり味がおいしいIMG_0727












5月から6月までの期間限定販売のりんごクリーム 1個150円(税込)
りんごの果肉がごろごろ詰まっていますカスタードとの相性も抜群です
IMG_0778











七越焼は熟練の職人により、1つ1つ、毎日手作りされています↓IMG_0835












作っている様子もご覧いただけます↓
IMAG1139











JR富山駅前店では、たこ焼きも販売しています↓
1パック(7個入り) 450円(税込)
IMG_0834













総曲輪フェリオの1Fにある七越 総曲輪フェリオ店↓
IMG_0721













富山市の中心市街地にある複合商業施設『総曲輪フェリオ』
富山駅正面口から徒歩20分くらいの距離にあります
大和富山店をはじめ、様々なお店で構成されています↓
03_014_332









全面ガラス張りの空間広場「グランドプラザ」↓
IMG_0719









七越 総曲輪フェリオ店は、このグランドプラザ↑の一角にあります
夏には、夏季限定販売のかき氷も登場します
IMG_0723














七越では、北海道産小豆100%を使用した粒あんも販売しています↓
1袋(300g) 300円(税込)
七越の味で、おはぎやぜんざいを作ってみるのもいいですね
IMG_0724











暑くなるこの時期には、ソフトクリームもおススメです↓
各種 1個 250円(税込)
IMG_0725














バニラ、クッキーズ・バニラ、ミルク、ストロベリー、マスクメロン、抹茶、バニラ&ストロベリー、バニラ&チョコレート、バニラ&抹茶味など、店舗によって味はさまざま
ゴールドキウイ(コエンザイムQ10配合)↓は、JR富山駅前店限定販売
IMG_0835 - コピー









7月〜8月には、マンゴークリームの七越焼が期間限定で登場するようですね↓
七越焼のさらに詳しい情報は、『七越』のオフィシャルサイトをご覧ください

Page0001


























子どもから学生、ご年配の方まで、長くにわたって広く親しまれる、お手頃サイズの富山のおやつ『七越焼』
ちょこっとお腹がすいた時にもおススメですぜひご賞味あれ〜

富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook

祝☆還暦!富山市郷土博物館

富山市の市街中心部に位置する、富山城址公園の一角にそびえ立つ富山城市民に親しまれる富山のシンボルです
IMG_0336












お城の中は、実は博物館となっているのを皆さん、ご存じでしょうか
博物館の名前は、「富山市郷土博物館」
そして今年でなんと開館60年

富山市郷土博物館では、還暦を祝して、現在、企画展『祝還暦!! お城の中の博物館−富山市郷土博物館のあゆみ』が開催されています
IMG_0633










お城の中は、一体どのようになっているのでしょうか
富山城の内部に、いざ入城
郷土博物館入口











1Fの受付でチケットを購入し、2階の展示室へ↓
IMG_0488











この日は、学芸員の方による企画展の展示解説↓が行われていました
IMG_0442











企画展の貴重な展示物の一部を、簡単にご紹介します

米軍戦闘機と富山城
終戦後の昭和29年の富山産業大博覧会の開催を記念して、富山城天守閣は建設されました
博覧会の会期中(昭和29年4月11日〜6月4日)は『美の殿堂』の名で、各種展覧会が開催され、74万人が入場したのだそう
IMG_0454













展覧会場の様子
展覧会場となった富山城の前は、多くの人で賑わっています
IMG_0455













富山城天守閣模型
富山城は、富山藩時代には天守閣は建設おらず、現在ある天守閣は、富山産業大博覧会の開催にあたり、信建築設計事務所の山本勝己氏(1905-1991)によって、新たに建設されました
IMG_0463













富山市立郷土博物館設計書
IMG_0469
















空襲の戦火により、大きな被害を受けたことが影響し、富山城の設計においても、鉄筋コンクリート造が採用されました 
この当時、コンクリート建築物は『燃えない建物』として、永久建築と称されていたそうです


屋根の上(地上24m)での、鯱のデザイン作業の様子
IMG_0468


















昭和24年の社会教育法の制定を受け、図書館や公民館、博物館の整備が全国的に進められる中、昭和29年11月17日に、「お城の中の博物館」である富山市立郷土博物館が開館しました
最初の展覧会「富山市美術展」を伝える写真と、富山市の広報
IMG_0472













後に、さまざまな企画展や特別展が開催され↓、富山の中心的な博物館として役割を果たしていきます
IMG_0474

















平成に入り、建物が老朽化したことで、耐震補強工事が行われましたIMG_0480












その際、博物館としての役割も見直され、富山城の歴史に関する専門館として、富山市郷土博物館は、平成17年11月にリニューアルオープンし、現在に至っています
平成16年には、国の登録文化財にも登録されました


終戦後、街の復興のシンボルとして建設された富山城
現在に至るまで、多くの市民に親しまれ、「お城の中の博物館」であると同時に、富山の街中を代表する風景を形作っています


開館60周年記念企画展「祝還暦!! お城の中の博物館〜富山市郷土博物館のあゆみ」は、6月29日(日)まで開催中です
最終日の29日には、学芸員による展示解説会が、午後2時より行われます(予約不要・参加料無料 ※要入館料)

富山の街中のシンボル☆富山城(富山市郷土博物館)のあゆみを、この機会に振り返ってみませんか〜


chirashi l1



























富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook

富山弁のお土産いろいろ♪

突然ですが、この言葉、どういう意味だかわかりますか
『まいどはや〜、そくさいにしとっけ〜?』

正解は…富山弁で『こんにちは〜、お元気ですか〜?』の意です

それぞれの言葉の意味は

まいどはや=こんにちは
そくさい=息災、達者、元気
〜け=〜ですか?(疑問、念押しの文末詞)

県外の方には、なじみが薄いかもしれない富山弁ですが、
愛嬌たっぷり富山弁に関する一風変わったお土産をご紹介しま〜す


方言番付表↓
 100
円(税込)
約400語の富山弁が番付になって登場
編集:越中方言奉行  蓑島良二、監修:富山大学人文学部教授 中井精一
勧進元:富山商工会議所
取扱い先:物産センター富山(富山駅前CiCビル5F)ほか
IMG_0327



















番付表に載っている富山弁は〜

横綱
東:きのどくな(=ありがとう) 西:きときと(=生き生き)
張出大関
東:また、こられ(=また、いらっしゃい) 西:いとしい(=かわいそう)
大関
東:だら(=ばか) 西:まいどはや(=こんにちは) 
関脇
東:つかえん(=かまわない) 西:こーりゃく(=手伝い)
得意技
…ちゃ(=確認・念押し・詠嘆などの意)、なーん(=相手の言葉を受けて軽く否定の意)、…れ、…られ(=親愛や優しさの表現)、…が(=助詞〜の、終助詞として)
呼び出し
あんま(=兄・長男)、あねま(=姉・長男の嫁)
富山湾の魚介
さす(=かじき)、ほたるいか(=まついか、こいか)、アマダイ(=グジ)
などなど他多数
 
これらの言葉を組み合わせた会話は、例えばこんな感じ?

Aさん「まいどはや〜。」
Bさん「まいどはや〜。」
Aさん「こないだこーりゃくしてもらって、きのどくな〜。
       きときとなさすの刺身、お裾わけするちゃ。」
Bさん「あれ、きのどくな〜。だらじゃないが、なーん、つかえんがに〜。」
Aさん「また、遊びにこられ〜。」
Bさん「きのどくな〜。あんまによろしくたのむちゃ。」


富山方言豆知識↓ 24個入り 1,080円(税込)
包装紙に富山弁がずらりピーナッツがトッピングされたクッキー
食べながら、豆知識として富山弁を学べるのが魅力のお菓子です
取扱い先:CHAO(富山駅構内の土産店)ほか
IMG_0844






















富山方言 ハートせんべい↓ 160円(税込)
今、ちまたで大人気きのどくな(濃厚醤油)、つかえん(黒胡椒)、だいてやる(唐辛子)の3語の富山弁と3種の味がそれぞれ楽しめるお煎餅 
取扱い先:ルネファミーユ(マリエとやま5F)、CHAO(富山駅構内の土産店)ほか

『おもしろいおみやげ(^^)!!』の記事でもご紹介していますので、
こちらも合わせてご覧ください
IMG_0712













IMG_0714















月刊 グッドラックとやま↓
 
238円(税抜)
1977年創刊の、富山の情報がたくさんつまった手のひらサイズの情報誌
富山にゆかりある人物へのインタビューや柳家さん生さんによる「さん生のまいどはや」、「とやまの話」、「富山の風景」、「世界の目から見た富山」等の連載や県内のイベント情報がてんこもり

取扱い先:BOOKSなかだ富山ステーション店(富山駅正面口 とやま駅特選館内)、清明堂書店マリエとやま店ほかIMG_0830






















ミニエッセイ「とやま弁劇場」↓では、富山の心温まる日常の1コマが、富山弁をちりばめられて描かれています
同ページの「わたしの故郷ことば」↓では、読者から寄せられた多種多様な富山弁が紹介されていますIMG_0843














富山弁かるた↓
 
2,000円(税込)
地元KNBラジオのリスナーからの応募で生まれた富山弁を使ったかるた
富山出身の落語家・立川志の輔さんが、富山弁で読み札を読んだCD付き
これで富山弁の発音もばっちり

取扱い先:BOOKSなかだ富山ステーション店(富山駅正面口 とやま駅特選館内)ほか
8_20090703104424_m










見て、聞いて、味わって楽しめる富山弁のお土産の数々
富山の思い出におひとつどうけ〜?

富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook

V2達成!! モンドセレクション最高金賞受賞の 「とやまの水」

富山気象台により、6月5日に北陸地方の梅雨入りが発表されて1週間
本降りの雨はまだあまり少ないものの、蒸し暑く、じめじめした空気感が漂う富山市内です

水の恵みが豊富なこの季節ですが、富山は『水の王国』といわれるくらい、豊かで良質な水に恵まれた場所であることを皆さん、ご存知ですか?

「昭和の名水百選」・「平成の名水百選」には、県内では、合わせて8か所が名水に選ばれています
黒部川扇状地湧水群(黒部市・入善町)、穴の谷の霊水(上市町)、立山玉殿湧水(立山町)、瓜裂の清水(砺波市庄川町)、いたち川の水辺と清水(富山市)、弓の清水(高岡市)、行田の沢清水(滑川市)、不動滝の霊水(南砺市)

また「とやまの名水」として、富山県により選定された名水ポイントは、全66か所にものぼります

とやまの名水マップ(『とやま水紀行 とやまの名水』より)↓
Page0001












富山市内では、先日『水と緑のプロムナード♪ 松川べり彫刻公園』の記事でご紹介した「松川」のほか、13か所が「とやまの名水」として選ばれています

その中の1つの、富山市内を流れる「いたち川」の川べりにある「石倉町の延命地蔵の水」は、「いたち川の水辺と清水」として、「平成の名水百選」にも選ばれています


名水といえば、上述のような湧水や清水が思い浮かびますが
なななんと富山においては、水道水でさえも名水なのです

この度、富山市の水道水がペットボトルに入った「とやまの水」が、「2014年モンドセレクション」の「ビール、水ならびにソフトドリンク」部門にて、昨年に続き2年連続で、最高位の最高金賞を受賞しました

モンドセレクションは、ベルギーに本部を置く、飲料や食品などの製品の技術的水準を審査する国際的なコンテスト

「とやまの水」は、2012年の金賞を含め、3年連続で金賞以上を受賞しているため、インターナショナル・ハイクオリティー・トロフィーも授与されました

今月2日、フランス・ボルドーにてハリュー会長(左)からトロフィーを贈呈された埜田上下水道局長(中央)↓
※6月4日付 北日本新聞朝刊 掲載写真より
IMG_0679 - コピー








image_a_0303



























「とやまの水」は、富山市の流杉浄水場で浄水した水をペットボトル(500ml)に詰めた製品で、富山市上下水道局により、富山の観光PRや災害時の備蓄を目的として、販売されています

最新の水処理システムにより、安心で安全な水を富山市内の
72%の地域に送る、流杉浄水場↓
62








富山市の水道水がおいしい秘密は

1.源流が真夏でも冷たい北アルプスの雪解け水
2.立山山麓のブナ等の自然林(緑のダム)に貯水されている、
  清浄で豊富な水
3.急な地形を流れ下る、充分な酸素と適量のミネラル分を含む水

これらの3つの特徴をもつ水であるためと考えられています 
富山ならではの豊かな自然がもたらす産物です

とやまの水(500ml)↓ 104円(税込)
取扱い先:物産センター富山(富山駅前CiCビル5F)、
        地場もん屋総本店(富山市総曲輪)
IMG_0826














富山市の街中でも「とやまの水」を発見
IMG_0842
















7月上旬からは、今年の受賞が記された新パッケージのペットボトルが販売される予定なのだそう

富山市民が日頃飲んでいる、世界が認めた美味しい水道水
富山市にお越しの際は、皆さんもぜひ1度味わってみてはいかがでしょう?
その自然な美味しさに、思わず常飲したくなること間違いなし
ちょっとした旅のお供やお土産にもおススメです

富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook

水と緑のプロムナード♪ 松川べり彫刻公園〜後編

一息ついたところで、松川べり彫刻公園の散策を再開です〜
 

前編でも紹介した、松川の7橋の1つ「舟橋」付近にある『対話』の彫像の、
川をはさんで向かい側にある彫像  
舟橋の常夜灯が近くにあります

『キタキツネと子供』↓ 作:長谷川 総一郎
隣の木も作品の一部のように見えますIMG_0303
















舟橋の常夜灯から「塩倉橋」方向に、わずかに進んだ所にある2基の彫像

『緑のアプローチ』↓ 作:善本 秀作 
IMG_0305














『ヒマラヤの少女』↓  作:田近 東岳
IMG_0306















『ヒマラヤの少女』の向かいの路面に店を構える「鱒の寿し 前留」↓
IMG_0683IMG_0686








松川べりの周辺には、「高田屋」、「せきの屋」、「川上鱒寿し店」…などなど、それぞれ異なった味が特徴の、ますの寿しのお店がたくさん点在しています

鱒本来の身の柔らかさが残るように、酢につける時間を短くしたという「鱒の寿し 前留」↓のます寿しは、お刺身感覚のあっさりとした、爽やかな味が魅力です 
一重 1,300円、二重 2,500円 

「鱒の寿し 前留」
〒930-0085 富山県富山市丸の内1-3-14
TEL:076-441-4544 営業時間:7:00〜16:00
 ※無くなり次第終了、事前に電話で予約受付可

松川べり彫刻公園の散策途中に、ほっと一息、コーヒーブレイクはいかが?
「鱒の寿し 前留」の左隣のビルの1階に、ひっそりと佇むのは、喫茶・軽食処の「たかなわ本店」
IMG_0309










俳優の高倉健さんも訪れたことがあるという、珈琲の美味しい、
昔ながらの落ち着いた雰囲気の喫茶店です 
朝8時から開店しているので、ゆっくりと朝食を楽しむこともできます


「塩倉橋」のたもとまで戻ってくると、松川遊覧船乗り場・松川茶屋に到着

松川遊覧船乗り場・松川茶屋(滝廉太郎記念館)↓
IMG_0234









前編でも紹介した、「塩倉橋」付近にある彫像『むらさきの影』の位置から望む松川茶屋↓
川べりのテラスで、食事やお茶、アイスやお団子などの甘味を楽しむことができます
IMG_0654










松川をゆったりと航行する松川遊覧船↓
IMG_0660











「松川遊覧船」では、松川にかかる由緒ある7つの橋を、船頭さんの解説を聞きながら遊覧できる、「松川七橋めぐり」コースが運航されています  
IMG_0688













営業時間/10:00〜17:00
定休日/祝日以外の月曜・祝日の翌日・その他臨時休業日
乗船料/大人 1,500円 小人750円  ※所要時間 30分
運航ダイヤなどの詳細は、『松川遊覧船』のHPをご覧ください


松川べり彫刻公園の他に、富山市立図書館の1階では、富山市所蔵の美術品が、常設展示されています

「安住橋」のたもとにある
富山市立図書館↓
IMG_0710「安住橋」の下をくぐる
松川遊覧船↓
IMG_0708








富山市立図書館1階の松川べりギャラリー↓
富山市ゆかりの作家による、個性的な作品を色々と楽しむことができます
富山市立図書館の開館時間/9:30〜19:00(土日祝は17:00まで)
IMG_0689










また、9月24日まで、企画展「作家が描く生き物たち」が開催中〜

『緑映』 作:清原 啓一 (鶏)IMG_0698↓ 












ご紹介した以外にも、松川べり彫刻公園には、まだまだ彫刻作品があります ※松川べりギャラリー内のパネルより
IMG_0696

















IMG_0694
















IMG_0695

















城址公園・松川べり彫刻公園を周遊すると(下図の青色部分)、
約2.6km 、時間にして30分ほどです
※城址公園の外周(下図の赤色部分)は約1.1km 約10分
ウォーキングコースとしても最適です
IMG_0275 - コピー









新緑が美しいこの季節、水と緑にあふれた松川べり彫刻公園を、のんびりと散策してみませんか?
木々と水面の色鮮やかな緑、富山ゆかりの個性豊かな彫像の数々が、あなたをお出迎えしてくれます


富山市観光協会公式HPはこちらから 富山市観光協会公式HP
富山市観光協会公式Facebookはこちらから 富山市観光協会公式Facebook